2012年03月27日

短命ブッシュ・・・大統領じゃなくキャンピングカーですが

昨晩、オルビス車検中の大森自動車さんの整備担当の方から電話がありました。
整備の内容についてです。
初の車検ということで、エンジンオイルの交換等最低限の事だけで済むだろうと思っていましたが、なんとキャンサスのブッシュ交換が必要とのこと。
先日のジル520の方の記事の発見で過敏になっているところだったので、少々大袈裟に反応してしまったかも知れません。
部品としてのブッシュは既に発注済で発注先はキャンピングワークス社だとか。
キャンサス自体は、スマイルファクトリー社の製品なので、本来スマイルファクトリーさんに直接発注すれば、早いし、ワークスさんに余計な手間を掛けずに済むのですが、取り付けはワークスさんが行ったのでワークスさんに発注したとのこと。
もともと、キャンサスの取り付けを拒否された大森自動車さんなので仕方がないといえばそれまでだが。
結局、ブッシュの取り寄せの為に明日の引き取りは出来なくなり、翌週となってしまいました。
ブッシュ交換の金額はこれからワークスさんと決めるみたいな話で高級寿司店で時価の「下足」でも注文した気分です。
スマイルファクトリーさんのホームページでは、ブッシュの価格は3150円〜となっているのですが、今回果たしていくらで請求が来るのかちょっと心配です。

キャンピングカーのことならスマイルファクトリー情報サイト-175836.png

持ち込み検査自体は既に終了しているとのことなので、他に方法がないわけでもないでしょうが、無茶な金額はないだろうとそのまま進めてます。
偶然昨年末にスタッドレスに換装した時の写真がありました。

DSC04259.JPG DSC04270.JPG

確かに歪な形状にはなっていると思いますが、よくわかりません。

しかし、問題はブッシュがわずか2年でヘタってしまったという原因です。
ワークスさんの取り付けがまずかったんじゃないか?とか元々の商品が不良だったんじゃないか?等等被害者的視点でいろいろと考えてみたものの決定打があるわけもなく、それよりも自分自身でこれだろうなと思い当たる節が・・・。

それは、我が家のガレージの勾配です。

s-DSC04283.jpg

s-DSC04244.jpg

ガレージ奥の家屋のグランドラインをかなり上げているため駐車場の床も奥がかなり高くなっています。
前面道路が側溝に向かって下がっているのでかなりのV字型になっているのが見て取れると思います。

DSC04901.JPG

本来平坦地だと野球のボールで3〜4個分はありそうな、これくらいの発電機下の空間が・・・

s-DSC04249.jpg

ガレージではこんな感じでボール2つが入るかどうかです。

その為にほとんど停めっぱなしの長期間、フロントに荷重が掛かった状態になっていると思われます。

DSC04242.JPG

連続駐車時間の長い我が家なので、タイヤやサスへの負担を考えて駐車中はジャッキアップしておこうかなんてことも妄想こそしましたが、現実には面倒臭くてやってられないと本当に妄想と化しています。
前後の勾配については、これまで他の車では問題がなかったのであまり気にはしていなかったのですが、やはりキャンピングカーとなると重量が違いますよね。
普通の乗用車だとよほどのことがないとバーストなんて気にすることはないですが、キャンピングカーは違うわけですから、このケースでも同じように考えるべきでしたね。

オルビスが車検から帰ってきたら、フロントはレベラーででも上げないといけないということですね。
少し方法を考えてみよう。
posted by かわいいHERO at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>足回り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54654046

この記事へのトラックバック