2013年05月12日

オルビス発電機の排気対策・・・懲りずに再開

2013-05-082019.11.44.jpg

先日、発電機扉の研磨と共に、取り付けたPPT樹脂の黒いレンジ用プレートですが、仕事が休みの今日になって、ようやくカバーをしてのテスト運転です。
その前に、カバーに排気漏れ防止の意味で、排気が直接当たらない部分にカームフレックスを取り付けるのに、およそのサイズ確認に、油粘土を使いました。

2013-05-11 22.13.00.jpg

その上で、今回は、排気の直接当たる部分に耐熱パテを塗ってみました。

2013-05-122000.19.41.jpg

アルミテープで折り返しを作ったり、細かい細工をしているのですが、わからないですね。

2013-05-122000.20.11.jpg

何はともあれ、テスト開始です。

2013-05-122011.11.31.jpg

発電機始動でのカバー内部。

2013-05-122011.11.59.jpg

排気の抵抗になってはいけないと思い、皿の縁を若干カットしてみました。

2013-05-122011.12.19.jpg

結局1時間ほど稼働させましたが、上部の両面テープの切れ目に排気漏れが出てしまいます。

2013-05-122012.01.38.jpg

排気が漏れることで、その部分が熱を持ってしまうので、両面テープの切れ目をなくすか、最終的にはシール材を使うかで要対処です。

2013-05-122012.01.46.jpg

ただ、TPPプレート設置にも拘らず、反射した排気が当たる発電機扉の直下部分がかなり熱をもってしまっています。

2013-05-122012.14.03.jpg

カバー内の排気の流れる角度の問題でしょうか。
カバー内側に直接当たった排気が、跳ね返って発電機扉に当たるのでしょうから、プレートの縁はカットしない方が良かったようです。

2013-05-122012.18.41.jpg

カバー自体は結構熱いのですが、何とか手で触っていられるぎりぎりの温度です。

2013-05-122012.18.50.jpg

内部のプレートも何とか触れるレベルですので、黒い輪っかの取り付け部分が融解することはないだろうとは思いますが、発電機扉は触れない位に熱くなりすぎるため、このままでは問題です。

2013-05-122012.26.44.jpg

カバーを外して確認すると、カバー内部の排気の直接当たる位置はパテを塗った位置でドンピシャですし、特に問題も見られません。

そう言えば、ダイソーで買ったPPTプレートには、丸形の他に大きめの長方形のものがありました。

2013-05-122012.23.43.jpg

これを使えば、問題解決かな。
ならば、早速取り付けてみよう。

2013-05-122015.25.25.jpg

カバーは仮付けです。
あまり、スマートとは言えませんが、許容範囲か…。

2013-05-122015.25.35.jpg

大きくなって、外へ露出することで、放熱の効率は上がるかもしれません。

2013-05-122015.25.46.jpg

見てもわからないかも知れませんが、排気の当たる部分にもカームフレックスにアルミテープを貼ったもので角度を付けています。

2013-05-12 14.51.59.jpg

丸プレートでも、大きな問題とはなってないので、これで、全ての問題がクリアできる予感ですが、油断は禁物ですね。
長時間使用で、突然問題が発生するかもしれませんから。

2013-05-122015.28.25.jpg

でも最大の問題は、このルックスかも知れませんが、どうでしょう。

2013-05-122015.28.39.jpg

まぁ、初めて見る人は、別に違和感を持つこともないのかもしれませんが。

そのまま、テストしたかったのですが、今日はこの後用事があって、本日はここまでです。
近々、テストしようとは思いますが、とりあえず、しばらくはこの形でいくことにします。
posted by かわいいHERO at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>発電機
この記事へのコメント
振り出しにもどりましたね。ABSカバーだと長期間使用にどれだけ耐えられるかですね。カバーだと熱劣化による割れも出て来るでしょうから。最終章はプランGでのステンのダクトかな。
Posted by かむぱぱ at 2013年05月13日 14:24
> かむぱぱさん

そうですね、熱による耐久性の低下はあるでしょうね。
カット分が残っていた為、継続していますが、最終章前倒ししましょうかねぇw。
ステンの側で内部の断熱考えた方が良さげですもんね。
Posted by かわいいHERO at 2013年05月13日 18:01
ステンの内側に耐熱パテをたっぷり塗ればいけそうですね
Posted by かむぱぱ at 2013年05月13日 19:57
>かむぱぱさん

そうですね。
どれくらい、耐熱パテで熱伝導が抑えられるかわかりませんが、カバー自体の耐熱性の心配がないので、何とでもなりそうな気がしますね。
Posted by かわいいHERO at 2013年05月14日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67224553

この記事へのトラックバック