2013年05月19日

ドアアームレストの取り付け完了

思い付きから、取り敢えず本体を作成した運転席右のドア側アームレストですが、取り付け方法を色々と考えていましたが、最終的に家で余っていた0.5o厚のアルミの板を利用しました。
ちょっと、薄過ぎる気もしますが、その分加工が容易で、なんとかリサイクル鋏で切れたので、厚紙感覚で工作できました。

2013-05-192001.13.48.jpg

アルミ板を二つ折りにして、した部分に穴をあけて、純正のドアポケットを差し込んで、そのドアポケットを固定に利用します。

2013-05-192001.13.57.jpg

ドアポケットを差し込んだのがこの状態ですが、ドアポケットの固定ビスをドライバーで回せるように、ドライバー用の小さな穴を空けています。

2013-05-192011.39.02.jpg

ドアポケットをドアに戻したらこうなります。
折り曲げた2枚の間にドアポケットが確認できます。

2013-05-192011.39.11.jpg

ウレタンスポンジを載せるとこんなイメージです。

2013-05-192011.38.07.jpg

で、このままウレタンスポンジを接着剤でアルミ板に固定してしまおうと思ったのですが、万が一、ドアポケットを外す必要が出た時には、ウレタンスポンジをはがさないといけません。
そんなケースはないと思うのですが、そういうケースにも対応できるように、オルビスのマットでおなじみの粘着剤付ベルクロ(マジックテープ)を利用します。
コーナンプロで10cm単位で購入できます。

2013-05-192018.14.52.jpg

アルミ板とウレタンスポンジそれぞれの形に合わせてベルクロをカットして貼り付けます。

2013-05-192018.32.54.jpg

そして、位置を考えながらベルクロのオスとメスを貼り合わせます。

2013-05-192018.36.17.jpg

これで完成です。

2013-05-192018.36.57.jpg

どうでしょう?
ちょっと位置が後ろでアルミ板が見えていますが、粘着テープが安定してから、後日貼り直そうと思います。

2013-05-192018.43.09.jpg

シートの黒との違和感もないと思うのですが。

2013-05-192018.37.13.jpg

二つ折りにしてあるので、腕を乗せるとダンパーのようにやや沈みます。
下のアルミの切り口が気になったので、折りあげることによって、沈み過ぎない為のストッパーになりました。
薄いアルミ板なので、強度としては完全ではないかもしれませんが、使用するイメージでは十分かなと思っています。

2013-05-192018.43.21.jpg

これで、さらに長時間の運転が快適になることでしょう。
posted by かわいいHERO at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席
この記事へのコメント
アルミ板とドア開閉ポケットを利用ですね。ウエットスーツ生地だと汗かいてもサラサラで快適ですよ。
Posted by かむぱぱ at 2013年05月19日 21:31
>かむぱぱさん

黒いので、気づきませんでしたが、ウエットスーツ生地だったんですね。
手にはいるなら、本体カバーしたいです。
まぁ、ウレタンスポンジも肌触り自体は悪くはないんですが、夏は暑いかもですね。
左側の生地の問題もありますが•••
Posted by かわいいHERO at 2013年05月19日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67978931

この記事へのトラックバック