2013年08月08日

切羽詰まったオルビスメンテ

お盆休みまであとわずかとなり、気がつけば、オルビスのメンテナンスに費やす時間が無いことに気づき、ラストチャンスのこの水曜日にかけるしかありませんでした。
やりたいことは山ほどあれど、実行に移す気力がなく、ズルズルと来てしまいました。

できるところだけとなると、オルビスの場合は、やはり発電機ということになりす。
発電機の通常メンテナンスももちろんですが、一つ気になっていることがあります。

それは、発電機のセルを回す為のバッテリーの寿命です。

我が家のオルビス・イオも既に3年を経過していますから、そろそろ危ない時期です。
他のユーザーさんの情報では、やはり3年でバッテリー交換を余儀なくされるというケースが多いようです。

その為に、昨年の初のCWユーザーミーティングでは、発電機のバッテリーを車体のサブバッテリーにつなぎ替える、いわゆる「バッ直」作業の実施教室が行われて、多くのユーザーさんが、発電機のバッテリー上がりの心配から、解放されました。
私も一部材料を用意し掛けたものの、幹事という立場だったので、その時は見送り、材料を揃えた後もきっかけを失っていました。
バッテリーも安いものではないので、無駄にしたくもなかったですから。

しかしながら、3年半近くなってくると、いくら問題なく始動できても、その日はやってくるという心配が付きまといます。

長期のキャラバンとなると、そのリスクは避けたいので、これだけはやっておこうと思っていました。

お尻に火がついた為、早朝からの作業に備えて、前日からオルビスを車庫から頭出しして、発電機を出せる状態にして、翌日に備えました。

ですが、夜更かし寝坊が習慣づいていて、思った程早起きできませんでしたが、それでも7時過ぎには作業に入りました。

2013-08-07 09.36.05.jpg

これまで、まともに発電機と向き合ったことがなかったので、全てにおいて時間が掛かってしまい、買っておいたはずの材料も、何処へ置いたか忘れて探したりで、段取りの悪さが祟りました。

午後からは、工事業者が来たりして、作業を中断されたりしながらも、何とか発電機側の作業を終えて、オイル交換作業に入ります。

image.jpg

既定の100時間に満たないですが、1年経っているので交換します。
今回は、超高級オイルを止め、コーナンで買ったヤマハの純正にしましたが、ベーシック10W-30がスタンダードプラス10W-40に代わったんですね。
1グレードしか置いてないのに、グレードを間違えたかと思いました。

image.jpg

いつも適当で、前回はこぼしてしまったので、ようやくジョッキも導入しました。ふらふら

オイル交換ついでに、マフラーワイヤーネットとスパークアレスタの掃除もしましたが、よく正常に動作していたなと思うくらいに完全に詰まってました。
エアガンがあればいいのですが、使わないエアポンプは倉庫に持って行ってしまったので、マフラーワイヤーネットは金ブラシよりもやわらかい歯ブラシを使うと結構きれいになりました。
フェールワン使用後に掃除しておくべきでしたね。

発電機収納後は、サブバッテリー側の接続となるのですが、手持ちのエーモンの圧着端子の表示を見ると5sqまでになっている。
ケーブルを8sqとしているのに、端子が5sqというのは、なんだか気持ちが悪い。
幸い、発電機側は、偶然?アーシング用の8sq対応品の手持ちがあったので、使用したのですが、残り一つしかありません。
ならば、買いに行こうとコーナンへ行ってもエーモンの5sq用しかありません。
身軽なスクーターだったので、足を伸ばしてオートバックスへ行くも、結果は同じ。
段々と意地になってきて、別の大き目のオートバックスにドン・キホーテと行っても同じ結果です。
厳密には、オートバックスにオーディオ向けの8sq用はあったのですが、ネジ系が小さすぎました。

最近はアーシングってのも流行らないんでしょうか?

南海部品が定休なので、最後の賭けで伊丹のバイク7へ行ってみましたが、やはり×。
その下の階にある、オートバックスを覗いて、品出しする店員に確認するも、「置いてない」という返事。
諦めて帰ろうと思い、一応オーディオの売り場を見ていると、ありました。
やはり、オーディオ用みたいですが、ネジ径も問題ありません。
レジには先ほどの店員がいましたが、知らんぷりでレジ打ちやがる。
「ごめんなさい」じゃなくてもせめて「ありましたか?」くらい言うとまだ可愛げがありますが、バツが悪いとはいえ無視とは…。

無事に端子が買えたものの、またもや大きく時間をロスしてしまいました。
必需品となっているコストコの炭酸水を切らしているため、奥さんにコストコ行くと約束していたのに、既に18時半を回っています。
急いで端子を組み付けて、試験運転だけ。

image.jpg

無事にセルが回りました。
アワーメーターリセットするの忘れていたので、このあとちゃんとリセットしました。あせあせ(飛び散る汗)

ですが、まだ、エコモードのスイッチが処理できていません。
このままでは、エコモードが切れたままなので、スイッチを付けないといけませんが、もうタイムオーバーです。

image.jpg

取り敢えず19時過ぎにコストコへ駆け込み、とっとと買い物を済ませ、手抜き奥さんが夕食をピザで済ますというので、待ち時間にソーダを飲んでしばし休憩しました。

自宅に帰って、作業再開。
車内は暑いので、外部電源でエアコン作動して、快適な中、なんとか作業終了しました。
エコモードスイッチの配線が微妙に短くて、手持ちの線で延長しました。

image.jpg

スイッチは、手持ちのトグルスイッチにするつもりでしたが、オートバックスでエーモンのロッカスイッチを買いました。

オルビスのパネルの厚みがあって、固定用のネジが使えませんでしたが、穴が偶然ピッタリだったので、そのまま刺しただけですが、問題なさそうです。

結局、1日仕事で大したことができませんでしたが、サブバッテリーはそのままなので、その寿命リスクは気になるところですが、発電機が正常なら何とかななるので、今回はそのままで行きます。

でも、準備が何もできてない…。




*******************
※コメント欄に質問をいただいたので、こちらに追記という形で回答します。

もう覚えていない為、改めて確認しましたが、発電機を引き出して下から見たら、フレーム上に2本のボルトが確認できると思います。

2018-08-12 15.49.18.jpg

この2本が、発電機側からだと、オイル注入口の下あたりと、

2018-08-12 15.49.48.jpg

反対のキャブ側にも確認できると思います。

2018-08-12 15.51.16.jpg

多分、その2本だけで固定が外れると思いますので、フレーム上で回転させれば、一人で作業が可能なはずです。

私も一人で作業しましたので。

オルビスのメンテナンスについては、ミクシィのキャンピングワークスコミュニティで質問すれば、すぐに回答がもらえると思います。

写真等が簡単に載せられるので、説明がしやすいです。

今後、ご検討ください。

よろしくお願いします。
posted by かわいいHERO at 12:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>発電機
この記事へのコメント
いつも楽しい記事ありがとうございます。
我が家のオルビスも発電機のバッテリーが逝ってしまったようです。
発電機を引き出すまでは出来たのですが、発電機前面にあるバッテリーボックスにアクセスできず困っております。
質問ですが、記事内の写真にある発電機を回転した状態にするにはどの固定ボルトを抜けばいいですか?
重量物ですが一人で作業可能ですか?
いきなりの質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
Posted by かずや at 2018年08月12日 15:06
>かずやさん

コメントありがとうございます。
さて、ご質問の件ですが、ブログの本文に追記という形で回答しました。
ご確認ください。
また、何かございましたらお気軽にご連絡ください。
Posted by かわいいHERO at 2018年08月12日 16:27
早速返答いただきありがとうございました!
とりあえずやってみます。ありがとうございました!
Posted by かずや at 2018年08月12日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72053075

この記事へのトラックバック