2014年05月08日

GW九州弾丸キャラバン - 3日目(5月5日)

GW九州弾丸キャラバンもいよいよ後半、3日目になります。

道の駅不知火で雨音と共に目を覚まし、まさかの雨にがっくりします。
連休前は、GW後半は全て晴れという予報だったので、全く雨は想定していませんでした。

0001.jpg

今回の九州キャラバンでは、ぱん君に会うことともう一つ、天草のイルカウォッチングを2大柱としています。
天草のイルカウォッチングについては、一昨年にJAFの機関誌で見て行きたかったのです。

天草イルカJAFMATE.png

その上、昨年、同じオルビスユーザーのハラさんが行かれてブログで報告されており、ますます行きたいと思っていました。

スケジュールの都合上、朝9時に予約済みのため、それに合わせて向かいますが、まだまだ距離が有るため、早めに出発することにしました。
いつものことですが、寝坊助の私がアラームをセットしていてもそれより先に目が覚めてしまうので不思議です。

トイレに行っていざ出発しようとすると、泊まっているキャンピングカーの中にオルビスがいるじゃありませんか。

0002.jpg

ユーロですが、ナンバーを見ると佐世保ナンバーです。
昨日お会いした佐世保のMさんが、もう1台ユーロがいると言っておられたのですが、そのオルビスなんでしょうか?
さすがにちょっとびっくりです。

残念ながら、早朝過ぎてお声掛けができないので、ワイパー部分にビニールに入れた名刺を挟んできましたが、気づいてくれたでしょうか?

リアにLEDのセンサーライトを装備されていて、近づくと点灯するので、ちょっと焦りました。

せっかくなので、遠いですがいつものようにツーショットの記念撮影を。

0003.jpg

勝手に失礼しました。

後ろ髪を引かれながらもiPhoneのGoogleナビをセットして、先へと進みます。
・・・が、なんだか到着時間が増えていく。

しばらく走って、反対方向へ戻っていたことに気が付きました。ふらふら

早めに気がついてよかった・・・って普通間違えないですよね。あせあせ(飛び散る汗)

みんなをもう少し寝かせてあげようと天草5橋の手前まで走って、道路脇のパーキングでみんなを起こしました。

そして、昨晩、熊本のアーケードのコンビニで買ったパンを頬張りながら、皆さんのブログでよく目にするタコのオブジェのあるリップルランドへ。

0005.jpg

あいにくの雨で写真撮影だけなので、ゴンタは抱っこで。

0006.jpg

オルビスに戻って、昨晩は熊本ラーメンでお腹が一杯で食べられなかった馬刺しをみんなで食べました。

0004.jpg

生姜&ポン酢or醤油で食べ比べましたが、どちらも美味しかったです。

そして、再出発後、先を急いで予定通り9時の30分前に、受付場所である天草海鮮蔵さんへ到着。

お店のシャッターが半開きの中、イルカウォッチングの受付であることを伝えると、お姉さんが一生懸命予約名を探すも見当たらない様子。

天草海鮮蔵のホームページでは、フォームでイルカウォッチングの予約を受け付けているのですが、普段は10時からですが、この日は9時から臨時便が出るということで、フォームでは9時の選択ができないので、問い合わせメールの方で予約可能か問い合わせたのです。
すると、空いているかの問い合わせのつもりだったのですが、しばらくして予約完了しましたとのメールが届いたので、改めて予約する必要はないと思っていました。
問い合わせで受付が完了したことで、少々不安には思っていたので案の定という感じです。
こういうこともあろうかと、予約完了と書かれたメールをプリントアウトしてきたものの、必要ないとそのまま受け付けてくれました。

私の作業中に来た別の女性が10時の予約を9時にして欲しいと言ってきましたが、やはりその方の10時の予約も見当たらないようで、でも、その方にはもう一度予約した電話番号を確認してくれと愛想がなかったです。
まぁ、同じような名前で予約所がたくさんあるので間違える方の多いのでしょう。

ともかく、我が家は無事受け付けてくれることになってやれやれです。
特典として、人数分のくまモンのコースターとイルカのステッカーを貰いました。
もちろん料金は、予約扱いで大人2000円に子供1200円です。

天草海鮮蔵から乗船場までは少し距離があって、お姉さんの説明通りに行ってオルビスを駐車しました。

朝一番ということと、あいにくの雨で思ったより空いています。

歩いて待合であるイルカインフォメーションへ行って、受付の方にチケットを見せると、なんだかぼそぼそ言いながら、「雨で寒いので中でお待ちください」と言われました。

0007.jpg

どうも、「まだ誰も来てない」という声も聞こえて、船の準備ができていない様子です。

天草海鮮蔵では他に9時の予約は無かったみたいなので、予約が通っていなかったことで船の準備が間に合わなかったのかもしれません。

0008.jpg

待合の中に、くまモンがいたので、娘の写真を撮ったり、

0009.jpg

外にイルカの写真スポットがあったので、記念撮影したりしながら船の到着を待ちました。

0010.jpg

そして、ようやく船が来たというお知らせが。

0011.jpg

この船らしい。

0012.jpg

早速乗り込んで、かっぱを着て救命胴衣を装着しました。

0013.jpg

25人乗りの船にお客さんは私達家族だけでした。

出航してもまだ少し雨が降っているようです、

0014.jpg

しばらくして、上で操縦する船長さんから「○○さん、前へ出てみて」と言われて、船の前へ出ました。

0015.jpg

すると、いました…イルカです。

0016.jpg

この船は前から見ることができるので、イルカがよく見えます。

0017.jpg

イルカが船と同じ方向に泳ぐのです。

0018.jpg

足元から顔をだすイルカたち。

0019.jpg

なかなかできない経験です。

0020.jpg

貸切状態なので、360度移動し放題です。

0021.jpg

でも、やっぱり前が素晴らしい。

0022.jpg

他の漁船と囲う中にたくさんのイルカの背ビレが見えています。

0023.jpg

前に出てからは雨も上がり、濡れることなくイルカが見れました。

0024.jpg

昨日は見れなかったということなので、雨が幸いしたのかもしれません。

0025.jpg

知床のヒグマと違って、95%とか98%とかいう高い遭遇率で、会えないとショックですから。

0026.jpg

みんな大満足のうちにイルカウォッチングは終了。

0027.jpg

最後の港までの全速力のクルージングも楽しくて気持ちよかったです。

救命胴衣とかっぱを脱いで、おしぼりのサービスを受けて、最後に船長さんと記念撮影。

0028.jpg

ドルフィンアイランド号っていうのかな?船首がおすすめの船です。

0029.jpg

イルカウォッチングに満足した後は、そのまま鬼池港に移動して、フェリー待ちです。

0030.jpg

天草四郎の銅像に別れを告げて、島原へと向かいます。

0031.jpg

港への到着時に船が着いていたので、その次、2便目で乗船できました。

0032.jpg

30分と僅かな時間ですが、せっかくなので船室へ上がります。

0033.jpg

しばし船室で座ったあと、外へ出て写真タイム。

0034.jpg

なんかタイタニックみたいなことしてる奴がいる。

0035.jpg

口之津港へ上陸後は島原へと向かいますが、そろそろお昼の時間です。
海が近いのに、海のものを食べていないということで、当初は島原港の魚屋さん、平野鮮魚さんで海鮮丼でも食べようかと思っていたのですが、末娘が食べるものがない。
マグロでもあれば大丈夫なのですが、マグロもない。

仕方なくやってきたのがここ。

0036.jpg

島原の幸楽さんです。

こちらも地元の海のものは美味いということなので、ここで刺身定食(1080円)を食べることにしました。

0038.jpg

ちなみに娘の親子丼以外は全員刺身定食です。

0037.jpg

料亭のような落ち着いた雰囲気に、メニューの種類も多くてなかなかお勧めです。
食べログに接客が難有りとありましたが、そのつもりでいると、決して悪くはなかったです。
説明なんかが大雑把ではありましたが。

新鮮な美味しいお魚をいただき、再度しばしのドライビングです。
私の予定では長崎ペンギン水族館を予定していましたが、阿蘇カドリー・ドミニオンにもペンギンはいたのでもういいらしい。

ということで、長崎市内観光に急遽変更です。

コインパーキングが見つからず、バス料金承知で県営の駐車場に駐め、本来翌日に組み入れていた、大浦天主堂へ向かいます。

道中、いろんなお土産物を試食しながら、はちみつソフトを食べました。

0039.jpg

そして、大浦天主堂へ。

0040.jpg

中は撮影禁止ということで、外では誰が言い出したのかこんなことしています。

0041.jpg

だいぶ違ってるし…。

そして、そのままグラバー園へ。

0042.jpg

昔来た時は、こんなエスカレーターなかったなぁ〜

0043.jpg

私も中学の修学旅行で来ましたが、我が家の次男坊も昨年、修学旅行で来たそうです。

0044.jpg

末娘は、ハートストーン探しに夢中です。
こいうところは、やっぱり女の子ですねぇ。

0045.jpg

でも、残念ながら3つ目のハートが見つからなくて、気付いてやれれば良かったのですが、後々未練を口にしていました。

そして、日が暮れる前に移動します。

0046.jpg

やって来たのは「稲佐山公園大駐車場」です。
稲佐山の中腹の公園にある無料の駐車場です。

0047.jpg

ここから無料のシャトルバスに乗って、山頂へ向かいます。

0049.jpg

山頂の展望台では、これから日が沈むところでした。

稲佐山公園では、うちの奥さんが結婚前からファンである長崎出身の福山雅治氏が毎年コンサートを行っています。
ということで、友達に送るからと稲佐山公園の会場写真も。

0048.jpg

まだ明るいうちに上がって来たことで、かなり明るい長崎の夜景から

0050.jpg

だいぶ暗くなった長崎の夜景

0051.jpg

真っ暗になった長崎の夜景

0052.jpg

といろんな長崎の夜景が見れました。

カップルさんがシャッターを押してくれるというのでお願いしたものの、ストロボを炊くとうまく夜景が映らない。

0053.jpg

引いて撮ってもやっぱりうまくいきません。

0054.jpg

でも、帰りに展望台入口でプロの写真屋さんが、撮影をしていたので、8つ切り1500円+送料100円でお願いしました。

帰りのシャトルバスは数本待ちましたが、なんとか戻ってさぁ夕食です。

ベタですが、長崎なのでちゃんぽんをと思っていたのですが、普通のお店はほとんどが20時半ラストオーダーで21時閉店というところばかりです。

時間はすでに20時を過ぎていたので、ちゃんぽんを諦めようと思いましたが、そこは長崎の地元民も熱愛するリンガーハットがあるじゃないかということで、夜中までやっているリンガーハットに行くことにしました。
「本場」の「リンガーハット」、これに間違いはないですから。

思い起こせば、大学時代の九州へのソロツーリングでも食べたちゃんぽんは「リンガーハット」でした。

長崎から来ていた友人に九州へ行くならこれは食べておけと言われたことを今でも思い出します。

ということで、最寄りのリンガーハットへ。

0055.jpg

私はちゃんぽんと皿うどんのセットで長崎を満喫しました。爆弾

食後は、今日の寝床を兼ねて、「稲佐山温泉ふくの湯」へ移動。

0056.jpg

稲佐山展望台からの夜景には到底叶いませんが、ここからも夜景が見えました。

0057.jpg

長崎観光で歩きまわったせいか、温泉では何度も居眠りしてしまいました。

また、ここの温泉の岩にもハートが幾つか埋め込まれており、子供限定でその数を正解したらお菓子をくれるという催しをやっていました。

娘は見事的中していましたが、どれだけハートストーンに執着しているのでしょう。がく〜(落胆した顔)

朝食用のパンを買い忘れましたが、すぐ下に24時間のマックスバリューがあるので、朝に移動すれば良いと考えて、3日目の夜の眠りに就きました。
posted by かわいいHERO at 16:37| Comment(6) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
お疲れ様です。いい旅いい出会いでしたね。楽しいことは疲れも半減!!かな。
Posted by トホホの久ちゃん at 2014年05月08日 17:43
こんなに多くのイルカが間近で見れるのはすごいですね。行きたくなります。
Posted by takekid at 2014年05月08日 18:28
> トホホの久ちゃん

なぜか、短い旅でも出会うことが多いです。
ほんと、こういう出会いは疲れが吹っ飛びますね。
ヴォーンも西日本では多くないでしょうから、これから東へ行くと出会えるんでしょうね。
Posted by かわいいHERO at 2014年05月08日 20:12
>takekidさん

ハラさんのブログでもわかりますが、大人2000円で楽しめるコストパフォーマンスと満足度の高いアクティビティだと思います。
見れる確率も高いので、九州へ遠征されるときは、組み入れることをおすすめしますよ。
Posted by かわいいHERO at 2014年05月08日 20:15
HEROさん、おはようございます。稲佐山展望台
からの長崎の夜景がすごく綺麗ですね。
行って見たくなりました。
Posted by カム郎 at 2014年05月09日 06:08
>カム郎さん

特定日には中腹駐車場から無料のシャトルバスが出ているので、一切お金は掛かりません。
それ以外は山頂駐車場にダイレクトに登れますが、30分100円の駐車料が必要です。
3大夜景なので、見る価値はあると思います。
Posted by かわいいHERO at 2014年05月09日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95951300

この記事へのトラックバック