2014年06月08日

温度計の誤差

ダムカード目的のプチツーリングから帰って、家族で昼食を取りながら、録画していたらしいテレビアニメの名探偵コナンを見ていると、ストーリー内に、GWに行けなかった阿蘇の火口が出てきたかと思うと、カドリードミニオンや熊本城も出て来て、なんだか嬉しくて懐かしかったです。
食後にほっこり横になっていると、ついそのままウトウトと昼寝をしてしまい、せっかくたっぷりと有った時間を無駄にしてしまいました。

そこで、夕方から慌ててオルビスへ入り、先日入手したセンサーケーブル付きの温度計をセッティング。

流石に、発電機室までのコルゲートチューブ内を通すのは面倒過ぎるので、そこは後日の作業として、サブバッテリーの上に束ねて置き、今日のところは、エンランス部からバッテリースペースまでの、オルビス既設の配線用チューブ内にセンサーケーブルを通すに留まりました。

実は、このクレセルの温度計は2個購入していて、ひとつを20mのオプションのセンサーケーブルで発電機室用に、もうひとつは標準の3mのセンサーケーブルで普通にシェルの内外部の温度を見るために使おうと思います。

なので、2本のセンサーケーブルをチューブに通す必要があるのですが、既設のチューブはエコモードスイッチを増設した時点でもかなり窮屈な状態だったので、予備として未使用のケーブルを通してある上下キャップをされたチューブのキャップの穴を拡げて使用しました。

image.jpg

通常使用分については、外部のセンサーの位置と取付方法を色々考えたものの、センサーケーブルに吸盤が付いているので、その吸盤を利用して、超強力両面テープでステップのベース部分に貼り付けました。

image.jpg

商品に始めから入っていたテスト用電池を通電させてみましたが、2つの温度計でかなり温度に差があります。

2014-06-082020.33.20.jpg

写真では撮影のために並べていますが、エアコン横とテレビ台上と、本体は別々の場所に置いていたので、多少の温度の違いはあると思いますが、外部センサーの温度も違いがあります。
こちらもサブバッテリースペースとステップの金属部分ということで、違いが出る要素はあるのですが、ちょっと違いすぎる気はします。

上昇傾向、下降傾向と表示されたり、表示機能は豊富みたいですが、精度は今ひとつなのかも知れません。

発電機室の方は、実際の温度値が問題というわけでなく、上昇の程度が問題なのでまぁいいでしょう。

※日にちは後で修正してますので、そこの突っ込みはなしですw。


posted by かわいいHERO at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>その他
この記事へのコメント
雨の今日は旭川の山奥にあるキャンプ場を一人貸しきり状態です。無料でオートキャンプとして車も入れます。
発電機室のどこに温度センサーを着けるかで温度の巾がありますよ。本体の上部なら稼動時で40度くらい。最高に温度が上がるのはマフラー下部の鉄板カバー部が70度近くになります。そんな訳でサブ直結排熱ファンの温度センサーはそこに着けました。配線チューブをまた発電機まで伸ばすならケーブルを何本か通しておくと今後の快適化時に楽ですよ
Posted by かむぱぱ at 2014年06月09日 11:54
> かむぱぱさん

山奥でも通信はOKなんですね。
無料で貸切状態はこの時期ならではですね。

センサーはわかりませんが、温度計自体が70度までしか対応していませんので、あまり高温にならないところで、温度変化を見て異常を判断しようと思っていましたので、上部が40度なら、そのあたりで大丈夫そうですね。
チューブは冷蔵庫でも増やしたので、面倒ですが既存の分を使おうと思ってます。
次に何か増設する時はそうします。
Posted by かわいいHERO at 2014年06月09日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99248048

この記事へのトラックバック