2021年07月24日

連休ガス抜きプチキャラバン(2日目)

道の駅「しんあさひ風車村」?らしき駐車場で迎えた朝は、涼しく心地よいものでしたが、街灯が近かったせいか、極小さい虫がバンクルーム窓の網戸の網を抜けて入っていました。

身支度をし、朝食を食べる間に気温が上がってきたので、バッテリーでエアコンを稼働したのですが、ふと前日の発電機不動の件を思い出して、何気に発電機のセルスイッチを回してみると…

なんと一発始動です。

昨日は何度やっても点かなかった発電状況を示すグリーンランプが、何事もなかったように点灯しました。

これは、オルビスの持病である夏場の発電機停止後に発電機が再稼働できなくなる問題同様の熱によるガソリン不良の問題の可能性もありそうです。

あまりの気温の高さに同様の症状が起こってしまったのかも知れません。

いずれにしても、発電機の燃料のガソリンが新鮮でないのは間違いないので、しばらく発電機を回しておくことにしました。

その後出発して、やって来たのがこちらです。

2021-07-23 08.43.10.jpg

冬場はスキー場として営業している箱館山の駐車場ですが、キャンピングカーということではずれの空き地に誘導されました。もうやだ〜(悲しい顔)

2021-07-23 08.48.48.jpg

ゴンドラは9時からの営業ということで、8時半頃の到着なので駐車場は手前が未だガラガラだったんですけどね。

2021-07-23 08.48.05.jpg

とは言え、チケット売場には人の列。

運行10分前に窓口が空いて、チケット購入しましたが、

2021-07-23 08.58.16.jpg

ゴンドラ乗車は9時からということで、裏の入口で再び順番待ちです。

2021-07-23 09.06.45.jpg

よくある押し売り記念写真を撮影後、ようやくゴンドラに乗り込めました。

2021-07-23 09.08.38.jpg

ゴンドラなので奥さんと二人だけでコロナも気にする必要がなく快適です。

2021-07-23 09.13.45.jpg

琵琶湖が見渡せる位の高度へ登って来ました。

2021-07-23 09.15.22.jpg

短い空の旅はここで終了。

2021-07-23 09.16.29.jpg

この時期のスキー場としては、人を呼び込むためには草木が一番です。

快晴の空の下、お花の撮影をとカメラリュックに一眼とレンズを詰め込んでいたのに、そのリュックを積み込み忘れました。がく〜(落胆した顔)

2021-07-23 09.22.37.jpg

なので、今回は全力でスマホで撮影です。

2021-07-23 09.28.56.jpg

手前の花にグッと寄って遠近感を出す等、奥さんにテクニックや構図を伝授しますが、なかなか苦戦しているようです。

2021-07-23 09.30.15.jpg

センサーの大きな一眼なら簡単に背景をぼかすことが出来ますが、スマホは極端なことをしないと上手くいきません。

2021-07-23 09.35.15.jpg

そして、今回の箱館山のメインはこれ。

2021-07-23 09.35.21.jpg

風鈴のよし小道です。

2021-07-23 09.37.11.jpg

神社なんかでも時々ありますが、うちの奥さんはこの手のイベントが大好きなんですよね。

ここも、先週の土曜日から開始というニュースを見て、私が教えることで目的地となりました。

2021-07-23 09.38.27.jpg

そして、その先にはカラフルな色とりどりの布が風になびいています。

2021-07-23 09.41.15.jpg

虹のカーテンというこの布は、地元高島市の特産品である「高島ちぢみ」なんだとか。

何でもないインスタ映えを狙った企画ではありますが、みんなが幸せになれる良い企画ですね。

2021-07-23 09.46.59.jpg

その虹のカーテンの向こうには、雄大な琵琶湖を見下ろす眺望が広がっていました。

2021-07-23 09.50.04.jpg

ここでしばし眺望に浸ります。

2021-07-23 09.54.49.jpg

そして、その場を離れようと再度虹のカーテンを抜けたところで、映えドリンクの売店に気が付きました。

2021-07-23 10.01.48.jpg

せっかくなので、一番映えそうなブルーのドリンクを買って、再度写真タイムを楽しみました。

このブルーのドリンクは「びわ湖のみえる丘トニックソーダ」で、味も美味しかったです。

2021-07-23 10.19.38.jpg

今度は本当にびわ湖のみえる丘を離れて戻りますが、このエリアはコキアが植えられています。

規模では国営ひたち海浜公園には全く敵わないでしょうが、秋には真っ赤なコキアが楽しめるようです。

2021-07-23 10.37.00.jpg

そして、ここから更に別料金のリフトで上に登ります。

2021-07-23 10.44.14.jpg

箱館山で最も高いところからの眺望です。

2021-07-23 10.49.10.jpg

日差しは暑いですが、涼しい風が通って日差しさえ遮れば心地良い気候です。

2021-07-23 10.52.43.jpg

ここにもゆったりと過ごせる椅子が並んだエリアがあったり、

2021-07-23 10.53.04.jpg

アルプスの少女ハイジを思わせる大きなブランコがあったりして、ゆっくりと時間が過ぎるのを楽しむことが出来ました。

帰りはリフトには乗らず、歩いて下りましたが、下った先にはパフェ専門店がありました。

2021-07-23 11.08.19.jpg

寄っても良かったのですが、事前にパフェのが値段が高いことと、そこそこ列ができていて入店に時間が掛かりそうなので、奥さんが寄らなくて良いというので、今回はスルーしました。

LAMPを模した器に入っているというだけで結構なお値段のパフェなのですが、これも映え狙いですね。ふらふら

2021-07-23 11.11.45.jpg

再びゴンドラでの空の旅を楽しみます。

2021-07-23 11.17.18.jpg

眼下の駐車場にはオルビスも確認できましたが、駐車場はもう一杯です。


朝一番からの入場だったので、時間的には未だお昼です。

オルビスに戻ってこの後どうしたいかを奥さんに聞くと、次男坊の所へ寄りたいと言います。

そして、電話をしていましたが結局電話にでないということで断念。

きっとバイトなのだろうと話していましたが、やはりヤマダ電機のバイトだったそうです。爆弾

ということで、そのまま帰ることにしましたが、途中で道の駅「藤樹の里あどがわ」へ寄りました。

2021-07-23 12.02.34.jpg

警備員さんにキャンピングカーばかりの場所に誘導されましたが、ナッツのクレソン2台が縦列に駐車しているので少し気になっていたのですが、買い物をしてオルビスに戻ると、オルビスの前にジルが停まっていました。

2021-07-23 12.37.05.jpg

幸いクレソン2台が出て行ったようで隣の列が空いていたので、そこから出るのだと思っていたら、その空いた列に警備員がワゴン車を誘導するではありませんか?あせあせ(飛び散る汗)

慌てて警備員に声を掛けると、「前のキャンピングカーと一緒だと聞いていた」ととんでもない言葉が出てきました。

先のクレソン2台と混同されて伝達されていたのでしょうか?

間一髪のところで、出られて良かったですが…たらーっ(汗)

道の駅を出た後は、昨晩アイスクリームを買った琵琶湖に浮かぶ鳥居で有名な白髭神社横のセブンイレブンへ寄って、再び今日もアイスクリームを購入しました。

2021-07-23 12.58.27.jpg

セブンイレブンの看板とアイスクリームの間に、その鳥居が見えます。

そして、アイスクリームを食べながら帰路を進みますが、昼食を取りたいのでバイパスでお店のない湖西道路を通らずに、湖周道路を選択したら、しばらくして渋滞にはまってしまいました。

この後に特に予定もないので渋滞も気にはなりませんでしたが、どうやら渋滞の原因は琵琶湖バレイへの分岐の交差点だったようです。

琵琶湖バレイも箱館山同様の冬場はスキー場となる山で、数年前に琵琶湖が一望できるデッキカフェが出来たりで、知名度も箱館山より断然ありますから、連休の快晴で麓の道路にまで車の列が続いていました。

心の中では、ちょっと走って箱館山へ行った方が楽しめると思うよって思っていました。

その琵琶湖バレイ渋滞を抜けた後、奥さんがランチにはラーメン屋さんとかが良いというので、最寄りを調べていて、王将が良いというのでやって来ました。

2021-07-23 14.05.18.jpg

極王炒飯か極王天津飯のセットに絞って、食べたことがないのなら天津飯にしようかと思ったものの、過去のブログを見たら昨年滋賀の三井寺に行く前に極王天津飯のセットをチョイスしていたことが判り、今回は炒飯の方にしました。

2021-07-23 14.27.06.jpg

どうでも良いことではあるのですが、ブログってこういう時に役に立ちます。パンチ

帰りは高速でスムーズに明るい内に帰ることが出来ました。

キャラバンとも言えないようなプチお出掛けでしたが、まだまだ続くであろうステイホームのガス抜きになったのはもちろん、猛暑の環境でのマイオルビスの色々な課題が確認できて、今後改善するべき問題点が把握できました。

一番強く感じたのは、ここ数年の殺人的な暑さの中では、やはり発電機があるとないとでは安心感に絶対的な差が出るということです。

発電機を使わずに済めばそれで良しですが、道の駅でのナッツ車もエアコン使用の為にはアイドリング必須でしたから、車両エンジンへの負担を考慮しても、専用機としてのオルビスの発電機の役割は大きいと感じました。
posted by かわいいHERO at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2021年07月23日

連休ガス抜きプチキャラバン(1日目)

今週は世間が4連休で、コロナ禍にも関わらず多くの人が出掛けていて、高速道路は大渋滞です。

そんな中、私はお休みが世間とはズレがあるので、1日早い水曜日からの3連休です。

当初は長らくオルビスで出掛けていないことから、今回の連休はどうしてもオルビスで出掛けたいと思っていたものの、ここ最近の大阪のコロナ感染者数増加にそもそも蔓延防止地域であること、そして私自身がワクチンを受けられていないので予定を決められないまま水曜日が来てしまいました。

本来であれば、火曜日の夜に出発するのがベストですが、大学生の娘は、水曜日は普通に講義があるので、水曜日も韓流ドラマ「愛の不時着」に見入って過ごしていたら、段々と出掛けることが面倒くさくなってきてしまいました。

ですが、うちの奥さんは折角なので行きたいと言うので、形だけでも出掛けることにしました。

娘さつきとメイも連れて行くつもりでしたが、娘がレポートの提出があるとのことで行かないということになり、メイとさつきも暑い中、何かあっても困るので、今回は娘に任せて置いて行くことにしました。

滋賀県へ行くことにしたのですが、奥さんのペースで事を進めると、出発が昼頃となり、高速道路の渋滞による時間を考えると、目的とした場所への到着は夕方となり、入場に間に合わない可能性があります。

ナビによる到着時間にあまり差がないことから、高速を避け、一般道のルートをチョイスしたのですが、昼食を食べ損なっていて、適当なお店を見つけられず、京都から滋賀県へと入り、道の駅へ寄ることにしました。

2021-07-22 16.00.31.jpg

道の駅「妹子の郷」です。

2021-07-22 16.00.01.jpg

あまりに時間が遅く、夕食のことを考えると中途半端なので、奥さんの提案でテント販売の近江牛カレーパンとコンビニのチキンとアイスカフェラテ等で軽く済ませることにしました。

2021-07-22 16.18.54.jpg

オルビスに戻って食べようと発電機を稼働しようとしたら、まさかエンジンが掛かりません。

発電機のセルスターターを接続しているオルビスのメインバッテリーはツインにしているので、かなり粘って何度もセルを回しましたが、軽く回りそうになりつつも直ぐにそのままストールしてしまいます。

時々発電機の始動は確認していて問題なかったので、長らくエンジンのメンテナンスを怠っていたからかと諦めて、アイドリング状態でバッテリーによりシェルのセパレートエアコンを始動しました。

想定外のトラブルに、猫娘たちを自宅に置いて来て良かったと思いました。

食事をしながら、先を進む意味もないことから、早めにお風呂に入ることとし、少し戻って長居できそうな施設へ向かいました。

2021-07-22 17.50.36.jpg

私がチョイスした入浴施設は、雄琴にありました。

2021-07-22 17.50.51.jpg

「スパリゾート雄琴 あがりゃんせ」という施設ですが、あのラーメンチェーンの天下一品が運営している施設だそうです。

2021-07-22 17.53.47.jpg

土日祝は料金が平日の倍というのがやや気になりましたが、評判が良さそうなので即決です。

実際、倍の料金のお陰か混雑による芋洗い状態なんてことはなく、ハンドタオルにバスタオルに館内着付きで浴場にも髭剃りや身体を洗うタオルなんかも用意されていて、至れり尽くせりでした。

奥さんとの待ち合わせを1時間半後としたことで、大好きな電気風呂や3度のサウナ室&ロウリュを満喫できました。

久しぶりの温泉なので特に気持ち良かったです。

2021-07-22 19.48.22.jpg

湯上り後は、館内着で休憩室へ。

2021-07-22 19.48.33.jpg

まったりした後は、館内のお店で夕食にしました。

天下一品なのに、ラーメンはなく和食の蕎麦しかありませんでした。

私は近江牛の牛とじ丼です。

2021-07-22 20.44.11.jpg

通常は午前1時まで営業していたようですが、コロナ後は閉店が22時ということで、30分前に蛍の光が流れ始めたので、施設を出ました。

ここから、今晩の就寝場所に向かいます。

2021-07-22 21.40.38.jpg

途中、コンビニで翌朝用のおにぎりとアイスクリーム&珈琲を買って、道の駅「しんあさひ風車村」駐車場へ到着。

現在はグランピング施設「ステージクス高島」がメインとなっていて、ナビにも道の駅としては出てきませんでしたが、車中泊マップに載っていたので行ってみました。

2021-07-22 23.32.20.jpg

駐車場はひっそりとしており、リチウムバッテリーでエアコンを稼働していましたが、外気温が微妙なことに気が付きました。

発電機が使用できなかったことで、バッテリー残量は80%を切っていたこともあり、エアコンをやめてマックファンと扇風機で凌いでみることにしました。

それで暑ければエアコンにしようと思ったのですが、結局マックファンと扇風機で充分でした。

奥さんは、明け方は寒かったと言っていました。

とても静かな駐車場だったので、気持ちよく眠れました。

【2日目に続く】
posted by かわいいHERO at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2021年03月15日

へとへと島根往復と八社巡り

この土曜日、仕事から帰宅後に島根へと三男坊を迎えに行って来ました。

現在、オルビスの稼働では意識がリチウムバッテリーの充電に全部持って行かれていますが、忘れてはいけないのが、今回は夏用タイヤがミシュランのアジリスキャンピングになっているということです。

2021-03-13 20.06.06.jpg

出発前にホイールナットの増し締めと空気圧調整です。

2021-03-13 20.06.49.jpg

しばらくは出動予定が無かったので、タイヤ納品時にエアを540KPAにお願いしていたので、稼働時のエア圧475KPAへと調整しました。

2021-03-13 20.09.59.jpg

本来は、停車時により重量が掛かる後輪のみ550KPAにしておくというのがミシュランの考え方のようですが、今回は全てが540KPAなので、前輪475KPA、後輪485KPAとしてみました。

そして、食事と入浴を済ませて、今回は日が変わる前に出発できました。

2021-03-14 00.30.01.jpg

但し、出発前に薬を飲ませたジュジュの夕食が未だだったので、加西サービスエリアでご飯を食べさせました。

その後、再出発して今回は鳥取道の道の駅かわはらでの仮眠とします。

2021-03-14 02.18.37.jpg

出発時160AHだったバッテリーは、もう243AHなで回復しています。

やはり、残量が少なければ少ないほど入りが良いようです。がく〜(落胆した顔)

2021-03-14 02.44.08.jpg

おしっこが少ししか出ないという状況で心配なジュジュですが、加西サービスエリアでご飯を食べてくれたので、いつもよりは全然少ないものの、食欲がないということではないので、腎不全の悪化という心配は頭から削除しても良いようです。

かと言って、これ以上ご飯を食べるかどうかもわからないので、にゅんにゃんカロリーを開けてやると、結構な勢いで食べ、その後に総合栄養食のチュール2本を平らげました。

そして、さぁ寝ようかと思ったところで、冷気防止にエントランスの蓋代わりに移動したミニテーブル天板がなく、がら空きだった2段ベット下収納部へと入り込んでしまいました。

2021-03-14 03.38.26.jpg

こうなるともう出せないし、脱走できるわけでもないので、そのままにして寝ることにしました。

でも、気になるのはここはFFヒーターの風も来ないので温度が低いことです。

まぁ、寒ければ自分で出てくるだろうと思っていたら、朝起きたらちゃんとベッドの上に居ました。

2021-03-14 07.01.27.jpg

朝ごはんもしっかりと食べてくれましたが、ここのところは少量でちょっと高級なウエットフードばかりなので、どんどん贅沢なっています。

2021-03-14 07.10.08.jpg

でも、食べてくれないよりは絶対に良い。

2021-03-14 07.17.17.jpg

ここで、ボトロニックのバッテリーの残量を見ると、191AHまで減っていました。

2021-03-14 07.17.56.jpg

電圧は12.9Vです。

2021-03-14 07.17.24.jpg

セル電圧計は13.0と12.9でチカチカ入れ替わってます。

2021-03-14 08.37.15.jpg

道の駅の駐車場からは河原城が見えます。

2021-03-14 07.47.06.jpg

道の駅のファミリーマートで朝食を調達して、朝の準備が完了したら出発です。

2021-03-14 08.36.01.jpg

テレビを見たり、なんだかんだで更に残量は減りましたが…

2021-03-14 08.36.26.jpg

エンジン始動で「えっ?68.8Aで充電???」

まぁ、このままこれで充電はあり得ないのですが、配線強化していない我が家のオルビスでこんな数値が出るのはちょっと驚きでした。

2021-03-14 09.18.50.jpg

ジュジュも助手席の奥さんの膝上でスタンバイ完了です。

で、今回はそのまま島根の三男坊のアパートへ行くのではなく、前回帰りに途中まで巡った「因幡伯耆國開運八社巡り」の残りの神社を廻ってから行くことになりました。

2021-03-14 09.38.12.jpg

ということで、先ずは倉吉市の「福富神社」から。

駐車場代わりか広がった道路部分にオルビスを停めさせていただき、細い道の先に…

2021-03-14 09.41.11.jpg

何とも古めかしい石段が続いています。

2021-03-14 09.42.39.jpg

登り切っての肝心の神社の建物の写真がありませんが、

2021-03-14 09.45.17.jpg

お参り後、ケースの中のスタンプを、

2021-03-14 09.46.15.jpg

先ずは手ぬぐい

2021-03-14 09.47.16.jpg

そして、福紗に押して一社完了。

2021-03-14 10.27.35.jpg

次いでやって来たのは同じく倉吉市の「福積神社」ですが、ここも前の道路脇が駐車場スペースのようです。

2021-03-14 10.17.18.jpg

ジュジュが喉が渇いたかお腹が空いたかで鳴いているような気がしたので、ご飯を用意して、その間にお参りに行くことにします。

2021-03-14 10.18.23.jpg

この神社も天へと古い石段が続いています。

2021-03-14 10.18.41.jpg

妊婦さんご夫婦がお子さんとお参りに来られていましたが、流石に妊婦さんには無理ということで、小さい男の子とお父さんだけで登っておられました。

2021-03-14 10.20.46.jpg

こちら「福積神社」も先の「福富神社」同様、無人の廃墟寸前の神社で、この八社巡りが無ければ、絶対に訪れることはないでしょう。

2021-03-14 10.22.55.jpg

参拝後、スタンプを押して降りますが、

2021-03-14 10.25.01.jpg

石段が濡れて滑りやすく、この高さですから非常に危険な階段でした。

オルビスに戻ると、ジュジュはご飯は半分くらいしか食べていませんでしたが、マナーウェアを履かせると、運転席の私の元へ来たがります。

2021-03-14 10.34.45.jpg

でも、運転に支障があるので奥さんに引き取ってもらいこの表情です。

2021-03-14 11.44.39.jpg

いつもの山陰道と違って、倉吉から西へ向かう為、山道なんかも通りつつ、やや長距離を走って到着したのが日野郡日野町にあるこちらの神社。

2021-03-14 11.54.20.jpg

そこそこ有名な「金持神社」です。

「かねもち」ではなく「かもち」だそうです。

2021-03-14 12.03.00.jpg

ここから石段を上がります。

2021-03-14 12.04.29.jpg

いやぁ、今回は石段ばっかりですぞ。あせあせ(飛び散る汗)

それも結構な段数です。

2021-03-14 12.06.38.jpg

祠の中には、立派な絵画が複数掲げられていました。

2021-03-14 12.12.16.jpg

こちらはこれまでの神社とは違い、神社自体で結構な収入を得られる人気神社ですね。

金色の御朱印帳が5千円だったそうで、うちの奥さん一瞬迷ったらしい。爆弾

「じゃあ買ってあげるよ」と言ってみましたが、冷静になったようで、「NO」の返事でした。

こちらの神社では、駐車場横に札所の売店があって、お土産なんかを売っているのですが、スタンプはそちらで押しました。

10台以上のオートバイ(ハーレー?)のおじさん集団も来ていて、ちょっとした観光名所なことが判ります。

そう言えば、友人のバイク店もツーリング中であることを思い出しましたが何処へ行ったのかな…。

さて、奥さんが1日で廻ってしまうと言うので先を急ぎます。

次にやって来たのが日野郡日南町の「福成神社」です。

2021-03-14 13.16.22.jpg

なんと、ここも長い石段の上の神社でした。

2021-03-14 13.20.31.jpg

かわいい猫の動くお人形が迎えてくれた「福成神社」も無人のようでしたが、書き置きの御朱印も置いてあり、宮司さんは毎日通われていそうです。

2021-03-14 13.23.01.jpg

お参り後の手ぬぐいと、

2021-03-14 13.24.11.jpg

福紗へのスタンプも上手になって来たうちの奥さんです。

2021-03-14 13.25.11.jpg

なお、いちいちマナーウェアを外すのが面倒なので、無人の神社には、抱っこ袋のままジュジュも連れて行くようにしたのですが、外へ出るとジュジュが驚くほどおとなしくなります。

顔を出しても、自分で隠れようとします。

つい半年前までお外暮らしの野良猫だったのに…。たらーっ(汗)

2021-03-14 13.51.46.jpg

そして、さっきの「福成神社」と見間違いそうなのが、「福榮神社」です。

この神社へのナビの案内ルートで高さ3.1mの線路下を誘導されて、ちょっと焦りました。

我が家のオルビスは、リアのラダー部分がほぼ3.1mなので、ひょっとして行けるかも?なんて思いましたが、通り過ぎたら綺麗な道でリルートされてやれやれです。

2021-03-14 13.52.38.jpg

やっぱり。長い石段の上の無人の神社でした。

2021-03-14 13.56.06.jpg

木部の虫食いも酷く、このままだと朽ち果てるのも時間の問題でしょう。

2021-03-14 13.58.15.jpg

これまで同様にお参りの後、スタンプを押して、いよいよ次は最後の神社です。

2021-03-14 14.42.24.jpg

ここ「樂樂福神社」は「ささふくじんじゃ」と読むそうです。

2021-03-14 14.46.56.jpg

ひとつ前の「福榮神社」もこちらの神社が管理されているようです。

2021-03-14 14.48.04.jpg

本殿では、手を叩くと踊る獅子舞が…。

こちらは社務所にスタンプがあり、私はジュジュを抱いていたので写真は無しです。

これで、「因幡伯耆國開運八社巡り」コンプリートですが、途中、コンビニも無いような田舎ですから、昼食も食べ損ねて、夕方近くに足立美術館近くの安来まで来てようやくあったローソンでスナック類を買って昼食代わりにしました。

そして、帰路用の燃料補給を済ませて、ようやく三男坊のアパートへ到着。

この時、バッテリーは既に321AHまで回復していたので、このままだと帰路にまた過充電の可能性で苦労すると考え、バッテリーを消費することにしました。

2021-03-14 17.01.07.jpg

少し早いですが、ジュジュのご飯の為に電気ケトルでお湯を沸かしたり、エアコン暖房の設定温度を上げて、ドアを開けたままマックスファンを回します。

2021-03-14 17.01.49.jpg

エコじゃないですねぇ。ふらふら

2021-03-14 17.35.28.jpg

何とか300AHを切ったものの、もうちょっと減らすべく、オルビス内の全ての照明をオンにして、テレビも付けっ放しで帰路に就きました。

ところが、充電量が30〜40Aといつもより高い気がします。

これって電力をより使うことで、CTEKがバッテリーがより腹ペコだと錯覚するなんてことがあるのかしら?

運転中で良くわかりませんが、このままでは残量が増えるばかりに思えました。

そんな時、奥さんのいつもの如く外食して帰りたいという意向があり、時間的にも帰ってから食べるような時間では無くなっていたので、鳥取西インターで一旦下道へ降りて、鳥取北のイオンモールで夕食を取ることにしました。

そして、その間に電気を消費して残りの帰路の過充電の心配を失くそうという作戦です。






2021-03-14 19.59.32.jpg

フル照明&テレビ&エアコン暖房の室内に、

2021-03-14 19.59.40.jpg

バンクの窓を少し開けて、マックスファンでエアコンの暖気を排出して、室内温度を上げないようにして、でもリアベッドにはジュジュが居るので、FFヒーターも稼働。

2021-03-14 19.59.11.jpg

結果、常時これくらいの消費となりました。

2021-03-14 20.03.33.jpg

その間に、三男坊のリクエストの「いきなりステーキ」へ。

2021-03-14 20.18.41.jpg

「いきなりステーキ」も店舗が減って来ているので、食べられるのも今のうちかも?と思いながら、いつものワイルドステーキ300Gをいただきました。

食後も、イオンでお土産物を買ったりして、少しぶらぶらしたので、オルビスへ戻ると、268AHまで残量が減っていました。

2021-03-14 21.24.36.jpg

余分な消費が充電を促している気がしたので、再出発時には、必要のない機器はオフにして、ダイネット照明とエアコン位にしたところ、その後の充電は27A程度で推移していました。

2021-03-15 00.11.16.jpg

高速へ戻る前にセブンでデザートを買い込んで、一気に帰宅したところ、到着時の残量はこうなりました。

やはり、余計な電力消費はしない方が良いようです。

それより、こんなことしていないで早くBMSを何とかしないといけませんねぇ…。爆弾
posted by かわいいHERO at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2021年01月14日

緊急事態宣言直前の県外移動

我が家の三男坊が成人式も終わり、大学の為に島根へと帰る日が来ました。

当初は高速バスを予約していたようですが、私の休日に合わせられるのならオルビスで送ってやると約束していました。

ということで、火曜日の帰宅後出発・・・のはずが。

「運転大丈夫?」と一見気遣いを見せるうちの奥さんですが、仕事から娘を迎えに行ってから帰宅してみると、出発準備どころか「なんで今日なの?」という手間の掛かる夕食の支度中でした。

最後に三男坊に変わったものを食べさせてやりたかったのかも知れませんが、それは今日じゃない…私の心の声です。

出るのが遅くなれば、必然的に途中の私の仮眠時間も少なくなるわけで、大丈夫であるはずの運転も一気に辛いものになります。

それに、この時期ですから夜間は路面の凍結にも注意が必要なので、尚更早く出たかったものの、そんなことはうちの奥さんには期待できないことはわかっているのですが、家事については流石に苦言を呈してしまいました。

なので、日こそ跨がなかったものの、いつもとそう変わらない出発時間にがっくりです。

まぁ、不満を言っていても仕方がないので出発して、最近のパターンである高速に乗る直前にコンビニ珈琲を調達します。

2021-01-12 23.35.15.jpg

リチウムバッテリーに未だBMSの取り付けが出来ていないことから、充電過多を心配して今回は出発前のバッテリーの残量を半分近くまで減らしました。

2021-01-12 23.38.28.jpg

でも、自宅から少し走っただけでもう結構充電されています。

2021-01-12 23.38.42.jpg

残量が減っていることで、充電量も多くなっているようですねぇ。

でもまぁ、残量はまだ低いので先を急ぎます。

2021-01-12 23.39.45.jpg

なお、今回もジュジュさん同行で、助手席の奥さんの膝の上が快適なようで、鳴きもせずおとなしくしています。

今回はできるだけ遠くで仮眠としたかったので、鳥取道の道の駅かわはらを過ぎて、山陰道に入った「道の駅 西いなば気楽里」で仮眠とすることにしました。

前回は「鬼滅の刃」がお供でしたが、今回はそれ以上に良いという評判もある「呪術廻戦」というアニメをお供としましたが、設定が違い過ぎて比較できるものでは無かったですね。

さて、鳥取道に入ってからは道路脇や田畑に雪を見ることになりましたが、山陰道の日本海沿いも先日の雪が多く残っていました。

2021-01-13 02.34.26.jpg

道の駅のトイレへ行こうと車外へ出ると、アスファルトの一部が凍結してツルツルしていました。

改めてこの時期の夜間走行のリスクを感じます。

早々に寝床に入る奥さんと三男坊に対して、私はバッテリー状態をチェックです。

2021-01-13 02.44.42.jpg

わぁ、もう300AHまで充電されています。

このペースだと、また帰路に充電し過ぎでやきもきすることになるので、今回もFFヒーターに加えてより多くの電力を消費するエアコン併用としました。

2021-01-13 02.45.07.jpg

もっとも前回の1〜2時間の仮眠とは違い、もう少し寝るつもりなので、万が一寝坊してバッテリーが空になっても困るので、エアコンの温度設定は20度としました。

2021-01-13 07.22.32.jpg

ジュジュに軽くご飯を食べさせて、今回もジュジュと狭いリアの下段ベッドで寝ました。

FFヒーターとエアコンのダブル暖房で暑い位でしたが、エアコンの設定温度を20度としたので、思いの外電力使用は少なく240AHほどにしかなりませんでした。

バッテリーを気にしながらでしたが、ジュジュもおとなしくしてくれていて、3時間弱は熟睡できました。

2021-01-13 07.24.56.jpg

起床後、白い世界の中を8時くらいだったでしょうか?島根へ向けて出発します。

昨晩はツルツルしていたアスファルトの凍結も既に溶けていて、一気に増えた車の流れに混じって島根まで一気に進みました。

うっかり山陰道の有料部分に入ってしまったので、予定よりも早く到着となりそうなので、三男坊のアパート近くで朝食を取ることにしました。

三男坊が10時半からリモートのの授業があるというので、1時間くらいは取れそうなので奥さんのリクエストでコメダ珈琲でモーニングと思ったものの、駐車場が満杯で断念し、素直に朝マックを買って、アパートで食べることとなりました。

2021-01-13 10.09.53.jpg

アパートの駐車場にも積雪がありました。

2021-01-13 10.35.27.jpg

三男坊のリモート授業の点呼が始まり、授業後に買い物に乗せて行って欲しいと言うものの、無駄に待っていられないし、おばあちゃんから大量の食材を持たせられているので当面に必要な不足品についてだけなので、(一緒に買い物に行くと私が清算するので…)生活費の節約の為に言っている可能性が高いので、お金を渡してアパートを出ました。

私は連休でもないただの休日ですから、そうのんびりもしていられません。

早々に帰路に就くところですが、大阪にも緊急事態宣言が発令されるというタイミングでしたので、少し案がありました。

その為、先ずは境港方面へ回ります。

2021-01-13 11.52.51.jpg

これは有名な通称「ベタ踏み坂」こと「江島大橋」を鳥取側へ下った信号待ちでの後ろに向けた1枚ですが、やはり島根県側から撮らないと迫力は無いですね。

2021-01-13 12.07.30.jpg

そして、やって来たのは「米子空港」です。

2021-01-13 12.09.44.jpg

鳥取空港、通称名探偵コナン空港には数回行っていますが、米子の鬼太郎空港は初めてです。

2021-01-13 12.13.03.jpg

中に入るとパイロット姿の鬼太郎が出迎えてくれましたが、空港ターミナル内は人影がほとんどなく寂しい。

2021-01-13 12.16.14.jpg

コナン空港と比べると鬼太郎感も少ない感じがしますが、目的は鬼太郎じゃないのです。

2021-01-13 12.14.56.jpg

はい、私達がここへ来た理由はこれなんです。

2021-01-13 12.15.07.jpg

偶然鳥取の観光系サイトで見つけた「因幡伯耆國開運八社巡り」のスタンプ台紙となる招運福紗をいただきに来たのです。

これは、鳥取県内の神社8ヵ所を巡って袱紗や手拭にスタンプの朱印を押して回るというイベントです。

奥さんに教えたら、袱紗なんて珍しいと言って、ノリノリになったのです。

インフォメーションカウンターが無人だったので、インターホンで係の方に来ていただき、無事に招運福紗を手に入れて目的達成です。

2021-01-13 12.18.20.jpg

改めて見たら、天井にも鬼太郎達が居たんですね。

2021-01-13 12.23.11.jpg

そして、2階のお土産もの屋さんの前のスペースも鬼太郎だらけでした。

米子空港を出て、先ずは近くのひとつ目の神社「富益神社」へ10分ほどで到着。

2021-01-13 12.49.22.jpg

駐車場という場所が雪に埋もれていて、初めてスタッドレスが役に立った???

2021-01-13 12.49.07.jpg

無人の小さな神社ですが、本堂の前にスタンプが設置されています。

2021-01-13 12.49.38.jpg

ここで、奥さんが何だか困っています。

聞くと、奥さんが買った袱紗(招運福紗)にはスタンプを押す場所が4カ所しかないと言います。

八社巡りなのに四社で一杯とは…。

開運八社巡り.jpg

そのことに気が付いていない奥さんも奥さんですが、せっかく始めた八社巡りですから、「赤と青の2色あった招運福紗と別神社も押せる開運手ぬぐいも買えば?」となだめて、再度米子空港へ逆戻り。

2021-01-13 13.14.53.jpg

鬼太郎や一反木綿に見送られながら、青い招運福紗と開運手ぬぐいを手にして満足そうな奥さんを連れて、再び「富益神社」へ寄って、無事に開運手ぬぐいにもスタンプが押せました。

2021-01-13 13.15.47.jpg

そして、今度は「富益神社」から少し先へ進んだ「粟嶋神社」へ。

2021-01-13 13.58.59.jpg

こちらの神社は「因幡伯耆國開運八社」ではないようですが、子年所縁神社として紹介されていました。

この八社巡りは昨年末から今年の年末までの期間であることから、紹介されているものと思いますが、既に丑年になってしまっているので、開運手ぬぐいにも名前は出て来ていませんが、せっかくだから奥さんが行きたいというので寄りました。

2021-01-13 14.08.40.jpg

この気の遠くなるような階段の先に本殿があるようです。

2021-01-13 14.11.12.jpg

やっと階段が終わると思ったら、未だ少しありました。

2021-01-13 14.12.03.jpg

夫婦ともに運動不足なので脚がよろよろです。

2021-01-13 14.12.51.jpg

参拝後、押すスタンプはありませんが、社務所に宮司さんらしき方が居られたので、うちの奥さんはご朱印はいただけました。

そして、とっくに昼食の時間は過ぎていますが、先を急ぎます。

神社と神社の距離が長くないので、いちいちオムツ(マナーウェア)を履かせたり脱がせたりが手間なので、ジュジュは後部下段ベッドに乗せていますが、「出せ!出せ!」と鳴き始めました。

2021-01-13 14.48.34.jpg

そんな状態で次に到着したのが「大神山神社」です。

こちらも「因幡伯耆國開運八社」ではないのですが、丑年所縁神社ということで開運手ぬぐいには名前があります。

2021-01-13 14.50.10.jpg

雪で足元がぐじゃぐじゃになる中、先ずは参拝を済ませました。

2021-01-13 14.51.00.jpg

そして、奥さんは社務所で御朱印を書いていただいている間に、招運福紗と開運手ぬぐいにスタンプの朱印を押しました。

2021-01-13 14.55.57.jpg

そして、米子近辺から一気に東浦へ移動して、今回最後の神社へ参ります。

2021-01-13 15.34.49.jpg

それは、田畑の真ん中にある「豊榮神社」。

何処にでもありそうな、小さな地元の寂れた神社って感じです。

2021-01-13 15.34.31.jpg

本当は神社の横に駐車場があるようですが、結構な積雪なのでスタッドレスとは言え、入るのを躊躇してしまいました。

2021-01-13 15.35.05.jpg

大丈夫なのはわかっているのですが、他の車が入ってくるような場所でもないので、あぜ道のような道路にオルビスを停めたままお参りしました。

2021-01-13 15.40.08.jpg

この箱の中にスタンプがあり、ノートに参拝者を記入するようになっていたようです。

2021-01-13 15.36.45.jpg

何とか八社巡りの二社を含む四社のお参りを終え、本当の帰路に就きますので、ジュジュの様子を確認しようと思ってオルビスのエントランス扉を開けたら、まさかのジュジュが脱走して目の前に居ました。

以前にも脱走されましたが、ジュジュの脱走への執念は凄いです。

余程前に行きたかったと思え、マナーウェアを着けて抱っこ袋に入れられると助手席の奥さんの膝でおとなしくなりました。

昼ご飯を抜いてしまっていたので、途中、コンビニでおにぎりを買うことにしましたが、その際もジュジュが不安がるので、お店の前で抱っこ袋のジュジュを抱いて交代で買い物をしました。

その後、やはりバッテリーの残量が気になって、中国道の加西サービスエリアに寄って、電気ケトルでお湯を沸かしてバッテリーを消費しつつ、それでジュジュのご飯を温めてジュジュがご飯を食べている間にトイレと買物を済ませました。

買物は、以前に長男の寮近くのコンビニで買った姫路辺りのローカルフードである「アーモンドバター」をまた買いたいと言う奥さんの言葉に基づくものです。

多分あるだろうと踏んでいましたが、やはりありました。

そんなサービスエリアでのロスした時間もあって、いつものようにそのまま娘の塾へお迎えというには間に合わないので、一旦帰宅して、オルビスからシエンタに乗り換えて、最寄り駅まで娘を迎えに行きました。

そして、その足で娘のリクエストで夕食はパスタとなりました。

2021-01-13 20.46.33.jpg

当初、、ファミレスであるジョリーパスタへ行くつもりでしたが、娘が行ったことが無いのでその近くのイタリアン「モルト・ヴォーノ」へ変更。

2021-01-13 20.47.27.jpg

ちょっとだけコストが上がりましたが、昼がコンビニおにぎりだけなので良いでしょう。爆弾

大阪も今日14日から緊急事態宣言発令となりましたから、直前で少しエア抜きできたのは良かったです。
posted by かわいいHERO at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年12月31日

バッテリーを気にしながらの島根往復

土曜日の夜が更け、27日日曜日に変わってから、年末年始を実家で過ごす三男坊を迎えに、オルビスで島根へと出発しました。

高速へ乗る前にコンビニでコーヒーを調達して、奥さんも助手席で寝ずに頑張ります。

IMG_20201227_032521_resize_20201231_013527.jpg

途中の安富パーキングでトイレ休憩ですが、オルビストeppelさんは、現在居られません。

IMG_20201227_034702_resize_20201231_013526.jpg

奥さんが寝ずに頑張るのは、膝の上にジュジュが居るから…。

以前の和歌山行きで、それが一番ジュジュが落ち着くことがわかっているので、今回は抱っこ袋を用意して、はじめから奥さんの膝が定位置です。

そして、奥さんが頑張るもうひとつの理由がこれ。

IMG_20201227_034552_resize_20201231_013526.jpg

劇場版を観に行くべく、アマゾンプライムのテレビ版の鬼滅の刃をiPad miniで観るのです。

そして、私は私で気になることがあります。

それはオルビスのリチウムイオンバッテリーについてです。

IMG_20201227_032549_resize_20201231_013527.jpg

事前に消費して出発時には300Ah未満まで電力量を減らしておいたものの、走り続けると走行充電でどんどん充電されてしまいます。

大体20A程度以上で充電され続けることとなるので、この量では走り続けると満充電になる可能性がありますし、途中で寝るにしても、その後や帰りに苦労することになります。

満充電になると、僅かなりともバッテリーに良くない環境となる可能性があるので、それは避けたい。

そこで、シェルの暖房については通常、FFヒーターを利用するところですが、今回はそれにエアコンの暖房を併用してみます。

IMG_20201227_075746_resize_20201231_013602.jpg

エアコンの場合、冷房よりも暖房の方がエネルギーが必要ということだからです。

IMG_20201227_075736_resize_20201231_013602.jpg

いざ、エアコン暖房を稼働してみると、充電が極端に抑えられました。

もっとも、これは稼働開始直後の突入電流によるものなので、シェルが暖まってくると充電量は増えるでしょう。

そんなこんなも、夜中の出発なので、睡眠を取るタイミングも大事なので、4時過ぎに到着した鳥取道の道の駅かわはらで就寝です。

IMG_20201227_075722_resize_20201231_013602.jpg

エアコン暖房のおかげで、かなり残量を減らすことができました。

奥さんは早々に熟睡していましたが、私はリアベッドスペースに移動したジュジュが素直に寝てくれるわけないのがわかっているので、リア二段ベッドの下段でジュジュに添い寝することにしました。

少しの仮眠ではありましたが熟睡できて、目が覚めると太もも辺りにジュジュが頭をつけて寝ていました。

まぁ、撫でているときに軽く指を噛まれてしまいましたが。

FFヒーターとエアコン暖房の併用だったにも拘らず、リアベッドでは暑いほど温度が上がらずで、どうしてだろうと思っていたのですが、エントランス付近に立ってみると寒い。

IMG_20201227_075707_resize_20201231_013602.jpg

なるほど、エントランスドアの隙間から冷気が入ってました。

IMG_20201227_075655_resize_20201231_013526.jpg

照明を消してみると、隙間から灯りが漏れています。

これは隙間テープを貼らないといけませんねぇ。

以前に貼っていたものが劣化して剥がしてしまったので。

IMG_20201227_092026_resize_20201231_013601.jpg

エンジン停止状態でダブル暖房のおかげで、残量は大分減りました。

これなら帰りも大丈夫かな?

IMG_20201227_075916_resize_20201231_013602.jpg

ということで、道の駅かわはらのコンビニで朝食の調達です。

IMG_20201227_080030_resize_20201231_013602.jpg

先日の雪が未だ残ってました。

IMG_20201227_080213_resize_20201231_013602.jpg

道の駅の駅舎の中にあるトイレに行くと、

IMG_20201227_080424_resize_20201231_013601.jpg

すなば珈琲のタペストリーがあり、鳥取へ来たなと感じますが、

IMG_20201227_080402_resize_20201231_013602.jpg

「すなば珈琲」ならぬ「あなば珈琲」から良い香りがしていました。

オルビスで朝食を済ませて、山陰道を島根へ急ぎます。

IMG_20201227_101203_resize_20201231_013714.jpg

大山は真っ白です。

そして、ようやく11時過ぎに三男坊のアパートへ到着。

しばし帰省準備を待ち、三男坊がクリスマスにケンタッキーフライドチキンが食べれなかったというので、ランチはケンタッキーフライドチキンへ。

IMG_20201227_134811_resize_20201231_013713.jpg

帰路もジュジュは奥さんの膝の上で爆睡です。

余裕かと思っていた充電量ですが、折返し時点で既に310Ahまで回復しているので、自宅へ着くまでには満充電となる可能性があります。

IMG_20201227_113703_resize_20201231_013713.jpg

エアコン暖房稼働で充電量を抑制しようとしましたが、外気がそこまで低くないからか、往路のようにはいきませんでした。

結局、帰りも鳥取道の道の駅かわはらへ寄って、ジュジュにご飯をあげるついでに、2度電気ケトルでお湯を沸かして残量を減らして、無事に満充電を回避できました。

帰宅後、シエンタに乗り換えて娘を加え、三男坊のリクエストでスシローで夕食となりました。

IMG_20201227_211724_resize_20201231_013713.jpg

リチウム以前のように放電量を気にするのではなく、走行充電での充電し過ぎを心配するという正反対の贅沢な心配ですが、ちょっと面倒でもあるので、やはり用意していたスマートBMSを取り付けようと思うのでした。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年11月06日

三十三所南紀リベンジ(2日目)

綺麗な道の駅「たいじ」で朝を迎えた4日の水曜日は世間的には平日です。

2020-11-04 08.42.31.jpg

前日寝ていないことから熟睡できたかというと、そうはいきませんでした。

2020-11-04 08.42.42.jpg

その原因はジュジュです。

いきなり冷え込んだこともあって、FFヒーターを稼働させていましたが、その温度調節が難しいのです。

全開だとあまりにも暑かったので、再度起動するときに絞ったところなかなか暖かくなりません。

リアベッドは寒いと思い、ペットヒーターの置いては居ますが、暑すぎる場合は逃げ場がないので、低めにしたのですが、ジュジュは猫エイズキャリアということで、風邪をひくと厄介なので、暖かくしておきたいわけです。

ちょっと神経質になり過ぎているのでしょうが、とにかく気になってしまいます。

奥さんは早々に寝入っているところで、私もバンクベッドに入りますが、ジュジュが呼ぶ?ので起き出して前夜同様にチュールをあげると、ノーマルチュールと総合栄養食チュール合わせて5本は食べたんじゃないでしょうか?

夕食が少し軽めだったとは言え、あまりの食欲に満腹中枢がいかれたのかと思いました。

その後、車内をウロウロしはじめて、キャビンに入ったらそこから動きません。

DSCF2077.jpg

全体がガラスで外が良く見えますから、野良の血が騒ぐのでしょうか?

DSCF0690.jpg

ジッと外を見ながら鳴くので、自由になりたいのかと思うと切なくなります。

でも、マナーウェアを付けていないので、このままだとどこかでおしっこをするのは確実なので、抱きかかえて狭い開口部からシェル側に連れて行こうとしましたが、スルスルと逃げられてしまい、またキャビンに居座ります。

流石にこれ以上は付き合っていられないので、バスタオルを持って来てからだを巻いて無事にリアベッドへ連れて行くことができましたが、やはり床へ降りてしまいます。

そこで、私が通路に座り込んで、行く手を阻んだ上で、ご機嫌直しにもう1本チュールをあげていたのですが、まさかの冷蔵庫上に置いていたLEDライトの安定が悪く、チュールを食べているジュジュの上に落下しました。

見事に命中してしまい、ジュジュは私にやられたものと思い込んで「シャー」と言い出す始末です。

またもや期限を損ねて怯えてしまい、チュールを出しても食べずで、自らリアベッドに引き籠ってしまいました。

せっかく良い感じになっていたのに、またふりだしです。

まぁ、おかげでそこから3時間くらいは寝れましたが、想定外の睡眠不足となりました。

2020-11-04 08.42.58.jpg

朝食を済ませていよいよくじらの町ともお別れです。

DSCF2087.jpg

太地からは無料のバイパスが出来ていて快適に新宮市に移動できました。

途中、今回もらった和歌山のスタンプラリーのスタンプを押すために新宮駅に寄ってから、熊野三山最後の神社へ。

DSCF2079.jpg

「熊野速玉大社」です。

DSCF0697.jpg

正面から入る為に駐車場から大回りしました。

DSCF2080.jpg

ここにも八咫烏神社がありましたが、八咫烏の姿は何処にもありませんでした。

DSCF2085.jpg

こちらは御神木「梛」だそうです。

DSCF2082.jpg

で、いよいよ参拝ですが、こちらも熊野本宮大社と同じような造りになっていて、この拝殿をくぐった先に各お社がありますので、撮影禁止の表示はありませんでしたが、お社の撮影は控えて、反対側の石だけ。

DSCF0703.jpg

下の写真は今年奉納された「さざれ石」だそうです。

説明文にもありますが、「さざれ石」とは小さな石が寄せ集まって大きなしっかりとした揺るぎなき石となったものであり、君が代にも出てくる石で、この「さざれ石」は、平成から令和に代わると同時に、熊野灘から浜へ打ち上げられたそうです。

DSCF0704.jpg

「熊野速玉大社」への参拝を終え、無事に熊野三山へのお参りも完結したので、早々に帰宅の途に就きます。

奥さんがみかんが欲しいというので、有田川市のいつもの「わいわい広場」の前を通ってみましたが、残念ながら未だオープンしていませんでした。

無人販売も何処も未だなようで、「どんどん広場」へ行ってみると、やや酸味の残る「極早生みかん」ばかりなので、「早生みかん」が出回るには少し早かったようです。

また、和歌山市方面へ来たので、奥さんがもう一つ買いたいものがあるということで、岬町の道の駅にもよることにします。

和歌山市方面へ向かう途中に出て来たどこかのお店でランチをと考えていましたが、奥さんが「マクドナルドでいい」と言うので、マックでお持ち帰りにして、移動しながらタブチを食べました。

そして、和歌山市を抜ける手前で急に奥さんが西国三十三所スタンプラリーで駅のスタンプをもらい損ねている紀三井寺の分をどうせならJR和歌山駅で貰うのに寄って欲しいと言い出し、慌ててナビで調べたら、紀三井寺駅が1キロ以内にあることがわかり、急遽紀三井寺駅へ。

2020-11-04 15.05.51.jpg

数本先の交差点を曲がってすぐだったので、時間的ロスも無く、良いタイミングで寄れました。

紀三井寺へ行った時は線路の反対側しか走っていない為、今回、駅の向こうに紀三井寺が見えていて、位置関係が良く理解できました。

そして、その先の道の駅「みさき」にも、無料のバイパス経由でスムーズでしたが、途中でずっとトイレに入っていじけていたジュジュが鳴き始め、「来るぞ来るぞ」と思っていたら、ようやく脱走してきて、キャビンへ来ました。

これから道の駅へ行くところでタイミングが悪いですが、道の駅の駐車場にオルビスを停めてから、展開を予想してキャビンに持って来ていたマナーウェアとハーネス&リードを付けて、グリップに繋いだ上で、急いで
奥さんと道の駅での買い物を済ませました。

2020-11-04 15.57.58.jpg

ちなみに奥さんが買いたかったのは、前回道の駅「みさき」に寄った時に買って帰った三輪そうめんの「ふし」ってやつです。

miwasoumen_ifusi_1.jpg写真引用:有限会社小西勇製麺所

とても使い勝手が良いらしく、先日もう無くなったので、また買いたいと言っていました。

元々は少し前のケンミンショーで取り上げていて知りました。

2020-11-04 15.58.21.jpg

道の駅ではキャビンまで来たのにいきなり置いてけぼりを喰らって不服そうなジュジュでしたが、ここから自宅までの道のりは、奥さんの膝の上で安心しきった様子でリラックスしていました。ハートたち(複数ハート)

2020-11-04 15.58.26.jpg

この日は平日ということで娘の塾がある日なので、阪神高速を利用して少し急いで帰宅して、ジュジュを部屋に連れて行ったり、少し後片付け等した後、シエンタで娘を迎えに行って、帰りにからあげの「からやま」で夕食を済ませました。

2020-11-04 19.53.05.jpg

私は親子丼セットでした。

さて、ジュジュが同行したり、オルビスのトラブルが有ったりで、バタバタとした南紀遠征でしたが、無事に西国三十三所の「青岸渡寺」で和歌山県が満願できて、熊野三山も回れたので、充実したものとなりました。わーい(嬉しい顔)

勿論、その晩は爆睡だったことは言うまでもありません。爆弾
posted by かわいいHERO at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年11月05日

三十三所南紀リベンジ(1日目)

ほぼ寝ることなく到着した熊野三山の内の「熊野本宮大社」ですが、無料駐車場開放の8時前だったので、他車と同様に隣接する施設の駐車場で待機して、その間に自分たちの朝食を済ませると共に、ジュジュにもご飯を食べさせました。

2020-11-03 08.36.47.jpg

そうこうしていると、無料(2時間)駐車場がオープンとなったので、オルビスを移動しました。

DSCF2037.jpg

さて、いよいよ参拝です。

DSCF2016.jpg

観光バスも数台来ていて、ツアーの団体さんの姿もありました。

「熊野本宮大社」では、オリジナルのマスクも作っていて、狛犬がそのマスク?をしていました。

DSCF0607.jpg

鳥居をくぐり参道を少し入ると、いきなり階段が立ちはだかります。

DSCF0609.jpg

登り切ったと思ったら、未だでした。

DSCF2018.jpg

緩やかな階段が続いて、ようやく登り切りました。

DSCF2020.jpg

奥さんについて先ずは拝殿でお参りをしましたが、奥の御社殿がメイン?私にはよくわかりません。

DSCF0612.jpg

その横には「本宮 八咫烏」の石碑が。

DSCF2021.jpg

ここから「御社殿」に入りますが、「御社殿」内は撮影禁止らしく、カメラを構えたところ、横のおばさまに注意されてしまいました…気付かずにすみません。ふらふら

でも、周りはスマホでみんなパシャパシャ撮影していましたが、知ってしまった以上私は撮影できずで「御社殿」内部の写真はありません。

DSCF0618.jpg

参拝後、金の「八咫烏」に魅せられたうちの奥さんは、おみくじを引きましたが、中吉でした。

DSCF0616.jpg

「八咫烏」の郵便ポストまでありました。

サッカー日本代表のマークも「ヤタガラス」がモチーフだそうですが、この「ヤタガラス」という名前を最近何かのドラマで聞いたような…。

ずっとモヤモヤしていましたが、ブログを書きながらそれが「下町ロケット」だったことにやっと気が付きました。ひらめき

DSCF2023.jpg

駐車場に戻る途中で「祈りの道」という名前の熊野古道を案内されていたので、そこを通って下りました。

DSCF0620.jpg

写真は下りきったところから上に向かって撮影しています。

駐車場手前にあったお土産物屋さんで、那智黒で彫られた「洋風招き猫」があって、奥さんが「メイちゃん…」と欲しそうにするので買ってあげました。

2020-11-05 22.26.57.jpg

洋風の招き猫って珍しいですしね。

また、別のお店では奥さんがちょっと前にテレビで見て欲しいと言っていたみかんのポン酢「みかぽん」を見つけて買ってました。

私は興味ありませんが…。爆弾

そのままオルビスに戻るのではなく、離れたところにある「大斎原」の大鳥居へ。

DSCF2026.jpg

産田社を見過ごしてしまい、土手に登ってみましたが、広い河原は何のために整備されているのだろうか?

DSCF2029.jpg

この大鳥居は道路から良く見えるので、何度も通っていますから通るたびにここが「熊野本宮大社」かと思っていました。

DSCF0625.jpg

黄色い稲穂も合わさって大鳥居の回りの紅葉が良い感じです。

DSCF0633.jpg

ちなみに大鳥居には「八咫烏」があしらわれています。

駐車場へ戻る際に、先ほど見逃していた産田社にも参って、オルビスへ。

助手席の奥さんの膝上に、外を見る胴にリードのハーネスを付けたジュジュを載せて、出発します。

2020-11-03 10.51.51.jpg

そして、約1時間強の走行を経て、太地町へやって来ました。

DSCF0639.jpg

目的は「くじら」です。

以前のオートバイツーリングでも訪問した鯨料理の「くじら家」さんに予約を入れていました。

2020-11-03 12.09.36.jpg

以前に食べて美味しかったので、奥さんに「くじらどう?」と聞くと食べたいというので水曜定休であることから今回のスケジュールとなりました。

2020-11-03 12.09.32.jpg

予約時に定食を伝えていたので、着くとすぐに料理が出てきました。

ですが、以前食べた時の方が美味しかったなぁ…。

特にベーコンが旨くない。

前回は元々小学校給食で出たくじらが大の苦手だった私がチャレンジしたので、美味しく感じただけなのか、いや、やっぱり前回の方が美味しかったよなぁ…。

消費税だけでなく価格が上がっているのに残念ですが、刺身はやっぱり美味しかった。わーい(嬉しい顔)

2020-11-03 12.14.17.jpg

刺身定食の方が良かったかなと思いましたが、昔はよく食べたという奥さんにくじらを食べさせてあげたかったので、まぁ良いでしょう。

DSCF0644.jpg

予約の私達だけで、空いているなぁと思っていたら、見る見る席が埋まって待つ人も出ていました。

スムーズに食事が終わり、やはり予約していて良かったようです。

そして、当初の予定よりも早くスケジュールが消化できたので、単一神社の「熊野速玉大社」ではなく、時間が掛かるであろう「熊野那智大社」へ向かうことにしました。

DSCF0683.jpg

駐車場は無料の「和か屋本店」さんの駐車場に停めさせていただきました。

DSCF0645.jpg

駐車場向かいの階段を登ります。

DSCF0649.jpg

凄い石段ですがまだまだ続きます。

DSCF2042.jpg

ようやく、右が「青岸渡寺」左が「熊野那智大社」というところまで登って来て、先ずは左の「熊野那智大社」へ。

DSCF0655.jpg

長い石段を登って、曲がると最後の石段です。

DSCF2048.jpg

ようやく来れました。

DSCF2056.jpg

先ずは本殿へのお参りを済ませて奥さんは御朱印をいただきます。

DSCF0660.jpg

ここにも八咫烏が御縣彦社に祀られています。

DSCF2051.jpg

「樟霊社」は大クスの木で「胎内くぐり」となっています。

DSCF2057.jpg

護摩木(300円)か絵馬(500円)を持って通り抜けることが出来るとのことで護摩木で奥さんと通らせていただきました。

DSCF0658.jpg

ちなみに絵馬も八咫烏なんですね。

DSCF2060.jpg

その先の門を出ると、そこは「青岸渡寺」となります。

DSCF2063.jpg

お参りを済ませ、西国三十三所の御朱印をいただき、スタンプラリーのスタンプも押しました。

DSCF0663.jpg

そして、和歌山3寺独自のスタンプラリーはここで満願ということで、手ぬぐいをいただきました。

2020-11-05 22.28.47.jpg

出発して直ぐに奥さんが忘れていたのがこの台紙です。パンチ

DSCF0664.jpg

これで今回一番の目的でありリベンジを果たすことが出来ました。

DSCF2068.jpg

その上の大黒天をお参り後、

DSCF2067.jpg

向こうに見える世界遺産で国指定名勝である「那智御瀧」と「三重塔」を望みます。

DSCF0676.jpg

せっかくなので望遠レンズで。

DSCF2070.jpg

そして、また長い石段を下って駐車場へ。

DSCF2073.jpg

駐車場を利用させていただいたこともあり、「和か屋本店」さんへ寄って「お滝もち」をいただこうと思っていたのですが、店内飲食は休止となっていて、仕方なく奥さんが一目ぼれしたこちらのお菓子を買ってオルビスへ戻りました。

DSCF0686.jpg

オルビスの中でこの「紀州てまり餅」を美味しく緑茶と共にいただきました。

ところがここでトラブル発生!

トイレに籠るジュジュを無理に出そうとして機嫌を損ねたところ腕が目の前にあったので、またもやガブリと噛まれてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

服の上からなので、傷にならなかったと思いましたが、わずかに刺さっていたようです。

そこへもう一つのトラブルが重なります。

暗かったのでダイネットのLED照明を点けていたのですが、それが数秒ごとに一瞬切れ始めました。

ずっと消えるわけではなく、一瞬だけ消えるのです。

その時。「カチッ」という音がするので、セカンドシートを開けてみたところ、リチウムバッテリーへ換装時に取り替えた未来舎のバッテリープロテクターからの音でした。

DSCF0685.jpg

このままではDC機器にも良くないと思い、プロテクターを介さず直結しようかと思いましたが、メインスイッチが連動しているので、そう簡単でもありません。

でも、DCを使わないようにと思い、偶然リチウムバッテリー換装時に使用していた100V照明を積んでいることを思い出して、インバーター経由のコンセントに刺しました。

2020-11-03 19.56.19.jpg

明るさは充分なので、照明はこれで何とかなると思ったところで、メインスイッチを入れてもDC機器が作動しなくなりました。

とは言え、それ以上何もできることは無く、これ以降DC無しでやっていかなくてはなりませんが、AC100Vが使用できるのは救いです。

冷蔵庫もFFヒーターもバッテリー直なので、問題ありません。

唯一、DCモーターが使えないので、蛇口の水が出ないのが不便ですが、飲用のペットボトルで代用するしかありません。

それよりも、地方なので夜が早いので、お風呂と夕食を考えないといけません。

幸い、すぐ下の元お土産店にお風呂があるようなので、そこへ行くことにしました。

2020-11-03 16.28.01.jpg

ここの名前も「やたがらす」です。

コロナの影響で、1階のお土産物店は閉鎖となったようですが、天然かけ流しの温泉施設は、営業していました。

500円の入浴料ですが、「くじら家」さんい貼ってあったポスターを見て、和歌山のスタンプラリー冊子をいただいていたので、クーポンで半額の250円になりました。

また、こちらの食堂もオープンしていたので、夕食にまぐろ丼をいただきました。

2020-11-03 18.03.32.jpg

本場のまぐろで美味しかったですし、一人で切り盛りするお兄さんが凄く好印象でした。

お風呂も、奥さんは露天風呂が貸し切り状態でのんびり堪能できたと喜んでいました。

オルビスに戻って、ジュジュにご飯をあげてから移動します。

途中、コンビニで朝食のパンと今飲む珈琲を買って、道の駅へ。

2020-11-03 21.06.03.jpg

他にもキャンピングカーのいるここは「道の駅 たいじ」です。

「道の駅 なち」の方が近かったのですが、汚いトイレが駄目なうちの奥さんが、その新しい建物を見落とすことはありませんでした。

2020-11-03 21.06.44.jpg

ここで、先ずはスィーツで珈琲タイムでまったりします。

2020-11-03 21.10.30.jpg

ジュジュに噛まれたところも、元々の傷も浅く、噛まれた後、水道が使えないので「アクアリブ」でできるだけ洗い流して、その後天然温泉にずっとさらしていたので、大事には至っておりませんでした。

2020-11-03 21.59.50.jpg

また、ジュジュに飲ませている抗生物質が効いてきて、口内炎による痛みが緩和されているようなので、その辺りも関係あるかも知れません。

2020-11-03 22.02.32.jpg

その後は、奥さんが期待したトイレに行ってみましたが、確かに美しいトイレでした。

2020-11-03 22.04.33.jpg

トイレの前の青い郵便ポストのイルカも可愛かったです。

そして、昨晩はほぼ寝ていないので、熟睡のベッドタイムのはずですが…

【2日目に続く】
posted by かわいいHERO at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

三十三所南紀リベンジ(出発)

今月3日の火曜日は文化の日でお休みだったわけですが、水曜日が定休の私には、貴重な連休となります。

なので、9月の連休時に奥さんのスタンプラリー本忘れによって断念した和歌山県の西国三十三所めぐりのコンプリート向けて、この日に南紀を目指すことは早くから決めていました。

和歌山県の西国三十三所のお寺は3つで、「粉河寺」と「紀三井寺」については9月にお参りだけは済ませて既に御朱印はいただいているので、残るは那智の「青岸渡寺(せいがんとじ)」だけなのですが、せっかく南紀まで行くならと、熊野三山へのお参りも勧めました。

南紀も白浜辺りは阪和道で身近になりましたが、勝浦や新宮ともなると阪和道を利用してもその後が遠いので、時間短縮にはならずなので、最短距離の一般道で山越えします。

時間にして3時間以上は掛かることから夜のうちに出発することにしたのですが、奥さんのペースではやっぱり3日へと日が変わる直前になってしまいました。

出発前に奥さんがスタンプ台紙のあるガイドブックを手に「これ忘れたらお父さんに怒られるから…」なんて娘に言っているのが聞こえていましたが、出発して直ぐに私が忘れ物を確認すると、和歌山の3つのお寺が独自に行っている3寺スタンプラリーの台紙を忘れていて取りの戻りました…。もうやだ〜(悲しい顔)

2020-11-02 23.36.36.jpg

なお、出発時のリチウムサブバッテリーの残量と電圧はこんな感じでした。

2020-11-02 23.36.45.jpg

走行充電分を考えると、もう少し少ない方が良いかなぁと思いましたが、道の駅での仮眠予定なのでまぁ大丈夫でしょう。

途中で燃料補給とコンビニで朝食用のパンと珈琲を買って、八尾、柏原から奈良に入って、十津川方面へ南下します。

先ずは熊野三山のひとつである「熊野本宮大社」の手前の道の駅まで走りたかったのですが、ナビの到着時間では早朝4時近くになるようなので、流石に寝るのが厳しくなりそうに思って、かなり手前の道の駅「吉野路大塔」まで来た時に、ここで寝ることにしました。(写真は夜景モードで撮ったので、実際は真っ暗で、赤いのは他車のブレーキランプです)

2020-11-03 05.56.33.jpg

ですが今回、猫エイズキャリアの「ジュジュ」のお世話を娘に託すことが無理だったので、リアの2段ベッドの下段の一部を使って、簡易ケージ化して連れて来ていて、走行中は怯えていたのか隅っこで頭を埋もれさせて小さくなって静かだったのですが、寝ようとすると鳴いて私を呼んでいるように思えます。

なので、チュールをあげると食べる食べるで、結局、総合栄養食のチュールを含む3本をぺろりと平らげました。

サブバッテリーに余裕があるので、ペット用ヒーターも載せていて常時オンにしているので寒さは大丈夫だと思いますが気になってしまいます。

それもあって、バンクバッドに入っても、寝ないといけないと思うと余計に目が覚えてしまって、ほぼ寝ることが出来ずにアラームをセットした時間になってしまいました。

道の駅「吉野路大塔」と言えば、以前に友人のオートバイショップのツーリングで寄って、ここからアクションカムで動画をアップしたことがありますが、これからのルートはまさにこの動画のルートでした。

2020-11-03 06.20.54.jpg

ちょっと停まって、色付き始めの山を撮影したりしながら走っていると、後ろのジュジュが鳴いています。

でもしばらくすると鳴き止んで、声が近くなったような…。

そう思っていると、なんとセカンドシートの背もたれの上にジュジュが居ました。

そして、私の背中とシートの背もたれとの間に入り込んでしまいました。

そして、そこからジッとして動きません。

動かないのは良いのですが、冷え込む前提でタイヤのエアを入れ過ぎていたので、跳ねて、その度に下へ入り込んでいきます。

このままではジュジュが潰れてしまうので、道路脇にオルビスを停めて、マナーウェアを装着して助手席の奥さんに任せました。

2020-11-03 07.35.08.jpg

ジュジュがキャビンに来るとは想定外でしたが、念の為マナーウェアを用意しておいて良かったです。

腎不全で多飲多量のジュジュなので、おむつは絶対ですから。

その後、しばらくの間初ドライブを経験したジュジュを乗せて、第一の目的地である「熊野本宮大社」へ到着しました。

【1日目に続く】
posted by かわいいHERO at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年09月25日

シルバーウィーク後半戦は和歌山のはずが…

【9月22日(火祝)】

世間ではシルバーウィークは土曜日から始まって、火曜日が最終日ですが、土曜日が仕事で水曜日が休みの私の場合、世間と1日ずれます。

前半戦は島根へ3男坊を送り届けたわけですが、後半戦は奥さんの西国三十三所めぐりで遠方の那智勝浦の「那智山 青岸渡寺」を含む和歌山の3つのお寺を訪れると決めていました。

日帰りではしんどいですから。

前日の島根からの帰りにリチウムのサブバッテリーが充電過多になりつつあったため、ソーラーはディスコネクトスイッチでカットして、走行充電に対しては、残量を減らして備えようと考えて、夜の間、オルビスの2つのマックスファンに外部ファンや全ての照明をオンにしたままにしておきました。

そして、朝7時前に出発しました。

先ずは大阪に近いところからと、近畿道から南へ進み、和泉中央のららぽーとの横を通り過ぎて、ローソンに朝ご飯を買うために入りました。

2020-09-22 08.31.58.jpg

目的はこれ「トロトロTAMAGOバーガー」です。

高速に乗る前に2つのローソンで探しましたが売り切れていて、ようやくここでゲットできました。

2020-09-22 08.32.49.jpg

美味しいバーガーの朝食をいただきながら、走ること約1時間で本日の西国三十三所めぐり最初のポイントである「粉河寺」に到着です。

DSCF0207.jpg

ですが、ここで大変な事態が発覚します。

スタンプラリー制覇が目的の今回の西国三十三所めぐりなわけですが、なんと、奥さんがスタンプを押すガイドブックを忘れて来たと言います。

出発前に確認をした時には「大丈夫!」と力強く返事をしていましたが、この時には汗をかきながら顔面蒼白状態です。

ただの三十三所めぐりであれば、それでも良いわけですが、今回はスタンプラリーありきで、前々から計画していた泊り掛けの和歌山ですから、正直シャレになりません。

とは言え、どうしようもありませんから、先ずは「粉河寺」のお参りを済ませます

2020-09-22 09.32.56-2.jpg

私は一眼での撮影を楽しみますが、最近は単焦点レンズを使っていないので、楽しさは半減してます。

2020-09-22 09.43.42-2.jpg

広角はスマホに任せれば良いと思うのですが、やはり写りに違いはあるので、欲張ってしまいます。

2020-09-22 09.47.03-1.jpg

写真を撮りながらも、奥さんがガイドブックを忘れて、スタンプが押せない現状を頭の中でずっと考えていて、那智勝浦までスタンプだけを押しには行けないと考え、翌日に予定していた「那智山 青岸渡寺」は断念することにしました。

ついでに熊野三山も予定していましたが、現実は“さんざん”です。

ただ、この時点では台風の影響で、翌日の天気予報は100%の降雨予報でしたから、諦めもそう難しくは有りませんでした。

那智勝浦までは厳しいですが、有田市くらいまでなら毎年みかんを買いに行っているくらいですから、何らかの理由を見つけてついでにスタンプを貰いに行くことくらいは出来そうなので、次に予定していた「紀三井寺」には予定通り向かうことにしました。

2020-09-22 11.00.55.jpg

決して広くない道の住宅の間を抜けた奥に、紀三井寺の駐車場はありました。

DSCF0227.jpg

向こうに階段が有ったのですが、気付かずにこの急な坂道を登りました。

DSCF0228.jpg

向こうに見えるオルビスを見下ろします。

DSCF0230.jpg

松尾芭蕉の像まであります。

DSCF0233.jpg

やっと登り終えたここから先は徒歩でしか行けないようです。

2020-09-22 11.12.12.jpg

カメラを構えていると、掃除のおじさんからもう少し下がってごらんと言われ、紀三井寺の石碑も画角に入れることができました。

2020-09-22 11.13.32.jpg

こちらでお参りして御朱印をいただき、反対側へと歩いてみると、

2020-09-22 11.29.56.jpg

新しそうな立派な建物がありました。

2020-09-22 11.37.59.jpg

無料拝観できるですと…

2020-09-22 11.34.07.jpg

立派な日本一の木製観音像です。

2020-09-22 11.34.22-2.jpg

大きさがわかりにくいので、人影も入れてみます。

2020-09-22 11.36.44-2.jpg

外へ出たところからの眺望が、高さを表しています。

無事に紀三井寺の参拝も終わり、元来た道を走り始めると、見覚えにのある名前の看板を見つけました。

2020-09-22 12.06.30.jpg

一番下の看板「ジャム工房 なぐさファーム」という名前は、和歌山のジルやんさんの奥様のFacebookでよくお見かけしていたのです。

2020-09-22 12.06.02.jpg

奥さんに「寄ってみる?」と聞くと、すかさず行きたいというので、駐車場にオルビスを停めさせていただきました。

2020-09-22 12.10.10.jpg

ですが、残念ながら祝日はお休みということで、初訪問はならずです。

2020-09-22 12.12.11.jpg

系列と思われるカフェもお休みだったので、パン屋さんも休みだろうと言うのに、奥さんが「パン屋さんはやっているのでは?」と言うので行ってみましたが、案の定お休みでした。もうやだ〜(悲しい顔)

2020-09-22 12.34.14.jpg

せっかく和歌山へ来たので、なぐさファームさんの代わりではないですが、やって来たのはイズミヤのショッピングモールです。

2020-09-22 12.41.25.jpg

ここのフードコートに「グリーンコーナー」と言うお店があるのですが、和歌山の人なら誰もが知っているソフトクリームがあるというのを、先日の関西ローカル番組「大阪ほんわかテレビ」でやっていたのです。

2020-09-22 12.41.38.jpg

それが「グリーンソフト」で、奥さんにそれを話すと、ぜひ食べてみたいとなった訳です。

2020-09-22 12.41.58.jpg

「グリーンコーナー」でも食べられるのですが、運営しているのはお茶の玉林園というところでした。

2020-09-22 12.45.19.jpg

そして、その玉林園さんのお茶のお店もありました。

2020-09-22 12.45.24.jpg

こちらでもグリーンソフトがあったので、こちらでお願いしました。

2020-09-22 12.45.49.jpg

ほんわかテレビでは、苦くないと言っていましたが、実際に苦味はなく、とてもさっぱりとしたソフトクリームで美味しかったです。

しかし、今年のシルバーウィークは毎日ソフトクリームを食べています。

その後は、お昼ご飯に加太の満幸商店のしらす丼が良さげだということになって、加太まで行ってみたものの、2号店含めて凄い人で、駐車場も空きがなく断念しました。

そのまま北上して、道の駅「とっとパーク小島」を見つけて寄ってみましたが、コロナでレストラン始め、ほとんど稼働しておらず、トイレに寄るだけになりました。

2020-09-22 14.07.49.jpg

大阪の自宅へと帰るルートの途中で、今度は道の駅「みさき」の標識を見つけ、再び寄ってみることにしました。

2020-09-22 14.42.47.jpg

駐車場にオルビスを停めると、向こうに珍しいキャンピングカーを見つけました。

2020-09-22 14.41.50.jpg

潟Lャンピングワークスの「ジュニア・リボーン」です。

2020-09-22 14.38.55.jpg

リアの剥き出しのエアコン室外機が特徴的です。

2020-09-22 14.42.19.jpg

名刺も積んでいなかったので、お声がけはしませんでしたが、神戸ナンバーでした。

道の駅では、珍しいものをいくつか購入しましたが、飲食コーナーでも何と「生しらす丼」があり、少々お高いですが、まさか「生しらす」が食べられるとは思っていなかったので、一緒にマグロの漬け丼を注文して、奥さんと半分ずつ食べることにしました。

2020-09-22 15.02.12.jpg

いやぁ、満足です。

2020-09-22 15.02.35.jpg

奥さんのポカミスでオルビスでの泊まりがなくなり、折角の連休が台無しでしたが、グリーンソフトとしらす丼が食べられたので良しとしましょう。るんるん
posted by かわいいHERO at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年09月24日

シルバーウィーク前半戦は島根(2日目)

【9月21日(月祝)】

アパートに送ったはずの3男坊まで一緒に車中泊をして、道の駅「広瀬・富田城」でさわやかな朝を迎えました。

2020-09-21 07.08.25.jpg

道路向かいが川になっている道の駅「広瀬・富田城」の夜は、気温も下がって心地良く、前日の疲れもあってぐっすりと眠ることが出来ました。

2020-09-21 07.08.58.jpg

わざわざ道の駅で車中泊をするのは、アパートの駐車場や4人が寝れないということもありますが、それとは別に理由がありました。

2020-09-21 08.43.37.jpg

それがここ、「足立美術館」です。

せっかくおばあちゃんを乗せて来るのなら、行ったことが無いであろう「足立美術館」に連れて行ってやりたいと考えていたのですが、3男坊に聞くとやはり行きたいというので、3男坊も一緒に連れて来たわけです。

それなら朝一番の入館の為に、美術館近くの道の駅での車中泊がベストという訳です。

2020-09-21 08.46.53.jpg

朝一なので、足立美術館の駐車場も空いています。

2020-09-21 08.54.29.jpg

いつもは撮らない記念写真も、おばあちゃんが居るので…。

2020-09-21 09.06.53.jpg

おばあちゃんが、日本一、いや世界一の日本庭園をどう感じたかはわかりませんが、この日のお庭も素晴らしかったです。

以前、奥さんと来た時にお茶をいただいた建物が見当たらず、新しく魯山人の建物ができていました。

横山大観の絵も、じっくりと鑑賞して、美術館を出ましたが、出る頃には凄い人となっていました。

2020-09-21 10.28.58.jpg

駐車場も車で一杯です。

やはり、朝一番で正解でした。

2020-09-21 11.32.58.jpg

今回のシルバーウィークは、本当に観光地は人人人でした。

2020-09-21 12.57.28.jpg

3男坊を乗せているので、そのまま大阪へ帰るわけにはいかず、一度、アパートへ寄ることになるので、現地の業務スーパーに寄って、当面の食材を買ってやりました。

2020-09-21 13.35.06.jpg

そして、アパートへいったん戻って、アパートのすぐそばの丸亀製麺でお昼としました。

2020-09-21 13.44.40.jpg

ちょっと天ぷらが多すぎて胸焼けしそうでした。たらーっ(汗)

3男坊とはそこで分かれて、いざ帰路へ。

2020-09-21 16.01.13.jpg

途中、以前に買ったことのある道の駅「大栄」で21世紀梨を買おうと思ったら、売っていませんでした。

おかしいなぁと思いつつ、ネットで調べたJAの農産物直売所へ行ってみました。

2020-09-21 16.30.17.jpg

でも、そこにも梨の姿は一切ありませんでした。

2020-09-21 16.35.26.jpg

代わりに目にした「ソフトクリーム半額」で、珍しい「とちの実ソフトクリーム」を食べることにしました。

2020-09-21 16.36.29.jpg

期待していましたが、「とちの実ソフトクリーム」のお味は・・・うーん。

気を取り直して、道の駅ハワイに寄ったところ、21世紀梨があるにはありましたが、シーズンも終わりらしく、どれもイマイチでしたが、こましなものを選びましたが、傷んでいるものもあったようで、とにかく早く食べろと言われました。ふらふら

そして、その後も帰路の山陰道から鳥取道を走りますが、一車線道路の宿命で、ところどころ渋滞に合います。

そして、ついに鳥取道の途中で大渋滞にはまり、鳥取道から中国道への合流を抜けるのに、何時間必要としただろうか。

ニュースで目にした各地の渋滞事情そのものでした。

そして、中国道も加西を過ぎて順調に走り始めたと思っていたところ、突然、メーターパネルのインジゲーターが点灯しました。

これはオイルマーク???

2020-09-21 21.45.26.jpg(助手席の奥さん撮影)

慌てて奥さんにカムロードの説明書を見てもらい、マークの意味を調べてもらいました。

すると、オイルのアッパーレベル超過のようです。

オイルが少ないと焼き付きが心配ですが、これまで普通に走っていてのアッパーレベル超過なので、先ずは一安心です。

後でググってみたら、

コモンレール式の1KD−FTV型エンジンで排気システムのDPRは排気ガス中の煤を捕捉し また一酸化炭素を二酸化炭素に変換するためのシステムで ある一定以上の煤が 貯まると シリンダーの排気工程中に 軽油を噴射して排気させて 排ガス中で燃焼させるそうです。

この時 排気しきれず残った軽油はシリンダーの壁を 伝わってオイルパンに落ちエンジンオイルと混ざり その一定レベルを超えると 油面アッパーレベル警告灯で 知らせるということのようです。

でも、オイル交換後の走行は決して多くはないので、きっと元のオイル量が多かったことが直接的な原因ではないかと思っています。

でも、心配事はそれだけではなく、夜間走行でソーラー充電の心配がないにも関わらず、CTEK走行充電器がリチウムサブバッテリーの充電を続けることで満充電に近くなり、セル電圧計のトータルの電圧が14.1Vを超えました。

これは、オンリースタイルでは未だ許容範囲と思われますが、セル電圧が乱れてくるレべルなので、バッテリーには好ましくありません。

ということで、急遽サービスエリアに入って、電気ケトルでお湯を沸かして、バッテリーの残量を減らしました。

2020-09-21 22.32.28.jpg

そのお湯でコーヒーを淹れて、珈琲休憩としました。

そして、予定よりも大きく遅れながらも、ようやく帰宅できました。

私のシルバーウィークは人様よりも1日遅れなので、想定外の渋滞でした。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

シルバーウィーク前半戦は島根(1日目)

【9月20日(日)】

今年のシルバーウィークはバタバタと忙しくてブログの更新もままならず、本日まとめてアップしようと思います。

コロナ禍で、対面授業のない大学により自宅でのリモート受講となっていた大学生の我が家の3男坊ですが、後期は一つだけ対面講義が始まるということで、今月末の夏休みの終わりに合わせて、島根へと戻らなくてはなりません。

なので、このシルバーウィークのオルビスでの島根行きはかなり前から決定していました。

但し、どのタイミングでというところまでは決めていなかったので、直前に連休の前半にして、後半は奥さんと三十三所めぐりに充てようと考えました。

せっかく、島根まで行くので、未だ三男坊の生活の場に行ったことのないおばあちゃんも誘ってあげることに…。

毎度のごとく、素直に「行きたい」とは言わないものの、なんだかんだと言いながらも「行く」ということになりました。

いつもなら夜中の出発がデフォルトの我が家ですが、今回は三男坊を送り届けることが唯一の目的なので、のんびりできるので、朝7時に出発しました。

2020-09-20 07.25.58.jpg

我が家にしては朝が早いということで、朝食は朝マックと当たり前のように奥さんから言われましたが、おばあちゃんはもう朝ご飯を食べたということで、自分達だけでした。

2020-09-20 09.10.56.jpg

中国道は余裕の巡航かと思いきや、山崎インターより先で橋梁工事による対面1車線通行となっており、おまけにその先で追突事故があったらしく、いきなりの渋滞となっていまいました。

渋滞でトイレに行きたくなった私は、鳥取道に入ってから、いつもならスルーする道の駅「あわくらんど」へ。

2020-09-20 10.01.43.jpg

以前にここに来たのは鳥取道が完成するずっと前だと思いますが、裏の川沿いが整備されて、すごく綺麗になっていました。

2020-09-20 09.50.03.jpg

良い道の駅になったようです。

2020-09-20 09.51.32.jpg

そして、鳥取道で鳥取までやって来て、山陰道に入る前に、三男坊に「どこか行きたいところがあるか?」と聞いたところ、「別にないけど、もし行けるのなら「かにっこ館」に行きたい」と言います。

2020-09-20 11.22.49.jpg

どうせ近くを通るので、寄りました。

2020-09-20 11.24.41.jpg

このシルバーウィークは、何処も相当な人だったようですが、「かにっこ館」も例外ではありませんでした。

2020-09-20 11.32.07.jpg

まぁ、無料の施設ですし、規模がそう大きくないので未だましな方でしょうか?

2020-09-20 11.32.20.jpg

コロナでタッチングプールなんかはやってませんね。

まぁ、小さな子供は居ないので、うちには関係ありませんが…。爆弾

併設の鳥取港海鮮市場「かろいち」でランチをと思ったのですが、昼時ということもあり、何処も一杯で断念しました。

2020-09-20 13.27.36.jpg

ついでに近くの「鳥取空港に行きたい?」か聞くと、「行きたい」というので、移動です。

2020-09-20 12.42.30.jpg

飛行機に用事はありませんが、鳥取空港は名探偵コナン空港として、人気の観光施設にもなっているのです。

2020-09-20 12.44.56.jpg

あちらこちらにコナン君が居ますので、コナン好きには良いポイントです。

2020-09-20 12.47.45.jpg

偶然、数日前にテレビで新しく複数の壁画が追加されたというニュースを見ていたのですが、それがこのキャラクターウォールのようです。

2020-09-20 12.51.10.jpg

都会なら混雑するのでしょうが、流石に鳥取ではガラガラではないものの、混雑というレベルではありません。

2020-09-20 12.55.58.jpg

この上の怪盗キッドって以前から居たっけ…。

なんて考えながら、お店のあるエリアを歩いていたら、美味しそうなソフトクリームに奥さんが反応。

2020-09-20 13.02.54.jpg

全員でいただきました。

2020-09-20 13.06.29.jpg

大江の郷自然牧場の玉子たっぷりの美味しいソフトクリームでした。

2020-09-20 13.14.04.jpg

その後も幾つものコナンを見て回りますが、

2020-09-20 13.16.16.jpg

リアルな喫茶ポアロなんてのもありました。

2020-09-20 13.20.56.jpg

鳥取空港を後にして、ランチを食べ損ねているので、その先の道の駅「神話の里 白うさぎ」でと思いましたが、こちらもレストランは沢山の待ち人で断念。

2020-09-20 13.48.22.jpg

何も食べないわけにもいかないので、道の駅「はわい」でカフェへ。

2020-09-20 14.49.39.jpg

実は、別にレストランがあったものの、先に偵察に行った奥さんがそれを見落としてカフェへ入ることとなりました。

2020-09-20 14.26.37.jpg

壁におばさんの写真が貼ってあって、なにこれ?と思ってよく見たら、由紀さおりさんが来たことがあるらしい。

2020-09-20 14.33.32.jpg

せっかくなのでおばあちゃんに海鮮を食べさせてあげたかったのですが、野菜たっぷりカレーです。

2020-09-20 14.35.53.jpg

後でレストランを見に行くと、美味しそうなヒラメののっけ丼がありましたが、数量限定でどちらにしても食べれなかったので、まぁカレーでも良しとしましょう。

その後、おばあちゃんがトイレに行きたいということで、よく利用させていただく道の駅「あらえっさ」に寄りましたが、ここも駐車場は空きがありませんでした。

あとで、離れたところに第二駐車場があるのに気が付きましたが、時間が押していたので急ぎます。

結果、日が暮れるまでには3男坊のアパートへ到着し、長く開けていた室内に発生したコバエ?等を追い出し、今回、新たに持って行った家具等を組み立てて、一旦、再び3男坊もオルビスに乗り込みます。

2020-09-20 20.12.26.jpg

そして、やって来たのは田舎の温泉施設「鹿島 多久の湯」です。

2020-09-20 18.57.19.jpg

玉造温泉の施設と迷いましたが、奥さんの鶴の一声で大正解でした。

きっと玉造温泉は混雑していたでしょうから。

2020-09-20 20.33.19.jpg

温泉の後は、ついでに途中のファミレスで夕食です。

2020-09-20 21.01.32.jpg

ジョイフルは大阪のわが家の近くには無いので新鮮です。

ちょうどモトGPの決勝レースの時間で、iPad miniでレースを見ながら食事ができました。わーい(嬉しい顔)

おばあちゃん、80歳超えてますがサイコロステーキやらがっつり食べていてビックリでした。

食後は、一旦忘れ物を取りに3男坊のアパートに寄ったものの、3男坊もそのまま乗って、今晩は道の駅で寝ます。

その前に、コンビニのセブンイレブンでラブライブのキャンペーンをやっているということで、3男坊の為に幾つもセブンイレブンをはしごして、最終的には、静かな道の駅「広瀬・富田城」で朝までぐっすり寝ることが出来ました。るんるん

(島根2日目に続く)
posted by かわいいHERO at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年08月23日

オルビスで長男を送るドライブでバッテリー充電状態チェック

今朝は、昼前に次男坊がオートバイで滋賀へ向かった後、急遽長男を姫路まで送ることになりました。

家にあるビールを持ち帰らせるのに重いのと、おばあちゃんがいろいろ買って来て長男と次男坊に渡すものの、冷蔵物が多く、レジ袋に僅かな保冷剤では、とてもこの暑さでは保ちません。

次男坊については、保冷バッグに入れ直して大量に保冷剤を追加して持たせましたが、長男については電車なのでオルビスで送ってやることにしたのです。

そこにはうちの奥さんの、西国33所めぐりスタンプラリーの目論見もありました。

シエンタでも良かったのですが、私的にはオルビスのバッテリーについてもっとデータが欲しいので、オルビスを出動させました。

今日も暑いことから、エンジン始動後キャビンの冷房を効かせるのはもちろん、シェルに長男が乗るので、インバーターをオンしてエアコンを始動させると…

IMG_20200823_120552_resize_20200823_201219.jpg

アイドリングでのエアコン始動直後なので、大電流を消費しているはずですが、充電分もあってこの消費電流となっていると考えられます。

急なオルビス出動とあって、冷蔵庫も稼働していなかったので、スイッチ最強で冷蔵庫をオンしています。

IMG_20200823_120605_resize_20200823_201219.jpg

元々付いていたバッテリー電圧計を確認してみると、今日はメインサブ共に問題なく電圧が表示されます。

冷蔵庫やエアコンの大きな負荷がかかっていることもあり、サブは13.1Vで、メインの13.3Vよりも見かけ電圧が低くなっていることから、CTEKも充電してくれていると思われます。

なので、エアコンの50A越えと思われる消費電流が、充電分で補われて10A以内に抑えられているのかななんて推測しています。

IMG_20200823_120608_resize_20200823_201219.jpg

でも、高速走行中はやっぱり15Aから30A程度消費していました。

天気も良いので山陽道の三木サービスエリアに寄ってみました。

032AA095-E5D7-4831-AE30-60FBE8A9954C.jpeg

目的は食事ではなく…

63ED0A0F-6FAB-4DAA-B863-1B1BDA249DD1.png

オルビスの先に見えるスタバです。

52A33440-EC06-4ED9-87D5-ADE44EAAAA5C.png

ここのところ、ダークモカ・フラペチーノにハマっています。

6D4B06B1-5C8C-4A7E-83DE-6C50A9DE2E9F.jpeg

以前に私が頼んだダークモカ・フラペチーノを味見した奥さんも、最近は真似してきます。

8CBEB8A8-1AB7-4F11-8395-598879EF06A7.jpeg

長男はシーズンのピーチですが。

フラペチーノを飲みながら、長男の寮に到着しましたが、昼食を食べていないので、最寄りのガストへ寄りました。

t2pix_20200823-201538.png

お店に入る前にエアコンを止めて、インバーターをオフにしました。

その時にバッテリーモニターを見ると…

IMG_20200823_143128_resize_20200823_201219.jpg

ソーラーでチャージしていますね。

IMG_20200823_143138_resize_20200823_201219.jpg

300AH越えだった残量は300AHを切ってました。

でも、未だAC充電器でフル充電までしたことがないので、残量は実際よりも小さい表示になってる可能性があります。

IMG_20200823_144855_resize_20200823_201219.jpg

昨日散々揚げ物を食べたのに、ガストでは天丼を頼んでしまいました。

その後、長男を寮で降ろして、西国33所めぐりのお寺へ行くつもりだったのですが、バイパスに乗る直前に長男から電話が入り、仕事着をオルビスの中に忘れたと。

結果、お寺への到着時間が5時に間に合わない可能性が高くなり、今日のお寺行きはなくなりました。

仕方なく帰路につきますが、途中でコンビニに寄りました。

IMG_20200823_161005_resize_20200823_201311.jpg

そこで、またバッテリーモニターを確認しました。

IMG_20200823_160939_resize_20200823_201219.jpg

73%表示は当てになりませんが、さっきよりも一つ目盛りは増えました。

IMG_20200823_160946_resize_20200823_201218.jpg

サブバッテリー13.2Vに対して、

IMG_20200823_160952_resize_20200823_201218.jpg

エンジンは停止しているので、メインバッテリーの電圧は12.5V。

IMG_20200823_161055_resize_20200823_201311.jpg

エンジン始動で、充電量は13.6Aです。

IMG_20200823_161102_resize_20200823_201311.jpg

こちらの電圧計でサブ13.3V

IMG_20200823_161107_resize_20200823_201310.jpg

メイン13.2Vです。

メインとサブの電圧が逆転しているので、今は充電していますが、すぐ止まるんだろうなぁ。


そして、そのまま帰宅してエンジンをかけた状態で確認すると…

IMG_20200823_172510_resize_20200823_201310.jpg

14A充電しています。

IMG_20200823_172522_resize_20200823_201310.jpg

そして、サブバッテリーと

IMG_20200823_172525_resize_20200823_201310.jpg

メインバッテリーの電圧が全く同じ13.3V。

バッテリー室の温度が気になって確認すると38℃と結構高い。

IMG_20200823_172533_resize_20200823_201310.jpg

セル電圧計の電圧は、出発前よりも高くなっていますが、多分落ち着くと同じようなものになる気がします。

IMG_20200823_172552_resize_20200823_201310.jpg

バッテリー残量も再び300AHオーバーへ。

IMG_20200823_172609_resize_20200823_201336.jpg

13.7Aで充電していますが、エンジンは停止しているので、

IMG_20200823_173005_resize_20200823_201336.jpg

サブ13.3V

IMG_20200823_173016_resize_20200823_201336.jpg

メイン12.4V

IMG_20200823_173019_resize_20200823_201336.jpg

ソーラー発電の法則は未だ理解出来てはいませんが、400AH(5.1kwh)であることを考えると、こういう充電環境でも普段は問題ないのかも知れません。
posted by かわいいHERO at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年08月14日

御墓参りでオルビステスト

お盆の中日の今日は、うちの奥さんのご両親が眠る神戸のお墓へ行くことにしていましたが、何故かおばあちゃん(私の母)も一緒に行くと言い出しました。

ということで、昨日と同じく三男坊を含めた4人で午前中に出発。

今回の御墓参りは神戸の西の方で少し距離があるので、オルビス・イオで行くと決めていました。

ようやく、リチウム化を果たしたオルビスの実走試験ができます。

前日に外部電源経由のAC充電器である程度充電しておきましたが、冷蔵庫を付けっ放しなので、出発時にはいつもと変わらない電圧になっていました。

今日も朝から危険な暑さということで、先ずは発電機を稼動してセパレートエアコン稼働で出発しかけたものの、エアモニを見ると涼しい時期に600kPaに充填していたタイヤのエアが、この暑さで650kPa近くなっていたので、減圧調整してから出発しました。

中国道から阪神高速を利用しましたが、発電機を稼動しているのでバッテリーからは当然ながらエアコンの消費電力分の消費はなく、ほぼ消費はないものの、充電もされていませんでした。

発電機を稼働していてもAC充電器はオンしていないので、やはり充分に充電された状態では、ソーラー&走行充電は期待できないようです。

IMG_20200814_120554_resize_20200814_182141.jpg

後ろで三男坊がPCをAC電源利用で大学の課題をこなしていたので、エアコンだけでなく発電機の安定した電源供給は信頼度が高くて良いです。

発電機を止めてオルビスを離れ、先ずは目的の義両親の御墓参りを済ませました。

IMG_20200814_122533_resize_20200814_182141.jpg

そして、オルビスに戻って、

t2pix_20200814-183118.png

ここからは、発電機を使わずにリチウムバッテリーでエアコンを使用してみます。

IMG_20200814_123254_resize_20200814_182140.jpg

インバーターのスィッチをオンにして、

IMG_20200814_123355_resize_20200814_182140.jpg

この状態での電流はわずかですが、ここからエアコンを稼働します。

でも、あまり電流値は上がりませんでしたが、オルビスのエンジンを掛けると一気に電流値が上がりました。

目的の御墓参りは完了しましたが、今回はおばあちゃんが同行しているので、そのまま帰るのも可愛そうなので、しばし走ります。

走行中は、やはり主にエアコンの消費電力で17Aから25A程度の電流を消費しています。

やはりカムロードのオルタネーターの問題でしょうか?、ソーラーも走行充電も意味無しです。

そして、オルビスをコインパーキングに入れました。

t2pix_20200814-182651.png

目の前に海が広がるここは明石です。

IMG_20200814_131521_resize_20200814_182140.jpg

青空の下、向こうに淡路島と明石海峡大橋が見えます。

そして、このマンションの影の中ですが、オルビスのエンジンを切るとソーラーが充電を始めました。

IMG_20200814_131409_resize_20200814_182140.jpg

走行中に充電してくれず持ち出しとなることで、この停車時のソーラーの働きは貴重です。

かんかん照りの中、オルビスを離れて向かったのは明石焼きのお店「本家きむらや」です。

お店の前を通った時に、奥さんを降ろして並んでもらっていましたが、、ほぼほぼ進んでいません。

この状態では、順番が来るまで何時間掛かるやらです。

IMG_20200814_133855_resize_20200814_182236.jpg

暑い中、年寄をそこまで並ばせるのも問題なので、グーグルマップで明石焼きのお店を検索してみたら、道路向かいにも明石焼きのお店があって、グーグルマップ上の評価ポイントは「本家きむらや」と全く同じです。

そもそも「本家きむらや」は、観光客に人気なだけで地元の方が行くお店ではなく、私も二度行きましたが長時間並んでまで食べたいとも思いません。
ということで、急遽道路向かいの「明石丁」へ。

IMG_20200814_133916_resize_20200814_182236.jpg

行列はないものの、さかなクン来たんだ…。

IMG_20200814_133924_resize_20200814_182236.jpg

行列がないどころか、中へ入るとお客さんが一人もおらずでびっくりです。

IMG_20200814_133743_resize_20200814_182237.jpg

冷房がよく効いていて快適で、「本家きむらや」に並ぶのをやめて正解でした。

人気らしいあんかけは売り切れでしたが、この時期なので別にあんかけは要りません。

IMG_20200814_134240_resize_20200814_182236.jpg

15個ですが、金額も「ふなまち」と同じ650円でリーズナブルでした。

スムーズにお昼を済ませることができたので、その後は魚の棚へ。

IMG_20200814_140002_resize_20200814_182236.jpg

お盆ということで、結構な人出です。

IMG_20200814_140021_resize_20200814_182236.jpg

商店街の明石焼きのお店も行列で、やはり「明石丁」で正解でした。

IMG_20200814_140214_resize_20200814_182236.jpg

おばあちゃんは早々に何かを買ってました。

IMG_20200814_140226_resize_20200814_182236.jpg

うちの奥さんもお得なちりめんじゃこといかなごの釘煮を買って喜んでました。

IMG_20200814_143403_resize_20200814_182235.jpg

それと、大きな焼きたてタコ煎餅も並んで買いました。

IMG_20200814_143554_resize_20200814_182444.jpg

また、初めてレインボーラムネの在庫を見ました。

IMG_20200814_144119_resize_20200814_182444.jpg

レインボーラムネは奈良県生駒市の生駒製菓のラムネですが、基本的には葉書による抽選でしか買えない幻のラムネ菓子です。

私は一度生駒市へのふるさと納税でゲットしましたが、それ以来縁がありませんでした。

IMG_20200814_144115_resize_20200814_182444.jpg

高額で販売している所以外では、奈良県の産直売場と明石の魚の棚で販売しているということは知っていたのですが、魚の棚で出会えたのは初めてで、奥さんが欲しいというので即買いです。

明石を充分に味わってオルビスに戻って帰宅しますが、せっかくおばあちゃんがいるので、舞子のスターバックスへ立ち寄りました。

IMG_20200814_151853_resize_20200814_182443.jpg

私は今回もダークモカフラペチーノにして、阪神高速神戸線を飲みながら帰路につきました。

IMG_20200814_171501_resize_20200814_182443.jpg

帰宅後にバッテリーの状況を確認してみたところ…。

IMG_20200814_171539_resize_20200814_182443.jpg

やはりエンジン停止後はソーラーで充電を始めました。

IMG_20200814_171544_resize_20200814_182443.jpg

時折のメインバッテリーへのアクセスは健在です。

IMG_20200814_171652_resize_20200814_182443.jpg

残量表示は一応表示されてはいますが、満充電していないので、信憑性に欠けます。

IMG_20200814_171704_resize_20200814_182515.jpg

充電中で、残り時間予測も出来ないようです。

IMG_20200814_171715_resize_20200814_182515.jpg

%表示も鵜呑みにせず、目安としたいと思います。

IMG_20200814_171527_resize_20200814_182443.jpg

今回の実装テストでバッテリーや充電環境の特性が良くわかりました。

また、エアサスも私感では良い感じに思えました。るんるん
posted by かわいいHERO at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年04月29日

ステイ オルビス

緊急事態宣言下の昨晩に予定通りに「オルビス・イオ」で島根県へと向かいました。

本来は「ステイ ホーム」を守るべきですが、三男坊救出と言うと大袈裟ですが、目的を持っての行動です。

とは言え、感染拡大を助長する行動は御法度ですから、先日の記事の通りに移動はしても「ステイ オルビス」を徹底しました。

車検でタイヤをローテーションしてもらったので、アルミホイールのナットの増し締めするにしても、人の多いであろうサービスエリアではなく、パーキングエリアに寄ることにして、パーキングエリアに居てもトイレはオルビスのトイレを使うを徹底。

休日割引は適用されませんが、夜間割引は適用されるので、中国道から0時を過ぎて鳥取道に出るようにスケジュールしましたが、とにかく自粛で車が少ないので、法定速度でのんびり向かっていたら、いつもの道の駅あらえっさに到着したのは、3時近い時間でした。

もちろん、道の駅あらえっさでも仮眠と買って行ったパンでの朝食だけで、トイレはオルビスなので、施設を利用することはありませんでした。

そして、今朝三男坊のアパートに到着です。

t2pix_20200429-190849_resize_20200429_190921.png

アパートが和室を洋室に改装された部屋なので、昔ながらの紐でオンオフするペンダントの蛍光灯で、折角の若者仕様の部屋が台無しなので、リモコン付きのLEDシーリングライトとトイレの洗浄便座を持参して、ササッと交換してやり、三男坊を乗せてとんぼ返りです。

お店は、一切利用しませんが、唯一ガソリンだけはスタンドで入れましたが、セルフで店員さんとの接触はありません。

他県のお店に寄らないと決めた事で、コンビニでコーヒーを買うこともできませんから、事前に自宅近くのコンビニでカフェ・ラテを買って行くなど準備は万全でした。

気温が上がって来たことで、発電機の古くなったガソリンの処理目的で、発電機を稼働してシェルのセパレートエアコンを利用しました。

気温のせいで、鳥取辺りを走行中に、エアモニが左リアタイヤのエア圧に警告を発するので、道の駅に寄ってエア抜きを行いましたが、もちろん施設には寄りません。

その後、人が多いであろう鳥取道の道の駅かわはらのわずか4キロ先の用瀬パーキングエリアで車内で簡単に調理をして昼食を取り、無事に他人と接することなく、明るい内にミッションを終えることができました。

さぁ、これで3、4、5、6日は胸を張って自宅でダラダラ自粛できます。
posted by かわいいHERO at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年04月03日

オルビスで島根へ引越(後編)

エイプリールフールの引越から一夜明け、真新しいベッドで三男坊は快適そうに起き出しました。

私と奥さんは固い床の上で、少々寝辛い夜となりましたが、まぁ、充分に寝ることはできました。

2020-04-02 09.39.00.jpg

起きて早々にオルビスで出掛けたのは…

2020-04-02 09.39.55.jpg

コメダ珈琲です。

昨晩のくら寿司の道路向かいにあって、奥さんが即決のモーニングです。

2020-04-02 09.51.13.jpg

私は今回も小倉餡をチョイスしました。

本来であれば、今頃は大学の入学式だったのですが、例に漏れずコロナで中止となり、三男坊は午後からの学部別のオリエンテーションへ参加する予定です。

午前中は時間があったので、そのまま郵便局へ行って、アパートの光熱費の引落の手続きをした後、一度大学へ寄って、生協でインターネットの申込書を提出してきました。

2020-04-02 11.24.11.jpg

アパートのインターネットについては、価格ドットコムで安いプロバイダーを物色していましたが、三男坊が2年で他のところへ移るかも知れないと言うので、基本、安い3年契約のプロバイダーはキャッシュバックが取り消され、4年で大学を去る場合にも厄介な解約料が発生したりするので、結局は2年契約でシンプルな大学生協のインターネットの方が安心できるので、少々高くはつきますが、仕方ありません。

固定回線のインターネットは、未だ以前の携帯電話と同じ契約の縛りで高くつく世界なのですねぇ。

で、学生生協を後にして次は三男坊との最後の食事です。

2020-04-02 11.50.31.jpg

三男坊が昨晩くら寿司と迷っていた「ジョリーパスタ」となりました。

2020-04-02 11.59.41.jpg

お昼前だったことで、比較的空いていました。

2020-04-02 12.08.53.jpg

私は、以前食べたことのあるアラビアータを激辛にしてみましたが、良い感じでした。

2020-04-02 12.41.05.jpg

そして、再びアパートに戻って来て、いよいよ三男坊ともお別れです。

2020-04-02 12.42.43.jpg

三男坊は、オリエンテーションまで未だ少し時間があると言うので、ここで私と奥さんは、島根を後にしました。

2020-04-02 13.04.29.jpg

と思ったら、奥さんが先週ガイドをしてくれた学生さんに教えてもらった東京で有名なメロンパンが気になっていたらしく、買って帰ると言うので、寄りました。

東京では行列のできるメロンパンらしいですが、島根では行列ができることは無いそうです。爆弾

私は仕事を休んでいるのに、当初は、「出雲大社に行きたい」なんて勝手なことを言っていた奥さんですが、昨晩三男坊のアパートに泊まったことと、時間的なことも考えたのか、そのまま帰って良いと言うので、そのまま大阪を目指すことにしました。

DSCF1830.jpg

ですが、ここだけ寄ってと言われて、キャンピングカーが案内されていたこちらの駐車場へオルビスを停めました。

DSCF1832.jpg

川沿いの桜が綺麗ですが、桜を見に来たわけではありません。

DSCF1831.jpg

このマーク…もうわかりますね。

DSCF1833.jpg

境港の水木しげるロードです。

DSCF1834.jpg

ゲゲゲの夫婦の像に、

DSCF1835.jpg

ねずみ男。

DSCF1836.jpg

そして、もちろん鬼太郎も桜の基でお出迎えしてくれました。

DSCF1837.jpg

コロナウィルス感染者が未だ出ていない島根と鳥取ですが、この水木しげるロードも4日からスタンプラリーが一時中止されるそうです。

DSCF1838.jpg

奥さんが来たかったのは、この妖怪神社だったようですが、昔来た時にも合ったと言っても記憶が無かったようです。

2020-04-02 14.38.22.jpg

水木しげるロードを散策していると、奥さん、突然宝くじを買うと言い出しました。

この売場から当たりくじが出たというので、買いたくなったらしい…ふらふら

まぁ、記念だしね…。

2020-04-02 14.48.21.jpg

以前来た時とイメージが違うなと感じていたのですが、この先のアーケードが取り去られてのですね。

より鬼太郎感が強くなっていて、歩いていて楽しい場所になっていました。

境港を後にして、無料の山陰道へ向かっていると、目の前に富士山のような大山が現れました。

DSCF1852.jpg

そこで、ロードサイドのセブンイレブンに入って、望遠レンズで撮影してみました。

DSCF1854.jpg

ついでにセブンカフェとデザートを買い込んで、山陰道をドライブです。

2020-04-02 17.12.50.jpg

途中、職場へのお土産を買わないといけないことを思い出し、琴の浦の道の駅へ寄りました。

ですが、娘のお土産だけが買えなかったので、その先の新しい道の駅「西いなば気楽里」にも寄って、娘へのお土産を買いました。

2020-04-02 17.52.33.jpg

すると、奥さんが足湯を見つけて興奮していて、ちょうど他のお客さんがいなくなったので、しばし足湯でくつろぐことにしました。

2020-04-02 18.14.47.jpg

露天風呂の様に気持ち良くて、しっかりと温まって、温泉が恋しくなりました。

併設のファミリマートでホットコーヒーを買い込んで、いざ残りの帰路を駆け抜けました。

自宅には21時ごろに到着しましたが、ご飯が無いと夕食の支度をする気のない奥さんに、仕方なく娘と三人で駅前の定食屋さん「宮本むなし」で夕食を済ませました。

2020-04-02 22.07.55.jpg

帰りのオルビスには、家具や家電の大量の段ボールと、生活用品のパッケージごみを積んで帰りました。あせあせ(飛び散る汗)

2020-04-03 10.24.07.jpg

来週、オルビスが車検なので、職場に持って行って、少しずつ処分することにしよう。ダッシュ(走り出すさま)

肝心の三男坊ですが、コロナの影響で大学の開始が1週間先になり、友達も居らず、娯楽もWiFiも無いいきなり試練の1週間となりそうです。

ちなみに、自宅に居る高校生の娘もGW明けまで休校が決定して一体どうることやら・・・です。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

オルビスで島根へ引越(前編)

4月1日エイプリールフールの水曜日、とうとう三男坊の引越の日がやって来ました。

2020-04-01 08.42.37.jpg

腰を痛めながらも日曜日から積み込んだ荷物でオルビス・イオの車内は一杯です。

荷物を置くために、サードシートのマットは背もたれ含めてバンクルームへ移動しています。

最も厄介な自転車は、この通路の位置しか置けないので、ペダルを取り付けずに受け取って、最後に載せました。

2020-04-01 08.42.54.jpg

当初は、冷蔵庫と洗濯機も積込可能なサイズのものを購入して積み込むつもりでしたが、家電量販店のエディオンは、島根にもあることから、お安いセットを送料無料で届けてもらうことが可能となりました。

そして、次男、長女におばあちゃんのお見送りを受けながら、自宅を出発しました。

2020-04-01 08.45.07.jpg

およそ1時間走行して、オルビスを停めたここ。

お分かりの方はお分かりの安富パーキングエリアです。

2020-04-01 08.46.11.jpg

同じオルビストのeppleさんに久しぶりにお会いします。

2020-04-01 08.52.40.jpg

事前に連絡をしていたので、モーニングセットをご用意いただき、まさに古民家カフェでの素敵な朝食をいただき恐縮です。

eppleさん、奥様、ありがとうございました。

うちの奥さん、素敵なこだわりの古民家がすっかり気に入ってしまったようで、その後しばらく古民家の話ばかりしていました。

また、たくさんのお土産までいただいて、申し訳ない限りです。

eppelさんとのお話の中で、密かにお会いできるかも?と期待していた北海道のオルビストなべGCさんの近畿入りがコロナで中止になったと聞いて残念でしたが、eppelさんの北海道行きだけでも無事に実行できることをお祈りしております。

そんな朝食食い逃げでeppelさん宅を失礼した後は、ひたすら雨の中国道を西へと走ります。

すっかり本降りになってしまいましたが、今回は引越の為に時間が無いので、無料の鳥取道、山陰道経由ではなく、米子道で時間短縮します。

料金がかなり違うので、今後の島根行きも通常は無料の鳥取道、山陰道経由が常となるでしょう。

2020-04-01 11.24.42.jpg

トイレ休憩に蒜山サービスエリアに寄ってみました。

2020-04-01 11.25.02.jpg

すると、奥さんこちらの神社にもお参りしてました。爆弾

2020-04-01 11.21.48.jpg

その後、13時過ぎには島根県は松江に到着し、私はオルビスで待機し、不動産屋さんへは三男坊と奥さんで契約書を持参して鍵をもらい、案内された鍵屋さんで合鍵を作って、アパートへ。

アパート前の駐車場の空き区画へオルビスを停めさせてもらい、少しオーニングを出して出入りの雨避けとして、雨の中、全ての荷物をアパートへ運び込みました。

昼食も食べることなく、黙々と家具の組み立てや生活用品の整理をする中、夕方にはガス屋さんが開栓に来て、その後に冷蔵庫と洗濯機が届きました。

そして、流石にお腹が空いたので、おばあちゃんの握ってくれたおにぎりと、551の豚まんを、新品の電子レンジで温めて、遅い昼ご飯としました。

そしてその後、こんな感じで何とか形になりました。

2020-04-01 23.52.02.jpg

即席ですが、ブルー主体の男の子らしい部屋です。

2020-04-01 23.52.12.jpg

そして、買い忘れたものや不足に気がついた物と生鮮食品を買うために、イオン松江ショッピングセンターへ偵察を兼ねて行きました。

滋賀の次男坊が「お母さんのおかげで、僕たちは何もできなく育って苦労している」と言っていたそうですが、奥さんがよりベッタリしていた三男坊は、もっと大変なんじゃないかと心配です。

でも、そういうところを今からできるようになってもらいたいと思っています。

2020-04-01 22.49.41.jpg

夕食にアパート近くの丸亀製麺に行こうとオルビスを停めたものの、ラストオーダー終了後で、三男坊チョイスで回転寿司のくら寿司へ行きました。

もう何年も回転寿司はスシローオンリーだったので、久しぶりのくら寿司でした。

当初は、私と奥さんは道の駅にでも行って、オルビスで寝るつもりでしたが、不動産屋さんが翌日まで駐車場を使っても良いと言ってくれたのと、奥さんが明日まで三男坊と一緒に居たいというので、その晩はアパートに泊まることにしました。

余分な布団が無いので、オルビスから降ろしたシュラフやこたつ布団で何とか寝ました。

(翌日に続く)
posted by かわいいHERO at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年03月26日

オルビスここ壊れてなかった情報at島根

準備時間の無い三男坊の島根の大学行きの件で、ブログさえ更新する余裕がありません。

vsign01.jpg

先ずは住居を決めなければならないわけですが、予めネットで目星を付けていた物件は、我が家が動けないうちにどんどん終了していきます。

そして、ようやく火曜日の夜に島根に向けて出発しました。

朝一番で予約をしていたので、前夜からの出発です。

島根県の松江までは、中国道から米子道を抜けるのが最短コースではありますが、これから何度となく行くことになるでしょうから、極力安く上げるために、中国道の作用から無料の鳥取道&山陰道で向かいます。

もうすぐ北海道へと旅立たれ、来冬は北海道で越冬される兵庫県のオルビスト「eppleさん」にもお会いしたいものの、時間が時間だけに今回は見送りました。

2020-03-25 01.08.32.jpg

鳥取道横の道の駅「清流茶屋かわはら」でトイレ休憩の後、ファミリーマートで珈琲を購入。

すると、今回猫娘たちと共に同行している末娘はホットミルクが気に入ったようで新発見です。

いつものごとく出る時間が遅いので、日が変わっても未だ未だ走ります。

隣に座る奥さんは、私のiPadで「半分、青い。」をとうとう最後まで見終わりました。

2020-03-25 02.52.19.jpg

そして、朝までの仮眠を取るのは、山陰道の無料区間が終わる米子西を出てすぐの道の駅「あらエッサ」です。

2020-03-25 02.52.46.jpg

既に3時近かったので、急いで寝ました。

2020-03-25 02.53.16.jpg

そして、翌朝は「屋根の上でカラスが突いている」という奥さんの言葉で目が覚めました。

慌てて外へ出て周りを見渡してもみても、カラスの姿はありません。

2020-03-25 06.28.31.jpg

もう少し寝ようと思ったのですが、再び奥さんが「また突いている」というので、外へ出ますが、やはりカラスの姿は何処にも見えません。

奥さんが寝ぼけているのかと思いましたが、そうでもないようなので、もう出発することにしました。

2020-03-25 07.51.37.jpg

その時、キャンサスのポンプの音がしないので、コントローラーに目をやると、エア圧がゼロです。

出発時はポンプの音を確認していたものの、なかなか音が収まらなかった為、ヒューズが切れたのだろうと考えました。

でも、その場に滞在しているわけにもいかず、とにかく大学の近くまで行かなくてはならないので、そのまま出発しました。

そして、朝食を取る為にロードサイドのマクドナルドに入りました。

2020-03-25 07.59.58.jpg

やはり後ろが下がって、タイヤとタイヤハウスの隙間が狭い?

2020-03-25 08.00.13.jpg

そして、その場でオルビスの下に潜って、キャンサスのヒューズを確認してみましたが、切れていませんでした。

2020-03-25 07.54.51.jpg

「???」

ということは、コンプレッサーが逝かれてしまったのか…。

とその時、リアのシャフト中央部にあるLSDの膨らんだ部分にオイルが垂れているのを発見しました。

「うわっ!これはよく耳にするデフのオイル漏れってやつか?」

2020-03-25 07.52.52.jpg

なんか右の方も漏れている形跡が…。

「いやぁ〜、これこのまま大阪へ帰れるのか?」ということが気になって、信頼のオルビスト、ドクター「かむぱぱさん」へメッセージを送りました。

朝マックしてても、もう頭の中はそのことで一杯ですが、先ずは三男坊の大学の件を片付けなければなりません。

2020-03-25 08.21.14.jpg

朝食後、大学から少し離れた市営の駐車場にオルビスを停めて、久しぶりのブロンプトン2台とキックスケーター1台を交代で使って、大学へと向かいました。

大学付近に駐車場がなく、平日は大学にも停められないとの情報を見ていたので、離れた市営駐車場に駐車したわけですが、どうやら、大学まで乗って行っても構わなかったようです。

でも、先ずはお部屋探しですが、候補にしていた物件が終わっていたり条件が合わなくなっていたりして、結局、可もなく不可も無くという感じで一応チョイスしていた物件を見に行くことになりました。

歩いて見に行くということで、移動しながら電話で販売店のCCFオオモリの担当者へオルビスの件を相談してみました。

すると、サービスの担当者と代わってくれて、デフのオイル漏れについてはオイルが無くなっていたら焼き付くので、そのまま帰るのではなく、近くのトヨタで診てもらった方が良いという回答をもらいました。

そこで、たまたま横を通ったネッツトヨタ店の方に相談すると、対応するリフトが国道沿いのトヨタにしかないと言われ、そちらへ電話で連絡すると、サービスが混み合っていてきちんとした修理対応はできないと言われてしまいました。

しかしながら、13時半からなら応急対応だけはやってくれるということで、大学の件は奥さんに任せて、私はブロンプトンで市営駐車場まで戻って、トヨタへ駆け込みました。

そして、診ていただいた結果・・・

何とデフオイルの入れ過ぎで上部の圧力逃がす部分から噴き出したものだとわかりました。

現在も規定量を超えてオイルが入り過ぎているので、また噴き出すかも知れませんとのことでした。

誰が過剰にデフオイルを入れたのか???

でもまぁ、故障でなかったというだけでハッピーです。

忙しい中、診ていただいたのに、ちょっと診ただけだからとトヨタさんへのお支払いも発生せずで、「島根トヨタ」さん、さすが世界のトヨタのディーラーさんです。

気を良くして、大学へ向かおうとしていたら、イオンの駐車場にオルビス発見!

2020-03-25 13.49.49.jpg

遠くからでもオルビスだとすぐに判断できました。

2020-03-25 13.49.27.jpg

なにわナンバーのユーロで、CCFオオモリのステッカーがありました。

残念ながら、オーナーさんはおられませんでしたが、そんな、オルビスとの遭遇に喜んでいた時に、スマホがないことに気がつきました。

思い当たるのはトヨタしかないということで、「島根トヨタ」さんに電話したら、あるということで、恥ずかしながらも再度訪問。

重ね重ねありがとうございました。

ひとりバタバタしているだけですが、気を落ち着けて、給油の後、今度は直接大学へ。

すると、もうほとんど大学での手続きは終了していて、大学での用事は終わりました。

デフオイルの問題は解決しましたが、キャンサスの問題はそのままです。

そこで、キャンサス販売元であるスマイルファクリトリーさんへ「そのまま大阪へ帰って良いか?」とメッセージを送ってみました。

すると、松江に居ると伝えたので、寄ってくれたら点検しますと言ってくださいました。

スマイルファクリトリーさんも同じ島根県ですが、グーグルマップで調べると松江からは約3時間掛かるようです。

そこで、ヒューズは切れていないが、ホースが1本宙ぶらりんであることを、写真を送りながら診てもらうと、コンプレッサーからタンクへ行くホースが外れていると判明しました。

2020-03-25 15.07.01.jpg

幸い、コンプレッサー自体が正常に動いていることが判り、パッキンの役目をするプラスチック部品も残っていたので、そのままホースを取り付け直すことで、キャンサスが復活しました。

2020-03-25 15.27.59.jpg

スマイルファクトリーさん、ありがとうございます。

ほぼ西と東の端で近くはないですが、松江には何度も来ることになるので、いつかスマイルファクトリーさんを訪問してお世話になりたいと思っています。

これで大阪に向けて帰ることが出来ます。

雨の多い島根で、晴れは珍しいそうで、綺麗な青空の中、仮眠した道の駅「あらエッサ」に寄ってみました。

2020-03-25 17.01.15.jpg

一時は翌週の引越にシエンタを使わなければならないと考えて、荷物が乗りきらないと思っていましたが、これでオルビスで引越ができます。

2020-03-25 06.28.31.jpg

ワンボックス車で車旅をされている方から挨拶されたり、別のワンボックスの方に「格好良い」と言われたりで、気分も絶好調に達しました。

私以外は大学の食堂でお昼ご飯を食べていましたが、私はご飯を食べる暇がなく、そのまま鳥取道まで出ると食事できる場所が無くなることから、どこかで夕食を食べて帰ることにしました。

2020-03-25 18.21.39.jpg

これという名案のない中、偶然見た鳥取のご当地B級グルメ「牛骨ラーメン」に決定。

「香味徳(かみとく)」さんへ。

2020-03-25 18.31.59.jpg

比較的早い時間なので、昼食を食べていない私以外は、ラーメンくらいがちょうど良かったようです。

2020-03-25 18.32.06.jpg

でも、私はもちろんボリュームで牛骨ラーメン定食にしました。

ラーメン以外は少し高めの印象でしたが、過疎の進む地域であることを考えると仕方ないですね。

2020-03-25 20.09.51.jpg

帰りの鳥取道でも、道の駅「清流茶屋かわはら」のファミリーマートに寄って娘がホットミルクを喜ぶ中、無事に帰宅できました。

流石に今回はいろんなことがあり過ぎて疲れました。ふらふら

でも、島根トヨタさんとスマイルファクトリーの長藤社長の神対応のおかげで、車検を前にこれ以上の痛い出費を回避できたのが何より幸せです。るんるん

追伸:かむぱぱさん、いろいろとアドバイスありがとうございました。
posted by かわいいHERO at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年02月24日

キャラバン気分で今日は西

昨日の滋賀へのオルビス出動の擬似キャラバンに次いで、今日もオルビスに猫娘たちを乗せて出動しました。

昨日は次男坊で名神高速でしたが、今日は連休帰宅中だった長男を送る目的で山陽自動車道です。


昨日同様に、メイとさつきをリアの猫娘エリアに乗せていたのですが、なんとメイが脱出を試みたようです。

私は運転しているので状況がわかりませんでしたが、ダイネットに乗っていた長男が、ネットフェンスの扉もどきの隙間から脱出を図って挟まっているメイを助け出したようです。

仕方ないので、長男もいるのでメイとさつきを自由にしてやりました。

IMG_20200224_114027_resize_20200224_225216

でも、シェルからキャビンへ来ようとするので、三木サービスエリアで仕切り直しすることにしました。

t2pix_20200224-225517.png

しばし自由にして落ち着かせてから、猫娘たちにリードを付けます。

IMG_20200224_114243_resize_20200224_225216

そして、助手席の奥さんの元へ。

IMG_20200224_121854_resize_20200224_225215

でも、やっぱり落ち着きません。

IMG_20200224_122003_resize_20200224_225215

まぁ、周りが大きなガラスで丸見えのキャビンは落ち着くわけないか…。

IMG_20200224_122015_resize_20200224_225215

そんな中、やって来たのは…

t2pix_20200224-225543.png

役所の駐車場です。

IMG_20200224_131614_resize_20200224_225215

ここは岡山県の日生町で、役所の休業日は駐車場が観光無料駐車場として利用されています。

そうです、日生といえば目的はもちろんカキオコです。

IMG_20200224_133606_resize_20200224_225215

メイとさつきをFFヒーターでポカポカのオルビスに残して、今回は奥さんの希望で、昨年ケンミンショーに出ていた「まるみ」さんです。

IMG_20200224_133551_resize_20200224_225215

横の筋にも親子らしい「まるみ」さんがありました。

何処のカキオコ屋さんも大行列の中、店内が広めの「まるみ」さんは、順番待ちも早めで30分程だったでしょうか。

IMG_20200224_135745_resize_20200224_225340

いつも来る時は平日なので、連休の今日は順番待ちにびっくりでした。

IMG_20200224_135755_resize_20200224_225340

昨日は日生の牡蠣祭りだったらしく、今日以上に人が多かったそうですが…。がく〜(落胆した顔)

そういう意味では「まるみ」さんチョイスは正解だっといえます。

IMG_20200224_135913_resize_20200224_225340

ケンミンショーロケ時の写真もありました。

IMG_20200224_140132_resize_20200224_225340

オーダーは奥さんの希望もあり、3人とも牡蠣の量が多めの「カキオコ大盛」にしました。

IMG_20200224_140824_resize_20200224_225339

外見では牡蠣の量がわかりにくかったのですが、しっかり入っていたと思います。

IMG_20200224_140751_resize_20200224_225340

でも、奥さんは牡蠣がちょっと小さいとやや不満げでした。

IMG_20200224_140804_resize_20200224_225339

長男は普通に美味しかったと言っていましたが、私もこれまでで一番とは言えないものの、美味しく楽しめました。

IMG_20200224_143759_resize_20200224_225339

オルビスに戻ってからは、自分たちは美味しいものを食べて来たので、メイとさつきにもおやつをあげます。

IMG_20200224_143949_resize_20200224_225339

そして、猫娘たちには再びリアの猫娘エリアに入ってもらって、長男の寮を目指します。

途中、昨日に続いてローソンで無料クーポンのカフェラテをいただき、飲みながら寮へ到着。

今月、寮の部屋のwifiが使えずに、ドコモのシェアプランの家族分30GBの内、24GBほどを使い果たした長男です。

で、そのwifiが使えなかった理由が、ルーターが引越で見つからないと言うので、ルーターを買って、設定までしてやるつもりでしたが、なんと肝心の光モデムを一旦返してしまって手元に無いということで、ルーターの接続
も設定もできませんでした。

奥さんは部屋の掃除等済ませて、日暮れと同時に帰路につきました。

帰りは、最初に少し鳴いていましたが、途中からは大人しく寝ていたようです。

IMG_20200224_192254_resize_20200224_225348

実は鳴き疲れてたりして。爆弾

IMG_20200224_191838_resize_20200224_225339

そんなこんなで、オルビスで2日連続の日帰りのお出掛けができて、おまけに猫娘たちとのキャラバンのシミュレーションもできたので満足です。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2020年02月23日

オブジェオルビスの危機感から猫娘仕様発出動

連休の今日日曜日は、家族4人分のiPhone用に到着したUQモバイルのSIMを差し替えて、回線切り替え作業を指示して、多少戸惑いながらも、無事にドコモからUQモバイルへの引越しが完了しました。

ただし、滋賀に帰った次男坊だけは、その作業ができません。バッド(下向き矢印)

不測の事態があると嫌なので、全員の引越しを今日中に終わらせたいと思い、奥さんと滋賀まで走ることにしました。

本来なら、泊まりがけで出掛けたい連休ですが、三男坊の受験でそんなムードではないものの、もう連休はGWまでないので、オブジェと化しているオルビスのことも気になります。

そこで、キャラバン気分でオルビスで滋賀へ行くことにして、オルビス訓練中の我が家の猫娘たちも乗せて行って慣れてもらいます。

ハンディコンプレッサーでタイヤのエアを補充しながら、あまりにも不動期間が長かったことで、キャンサスのエアのメモリが「0」だったので、てっきりポンプの不動だと思って焦っていたら、終わる頃にはメモリが上がっていて安心しました。たらーっ(汗)

今後は2輪よりもオルビス出動を軸にしようと考えています。

R0000864_resize_20200223_213616

メイとさつきは、リードを付けて奥さんと助手席で出発ですが、じっとしていない猫娘たちに、いきなり奥さん手こずっています。がく〜(落胆した顔)

R0000866_resize_20200223_213616

いきなりの窓に囲まれたキャビンは刺激が強すぎたようで、一向に落ち着かないので、桂川パーキングでリア2段ベッドの猫娘エリアへ解き放ちました。

R0000868_resize_20200223_213617

事前の猫娘エリアへのトレーニングが効いていて、かなり落ち着きを取り戻して、おやつも食べてました。

R0000869_resize_20200223_213617

その後、両手が自由になったうちの奥さんは、私のiPad miniのスリングプレイヤーで、絶賛視聴中の「半分、青い。」を観ていました。

t2pix_20200223-214307.png

想定外の事故渋滞や、激しい横風という障害もありましたが、昼過ぎに次男坊のところへ到着しました。

IMG_20200223_134921_resize_20200223_213729

午後3時からアルバイトだという次男坊の、iPhoneのUQモバイルへの引越しはオルビス内でスムーズに終わり、その間、メイとさつきも、オルビス内を自由に探検していました。わーい(嬉しい顔)

IMG_20200223_134944_resize_20200223_213729

さつきは、バンクルームが気になるようです。

次男坊のお部屋チェックを済ませた後、次男坊のバイト先で遅めのお昼を食べることにしました。

IMG_20200223_151543_resize_20200223_213729

手ぶらで行けないので、次男坊のアパート近くにある、クラブハリエ出身のパティシエさんのお店に奥さんが行きたいと言うので、そこで手土産の焼き菓子を買いました。

IMG_20200223_153219_resize_20200223_213729

富士山のように上部に雪の衣を羽織った伊吹山を眺めながら、次男坊のバイト先へやって来ました。

IMG_20200223_155040_resize_20200223_213729

今日はホール係をしていた次男坊に注文を取ってもらい、次男坊おすすめの醤油ラーメンと塩チャーハンを食べましたが、奥さんの塩ラーメンの方が美味しかったなぁ。パンチ

店長さんにご挨拶もして、お店を出て帰りますが、高速に乗る前に、ローソンで無料クーポンのカフェラテをゲットして、多賀のサービスエリアで、先程の洋菓子屋さんで奥さんにねだられたケーキをいただきました。

IMG_20200223_170141_resize_20200223_213729

猫娘たちも外に出して、しばしのんびりしました。

IMG_20200223_170205_resize_20200223_213729

さつきはやっぱりバンクルームが好きみたいです。ひらめき

程よい閉鎖感が心地良いのでしょう。

IMG_20200223_185155_resize_20200223_213728

帰路の途中で、大津サービスエリアにも寄ってみました。

IMG_20200223_185130_resize_20200223_213729

メイとさつきは、すっかりおとなしくなりましたが、慣れたと言うよりは諦めたって感じでしょうか?

未だ未だ慣れるには時間が掛かりそうですが、停車中にはだいぶリラックスできるようにはなったようです。るんるん
posted by かわいいHERO at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2019年10月22日

もてぎモトGP2019決勝日(10/20)

徹夜ドライブ後の予選観戦&鍋ホストで当然の爆睡から目覚めた日曜日は
いよいよモトGP決勝日です。

2019-10-20 08.42.16.jpg

土曜日とは打って変わって、晴れて気持ちの良い朝です。

朝食の雑炊の準備を済ませて、トイレから戻ってきたら、既に手の空いている者で雑炊が出来上がりつつありました。

先日の鍋の後にはコロンビアの自家焙煎豆で珈琲を淹れたものの朝のエチオピアを絶賛していたYさんの反応を見て、雑炊の食後の珈琲は、再びエチオピアにしました。

朝食に食べる予定だったパンをお茶と共に鞄に忍ばせて、いざ、V字コーナー指定席へ出発です。

2019-10-20 09.03.04.jpg

R1駐車場からそのままトンネルに行けるとは知らず、大回りして土手の上を回ってトンネルへ。

2019-10-20 09.03.10.jpg

モト3クラスのウォームアップ走行を観ながら、あっという間にV字コーナー指定席へ到着です。

近い!

2019-10-20 08.58.50.jpg

R1駐車場のオルビスまで、直線距離ならわずか100mくらいか?!

2019-10-20 09.08.35.jpg

モト3クラスに次いで、モト2.モトGPとウォームアップでは、一眼カメラで撮影頑張りました。

2019-10-20 09.40.14.jpg

我らがバレンティーノ・ロッシです。

2019-10-20 09.48.10.jpg

私はキャップにTシャツも、ファンクラブの物を着用でしたが、次男坊にもロッシTシャツを1枚あげて、彼もキャップにTシャツとロッシの応援団となりました。

2019-10-20 14.29.56.jpg

そして、この子も一緒です。

2019-10-20 14.30.08.jpg

レーシングタートル君は、私の腕に。

2019-10-20 14.30.22.jpg

気持ちの良い朝のツインリンクもてぎのコースを満喫しつつ、

2019-10-20 14.30.32.jpg

一緒にロッシを応援します。

2019-10-20 14.31.05.jpg

ウォームアップ後直ぐに、荷物になるので、手持ちのパンを完食し、決勝観戦の準備は完璧です。

決勝レースでほ、3クラス共に撮影はせずに、レースの観戦と応援に集中しました。

モト2クラスでは、ロッシのチーム所属で実の弟であるルカ・マリーニがタイに続いて連勝と嬉しい結果でしたが、モト3クラスでは、ずっと良い位置を走っていた日本人ライダーの鈴木竜生選手が最後に表彰台を逃すこととなり、モトGPクラスもいつものホンダのマルク・マルケスの圧勝で面白みのない展開に…。

極め付けは、1コーナーでのバレンティーノ・ロッシの転倒リタイヤです。

結局、私達が観にきたもてぎでロッシは全て転倒リタイヤとなるという、あまりにも残念な結果でした。

レース観戦自体は、晴れて快適だっただけに残念です。

レースが終われば、またまた地獄の寝ずのドライブが待っています。

酷い渋滞のサーキット内を脱出した後は、グーグル先生の指示のもと、高速道路のインターチェンジを目指しました。

行きと同じ常磐道の友部インターチェンジを目指したものの、良くわからないまま、北関東道へと進入しました。

高速道路上では、車内でラグビーワールドカップの日本-南アフリカ戦をかけるも、運転の私は観れませんでした。

2019-10-20 21.24.43.jpg

日本の敗戦が決まったところで、東名海老名のサービスエリアに到着し、夕食をと思ったものの、人が多すぎるのと、フードコートにラーメンと吉野家しかないので、食べずに燃料補給だけで、足柄サービスエリアを目指すことになりました。

2019-10-20 22.22.28.jpg

そして、ようやく晩飯にありつけました。

2019-10-20 22.38.19.jpg

私は中華屋さんのテレビにも出たというこちらのワンプレートにしてみました。

2019-10-20 22.43.37.jpg

うーん、高いだけで味はちょっと残念でした。

食後は入浴しましたが、こちらももてぎ帰りの人々で、かなりの混雑でした。

風呂から上がって、此処からはペンキ屋さんが運転を代わってくれるということで代わってもらったものの、新東名の岡崎サービスエリア直前に、眠気を発したようで、危うく中央分離帯に衝突という瞬間がありました。

助手席の私は、あれ?おかしいぞと思いつつ、声を掛けてギリギリ事故とはなりませんでしたが、もう怖くて運転を任せることはできません。

万全の準備をして、再び私が運転しました。

結果、夜明け前の5時前に草津パーキングエリアに到着し、Yさんを降ろしました。

そして、尼崎まで行って、友人を降ろして、最後にペンキ屋さんを降ろして、任務完了です。

最後に残った次男坊には、電車で滋賀へと帰ってもらいました。

楽しかったというよりは、やっと終わったという感じの今年のもてぎでしたが、初参戦の次男坊は楽しんでくれたようなので、そこが救いです。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録