2016年08月20日

2016夏、思いがけずのアニメキャラバン(3日目【8月14日】)

前日の涼しくて快適な扇沢駅と違い、有磯海サービスエリアの夜は寝るにはやや暑く、モトGPの予選を見ながらエアコンでガンガン冷やしてから就寝しました。

2016-08-14 06.02.12.jpg

必然的に夜中には気温も下がるので、その後はエアコン無しで眠ることができ、気持ちの良い朝を迎えました。

DSCF2063.jpg

ポケストップの充実したサービスエリアなので、朝からモンスターボールが収集できます。

移動中は、私の代わりに助手席の奥さんが、ポケストップのチェックをしてくれますが、ポケモンが出るとつい捕まえたくなるようで、結局、あまりボールが貯まらないので、助かります。

DSCF2065.jpg

イカのモニュメントの乗った電話ボックスがポケモンジムになっていたので、奥さんと娘の準備ができるまで、ジムバトルをしたりしながら、時間を潰します。

DSCF2064.jpg

前日から、オルビスの軽油が心許なくなっていたのですが、なかなかスタンドがなく困っていました。

ここ、有磯海サービスエリアにもガソリンスタンドは併設されていますが、高速上は高いので、次の滑川インターチェンジで一般道に降りてから、給油の予定です。

快適なサービスエリアでの車泊目的で高速に乗っただけなので、問題なしです。

DSC03431.jpg

そして、給油したエネオスのセルフスタンド近くに、24時間営業のマクドナルドがあったので、今朝の朝食は、久しぶりの朝マックとします。

DSC03432.jpg

移動中にも楽しませてもらっているリオオリンピックですが、その特別メニュー?の「必勝コンビ」の評判が良いとネットで目にして思いつきました。

DSC03434.jpg

朝からパティが2枚やフライが2枚の高カロリーが、マックらしいという肯定的な意見です。

迷走を続けたマクドナルドが、自分らしさを取り戻したということのようです。

DSC03435.jpg

そんなマクドナルドからそう離れていない距離、移動時間にして数分のところに今日の最初の訪問ポイントが有りました。

DSCF2067.jpg

「ほたるいかミュージアム」のある「道の駅ウェーブパークなめりかわ」です。

私自身チェックはしていたものの、「ほたるいかミュージアム」に寄ることはあまり考えていなかったので、詳しくは調べていなかったのですが、給油と朝食で訪れた場所のすぐ近くだったというのが本当のところです。

9時オープンということで、マクドナルドで時間調整の後、到着です。

DSCF2068.jpg

9時になったので、早速、「ほたるいかミュージアム」へ入場します。

DSCF2069.jpg

受付の方に写真撮影について尋ねると、「記念撮影程度ならどうぞ」とわかりにくい回答でしたが、基本的に商用利用はないので、気にせず撮影します。

DSCF4312.jpg

2階の資料室では、“ほたるいかの身投げ”について詳しく解説されていて、興味深く拝見しました。

残念ながら、今はほたるいかのシーズンでもなく、このミュージアムでも生きたほたるいかを見ることは叶いませんが、少し前に、テレ東系の「YOUは何しに日本へ」という番組で、この“ほたるいかの身投げ”による発光を見に来られた外国人に密着していた回を観たので、より興味深く観ることができました。

DSCF2078.jpg

生きたほたるいかが見られない代わりに、発光性のプランクトンの発光ショーを見ることができ、入場料も200円安くなっているので、良心的なミュージアムですね。

シアターのビデオで観た、入場者に生きたほたるいかを見てもらうために、毎日の職員の方々の労力を知って、更にそう感じました。

DSCF4313.jpg

神秘的な発光性プランクトンのショーの後は、1階のひろ〜いスペースへ。

DSCF2073.jpg

ここで、うちの娘が一目散に向かったのが、まさかのこの釣りコーナー。

まだまだ幼いです。

DSCF4315.jpg

中心にある大きなプールには…

DSCF2080.jpg

別容器内のエビや

DSCF2081.jpg

不自然な状態のイソギンチャクに

DSCF2095.jpg

大きなカニなどが居ました。

DSCF2079.jpg

オオグソクムシのタッチプールもありましたが、娘も奥さんもNGということでスルーです。

男の子たちなら喜んで触っていることでしょう。

DSCF2088.jpg

意外に興味深かったのが、こちらの水槽です。

DSCF2086.jpg

多分日替わりで、いろんな魚が入るのだと思いますが、そのせいか、2匹のシマダイの動きが新鮮でした。

人馴れしていない様子で、普通の水族館の魚とは、反応が違うというか、指に寄ってきたりでとにかく可愛かったです。

DSCF2091.jpg

生きたグソクムシに

DSCF2093.jpg

こちらはレジンで固められたほたるいかです。

DSCF4316.jpg

大きな施設ではないですが、趣向をこらして来館者を楽しませようという気持ちが伝わってきます。

DSC03436.jpg

なんちゃってほたるいか漁の写真スポットもあったので、やってみましたが、娘のほうが一枚上手の役者でした。

DSC03443.jpg

クイズや間違い探しで、プレゼントに応募できるということで、やりましたが、美術部の娘は、本気の塗り絵を始めてしまいました。

なので、その間、私は館内でポケモンGOを楽しみます。

DSCF2097.jpg

ミュージアムを出た後は、奥さんと娘は足湯に行くというので、私はその前に、更に辺りをポケモン狩りします。

すごいのは、ここの道の駅では、どこでも登場するぽっぽやコラッタが1匹も現れず、比較的レアなポケモンが出現します。

やはり、海の横ということで、水系のポケモンが多いようですが。

DSCF2099.jpg

そして、私も足湯に合流。

DSCF2102.jpg

温かいお湯と冷たい水と交互に浸す足湯は、夏場でもさっぱりと気持よかったです。

DSCF2103.jpg

そして、晴れた日の青い海を満喫できました。

DSCF2104.jpg

良いところですね。

と思っていたら、富山のオルビストさんも、数日前、ポケモン目当ての奥さんにねだられて、訪れていたそうです。

その後、物販コーナー等含め、のんびりと過ごして、出発しましたが、もうお昼です。

DSC03446.jpg

富山市内の市街地へ入る前に、通りがかりのファミリーレストランに寄りました。

2016-08-14 13.52.07.jpg

敢えて店舗名まで出すのは、私が怒っているからです。

2016-08-14 12.54.41.jpg

というのも、テーブル席にあったこの表示を見て、グリル系をご飯付きで注文しようとしたところ…

「ランチタイムではありますが、お盆中は実施しておりません」

という返事。

あらら、ジョイフルさんではお盆は365日の内に入らないということですか???

じゃあ、ジョイフルさんの1年って何日あるのかな?????????

と嫌味を言っておきます。(心のなかでは詐欺じゃん…)

セットを注文するのも癪なので、グリル物はやめて、オムライスにしましたが、これはなんか懐かしい感じで美味しかったです。

我が家の地元にはないファミレスチェーンなので、寄ってみましたが、安いのは良いですが、これはアウトですね。

DSC03447.jpg

気を取り直して、いよいよJR富山駅近くの目的地へやって来ました。

DSC03460.jpg

その目的地とは、「高志の国文学館(こしのくにぶんがくかん)」と、まぁ、なんとも難しそうな名前の施設です。

DSC03465.jpg

ここで問題発生。

2箇所の駐車場が用意されているものの、ゲート部分に屋根があって、まっすぐ通ろうとすると、オルビスの頭が当たってしまいます。

斜めに屋根を避けて進めば、当たらずに済みそうなので、斜めに侵入したところ、機械の前のセンサーが反応せず、駐車券が出ません。

施設利用で3時間まで無料ですが、仕方なく、周辺のコインパーキングに駐めようとウロウロするものの、全てゲートの屋根が邪魔をします。

ふと見ると、障害者用駐車スペースがあったので、警備員さんに事情を説明すると、それなら仕方がないということで、駐めさせていただきました。

DSC03462.jpg

このすぐ隣は、イタリアンの巨匠、落合シェフのお店らしいです。

DSC03464.jpg

でも、何故わざわざ富山まで来て「高志の国文学館」なのか?

DSC03452.jpg

理由はこれです。

企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」

2016-08-13 08.00.25.jpg

実は、黒部ダムで貰ったクロムクロコラボの観光マップに、小さくこちらの催しのことが書かれていたところに、娘が反応したのでした。

なので、私も訳も分からず取り敢えずやって来たという感じです。

DSC03459.jpg

エントランスを入ってすぐはこんな感じです。

どうも、この企画展には「クロムクロ」を制作している富山県南砺市に拠点を構えるアニメスタジオ「P.A.WORKS」が全面協力しているのだそうな。

DSC03458.jpg

ということで、数日後には「クロムクロ」の原画も展示されるとのことで、ちょっと残念。もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、今回娘のための訪問なので仕方がないですね。

DSC03451.jpg

大きなモニターおしゃべりするキャラクターに、娘は興味津々なようでしたが、この女の子のキャラクターは、その富山のアニメスタジオ「P.A.WORKS」のアニメの制作現場が舞台の作品「SHIROBAKO」のキャラクターだそうで、この白箱と面白いを掛けて、面白い箱という企画展名になっているとのことでした。

DSC03455.jpg

企画展内は撮影禁止ですが、唯一ピクチャースポットだけは例外です。

内容は、アニメの企画から制作、完成までの過程を、「P.A.WORKS」の実例やイラスト等を元に説明されており、15時から学芸員さんによる説明ツアーがあるということで、参加させていただきました。

娘は興味深く話を聞いていましたが、元アニメおたくな私としては、自分の時代のセル画が無くなり、色付けを全てコンピューターが取って代わったという部分が興味深かったです。

子供の頃から集めていたセル画は、ずっと前にヤフオクで米国のアニメおたくさんに売ってしまいましたが、セル画が過去のものとなった今では、貴重だったかもしれません。

簡易的なアフレコ体験コーナーが有って、3人で体験してみましたが、私のセリフがひとつしか無くちょっと拍子抜け。

最後の3枚の絵を色付けしてスキャナーに取り込み、アニメ化するというコーナーで、娘が色塗りしている間に、私と奥さんは、常設展を見ましたが、バブル期を思い出す、お金の掛かった展示方法に驚きました。

娘のおかげで、ただ放送を見ているだけの「クロムクロ」が、制作スタジオのことまで知ることとなり、奥さん含めて、娘と共通の認識ができたことは良かったと思います。

折角なので、記念にクロネダムで買い損なった「クロムクロ」のクリアファイル3枚セットでも買おうと思いましたが、1500円もするので、結局買えず、代わりに娘に「SHIROBAKO」のスピンオフ本を買ってやりました。

「LOVELIVE!」一色の彼女ですが、「SHIROBAKO」にも興味を持つでしょうか?

さて、夕方となって、もう観光の難しい時間帯となりましたが、奥さんがどうしても行きたいというところがあるというので、駅の反対側の「富岩運河環水公園」へ向かいます。

DSC03466.jpg

ところが、車が一杯で駐車場は大行列状態なので、1周回って、偶然通り掛かった少し離れたコインパーキングにオルビスを駐めて歩くことにしました。

DSC03467.jpg

あちらこちらにポケストップがあるので、私も歩きは気にならないのですが、公園に近づくに連れて、段々と人の数が増えてきました。

DSC03468.jpg

途中、体育館のトイレを借りて、先へ進みますが、公園はすごい人です。

DSCF2105.jpg

ここで、奥さんがひとこと。

「今日、花火でもあるんじゃない」

DSCF4324.jpg

なるほど、それですごい人なわけです。

浴衣の女の子も多数見かけますし。

DSCF4328.jpg

で、奥さんがどうしても行きたかったのが、日本一美しいと言われるスターバックスコーヒーでした。

が・・・人・人・人の人だらけ。

DSCF4331.jpg

折角の美しいスタバでも、これだけ人が居ると写真も絵にはなりません。

DSCF2106.jpg

私は、日本一美しいと言っても、スタバでしょっくらいなので良いのですが、暑いこともあって、スタバの購入の列に並ぶことに。

DSCF2108.jpg

でも、確かに公園は綺麗ですね。

DSCF2109.jpg

なので、せめてもの「スタバの美」です。

DSCF2110.jpg

想定外の花火は、開始まで1時間以上あるらしくスルーするつもりでしたが、打ち上げ自体は実質10分程度ということで、どうせなら見ていこうということになり、芝生に座って打ち上げを待ちます。

2016-08-14 14.13.49.jpg

私はというと、珍しいルージュアなんてポケモンが出まくるもので、全く苦もなく1時間が経過しました。

DSC03473.jpg

街灯は全て消えるとのアナウンスが有ったので、この場所にしましたが、目の前の街灯は消えませんでした。

DSC03474.jpg

スターバック付近が最も観るのに適しているということで、すごい人だったようです。

DSC03476.jpg

DSC03486.jpg

DSC03495.jpg

DSC03497.jpg

DSC03500.jpg

DSC03501.jpg

ちなみに写真はRX100M3のシーンモードで花火を打ち上げ花火をチョイス、なかなかですね。

DSC03505.jpg

花火の終了とともに、駅方面へ人の波が打ち寄せます。

DSC03512.jpg

途中から、その波を外れて、最短ルートでオルビスの待つコインパーキングへと戻りました。

DSC03513.jpg

これで、本日の予定は終了で、残るはお風呂と食事だけです。

歩き疲れたこともあり、これを一気に済ませようと、近くのスーパー銭湯へと向かいます。

DSC03515.jpg

「満天の湯」というチェーン店ですが、以前にも北陸のどこかで入ったような気がしますが気のせいかな。

DSC03514.jpg

いざ、駐車場に入ろうと思ったら、駐車場入口が門のようになっていて、オルビスの頭が当たりそうです。

そこで、施設に電話してみたところ、従業員の方が出てきて先の別の出入り口へと誘導してくれました。

DSC03516.jpg

それにしても大きなスーパー銭湯です。

炭酸泉や電気風呂もあって、特徴のない小さな天然温泉より、大きな充実したスーパー銭湯の方が幸せかも…。

DSC03518.jpg

夕食は、私はカツとじ定食で、奥さんと娘はお蕎麦を食べていました。

夕食とお風呂を一気に済ませることができ、あとは寝るだけです。

この日は、ネットの車中泊マップで、「トラックがうるさい」とあった国道沿いの無料駐車場に決定。

普通の車中泊の「トラックがうるさい」は、オルビスにとっては絶好の環境ですから…。

ということで、この日は駐車場に着くなり、バタンキューでした。

(4日目に続く)
posted by かわいいHERO at 14:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年08月19日

2016夏、思いがけずのアニメキャラバン(2日目【8月13日】)

2016-08-13 04.45.58.jpg

扇沢駅前の無料駐車場のオルビスで目が覚めたのは、アラームをセットした4時半よりも少し早かった。

DSC03372.JPG

身支度と、セブンイレブンで買ったパンでさっさと朝食を済ませて、扇沢駅の様子を見に行くことにしました。

DSC03376.JPG

有料の第1駐車場は満車みたいですが、第2駐車場はまだ空きがあるようです。

DSC03378.JPG

とは言え、有料駐車場にはキャンピングカーは駐車できないので、必然的に無料駐車場を利用するよりありません。

DSC03379.JPG

もちろん、その無料駐車場の方は、夜が明ける前に満車状態となっています。

DSC03380.JPG

昨晩のうちに、我が家のオルビスのお隣には、まだ運転2,3回だというジルが陣取りました。

2016-08-13 05.14.19.jpg

扇沢駅では、既にチケットの列ができていて、私も急いでオルビスに戻って、準備を整えて並びました。

ここにはポケモン居ました。

DSCF1941.jpg

思った以上に早い時間帯の行列に、それが本当にチケット購入の列なのかの確証が持てず、万が一、トロリーバスの改札の列とごっちゃになっていると困るので、うちの奥さんと娘にも、追って来てもらいました。

DSCF1942.jpg

でも、結局それは切符売り場の列で、並ぶのは代表者ひとりにしてくれということで、奥さんと娘は列を外れました。

DSCF1944.jpg

そして、無事に6時半の乗車券が確保できました。

DSCF1946.jpg

他の人達同様に、その足で改札方面へ行くと、もう既にすごい列で座れるか心配しましたが、運良く最後部の席が空いていて、3人で座ることができました。

DSC03381.jpg

立ち乗りの人たちは前方に集中したようで、後部はゆとりがありました。

DSCF1951.jpg

おかげで後方のこんな写真も撮れました。

DSCF1954.jpg

そして、あっという間に到着です。

DSCF1956.jpg

裕次郎プレートや

DSCF1958.jpg

ダム模型を横目に進んで行くと、

DSCF1960.jpg

まるで、クーラーが効いているような涼しいひんやりとしたトンネルへ出て、そこを下って出れば、もう黒部ダムです。

DSCF1961.jpg

購入自由の写真サービスで、手持ちのカメラのシャッターも押してくれるというので、お願いしました。

もちろん、写真を買っては意味が無いので、写真は辞退です。

DSC03383.jpg

先に展望台へ行かずにダム方面へ来たのには、理由があります。

DSCF4215.jpg

ダムの向こう側の先にある遊覧船乗り場を目指しています。

DSCF4221.jpg

ダムは後から改めて見学することにして、遅い時間には混雑で乗るのが難しいらしい遊覧船を優先します。

DSCF4222.jpg

散策コースやケーブルカーでもう少し先へ行くことも提案しましたが、山歩きしたくないうちの奥さんの希望です。

DSCF4224.jpg

インドアな娘も同調しています。

DSCF4225.jpg

さらっと初黒部ダムを楽しみながら、先を急ぎます。

DSCF4229.jpg

やはり放水は迫力ありますね。

首に2台のカメラをぶら下げながら、撮影しながら進みます。

DSCF4232.jpg

ようやくケーブルカーの黒部湖駅まで来ましたが、我が家はケーブルカーには乗りません。

DSCF2005.jpg

二股になった遊覧船乗り場の方向へ。

DSCF1969.jpg

長いトンネルです。

DSCF4234.jpg

いろんなものを撮影しながら歩くので、直ぐに奥さんたちに置いて行かれるので、小走りに追いかけます。

DSCF1973.jpg

早朝なので、気持ちが良いですし、山々も絵になります。

DSCF2002.jpg

ようやく、遊覧船ガルベの乗り場まで来ました。

DSCF1974.jpg

眼下にガルベが見えます。

DSCF1975.jpg

この日は特定日で、8時半の臨時便が出航するので、そのチケットを購入します。

DSCF1983.jpg

無事にチケットは買えましたが、出航時間まで1時間以上あるので、待合室で待機します。

DSCF4236.jpg

ふと、ハサイダーのポスターが目に入り、飲んでみました。

DSCF4235.jpg

まぁ、普通にサイダーですね。

DSCF1977.jpg

ここ黒部ダムは、アニメ「クロムクロ」の舞台となっていることで、ファン向けのノートが設置されており、私と娘は書いてきました。

しかし、クロムクロのロゴが手書きで泣かせます。

DSCF4243.jpg

ポスターも貼ってあり、

DSCF4244.jpg

オリジナルグッズも販売されていました(買ってませんが…)

DSCF4246.jpg

遊覧船乗り場の先に、カンパ谷の吊り橋があるので、そこへ行ってみたり、

DSCF4247.jpg

写真を撮ったりしている内に、段々と出航時間が近づいてきたので、乗り場に並ぶことにしました。

DSC03387.jpg

一番乗りで、良い席が確保できました。

DSC03385.jpg

窓からカメラを持った手を突き出して、前方を撮ってみました。

DSCF4249.jpg

ダム側です。

DSCF1988.jpg

折角なので、重いのに持参した超望遠レンズに付け替えて見ます。

DSCF1990.jpg

でも、これと言った被写体はありませんでした。

DSCF4254.jpg

クルージング自体、単調ですし、景色を楽しむというよりも、のんびりと水上を楽しむ感じでしょうか。

DSCF4255.jpg

屋根部分も透明なので、日差しが結構暑いかも。

DSCF4256.jpg

行きはゆっくりですが、帰りは比較的早かったような…。

DSCF1992.jpg

ちなみに、船長さんは女性です。

DSCF1995.jpg

そして、クルージング終了。

DSCF4267.jpg

下船後は、改めてダムへ向かいます。

DSCF4272.jpg

さっきと反対側から放水を眺めます。

DSCF2009.jpg

ダムの中央部近くに来た時、虹が見えました。

DSCF2012.jpg

さっきよりも太陽が高くなったことで、虹が現れたのですね。

DSCF4280.jpg

良く晴れているので、虹も美しいです。

DSCF2013.jpg

朝が早かったので、お腹が空いてきました。

DSCF2014.jpg

なので、レストハウスへ。

DSCF2015.jpg

昼時は大混雑必至ですが、まだ10時前なので、空いていました。

DSCF2016.jpg

お目当ては、もちろん“ダムカレー”です。

DSCF2018.jpg

ダムを見ながらのダムカレー。

珍しいグリーンカレーで、ぺろりと平らげました。

と、その時ダムに黒部ダムのゆるキャラ「くろにょん」が登場したので、行ってみました。

DSCF2021.jpg

まぁ、一緒に撮るつもりはないのですが…。

DSCF2022.jpg

レストハウスの窓に、奥さんと娘を発見。

DSCF2025.jpg

二人でポーズ決めてるので、超望遠で撮ったった。

DSCF2024.jpg

でも、やっぱり山が美しい。

DSCF2026.jpg

そして、私の場合、ダムと言えば“ダムカード”です。

黒部ダムは、レストハウス1階の売店で、トロリーバスのチケットを見せると、判を押した後にいただけます。

DSCF2030.jpg

欲しくもない人がクレクレ状態にならないようにか、現地にダムカード配布について表記は見当たりませんでした。

DSCF2031.jpg

破砕帯の湧き水があったので、ペットボトルに入れて飲みました。

DSCF2032.jpg

改めて、展望台へ行くのに、外階段は暑いので、クーラートンネルを通って駅まで戻ってから行くことにしました。

その駅のトイレの水も冷たい湧き水なのか、結露が凄かったです。

DSCF2034.jpg

しかし、展望台への階段は辛かった…。

そこに、2次元のくろにょんが。

DSC03399.jpg

展望台でも下と同じような写真サービスをやっていたので、ここでも、申し訳ないですが、シャッターだけお願いしました。

DSCF2035.jpg

ここからも虹が確認できます。

DSCF4282.jpg

単焦点に、広角ズームにと、写真を撮りまくりました。

展望台から下りながらなので、放水口より

DSCF4289.jpg

かなり上から

DSCF4300.jpg

ちょっと上から

DSCF4303.jpg

ほぼ近い高さと、いろいろな表情を見せてくれました。

DSC03404.jpg

加えて、記念撮影もとうとう自撮り棒投入。

DSC03406.jpg

ソニーRX100M3の自撮り機能使っています。

DSCF2036.jpg

ダムではポケモンは見ませんでしたが、ここはポケストップになってました。

DSCF2043.jpg

最後に展示物を見て

DSCF2044.jpg

黒部ダムにさよならです。

DSCF2047.jpg

早朝から行動したので、時間はまだ正午前…でも、感覚では夕方3時とか4時の感じがします。

娘も時間に驚いていました。

DSC03412.jpg

帰りのトロリーバスも娘が座って帰りたいというので1回見送って、先頭近くで乗ったので、今度は一番前です。

運転手さんが、対向車の運転手さんとすれ違いざまに会話していました。

2016-08-13 12.39.44.jpg

扇沢駅では、これくらいの時間になると、登山客は居ないでしょうし、ツアー客がなければ空いているみたいですね。

ちなみに、ポケモンは出ますw。

DSCF2049.jpg

涼しい黒部ダムからまだ涼しい扇沢駅ヘ戻ってきて、とうとう暑い富山へと向かいます。

ノープランなので、取り敢えず富山方面ということで、白馬を抜けてひたすらに北上しました。

そして、奥さんの思いつきで、「道の駅 親不知ピアパーク」へとやって来ました。

DSCF2050.jpg

海水浴場併設ということで、ちょっとイメージしていた道の駅ではなかったです。

DSCF2051.jpg

おさかなセンターも、魚介類が好きでない娘と一緒では、買うものもありませんでした。

DSCF2054.jpg

大きな亀のモニュメントがありましたが、

DSCF2053.jpg

あっ、目の中に人?

DSCF2055.jpg

翡翠についての無料の施設があったので入ってみました。

DSCF4310.jpg

中央に大きな翡翠の岩が鎮座していました。

DSCF4311.jpg

その麓には、何故かかっぱと蛇が…。

DSCF2058.jpg

糸魚川って石ころの町なんですね、なるほど。

DSCF2059.jpg

この辺りの海上を走る北陸自動車道は、東北キャラバンの時に通った記憶があります。

DSCF2056.jpg

午前中は山でしたが、午後は海です。

それにしても暑い!

あまりの暑さに、オルビスのジェネ稼働で、エアコン効かせて今晩の作戦会議です。

DSCF2057.jpg

その結果、夜の暑さを予想して、滞在はサービスエリアにすることとして、先ずはお風呂ということで、やって来たのは宇奈月温泉です。

DSC03420.jpg

こちらの総湯が、今年4月にオープンしたところらしく、日帰り施設ということでやって来ました。

DSC03421.jpg

「温めどころ宇奈月」というお洒落で綺麗な施設です。

DSC03422.jpg

1階には娘の好きそうな展示がありました。

DSC03423.jpg

ですが、こちらの施設、何故かレビューはイマイチみたいです。

入ってみてわかりました。

風情がない上、設備も充実していない。

安いし綺麗でシンプルですが、お湯に特徴もなく、遊び心もない。

前日の大町温泉郷の薬師の湯と正反対という感じです。

奥さんから1時間半と言われたものの、長風呂できるお風呂ではないので、早々に出ました。

そして、館内で奥さんたちを待つのではなく、外へ繰り出しました。

2016-08-13 18.29.16.jpg

宇奈月温泉街、ポケストップだらけです。

DSC03427.jpg

良い感じに寂れた駅には何故かライオンが…。

DSC03424.jpg

「温めどころ宇奈月」の敷地内にも、

DSC03428.jpg

こんな人形が…。

DSC03430.jpg

モンスターボールを集めるために、温泉街を3周位したでしょうか。

そして、奥さんたちと合流して、オルビスに戻り、いざ北陸道へ入って、今晩は、有磯海のサービスエリアで寝ます。

その前に、夕食はサービスエリアでなんちゃって「富山分ブラック」でした。

DSCF2062.jpg

食後は、モトGP開催週ということで、オルビスに戻ってスリングボックス経由のモトGP予選を追っかけ再生でチェック。

2016-08-13 22.02.56.jpg

タブレットだと回線が追いつかず、スムーズに観れるスマホでどこでもモトGPを楽しみました。

また、ポケストップがチェックできる位置にオルビスを駐めて、5分おきにアイテムゲットは、助かりました。

さて、いよいよ翌日は富山市内へ向かいますが、その前に燃料入れないと…。

(3日目に続く)
posted by かわいいHERO at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016夏、思いがけずのアニメキャラバン(1日目【8月12日】)

本当に出掛けられるのかと心配した夏休みキャラバンですが、私の夏休みに入って3日目となる、12日(金)になってようやく出発することができました。

2016-08-12 08.45.44.jpg

出発が半信半疑と言うこともあり、燃料も入れていなかったので、出発直後に給油から。

いつもは、夜中の出発が常ですが、今回は朝の出発なので、名神高速に乗って、いきなりの渋滞に巻き込まれました。

京都を抜けるのに一苦労ということで、抜けた先の大津サービスエリアで早々に休憩を取ります。

2016-08-12 10.17.10.jpg

大津サービスエリアには、たくさんのポケモンがお出迎え。

2016-08-12 10.32.03.jpg

琵琶湖がよく見えました。

朝食を取らずに出てきたので、大津サービスエリアでおにぎりを買って、食べながら先へ進みます。

名神から中央道へ進んで、ひたすら走り続けて、すっかり昼食を取り損ねたので、駒ケ岳サービスエリアへ入りました。

2016-08-12 15.31.08.jpg

ここでの遅めの昼食が、私はもつ煮定食です。

2016-08-12 15.00.04.jpg

その後は中央道から長野道へ抜けて、安曇野インターで高速を降りました。

そして、やって来たのは「大王わさび農場」です。

DSCF1937.jpg

時間的に行けるかどうかと思っていたのですが、閉園約1時間前に滑り込みです。

2016-08-12 16.48.53.jpg

入場無料の施設ということで、そこは気楽です。

2016-08-12 16.49.38.jpg

園内は、わさびに関した物販店にレストラン、わさびのオブジェクトなんかもありますが、基本的にはただひたすらにわさび畑で、黒いネットの下は、綺麗な水の流れるわさび畑です。

DSCF1918.jpg

しかし、ここのわさび畑の広いこと。

2016-08-12 16.46.53.jpg

黒いネットがこれでもかという感じ。

2016-08-12 16.50.25.jpg

そんな広いわさび畑があちらにもこちらにも。

2016-08-12 16.50.43.jpg

想像以上に広かった。

2016-08-12 17.01.34.jpg

黒いネットばかり見ていても仕方ないので、早足で園内を見て回ります。

2016-08-12 17.01.51.jpg

閉園間近なので、本当にざっと見るだけです。

2016-08-12 17.01.20.jpg

わさび漬けの体験工房なんかもありました。

2016-08-12 17.01.06.jpg

大きなわらじを祀った神社や

2016-08-12 17.02.36.jpg

綺麗な水を飲むこともできるというので、

DSCF1922.jpg

おいしく頂きました。

DSCF1921.jpg

そして、こちらでは、

2016-08-12 17.07.02.jpg

自宅で念のため印刷しておいた、クーポン券を準備して、

2016-08-12 17.07.23.jpg

数あるわさびメニューから

DSCF1936.jpg

本わさびソフトクリームを買ってみました。

思ったよりもわさび感はなかったですね。

DSCF1925.jpg

ちなみに、今回のキャラバンは、男の子達は参加出来ずで、

DSCF1934.jpg

奥さんと末の中学生の娘と

DSCF1935.jpg

私の3人だけで、もちろんゴンタもお留守番です。

2016-08-12 17.19.43.jpg

買い物を急いで済ませて、せっかくなので、生わさびも1本買いました。

2016-08-12 17.16.17.jpg

おばさんが、良さ気な辛そうなやつを選んでくれました。

DSCF1940.jpg

そして、オルビスまで戻って、いよいよ本日の目的地へ向かいますが、今晩は駐車場泊となるので、現地入りする前にお風呂を済ませたいところです。

経路の途中のお風呂を探して、大町温泉郷へ寄ることにしました。

でも、それ以降にはコンビニもないようなので、先ずは通りかかったセブンイレブンで夕食を調達。

2016-08-12 17.55.04.jpg

そして、大町温泉郷の「アルプス温泉博物館 湯けむり屋敷 薬師の湯」へ。

2016-08-12 18.23.37.jpg

夏場には、ぬるい源泉が気持ちの良い温泉でしたが、のんびりできないのが残念でした。

2016-08-12 19.15.47.jpg

出てきた時には、周りの車もかなりはけていて、先を急ぎます。

2016-08-12 19.26.18.jpg

暗い中、ひたすら走って、長野県側の黒部ダムへの玄関口、目的の扇沢駅前の無料駐車場へと着きました。

目標の19時到着から30分ほど遅れましたが、第一駐車場は、既に9分方埋まっていましたが、なんとか駐めることができて、やれやれです。

DSC03370.JPG

娘の弁当を温めようと電子レンジを使うために、発電機を稼働しようとしましたが、まさかの始動ミス。

完全に被らせてしまい、断念しましたが、そこはトリプルサブ化ということで、インバーターでやり過ごしました。

2016-08-12 20.04.50.jpg

翌日は黒部ダム行きで朝が早いため、早々に就寝しました。

もちろん、標高が高いので、マックスファンだけで涼しく寝ることができました。

(2日目に続く)
posted by かわいいHERO at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年07月19日

土壇場に行先決定の岡山旅(2日目)

日祝2日間の岡山旅の後半、海の日です。

思いの外、車泊地としては悪くなかった新岡山港の公園駐車場ですが、何より気候が良くて助かりました。

2016-07-18 07.32.14.jpg

一応汚いですがトイレも有りますが、フェリー利用者が駐めるケースが多いと思われるので、空いているかどうかが問題かもしれません。

2016-07-18 07.31.37.jpg

取り方ではありますが、車泊の公園利用と捉えれば、フェリーの利用者よりは健全なのかなと思ったり…。

前日に、イオンで買ったパンで朝食を済ませて、時間の掛かる奥さんの出発準備の間に、散歩をすることにしました。

前日にSDカードが書き込みできなくなった「X-PRO2」は、スマホ用に余っていたマイクロSDカードで使えるようになったので、それに50-230mm望遠ズームをつけてのスナップです。

DSCF1235.jpg

セミの賑やかな鳴き声の公園入口の先には海が見えます。

DSCF1234.jpg

新岡山港って思ったよりものんびりした感じですね。

小さな岩の島は鳥達の休憩場所になっているようです。

DSCF1232.jpg

海の景色は、私にとっては非日常ですから、出掛けた感が強く充実した気持ちになります。

DSCF1233.jpg

奥さんの準備もできて、この日は先ずは「池田動物園」です。

30分ほどオルビスを走らせて、小さな動物園へとやって来ました。

大きいということで、警備員さんに動物園の駐車場ではなく、同じ500円/回の向かいの民間駐車場へと案内されました。

動物園の感覚としては入場料、大人1,000円は馬鹿高ですが、運営上やむを得ないのでしょうね。

JAF割引で、少しだけお安くなりました。

ジリジリと日差しが強い中の動物園は、見る人間も動物園の動物たちにも過酷です。

だからというわけではないですが、先ずは入って直ぐにワニとコウモリが居たので、スマホでコウモリを撮ってみました。

2016-07-18 09.58.24.jpg

高校生の子どもとの動物園は、今更感がないわけではありませんが、カメラがあると状況が一変します。

望遠ズームで、動物たちの表情が狙えますから。

DSCF1239.jpg

動物園では、やはり望遠がベストです。

DSCF1242.jpg

オリやネットが邪魔になりますが、望遠効果で殆ど目立たなくできますし。

DSCF1243.jpg

ところが、三男坊が貸してあげた「RX100M3」を忘れたというので、「X-T10」に望遠ズームを付けて、三男坊に貸してやることにしました。

なので、私は35mm単焦点で狙います。

DSCF1244.jpg

モノによっては、十分狙えますが、やはり距離があるので表情だけを狙える動物は限られます。

DSCF1249.jpg

ペンギン舎の上にアオサギがやって来ました。

DSCF1247.jpg

キョンのところまでやってくると、売っている餌をもらおうと寄ってくるキョンの愛らしさに負けて、餌を買うことに…。

DSCF1255.jpg

共通のせんべいなので、やぎや牛にも。

三男坊は動物好きですが、かなりのビビリマンです。ふらふら

DSCF1269.jpg

そして、可愛いキョンに奥さんもメロメロです。

DSCF1271.jpg

キョンというと漫画「がきデカ」に出てくる「八丈島のキョン」しか思いつきませんでしたが、小さな声で鳴く、可愛らしい動物であることを知りました。

DSCF1283.jpg

餌に群がりあっという間になくなりました。

DSCF1286.jpg

最後はアクリル越しのミーアキャットです。

DSCF1288.jpg

可愛いですよね。

この後のオリ越しの動物は全滅だったのでここまでです。

スポーツドリンクで水分を補給しながら歩きましたが、かなりハードな動物園でした。

DSCF1289.jpg

三男坊リクエストの動物園のあとは、奥さんのリクエストです。

DSCF1317.jpg

「吉備津神社」です。

DSCF1290.jpg

長い階段を2つ登って、

DSCF4146.jpg

奥さんが、社務所で御朱印をいただきます。

DSCF1293.jpg

こんなところに、千代の富士が…

実は私、中学生の頃、似てると言われ、「ウルフ」と呼ばれたりしておりました。

現在、九重親方はがん闘病中だそうなので、頑張っていただきたいです。

DSCF4149.jpg

この本堂?の右から、この神社の特徴である長い回廊が続きます。

DSCF1296.jpg

歩いても…

DSCF1300.jpg

歩いても終わらない回廊は、総延長398mだそうです。

DSCF1302.jpg

長いので、途中にベンチが設置されていたりします。

DSCF1306.jpg

奥まで行ってお参りの後、戻ります。

DSCF1316.jpg

帰りは途中で回廊を外れ、道路を渡った宇賀神社に参ってから、駐車場へ戻りました。

そして、この近くにもう一つ、気になる場所があったので、行ってみることにしました。

その場所は、「吉備津神社」から15分ほどのところにある、総社市の「備中国分寺」です。

でも、お目当てはお寺ではなくこれ。

2016-07-18 14.08.14.jpg

ひまわり畑です。

「備中国分寺」を調べていて、偶然にひまわり畑があることを知り、ぎりぎり咲いていることを確認して、行ってみました。

では、ひまわり畑を先ずはスマホP9で。

2016-07-18 14.07.34.jpg

続いて、「X-PRO2」+35mm単焦点

DSCF1318.jpg

間違って明るくなってしまった露出ですが、この方が良いですね。

DSCF1341.jpg

最後に「X-T10」+10-24mm広角ズーム

DSCF4155.jpg

DSCF4161.jpg

うちの奥さんも、iPhoneでの撮影に熱中していました。

お昼ごはんを食べ損なっているので、オルビスを駐めた無料の県駐車場の横にあった「吉備路もてなしの館」に寄ってみましたが、喫茶しか無く、野菜が安かったので、野菜だけ買って出ました。

本当のところ2日目は、もっと北にある高梁や勝山の町並みを散策して帰るつもりでしたが、時間的に食事もしてとなると、寄る時間が無くなったので、そのまま帰ることにしました。

岡山道から入って、山陽道へ抜け、吉備サービスエリアで昼食を取ることにしました。

2016-07-18 15.26.40-1.jpg

ゆっくりしたかったので、フードコートではなくレストランへ入りました。

窓の向こうに、下り線にある五重の塔型の給水塔が見えます。

DSCF1344.jpg

私は、あっさりとチキン南蛮の載った冷麺です。

DSCF1345.jpg

奥さんと三男坊は、せっかく岡山に来たということで「ピーチポーク」もカツレツでしたが、この「ピーチポーク」は桃を食べて育ったんだろうという話をしていたのですが、どうも違うようです。

岡山ということで桃太郎からくる単なるネーミングみたいですね。

奥さんには黙っておこう…。たらーっ(汗)

DSCF1346.jpg

締めというわけではもないけれど、奥さんのために「マンゴーパフェ」を頼みました。

DSCF1347.jpg

見かけによらず?美味しかったです。

DSCF1348.jpg

テントのイベントで、三男坊が輪投げに挑戦して、アスパラガスをゲットしました。

また、桃が安く売っていたので買って帰りました。

やや熱中症気味で、微熱があり、目のコンディションが悪くワンデーコンタクトを外し、軽い頭痛と闘いながら、龍野西パーキングで買ったブラックコーヒーで目を覚まして、渋滞の山陽道-中国道を抜け、無事に20時前に帰宅できました。

最後は体調は最悪でしたが、オルビスで出掛けた充実感に浸り、早く帰ったことで、気になっていたモトGPの録画も見れたので、連休としては満足のいくものとなりました。
posted by かわいいHERO at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

土壇場に行先決定の岡山旅(1日目)

せっかくの日祝連休を無駄にするなとあれこれシミュレーションしたキャンピングカーオルビス旅の行先ですが、用意した3パターンからチョイスされたのは、「岡山県」です。

今回は奥さんと三男坊との3人旅と、なんとも変則的ですが、比較的近い場所なので、恒例のミッドナイト出発でも、気持ちも楽です。

自炊もほぼないだろうと新たに給水することもなく、準備もあっさりで、途中で燃料だけ給油して、ローソンのマチカフェをお供に西へと進みます。

2016-07-17 01.05.51.jpg

途中、テレビでパフェ好き芸人か何かの番組をやっていて、岡山県はフルーツパフェの街みたいな話で、うちの奥さん見事に食いついて「パフェパフェ」言い出しました。

それも落ち着いたところで、映画に切り替えましたが、全部終わることなく就寝予定のパーキングエリアへ到着しました。

2016-07-17 03.34.17.jpg

なにコレ?って感じですが、コンビニとレストランのある「瀬戸パーキングエリア」です。

2016-07-17 03.35.13.jpg

便利ではありますが、あまり綺麗なパーキングエリアでは無かったです。

2016-07-17 03.29.47.jpg

高速のPA・SAは、どこも安定のトラックだらけですから、オルビスが最も得意とするトラックサイドで、快眠が約束されます。

もっとも、ジェネ稼働でのオルビスでの就寝が久しぶりすぎて、ジェネの音や振動と大型トラックのそれの区別が付きませんでした。がく〜(落胆した顔)

2016-07-17 03.32.36.jpg

トイレに新聞紙が敷いてあると思ったら、ツバメの巣があり、朝には沢山のヒナが見られました。

2016-07-17 07.52.44.jpg

気持よく寝て起きた朝でしたが、トイレに行こうと車道を渡っていると、車が来たので小走りに足を踏み出した途端、ふくらはぎが「ブチッ」という音が…。

実際に音がするわけはなく(多分)、そんなイメージで、同時にふくらはぎがコムラ返りや筋肉痛のような痛みに襲われました。

ミネラルを甘く見た結果です。

歩行は困難になりましたが、運転には支障がないので、パーキングエリアのファミリーマートでパン等を買って朝食を済ませ、時間調整しながら、本日最初の目的地へ。

DSCF1159.jpg

瀬戸パーキングエリアから約30分ほどのところにある「招き猫美術館」です。

DSCF1161.jpg

奥さんたちは、ここのサイトを見て、岡山をチョイスしたと言って良いと思いますが、私自身も素直に行ってみたいと思いました。

DSCF1162.jpg

山奥にあるこじんまりとした建物で、

DSCF1164.jpg

エントランスへ行くまでにも、あちらこちらに猫の姿が見られます。

DSCF1169.jpg

流石にどの猫も招きのポーズです。

DSCF4012.jpg

もちろん、館内はさらにバラエティに富んだ招き猫だらけです。

DSCF1172.jpg

手作り感一杯の作品も多数あり、

DSCF4029.jpg

良い感じの落ち着く空間になっています。

DSCF4036.jpg

2階には、更に沢山の招き猫人形が集結していました。

DSCF4034.jpg

良い機会なので、三男坊に広角ズームのついた「X-T10」で、絞り優先撮影を経験させようとしましたが、広角は自分も使いたいので、早々に「RX100M3」と交換しましたが、「上手くボケない」と言いながら一生懸命撮ってました。

DSCF4039.jpg

お土産売り場にも、沢山の招き猫が並び、奥さんと留守番の娘のおみやげも購入しました。

アットホームな感じで、優しくお声掛けいただき、とても居心地の良いミュージアムでした。

DSCF4043.jpg

ミュージアムの後は、併設された施設「ラッキーキャッツハウス」へ。

DSCF4044.jpg

建物内へ入ると、一面に願い事の書かれた御札が貼られていました。

2016-07-17 11.48.08.jpg

私もスタンプ一杯の御札を書いて、すぐ側に貼り付けました。

DSCF4045.jpg

が、どうも高いところに貼るほど願い事が叶うということらしく、奥さんは三男坊に高い位置に貼らせていました。

DSCF4046.jpg

奥には、招き猫に絵付けする人がたくさん居られ、ここにも沢山の招き猫が展示されていました。

DSCF1215.jpg

建物を出ると、招き猫の向こうに駐車場のオルビスが見えました。

ここだけでは物足りないかもしれませんが、気軽に立ち寄れる満足度の高いスポットで、奥さんと三男坊も楽しめたようです。

2016-07-17 12.51.05.jpg

次にやって来たのは、川の横の1時間100円の駐車場。

DSCF1216.jpg

旬彩市場という催しをやっていましたが、ここは日本三大庭園のひとつである「後楽園」の駐車場です。

DSCF4105.jpg

うちのおばあちゃん(私の母)は岡山県出身で、子供の頃から岡山県にはよく来たのですが、津山に近い方なので、「後楽園」を訪れた記憶は私にはありません。

奥さんも同様で、三男坊も、これを機会に、日本三大庭園を覚えたようです。

ちなみに、高校生は学生証が無くても、学校名を書くことで無料でした。

DSCF4104.jpg

見事なグリーンです。

DSCF4052.jpg

広角レンズにぴったりの風景ですが、ここでアクシデント発生。

メインで使用していた「X-PRO2」のSDカードに書き込み不良が発生し、撮影できなくなってしまいました。

DSCF4054.jpg

なので、「X-T10」に広角と望遠で凌ぎます。

DSCF4056.jpg

奥に岡山城を望む美しい庭園ですが、島の舞台に鳥の置物かと思ったら、

DSCF4061.jpg

本物のアオサギでした。

人が来ない場所なので、我が物顔です。

DSCF4063.jpg

例に漏れず、外国人観光客も多く、

DSCF4068.jpg

撮影される新郎新婦の姿も。

他にも角隠しの新郎新婦の姿もあったのですが、「X-PRO2」のSD不調で保存されていませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

DSCF4071.jpg

のんびりと後楽園内を散策し、

DSCF4072.jpg

目の保養をしていましたが、空模様がまだまだ怪しく、突然小雨が降り出してきて、茶店に避難。

2016-07-17 14.08.14.jpg

きびだんごと抹茶のセットを頂きました(奥さんがあせあせ(飛び散る汗))。

雨はすぐに止んだので、そのまま一度後楽園を出て、岡山城に向かいます。

2016-07-17 14.29.12.jpg

ですが、お昼も大きく過ぎているので、先に軽く食事をすることにしました。

2016-07-17 14.31.50.jpg

後楽園を出てすぐのところにある、川の向こうに岡山城が見えるお店で、手延うどんを頂きました。

DSCF4082.jpg

川を渡っていよいよ岡山城ですが、今朝の肉離れ?のせいで、まともに歩けず、松葉杖が欲しいくらいで、おまけに暑くて汗が吹き出します。

DSCF4084.jpg

現岡山城は、近代的に建て替えされているのですが、それでも私と同い年でした。

2016-07-17 14.57.38.jpg

黒いお城で烏城とも言われたそうです。

姫路城と対照的ですね。

DSCF4092.jpg

近代建築らしく、内部には4階までエレベーターで行けるので、この日の私には助かりました。

DSCF4098.jpg

お城を後にしようと、下まで降りてくると、お店にこんなの発見。

DSCF4099.jpg

コナン君、来てたんだ…。

そう言えば、奥さんが「パフェパフェ」言ってたのもあって、話のネタに入ることにしました。

DSCF4100.jpg

話のネタなので、3人でひとつと思ったのですが、お店のおばさんに3人でひとつは少ないから1.5倍のものにしろと言われて、申し訳ないのもあって、1.5倍の巨大パフェとなりました。

DSCF4097.jpg

でも、おしぼりは2つしかくれず、もう一つもらおうとお願いすると、ちょっと嫌な顔をされました。

コナン君、ちょっと残念だったよ…。

岡山城を出て、再び後楽園を抜けて、駐車場のオルビスまで戻り、ちょっと早いですが、夕食へ向けて、岡山駅前のイオンモールへ向かいます。

イオンモールは立体駐車場でオルビスが駐められないので、近くのコインパーキングに駐めて、超巨大な岡山イオンへ。

6階のレストラン街ヘ行く前に、右足ふくらはぎの為に、薬局でフェルビナク5%配合の湿布を購入しました。

2016-07-17 18.47.50.jpg

そして、やって来たお店は、あこがれの「明神丸」です。

DSCF1219.jpg

高知のひろめ市場で食べて以来、高知へ行くなら外せなくなった明神丸の鰹のタタキが、RVパークふぇありの岡山移転に合わせたように、岡山にオープンしたのです。

おまけに、イオン以外にも近くにお店があるようですが、先ずは今回は珍しいイオンの「明神丸」です。

DSCF1220.jpg

すでに沢山の客待ちがあり、我が家は10番目くらいでしょうか?

DSCF1222.jpg

藁焼きですよ!

実は、三男坊の場合、この「明神丸」の鰹のタタキだけで、付いてくる理由となっていたようです。

加えて、高知で見なかった定食メニューが有ったのですが、新しく始められたようです。

DSCF4108.jpg

それならと、私はその新しい定食メニューである釜飯定食です。

DSCF4111.jpg

奥さんと三男坊は、藻塩で食べる土佐次郎の卵かけごはんの定食で、どちらの定食も塩とタレの鰹のタタキが付きます。

DSCF4114.jpg

但し、定食メニューはご飯を御釜で炊くので、30分以上掛かりますので、元の待ち時間と合わせて、かなりの時間が必要ですから、時間がない人は無理ですね。

DSCF4115.jpg

三男坊の喜びは半端無く、「こんなうまいタタキは明神丸しかない」と他のタタキとの違いをしみじみ言ってましたが、それは、本当にそのとおりだと思います。

DSCF1223.jpg

3切れずつの鰹のタタキは、ちょっと物足りない気もしますが、一番美味しく満足できる量かもしれません。

DSCF1226.jpg

お味噌汁は、100円追加で私と奥さんはあおさのり入、三男坊はあら入りにしました。

DSCF1224.jpg

釜飯の鰹は甘めに味付けされていて、おこげが美味しい。

DSCF1227.jpg

最後に出汁でお茶漬けにするのですが、これがまた最高です。

三人ともの期待を裏切らない、満足な夕食となりました。

食後は、イオンで翌朝のパンを買って、コインパーキングに戻って、オルビスでお風呂へ向かいます。

honokanoyu.jpg

写真を撮りそこねましたが、天然温泉ではなく、人工温泉ですが、すごい人の「後楽温泉 ほのかの湯」でした。

入浴後は寝る場所となりますが、当初、翌日に高梁の吹屋ふるさと村とか勝山のような町並みのきれいなところを廻って帰ろうと思っていたので、北上した道の駅を想定していたのですが、三男坊にどこか行きたいところがあるかを聞くと、動物好きらしく「動物園系」という返事。

なので、予定していなかった「池田動物園」に行くこととなり、途端に車泊場所に困ることになりました。

岡山市内に道の駅はなく、2号線にあった平田食事センターも閉店してしまっていることから、トラック絡みの施設で使えるところはないかと、2号線を東へ向かいますが、適当なところがありません。

こんなことなら、RVパークふぇあり(※実在しません)さんに連絡するんだったと思いながらも時間は既に日が変わりつつあります。

と、突然不気味な時計が出現。

DSCF1228.jpg

トラックターミナル?と思いますが、壁に時計が映し出されていてびっくりしました。

2016-07-17 23.52.23.jpg

結局、そこから10分ほどの新岡山港にある公園に無料駐車場があるということで行ってみました。

DSCF1230.jpg

並んで車が駐車されていますが、ほとんどの車が無人です。

その向こうが、小豆島行きのフェリー乗り場になっているので、どうやら、車をここに置いて小豆島に行く人があるのでしょう。

フェリー乗り場の駐車場は1泊500円で有料だからかな?

フェリー乗り場が近いので、治安も大丈夫そうなので、今晩はここで寝ることにしました。

DSCF1231.jpg

寝苦しさに備えて、サブバッテリーでエアコン稼働しようと思っていましたが、網戸にしたらマックスファンだけで良い感じに涼しかったので、静かでそのままで快適に寝ることができました。

湿布のフェルビナクにふくらはぎを良い感じにしてもらいながら、岡山での1日目が終了しました。(2日目に続く)
posted by かわいいHERO at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年05月05日

2016GWせめてもの抵抗(2日目)

嵐の到来に予定外の道の駅あおがきにて寝ることになりましたが、翌日は予定通りのいい天気で、予定よりも早く起きだして、先を急ぎます。

image.jpeg
 
結局、無料ということもあって、春日まで戻って、改めて舞鶴道で北上し、京都縦貫自動車道から綾部宮津道路を通って、天橋立までやって来ました。

すると、視界の中になにやら見慣れた姿が通り過ぎました。

んんっマツコ???

image.jpeg

戻ってみると、手作りらしいマツコ人形が2体並んでいました。

image.jpeg

その隣には、ご自由にお使い下さいと記念撮影用のダースベーダーらしき甲冑がありました。

そのお店が観光客を楽しませようと作られたのでしょうね、ライトセーバーまで置いてありました。

image.jpeg

その天橋立はスルーして、やって来たのは伊根湾観光船の乗り場です。

でも、今日は観光船には乗りません。

珈琲を淹れて、軽く朝食を済ませて、テレビを見ながら8時が来るのを待ちます。

image.jpeg

観光船は9時が始発なので、8時を過ぎると1時間早く営業しているらしい海上タクシーへと電話してみます。

すると、少し先まで来てくれれば、すぐに乗れるとのこと。

image.jpeg

お世話になるのはこちら「亀島丸」さんです。

image.jpeg

海上タクシーの待つ桟橋手前のベンチの形が舟屋になってます。

image.jpeg

貴重な機会なので、奥さんにもRX100M3を手渡しました。(買ってあげたX-A1持って来いよって話ですが…)

image.jpeg

さぁ、出発です。

image.jpeg

船には、船長さんと有名人の写真が沢山。

image.jpeg

ミーハーなうちの奥さんは、その中の玉木宏君の写真を見て、興奮してました。

image.jpeg

友達が好きだからと言いつつ…。

写真は昨年の訪問時のものでしたが、その後、あさが来たでは一番人気でブレークしてましたから、まぁある意味、時の人ですからね。

image.jpeg

他には松崎しげるさんや、フィギュアスケートの高橋大輔君やチュートリアルなんかの写真もありました。

image.jpeg

船長さん、日に何度もガイドされているだけあって、ガイドが非常にお上手です。

夫婦だけで貸し切り申し訳ない感じです。

image.jpeg

こちらの舟屋群へと向かいます。

image.jpeg

至近距離までやって来ましたが、こちらは船長さんの舟屋、つまり「亀島丸」さんの舟屋だそうです。

image.jpeg

だからここまで近づけるんでしょうね。

image.jpeg

で、この後船長さんから、「少し遊びましょう」とのことで、かもめの餌をいただきました。

まぁ、かっぱえびせんなのですが、放り投げることでかもめが集まってきます。

image.jpeg

手に持っていると、かもめが手からかっぱえびせんをくわえていきます。

image.jpeg

でも、調子に乗っていると、2回ほど鳶に持って行かれ、船長さんに危ないと注意されてしまいました。

かもめに混じってやってくる鳶には気をつけましょう。

image.jpeg

で、この辺りの舟屋群が、中心となるエリアのようです。

でも、生憎の朝の時間は逆光になるんです。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、前日は船が出なかったようですし、この日も風があって午後からは船を見かけなくなっていたので、見れるだけマシです。

image.jpeg

NHKの朝ドラ「ええにょぼ」や釣りバカ日誌等、テレビや映画に登場した舟屋がたくさんあるそうです。

image.jpeg

また、昔は舟屋も茅葺屋根だったそうで、写真を見せていただきましたが、これもいいですね。

image.jpeg

この島は青島という無人島です。

この辺りの写真は広角ズーム使用です。

image.jpeg

こちらは3時代の舟屋が並んでいるそうで、左の舟屋はなんと江戸時代のものだそうです。

image.jpeg

所要時間30分ということもあって、あっという間にクルージングは終了。

船長さんは次のお客さんを乗せて行ってしまいましたが、今回はお客さんも増えて効率も上がりましたね。

貸切状態の楽しい時間を感謝です。

続いては、オルビスを公園の無料駐車場に駐めたまま、徒歩で150mほど歩きます。

image.jpeg

やって来たのは、向井酒造さんです。

image.jpeg

「京の春」という地酒を創る蔵元さんです。

image.jpeg

実は、うちの奥さんが伊根町に行ってみたいと思ったきっかけは、こちらの女性杜氏さんらしいのです。

image.jpeg

何かで、この皇太子への献上のことを見て、舟屋を合わせて観たいと思ったらしいのです。

遊覧船ではなく、海上タクシーをチョイスしたのも、私がこちらの向井久仁子(長慶寺久仁子)さんのネットの情報からです。

おまけに、そのご主人である長慶寺健太郎さんは、能勢の秋鹿酒造で長年修行されていたそうなので、私も更に興味がわきました。

image.jpeg

ご近所さんへのお土産等もここで購入することにして、珍しく、奥さんが飲みやすいと言うお酒もあって、たくさん買ってしまいました。

そして、オルビスに戻ろうとしていると、そのお隣のお店に奥さんが反応しました。

台湾茶のお店でカフェスペースもあるようです。

聞くと、既にお客さんがおられるようですが、ワンちゃんがいるので、それで良ければとのことでしたが、うちは全然問題無しということで、私はオルビスに買ったお酒なんかを置きに行って戻りました。

image.jpeg

カフェスペースは、舟屋を利用した素晴らしい空間でした。

image.jpeg

先に入っていた奥さんは、先客の方とワンちゃん話で盛り上がっていました。

image.jpeg

この子、12歳でうちのゴンタと一つしか違いませんが、病気知らずらしく、すごく元気だそうです。

image.jpeg

海の向こうには、対岸の舟屋が見えます。

image.jpeg

まさか、舟屋でお茶できると思わなかったので、感激です。

image.jpeg

本当、晴れて良かった。

image.jpeg

お茶器が来ました。

image.jpeg

お茶はよくわからないので、烏龍茶ですが、頭がスッキリするものらしいです。

でも、この烏龍茶は二度と飲めないらしい。

と言うのも、この烏龍茶の産地が、台湾政府の開発事業により、全てのお茶の木が伐採されたのだそう。

image.jpeg

手順が複雑なので、先ずはお店の方に淹れ方を教えていただきます。

image.jpeg

始めに右の筒状の器にお茶を注ぎます。

image.jpeg

次に、お茶を左の移し替え、筒状の器の香りを楽しみます。

どうも、これが台湾茶の真髄のようです。

image.jpeg

そして、抽出時間が肝のようで、1回目13数え、2回目10、3回目8、4回目10、5回目15、6回目20、7回目30と徐々に増えて行き、最終、半日とか1日と続くそうです。

香りは1分ほどで消えますが、再度淹れるとまた香るのが不思議です。

image.jpeg

波の音を聴きながら、嗅ぐ烏龍茶の香りは、ゆったりと流れる時間と共に、最高の贅沢でした。

image.jpeg

お茶請けの、金柑とトマトも美味しかったです。

image.jpeg

ゆっくりと過ごす中では、自由にレンズを取り替えてシャッターを押してました。

image.jpeg

望遠ズームでカモメを。

image.jpeg

公園のオルビスも見えました。

image.jpeg

海水が満ちてか、攻めてきます。

image.jpeg

時間が止まったようですが、ここにばかりいるわけにもいかず、お店を出ました。

image.jpeg

面白い個性的な店主さんでしたが、このオブジェと化したモペットも趣味なんでしょう。

image.jpeg

オルビスへ戻って、道の駅舟屋の里伊根へ移動しましたが、上の駐車場が満車ということで、下の第2駐車場へオルビスを停めて、道の駅へ向かいます。

image.jpeg

道の駅舟屋の里伊根では、既に長い列が出来ています。

これは、未だ開店前のお食事処油屋さんのお客の行列です。

image.jpeg

11時半開店の15分ほど前に並んで、結局1時間半近く並んだでしょうか。

image.jpeg

でも、お陰で美味しい海鮮丼がいただけました。

image.jpeg

この海鮮丼で、取り敢えずの今回のキャラバンのミッションはクリアです。

image.jpeg

展望台へ出ると、ええにょぼのガラスの記念碑があり、ガラス越しに舞台となった舟屋群が見られるようになっていました。

image.jpeg

天気が良いので、伊根湾も空とのコントラストが美しい。

image.jpeg

この美しい伊根の舟屋に別れを告げて、ちょっとだけ寄り道します。

image.jpeg

道の駅から15分ほど走ってきたのは、浦嶋神社です。

image.jpeg

浦島伝説が伝わるというこの地に来たのは、もちろん、奥さんの御朱印集めの為です。

image.jpeg

でも、バブル期に建てられたのであろう、奇抜なデザインの箱物は、今では浦島伝説に関係無い形で、細々と利用されているようです。

image.jpeg

おまけに、何かのイベントの後片付け中た思われる、その地のおば様達から、余り物らしき、焼き鳥やお菓子をセールスされ、うちの奥様は断りきれずに、米粉と焼鳥を買ってました。

焼鳥は百円と安いのですが、紙コップに小さな鶏焼肉が4切れほど入っているだけなので、割安感はありません。

米粉も少量で500円もしますが、地方の為…なんちゃって。

image.jpeg

神社もかつては賑わったのでしょうが、今では老朽化がハンパ無いです。

image.jpeg

修繕費も出ない状態なのでしょう。

公園内の太鼓橋も通行止になっていましたから。

image.jpeg

でも、御朱印はいただけたので、目的は達成です。

image.jpeg

狛犬も歴史を感じさせます。

image.jpeg

浦嶋神社は、うら神社とも言われているようです。

これで、本当にミッション完了で帰路に就きます。

舞鶴道から中国道へのルートが渋滞必至なので、帰りは初めて京都縦貫道から能勢経由で帰りました。

image.jpeg

インターを降りた所に、新鮮卵と野菜の看板を見つけて寄ってみましたが、全体的に高いので、珍しい初ものの卵だけ買って帰りました。

私達が居ないことで、子供達は羽を伸ばせたことでしょうが、自分達だけというのも可哀想な気がして、夜は外食にしました。

はじめはガストに行くと言っていたのですが、近くのステーキのどんので良いじゃないという事で、歩いてステーキのどん空港店へ。

image.jpeg

味はともかく、そんなに混んでもなくて良かったです。

image.jpeg

しかし、長男と次男坊が頼んでいた巨大なハンバーグはデカかった。

image.jpeg

600グラムらしい。

まぁ何はともあれ、出掛けられたので満足です。

短時間ながら、結構、中身の濃いキャラバンとなりましたから。
posted by かわいいHERO at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年05月04日

2016GWせめてもの抵抗(1日目)

例年よりも少ない連休3日という状況に加え、前2日が雨の予報ということで、全くプランが浮かばなかった今年のゴールデンウィークですが、子供達の予定で却下と言っていた奥さんに、子供達抜きでと打診したところ、「私はOK」との返事です。

晴れなら、今年も一人しまなみも候補でしたが、雨のプランは無しだったので、奥さんが行きたいという丹後へ行くことに…。

予定よりも雨雲の移動が早まったようで、翌日は晴れそうとわかりましたが、やはりこれから雨が降るという中へ向かうのは名案が無く、苦肉の策に、一度も行ったことが無かった、三田めんたいパークへやって来ました。

2016-05-04 11.40.56.png

途中、間違って西宮で降りちゃって、改めて乗り直したのですが、例の新名神の橋桁事故の影響で、西宮から三田までは料金無料でした。

image.jpeg

エントランスを入ると、スタッフさんが、記念撮影なシャッターを押してくれるみたいだったので、お願いしました。

image.jpeg

めんたいパークの建物には、たくさんサイン色紙が飾ってありましたが、はっきり言って、これっていう人のサインは見当たりませんでした。

image.jpeg

お決まり?の、スケトウダラのことからお勉強です。

image.jpeg

それを過ぎると奥にも何かあります。

image.jpeg

めんたいランドは、子供向けの有料アミューズメントみたいなのでパス。

image.jpeg

工場見学の方へ進みます。

image.jpeg

明太子って、基本的にはタラコに味付けするだけの商品なので、製造過程を説明するほどのものでも無いように思います。

image.jpeg

次は、隣のホールへ移ると、試食コーナーがあったので、並びました。

image.jpeg

試食は、ブツ切りに切った明太子ひと切れです。

image.jpeg

その隣にも列がありましたが、こちらはフードの販売の列でしたが、おにぎり完売、めんたい豚まんは蒸し上がるのに15分待ちと、買うものが無く…

image.jpeg

めんたいソフトクリームを注文してみました。

image.jpeg

めんたいの赤い粒が見えますが、思いの外、いけました。

塩ソフトっぽいかな?

image.jpeg

長時間滞在できる施設では無いなと感じましたが、この日のスケジュールにはちょうど良いボリュームでした。

めんたいパークを出るともういい時間だったので、これまた、比較的新しい行ったことの無い日帰り温泉へ。

image.jpeg

「吟湯湯治聚落」という施設です。

少し料金が高めですが、とにかく広くて混雑をあまり感じずに済みます。

お風呂も悪く無いです。

image.jpeg

湯上りの休憩所も落ち着いたお洒落な感じです。

image.jpeg

この仮眠所?はイイ!

image.jpeg

日が暮れるとまた良い感じです。

image.jpeg

音楽、ムード、デザインとアダルティな日帰り温泉です。

image.jpeg

のんびりお風呂を楽しんだので、食事もここで済ませることにしました。

image.jpeg

順番待ちしている間に、少し館内を撮影してみました。

image.jpeg

絵になる館内です。

image.jpeg

頭上の骨組みもイイ!

image.jpeg

そうこうしている間に、順番が来て、夕食を済ませました。

image.jpeg

施設を出るときの夜のアプローチも素敵です。

さて、ここからは翌日に備えて、できるだけ丹後に近い場所へと進みたいところです。

image.jpeg

途中のローソンで、まちカフェ購入ついでに、ちょっとだけアルコールとあてを買いました。

image.jpeg

さぁ、出発をと思ったら、発電機室の扉が開いていることに気がつきました。

危ない、危ない。

そして、春日インターチェンジから、無料の豊岡自動車道へ入って気がつきました。

道を間違ってるぞ〜と。

本来、そのまま舞鶴道で北上すべきところを、無駄に西へ移動しています。

青垣で降りて、下道で行こうと思いましたが、風雨がひどくなってきて断念。

道の駅青垣で寝て、朝早めに出ることにしました。

image.jpeg

嵐の中、道の駅青垣にて、ちょっとだけ晩酌です。

お酒とあてのチョイスは奥さんです。

image.jpeg

まぁ、ジュースみたいなものですが、二人ともお酒は弱いので、充分酔えました。

では、おやすみなさい…。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年03月23日

第3回「CWコミュニティ」オーナーズミーティング(3日目&帰宅)

賑やかな2日目の宴会が終わり、最後の朝がやって来ました。

DSCF1669.jpg

朝一番、公園のトイレへ行くついでに会場の全景を収めます。

たいへんお世話になったオルビスト「ハラさんご夫婦」は、既に会場を後にされていました。

DSCF1673.jpg

この朝も、明け方雨が降るという天気予報を無視したような空模様に面喰いますが、その後は気持ちの良い朝となり、私がオルビスに戻っている間に、周りが騒がしくなってきました。

どうやら、整列しての記念撮影を行うという指示が出ているようです。

既に帰られた方には申し訳ないものの、最終日の天候や環境,そして移動のしやすさから、記念撮影に障害がなく、程なく整列が完了しました。

DSCF1711.jpg

初めてスマホのリモートアプリから、フジX-T10のリモートシャッタ-を利用しましたが、距離はあったものの無事にシャッターも切れ、セルフタイマーの出番はありませんでした。

撮影完了後は、皆さんが続々と会場を後にする中、我が家も幹事では有りますが、会場を去ります。

本来、巨大なタープやテントの撤収作業を手伝わなくてはならないのですが、遠方ということもあってお許し願っていました。

また、神奈川まで来たということで、家族サービスで多少の旅行気分を味あわせるために、川崎方面へ。

DSCF1754.jpg

コインパーキングに駐車して、ここへ来ました。

DSCF1752.jpg

この建物は・・・

DSCF1745.jpg

藤子不二雄ミュージアムです。

DSCF1746.jpg

停まっている市バスには、ドラえもんや、

DSCF1722.jpg

オバQのO次郎や

DSCF1747.jpg

パーマンや

DSCF1721.jpg

これは、21エモンかな?

DSCF1750.jpg

コロスケも。

DSCF1723.jpg

12時入場のチケットでしたが、15分前ですでにこの列です。

内部の資料展示は撮影禁止なので、外部へ出てから撮影開始。

DSCF1725.jpg

おっ!ジャングル黒べぇだ!

DSCF1727.jpg

定番、どこでもドア〜

DSCF1729.jpg

のび太とドラえもんに

DSCF1730.jpg

キー坊なんかも

DSCF1731.jpg

安定のパーマンに

DSCF1732.jpg

ス・テ・キ、オバQ

ミュージアム限定ガチャに弱くてスルーできず

DSCF1738.jpg

娘はドラミちゃん、奥さんはジャングル黒べぇと意中のキャラクタ-をゲット。

私は、眼中にないドラえもんを次男坊にあげました。

最後にきれいなジャイアンを経て

DSC02696.JPGDSC02697.JPGDSC02698.JPG

ショップで次男坊はジャイアンのフィギュア買ってました。

公開中のドラえもんの映画見に行って、感動したらしい・・・

DSCF1749.jpg

よく見るとミュージアムの壁にドラえもんの目があったり、橋の欄干にもドラえもんが居ました。

DSCF1753.jpg

ミュージアムを出て、大阪の自宅を目指しますが、お昼を食べ損なったので、海老名SAで和牛バーガーやメロンパン、豚まん等を購入。

敢えて軽食で済ませました。

東名から新東名へ抜け、日が暮れます。

DSCF1756.jpg

ライトONで、ぴー太さんに交換してもらったグリーンのLEDが輝きます。

20時半を過ぎて、満車表示だった岡崎SAも空車表示に変わって、難なく駐めることができました。

DSCF1763.jpg

ここのサービスエリアも、上り下り共通なのですね。

DSCF1757.jpg

わざわざ、岡崎SAに寄ったのは、夕食にここをチョイスするためです。

DSCF1758.jpg

味噌カツの矢場とんです。

DSCF1759.jpg

私は話の種に、わらじカツ定食1,700円です。

DSCF1760.jpg

子供たちは味噌カツ丼で、奥さんはロースカツ定食でした。

DSCF1761.jpg

実際、わらじかつは大きすぎるので、次男坊に手伝わせました。

DSCF1765.jpg

その後、お風呂に入って帰ろうと、刈谷のハイウェイオアシスに寄ったものの、ちょっとの差で間に合わず、入浴できずに刈谷を出ようとしたところで、娘が叫びます。

気分が悪くなった次男坊がシンクで戻したようです。

調子が良くなかったのか、そこへ私が無理やり食べさせたので、シンクがまさかの“ヤバとん”となりました。

最後にちょっとトラブりましたが、日が変わって無事に帰宅することができました。

ミーティングでお世話になった皆様、ありがとうございました。
posted by かわいいHERO at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

第3回「CWコミュニティ」オーナーズミーティング(2日目)

朝、起きたら晴れ間が広がっていると思っていたにも関わらず、外はまさかの雨模様のオーナーズミーティング2日目です。

予想外の雨に、起きだす時間も遅れ気味でしたが、予定通りに朝は讃岐うどんを食べます。

DSCF1564.jpg

広場で流しはないので、水汲みが大仕事となりますが、そこは人数でカバーです。

DSCF1562.jpg

第2回の伊良湖のミーティングで天ぷらを揚げてくれたタンタンママさんが居ないものの、この朝やって来て下さった、東京都内のオルビスト「空軍さん」が得意の天ぷらを揚げてくれました。

ビールで粉を溶いた天ぷらは、サクッサクで最高です。

DSCF1568.jpg

皆さん美味しそうに食べていました。

DSCF1570.jpg

そんな美味しさとは裏腹に、空模様はグズグズします。

DSCF1573.jpg

水たまりが無数に広がります。

DSCF1579.jpg

全景ではこんな感じでした。

DSCF1581.jpg

春らしく、菜の花と共に・・・。

DSCF1603.jpg

生憎の空模様に加え、この日は朝からお帰り組が多く、手間の掛かる讃岐うどんをやったこともあって、整列しての写真撮影はできませんでした。

申し訳ないと感じながら見送りました。

DSCF1606.jpg

お昼の御飯時には、「ゴッチさんご夫婦」にたこ焼きをご馳走になりました。

その「ゴッチさんご夫婦」も、昼間の内にお帰りになるということで、お別れの挨拶を済ませて、我が家はお風呂へ向かいました。

DSCF1609.jpg

やって来たのは、オルビスト「COMTECHさん」おすすめの温泉宿「ふるさとの宿」の日帰り湯です。

先に岩手のオルビスト「ぴ−太さん」のオルビスも停まっています。

DSC02682.JPG

赤い橋に水車と雰囲気作りを努力されている温泉宿のようですが、うちの奥さんはその柔らかい泉質にご満悦でした。
DSCF1612.jpg

温泉から戻ると、オルビスト「かね丸一さん」のオルビスでメータ−球の美白化(LED化)をやっていたのですが、ついでに私のオルビスもやっていただけることに…。

DSCF1615.jpg

ハンダ付け中の「かね丸一さん」のオルビス内は、まるで工作室でした。

DSCF1617.jpg

これまでに手掛けた台数は数知れず・・・というぴー太さん、ありがとうございます。

DSCF1618.jpg

ノーマルっぽいグリーンのランプは、今時の車のように、ハッキリクッキリメーターになりました。

DSCF1619.jpg

昨晩に引き続き、炭起こしに頑張る子供たち

DSCF1622.jpg

一方、大人たちが集まるこちらのオルビスは、突然のご来訪を果たされたオルビスイオスマートのユーザ−さんです。

DSCF1632.jpg

ちょっとトラブルがあってスタートが遅れたものの、焚き火の映える暗闇の中、2日目の宴会スタートです。

DSCF1634.jpg

未だ雲は残るものの、月明かりも照らします。

DSCF1638.jpg

この日のスタートはスペアリブです。

コストコ食材は豪快でピッタリです。

DSCF1645.jpg

オルビスト「カトパパ」にお持ちいただいたハイボールサーバ−は、係の息子さん共々大活躍でした。

DSCF1653.jpg

再びコストコ食材の巨大マシュマロによる焼きマシュマロは、大盛況でした。

DSCF1661.jpg

子供たちの為に用意していただいた大きなテントには、なんとこたつ完備です。

オルビスオフ会の成せる技です。

DSCF1667.jpg

初日以上に盛り上がり、最後の宴会は幕を閉じました。

(第3回「CWコミュニティ」オーナーズミーティング(3日目&帰宅)へ続く)
posted by かわいいHERO at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年03月22日

第3回「CWコミュニティ」オーナーズミーティング(出発&1日目)

数日ブログの更新が滞っておりましたが、その理由はタイトルのオフミへの参加が原因です。

DSCF1512.jpg

姫路のオルビスト「eppelさん」より託された、恒例の差し入れ品を積み込んで出発したのは、既に当日、19日(土)の午前2時を回ってたような…。

おまけに途中まで行って、忘れものに気付いて取りに帰ったので、更に遅くなってしまいました。

毎度毎度の準備不足から来る出発の遅れに、奥さんへの不満が爆発しそうでしたが、今回は、数時間前まで、三男坊の合格発表後の説明会に行ってバタバタしていたことを思うと、何も言えません。

そんな中でも一緒に行ってくれることに感謝して、あとは、自分が眠気と闘うよりありません。

幸いコンディションもよく、睡魔に襲われる事無く、ロンリータイムを無難に夜明けを迎えるも、仮眠なしはまずいと思い、新東名の清水PAで横になりました。

DSC02674.JPG

既に起きていた次男坊に、小一時間で起こすよう頼んでいたので、奥さんに起こされ目が覚めました。

出発時にコンビニで買ったパンで朝食を済ませ、せっかく清水PAに停まったので、NEOPASA清水と言えばモータースポーツということで、建物内へ。

DSC02675.JPG

現在は光岡自動車の「ヒミコ」が展示されていました。

次は、その奥にあるモトGPマシンを・・・と思っていたら、違った。

DSC02676.JPG

残念。

DSC02678.JPG

ちょっと歩くだけで、靴がびしょびしょになる中、オルビスに戻ってスマホでミクシィを見てみると、マイミクさんが、清水PAに居るという30分ほど前のつぶやきを発見しました。

でも、周りを見てもオルビスは居ないし、我が家のイオに気がついても良いはずなのにと思ったものの、良く考えたら、我が家は上りで先方は下りということに気付いて、下り側の駐車場へ行ってみました。

DSC02680.JPG

お〜、オルビス見っけ!

車内におられた「HangOnNowさん」と、初めてお会い出来ました。

ミーティング前にミーティング不参加の方とお会いできるなんて、幸先の良い話です。

その幸運を手に、いざミーティング会場に爆走し、お昼すぎに到着しました。

DSCF1515.jpg

会場の田代運動公園の河川敷では、既に巨大なタープが張られ、そこからほろ酔い気分のオルビストさん達が出てきました。

DSCF1514.jpg

並んだオルビスの横に、我が家のイオを駐めて、我が家もタープ内に合流しました。

DSCF1516.jpg

楽しい歓談タイムを過ごしていると、オルビスのビルダ−「キャンピングワークス社」から、女性社員さんが到着。

たくさんの差し入れをいただきました。

キャンピングワークス小西社長、植田さん、ありがとうございます。

DSCF1519.jpg

その女性社員さんを囲んで、楽しい時間の続きを過ごしている内に、青空が出てきました。

DSCF1523.jpg

そして、日が暮れる前に夜の宴会の準備に入ります。

今回は、我が家は岡山名物ホルモンうどんを提供しました。

メインは長老会メンバ−さんからの香川名物「骨付鳥」は、鶏油で美味しく焼けました。

DSCF1529.jpg

豊富な美味しいお酒に、話も弾んで夜は更けていきました。

DSCF1547.jpg

今回はじめての夜会参加の方も複数おられ、

DSCF1548.jpg

大いに盛り上がります。

DSCF1552.jpg

翌日の用事で帰られた「タンタンさんご夫妻」の分まで楽しみ、元々日帰りの「takekidさん」を送り出し、

DSCF1557.jpg

なおも楽しい時間を過ごした後、この日の宴会は終了。

無事に、ミーティングの初日が終了しました。

(第3回「CWコミュニティ」オーナーズミーティング(2日目)に続く)
posted by かわいいHERO at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年01月06日

三度目の日帰りオルビス出動

寝正月の今年は、冬休みの終わりに一人旅でも…と目論んでいたものの、正月2日に叔母が亡くなるという事態となり、冬休み最終日の本日がお葬式でした。

仕方がないので、前日に出て、オルビスでダム巡りでもしながら行こうと思っていたのですが、不謹慎に思われたのか、おばあちゃんに、急遽行くと言い出した実姉を乗せて来るよう言われ、またもや日帰りオルビスに甘んじることとなりました。

そして、決して朝が得意ではない私が、「朝なら任せて」と言う実姉を迎えに、約束の6時半に、姉宅傍からLINEメッセージを送るも反応なし。

そこで、電話してみると寝ぼけた声でまさかの「今起きた」という言葉が。

結局、未だ薄暗い中30分待たされることとなりました。

t2pix_20160106-210929.png

万が一の為にと、当初より約束の時刻を30分早めていたので、すっかりマージンが無くなってしまいました。

お葬式の会場は、岡山県の津山市なので、中国道を西へと向かいます。

初オルビスの実姉は、前日に出て泊まってみたいと、キャンピングカーを楽しみにしていたようですが、目的がお葬式への参列ですから、自粛を促しました。

毎度の加西のサービスエリアで今回もパンと珈琲を姉におごってもらい、カールドライヤーを使いたいという姉のために、津山インターも近くなってきた勝央サービスエリアで、発電機を稼働開始。

メモリアルホールに到着した時には、準備万端、なんとか間に合いました。

今回は、おばあちゃんから一緒に連れて帰れと言われていることで、火葬場にも同行し、ついでに済ませるという初七日のために、お寺にも寄りました。

DSC02499.JPG

そのお寺は、聖徳寺というお寺で、ご本尊はなんとあの聖徳太子だそうです。

DSC02500.JPG

天井絵の素晴らしい、立派な本堂で、無事に最後の行事が終了しました。

rps20160106_211645.jpg

帰宅前、中国道に乗る前に、実姉が従兄弟を誘っての、イオン内のサンマルクカフェでお茶。

DSC02502.JPG

何十年振りかに、パフェなんて食べました。

従兄弟と別れて中国道に乗ると、途中の安富パーキングで休憩です。

DSC02504.JPG

マイミクオルビストのeppelさん宅へ寄るのが、オルビストの中では、決まりごとになっていますが、既に2回お邪魔したことがあり、今回は実姉とおばあちゃん同行ということでパスしました。

代わりと言ってはなんですが、昨晩焙煎した珈琲豆を初使用のミニミルで挽いて、これまた初使用のドリップポット型電気ケトルで、オルビス内で初めて美味しい珈琲を淹れることができました。

DSC02503.JPG

冬休み最終日が、見事に潰れてしまいましたが、キャラバン気分ということで、明日から仕事頑張りましょう。
posted by かわいいHERO at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2016年01月03日

新年早々日帰りオルビス

自宅に篭りがちなこの年末年始ですが、2日は恒例のうちの奥さんのお姉さん宅での新年会です。

ご両親が既に亡くなった奥さんの実家の恒例行事だったのですが、実家の亡くなった後も、仲の良い姉妹の恒例行事として継続しています。

昨年は、義姉宅の都合で3日でしたが、今年は例年通りの2日です。

おばあちゃんは留守番ですが、実妹が帰って来ているので、問題ありません。

朝は、お雑煮とおせちで自宅でのお正月を過ごした後、オルビスで出発です。

義姉宅に行くのに、いつもケーキを持っていくのですが、今年は尼崎のショウタニさんのケーキにしてみました。

単純に、神戸方面に向かうので、寄るのに都合が良かっただけなんですけど…。

義姉宅に向かう前に、先ずは奥さんのご両親のお墓に参ります。

t2pix_20160102-173917.png

これも、毎年の決まりごとですが、最近、駐車場にあった簡易トイレが撤去されて、トイレが無くなってしまったので、オルビスのトイレが活躍しました。

お墓からオルビスに戻ると、今回もゴンタは爆睡です。

DSC02468.JPG

大声で読んでも起きる気配もなし。

DSC02469.JPG

でも、突然起き上がりました。

DSC02471.JPG

ふと見ると、FFヒーターが消えてる…。

子供に聞くと、変な臭いがしたからって、良く見ると、この位置にクッション置いて吹き出し口塞いだら、火事になっちゃいます。

危ない、危ない。

その後、コンビニで私用のノンアルコールビールや奥さんのサングリアに長男のお酒、アイスクリームなんかを買って、義姉宅へ到着。

t2pix_20160102-173943.png

ゴンタはオルビスでお留守番なので、今のうちにお散歩済ませます。

DSC02478.JPG

ほぼ明石という立地の義姉宅の団地からは、明石海峡大橋側の海が見えました。

DSC02475.JPG

明石と言えば…四国を訪れていたマイミクでオルビストのtakekidさんが、帰りに明石辺りに寄られるとのことで、ニアミスするので、会いたかったのですが、お互い予定があって時間も読めないので諦めました。

t2pix_20160102-174013.png

気ままなゴンタのお散歩も終わり、義姉宅でご馳走になり、楽しい時間を過ごしました。

途中、次男坊にオルビスのゴンタの様子を見に行かせると、LINEでこんなメッセージが!

rps20160103_092851.jpg

オルビスのエントランスに落ちていたようです。

今更ですが、エントランス部分を塞ぐ必要があるということで、リアダイネット用のテーブルで蓋しました。

義姉宅での新年会も終わり、いつもならそのまま何処かへ遊びに行くところですが、今年は再三奥さんにアプローチしていたのですが、結局ノープランで帰宅するしかなく、せめて温泉だけでも寄って帰るのが当たり前なのですが、どういうわけか、温泉行きたがる奥さんが娘に「温泉どうする?」なんて聞くものだから、娘の「行きたくない」の一言で温泉もなくなり、そのまま帰宅となりました。

新年早々、歯車が噛み合わない感じでなんだかなぁと感じていると、ここのところ危ないと言われていたおばあちゃんのお姉さん、つまり、私の叔母さんが正月早々他界されたという情報。

これで冬休みの終盤は、お葬式でつぶれることとなりました。

波乱の1年となりそうです。
posted by かわいいHERO at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年12月31日

今年もオルビスで墓参り

昨日は、年末恒例の実父の墓参りへ行って来ました。

奥さん方のお墓参りは、例年正月なのですが、実父は年末の掃除を兼ねての墓参りとなります。

近くと言えば近くなので、オルビスを出すまでもないのですが、山道は車酔いする子がいるので、その心配のないオルビスを出します。

フルメンバーでの乗車になるので、出発前に以前から気になっていたオルビスのタイヤのエアを車載の小型コンプレッサーで時間を掛けて充填しました。

スタッドレスに履き替えるタイミングを探っていますが、現在のところは、その必要性はありません。

実父の眠る北摂霊園には、いくつかのアクセスルートが有りますが、オルビスの車高の関係で、自ずとルートは絞られますが、好天ということもあって、スムーズに到着しました。

t2pix_20151231-011859.png

過去、シエンタが雪で登らなかったなんて経験もあるところですが、今年は全くその心配はありません。

OA000024_resize_20151231_011803

見事に青空です。

t2pix_20151231-112754.png

この霊園は第三セクターによるもので、管理が徹底されており、非常に美しい状態をキープしていますが、落ち葉が舞うということで、みんなで先ずは落ち葉を完全に取り除くのが習慣となっています。

人数が居るおかげで、父の墓はいつでも綺麗です。

いつもの通り、先代社長のお墓にも参って、無事に目的達成後は、うちの奥さん毎度のよそ行き声での昼食のお願いが入り、そのまま帰路途中の「丸亀製麺」へ。

OA000027_resize_20151231_011802

四国へキャラバン中のマイミクオルビストさんに思いを馳せながら、香川県民が認めないさぬきうどんを頂きました。

OA000026_resize_20151231_011803

しかし、ここのかき揚げは凄いボリュームです。

気分が出汁を欲していたので、いつもの釜玉ではなく、かけうどんをチョイスしたのですが、正解でした。

ボリュームがある分、油もすごいので、うっとなる直前でした。

帰りには、オルビスに給油しましたが、記録を見ると、8月の高知での給油依頼だったので、約4ヶ月ぶりの給油でした。がく〜(落胆した顔)

走行距離も5000キロ行ってなかったです。もうやだ〜(悲しい顔)

来年は、オルビスの車検年度でもありますから、オルビスお出かけ強化年として、単身でももっと稼働させたいと思います。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年12月29日

オルビス久々に動く

気が付けば、夏8月の終わりの高知県行きから、何処にも出掛けていない我が家のオルビスイオです。

これだけ動かなかったこともありません。

ご近所さんには、勿体ないと思われているようですが、そんなの関係ねーるんるんです。

とは言うものの、稼働しないというのは機械には良くないことですから、少しでも動かしたい。

DSC02424.JPG

メインバッテリーのバッテリー上がりも心配ですから、バイクモードでゆっくりと充電していたのですが、それもようやく充電完了となったようです。

冬期休暇になって、土日の2日間をパジャマのまま、のんびり家の中で過ごしたので、月曜日には、買い物に出掛け、夜は友人のバイクに店の忘年会へと出掛けます。

そこで、今回は迷わずオルビスの登場です。

満タンになったメインバッテリーの充電器を片付けて、ついでに、発電機も動かしてみます。

DSC02426.JPG

が、掛かりません。

アワーメーターの数値が0のままだったので、オイル交換後に、エンジンの試運転も忘れていたようです。

それでも、粘ってなんとか始動できてエコモードをオフして、新しく載せた珈琲用電気ケトルの試運転も兼ねて、回転を上げて少しでも無駄な気化ガソリンを完全燃焼に近づけて、さぁ出発です。

DSC02427.JPG

友人のバイク店の忘年会は、いつもの「市松」さんです。

お店の隣のコインパーキングにオルビスを駐車して、宴会開始です。

DSC_0011_resize_20151229_104313

昨年は、2階の座敷でしたが、今年は人数が少なく、1階のテーブル席だったので、いまいち忘年会感がなく、いつもの飲み会のようでした。

DSC_0014_resize_20151229_104312

「市松」さんのアイドルにゃんこ「ゴマ」ちゃんも出て来てくれましたが、BMWな方に捕まってしまいました。

DSC_0017_resize_20151229_104312

酔っぱらい親父にめちゃくちゃにされて、「ゴマ」ちゃんがもう出て来てくれないんじゃないかと、ちょっと心配です。

DSC_0020_resize_20151229_104311

一次会で、ほとんどみんな帰ってしまい、二次会は4人だけと、これまた忘年会らしくありません。

DSC_0021.JPG

最後は友人と二人だけになって、とうとうお開きです。

オルビスに戻ると、予め稼働させていたFFヒーターのお陰で、オルビス内はぽかぽかです。

DSC02430.JPG

ダイネットのマルチルームとの壁に取り付けた時計の温度計では、もう2,3度高かったですが、FFヒーターの能力的には、こんなものなんでしょうかねぇ?

DSC02429.JPG

いつもの飲み会なら、20時以降入庫で翌朝8時までの300円ですが、今回は20時前の入庫だったことで、24時間以内500円の適用となります。

ということで、目が覚めると8時過ぎで、隣で朝マックとも思いましたが、夜にたらふく食べたので、そのまま1時間ほど2度寝して、帰りました。

このまま何処かへ行きたいところですが、今日は娘の誕生日なので、そうはいきません。ふらふら
posted by かわいいHERO at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年08月31日

夏の総決算!一泊二日の高知結婚式キャラバン【後半】

高知自動車道の南国サービスエリアで迎えた朝は、雨模様。

夜中に激しく降った雨も、明け方には止んで時折小雨が降る感じでした。

DSC01422.jpg

リア下段ベッドで寝ていたおばあちゃんが起きてきたので、上段の三男坊も起こして、先ずはおばあちゃんお気に入りのリアをダイネット展開しました。

DSC01426.jpg

そして、ダイネットベッドもダイネットに戻しますが、もちろん、ゴンタもお目覚めです。

DSC01427.jpg

前日に朝食のことを考えていなかったので、サービスエリアでパンを買いました。

オルビスに戻って、パンの朝食を取りますが、三男坊のリアダイネット率が高いです。

DSC01431.jpg

ゴンタは、テーブルの下から娘のパンに熱い視線を送っていました。

DSC01433.jpg

朝食を食べ終わっても、時間に余裕があるのでのんびりしていましたが、昨晩買えなかった髪留めを求めて、既に開店しているらしい、イオンのショッピングモールへ移動することにしました。

途中、道を間違えたのですが、偶然見つけたガソリンスタンドで、帰りがスムーズに行くよう、オルビスの燃料を満タンにしておきました。

そして、イオンへ到着。

DSC01435.jpg

アクセサリーのお店に来ると、おばあちゃんと奥さんに娘の女性3人が物色をし始めて、なかなか終わりません。

男組は、待ちくたびれていました。

DSC01436.jpg

その後、奥さんがユニクロに飛び込んだりで、時間が掛からないはずが、予定外の時間を使うことになって、予定していた塩タタキの美味しいひろめ市場の明神丸の開店時間である11時に間に合わなくなってしまいました。

急いで、イオンから移動して、はりまや橋の近くへ。

事前の調査で、はりまや橋近くのコインパーキングにオルビスを駐車することにしていたのです。

タイムズなんかよりも、数がありそうな、こちらを利用しました。


おクルマダイセイ〜駐車場検索〜


お陰で、良いポジションに駐車出来ました。

DSC01437.jpg

この道路を渡った商店街を歩いて行けば、ひろめ市場の前に出ます。

DSC01438.jpg

過去2回ほど、高知公園駐車場を利用したことがありますが、前回、マイクロバス料金を取られて、おまけに混雑が過ぎて、明神丸の鰹のたたきが食べられなかったので、今回は、コインパーキングにしました。

アーケードを歩いていて、もうすぐひろめ市場というところで、行列を見つけました。

DSC01440.jpg

お店を見ると「明神丸」と書いてあります。

どうやら、こちらも「明神丸」のようなので、奥さん達に列の後ろに付いてもらい、私一人でひろめ市場の明神丸に行ってみました。

すると、開店してあまり時間が経っていないことで、明神丸の列自体はそう長くはないのですが、フードコート形式なので、席を確保するのが大変そうです。

そこで、奥さんに電話を入れると、列の前の方が丁寧に教えて下さったようで、その「明神丸帯屋町店」には、定食があって、それを目当てに皆さん並んでいるとのこと。

その列の位置なら、確実に座れるだろうと言うことなので、塩タタキ目当てということもあり、ひろめ市場をやめて、私も帯屋町店の列に合流しました。

私が合流して直ぐの11時半にお店はオープンし、すんなりと席へ案内されました。

「明神丸帯屋町店」の昼定食では、塩・タレたたき定食という、塩とタレの両方が各3切ずつ楽しめる定食がありました。

DSC01442.jpg

一方、塩たたき定食と

DSC01443.jpg

タレたたき定食では、

DSC01444.jpg

たたきの数が5切、7切、10切と選択できます。

そこで、三男坊が10切食べたいけれど、塩とタレの両方食べてみたいと頭を悩ませていたので、私と三男坊で塩とタレをそれぞれ頼んで、5切ずつシェアすることにしました。

DSC01449.jpg

DSC01452.jpg

先ずは、タレたたき定食10切

DSC01450.jpg

DSC01451.jpg

そして、塩たたき定食10切

どちらも美味しかったです。

予定外の明神丸の帯屋町店でしたが、ひろめ市場と違って、落ち着いてゆったり食べられるので、たたきのみ目当てなら、お勧めですね。

さて、塩タタキのミッションもクリアして、駐車場に戻るのに少し回り道してはりまや橋へ寄っていきます。

が、その前に、高知のおみやげを買うべく、そのはりまや橋近くの「土佐せれくとしょっぷ てんこす」へ

このてんこすさんは、高知のちょっとこだわったお土産が集められているので、その辺のお土産屋さんにないような商品が買えるということで、職場関係の方へのお土産はここで買おうと決めていました。

公式ホームページがないようなので、詳しくはこちらの記事でもどうぞ。


公益社団法人高知市観光協会 − 土佐せれくとしょっぷ てんこす


お土産を買っている間に、少し雨がぱらつき出したので、急いではりまや橋で記念写真を撮って、オルビスへと戻ります。

DSC01455.jpg

あとは、車で10分ほどのところにある、2時半入りと言われている結婚式場に行くだけなので、楽勝です。

結局、1時間ほど前に結婚式場「ララシャンス 迎賓館 高知」の駐車場に到着して、オルビスのエアコンの効いた車内で着替えます。

天気も良くなってきて、ゴンタのためにエアコンを入れる必要があったので、周辺をチェックして、問題ないことを確認しました。

いよいよ、この旅の目的である、甥っ子の結婚式です。

DSC01460.jpg

受付前には、家族3人の幸せそうな写真が飾ってあり、ニュージーランドから帰国した、新郎の兄であるもう一人の甥っ子も嬉しそうです。

DSC01462.jpg

いよいよ式ということでチャペルへ移動します。

DSC01466.jpg

双方の親族紹介の後、私は2列目から式を見守ります。

DSC01467.jpg

バスケットボールをしていた甥っ子は、以前より増して格好良くなった気がしますが、なんと金髪になってました。

P1010832.jpg

美しい…。

P1010848.jpg

さすが高知で一番と言われているらしい結婚式場のチャペルです。

DSC01468.jpg

そこにお似合いの新郎新婦でした。

式の後はフラワーシャワーで新郎新婦が階段を下っていきます。

DSC01470.jpg

下方向の新郎新婦に目をやると…

DSC01474.jpg

その向こう側に、わが家のオルビス・イオの姿もあります。

DSC01478.jpg

披露宴会場へと移動すると、ウェルカムドリンクとウェルカムオードブルで、スタート前からごちそうを頂きます。

DSC01483.jpg

披露宴のスタート直前、会場後方のカーテンが開いて、そこがシェフキッチンであることが告げられました。

DSC01485.jpg

お料理はここで調理されるのだそうです。

そして、出されたお料理はこちら。

DSC01482.jpg

DSC01496.jpg

DSC01497.jpg

DSC01498.jpg

DSC01499.jpg

DSC01500.jpg

途中、新婦のお色直し後に、サプライズで、なんとテラスで新郎が鰹を藁焼きするというパフォーマンスがありました。

P1010900.jpg

そのたたきがこちらです。

DSC01501.jpg

まさか、また美味しいたたきを食べることになるとは驚きです。

DSC01503.jpg

デザートを食べている時に、今度は、新郎新婦の2歳の子供がウェディングケーキのワゴンを押すというパフォーマンスでしたが、ちょっとぐずっちゃいました。

P1010924.jpg

そのケーキも後から、美味しくいただきました。

DSC01507.jpg

クライマックスの両親への花束贈呈では、実姉も涙し、

P1010972.jpg

最後は、式場スタッフ全員が祝福してくれました。

DSC01508.jpg

1日2組午前と午後のカップルを、スタッフ全員が集中してお祝いするというのが、こちらの式場の方針らしいです。

盛況の内に披露宴は終了しました。

DSC01512.jpg

オルビスに戻って、女性陣が着替えている間に、私はオルビスの写真タイム。

DSC01521.jpg

結婚式場というロケーションなので、いい感じです。

DSC01522.jpg

着替えが終わったら、そこから僅か300mの「高知ぽかぽか温泉」へ。

DSC01524-1.jpg

ここは、以前来たことのある温泉なのですが、オルビスの後ろに、先ほどの結婚式場の明るい光が見えています。

DSC01523.jpg

お風呂も済ませば、後はひたすら帰るだけということで、頑張ってドライビングしました。

途中、眠気と闘いながら、休憩で眠気を倒してなんとか夜中の2時過ぎに帰宅できました。

ハードでしたが、ほぼ計画通りの充実した2日間を過ごすことができました。

そうだ、お土産買うときに、帽子パン買ってたんだ。

DSC01526.jpg

今日のコーヒーのお供にでもしよう。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 19:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

夏の総決算!一泊二日の高知結婚式キャラバン【前半】

一昨日、昨日の土日は、未だなんとか8月ですが、既に子供達の学校も始まっていて、夏休み気分は何処へやらの状態の中、おばあちゃんにゴンタを含めたフルメンバーでの高知行きが決まっていました。

目的は、日曜日の午後に行われた私の実姉の次男坊、つまり甥っ子の結婚式です。

既に2歳の男の子が居るので、今更感がないかと言えば嘘になりますが、我が家の子供達からすると、兄弟のように育って来た従兄弟の結婚式で、全員初の結婚式体験となるので、どの子も楽しみにしているようです。

本来、日曜日の午後なら、無理すれば日曜日の日帰りも可能ですが、スケジュールがタイトになりますし、何よりドライバーの私がしんどいです。

よって、わざわざ高知まで行くわけですから、前日に入ってゆっくりしたいと考えました。

フルメンバー7人+ワンコという中での連泊も楽ではないので、土曜日の朝に出発となりました。

今回は淡路島を抜けても、あまり時間が変わらないようなので、高速代の安い中国道から山陽道へ抜け、瀬戸大橋を渡るルートにて四国入りしたので、休憩は頑張って走った位の位置にある「吉備サービスエリア」です。

DSC01297.jpg

山陽道の場合、桃太郎の迎えてくれる、ここのサービスエリアでのワンストップ率が高いです。

おばあちゃんが、みんなにソフトクリームを買ってやると言いますが、誰も欲しいと言わないので、仕方なく私が、桃のソフトクリームを頼みました。

DSC01298.jpg

ただ、これはソフトクリームじゃなかったです。

果汁が多いからかもしれませんが、甘いシャーベットみたいで、クリームと言いながらクリーム感が無く、ちょっと残念なお味でした。

吉備サービスエリアから再出発すると、瀬戸大橋を渡って川之江から高知自動車道へとノンストップで抜け、目指すは高知の一つ手前の南国インターチェンジです。

そして、その南国インターチェンジを降りた時には、予定通りの既にお昼時ですから、先ずはランチと参りましょう。

DSC01333.jpg

やって来たのは、インターを降りて数分走ったところのこのお店です。

ゆず庵」という知る人ぞ知る、有名なお店だそうです。

DSC01307.jpg

お店に入ろうとした時、いきなり目に飛び込んで来たのは、大きなサメです。

DSC01305.jpg

それもUSJのジョーズのサメが横たわっているようにも見えますが、実は、このサメは先日の台風によって、ひっくり返ってしまったらしく、ヤフー!のトップニュースにもなっていました。

トピックス一覧   Yahoo ニュース.jpg

ニュースになる前に予定を組んでいたので、ニュースを見た時はびっくりしました。

高知・台風の影響で巨大サメが転倒「おもしろいからそのままに」高知 Yahoo ニュースs.jpg

お店へ入る前から、色んなモノが雑然と並んでいます。

もちろん、大塚家具の花輪はネタですね。

DSC01308.jpg

店内へ一歩入っても、やはり色んなモノが雑然と並んでいます。

DSC01309.jpg

これが、ゆず庵というお店なんですね。

ちなみに、この店内のディスプレイは、ほとんど全てが売り物でもあるそうです。

お店は良く繁盛していましたが、明らかに人員不足で、名物社長さん自ら、ほとんど一人でホール仕事をこなしておられました。

忙しい中、席に案内してもらうと、その社長さんが「新聞見てください」と言ってます。

DSC01312.jpg

そのフレーズは、ネットでも幾つか見たので、何か面白い記事でもあるのかと思うと、そこにあったのはメニューでした。

DSC01311.jpg

お箸入れにも、一つ一つメッセージが…?

DSC01314.jpg

面白いこと大好きな、アイデア社長さんのようです。

DSC01313.jpg

案内された席の周りを見渡しても、客席なのかディスプレーなのかわからないような席があったり、

DSC01316.jpg

天井から龍やお札が吊るされていたり、

DSC01317.jpg

坂本龍馬とお龍さん?

さて、そんなウケ狙いのお店のようなゆず庵さんですが、意外や意外、料理の方の評判も悪くないようです。

特に土佐ジローの卵を使ったオムライスが人気商品で、わが家も7人全員がオムライスをオーダーしました。

それに、興味本位でウケ狙い商品?の「カツオタタキパフェ」も食後でなく注文してみたら、先に「カツオタタキパフェ」が来ました。

DSC01319.jpg

ゲ〜ってなりそうですが大丈夫、ちゃんと葉っぱで仕切られていますので、パフェ本体に鰹のたたきの味が付くことはありません。

そんでもって、ゆず庵さんは鰹のたたきもうまいんです。

トッピングの藁焼きの鰹のたたきは、みんなで一口ずつ美味しくいただきました。

DSC01321.jpg

そして、やって来たメインのオムライスですが、私は一番人気というこれまた高知名物の鯨カツとのセットにしました。

DSC01323.jpg

写真はありませんが、奥さんやおばあちゃんは、活エビフライとのセットでした。

DSC01328.jpg

うわさ通りの美味しい土佐ジローのふわとろオムライスを堪能したので、会計へ向かうと、その途中にも龍馬がいました。

レジの横には、レジに仕舞われ忘れかお金が置いたままになっていて、人手不足の忙しさを感じました。

名物社長さんの手が空いていれば、いろんなお話聞けたりするようですが、社長さん自ら忙しさを嘆いて居られたので、お店へ行かれる方は、そのつもりで、人出不足による不手際は、目を瞑ってあげて欲しいなぁなんて思います。

DSC01329.jpg

まぁ、お値段は少し高めと感じますが、ディスプレイと美味しい料理を考えると、一度は行くと楽しめると思います。

そして、駐車場のオルビスへ戻ると、そこには爆睡のゴンタくんが居ました。

DSC01334.jpg

お腹も膨れて、次のポイントへ移動します。

ゴンタのために、エアコン使用で駐車場へオルビスを駐めます。

DSC01397.jpg

やって来たのは「龍河洞」です。

DSC01396.jpg

この日は、偶然「龍河洞まつり」の日でした。

DSC01395.jpg

ただし、露天は特に安くもなくて、買おうと思うものも無くて、前をスルーします。

DSC01338.jpg

寂れきった両サイドのお店の間の道を進みます。

DSC01339.jpg

すると、階段とエスカレーターが現れました。

DSC01340.jpg

ここを登ると龍河洞の入り口のようです。

実は、この龍河洞については、日本3大鍾乳洞の一つだそうなのですが、私はその存在すら知りませんでした。

以前、その近くのアンパンマンミュージアムやのいち動物公園は行っているにも関わらずです。

でも、先日、ミクシィボイスで岩手の龍泉洞を訪れたオルビストさんの呟きに、別のオルビストさんがコメントされ、わが家も昨夏に行った龍泉洞と昔行ったことのある山口の秋芳洞に加えて、この高知の龍河洞が日本3大鍾乳洞であると知り、これは機会があればぜひ行きたいと思ったいたところに、甥っ子の結婚式が舞い込んできたというわけです。

DSC01348.jpg

JAFの割引を受けていざ入場です。

DSC01351.jpg

昨年の龍泉洞をイメージして入場したものの、直ぐに気がついたのが「んんっ、狭い…」という感覚です。

DSC01357.jpg

非常に歩きやすいイメージだった昨年の龍泉洞とは違い、明らかに狭い龍河洞は、うっかりすると頭をぶつけそうな所だらけです。

DSC01358.jpg

でも、鍾乳洞としてはよりアドベンチャー感覚が強い龍河洞の方が、子供たちには面白いのかも知れません。

事実、予約が必要ですが、プラス千円で頭にライト付けて、ガイドさんに案内してもらう冒険コースなるものもあるようで、這って進んだりするみたいです。

DSC01371.jpg

反面、アップダウンもきつく、お年寄りには厳しい鍾乳洞でした。

DSC01378.jpg

うちのおばあちゃんも、足はあまり良くないので、大変だったと思います。

一番の上りでは、途中ベンチと扇風機を置いた休憩所スペースがありましたが、鍾乳洞内は寒いからと、みんな長袖を着込んだものの、汗が吹き出すくらいでした。

DSC01382.jpg

私も、後で膝が笑ってました。ふらふら

DSC01383.jpg

なお、龍河洞にも坂本龍馬が居ました。

写真だとわかりにくいですが、実物のほうがそれっぽく見えました。

DSC01385.jpg

この壺は弥生人が使用していたもので、鍾乳石と同化しているとか。

DSC01388.jpg

結局、かなり登って地上へと出ました。

DSC01387.jpg

登ったので、帰りは外の階段をひたすら下りました。

DSC01390.jpg

その途中で、尾長鶏を展示した珍鳥センターがありましたが、さっき食べたオムライスの土佐ジローも展示してありました。

でも、特別天然記念物に指定されているオナガドリの飼育小屋は尾を守るためとはいえ、自由が無さ過ぎて、ちょっと可愛そうな気がしました。

駐車場へ戻る途中、奥さんにねだられて、これも高知らしいアイスクリンのゆず味購入。

DSC01391.jpg

お店で100円だったのに、露天では150円でした。

ダブルかもしれませんが…。

DSC01398.jpg

そして、駐車場のオルビスへ戻ると、やっぱりゴンタは爆睡でした。

DSC01400.jpg

歩き疲れたのと、おばあちゃんがイカ焼きを買ってくれたらしいので、車内でしばし休憩ですが、リアダイネットが役に立ちました。

DSC01401.jpg

ゴンタがイカにつられてやって来ます。

DSC01406.jpg

風が回らないので、扇風機が必要ですが、子供たちが大きくなって、ダイネットだけでは座れなくなったので、リアダイネットの存在が役に立ちました。

家族には「CAFEスペース」と呼ばれて概ね好評でしたが、中でもおばあちゃんが何故かひどく気に入ってました。たらーっ(汗)

DSC01407.jpg

これまで、リアダイネットの展開に二の足を踏んでいたものの、今回実践することで、展開手順についてもコツが掴めましたので、これからは少し展開する機会が増えるかも知れません。

さて、休憩後、当初はどうしようかと考えていました。

と言うのも、この日は先程の龍河洞まつりで夜は花火があるという。

ryuugadoumatsuri.jpg

また、どうやらのいち動物公園でもナイトサファリを開催しているらしい。

yoruzoo_003.jpg

でも、子供たちの意見を尊重して、少し早めの温泉行きとなりました。

DSC01410.jpg

やって来たのは「ながおか温泉」ですが、雨なので、どのみち先の2つの選択肢は無かったです。

DSC01411.jpg

でも、子供たちがこの「ながおか温泉」が良いというのには理由がありました。

というのも、この「ながおか温泉」にはプールがあるんです。

入浴料でプールにも入れるということで、水着を持参していました。

illust_pool.jpg

それに、大学生以下、学割があるというありがたい温泉で、おばあちゃんと奥さんは温泉でゆっくりするということで、私と子供たちの5人でプールを楽しみました。

私は25m往復×20本でトータル1km泳ぎました。

お風呂でさっぱりした後は、夕食となりますが、奥さんとおばあちゃんから、髪留め?を買うので、食事の前に100均かコンビニへ寄れという指示がでました。

何にも無さそうな田舎ですが、ふと目の前にこの日がオープンしたてと思しきセブン-イレブンがありました。

今年3月に初めて高知県に進出したセブン-イレブンですが、順調に店舗を増やしているようですね。

ですが、思うような髪留め?があるはずもなく、夜に飲む用のお酒を買って、その後、幾つかお店を回りましたが、諦めて、翌朝探すことにして、今宵は潰しの効く夕食としました。

DSC01414.jpg

割りと遅くまで営業しているので、いざという時には助かります。

食後は、懸案の就寝場所へと移動しますが、結構な雨が降っているので、途中の道の駅でも良いかな?と思いつつも、南国ICから高知ICまでの僅か250円支払うだけで、綺麗なトイレが利用できるということで、当初の予定通り、南国サービスエリアにしました。

サービスエリアに到着すると、案の定、エンジンの掛かったトラックが数台が駐まっており、その少し前の乗用車エリアへ駐めて、マックスファンでの就寝を試みました。

ですが、やはり多人数乗車と雨ということで湿気もあり、快適に就寝するのは難しそうなので、エアコンを利用しました。

DSC01420.jpg

トラック以前に、雨で音の問題は全くなかったのですが、エアコンの風がまともに当たるダイネットベッドが寒いかもと思って、次男坊にタオルケットを渡したものの、何故かゴンタが独り占めしてました。あせあせ(飛び散る汗)

DSC01421.jpg

そして、涼しい車内で、セブン-イレブンで買ったハイボールで締めくくって、この高知旅の前半終了です。

DSC01419.jpg

【後半へ続く】
posted by かわいいHERO at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年08月17日

お盆な1日

男3人鳥取の旅を14日で切り上げたのには理由があります。

それは、お盆のお墓参りの為です。

相変わらず、仏さんが帰って来るお盆にお墓を参ることには疑問がありますが、習慣になっている事もあり、お盆中の15日にお墓参りに行くと決めていました。

夜更かしして、明け方にブログアップと恒例の不摂生ですが、昨日は、墓参りの為に、いつもと変わらず起き出して、珍しく午前中の早めの時間に家を出ることができました。

ところが、新御堂筋の最後の高架付近で大渋滞。

どうやら、キューズモール箕面へ行く車での混雑のようです。

2015-08-15 11.29.39.jpg

鳥取での後半で発電機を多用したことで、ガソリンが少なくなっているところで、この日はゴンタが同行しており、基本、発電機の連続使用となるので、キューズモール横のガソリンスタンドで発電機分のガソリンのみ補給しました。

そして、私の実父の眠る霊園へ到着。

DSC01158.jpg

ゴンタはオルビス内でお留守番です。

DSC01159.jpg

変わり易そうな空模様です。

DSC01163.jpg

山の上で気温はそう高くはないはずですが、日差しが強く照り付けます。

DSC01164.jpg

お墓では、せっせと掃除に励みます。

この時ばかりは子供たちもよく動いてくれます。

DSC01167.jpg

綺麗になったお墓でお参りを済ませ、記念撮影。

DSC01169.jpg

おじいちゃん、喜んでるかなぁ。

DSC01173.jpg

オルビスへ戻ると、ゴンタ君爆睡でした。

DSC01174.jpg

さて、続いては神戸にあるうちの奥さんのご両親のお墓参りですが、その前に昼食を取る為に、はなまるうどんへ。

DSC01176.jpg

駐車したところが、お店の換気扇の真下でしたが、こちらもゴンタの為に発電機回しているので好都合です。

DSC01177.jpg

あまり足を運ぶことのないはなまるうどんですが、今回は釜玉うどんを頼んでみました。

DSC01180.jpg

知ってましたか?はなまるうどんのうどん一玉に付、レタス1個分の食物繊維なんですって!!

そんな、はなまるうどんを後にして、今回は山陽道利用で神戸西インター経由で神戸の墓地へ到着。

DSC01182.jpg

こちらのお墓でも、掃除、お参りの後には記念撮影を。

神戸のおじいちゃん、おばあちゃんも喜んでくれたかな?

DSC01183.jpg

階段を下りて、ゴンタの待つオルビスへと戻ります。

DSC01187.jpg

これで、お盆の予定は終了なので、この後どうしようかということになりましたが、相談するまでもなく決まっていたりします。

温泉から夕食のいつものパターンですから。

DSC01190.jpg

そこで、やって来たのが初めてきたこちらです。

みのたにグリーンスポーツホテル

DSC01191.jpg

緑に囲まれた、山の上の駐車場で、温泉の前にゴンタの散歩です。

DSC01199.jpg

広場に放たれると、思うがままに放浪し始めるゴンタです。

DSC01200.jpg

それを慌てて追いかける次男坊の図。

DSC01202.jpg

膀胱を圧してもらって、おしっこを絞ってもらうゴンタです。

DSC01203.jpg

しかし、気持ちのいいロケーションです。

DSC01204.jpg

ゴンタの散歩後、ゴンタにご飯をあげて、いざ温泉へ。

DSC01206.jpg

日帰り温泉は、ホテルの宿泊者向け入口とは別にあるようです。

DSC01207.jpg

良い名前ですね。「銀河の湯」

実際、露天風呂は星空を眺める開放感あるお風呂でした。

リニューアルされた温泉なので、基本設計は新しくないので、スーパー銭湯のような楽しさはないものの、各種お風呂は充実していて、のんびりできました。

良いお風呂を満喫して、涼しい山の風を受けながらオルビスへ戻ると、やっぱりゴンタは爆睡でした。

DSC01209.jpg

あっ起きた!

DSC01210.jpg

開放的な夜空が綺麗だったので…

DSC01211.jpg

星空をバックにオルビスを。

DSC01217.jpg

温泉の後は、食事ですが、奥さんの希望が回転寿司で子供たちも同調し、回転ずしに決定。

グーグルマップで最寄りのスシローへ向かいました。

DSC01218.jpg

お盆なので20分ほど待ちましたが、自宅付近よりましかなぁ。

108円大トロ、うまかった〜。

と、オルビスに戻ると、やっぱりゴンタは大いびき。

DSC01220.jpg

その後、帰宅できると思ったら、長男のバイト先へ寄れということで、大阪市内経由で帰宅となりました。

それでも、全員でのお墓参りは、お出掛け気分で休みの締め括りには良かったです。
posted by かわいいHERO at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年08月16日

男3人オルビスで夏休み −最終日(4日目)−

男3人の旅も、とうとう帰宅の日がやってきました。

寝るためだけに訪れた道の駅 「神話の里 白うさぎ」では、スマホのアラームを5時半にセットしていましたが、連日の寝不足で、やや寝過ごして、6時前に私だけ起き出して移動します。

DSC01097.jpg

最終日は、次男坊の希望で軽〜く海釣りをして早めに帰るつもりで、簡易な釣り道具を持参しています。

釣りの趣味はないので、我が家にあるのはプラケースに入ったファミリーフィッシングセットのみです。

出発前日に持っていこうと出してくると、雨ざらしになっていたおかげで、プラケースの中に雨が溜まって、ちょっと使えない状態です。

あわてて、ホームセンターコーナンをはしごして、簡易な釣り道具を買って来て積んでいました。

そんな頼りない状況ですが、ちょっと体験すれば満足するだろうと軽く考えつつ、前日に下見していた夏泊の漁港へ行ってみました。

DSC01101.jpg

車が多数停まっていたところが、ポイントと判断してオルビスを停めましたが、あいにく移動途中で雨が降り出してしまいました。

DSC01102.jpg

前日から雨を心配していたのですが、先に釣っていた方の中には、雨が酷くなって帰る方も見られ、ヤフー天気予報の雨雲ズームレーダーでも、一瞬晴れても薄雲はなかなか取れないようで、無理かなと思い始めました。

DSC01107.jpg

それでも、少し小雨になったので、外へ出て辺りを偵察してみました。

DSC01108.jpg

夏泊は岩場がポイントのようで、にわか初心者には難しいと判断して、足場の良さそうな手前の船磯港へ移動してみました。

DSC01110.jpg

他にファミリー数組が釣りをしていたので、場所はこちらに決定。

DSC01111.jpg

早速、持ってきたさびき釣り用仕掛けを開封して釣りを始めました。

DSC01115.jpg

すると、釣りを楽しみにしていたという言い出しっぺの次男坊が、早速1匹釣り上げました。

DSC01112.jpg

鯛の稚魚でしょうか。

DSC01119.jpg

子供二人が釣りをしていて、その間、私も退屈なので、水浸しのチープなファミリー釣りセットの竿と仕掛けの使えそうなものを使って、私もさびき釣りを始めました。

DSC01121.jpg

すると、早々に私にもあたりが来ました。

DSC01120.jpg

でも、ふぐでおまけに背びれに針が掛かっています。

なので、即、リリース。

それ以降、全く釣れませんでした。

そう言えば、次男坊の釣り上げた魚もえらのあたりに針が引っ掛かっていたので、純粋に食い付いたものはありません。

実際に釣りをするかどうかわからなかったので、餌は、ホームセンターコーナンで売っていた、常温保存のオキアミだったのですが、この餌が良くなかったようです。

オキアミの形を留めていないので、さびきのカゴから溶けて無くなる感じです。

形がないので、仕掛けの針がバレバレなのでしょう。

欲求不満気味な次男坊に、やるならちゃんと釣具屋でオキアミ買ってやらないと難しいと言うと、まだ釣りをしたいと言います。

それなら、友人の家のある砂丘の東側にある岩美の方へ行ってみようと思い、釣った魚をリリースした後、岩美へ移動して、WEBで調べた釣具店へ行ってみます。

ですが、ことごとくその釣具店の存在が確認できません。

あるべき釣具店が見つからず、餌が手に入らなければ、やりようがありません。

仕方がないので、オープンして1か月にも満たない道の駅「きなんせ岩美」を偵察した後、鳥取中心部へ戻ることにしました。

そして、大型のかめや釣具店でようやくオキアミをゲットして、近くのなか卯で昼食を済ませて、WEB情報で、さびきには鳥取港の耐震岸壁が良いとあったので、行ってみました。

DSC01133.jpg

ここは、車を乗り付けることができるので良いですね。

朝の天気はどこへやらで、強い日差しが降り注いでいます。

DSC01137.jpg

一番暑い時間帯ですが、オルビスから降りてすぐに釣り開始です。

DSC01130.jpg

朝の釣りで、私の竿で投げの練習をしていた長男が、仕掛けを飛ばしてしまったので、私の竿がなく、子供二人で釣り開始です。

DSC01129.jpg

ちゃんとしたオキアミをゲットして、次男坊も上機嫌です。

DSC01132.jpg

朝は何もつれなかった長男も今度はがんばりどころですが、一番手前のポイントでは、たくさん釣り上げてるのが見えました。

DSC01125.jpg

と、ここでも一番手は次男坊でした。

アジですかね。

DSC01140.jpg

次々とまではいきませんが、釣れるので、次男坊は夢中で楽しそうです。

私も、落ちていた釣り針に予備のさびきの籠を取り付けて、2匹ほど釣りました。

DSC01145.jpg

でも、長男はなかなか釣れないこともあり、あまり楽しそうではありません。

よって、傘の下のバケツには、長男の魚がいないわけです。

DSC01143.jpg

でも、とうとう長男にもあたりが来ました。

一度に2匹ゲットです。

その長男は、途中で腕の日焼けが痛いとリタイヤし、私と次男坊で続けるも、目立った当たりなく、オキアミの消化という感じの後半でした。

オキアミが無くなって、ようやく終了。

耐震岸壁を後にして、岸の方から耐震岸壁のたくさんの釣り人が見えました。

DSC01146.jpg

帰宅する前に、近くのかろいちへ寄りましたが、17時までと、もう閉まっていたので、そのまま帰宅の途へ着きました。

DSC01148.jpg

夕食は、奥さんに取って帰れと言われて、加西サービスエリアに寄りましたが、係員の怠慢もあり、大混雑で逆行有りのひどい状態でした。

DSC01155.jpg

私は、そばとタコ飯のセットにしましたが、手にオキアミの匂いが染みついていて、タコ飯がオキアミの匂いに被って、選択ミスしてしまいました。

DSC01150.jpg

鳥取道の一部と、中国道の宝塚トンネルまでのいつものところで渋滞があり、そこそこ時間が掛かりましたが、貞子3D2に悪の教典というホラー&グロな邦画をかけながら、楽しく無事に帰宅することができました。

新鮮味のない鳥取の旅のはずでしたが、男3人でいつもとは違うそれなりに楽しい旅ができました。

まぁ、これもオルビスあってのことですね。
posted by かわいいHERO at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

男3人オルビスで夏休み −3日目−

3日目(8月13日)に突入した男だけの予定なき鳥取の旅ですが、今ひとつ天候に恵まれてはいないものの、特に行動を制約されることもなく、むしろ涼しさでは恩恵を受けています。

この朝も、道の駅はわいで、マックスファンだけのさらに過ごしやすい夜から朝を迎えましたが、大型トラックは遠くでエンジン掛かっていますし、隣や後ろのハイエースはアイドリング状態ですから、場所を変えてのジェネ&エアコンは有りかもと思います。

走行距離がわずかで天候もイマイチということで、サブバッテリーへの充電が間に合わず、残量が50%を切って来たので、この日は充電の為に朝からずっとジェネを回すことに。

これができるのがソーラーオンリーでないオルビスのメリットでもあります。

DSC00995.jpg

天候は1日中、完全に雨という感じなので、行き当たりばったりの旅では、雨でもOKなスポットを目指します。

DSC01028.jpg

前日の名探偵コナンの流れを継いでいます。

DSC00998.jpg

鳥取空港が、今年から「鳥取砂丘コナン空港」となったんです。

DSC00999.jpg

空港内のあちこちにコナンに関する案内マップが掲示されています。

DSC01000.jpg

国際線のホールには、大きなコナンの絵があって、こんな写真が撮れます。

DSC01003.jpg

実はこの絵はトリックアートになっています。

DSC01004.jpg

韓国便があるようで、国際線ということですが、ローカル空港ですから、ひっそりとしています。

DSC01006.jpg

その2階には、神経衰弱のような絵合わせパネルがあって、長男次男で遊んでいます。

DSC01007.jpg

全てめくるとこうなりますが、これから遊ぶ人はネタバレになるので、忘れてください。

DSC01011.jpg

図書館のようなスペースもあって、ゆっくり時間を潰すこともできそうです。

もちろん、名探偵コナンは全巻ありました。

DSC01013.jpg

国内線側とは、2階のみ通路で繋がっていて、その通路には、たくさんの砂像が置いてありました。

DSC01015.jpg

国内線側もコナン一色ですが、北栄町の成功から、コナンは鳥取全体のシンボルということなんでしょう。

DSC01016.jpg

そして、ここにはメインともいえる、等身大?フィギュアがあります。

DSC01020.jpg

ここでもアングルを変えて…

DSC01023.jpg

国内便の到着時には、きっと記念撮影で混雑するのでしょうが、便のない時間帯では、幾らでも見ることができます。

駐車場も無料だし、軽く行ってみても良いスポットですね。

DSC01026.jpg

国内線側のエントランスには、コナンの砂像もありました。

そうだ、砂丘の砂像も…と思いながら、朝一番の空港でコナンを満喫した後は、鳥取の中心部へと移動します。

DSC01053.jpg

事前にWEBでコインパーキングを検索しましたが、高さ制限があるところしか見つからず、ついでにイオンで買い物をして、イオンの無料駐車場へ駐めることにしました。

DSC01052.jpg

初めて見たのですが、ここのマクドナルドは、イオン内なのに、その駐車場通路を利用したドライブスルーになっていました。

DSC01031.jpg

駅前中心部に来た理由は、一時話題となった、日本の都道府県で唯一スターバックスの無かった鳥取県にできた、あのスタバ…ではなく、

DSC01032.jpg

雨にも拘わらず、大人気のこちらの行列です。

DSC01034.jpg

すたば珈琲ではなく、「すなば珈琲」の方です。

DSC01041.jpg

長い待ち時間の後、店内に見えて来たのは、マツコ・デラックス。

月曜から夜ふかし」のマツコのひとことから誕生したすなば珈琲ということで、そのマツコへの感謝の言葉が記されています。

DSC01044.jpg

ちょうどお昼時になり、高いサンドイッチ等で昼食を済ませるか、珈琲だけで済ませるかと、あれこれ考えていたものの、なんと、ランチメニューがありました。

私と長男が飛びついたのは、こちらのランチ、なんと600円です。

ライスとパンが選べます。

DSC01043.jpg

そして、エビ好きの次男坊が満面の笑みを浮かべたのが、このエビフライ5匹のランチ980円です。

DSC01049.jpg

どちらも、もちろんの「すなば珈琲」付きです。

予想外にリーズナブルなすなば珈琲に大満足して、次は砂丘へと向かいます。

DSC01054.jpg

何度か来たことのあるサンドパル鳥取の駐車場に入ろうとするも、満車で入れずに、その上の砂丘センターの横の第二駐車場へとオルビスを駐めました。

DSC01055.jpg

私自身過去に2度来たことがある「砂の美術館」なので、今回はパスするつもりでしたが、やっぱり来てしまいました。

DSC01056.jpg

こんなところにも、すなば珈琲が出張してました。

DSC01079.jpg

お盆ということもあり、過去に経験のないすごい人です。

歩くのもやっとという状態ですが、それには理由があって…

DSC01069.jpg

以前よりもさらにクォリティが上がったんじゃないかと感じられる砂像には、30分毎に3Dマッピングが投射されるのです。

DSC01071.jpg

午後3時以降、30分毎に約10分間のシンデレラをテーマにした3Dプロジェクションマッピング映像が流されるので、館内は大混雑なんです。

素晴らしい、美しい映像でしたが、最前列に陣取ったカメラ女子が視線の高さでパシャパシャやるので、ミラーレスのモニターの明かりが邪魔で邪魔で…。

よほど注意ししようかと思いましたが、主催者側がストロボ禁止以外は謳っていないので、我慢しました。

撮るのに夢中で、周りに見えないカメラ女子も多いんでしょうね。

ちなみに私はポップアップ式のビューファインダー搭載のRX100M3でしたので、周りに迷惑はかけていませんが、ファインダーがなくとも、周りを少し気にかけて、モニターを自分の身体に近づけるだけでも、目障り感は全然違うんですがねぇ。

DSC01072.jpg

でも、今の期間だけの3Dプロジェクションマッピングは、見応え十分でした。

DSC01077.jpg

展示の方も、このお城なんて、実際の水が使われていることもあって、見事な出来栄えです。

DSC01080.jpg

砂の美術館の屋外では、鳥取砂丘が一望できる場所がありますが、

P1010742.jpg

パラグライダーが、とても気持ちよさそうでした。

砂の美術館をもって、本日のメニューは早々に終了したわけですが、あとは食事とお風呂です。

初日の鳥取ぽかぽか温泉でも良かったのですが、出発前に、次男坊が釣りがしたいと言っていたので、最終日には釣りをしようと考えていました。

釣りのポイントをいろいろ調べていたのですが、今ひとつピンと来ないので、明るいうちに見に行こうということになり、またもや西へ30分ほど移動して、夏泊という小さな漁港へ行ってみました。

でも、実際のポイントはよくわからないまま、先ずは夕食の食材を調達に、近くのスーパーへ行きました。

人口の少ない地域の小さなスーパーということで、少し値段も高いようで、物も今ひとつでした。

そして、その後は、最寄りの浜村温泉へと向かいます。

DSC01083.jpg

到着した「浜村温泉館 気多の湯」では、駐車場が全体的に狭かったですが、何とか良いところに駐車できました。

DSC01087.jpg

大人420円というリーズナブルな温泉で、お風呂は1階と階段を登った上の2か所にあります。

DSC01093.jpg

私たちは、上の展望風呂のロッカーを選択して、お風呂へと向かいます。

お風呂は、上下どちらのお風呂も利用可能ですが、ロッカーはどちらか一方を選択することになります。

DSC01092.jpg

長い廊下の先に階段が。

DSC01090.jpg

一気に登り切ったと思ったら、中継点で90度に曲がっています。

DSC01091.jpg

さらに、段数の貼ってある階段を登り切って、お風呂場へ到着。

78段の階段を登ってきました。

DSC01089.jpg

肝心のお風呂は、施設が古いこともあって、特筆すべきものもありませんが、420円では十分です。

窓から海も見えますし、暗いですが露天風呂も気持ちよかったです。

1階のお風呂へは行っていませんが、78段の階段があることで、地元の方やお年寄りは1階なのでしょう。

さて、お風呂の後は、夕食と寝るのみですが、スーパーでお肉を買ったので、ミニホットプレートで、なんちゃって焼肉の予定です。

ホットプレートに発電機は必須ですから、道の駅では使えるかどうかわからないので、ロードサイドのチェーン装着用パーキングにオルビスを停めて、夕食を済ませました。

DSC01095.jpg

長男は、アルコールも、私は道の駅への移動があるのでノンアルコール。

食後に道の駅 「神話の里 白うさぎ」に移動して、かなり回復したサブバッテリーで、この夜もマックスファンのみで3日目を終えました。

【最終日(4日目)に続く】
posted by かわいいHERO at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2015年08月15日

男3人オルビスで夏休み −2日目−

鳥取ぽかぽか温泉の駐車場で目覚めた、男3人旅ですが、前日にイオンで購入していたパンでサクッと朝食を済ませます。

DSC00913.jpg

鏡野町でいただいたトマトを冷やしておいたので、美味しく食べて、西へと小一時間進みます。

DSC00915.jpg

天候の怪しいこの日は、雨を覚悟しつつ、名探偵コナンが好きな長男の希望で、北栄町の「青山剛昌ふるさと館」へとやってきました。

DSC00918.jpg

街を散策する予定なので、雨の降らないうちにとキックスケーターを出し掛けたところで、既に雨が落ちてきました。

DSC00919.jpg

さて、困りました。

そこで、ヤフーの天気予報で雨雲ズームレーダーを見てみると…

2015-08-12 00.25.14.jpg

雨雲自体はそんなに大きくなく、1時間後には雲もなくなり、雨は止んでいると読めます。

2015-08-12 00.28.37.jpg

それなら、先にふるさと館を見て、後から街の散策が可能です。

DSC00922.jpg

ということで、先に「青山剛昌ふるさと館」へ入館します。

DSC00939.jpg

この「青山剛昌ふるさと館」には、オルビス納車の前年である2009年に一度来ています。

DSC00924.jpg

入って直ぐのキャラクターのオブジェ?は当時のままです。

DSC00926.jpg

「青山剛昌ふるさと館」とは言いますが、基本的に、名探偵コナンミュージアムと言って良い内容だと思います。

DSC00930.jpg

原画が撮影禁止なので、あまり写真はありませんが、2009年当時と違った部分もありました。

ひらかたパークのコナン展に一人で行くほどの長男によると、いくつか同じ展示がコナン展にもあったそうです。

一通り見終わった後は、100円で参加できる、街中を散策する謎解きラリーへと出掛けますが、予定通り、雨は止んでおり、オルビスに積んだ折り畳み自転車ブロンプトンで行くことも考えましたが、一人がキックスケーターになることと、また雨が降ると嫌だし、歩いても1時間から1時間半ということなので、歩いて回ることにしました。

DSC00946.jpg

一度来ているとはいえ、前回は子供が全体的に小さかったので、歩いて回ることはせず、車で要所要所回るという感じでした。

なので、今回は子供たちの楽しみ方も違います。

DSC00943.jpg

「コナンバスだっ」と慌ててシャッターを切りましたが、手に持ったマップにピントが合っていたため、バスを捉えてもピンボケでした。ふらふら

DSC00944.jpg

私自身もブロンズ像の撮影で、普通と違ったアングルを探ります。

DSC00950.jpg

言うまでもなく、街中コナンなわけで、トイレのマークもコナンと蘭のシルエットです。

DSC00951.jpg

ちなみに、長男情報では、コナン展では女性一人の来場者が多かったらしく、今回の散策でも、そこそこ見かけました。

DSC00953.jpg

コナン大橋までやってきました。

DSC00962.jpg

この橋の四隅には、それぞれ違ったコナンのブロンズ像があります。

DSC00955.jpg

アップで切り取ります。

DSC00958.jpg

街灯のポールにもスケボーコナンが。

DSC00956.jpg

ちなみにクイズはそこそこ難しいものの、ヒントを見れば、小さな子供以外なら、正解できるようになっています。

謎解きしながら、駅へとやってきました。

DSC00970.jpg

駅の時刻表に目をやると、あと3分でコナン列車が来るようなので、カメラを構えて待つことにしました。

P1010720.jpg

駅に到着し、出発したところを撮影。

P1010727.jpg

黄色以外にピンクの列車もあるようですが、この日はお休みでした。

P1010737.jpg

コナン列車を見送って、謎解きラリーを先に進みます。

と、小さな川へと通りかかって、次男坊が無数のカニを見つけて大はしゃぎです。

DSC00975.jpg

人口川に置かれた石の間に、そこそこ大きなカニもいます。

DSC00974.jpg

それに、手長エビなんかもいました。

DSC00973.jpg

決してきれいな川でもないのですが。

DSC00976.jpg

私もしばし、童心に帰って、カニ遊びに熱中しました。

そして、ようやくゴール。

DSC00977.jpg

ゴール地点の休憩所では、地域のおじいさん、おばあさんが、冷たいお茶を振舞ってくれ、参加賞のバッチをいただきました。

そして、再度青山剛昌ふるさと館へ戻り、お土産物ショップを見た後、隣接する道の駅で昼ご飯と思いましたが、ブッフェレストランしかなく、その場を離れました。

そして、やって来たのは久しぶりのモスバーガーです。

DSC00984.jpg

やっぱり美味いモスバーガーでした。

DSC00982.jpg

腹ごしらえの後は、次男坊のリクエストである、「ゆアシス東郷龍鳳閣」へ。

DSC00987.jpg

ここは、私も次男坊も過去に2回来ています。

DSC00988.jpg

温水プールもある温泉施設です。

DSC00989.jpg

隣には中国庭園である「燕趙園」があるのですが、ひとり旅の場合はここにカメラを持ち込むつもりでいましたが、今回は男3人旅となり、今回もカットです。

道の駅もできて、このあたりの魅力は増していると思われます。

ゆアシスでは、次男坊はちゃんと水着を持っ来ていましたが、私はひとり旅のつもりだったので持って来ておらず、でも、長男と200円のレンタル水着で入場しました。

前回、お湯が入っていなかった外の温泉も、今回はちゃんと入ることができ、東郷湖を見ながら、ゆったりとできました。

3時間くらいは入っていたと思いますが、最後にお風呂にも入って、夕食をどうするか…?

DSC00990.jpg

答えは「ほか弁」です。

ほか弁も、2009年にもお世話になりました。

DSC00991.jpg

ほか弁の後、地元のスーパー丸合にも寄って、おかずやサラダを買い足して、今宵の車泊地である、道の駅はわいで夕食です。

DSC00994.jpg

前日の飲み残しのワインを楽しんで、前日よりも更に気温が低くなってエアコン要らずの快適なオルビス車内で、早めに眠りました。

【3日目に続く】
posted by かわいいHERO at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録