2017年09月24日

メインバッテリー問題の副産物

今回の単なる端子の緩みが原因だった、メインバッテリー問題ですが、素人仕事が原因とは知らず、我が家のオルビスに、2つの改修プロジェクトを始動させることとなってしまいました。

一つ目は、メインバッテリーのソーラーパネルによる補充電なのですが、既に材料は手配済みで、後は作業に移るのみです。

但し、今回セルが回らなかったのが、バッテリーの問題ではないことがわかり、2年間補充電無しでも、本来ならセルが回せていただろうことを考えると、本当にソーラーが必要だったかと考えると、無くても良いのかも知れないと思う自分も居ますが、なにしろ、既に材料が手元にあることから、取り付けることは間違いありません。

問題は、取り付け作業を行う時期で、10月半ばに栃木県のツインリンクもてぎへの往復があることです。

DKcOZVXW0AYQVhw.jpg

骨折で、チャンピオンシップ争いからは外れてしまいましたが、まさかのアラゴンGPで復活を遂げたバレンティーノ・ロッシは、5位入賞と状況を考慮すれば、素晴らしい結果でレースを終えているので、茂木での完全復活による勝利を期待できます。

rossi.png

なので、最重要行事の茂木行きに影響の無いように、

それまでに作業を完璧に終わらせて尚且つ、トラブルが起きないことまで確認するか?

茂木行きが終わってからじっくり取り付けるか?


という2つの選択肢があるので、様子を見て作業するかどうかを決めようと思います。

もう一つのプロジェクトとは、今更なんですが、キャンサスのポンプ作動についてです。

エンジン始動時の電力の必要なタイミングで、そこそこ電力消費の高いポンプが作動することは、今回のようなバッテリーに不安がある時には、強く問題を感じてしまいます。

スイッチでポンプのオンオフという手もありますが、忘れそうなので、遅れて作動するようにしたいと考えています。

そのために遅延リレーを取り付ければ良いのかなと思っていて、オムロンのタイマーのことを思い出しました。

そう言えば、トリプルバッテリー化の時に、オルビスから取り外した中に、タイマーがあったような…。

2017-09-24 14.12.06.jpg

ということで、引っ張り出してきました。

2017-09-24 14.13.58.jpg

こいつの一番左上の部品がオムロン製のタイマーリレーなのですが、

2017-09-24 14.14.30.jpg

よく見ると、AC用でした。

考えてみれば、発電機と外部電源との自動切り替えを行う回路なわけですから、ACに決まってました。ふらふら

さて、こちらは材料から考え直さないといけないようです。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

ボッシュのCCA値測れず

バッテリー問題が解決し、行き場を失ったパナソニックのカオスプロ2個ですが、1日以上放置したので、三重へ出かける前にCCAテスターで、改めて計測してみました。

2017-09-22 22.45.07.jpg

電圧は、やや下がって12.91V。

一見、充分ですが、時間とともに低下すると思われ、問題はCCA値の方です。

2017-09-22 22.47.10.jpg

「714」やはりこちらも下がってますね。

まぁ、700を超えているので、使用には差し支えないでしょう。

2017-09-22 22.45.46.jpg

もう一つも、電圧12.88Vで、似たようなところです。

2017-09-22 22.46.35.jpg

CCA値の方もほぼ同じで落ち着いています。

未だ充分に使えるのに勿体ないです。

何処かに欲しいという方でもいれば良いのですが…。

一方、今現在、オルビスに積んである、ボッシュの方はどうかなぁ?と思ってCCAテスターを繋いでみたところ…

2017-09-22 22.50.46.jpg

電圧は12.82Vを表示しました。

カオスプロよりも低いですが、時間経過とともに、多分逆転するのではないかと思われます。

2017-09-22 22.51.26.jpg

でも、肝心のCCA値はエラーが出てしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

予想はしていたのですが、オルビス上では、ツインで接続されているので、2台分で表示できなかったのでしょう。

ちゃんと計測しようと思えば、ターミナルから配線を外して、1個ずつ計測する必要がありますが、せっかくトヨタで綺麗に締め直してもらったので、面倒臭さも手伝って、今回はCCA値は諦めます。バッド(下向き矢印)

今更CCA値を知ったところで、何が変わるということでもなく、興味本位以外の何物でもないですから…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月22日

バッテリ問題は毎度の素人仕事から

その原因がわからずに、セル回りの不良を疑ってトヨタへ検査入院させた、我が家のオルビス・イオですが、ある意味“最悪”で、ある意味“最高”な結末となりました。

今朝、営業担当者から電話がありましたが、「セル回りは問題なく、ターミナル周辺の緩みが原因らしいです」とのこと。

ターミナル?

ターミナルは、エーモンのものに取り替えたはずだし、ちゃんと取り付けたつもりなので、緩んでそこが原因とはちょっと考えにくいです。

そこは、営業担当では話がそこまでなので、店へ行くので、整備の方からそこの説明をいただけるようお願いしました。

そして、ついでに引き取るつもりで、昼頃、トヨタを訪問。

2017-09-22 12.12.02.jpg

奥からオルビスがやって来ました。

ターミナルという話でしたが、実際には、バッテリーをツインにする時に、マイナス側のケーブルの長さが足りず、元の端子と延長ケーブルの端子をボルトで接続固定していたものが、緩んでいたことが、直接的な原因でした。

2017-09-18 11.14.02s.jpg

マイナス側なのですが、ビニールテープで巻いていたことで、目視ではボルト接続の緩みがわからない状態になっていました。

各ターミナルもやや締めが甘かったようですが、そこは電圧低下を引き起こすようなものではなく、あくまでもセルが回らなかった原因は、このマイナスの延長ケーブルの緩みだったようです。

あっちゃー…またやっちゃったって感じですが、かむぱぱさんからトヨタへの持ち込みを提案されなければ、未だに「バッテリーは正常なのに?何故?」って頭を抱えていたことでしょう。

安易な「ケーブルのボルト接続」に、ビニールテープによる「緩みの見落とし」と素人仕事が重なった、恥ずかしい結果ですが、そこは、

“素人仕事は恥だが役に立つ”

と、ガッキーに免じて、また一つ良い学習をしたということにしておきます。爆弾

これがわかっていたら、そもそもひとり旅キャラバンの途中でさえ改善できたことですから。あせあせ(飛び散る汗)

さて、原因が解明されたら、もう問題はないので、そのまま乗って帰れるのかと思ったら、もう少し、きちんと配線周りを増し締め等するのですぐには引き取れないと言われてしまい、これまた困った。

今日の夕方は、モトGPの公式練習視聴で忙しいので、軽トラをトヨタに置かせてもらって、オルビスを自宅に乗って帰ってから、再度、電車でトヨタへ来て、軽トラに乗って帰るという計画が、完全に崩れてしまいました。

夜の引き取りを提案してこられ、「それなら後日に引き取りは?」と言うと、ちょっと困った顔をしたので、結局、作業が終わったら電話をもらうことになりました。

仕方がないので、銀行廻り等の仕事を済ませてから、軽トラで一旦自宅へ帰って軽トラを置いて、電車でトヨタへ向かいました。

なかなか電話が掛かってこないので、今更「後日にします」なんて言われたらどうしようと思いながら、トヨタへ到着。

電話が未だないけど待たせてくださいとお願いして、商談スペースへ着席しました。

お姉さんにドリンクを聞かれ、珈琲をお願いしたら、今回はバトンドールが付いてきました。

2017-09-22 15.37.13.jpg

一時なくなっていた高級菓子が復活のようです。

すると、丁度作業が終わるところだったようで、急いで珈琲を飲み干して、請求書をもらって帰ります。

2017-09-22 15.49.15.jpg

整備の方から「すみませんが、少しだけ頂いて良いですか?」と言われた請求書は、たったの2千円。

2017-09-22 18.51.36.jpg

ある程度は覚悟していたものの、確認作業と増し締めだけでは多くはいただけないということなんでしょうね。

バトンドール付きの珈琲頂いてだと、なんだか申し訳なく感じます。

肝心のエンジン始動は、驚きの軽快さでした。

これぞ新品ボッシュという感じ。

そう考えると、プラス側のターミナルと、マイナス側の延長ケーブル接続ボルトの緩みが相まって、バッテリーの能力を台無しにしてしまっていたことを強く反省しました。

2017-09-22 16.33.31.jpg

あとで、バッテリー周りを確認すると、お金をいただく以上ってことでしょうか、増し締めだけでなく、結束バンドでケーブルが整理してありました。

自分の素人仕事が原因で、無駄にバッテリー交換を行う羽目になってしまったことは“最悪”ではありますが、セルスタータ周りの修理が必要なかったことで、そこの出費が無かったことは“最高”だと考えて、今回の件をポジティブな学習だったと位置づけることにしよう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月21日

パナバッテリー強し

一昨日、お急ぎ便でポチッとしたCCAテスターですが、アマゾンの配送が悪評高き「デリバリープロバイダー」になっていて、昨晩9時を過ぎても届きませんでした。

肝心のオルビス・イオをトヨタに預けてきたことで、ボッシュの新品バッテリーのCCA値は計測できませんから、「まぁ良いや」と思っていたところで、インターホンが鳴りました。

なんとかお急ぎ便の明日中は守れた形ですが、元々の発送が茨木市からなので、もっと早く到着しても良さそうなので、そこが「デリバリープロバイダー(TMG)」ってとこですが、約束通りに届いているので、責めることはできません。

で、購入したCCAテスターはこちら。



一番安くて、評判もそこそこ。

日本語の説明書か無いものの、バッテリーの端子に繋いで、基本は【ENTER】ボタンを押していくだけなので、難しくはありませんでした。

数値が正確でないというレビューもありますが、バッテリーの種類をきちんと選択する必要があるようなので、悪評レビューがそれを守っていたかどうかはわかりません。

覚書としてアマゾンのトップレビューから引用させて頂きます。

「SLI]=電解液タイプ(バッテリー液が中に入っているタイプ用)で、補充タイプ及びメンテナンスフリータイプ共用
「FLAt」=AGMタイプ(グラスマットに電解質を付着させた密閉型タイプ用)で、AGMと表示されている一般タイプの最新式のバッテリー用
「SPL」=スパイラル型(円柱状のセルのタイプ用)で、オプティマバッテリーなど密閉型のAGMが該当
「GEL」=ジェル型タイプ(希硫酸をゲル状にした密閉型タイプ用)で、横積みができるタイプでバイク用のバッテリーなど


せっかく届いたので、手元にある、オルビスから降ろしたパナソニックのブルーバッテリー「カオスプロ」を計測してみました。

2017-09-21 00.33.28.jpg

一つ目は電圧が12.8Vとなっていますが、2個共に12.6Vだったところに、1個だけ少し充電しちゃったので、少し電圧が上がっています。

2017-09-21 00.31.09.jpg

肝心のCCA値は???

2017-09-21 00.31.14.jpg

740…優秀ですね。

パナソニックはCCA値を公表していないため、この数値がどうなのかイマイチわかりにくいですが、新しく購入したボッシュ「ハイテックプレミアムバッテリーHTP-S-95/130D26L」が、定格730だそうですので、それを上回っています。

もっとも、この740という数値は、「SLI」という表示を選択したもので、これはおそらく電解液タイプを表すようなので、多分これで間違いないと思いますが、ここが間違っていると、数値はおかしくなります。

次に、もう1個のバッテリーの方を計測してみます。

2017-09-21 00.31.58.jpg

こちらは事前に確認した12.6Vなので、充電していない方のようです。

2017-09-21 00.32.21.jpg

こちらのCCA値は…

2017-09-21 00.32.25.jpg

725でした。

多分、これでも充分なんでしょうが…。

改めて、昨晩から今朝にかけて、ACデルコの充電器のメンテナンスモードで充電してみました。

すると、今朝の値は

2017-09-21 09.14.07.jpg

電圧13.1V

2017-09-21 09.14.54.jpg

CCA値も751まで上がっていました。

但し、バッテリーの正確な状況を診るには、1日くらい置かないといけないらしいので、後日、改めて確認してみようと思います。

結論としては、このカオスプロでもセルは回って然るべきと思われるので、やはり、オルビス・イオのセル・スターター周りに問題があるのでは?と推測できます。

また、このパナソニックのカオスプロでは、ひとり旅キャラバンでの問題発覚後、補充電をしたところ、神戸へのお墓参りには、サブバッテリーのブースターケーブル接続無くエンジンが掛かりましたが、ボッシュの新品バッテリーでは、単独では、一度もエンジンが掛かりませんでしたので、パナとボッシュのCCA値の差も興味深いです。

ちなみに、バッテリーの性能表記としては、パナソニックのカオスプロS-95が「105D26L」なのに対して、ボッシュのハイテック プレミアムS-95は「130D26L」と、25も上回る性能ランクです。

そう考えると、このパナのバッテリーの強さを感じます。ぴかぴか(新しい)

結局、ボッシュのバッテリーは買う必要無かったんですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

やっぱりCCAテスターは必要ですね。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月20日

バッテリー問題、最後はプロ頼み

今日は、水曜日の定休日ですが、何も予定が決まっていない。

すると、どうも奥さんは予定が入っていたらしく、オルビスのバッテリー問題に時間が使えます。

まぁ、時間が使えると言っても、頭打ちなんで、どうして良いものかもわからないのですが…。

取り敢えず、ネット上の情報を掻き集めて、ボッシュの同じバッテリーをセレナで利用開始されてたという方の電圧が12.7Vであるとわかり、自分のボッシュと同じであることから、バッテリーは正常の可能性が高いと判断。

2017-09-20 11.20.18.jpg

それでも、CCA値を見ないとわからないということで、昨晩、アマゾンのお急ぎ便で、CCAテスターを手配済みなので、その到着を待っていました。

ちなみに、降ろしたパナソニックのカオスプロの電圧を測ってみると2基ともに12.6V。

CCA値にどれだけの差があるのか興味深いです。

ソーラーでの捕充電を考えているものの、それどころではない感じですが、先輩オルビストのかむぱばさんに、ソーラーについて質問ついでに、バッテリーの状況を伝えると、トヨタに持ち込んだ方が良いんじゃない?とのアドバイスを受けました。

そこで、できることは全部やろうと考え、バッテリー端子のプラス側の一つの締まりが甘かったことを思い出しました。

2017-09-20 10.36.50.jpg

端子一つでも、掛かりが悪くなることがあるらしい。

2017-09-20 10.37.03.jpg

やはり、締めてあるにも関わらず、手で回ってしまう状況だったので、買ってあったエーモンの端子と交換しました。

2017-09-20 11.15.52.jpg

これでエンジンが掛かれば、「何じゃそりゃ」ってとこですが、やはりセルは回りきりませんでした。

昨日も充電したのに、もうセルを回せる気がしません。

そこで、キャラバン中同様に、サブバッテリーとブースターケーブルで繋いでやると、あっさり掛かります。

2017-09-20 12.05.56.jpg

エンジン始動中の電圧計では14Vと問題なしです。

2017-09-20 12.08.36.jpg

これは、やはり初期電力が不足しているとしか考えられませんが、かと言って、新品のボッシュのツインで電力量が足りないとなると、セルで消費される電力が異常の可能性も高いので、かむぱばさんのアドバイス通りに、トヨタの担当者に電話をしました。

営業担当なので、症状を伝えたところで、的を得ませんが、セルの可能性がありますねってことで、預かって診てくれることになりました。

それなら、善は急げです。

2017-09-20 13.46.35.jpg

来月の茂木行きまでには解決しないといけないので、トヨタへ持ち込んできました。

2017-09-20 13.48.01.jpg

作業の目処としては、金曜日までを目処と予定しているとだけ聞いて、歩いて最寄駅から電車へ乗ります。

2017-09-20 14.17.35.jpg

職場近くのトヨタなので、電車だと一旦十三で乗り換えないといけないので大変です。

2017-09-20 14.17.51.jpg

それでも、早く解決したいですから仕方ありません。

トヨタへ持ち込んだからと言ってもセルスターター周りの問題とは限りませんが、方向性は決まるので、早く診断結果を知りたいものです。
posted by かわいいHERO at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月19日

未だ充電中

昨日、新品のボッシュへ載せ替えた我が家のキャンピングカー「オルビス・イオ」のメインバッテリーですが、出勤前に確認すると、未だ充電中でした。

2017-09-19 08.29.59.jpg

ACデルコの充電器では、積載前に単体で2Aで補充電も行ってFULL表示となっていたものの、ツインで積載した状態で、改めて10Aで充電を始めて、未だ終わらないというのはどういうことなのでしょう。

セルが回らなかったことを考えると、実際にはフル充電にはなっておらず、2Aでの充電で、バッテリー側の充電制御が機能してFULL扱いとしてしてしまったのか?

もう1個を、オートバイで使用しているBALの小型充電器を利用したので、同じ2Aにしたのですが、新品の補充電なので、2Aでも良いと思ったわけです。

まぁ、10A充電でもFULL表示で充電できないとなると、お手上げですが、現在、長時間の充電中ということは、真のFULL充電できるかも?という望みがあるので、未だマシだったのかも知れません。

バッテリーの充電制御というのは、多分、ハイブリッド車での頻繁に行われる充電における過充電対策と思われるので、小電流で今回のような反応をしてしまったのかも?というのは、あくまでも私の希望的観測です。

電気について詳しくないのに、あれこれ妄想するからこんなことになるわけで、詳しい方からすると「馬鹿だなぁ」ってことだらけかも知れませんが、良いとこだけ記事にしたって、格好つけるみたいですから、恥を承知で、素人の悪戦苦闘を記事にしておりますので、見かねてのご指導、ご鞭撻大歓迎でございます。

しかし、新品バッテリーってそのままではセル回せないもんなんでしょうか?

今回の件で、キャンサスのポンプ等、エンジン始動時の電力使用を抑えることも考えないといけないのかと思ったりもしたのですが、最後にメインの電気周りを変更したのは、1年前のナビの入れ替えなので、そこから1年間、全くメンテナンスの補充電なしに使えていたパナソニックのカオスプロのことを考えると、問題はそこじゃないという気にもなります。

結果的には、短命覚悟で、安いアトラスで少し大きめのものにでもすれば良かったのかなぁと思ったり…。バッド(下向き矢印)

いずれにしても、これで上手くいかなければ、予算的にもそうせざるを得ないでしょうが。ふらふら
posted by かわいいHERO at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月18日

えっ、新品バッテリーに交換したのに…

今朝は、少し早起きしてシエンタで「マイドームおおさか」まで。

2017-09-18 08.37.30.jpg

娘の進学イベントへ奥さんと娘のアッシー君です。

2017-09-18 08.37.14.jpg

帰宅してからは、いよいよ自分の時間です。

2017-09-18 10.07.50.jpg

台風一過で良い天気です。

早速、古いバッテリーを降ろそうと、ネジを回そうとしますが、完全に錆びて固着しているようです。

ラスぺネ使って解決と思ったのですが、ラスぺネでも歯が立たずで、結局、切れちゃいました。

2017-09-18 10.30.09.jpg

仕方がないので、後から金具を手配するとして、先ずはカオスプロを降ろして、ボッシュの新バッテリーを載せました。

2017-09-18 11.14.02.jpg

降ろしたカオスプロのインジゲーターは、改めて見ると、どちらも青の中に赤のある「良好」マークでした。

2017-09-18 11.30.56.jpg

その後、ホームセンターコーナンへ行って、切れたバッテリーを固定するステーの代用品を探しますが、ステーだけのものは置いていませんでした。

ネジ売り場のアンカーボルトで代用できるものがないか探しましたが、太過ぎるものしかなく、面倒なので、エーモンのセットを買って帰りました。

2017-09-18 12.16.58.jpg

このセットの中の、ボルトステー1本のみ使用して、固定完了です。

2017-09-18 12.28.40.jpg

そして、昼食後、ちょっと昼寝をしてから別作業をしようとオルビスへ行って、念のため、エンジンを掛けようと思ったら、まさかのセル回らずです。がく〜(落胆した顔)

バッテリー2個共に、それぞれ補充電で満タン状態のはずなのになぜ???

想定外の事態に頭が真っ白です。

セルが回らないということは、電力量が不足していると考えられるので、とりあえず、載せた状態で充電をかけると、充電するようなので、充電しています。

2017-09-18 18.31.03.jpg

下手に充電制御の付いたバッテリーをチョイスしてしまったのが悪かったのか?

2Aでの補充電が悪かったのか?

訳がわかりませんが、なるようにしかならないので、充電が終わったら、もう一度、エンジン始動を試みることにします。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年09月15日

オルビスのメインバッテリー準備完了

充電したにも関わらず、セルを回せないところまで電圧が落ちてしまう我が家のオルビスイオのメインバッテリーですが、ようやく交換用のバッテリーが調達できました。

2017-09-12 20.07.26.jpg

これまでは、パナソニックの「カオスPRO S-95」という良いバッテリーを使用していましたが、メンテを怠ったばっかりに、丁度3年で寿命が尽きてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

バッテリー周り改善の最後の仕上げ

同じものをと思ったのですが、このバッテリーはもう販売していないようなので、その互換代替としておすすめされていたBOSCHのバッテリーに白羽の矢が立ちました。

ボッシュバッテリー.jpg

前回、「105D31L」のところ、間違えて「105D26L」の「カオスPRO S-95」にしてしまいましたので、今回は「D31L」サイズに戻そうかとも思いましたが、これまでの使用で全く問題がないので、「D26L」も同時検討しました。

パナソニックの「カオスPRO」では、そもそも「D31L」サイズが無かったので、これしか選択肢は無かったのですが、ボッシュの場合は、「145D31L」なんて最高峰もあります。

なら、それ1個で良いんじゃない?とも思ったのですが、前回、せっかくツインにしていますし、これを2個となると、重く予算もオーバーなので、最終的に従来形を引き継ぐ形で性能は上回る「125D26L」×2個で決着しました。

2017-09-12 20.14.56.jpg

充電制御車・アイドリングストップ車対応とのことですが、通常車にも使用可能ということです。

単純に載せ替えるだけですから、作業自体は難しくありませんが、ツインにするので、2個共に満充電にしてやる必要があります。

2017-09-12 20.22.38.jpg

2台の充電器で、それぞれを2Aで充電済みです。

あとは、いつ載せ替えるかだけですが、幸い、次の日月の連休に出掛ける予定は入れなかったので、台風通過予定の日曜日は厳しいでしょうが、翌月曜日には、台風一過で晴れそうなので、その日に作業しようかと思います。

その時に、やろうと思いながらそのままになっている、発電機のバッ直線も、サブバッテリーからメインバッテリーへと接続し直そうと思います。

さぁ、今度はメインもちゃんとメンテするぞ。
posted by かわいいHERO at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年08月23日

ソーラー選定で失念

オルビスのメインバッテリー上がりから、その対策として計画しているソーラーパネルの新設ですが、先輩オルビストかむぱぱさんにも意見を頂戴し、走行充電があるので、オルビスの出動のない時の待機電力消費分を補うだけなので30Wで充分という結論から、ソーラーパネルの選択を行なっていたのですが、大事なことを失念していました。がく〜(落胆した顔)

2017-08-23 12.11.28.jpg

我が家の駐車場には、カーポートが設置してあるので、ソーラー発電では、その影響を受けるのです。

ポリカーボネート製の屋根なので、日光が通らない訳ではないので、発電しなくはないのですが、その発電量は、青空の場合と比較して、大きく落ち込むこととなります。

2017-08-23 13.49.49.jpg

改めて3階のベランダから見下ろすと、透明度も落ちていますから、発電してくれるだけでも有難いのかも知れません。

メインバッテリー用のソーラーとなると、自宅での駐車中に充電しないと意味がないので、再考の必要があります。

実際の発電量が問題なので、サブバッテリーに充電してくれる、210Wのソーラーパネルで、どれくらいの発電量があるのか、確認してみました。

今日は、晴れているので、発電環境としては良いはずです。

2017-08-23 12.12.32.jpg

ソーラーのコントローラーのモニターを見ると、あいにく、サブバッテリーが満充電状態で、充電を受け付けないので、ソーラーパネルでは35〜40Vの高い電圧も0.1Aしか発電していないので、負荷をかけています。

2017-08-23 12.13.30.jpg

本当は、もっと腹ペコ状態で確認する必要があるのでしょうが、応急対応で、照明の他、冷蔵庫とマックスファンにインバーターをオンにして、約50Wの発電を確認できました。

2017-08-23 12.15.36.jpg

210Wのパネルで50Wの発電ということは、30Wのパネルなら7Wか…。

晴天時でこれでは、ちょっと心許ないなぁ〜。バッド(下向き矢印)

100Wパネルでも24Wならやっぱり無駄を承知で100W必要がなのかな?

都度AC充電すれば済む話ですが、でも、面倒だしなぁ〜。あせあせ(飛び散る汗)

100Wの問題は、サイズ的に載せられるかなので、載せられるものでW数が決まりそうです。ふらふら
posted by かわいいHERO at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年08月17日

ソーラーパネル追加構想

我が家のオルビス・イオのメインバッテリーのバッテリー上がりから、現実的な対策の選択肢として、メインバッテリー用のソーラーパネルの追加が浮上中です。

トリプルサブバッテリー用の210Wのソーラーパネルの威力にその効果を痛感させられているので、メインバッテリーにも、当然有用であることは間違いありません。

装備しているクレシードの走行充電器で、本来はメインバッテリーを保護してくれるはずなのですが、ディーゼルで始動に高い電圧が必要であるからか、その保護機能は役に立たなかったようですから、サブ同様に常に満充電を心掛けるためには、ソーラーでメンテナンスフリーを実現するのが一番と感じます。

ということで、ソーラーパネルを追加設置するわけですが、210Wのパネルと入れ替えた90W弱のシャープのパネルが未だ玄関に放置されていて、こいつを利用できれば最高です。

2017-08-17 22.56.01.jpg

しかしながら、深く考えずに210Wのパネルを設置してしまったので、このパネルが載りません。

2016-06-192016.02.06sss.jpg

次のパネルを載せるとすれば、マックスファンの横、運転席側はマルチルームのファンがあるので、必然的に助手席側、つまりエントランス側となりますが、ぎりぎり長さが入りません。

オルビス後部の一段高くなった部分に掛かってしまうのです。

ならば、新調するしかありません。

どうせなら、目一杯大きなパネルを載せたいと思うものの、細長いこのスペースに、ピッタリくる形のソーラーパネルが見つかりません。

何とか60Wのパネルなら載せられそうですが、スペースに無駄が出てしまいます。

でも、仕方ないですね。

今のところ、充電さえすれば、既存のバッテリーでも始動は問題ないように思うのですが、どれくらい放置すれば始動ができなくなるのかがわからないので、ソーラーで補充電できれば、心配もなくなるので、バッテリー交換よりも先にソーラー載せたいと思う日々です。

さて、いつ頃載せることができるでしょうねぇ…。
posted by かわいいHERO at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年08月15日

メインバッテリーの経過

なんとか回復したかと期待した我が家のオルビス・イオのメインバッテリーですが、ツインそれぞれの電圧にばらつきが出ていないかと思い、テスターを使って、単体でそれぞれの電圧を測ってみました。

2017-08-14 10.52.32.jpg

すると、直前に13Vを超えていた電圧は、既に落ちていて、ひとつが12.88V。

2017-08-14 10.58.50.jpg

残るもうひとつが12.87Vでした。

13Vを切るとはショックですが、今の今までツインとして繋がっていたので、差が出る方がおかしいか…。

改めて配線を接続して、車内のバッテリーモニターを見てみると、やはり12.8Vでした。

これは、やはり駄目なのか?

その後、お墓参りへと出発したわけですが、道中、4回有ったエンジン始動では、問題なくセルは回ってくれました。

問題は、このままガレージ内で放置して、次にセルをまわす時にどうか ですが、それは実際に確認してみるより他ありません。

いずれにしても 、メイン用のソーラーを真剣に考えたくなっています。爆弾
posted by かわいいHERO at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年08月14日

ダメージはありそうですが、未だいけるか

昨日、メンテナンスモードで充電をしていたオルビス・イオのメインバッテリーですが、夜中に確認した時には、未だ終わっていませんでしたが、今朝には完了していました。

2017-08-14 08.53.15.jpg

改めて、電圧を確認すると…

2017-08-14 08.54.28.jpg。。

13.1V。

やっぱり難しいのかもと思いながらも、一応、メンテナンスモードで正常終了しているわけで、それなりに充電はできているはず。

2017-08-14 09.04.13.jpg

バッテリーのインジゲーターが、載せたままの状態では見難いので、スマホでの写真で確認すると、ツインのうちのこちらのバッテリーは、正常にも見えますが、大外に赤い色も見えるので、そうでないようにも見えます。

2017-08-14 09.07.16.jpg

一方、もうひとつはブルーが見えるので、間違いなく正常でしょう。

ひょっとすると、一方のみ駄目になってるのかも知れませんね。

2017-08-14 09.11.12.jpg

ツインのをやめて、確実に正常な方だけで運用すべきなのでしょうかね?

しばらく様子を見るとして、こまめにチェックしながら考えよう。

気軽に充電できるように、手前のトレーは空けたままにしておきます。
posted by かわいいHERO at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年08月13日

バッテリー充電とのんびり三太郎

夏のひとり旅キャラバンを終えて、自宅でのんびりなお盆です。

モトGP開催週で、それ中心ではありますが、放っておけないのが、オルビスのメインバッテリーです。

昨日、帰ってから早速充電を掛けようとしましたが、ACデルコの充電器の傷んだバッテリー向けのメンテナンスモードを利用しようとしても、受け付けてくれず、仕方なく通常充電で今朝、確認しましたが、13.1Vとあまり電圧が上がっていません。

試しにセルを回すとエンジンは掛かったものの、12.7Vでセルが回らなかったことを思うと、不安でしかありません。

2017-08-13 16.13.57.jpg

そこで、今度は設定CCA値500でCCA自動充電を試してみると、90%表示で充電が始まりました。

でも、現在積んでいるのは、パナソニックのバッテリーで、パナソニックは、CCA値を公表していないらしい。

CCA値500で充電したものの、バッテリーの大きさから考えて、CCA値はもっと高いだろうし、ツインで積んでいるので、容量的には倍となるわけなので、上限の999でも問題ないだろうということで、再度、CCA値を999にしてCCA自動充電を行ってみると、80%表示で充電を開始しました。

そして、3時間ほど放置して見に行くと、終わっていたので、電圧を見てみると、14Vから徐々に数値が落ちて来ます。

2017-08-13 16.15.23.jpg

最終的に、13.4Vまで落ち、未だ安定していないのかも知れませんが、もうバッテリーが難しいのかも知れません。

2017-08-13 16.15.26.jpg

ただし、今朝の13.1Vや充電時間を考えると、それなりに充電できている感じもします。

ここで、改めて「メンテナンスモード」のボタンを押してみたところ、受け付けなかった「メンテナンスモード」が開始しました。

2017-08-13 16.16.42.jpg

「メンテナンスモード」は終了時間がわからないので、気ままに待つより仕方がありません。

そこで、夜のモトGP決勝までの時間を利用して、家族でミスタードーナツへ行って来ました。

2017-08-13 18.11.37.jpg

そうです。

今日は13日。

三太郎の日です。

2017-08-13 17.52.26.jpg

お盆なので空いているかと思いましたが、今日も行列でした。

帰って来ても、「メンテナンスモード」は継続中ですが、明日は、お墓参りに行くので、それまでに終わっているといいのですが…。
posted by かわいいHERO at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年01月29日

また出掛けずなので

今日もまた出掛けませんでした。

ふるさと納税による確定申告の準備をしたり、溜まっている「YOUは何しに日本へ?」の録画なんかを見ているとすぐに1日終わってしまいましたけど…。

そう言えば、唯一、未だに届かない「さとふる」利用の寄付証明書ですが、「さとふる」から1月末に発送するとのメールが届いていました。

遅いけど、思ったよりは早く届きそうです。

また、ふるさと納税を目一杯利用したのに、今頃奥さんから今回は医療費も10万超えていると言われてしまいました。

なので、エクセルで医療費の集計表を作ったりで、のんびりしながらも、やることはやってました。

それと、忘れてはいけないのが、オルビスの照明のワイヤレススイッチの電池交換です。

「CR1220」を2個買ってきたので、サクッと交換します。

2017-01-29 20.51.01.jpg

再度、スイッチのカバー部を外しましたが、これって自分で両面テープで止めている???

もう、自分でも覚えていないのですが、設置時にも外したんでしょうね。

両面テープが良い仕事をしていましたが、一度外すともう粘着力は期待できないので、両面テープも交換しました。

2017-01-29 21.05.11.jpg

あれ、照明点灯中は、スイッチのブルーのLEDが常時点灯するんじゃなかったのか…?

2017-01-29 21.05.13.jpg

それでも、確実にON/OFFできるようになったので、やっぱり電池切れではあったようなので、これで問題は解決です。
posted by かわいいHERO at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2017年01月27日

あれ?ダイネットの照明がつかないぞ

スタッドレスタイヤに換装したものの、未だ出動機会の訪れていない我が家のオルビス・イオですが、正月2日の神戸への日帰り時に、一瞬、ワイヤレススイッチでオンするダイネットのメイン照明がつかないということがありました。

照明本体のスイッチを触って、再度スイッチを入れると問題なく点灯したので、そのまま忘れてしまっていました。

そして先日、夜に、荷物を取りにオルビスへ入ったのですが、またもや照明がつきません。

それ以前の何度かは、問題なくついていたので、気に留めていなかったのですが、真っ暗なので、ダイネットの窓のところのダウンライトのスイッチを入れたところ、こちらもつきません。

メインスイッチのブルーのLEDは点灯するので、バッテリーの問題ではないようです。

使用頻度の低いダウンライトはまだしも、ダイネットのメイン照明は点灯しないと困ります。

ダイネットのメイン照明については、電波法違反となる可能性があるとして現在は販売中止となっているエーモンのワイヤレススイッチの電池切れが疑われますが、同時にダウンライトが点灯しなくなったことで、他に原因があるのかもしれません。

2017-01-26 19.50.16.jpg

そこで、ミクシィでワイヤレススイッチの電池切れがどの程度の頻度のものかを確認してみようと、既に電池切れを経験された方に呼びかけましたが、意図した回答がなく、諦めていましたが、その際に使ったスイッチ設置時の写真のブルーのLEDが点灯している事に気が付き、現在はボタンを押した時だけしか点灯しないということに気が付き、やはり電池切れだと特定するに至りました。

image-34b80.jpg
設置時の写真

最終的に照明自体は点灯するので、照明そのものの問題ではないと思われます。

2017-01-26 19.50.28.jpg

でも、そうなると、ダウンライトが点灯しない原因は何?

2017-01-26 19.49.55.jpg

2灯のダウンライトの間にある蛍光灯タイプはちゃんと点灯しますし、キッチンのダウンライトも点灯します。

2017-01-26 19.49.43.jpg

これは、LED自体の問題か?

2017-01-26 20.04.38.jpg

キッチンのダウンライトと取り替えて確認しようと思って、ガラスカバーを外してみたけれど、

「あれ?これどうやって外すんだっけか?」

2017-01-26 20.05.04.jpg

記憶では、簡易的な取付しかした覚えがなく、カバーを外せば落ちてくる位のイメージでしたが、きっちり収まりすぎていて、何処をどう外すのかがわからないので、過去のブログ記事を確認してみました。

やっぱり、両面テープで取り付けているだけだったので、気合でエイヤッと剥がしてみました。

2017-01-26 20.11.46.jpg

両面テープも時間を置いて粘着力を発揮すれば大したもんですね。

で、そんな作業をしながらふと気が付きました。

LED自体が悪いのならば、2つ同時につかなくなるのかな?と。

その可能性もあるのかも知れないけれど、元来のものぐさ太郎満開で、「そう言えば、スイッチという可能性もあるよね」と安易な方に逃げて、スイッチの方へ。

2017-01-26 20.14.56.jpg

スイッチのブルーLEDも点いていないので、「スイッチの接触だったりして…」とスイッチ裏の端子部分を触ると、

2017-01-26 20.15.21.jpg

点いた!

2017-01-26 20.15.29.jpg

どうも裏の端子からケーブルが抜け掛けていただけみたいです。

スイッチ裏は収納になっているので、場合によってはケーブルを引っ掛けて抜けちゃうケースもあるかも知れませんね。

今回は、なんてことはない原因で、ものぐさ太郎大勝利でした。

これで、気兼ねなくワイヤレススイッチ用の「CR1220」なんて変態電池買いに行けます。
posted by かわいいHERO at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2016年09月24日

ぶっとび!CAMOSの変換ケーブル

バブルを知らないバブルネタのお笑い芸人、平野ノラさんではないですが、バブル世代の私もぶっとび!な事がありました。

それは、入れ替えたばかりのナビに関することです。

オンダッシュカバー導入で、高機能ナビゲーションの利用が可能となった我が家のオルビス・イオですが、深く考えていなかったことで、気になっているのが、バックカメラのモニターです。

ソニーのナビ搭載時は、その左隣に並べて設置していましたが、オンダッシュカバーを取り付けたところ、これまでの位置には設置できなくなりました。

元祖オンダッシュカバーのオルビスト、ぴー太さんのブログで確認すると、ナビの右側に設置されていたので、自分もその位置に仮置きしています。

2016-09-22 16.17.57.jpg

わざわざ別モニターを設置したりせずに、ナビに接続すればいいじゃないかと思われるでしょうが、オルビス・イオのシェルは韓国で製作されることもあって、バックカメラは韓国メーカーのCAMOSのものが使われています。

このCAMOSのバックカメラは配線が曲者で、普通のコンポジットの黄色ジャックではなく、6PINの丸いS端子のような特殊なソケットのケーブルが利用されています。

なので、そのままでは、国産ナビのバックカメラ端子には接続ができないわけで、端子の変換が必要となります。

979418461_179.jpg

この写真は、富山のオルビストのんのんさんのところのオルビスの変換ケーブルです。

この件については、過去に愛知のオルビスト、iwaさんがミクシィのキャンピングワークスコミュニティで、質問されていて、変換ケーブルが購入できると判明しています。

この商品がコンポジットに変換するケーブルだそうです。
カモス/CAMOS カメラ変換ケーブル DRN-012A 販売価格(税込)2,282円


ただし、この情報がトピックでやり取りされたのが、2011年2月ですから、現在も購入できるのかという問題があります。

そこで、「DRN-012A」でGoogle検索してみました。

camos01.jpg

一番に出てきたカー用品販売サイトでは…

camos02.jpg

現在は販売していないようです。

そこで、iwaさんが購入されたらしい、シルバーアイ社に問い合わせてみました。

すると、こんなメールが返ってきました。

camos03.jpg

ぶっとび!

税別 3,900円!!!

税込だと4,212円なので、以前の倍近い金額です。

これを為替の影響と受け止めると、オルビス・イオの販売は無理ですよね。

製造中止等の理由も考えられますが、ちょっと素直に購入したくなくなる金額ですねぇ。

さて、どうしたものか?

バックミラーモニターに接続するという方法もありますが、そこはリアビューとサイドビューで利用しているのと、画面が小さくなってしまうので、できれば避けたい。

連休初日はリアビューカメラの画期的解決!?

となると、この記事の通り、リアビューカメラの取替で判明した、パソコン用のPS2ソケットで代用できることがわかっているので、それで何とかするか?それとも素直に馬鹿高い専用品を買うのか?

答えが出るまでは、現在の状態ですが、結局、ずっと今のままだったりして…。あせあせ(飛び散る汗)

posted by かわいいHERO at 15:50| Comment(5) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2016年09月20日

オルビスのカーナビ取り替え中

連休祝日の昨日は、作業を見越して休日にしては早めの起床でしたが、またもや奥さんから悪魔の囁きです。

友達と映画に行くという娘を、近くのショッピングモールまで送って行くのに付き合えと言います。

それって、前日に私の居ないところで、行きは送ってあげるって、奥さんが約束していたのを耳にしていたのですが、結局、私に運転させようという魂胆です。

それか、シエンタのガソリンが無かったので、私にガソリンを入れさせようとする作戦か?

2016-09-19 10.32.33.jpg

真相はわからないまま、結局、運転手です。

そして、娘を送って家に戻って来ると、自宅手前に車が停まっていて、ご近所の人達が集まっており、うちのおばあちゃんがシエンタのところまでやって来ました。

どうやら、お隣さんが亡くなられたようで、病院からご自宅に帰って来られたところだったようです。

参りました。

今日こそ、オルビスのカーナビの取り付け作業を終えたいと思っていたのですが、お隣さんがそんな時では、作業がしづらいじゃないですか…。

2016-09-14 10.56.24.jpg

とはいえ、以前のソニーのカーナビは取り外してしまっているので、少しずつですが、準備をしてきていたので、作業としては、大掛かりなものでもありません。

今回、ナビの入れ替えにあたり、導入することにしたのがこれ。

2016-09-14 10.06.30.jpg

ダッシュボード上にナビを移動するオンダッシュカバーです。

よく売れているみたいで、欠品だったりしていましたが、現在は在庫有りでした。

バンテックのパーツセンターが販売元のようですが、私は3電源リレーで購入経験のあるRVランドさんから購入しました。

でも、これって岩手のオルビスト「ぴー太さん」の完全パクリだよなぁ…。爆弾

まぁ、でも仕上げはさすがの量産品です。

その仕上げの美しさこそが、導入の動機となりました。

タイプがノーマルの180mmタイプとワイドの200mmがあって、深く考えずに「大は小を兼ねる」という発想で、ワイドをチョイスしたので、必然的にナビ本体もワイドから選択することとなります。

先日、カー用品店で話を聞いて、パイオニアかパナソニックにしようといろいろ考えましたが、ナビとしてはパイオニアが無難そうですし、パナソニックのブルーレイが読めるというのは魅力ですが、どれくらい需要があるかわかりませんし、パイオニアでもHDMI入力があって外付けのブレーレイプレイヤーは接続可能なので、パイオニアで充分と判断、サイバーナビまでは必要ないと考えて、当初の予定通り、楽ナビに決定。

カー用品店での購入を考えていましたが、モデルチェンジ前と言いつつ家電量販店のような値引きはできないようで、価格.comの最低価格近いラインとは1.5万円も差があったことから、価格.comの安値上位の店舗で店頭購入しました。

購入後、パイオニア製品に搭載されていない新しくできた“VICSワイド”なるサービスが気になったものの、パイオニア製品では、それ以上のサービスを既に採用しているという情報を得て、一安心です。

ものが揃えば、取り付けたくなるということで、気が向いたときに、少しづつ作業をしていましたが、先ずはオンダッシュカバーの取り付け加工をと思ったものの、キャンサスのコントローラーがあって、木目のカバーが外れません。

2016-09-14 10.56.42.jpg

電気系スイッチ類のソケットと違い、エアチューブは漏れると手に負えないので、現場施工となりました。

2016-09-14 11.00.38.jpg

なるほど、こんな感じになるんだなと、完成を夢見て、カバー上部に型紙どおりに穴を開けます。

2016-09-14 17.57.18.jpg

オンダッシュカバーの取り付けは、基本、穴開けだけなので、穴が大きくなり過ぎないようにだけ注意するばOKです。

2016-09-19 11.58.57.jpg

ナビも仮留めしてみました。

2016-09-19 11.59.10.jpg

あとは、配線ですが、もう一点、クリップの留まりが悪く浮いてしまいます。

2016-09-19 11.59.31.jpg

これについては、取り付け説明書にも記載があって、穴の裏側を面取りしてやる必要があるようです。

2016-09-19 12.00.13.jpg

ただの穴開けと違って、現場施工ではちょっと厄介な作業となるので、ここで放置となっていました。

一方で、配線については、オルビスの納車直後に、オルビス側の14PINのカプラーをトヨタ車標準の10PINに作り変えていたので、メインのカプラーについては、トヨタ車用取付キットで、楽することができました。

あとは、リアスピーカーとナビ用の車速等の配線の接続だけですが、これらも従前の接続部分に合わせて、配線を延長、ギボシを合わせることで、迷うこと無く接続できました。

そうなると、後はカバーの浮きを改善する裏側の面取り作業と、HDMIやUSB等の拡張の為の配線です。

お隣さんから車内が見えないように、窓にダンボールで目張りをして、ひっそりと作業を進めました。

2016-09-19 12.45.38.jpg

最適な工具がなく、カッターとヤスリの地道な作業です。

2016-09-19 12.49.33.jpg

まぁまぁ、いい感じにできたかな?

2016-09-19 12.51.34.jpg

オプション配線は、専用カプラーのものは、オプション品を使わざるを得ませんが、汎用品は、PCデポの安価なもので対応します。

あれこれ配線詰め込みすぎで、カバー内に収めるのに苦労しましたが、何とか完了しました。

残るは、フロントウィンドウへのアンテナの貼り付けと、リアへの各配線の取り回し処理だけですが、何よりナビのテストをしたかったのですが、エンジンを掛けるのに気が引けたので、ACCオンでナビの通電の確認に終わりました。

今日は仕事ですが、明日明後日と連休になるので、そこで、アンテナ貼りとテストで完了させたいと思っています。
posted by かわいいHERO at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2016年09月14日

カーナビをアップデートしようかな?

我が家のオルビス・イオには、今はなき古いソニー製のカーナビが付いています。

A3F8A3F9A3FA77.jpg

非常に良くできたナビなのですが、如何せん肝心の地図更新が終了してしまったことで、今はナビとしては使わなくなってしまいました。

使って使えなくはないものの、何せ新名神なんて道無き道を行くものですから、スマホのGoogleマップナビを併用したりしているうちに、ナビはスマホに取って代わられました。

但し、走行中の現在地を表示させることで、道路の様子を確認したり、何よりAVモニターとしては、便利に活躍してくれてはいますが、本来はナビゲーションシステムであるということを考えると、この使い方もなんだかなぁ…ってところはあります。

そこで、今更ながらカーナビの入れ替えなんてことを思いつきました。

何がなんでもということではありませんが、スマホでのGoogleマップナビは、カーナビ専用機よりも時間短縮可能なルートを表示してくれるため、二輪車や軽トラックでは非常に有効なのですが、大柄なオルビスとなると話が変わります。

物理的に苦しいルートでも、何食わぬ顔をして案内してくれるわけですから、安心して案内されたルートを信じるということができません。

常に、この道を進むことができるのか?という疑問を持ちながら、疑心暗鬼で進むこととなります。

Yahoo!のカーナビアプリを使うという手もありますが、理想は車載の専用機とスマホを併用出来れば、ベストです。

ということで、その気になってきたので、昨晩の帰宅途中に、カー用品のジェームスへ。

店員さんと楽しく会話していたら、気が付けばもう営業時間を過ぎていました。

2016-09-13 20.08.08.jpg

外へ出ると、電気も消えて真っ暗でした。

2016-09-13 20.09.01.jpg

ナビとしてはポータブルでも良いのですが、ポータブルの場合は、AVの外部入力端子がないことと、ナビ画面の一部にAV画面を表示するPinP機能は欠かせないので、2DINタイプとなります。

2016-09-13 20.08.48.jpg

パナソニックのブルーレイも捨てがたいですが、ナビを考慮すると、楽なびが現実的かなと思ったり。

悩み時が楽しいものの、本音は今のソニーで、地図さえあれば良いし、新型なんてあったら、迷うこともないのですが…。

無い物ねだりしても仕方ないので、じっくり検討しよう。
posted by かわいいHERO at 09:30| Comment(7) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2016年07月01日

念の為の充電チェック

もう日は変わっちゃいましたが、お昼ごはんは天丼でした。

2016-06-30 14.09.57.jpg

そんなことはどうでも良いのですが、わずかですが充電が確認できたオルビスのソーラーシステムを,仕事から帰宅後にチェックしてみました。

2016-06-30 21.21.54.jpg

夜なので,充電はしておらず、昨晩と同じ状況でした。

でも、バッテリーモニターは、残量が100%となっていましたので、ちゃんと充電できていたようです。

2016-06-30 21.22.36.jpg

とは言っても、ジェルタイプの粘る特質からか、直ぐに80%位にはなるので、充電量はきっと大したことはないでしょう。

それより、ソーラーのモニターが原因なのか、メインスイッチ入れてないのに、0.1Aの電流が…。

意外と電気喰うのね。ふらふら
posted by かわいいHERO at 02:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係

2016年06月30日

久しぶりのコストコとソーラー充電問題解決?

雨予報の水曜日は、予定もなくのんびりと過ごすことに…。

ですが、昼を過ぎると奥さんが身支度をしだして、お腹が空いたと言いながらも、昼ごはんを作る様子はありません。

外食要請バレバレですが、かと言って出掛けるような場所もなく、スルーしていると、仕方なく昼食の準備を始めそうだったので、「行くならコストコくらいかな」と声を掛けると、コストコ=ホットドッグでも良いということで、久しぶりのコストコへ。

2016-06-29 14.52.25-2.jpg

ホッドドッグでお腹を満たした後、ワンパターンの牛タンや中落ちカルビに、子供たちのソーダ類、炭酸水トーキングレインも安くなっていたので、久しぶりに2ケース購入。

予定外なのは、ネッスルのネスプレッソを奥さんが欲しいというので買ってしまったことです。

2016-06-29 20.30.03.jpg

実は、私的にはネスプレッソ本体よりも、セットとなっていた「エアロチーノ」という牛乳を泡立てる機械が欲しかったりしました。

外出中、気になることがひとつあり、それは、荷物が届いていないかどうかでした。

その荷物こそ、オルビスの走行充電器であり、潟iヴィックさんから前日に発送されていたのです。

で、帰宅してみると、ちゃんと届いていました。

2016-06-29 18.41.46-2.jpg

となれば、直ぐに取り付けたくなって、オルビスへ。

2016-06-29 18.49.56.jpg

シートを開いた状態で放置しているので、即アクセス可能です。

今回は、配線もしっかり絶縁、マークしてあるのでスムーズです。

と、配線を終了したところで、ソーラーコントローラーのモニターが灯っていることに気が付きました。

2016-06-29 19.05.42.jpg

フューズが切れていなければ、先日もこのように点灯してくれたのでしょう。

2016-06-29 19.06.16.jpg

微妙にボルト数が変動していますが、

2016-06-29 19.06.57.jpg

コントローラーのバッテリーLEDはグリーン点灯も、充電ランプは消灯してる…ってそりゃあそうです。

2016-06-29 19.08.49.jpg

屋根上のソーラーパネルにダンボールを掛けたままでした。

2016-06-29 19.09.45.jpg

ダンボールを取り去って、さてどうなるか?

2016-06-29 19.11.10.jpg

左の月のマークが太陽マークへと変わり、電圧も4.8Vまで一気にアップ。

2016-06-29 19.13.16.jpg

でも、日が落ちてしまっているので、電流は0のままで充電はしませんね。

暗くなるに連れて、電圧も下がっていきます。

2016-06-29 20.00.40.jpg

とうとうダンボールで覆った時と同じ数値に。

ちなみに真ん中はバッテリーのステータスで、スマイルは異常なし。

当たり前ですが、電圧もバッテリーモニターと合致します。

右は、コントローラーから電灯等の電源を取った際にその状況が表示されるようです。

2016-06-29 20.03.44.jpg

バッテリーについては、標準では開放タイプのバッテリーとなっているので、FIAMMのトリプルに合わせて、ジェルタイプ300AHとしました。

一夜明けて、いよいよ今朝の状況です。

2016-06-30 09.19.12.jpg

生憎の雨模様ですが、0.1Aだけは充電しているようです。

2016-06-30 09.21.11.jpg

バッテリーモニターでも、“CHARGE”と表示されており、0.1Aだけですが充電していることが確認できます。

2016-06-30 09.22.18.jpg

昨日は消えていた、コントローラー本体のソーラー充電LEDも一応点いています。

これで、取り敢えずはソーラーシステムの載せ替えは完了したと言っていいでしょうね。

2016-06-29 20.13.53.jpg

偶然、外してみたこの簡易消火器、期限が大幅に過ぎてました。

もし、消防点検があったら不合格です。

万が一のためのものですが、だからこそ、期限内のものと交換しないといけませんね。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係