2011年04月20日

バックカメラ映像の完治?

今朝、販売店である大森自動車さんからオルビスの作業が終了したとの電話が。
お昼前到着を目処に出発しようと準備をして阪神高速に乗ると、環状線まで60分の渋滞との表示です。

1303270203892.jpg

予想外の渋滞を抜け、赤い南港大橋を渡って大森自動車さんへの到着はお昼を1時間近く過ぎてしまいました。

1303271549294.jpg

うるさい軽バンと引き換えに愛しいオルビス君と再会です。
で、今回預けたのは、バックカメラのモニター映像が二重に映るという現象からです。

1303276070174.jpg

ダッシュ内の配線接続部などに問題がないことを確認して、原因調査をお願いしたものの、なんとその原因は…

1303276112877.jpg

単なるモニターの設定違いだったようです。爆弾
どこで、誰がボタンを押したのかわかりませんが、単にボタンで設定が変わってしまっていただけでした。ふらふら
販売店には申し訳ない内容でしたが、ちょうど登録から1年のタイミングだったので、1年点検とオイル&エレメント交換をお願いしていました。
不具合の可能性も低い1万キロに満たない走行距離にしては、結構な出費ですが安心の為には止むを得ないですね。


posted by かわいいHERO at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2011年03月20日

フロアマット

ありあわせの家庭用マットを敷いたのままだった、キャンピングカー「オルビスIO」のキャビンですが、先日のオフミがあったキャンカーショーでもバンテックのパーツセンターの出展がなく、またもや買いそびれる結果となりました。
標準のゴムマットでもいいかなと思っていましたが、オフミで皆さんにお聞きしたところ、ゴムはすべるとの意見もあり、思案しておりました。
ようやく重い腰があがり、ヤフオクでトラック用を物色、あるお店が職場の川向こうにあることを知り行って買ってきました。

1300459434592.jpg

2t車用の汎用タイプ1980円です。
合うかどうかわかりませんが、まぁいいかで購入。
直接買いに行ったので送料は助かりました。
ただ、運転席部分だけなので、助手席用にホームセンターコーナンで長方形の680円も購入。
どちらも色は黒で違和感なしです。

1300459480144.jpg

実際に敷いてみると…

1300459943281.jpg

2t用なので少し大きいのかなという感じ。
微妙に合わない感じですが、必要十分かなと思います。
助手席側は。

1300460157484.jpg

カットしなくてもOKですね。
中央部が足りませんが、私の場合はナビのジャイロボックスを置いているのでもう1枚、ホームセンターで小さいサイズ(480円)のマットを買えば完成です。

専用品まではいきませんが、トータルで3千円ちょっとは、純正のゴムマットよりもコストパフォーマンスが高いので良しとしましょう。

ちなみに、震災後のこの時期に今回は経済活動ということでマットの導入しましたが、出来ることもやってます。

rps20110320_114107.jpg

誇れる金額でもないし、偽善者のようなそんな報告不要だと私自身思いますが、誤解して欲しくないことと、未だされていない方が、あの人でもやってるんなら…ということも期待して敢えてアップです。
ちなみに、会社にも働きかけて多くはないですが送金できることとなりました。
郵便局から日本赤十字へは、振替手数料無料ですし、詐欺に合う心配もないので安心ですね。
私の行った郵便局では、手書きで用紙を用意していただいていたので簡単に手続き完了しました。
posted by かわいいHERO at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2011年01月23日

ドリンクホルダー

我が家のキャンピングカーと同じオルビスユーザーのおじゃるさんのブログの写真を見てちょっとした衝撃を受けました。
というのも、そのブログの記事で紹介されている空気清浄機がオーディオの下辺りにあるドリンクホルダーに置かれています。
「あれ?」と思った私は、すぐに車庫のオルビスのところへ行って確認しました。

1295791283713.jpg

それらしきものがあるので引き出すと…

1295791069543.jpg

紛れもないドリンクホルダーだ。
実は、私はこれまでこのドリンクホルダーの存在に気づいていなかったのです。爆弾

カムロードのセンターの背もたれを倒すとこんなトレーとドリンクホルダーがあります。

1295791406582.jpg

トラックであるカムロードは室内灯なんかもシンプルというか貧弱なので、ドリンクホルダーもこの背もたれだけだと勝手に思い込んでいて、不便だなぁと感じていました。

念のため奥さんにも聞いてみましたが、奥さんも気づいていなかったようです。
よくよく記憶をたどればオーディオ取り付けの時になんとなく見たような気もしますが、全くその存在は消え失せていました。

それぐらい、オルビスを活用できていないというお粗末な発見でした。ふらふら
posted by かわいいHERO at 23:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年06月13日

6年落ちのカーナビSONY「XYZ-77」

xyz77.jpg
上の写真は以前カーオーディオを取り付けた時のこのブログのものですが、私のキャンピングカー「オルビスIO」には、前車VWユーロバン時代から使用してきたソニーのオンダッシュタイプのカーナビを取り付けしています。
せっかく新車のキャンピングカーなのでカーナビも新しくしたいという思いもあったのですが、このソニーの「XYZ-77」というカーナビを処分する気になれなかったことと、最新のカーナビでもできないことがあったからです。
私が動画オタクであるということは、このブログをご覧の皆さんはそろそろ気づいておられるかもしれませんが、まさにこの動画オタクの心をくすぐるのがこのカーナビSONY「XYZ-77」なんです。
製品としてはさして販売台数も伸びず、既に生産も終了したソニーのカーナビの失敗作という位置づけになるのかもしれません。
現在、ソニーは新たなポータブルナビのシリーズで成功していますが、そのルーツはこの「XYZシリーズ」にあるのです。
では、このカーナビのどこが良いのかというと、当然動画再生が可能なところとなります。
動画再生可能なナビは、他にもあります。
例えばパナソニックはSD-VIDEOという規格で自社のHDレコーダーなどで録画した番組を視聴可能です。
しかしながら、手持ちの動画を変換して再生するということができないのです。
厳密にはできる方法も存在するのかもしれませんが、一般的な動画変換方法、つまりPCアプリを使って変換する方法がないのです。
ですから、HDレコーダーなどからメディアに保存したり、変換してしまった動画ファイルが再生できないということです。
もちろんユーチューブなどからダウンロードしてきた動画も然りです。
動画視聴においてソニーの優位な部分はMPEG-4という動画形式に対応している点です。
もともとプレステや、PSPなどのゲーム機で、エンターテイメントに長けたメーカーであるが故に、この部分は大きなアドバンテージになっているように思います。
動画のMPEG4形式に対して音声はAACという規格に対応しています。
ですから、MPEG-4-AACという規格で作成された動画は、ソニー製品で動画再生の可能なものでは、多分全て問題なく再生されると思います。(私はPSP等他の商品を所有していないので、実際確認したわけではありません)
そして、このMPEG4-AACという規格の素晴らしいところは、「iPhone」や「iPod Touch」、もちろん「iPad」でも再生が可能だというところです。
この形式に変換できるフリーソフトはいくらでもありますから、この形式にしておけば、どの機械からでもその動画が見れるわけです。
ただし、一時期人気を博したDivxという規格の動画再生機能のあるメディアプレイヤーなどでは、MPEG-4対応のものでも音声がAACに対応しておらず、MP3のものしか再生できないというのが多いので注意が必要です。
最新のソニーのポータブルナビもメモリースティックからMPEG4動画の再生が可能なようですが、詳細は持ってないのでわかりません。
また、少々ややこしいですが、MPEG-4といってもそれ自体が進化しているため、最近はより圧縮効率の高い「MPEG-4 H.264」とか「MPEG-4 AVC」などの名称で呼ばれる新しいMPEG-4規格があります。
私のカーナビSONY「XYZ-77」は6年落ちということで、この新しい規格に対応しているはずはなく、MPEG-4でもSP(シンプルプロファイル)と呼ばれる初期からの規格のものです。
ですから、ハイビジョン時代にはあまり向きませんが、VGAクラスの画面なら軽快で十分楽しめると感じています。

また、カーナビSONY「XYZ-77」はハードディスクタイプのカーナビでありながら、取り外しが可能です。
車載用のベースの他に家で使う為のベースとACアダプターも付属しているのです。
xyz77_1.jpg

そして、家ではUSBケーブルでPCと接続して専用ソフトで動画や音楽のファイルを同期することができます。
xyz77_2.jpg

本体には、ノートパソコンなどに使われる2.5インチのハードディスクが使用されているらしく、標準の30GBのハードディスクを80GBなどの大容量タイプに換装されている方も多くおられるようです。
私もそのうちチャレンジしたいと思っています。
ハードディスクなので、ハードディスク内に動画・音楽・写真・文書(PDF)等のファイルをコピーすることで、それを見ることもできます。いちいち本体をはずして家へ持って入るのが面倒なら、メモリーカードが利用できます。
本体サイドにはコンパクトフラッシュとメモリースティックの二つのカードスロットが付いています。
xyz77_3.jpg

私はその両方のメモリーカードとも使わないのでアダプターを使ってマイクロSDの2GBをそれぞれに挿しています。
xyz77_4.jpg

MPEG-4動画なら、これでも数本は入りますし、MP3の音楽もアルバム数枚が入りますので、価格も安く入手しやすいマイクロSDの2GBなら追加することで交換すればいくらでもソフトを楽しむことができます。
また、私は持っていませんがこのコンパクトフラッシュスロットに対応するWIFIの無線LANカードを挿すことにより、ネットワークに接続できて内蔵のブラウザでインターネットやメールもできるんです。
(ただし、ブラウザが良くないので快適には使えないと思いますが…)
ここまでくるとまさにパソコンですよね。
そう、このカーナビSONY「XYZ-77」は基本ソフトにリナックスを使ったカーナビ専用パソコンなんです。
6年落ちとはいえ、他に類をみない機能は今もファンはいますので、地図ソフトも毎年更新されています。
カーナビ画面で自車にポストペットのモモちゃんが表示されるのもご愛嬌です。(写真は拾ってきたものです、すみません)
xyz77_5.jpg

私がこのカーナビを手放せない理由が少しはわかってもらえたでしょうか?
「車で動画は要らんやろ」というご指摘はお許し下さい…
ソニーさんには、「XYZシリーズ」復活を望みたいところですが無理でしょうね。
今しばらくはこのナビで楽しみたいと思います。
posted by かわいいHERO at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年05月11日

カムロードの時計

私のキャンピングカー「オルビスIO」のベース車はトヨタの「カムロード」というキャンピング架装専用のトラックですが、今回初キャラバンで不便に思ったことのひとつに「時計」があります。
シェルのダイニング付近にも先輩オーナーの皆さんが取り付けられているように、デジタル時計の設置を考えていますが、運転席にも時計が必要だと感じました。
前車フォルクスワーゲンのユーロバンではインパネ内にデジタル時計の表示がありましたし、最近の普通車では時計は当たり前になっているのではないでしょうか。
ところが、カムロードには時計がないためナビの時計を見るしかありませんでした。
そこで、たまたま行ったジェームスで時計を見てみることに…。
最近は車の時計も電波時計になっているんですね。
電圧計だの温度計だのは家に前車から外したものがあるし、興味も無くシンプルイズベストでこちらをご購入。
ボタン電池で車の電源に頼らないタイプです。
ボタンを押すと5秒間ブルーに点灯します。
時計.jpg

昨晩取り付けようと思ったのですが、私のオルビスの運転席には現状ナビとバックモニターが並んでいます。
audio_all.jpg

取り付ける場所がな〜い。
あっちこっちあてがってみるものの、しっくり来る場所が無く、あえなく退散。
もう一度考えてみて無理そうならダイニングにでもつけるかな。
posted by かわいいHERO at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年05月02日

キャブ部分の出撃準備はなんとか完了

今晩から北陸方面への出撃を予定している我が家のオルビスIOですが、懸案の車内オーディオ類の暫定取り付けがやっと完了しました。
仕事から帰ってからの夜な夜なの作業で気分も乗らず、つまらない部分でてこずったり悩んだりで、取付後も問題も多々ありますが、何とか使えるレベルに達したので良かったです。
元々は納車が遅れたことが影響していますが、次につまずいたのが配線のカプラーの問題です。
早くから、マイミクの「ヒロポン?」さんに教えていただいていたにも拘わらず完全に見逃して無駄な動きをしてしまいました。
現在のカムロードのオーディオカプラーはトヨタ車標準の10Pタイプではなく特殊な14Pだったのです。
その14Pカプラーを取寄せて配線するという純正的方法もありますが、今回時間がないのと14Pカプラーの配線をするのがたいへんなので、ギボシでダイレクトにつけるのが一般的だと思います。
カムロードの場合、オーディオ奥のスペースがタイトらしく、カプラーがないほうが当然ゆとりが出るのでそこでもメリットがあります。
しかしながら、今回私が取った方法は今回、その現カムロード標準の14Pカプラーをトヨタ車標準の10Pカプラーに付け替えるというものでした。
通常カーショップで売っている「トヨタ車用のオーディオハーネス」ではオーディオメインの10Pカプラーとスピーカー用の6Pカプラーがセットになっています。
カムロードではリアスピーカーの配線が殺してあり、標準のラジオ14Pカプラー内にフロントスピーカーも配線されていますので6Pは必要ありません。
そもそも、10Pのオスが車にある前提なのでこれらのハーネスセットにはオスが入っていません。
そこで、「電源取り出し用ハーネス」を使います。
このハーネスはカプラーとカプラーの間に入れて新たな電源を取り出すというものなのでハーネスの両サイドがオスとメスになっています。
ちなみに私が取り付けしたのはエーモンのものではありませんがカーショップに行けばまず間違いなくあります。
このオスを取り外してカムロードの14Pと付け替えます。
10P.jpg

出来上がりはこの通りとなりましたが、14Pのカプラーから端子を外すのが至難の業で実はここで相当な時間を浪費してしまいました。
結局、ニッパで14Pカプラーを切り刻んで端子を取り出しました。
10Pカプラーから必要ない配線端子を取り外すのがあまりにも簡単だったので取り外すことに集中していましたが、取り外しても使うことがないのではじめからそうすれば良かったと後悔しました。
端子の形状も少し違うのですが、強く押し込むとしっかり取り付きました。
レシーバーとの接続にはギボシを使います。
haisen.jpg

実はヘッドユニットについては当初前車から取り外したヒュンダイモービスのDVDタイプをそのまま取り付けるつもりでしたが、このレシーバーは1DINながら別途アンプユニットを置かなくてはなりません。
mobis.jpg

カムロードのキャビンにはこれを置くにはスペース的に厳しいのと、自作DVDの読み込みが悪いことやリモコンの操作性の悪さなどの問題も少なからずあったのでここは交換する事にしました。
そして、選んだユニットがこちら。
vdr-77box.jpg

ケンウッドの「VDR−77」という商品です。
完全1DINでヒュンダイモービスのものと同様の使い方が出来るうえ、全面USB端子からの動画の再生に対応している唯一の商品のようです。
Divx形式の動画をUSBメモリに入れて再生ということができるそうです。
私としてはビデオ入力がないのが不満ですが、そこはソニーのナビ「XYZ−77」でカバーすることとします。
そういえば、名前も良く似ているので相性もいいかも・・・。
取付完了後こうなりました。
carstereo.jpg

ナビの方も足元の配線に接続して、コントロールユニットも比較的邪魔にならないこの部分に置くことにします。
ナビ本体は中央に鎮座させました。
xyz77.jpg

さて、ここで困った問題が発生。
オルビスIOは標準でカモスのバック用モニターが設置されているのですが、こいつの置き場所がない。
本当はこいつを取っ払ってバック映像をカーナビに繋ごうと考えていたのですが、端子が単純なRCAではないので繋げない。
どこかでRCAから変換されているのかもしれないのですが、そこがわからないので、今回は不細工ですがカモスのモニターと併用するしかありません。
で、全体のイメージがこうなりました。
audio_all.jpg

カプラーに電源取り出し用ハーネスを使用したことでオーディオ配線からETCの電源を取り出し、ETCも取付できました。
ETC01.jpg

ETC本体はレシーバーの下にでもつけようかと思いましたが、つけてしまえばどこでも問題ないので小物要れとして使った方が良いと思いシフトの前くらいに貼り付けました。配線関係は後ほどもう少し整理します。
ETC02.jpg

リアモニターやサブバッテリーとの組み合わせ、リアスピーカーやシェル部分との連携等まだまだやるべきことがありますが、これで何とか今晩は出発できそうです。

posted by かわいいHERO at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年04月28日

カムロードのオーディオカプラ問題完結

ブログ上でひとりで大騒ぎしたオルビスIOへのオーディオ取付に伴うカプラーの件ですが、やはりカムロードの標準は14pinだったようです。
以前にコメントでこちらのバンテックのサイトを教えていただいていたのに、必要な情報を完全に見逃しておりました。
14pinで配線色まで表示してありました。ふらふら
ヒロポン?さんありがとうございました。
また、販売店の大森自動車さんの担当者からもメールが届き、14pinカプラに合うハーネスが出ていないので販売店では14pinをばらして直接配線しているそうです。
明日が祝日ということで今日の夕方から日帰り温泉にでもオルビス初出動しようと考えていますので、時間的にもういじれませんが、運転していく中で最適なヘッドとナビの組み合わせを考えなおしたいと思います。
やっぱりオンダッシュの方がいいんでしょうね。

posted by かわいいHERO at 10:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

オーディオカプラー再確認の結果は?

本来10pinのトヨタ車純正カプラーが存在すると思われていた我がオルビスですが、14pinのカプラーが存在し、先へ進めないでいるわけですが、本当に10pinのカプラーが存在しないのか、仕事から帰宅後再検証です。
結果は…大馬鹿野郎…を期待しましたが、結局10pinのカプラーを見つけることはできませんでした。
10pinのカプラーがないわけではないのですが、ウッドパネルのハーザードランプのスイッチに接続されていたものしかなく、さすがにこれは関係ない。
正面.JPG
クリックすると大きい画像が見られます。(オリジナルサイズなので大きいです)

これでは、いよいよGWには間に合いそうもないので、ウッドパネルも元の状態へと戻してしまいました。
もう、明日ベース車の提供もとのトヨタディーラーに問い合わせるしかないと思っています。
キャンピングワークス社が10pinカプラーのハーネスを利用しているという以上私のオルビスIOはこれにはまらないわけで、カプラーの仕様が変わったとしか考えられません。
結果は明日はっきりするでしょう。

さて、いろいろと調べたりしているうちにヘッドユニットも交換してもいいかなぁなんて思い始めています。
というのも、1DINの前車から取り外したヒュンダイモービスのレシーバーの選択は1DINで取付可能ということが大きな理由だったのですが、その代わりに外部アンプが存在します。
ところがカムロードの場合、3DINとオーディオスペースには余裕があるものの、外部スペースに余裕がないのです。
そんなに大きなものではないにしろ、外部アンプが結構邪魔になると思われるのです。
これは、ナビにもいえることでGPSとナビ本体(SONY XYZ77)だけなら問題ありませんが、オーディオとの連動やら3Dジャイロ、車速センサー接続等となるとこちらも別のユニットの設置が必要なのです。
あまり深く考えてなかったのですが、シート下スペースなどがなく、前車の環境とは全く反対のカムロードにはそれに適したシステムにするべきかと思い始めているわけです。
posted by かわいいHERO at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年04月27日

オーディオハーネス返品

昨日、ジェームスで購入した「トヨタ車・ダイハツ車用」のカプラーから配線が取れるハーネスですが、本日ジェームスに行って写真のカプラーを見てもらったのですが、結局わからず返品となりました。
見る限り14pinなのでスバルか三菱と同じらしいのですが、形的にはスバルは合いそうにない。
三菱はかなり近そうで、ジェームス店員もトラックは共通部品を使ったりするので…と不安なことを言う。
念のためオートバックスにも行きましたがやはり有益な情報はありませんでした。
WEBで調べるもそれらしき情報には全くヒットしない。
トヨタのホームページでダイナやトヨエースのページも見るが、オプションはETCのみでナビもオーディオも対象となるオプションはないようです。
ラジオレス車なので、数日前に保証書が届いていたベース車両の販売店である、東京トヨペットに聞くのが間違いないかと思い、電話を入れるも本日定休日。
では、オルビスのメンテを頼もうかと思っている、シエンタ購入店であるトヨタカローラの担当者にオルビスのメンテできるかを聞くついでに調べてもらおうと電話するも、こちらも担当者が代休とのこと。
じゃあ、販売店の大森自動車の担当者にはメールして返ってきてないのでキャンピングワークスに聞くしかないと思い電話すると「カプラーは10pin」らしい。
ハーネスはトヨタ・ダイハツ用を使っているとのことなので、それなら、私のそれだと思っているカプラーではないのか?
他にそれらしいものはなかったと思うが、自信がなくなってきたので家に帰ってから再度確認してみよう。
もし10pinのカプラーを見つけたら、ホントただの馬鹿野郎です。
でも、もしなかったら…さらに深みにはまっていくんでしょうね。
なら、馬鹿やろうの方がましだなぁ〜ふらふら
posted by かわいいHERO at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

カプラー間違い

昨日のエントリーに続きオーディオの取付ですが、goriさんの天の声から、仕事の帰りにジェームスへ寄って、「トヨタ車・ダイハツ車用」という純正カプラーから各種の配線を取れるというブツを買って帰りました。
帰宅し食事の後、まずは昨日はずしたETCの両面テープをきれいにはがし、新しく貼り付けました。
そして、シエンタの残りのケーブルをはずしてから、「さぁ取り付けだ」とカプラーを挿そうとすると合いません。
どうあがいても形が違うのではまるわけないのですが、しばらく粘ってあきらめました。
kapura.jpg

こんな形なんですね。
その時はトラックは違うのだろうかと2種類あると思っていたのですが、先ほどヒロポン? さんのコメントを見てピンと来ました。
「オーディオとナビの違いか…」
確証はありませんが、多分そうなんでしょうね。
明日、もう一度ジェームスへ行ってiPhoneで撮ったカプラーの画像見せてナビ用に取り替えてきます。
仕方ないので、今晩は買ってきたネジでレシーバーをステーに固定して終わりです。
残念…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 04:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席

2010年04月26日

とりあえずETCだけのつもりが…

GW前に無事納車された我が家のオルビスIOですが、GWギリギリということで各種装備の充実はあきらめていたのですが、1000円高速を利用する為にはETCの設置が不可欠です。
ということで、ETCを設置しないといけないのですが、ここのところの高速料金問題でETCの将来にわたっての必要性が確認できないので、オルビス用に新たなETC端末を購入するのは控えていました。
なので、前車フォルクスワーゲンユーロバンの廃車に伴い取り外していたパナソニック製のETCを取り付けます。
しかしながら、このETC端末は現在シエンタに取り付けてあります。
うちの奥さんは車の運転に自信がないため自分が運転しての遠出を嫌うので、高速道路なんて使いません。
なので、私が運転する場合でもオルビスでいけない近場を想定してのシエンタなのでETCは必要ないわけです。
ですが、オルビスが納車されるまでの間には和歌山旅行などもあり、シエンタしかないので暫定的に取り付けていました。
ここで、疑問に思われる方もおられると思いますのでお断りしておきますが、ETCの利用には本来セットアップという端末と車体を特定する登録作業が必要です。
ETC端末自体は取り外して乗せ替えができてしまうので、例えば軽自動車で登録したETCを普通車に載せると普通車なのに軽自動車の料金で課金されるわけです。
実際このような悪用をされている方がいるのか、また実際にそういうことが可能なのかどうも知りませんが、その行為はキセル行為になるので犯罪となります。
私の場合はもともとの車が8ナンバー車で普通車ですからシエンタ、オルビスと載せ替えても普通車料金に変わりはありません。
登録車両の違いは問題があるとは思いますが、そもそもこのセットアップ料金というのが、ETCを管理する団体のおいしい無駄金になっていると、どこかの週刊誌で読んでから馬鹿馬鹿しくなりました。
ETCの必要性がぶれなければ、シエンタかオルビスにETCを付けたのですが、政治に振り回されている現状では、登録車両の違いを指摘されても政治のせいだと反発するつもりです。
まぁ愚痴はこれぐらいにして、まずはシエンタからETCを取り外さなくてはなりません。
しかしながら、夜間のこういう作業は苦手です。
面倒くさがりなので、それをはじめるまでに時間がかかります。
よってろくに準備もせずにはじめるので作業自体にも時間がかかります。
結局昨日は本体とセンサーケーブルを取り外しただけで電源を取っているヒューズの付け替え等は後日でケーブルは残したままです。
etc.jpg

取り外した本体とセンサーケーブルは家の中で掃除をして両面テープを貼り付ける予定です。
さて、次はオルビスの方ですが、カムロードに関する情報が皆無で電源をどこから取るかも決まっていません。
そこで、はじめてカムロード(ダイナ・トヨエース)の取り扱い説明書を読みましたが、ヒューズBOXの情報ぐらいしか目ぼしい情報はありません。
なら、とりあえずウッドパネルをはずしてみようと思い、シエンタに走行中テレビが写るキットを取り付けた際に使った、樹脂製のへらのような道具を探すも見当たらない。
ドライバーでこじると確実に悲惨なことになるので考えた挙句、台所から割り箸を持ってきました。
割り箸でもちょっと高級な後ろが斜めにカットされてへらのようになっているやつです。はめ込みでの取付だろうと過去の経験から想像し、ツメの位置もわからないものの何とか無事にはずすことができました。
woodpanel.JPG

ここまで来るとGWは無しで行こうと思っていたオーディオも取り付けてするべきかなと思ってきました。
で、取り付ける予定にしているオーディオですが、これも前車に取り付けていたものです。


メーカーは韓国のヒュンダイモービスです。
もうそれなりに古いので国産のものに買い換えようと思ったのですが、このモービスのデッキはDVDレシーバーで外部映像入力・出力もできるので映像機器との組み合わせが容易いのです。
audio.jpg

ナビの方も古いものの未だに根強いファンを持つソニーのXYZ77というモデルです。ハードディスクナビで映像、音楽等も再生可能なOSにリナックスを使ったほとんどPCのようなナビゲーションです。
地図ディスクは今も更新されているのでナビとしても問題はありません。
カムロードはインダッシュタイプだと位置が低すぎるという情報もあるので前車の環境をそのまま移植しようと考えていました。
話がそれましたが、オーディオを取付しようと思ったのですが、ネジがない。
それより何よりACCなどの配線がわからない。
何やら黒いコネクターがあるがこれは純正ナビ用かな?
また、透明なプラスチック製の細い鉛筆キャップのようなもので青と白の配線が絶縁されている。
これは何?
ひょっとしてドアスピーカーかな?
わからないことばかりでちょっと後悔しながら昨日の作業はそこまでにして情報収集です。
だれかカムロードのオーディオやナビの取り付けを画像入りでアップされているサイト知りませんか?
そうだ、大森自動車さんに聞いてみようかな…。
posted by かわいいHERO at 14:02| Comment(5) | TrackBack(0) | ┣オルビス>運転席&助手席