2013年04月04日

久し振り過ぎる洗車

最後の出動以降寒い季節に突入し、長らく出動機会がなかったことで、すっかりご無沙汰となっていた我が家のキャンピングカー「オルビス・イオ」洗車ですが、春のお出掛けも一段落し、昨日、ようやく洗車ノルマを果たすことができました。

image.jpg

昨晩の雨も上がり、少々肌寒いものの、何も予定がないので、ゆっくり目のスタートで、気持ちよく洗車開始です。

しかし、長く放置していたので、気づかなかったのですが、リアラダーを上がるとすぐにこんな光景が目に入ってきました。

image.jpg

「ペンキが…」

昨年行った自宅の外壁塗装の時にペンキが散ったようです。
文句を言いたいものの、お世話になっている塗装屋さんなので、我慢。

リア上部のパネルの継ぎ目には、コケ?

image.jpg

ズボラの跡があちこちに残ります。
でも、頑張って一番気になる大きなオデコも…。

image.jpg

まだ不自由な左足のせいで、落ちそうになりつつも、ここで落ちたらシャレになりませんので慎重に作業しました。
「きっとこの泡の中にはたくさんのPM2.5が含まれているんだろうなぁ」と思いながらシャンプー作業完了。

image.jpg

結局、ペンキ落としには絶妙な力加減のパーフェクトツール「マイ爪」でこの通り綺麗になりました。

拭き上げ以降もきっちりしたかったのですが、隣のシエンタもついでに洗ったりしていると、奥さんからお出掛け要請が掛かって強制終了。
取り敢えずは、綺麗になったので、細かいところはまた後日です。
posted by かわいいHERO at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2012年08月01日

オルビス、ちょっとだけ若返り

リコールのトヨタでの雨ざらしでバーコードが出来てしまった我が家のオルビス・イオですが、今日、ようやく洗車することが出来ました。

IMG_0554.JPG

天気が良すぎて、熱中症を心配しながらの洗車作業でしたが、久しぶりにがんばって洗車した気分です。
途中、ホースが破れて全身水浸しになりましたが、水浴びしているようで逆に気持ち良かったです。

IMG_0555.JPG

バーコードを落とすのに苦戦するかと思いきや、にわかバーコードは難なく落ちました。
いつも使用しているのはワックス入りシャンプーだけですが、普段屋根付きのガレージなので、それでも十分バーコードなしは維持できるようです。

IMG_0556.JPG

ですが、今回バーコードが付いたあたりの表面を見てみると、全く艶がありません。
やはり、日差しをもろに受けるおでこの部分は、かなり劣化しているようです。
そこで、今回は以前購入しておいたワックスを使用することにしました。

IMG_0557.JPG

液体の結構高かった覚えのあるポリマー系ワックスです。
暑い中、何度も何度も前と屋根の上からワックス掛けを繰り返し、完璧とはいえませんが、艶も出ました。

IMG_0558.JPG

今回おでこ以外は手をつけられませんでしたが、もうそろそろ、FRP専用のつや出し剤が必要かもしれません。

今回、ちょっとだけですが若返った我が家のオルビス君でした。
posted by かわいいHERO at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年09月07日

気の枝ダメージ補修

我が家のオルビス•イオは、この夏の伊豆でのキャラバンで木の枝によってダメージを受けてしまった部分があります。
できるところは補修するつもりで作業してみました。
まずは、ダイニング部分のアクリル窓の傷からです。

s-IMAG0272.jpg

映り込みで見にくいと思いますが、横に二本の筋傷が入っています。
指で指している部分に結構しっかり傷が入ってしまったため、駄目元での作業です。
当初は小傷とならないコンパウンド的なものを探していて、ヘッドライトのレンズ等をケアするものに目を付けていたのですが最終的な今回のチョイスはこれ。
対象物に一切ダメージを与えない性質のものなので、今回の用途には合わないかもしれません。

1315361974292.jpg

プレクサス」という商品です。
この商品の優れたところは、どんなものにでも使えるところです。
基本的にはプラスチック面の洗浄•艶出し•コーティングでNASAをはじめ、実績のあるものという部分がチョイスの理由です。
では、早速使用してみます。
予め水洗いしておき、「プレクサス」をスプレーします。

s-IMAG0280.jpg

あとはキレイなタオルで拭きあげるだけです。

s-IMAG0282.jpg

わかりにくいでしょうが、傷が目立たなくなりました。

s-IMAG0283.jpg

コンパウンド的なものでは無いので、傷自体がなくなることは無いのですが傷の部分に保護成分?が入り込んで目立たなくなるようです。
小傷なら全くわからなくなるようですが、私の場合でも近づいて探さないとわからない程度に目立たなくなりました。

s-IMAG0284.jpg

思った以上に効果はありましたが、車内からだと反対側になるのでやはりわかります。

s-IMAG0285.jpg

まぁこれでもいいかって感じですが、気になるようであればまた方法を考えようと思います。
ついでに、ミラーカバーのメッキ部分に吹き付けてピカピカになりました。

あとは、ボディの小傷部分を別のコンパウンドワックスで目立たなくして、枝が引っかかったのか切れ目が入っていたソーラーのケーブルの引き込み部のコーキングを盛り直しました。

s-IMAG0287.jpg

元々かなり厳重にコーキングしてあるようで、切れ目があっても水が入ることはなさそうでしたが念には念をです。

s-IMAG0290.jpg

これで、取り敢えずは問題解決です。

posted by かわいいHERO at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年05月25日

懲りずにトヨタエンブレム

またもや子供だましの作業です。
ヤフオクでダイナのエンブレムを見つけたので入手してその裏に…

1306290050475.jpg

フロントで使ったブルーメタリックのカッティングシートを貼り付けました。

1306290008728.jpg

これをここに。

1306290118032.jpg

こうなりました。

1306290640165.jpg

トヨタエンブレムの楕円形が加わり、楕円形が多すぎるので、

1306291266483.jpg

納車時に販売店が勝手に貼った発電機扉の「くるま旅」と

1306291471432.jpg

かえる君ステッカーをはがさせていただきました。
これで、楕円形は販売店のステッカーのみとなり、スッキリしました。
遊びが過ぎますかね爆弾
posted by かわいいHERO at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年05月22日

トヨタエンブレム

前記事のティッシュケースはやはり色が気に入らないので、楽天のベージュに変更することにしました。
姫路のIOオーナー「eppel」さんの大発見を先に知っていればこだわることの無かった部分ですが、ニトリのケースのせいで収まりが付かなくなり、結果予定よりも高くつくことになりました。爆弾
そんな、子供だましの作業が続きましたが今回も…。

DSC02170.JPG

これが

DSC02200.JPG

こう。
全然わかりません。
なので、

DSC02139.JPG

これが

DSC02203.JPG

こうです。
やっぱりわからない。
ええ〜い、

ブルーエンブレムHD.jpgノーマルHD.jpg


frontblack.jpgfrontblue.jpg


blackエンブレム.JPGblueエンブレム.JPG

天候の加減もあり、写真ではほとんどわかりませんね。
トヨタのエンブレムの黒いところにブルーメタリックのカッティングシート貼ってみました。
ちょっとだけ、またフロントフェイスがにぎやかになり、あか抜けたかなと思ってるんですが…。
posted by かわいいHERO at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年05月15日

ステッカーチューンw

GWが明けてネタなく更新サボってましたが、全体的に他の方のブログも滞り気味なので、時期的に仕方がないのかなとも感じます。
我が家もお出かけすることもなく、快適化というほどのこともしていませんが、現在は車内のティッシュ置き場について思案中で100均廻るもこれというのがないですね。
まだしばらく時間が必要みたいです。
で、今日のお題はステッカー。
我が家もオルビス納車から1年を過ぎたのですが、納車時にもらっていたCWのロゴステッカーが貼らずにそのままになっていたので、今頃ですが貼り付けました。

s-DSC02166.jpg

わかりにくいですね。

s-DSC02167.jpg

小さすぎですね。
もう少し大きい方がいいように思いますが、さりげなく見えるのでまぁいいか…。

s-DSC02150.jpg

2枚あるのでもう1枚は先輩オーナーさんの定番?のここ。

s-DSC02155.jpg

こちらも小さすぎる感じですが、上に同じでまぁいいっか。

s-DSC02154.jpg

そして、これまた貼り損ねていたキャンサスについてきたステッカー。
せっかく大枚叩いた代物なので、今更ながら自己主張することにしました。

s-DSC02156.jpg

こちらはリアに貼り付けましたが、納車時に販売店で勝手にいろいろ貼られていて、ちょっと不満です。
くるま旅しつこいし…。

s-DSC02157.jpg

キャンサスステッカー以外にスマイルファクトリーさんのステッカーもあったのですが、これもそのまま貼るとごちゃごちゃになるので、申し訳ないですが発電機BOX横でごめんなさい。

s-DSC02158.jpg

どうでもいいようなステッカーチューンでした。
でも、CWロゴはアプリケーションシート(ロゴの位置を固定する為の仮の弱粘着シート)がマスキングテープのような紙製で粘着力が強く、1年経過していることもあってアプリケーションシートからカッティングシートが剥がれず苦労しました。
でも、ロゴはシルバーで派手じゃないので結構気に入ってます。
posted by かわいいHERO at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年05月09日

オルビスのプチイメチェン

昨日の洗車後、前々からやってみたかった作業に夕方から着手しました。
そして、こうなりましたが、写真撮りが夜になっちゃったのでわかりにくいですね。

s-DSC02131.jpg

気を取り直して、今朝再度撮影してみました。

DSC02140.jpg

わかりますかね?
フロントの黒帯を塗装してみました。

s-DSC02144.jpg

ハイブリッドのシルバー色にされている方はいらっしゃるので、私はあえて「IO」カラーのつもりです。
前から考えていたものの、フロントのこの黒いラインが両サイドは引っ張るだけで外れるものの、真ん中の部分はしっかり固定されていて、引っ張っても外れないので実行するのに躊躇しておりました。
WEBで情報収集するも、帯の塗装報告は見かけてもそのはずし方は見つかりませんでした。
なので、作業に着手できなかったのですが、このまま今日が終わるとまた機会を逃してしまうと思い、実車を前に試行錯誤。
左右の帯パーツを外してその上の部分を見ると引っ張るだけで外れそうです。

1304839286894.jpg

反対側はワイパーがあるので外して、同じように引いてみるとこちらも外れます。

1304839299877.jpg

これは外さなくても良かったのですが、このミラー付け根のカバーははまっているだけですね。

1304839394128.jpg

そして、固定された真ん中の帯パーツの上の部分もワイパー等を外して引っ張って覗いてみると、ありましたよビスが…。

1304839539942.jpg

上の部分をそのまま引っ張って全部外してしまうとこうなりました。

1304840320276.jpg

結局、中心の帯パーツは左右と真ん中の3箇所のビスと多数のブッシュで固定されていました。

1304840331895.jpg

サイドはこんな感じ。

1304840342071.jpg

外した黒帯の上中心部ですが、取り付けの際、こいつに付いているゴムの扱いに苦労しました。
すごく外れやすいんですね。

1304844626675.jpg

本体側にもゴムがあるので、ゴム同士で滑らなくて部品側がすぐ外れてしまいます。
結局、取り付け時にはアーマオール塗って滑らせました。

そして、帯パーツの塗装作業です。
まず、1000番のサンドペーパーで表面をこすってよく乾かしてからスプレーしました。
一応、スポンジ部分等はマスキングテープで保護しました。

1304843452402.jpg

両サイドの帯パーツは付属品がないのでそのままスプレーで簡単です。

1304843464548.jpg

今回使用したのは、自動車用塗料のパールマイカ色とクリアーです。

1304843489563.jpg

金属部品じゃないので、サフェーサーは省略しました。
ですが、家の前で作業したので予想外の障害が発生。
小さな虫、蚊よりも小さな羽根の付いた虫が3箇所ほどくっついてしまいました。
取り除いて、上から再度上塗りしましたが完璧とは行きませんね。

DSC02145.JPG

ここは、サンドペーパーの手抜きが原因かも…。
でも、アップしてみるとどう見ても「赤」ですねぇ。

DSC02146.JPG

作業中、娘に「赤」だと言われて向きになって「赤に近い茶色」と言い張ってましたが、本当は「赤」ですよね。
IOカラーとしては、ブラウン、それもこげ茶あたりを選択したかったのですが、車用のペイントで茶色ってないんですよね。
でもって、茶色に一番近い色ということでパールマイカになりました。

s-DSC02142.jpg

自動車用でない塗料ならブラウンもあるので、それも考えましたが必ず自動車には適しませんって書いてあります。
上から、自動車用のクリアー吹けばとも考えました、塗料の相性があっても嫌なのでここは素直に自動車用から選択となったわけです。
多分、普通の塗料でも問題ないと思うんですが、この色が塗ってみて駄目だったら塗りなおせばいいやぐらいの感覚です。

s-DSC02149.jpg

仕上がり具合は悪くないです。
プロの仕事とは行きませんが、塗装前の帯も傷があったので全然OKの出来栄えです。
自分では、満足してます。

s-DSC02147.jpg

こうやって見ると「I・O」の文字の色と似ているようにも見えます。
ボディのホワイトと同色というのも悪くないかとも思いましたが、このラインはカムロードのトレードマークでもあるので残すことにしました。
メッキのミラーカバーをつけたことで、以前よりも帯のブラックに違和感があったことと、どこでも見かけるトラック顔を脱出したかったので、一見わかりにくいかもしれませんが、この色を選択した次第です。
普通なら違和感あるかもしれませんがIOならOKかなと思っているのですが、どんなもんでしょうか?

s-DSC02139.jpgDSC01540.JPG

DSC02138.JPGP1010175.JPG





posted by かわいいHERO at 13:26| Comment(20) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2011年03月11日

今頃…

今週の日曜日に迫った南港インテックスのキャンピングカーショー。
私も我が家の「オルビスIO」で出陣しますが、会場の臨時駐車場にて他の「オルビス」ユーザーさんとかる〜くお会いする予定です。
それぞれが実車を見ることになるので、先に申告しておこう。
実は、またやっちゃいました。
今度は電柱君とです。
恥ずかしいのでアップし損なってましたが、はるか前、お正月のスキー出発直前の出来事でした。
出発前ということですぐに、補修したのでこんな状態です。

1299804379829.jpg

これじゃあ、わかりませんね。
実はここです。

1299804348342.jpg

コーキングが汚く盛り上がっております。
スキー出発直前ということであわててコーキングを盛った次第です。

あれは、出発準備でオルビスをガレージから出して少し動かそうとした時です。
バックの途中で何かに乗り上げたような感触です。
周りで見ていたおばあちゃん達の目が点になっていました。
あわてて、何を踏んだのかと思って外へ出てみると、自宅横にある電柱とオルビスのシェルが接触したようです。
幸い、FRP部分に損傷は無く、ゴム?のバンパーのようなパーツモールが電柱についている金属部品とこすれて削げたようになっていました。

1299804494007.jpg

我が家の前面道路は狭く、側溝も小さいので道路自体が黄色の線のように弧を描いたような盛り上がった道路になっています。
そこで、端に車を寄せるとオルビスの場合は高さがあるので下部では距離があっても、上部では真っ直ぐに立つ電柱に接触してしまったということです。
一気に機嫌が悪くなった私を察してか、それまで見ていた家族も家の中へと引っ込んでしまい、出発前ということで、あわてて応急処置をしました。
応急処置で表面が汚いままですが、今もそのままです。爆弾
このパーツ自体を交換となれば、ぐるっと周っているのでかなりたいへんなので、コーナーバンパーのようなもので覆うことを考えましたが、表面の仕上げをもう少し綺麗にすれば、このままでもいいかなと思っています。
まぁ、FRPのパネルが逝かなかったことが不幸中の幸いでしょうか。
って、自分がどん臭いだけなんですがね。

>goriさん、言えなかったことってこれなんです…
posted by かわいいHERO at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2010年07月15日

いきなりやっちゃった

未だ納車されて数えるほども出動していない我が家のキャンピングカー「オルビスIO」ですが、昨日、三男と出かけた施設の駐車場の車庫入れ時にいきなりやってしまいました。がく〜(落胆した顔)
hekomi01.jpg

よくわからないと思うのですがお相手はこんな方です。

hekomi02.jpg

なので、よく見ると・・・

hekomi03.jpg

あっちゃー。ふらふら
というか、運転している私はそれなりのショックがあるのでパニックでした。
なんとも、言いようのない失敗です。
なんでこんな全くそんな要素のないところでやっちゃったのか。
今思うと全くリアモニター見てなかったですね。
車庫入れ1回目ではなく、切り返しての2回目3回目だったのですがリアモニター見難いなという感じは合ったもののまさか・・・。
「なんで?」と自分でも思うのですが、理由がわかりません。
「子供に話しかけられた?」「ギアのところの笠の柄が邪魔で気を取られてた?」「何にも考えてなかった?」いずれにしても残るのは現実の傷だけです。ちっ(怒った顔)
ショックを感じた瞬間は、FRP部分が逝ったと思ったのですがジェネルームの扉がクッションとなり枠が全て吸収したみたいです。
修理といっても枠の交換しかないだろうし、なにより修理に出す作業が一番大変なので、ちょっと恥ずかしいですが、目立たないのでこのままいくしかないかなと思ってます。
バックモニターへの不慣れとリアの長いオーバーハングの感覚がわかっていてもつかめていないということで、再発防止に努めますです。ハイ
その後は傷心を封じつつ三男との時間に没頭しました。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 10:46| Comment(5) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2010年06月09日

チームゴンタ貼ってみたけど…

作ってあったカッティングシートをようやく貼りましたが、キャンピングワークスさんのようにはうまく貼れませんでした。
比べてみると、さすがプロだなぁと痛感しました。
私の仕事ではとてもお金は取れないですが、自分のオルビスですし、自分の目印なので「まぁいいか」の世界です。
遠目にはわかりませんが小さな気泡ができてます。
teamgonta01.jpg

色はやはり茶色で良かったかなと思います。
team_gonta02.jpg

後ろにも貼ってみました。
team_gonta03.jpg

後ろの方がきれいに貼れました。
それでも、やっぱり気泡が少し…やっぱりキャンピングワークスさんの出来には遠く及びません。
でも、なかなかかわいく仕上がったのではないかと、自分では結構気に入っています。
team_gonta04.jpg
posted by かわいいHERO at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2010年06月01日

チームゴンタ

我が家のキャンピングカー「オルビスIO」は生産能力が限られていることもあり、日常で珍しいキャンピングカーという車の中でもさらにマイナーな車です。
それでも、オルビスシリーズとしてはそれなりの台数になってきているようで、私の購入した販売店の大森自動車さんでも私以外のオルビスIOも数台納車されています。
そうなると、オルビス同士ですれ違った時にそれが誰かが気になるものですが、先日のマイミクのコメチさんの時のように、あらかじめ行くであろう場所がわかっていればそれが誰かもわかるかもしれませんが、普通は目印がないとなかなかわかりません。
ということで、我が家のオルビスIOも外見で判断がつくようにしようと思います。
当初から考えてはいたのですが、具体的には形になっていなかったのですが、ちょうど同じオルビスIOのオーナーで、マイミクでもある姫路のeppelさんが、ご自身のハンドルネームのステッカーを貼られた様子をブログで紹介されていたので、私も考えてみることにしました。
「かわいいHERO」というハンドルネームを貼ろうとは思えないので、「名前ではなくわかりやすいといえば、ミクシィやツイッターでシンボルマークとして使っている我が家の愛犬ゴンタ君だ」という結論になりました。
そして我が家の場合、ファミリーでの利用となるので通常「○○ファミリー」という感じになるのでしょうが、名前を入れる気にもなれないのでゴンタを飼っているファミリーをチームだと見立ててその名も「チームゴンタ」に決定。
そうと決まれば早速ステッカーの作成開始。
あっという間に…
teamgonta01.jpg

どうでしょう?
実は職場に「クラフトロボ」というカッティングプロッタがあるんです。
まずはPCでデザインを作成、それをクラフトロボの専用アプリに読み込みます。
teamgonta02.jpg

そして、印刷ではなくカッティング開始。
teamgonta03.jpg

カッティングが終わったら不要部分をはがして最後に透明なアプリケーションシートを貼り付けて出来上がりです。
teamgonta04.jpg

ついついたくさん作ってしまいました。
オルビス用には黒と茶の2色で作ってみましたが、やはり茶色がいいようです。(奥さんの意見)
白い小型のものも作ったので早速貼ってみました。
teamgonta05.jpg

奥さんのシエンタのリアのハッチガラスです。
teamgonta06.jpg

デザイン上は白よりも色つきの方がしっくりきますが、シエンタのリアは黒いので、白がよく目立ちます。
次の休みにはオルビスのバンクに貼ってやろう。


posted by かわいいHERO at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ