2015年10月11日

出先でのCSチャンネル録画予約の実現

eo光テレビのCATVチューナーをアップグレードしたことにより、利便性が増しましたが、唯一、CSチャンネルについては、外出先からの予約に対応していないということがわかり、不満に思っていました。

そこで、現在、寝室に置いている、スリングボックス350をリビングのCATVチューナーに接続しようと考えましたが、残念ながら、スリングボックス350単体では、HDMI端子に対応しておらず、D端子のないリビングのCATVチューナーへの接続はできません。

予約こそできませんが、CATVチューナーもパナソニック製ということで、スリングボックスに繋いだ寝室のパナソニック製レコーダー経由で、「お部屋ジャンプリンク」という機能を使って、出先でもCS放送の視聴が可能となったので、「まぁ、いいか」と諦めていました。

そんな中、スリングボックスが新型になったということで、旧型処分のメールが届き、HDMIセットが安くなっていたので、思わず購入してしまいました。

DSC01830.jpg

旧型ですが、現在使用していて必要十分であり、HDMIセットなので、リビングのCATVチューナ-に接続できて、安いわけですから、言うことはありません。

ちなみに新型は、無線LANへの対応やスマートフォンからの設定が可能になったようです。

唯一、グーグルのクロームキャストへの対応は少し良いなとは思いますが、モバイル回線を利用してテレビに大映しする機会が多くあるとは思えないので、やはり無くてもOKです。

DSC01831.jpg

早速、接続完了しています。

会社のPCでチェックしてみました。

slingbox01.png

HDMIでフルハイビジョンなので、綺麗です。

フルではないハイビジョンのD1接続である、寝室のスリングボックスに接続してみます。

slingbox02.png

折角なので、お部屋ジャンプリンク機能を使って,リビングのCATVチューナー経由で、CS放送を視てみます。

slingbox05.png

先ほどと同じ日テレG+のクライマックスシリーズの巨人阪神戦です。

slingbox03.png

D1端子なので、フルHDのモニターだと、画像がやや小さいです。

slingbox04.png

拡大も可能ですが、やはり画質が落ちてしまいます。

もっとも、回線の貧弱な出先でのモバイルであれば、いずれにしても画質は落ちますので、使い分ければいいかなと思います。

それ以前に、PC版やiPad版のスリングプレイヤーだと、実際のリモコンの形で使いやすいのですが、それでも、お部屋ジャンプリンクの場合、二重に仮想のリモコンを使う感じになるので、慣れないと難しいです。

つい、画面を直接タップしちゃったりします。

そういう意味でも、
お部屋ジャンプリンク機能を使わずに、CS放送にアクセスできるようになり、出先からのCSの予約録画も可能になったので、死角がなくなり、満足です。
posted by かわいいHERO at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2015年02月13日

「EXIF Viewer」と「RAW編集」

カメラネタの連投で失礼致します。

これまで、スマートフォンやタブレット等のデジタルグッズに興味を持ちつつも、カメラについては深く考えること無く来ており、ここ最近になって初めて知ることが多いです。

そのくせ、知ったことだけであれこれ想像してるので、新しいことを知ることで、これまでの考えが逆転したりと我ながらいい加減ですねぇ〜。

幕張では今日からキャンピングカーのショーをやってますが、どうやら、カメラの方でも、昨日から横浜で「CP+2015」なる大規模なカメラ関係の展示会が開催されているようです。

キャノンの新型フルサイズ機「5Ds」「5Ds R」を触るのに1時間待ちとか、盛況のようですね。

035_s.jpg

キャノンは「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」なんてエントリー機も登場して、私にはぴったりなのかもしれませんが、先日の原点回帰の記事の通りで、まだまだわからないことだらけです。

d8000_kiss8xi_on_hand.jpg

そんなわからないことだらけなので、知ってて当然のようなことを知らないのが今の私です。

そんな知らなかったことのひとつが、デジタル写真に添付されているEXIFというデータ。

その存在を全く知らないということではなかったものの、なんとなく知っていても、深く考えたことはありませんでした。

カメラメーカーのホームページや価格.comのサンプルやレビュー写真には、必ず撮影データが掲載されており、写真撮影を学ぼうと思えば、このデータは重要なわけですが、以前は深く考えていなかったので、内容なんて見ることはなく、撮影データをわざわざ覚えているのかな位に思っていました。

普通に考えると、そんなことはありえないわけですが、まぁそれくらい興味が行っていなかったということです。

でも今回、カメラについていろいろ考えている内に、この問題にぶち当たり、初めてEXIFを意識することとなりました。

EXIFのデータ自体は、PCなら画像ファイルのプロパティで確認できますが、ネット上の写真画像をいちいちダウンロードして、プロパティを確認するというのは不便です。

そこで、良い物がないかと探すと、私がPCで使用しているブラウザ「Google Chrome」には、「EXIF Viewer」という拡張機能があることがわかりました。

EXIFViewer.jpg

早速導入してみると、特殊なページ以外は、WEB上の写真にカーソルを持っていくだけで、その画像のEXIFデータが表示されます。

試しに、このブログの写真にカーソルを持って行くと・・・

exif01.jpg

こんな感じで表示されて、iPhone5sで撮影されたということがわかりますが、最後に赤い「GPS」という表示もあります。

この赤い部分にカーソルを持って行くと、なんとGoogleマップに記録された位置が表示されるんです。

exif02.jpg

位置情報の入った写真だと、この「EXIF Viewer」なら、一瞬で場所の確認までできてしまうのですね。

でも、大手のブログサイトやSNSなんかでは、アップロード時にEXIFデータを削除するらしいので、ほとんどの方は心配はいりません・・・?

んんっ?・・・

自分のブログには位置情報載ってるぞ・・・???

ということで、チェックしてみたところ、iPhone5〜5sを使用中のブログ記事の多くに、位置情報が載っていたことが判明・・・

キャラバン中の記事なんかは良いですが、明らかに自宅の記事ってわかるものは、Googleマップで「ここが自宅です」って言ってるようなものです。

この、個人情報だだ漏れの状態を改善するべく、ここ数日写真の位置情報を抜くという地道な作業をしておりました。

まったく、脇が甘いですな。

一見詳しいと見せかけた情弱でございます。

もっとも、ブログの記事で、端からほぼバレバレかも知れませんけど。

原因は、iPhoneの縮小作業なしでブログアップ用に入れていたカメラアプリが標準で位置情報がONになっていたようで、縮小加工されずにそのままアップするものだから、位置情報が残っていたようです。

それ以外の、縮小やモザイク加工したものは問題ありませんでした。

iPhoneの使用前後のAndroidスマホでは、そんなことなかったのですが・・・。

iPhoneったら・・・って自分が悪いんですけどね。

今回、写真のお勉強をしていなければ、ずっと垂れ流しのところでした。

そんなこんなで、先日のジェネ男さんのカメラの情報も、この拡張機能で「休日のブログ」のEXIF情報を見せていただきました。

exif03.jpg

EXIFについてのお勉強が終わったところで、また一つ別のお勉強もしました。

それは、RAW現像についてです。

「RAW」という言葉自体は、よく目にしますし、ニュアンス的には捉えていたのですが、その必要性については特に思うところはありませんでした。

なので、自分の中ではJPEG上等でこれまで来たので、RAWでの記録というものに対しては全く気にすることはありませんでした。

ですが、デジタル一眼レフの世界では、RAW形式での記録機能は標準なんだと初めて知りました。

当初、RAW現像の意味が今ひとつ良くわからなかったのですが、こだわりの写真を見ていく内に、それがRAW現像によるところも大きいのだと知りました。

現像というと、フィルムの現像をイメージしますが、やったことがないので、ソフトを使うという時点で、加工に近いイメージを持ちます。

でも、オリジナルのRAWデータを如何に表現して圧縮するかなので、印画紙を薬剤からどのタイミングで取り出すかというようなイメージなのでしょうか?

そうであるならば、経験者でPC好きの私にはぴったりの作業なんじゃないかと思えてきます。

なんとなく、進むべき道が見えてきたような・・・。

知らないことが多すぎるので、気のせいかもしれませんが。

間違ってたら、親切なカメラマンな皆様、是非ともお導き下さいませ。
posted by かわいいHERO at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2015年01月06日

プレイステーション2

我が家のリビングには、子供たちのゲーム機「Wii U」と「プレイステーション3」が置いてあります。

それぞれ、旧型から所有していますが、「Wii U」は旧型と完全互換ですが、「プレイステーション3」は旧型である「プレイステーション2」のソフトは使えません。

よって、ソフトを無駄にしないためには、「プレイステーション2」を使い続ける必要があるわけですが、ディスクの読み取りができなくなったということで、いつ処分しようかとずっと放置状態でした。

いよいよ、処分しようと考えていたところ、WEBで、ディスクの読み取りが治るという情報を知りました。

ディスクの読み取りができないとなると、オークションでの処分も難しいと思っていたのですが、治るとなれば話が違ってきます。

既に、手にも入らないようなゲーム機ですから、既に保証もあるわけもなく、分解に何の抵抗もありません。

正月の延長でだらだらと過ごしている昨日、WEBの情報を元に、「プレイステーション2」を分解してみました。

分解と言っても、帽体のネジを10個とDVDのカバー4個のネジを外して、レーザーのピックアップレンズ部分をモニタークリーナーで拭いただけです。

ディスクの読み取りに問題がないことを確認して、再度元通りに組み付けただけですから、あっという間に終了です。

レーザーの調整ネジで強弱を調整する方法もあるようなので、レンズのクリーニングで対応できなくなれば、やってみたいと思います。

2015-01-06 11.35.54.jpg

現在はもう「プレイステーション4」の時代となっていますが、子供たちにとっては、「2」のソフトへの思い入れもあるようで、私の作業を傍で見ていた三男坊のテンションが上がっていました。

と思ったら、しっかり今朝から長男とウルトラマンやバーチャファイターなんかで遊んでいました。

2015-01-06 11.37.50.jpg

それが必要かどうかは疑問ですが、ただのゴミにならなかったのは良かったのかな。
posted by かわいいHERO at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年10月17日

物欲を抑えるために…既存アイテム活用キャンペーン?

先程、早速「6Plus」を持って出た奥さんから、「ドコモのメールが来ない」とSOS。

SIMフリーなので、設定しないといけなかったみたいですが、忘れてました。

WEBで調べて、方法をLINEのメッセージで送っておきましたが、果たして自分で解決できるかしら。

そして、奥さんに「6Plus」が行ってしまったことで、私自身、少し物欲が収まりつつある中、昨晩は、アップルの発表会で新型iPadが発表されました。

前に情報として上がっていた、「iPad Pro」がなかったのは、残念ですが、幸いでもあります。

「iPad Air 2」は更に薄く軽くなって、個人的にお気に入りのタッチIDが付いて、魅力的ではありますが、現在愛用中の「iPad Air」でも、十分といえば十分なので、ここはスルーすべきというか、もう買えない…。

よく考えたつもりでしたが、今思えば、SIMフリーのLTE付きにすべきだったかと思ったりはします。

そういう意味では、未だ所有したことがない「iPad mini 3」の方が興味があったりするのですが、これまた、過剰設備であることは間違いないので、我慢我慢。

何か、口実ができれば、可能性は無くなはないですが、その前に、既存のNECルーターを使用しての「iPad Air」持ち出しも試してみないといけません。

ということで、物欲を抑える意味でも、自分の中で既存のアイテムの活用キャンペーンを実施してみよう。

先日、長女の連合運動会でのバッテリー切れで出番のなかったレンズスタイルカメラ「DSC-QX30」も、ROWA JAPAN から、互換バッテリーが到着して万全です。

image-8df79.jpg

昔からいくつか愛用していますが、中国セルでもアマゾンの激安品よりも、当たり外れが少ない気がしています。

そして、レンズスタイルカメラを使用するにあたって、面白い画角が試してみたいということで、こんなのを買ってみました。

image-cbfd0.jpg

「Pocket Xshot」です。

最近、はやりの自撮り用の一脚みたいな奴ですが、いろいろと検討をして、こいつに決めました。

image-5a3e8.jpg

もっと安いものがいくらでもあるのですが、パイプに溝がないと重みで回転してしまうようなので、その心配のないものにしました。

畳んだ状態では、かなりコンパクトです。グッド(上向き矢印)

image-99e75.jpg

自撮り用としては使えるでしょうが、「DSC-QX30」のズームを利用しようとなると、振れがひどいでしょうから、あまり期待は持てませんね。

image-96029.jpg

でも、本当にコンパクトなので、痒いところに手が届くくらいの機会はあるかもしれません。

また、安いものにはグリップエンドにネジ穴があるのはわかっていたのですが、この「Pocket Xshot」にもネジ穴がありました。

image-c63d6.jpg

なので、軽量なお気に入りの三脚に取り付けてみますが、ネジの精度の問題か、奥まで入らず固定しきれません。

image-86b19.jpg

でも、この小型の三脚だと、ネジが短いせいか、きっちり固定出来ました。

image-33ca8.jpg

なんか、マイクスタンドみたいですね。たらーっ(汗)

でも、こんな使い方なら、はじめから「Pocket Xshot」を使わずに三脚を利用すれば良いので、ほとんど意味は無さそうです。バッド(下向き矢印)

この「Pocket Xshot」を「GoPro」で利用している方もいるようなので、アクションカムでも使えそうですが、スノーボードもできないので、実際に自分が使用できるイメージは今のところ皆無です。ふらふら

先ずは、これらが活用できるだろう場所に行く必要がありそうです。
posted by かわいいHERO at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年10月09日

iPadとMACの融合

10月16日のアップルのイベントにて発表されると思われている新しい「iPad」ですが、指紋認証を搭載した「iPad Air」と「iPad mini」だと思っていましたが、ここへ来て、12.9インチ画面の「iPad Pro」なんて噂が出ているようです。

で、この「iPad Pro」は、単に画面の大きいiPadではなくて、これまでのiPadとは違って、「iOS」に加えてMACに搭載されている「MAC OS」の両方が搭載されるというものだそうです。

確かに、「i0S8」になって、「MAC OS」との距離が急速に詰まったようですが、こういう意図があったのですね。

タブレット端末とデスクトップ(ノート)端末が一緒になるというと、マイクロソフトの「Windows8」を思い浮かべてしまいます。

AppleとMicrosoftを比較してはいけませんが、なんかAppleがMicrosoftのビジネスのWindows市場を本気で攻めて来たような気がします。

そういう意味では、「iPad Pro」は「Surface」と似たような使い方になるのでしょうか?

使用法としてノートとタブレットが分離している今の私には想像つきません。

image.jpg

画面が12.9インチということで、「Surface」よりも快適だと思われますが、私が「Surface」を好きになれないあの重さは「iPad Pro」の場合、どうなるのでしょう。

まぁ、「iPad Air」のようにはいかないでしょうが、Appleのことですから、そこそこのものに仕上げてきそうな気もします。

スマートフォンやタブレット端末としては、圧倒的な普及を遂げたiOS端末ですから、その融合によっては、デスクトップ(ノート)端末の常識が、一気に覆すパワーを秘めているのかもしれません。

とはいえ、大型化が未だ受け入れられないユーザーが多いiPhoneの更なる地位の向上等、宿題も多いAppleですから、そう簡単にはいかないでしょうね。

少なくとも、自分は現在のところ、新しい「iPad Air」や「iPad mini」は欲しいと思っても、「iPad Pro」の必要性は思い浮かびません。

これは絶対欲しいと思うような、iPhoneとの融合性を持った機能が登場してからの話ですね。
posted by かわいいHERO at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年09月26日

出身大学の学歌をCDに

今度、大学時代の友人が結婚することとなり、結婚式に招待されています。

長男が既に成人した私と同じ歳の友人なので、超晩婚です。

その友人から、結婚式で歌を歌ってくれと頼まれ、同じく大学時代の友人二人と一緒に歌うことになったのです。

結婚する友人を含めた私達4人は全員、体育会系クラブの仲間であり、そこで知り合った一生の友?

そう言えば、鳥取の岩井温泉と北陸の山代温泉の旅行は記事にしてたっけ。

私を含めた3人は、1年で体育会系クラブを離脱したものの、共通点はやはり体育会系クラブでの、暗く悲しき思い出の数々なので、必然的に、歌もその延長線上の学歌となるわけです。

有名大学ならまだしも、無名大学だと普通の学生は、学歌なんて知らないでしょう。

でも、私達はたった1年間でも体育会系に在籍したことで、学歌というのは非常に身近な存在でした。

他にも、伝統の馬鹿げた三流芸もあるものの、流石にそれを結婚式の会場でやるわけにもいかず、無難に学歌というわけです。

とはいえ、卒業して20年以上が経つわけで、歌えるけれど結構忘れてるかも…?というレベルですから、事前に予習は必要と考えます。

大学のホームページに、歌詞とフラッシュを使ったイントロ再生ができるようになっているのですが、友人たちはPC音痴な連中ばかりなので、「ホームページを見ておいて」というのが通用しません。

となれば、アナログに歌詞とイントロを送りつけることにしました。

ですが、大学のホームページ内のフラッシュによるイントロを音源化するのは、容易いものではありませんでした。

PCでダウンロード出来ないかと試行錯誤しましたが、全く駄目。

それならばと、2台のPCのイヤホンジャックとマイク端子をケーブルで接続し、イントロをキャプチャすることを思いついたものの、音が悪くて使い物になりません。

なんとか、他にアナログ音源をデジタル化できる機器はなかったかと考えていて、キッチンに置いてあるミニコンポを思い出しました。

以前は、カセットテープをMP3形式でSDカードに録音するラジカセなんて持っていたのですが、オークションで売っぱらってしまったので、現在は、そのキュリオムのミニコンポしかありません。

キュリオム(Qriom)ってホームセンターなんかでよく売ってる、山善が中国で作っていた商品のブランドですが、大学の先輩が勤めているので馴染みがあるのです。

PC同士で音が最悪だったので、ミニコンポでもどうなるかわかりませんが、まずはやってみるしかありません。

ミニコンポにSDカードを刺して、マイク端子に音声ケーブルのジャックを挿します。

2014-09-26 01.50.33.jpg

ケーブルのもう一方は、マイクロソフトのタブレットPC「surface」のイヤホンジャックへ。

2014-09-26 01.52.51.jpg

大学のホームページから学歌のページへ行って、録音してみたところ、綺麗に録音出来ました。

やや、飛び気味の箇所もありますが、問題ないでしょう。

そのMP3形式の録音データを、iTuneでWAV形式に変換し、ライターアプリで音楽CD完成です。

2014-09-262012.20.17.jpg

歌詞も印刷して、これから友人たちに送ります。

録音作業は、本当は娘のおもちゃを借りれば簡単なんですけどね。
posted by かわいいHERO at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年09月09日

「Chromeキャスト」と「全米オープン」

全米オープン準決勝をWOWOW以外で視聴するために、あれこれと模索したことで、これはWOWOWの申込殺到するだろうなぁと思っていましたが、まさにその通りになっているようですね。

WOWOW独占放送ということで、なぜ受信料を取りながら、NHKが放送できないんだというクレームも多いそうですが、確かにWOWOWしか見れないということに、不満を持つ人は多いと思います。

そういう我が家も、WOWOWには加入しておらず、この1試合のためだけに加入するということも考えられません。

ですが、世紀の大一番は是非みたいので、準決勝と同じく、風雲LIVEの力を借りることにします。

ただ、iPadやPCの場合は、画面が小さくちょっと残念です。

できればテレビで観たいと考えて、方法を考えたとき、浮かんだのがちょっと前に国内でも販売がスタートした「Chromecast」です。

PCの画面は、HDMIケーブル1本でテレビに映し出すことが可能であることから、この記事では、自分には不要と断言してしまいましたが、現在のところ視聴が確認できているiPadとPCのうち、iPadではきちんと映るものの、PCのブラウザでは、ワイドにならず縦長になってしまうので、咄嗟に「Chromeキャスト」が浮かんだのです。

明朝まで時間もないということで、帰宅途中にPCデポに寄って、「Chromecast(クロームキャスト)」をゲット。

1410180192851.jpg

でも、iPadのAPPストアで「Chromecast」の専用アプリのレビューを見ると、最悪です。

使えないというコメントが乱立していて、これは買って失敗だったと思い始めました。

でも、今更どうしようも無いので、早速開封して、本体とHDMI延長ケーブル、そしてACアダプターをセットして、セッティングします。

1410180316789.jpg

先ずはWiFiの設定で「Chromecast」を認識させますが、最近、ファームウェアのアップデートがあったのか、いきなり、アップデートのインストールが始まりました。

1410181600484.jpg

インストールが全て終わったところで、iPadでの使用を試みますが、iPadで使用している「風雲LIVE」専用アプリは、「Chromecast」に対応しておらず、使用できませんでした。

Android用の「風雲LIVE」専用アプリも存在するようなので、スマホにインストールしようかと思いましたが、必要以上の情報を抜かれそうなので、インストールはやめました。

となると、残るはPCしかありません。

PCでは、WEBブラウザにグーグルクロームを使用することで、簡単に「Chromecast」を使用することができました。

やはり、画面はワイドにならず、縦長表示にはなりますが、大きなテレビで視聴出来るので、良しとせねばならないでしょうね。

1410185796072.jpg

後は、試合開始を待つばかり。

日本中が、錦織圭一色になる時間は、もう間近です。ダッシュ(走り出すさま)

でも、まさか、風雲LIVEで決勝戦やらないってことはないでしょうねぇ。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年09月07日

全米オープンテニス視聴

昨日、現在入院中のオルビストさんより、「夜中に放送されるWOWOWの全米オープンをなんとかネットで見れないか?」との相談メールが届きました。

録画ならまだしも、有料放送のWOWOWを遠隔地で見れるようにするとなると、テレビ画面をカメラで撮ってネット中継するか、スリングボックスを使うことしか思いつきませんでした。

テレビ画面をネット中継というのは、やったことがなく、ちゃんと見れる映像になるのかもわかりませんし、完全プライベートにストリーミングするというのも、急に言われてできるものでもありません。

なので、臨時ID&パスワードを取得して、それ用とも言えるスリングボックスを使うのがベストと判断して、新たにIDを取得しました。

Slingbox Player.png

ところが、帰宅して奥さんに確認すると、我が家はイオ光の光テレビには加入しているものの、WOWOWには加入していないため、そもそもWOWOWは見れないということがわかり、オルビストさんにごめんさいメールをしました。

今回の全米オープンテニスはWOWOWだけしか放送がなく、その契約がなければ見ることはできません。

WOWOWの契約なしに見るというアンダーグラウンドな方法は、以前に風雲LIVEという怪しげな中国サイトをこのブログの記事でも紹介したことがあるのですが、その後は、見れなくなっているという認識であり、実際に見れませんでした。

いざ、時間が来て錦織選手の試合が始まったことで、もう一度、風雲LIVEのサイトをチェックした時に、iOSのスマホやタブレット用アプリでは見れたという書き込みを思い出し、iPad Airにアプリをインストールしてみました。

ですが、やはりWOWOWを始めとした日本のテレビは見れないようです。

2014-09-07 01.24.09.png

ですが、この時ふと気が付きました。
中国でも全米オープンテニスのな生中継ってやってるかも?と。

案の定、テニスコートとわかる画像があったので、選択してみると、間違いなく錦織選手の試合でした。

2014-09-07 01.23.54.png

中国のテレビなので、中国語ですが、スポーツなので解説がないだけです。

WOWOWじゃなくても良かったわけです。

2014-09-07 01.26.00.png

オルビストさんに、このことを教えてあげたいと思いましたが、残念ながらオルビストさんは、iPhoneもiPadも持っていません。

PCでの視聴と聞いていたので、改めてPCで風雲LIVEのサイトをチェックしますが、肝心の映像が出ません。

CCTV5 .png

やっぱり駄目かと思いながら、わけもわからず左の文字を上から順位選択していると、なんと1箇所映像が映るところがありました。

CCTV5  2.png

慌てて、オルビストさんにメールしましたが、時間が時間ですから、諦めて寝てしまっているのではないかと思いつつも、一応メールしておきました。

見てくれてるといいんですが。

1410023060478.jpg

もっと早く気がついてあげられたらと思いつつも、今更仕方ありません。

こうなれば、錦織圭君に是非とも勝ってもらって、決勝戦を観てもらうしかないか…。

現在2-1で第4セットも錦織選手が優位に進めているので、そうなりそうなんだけどなぁ。
posted by かわいいHERO at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年09月02日

不正ログイン

昨日、Facebookから相次いで「Chrome (Windows)からのログイン」「いつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?」というメールが届きました。

複数のPC、スマホ、タブレットでFacebookを閲覧することのある私は、珍しくもないと思ったのですが、よく考えると「Chrome (Windows)からのログイン」となるとPCですが、その時間、PCを触った覚えはありません。

メールを良く確認してみると、

こんにちは、◯◯◯◯◯さん
2014年9月1日 21:29に「Chrome (Windows)」という機器からあなたのアカウントへのログインがありました。この機器がアカウントに追加されました。
オペレーティングシステム: Windows 7
ブラウザ: Chrome
場所: Chiyoda, 13, JP (IP=153.163.165.7)
注: 場所は、インターネットサービスプロバイダからの情報に基づいています。

と書かれています。

「Windows 7?」「Chiyoda?」

自分は全て8にアップグレードしていて7は使っていません。

Facebookがログイン事実の確認が取れるまでアカウントを一時停止するという処置を取ったことで事無きを得、その後、指示通りに安全の確保を行いましたが、一度はログインされてしまったということなのでしょう。

あとで、IPアドレスを調べたところ、OCNのサーバーのようです。

職場もOCNですが、その時間は家に居たのでそこは関係ないでしょうが。

今回、Facebookの安全対策機能で大事には至らなかったわけですが、気持ちが悪いです。

高度なセキュリティ対策を行っているFacebookではありますが、それは、それ以上に危険な環境が存在しているということでもあるわけで、私がFacebookに積極的になれない理由でもあります。

先日も、盲導犬の傷害への非難について「いいね!」すると、個人情報を抜かれるというニュースがありましたが、勘弁して欲しいです。

私はFacebookでは実際に面識のある人だけに限って友人としていますが、人それぞれFacebookの使用方法は違うため、相互に友だちになることで完全に安全を確保するのは難しいと感じます。

ということで、今後もFacebookと他のSNS&当ブログは切り離して利用するしかないようです。
posted by かわいいHERO at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年06月09日

週刊アスキー 4/29増刊号

今日WEBでWindowsタブレット関連の記事を見ていると、ふとあるバナーが目につきました。

週アスPLUS.png

週アスふろく「元祖パチパチまとめ板Pro」

これは以前にも付録になってた時があって、その時のものは今も愛用しています。

2014-06-092014.00.44.jpg

なかなか便利なものなので、鞄を変えた今も愛用していますが、先日ふと見ると、中のボール紙が…。

2014-06-092014.03.41.jpg

ゴムの力に負けてしまって破けたようです。

そんな折、WEBでこの付録を知って、近所の本屋へ行ってきたものの、GWの発売分だったようで、週刊なのでもう最新号は2号ほど過ぎていました。

わざわざ取り寄せるのも面倒だし、通販だと送料が掛かるだろうと諦めていたのですが、先ほどのバナーをクリックすると、アマゾンで送料無料でした。

人気ありそうだけど、連休中発売で余ったのかな?

Amazon.co.jp: 週刊アスキー 4 29増刊号  本.png

これなら、労せずしてゲットです。

pachipachi.png

現在のものよりも少し大きくなって、

pachipachi2.png

裏にはネットのポケットが付いたようです。
進化してますねぇ〜。

自分が知らないだけかも知れませんが、このサイズは店頭で売っているのを見たことがないので、手に入って良かったです。

でも、色は前のほうが好きですが…。あせあせ(飛び散る汗)


posted by かわいいHERO at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年05月27日

Googleの「Chromecast」が明日発売

Googleの地元米国で、昨年7月に発売されるや否や注文が殺到し在庫切れとなったという商品らしい。
TIME誌による2013年の「ガジェットトップ10」で1位に選ばれたそうです。

Google Chromecast.jpg

そんなすごい人気の商品で、いったい何ができるの?ってことなんですが、スマートフォンやタブレットの動画や音楽を、手持ちのテレビで視聴できるというものです。

Googleの製品ということで、YouTubeやGoogle Playのコンテンツをテレビにストリーミングでき、NTTドコモのdビデオやauのビデオパスも対応しており、それらをリビングの大画面で観ることができるわけです。

テレビのHDMI端子に差し込み、Wi-Fiネットワークに接続して使用します。

4,200円というお求めやすい価格で、量販店やアマゾンでも購入可能だそうですから、スマホかタブレットがあるなら、一家にひとつあってもいいのかななんて思います。

詳しくはこちらの記事で。

実際、我が家で必要かと言われると、YouTubeはiPadで十分な気がしますし、Google Playのコンテンツも無料で付いてきたものしか持っていませんし、Google Chromeのブラウザ画面を大画面と言っても、ちょっとその必要性が見出せません。

そもそも、現在でも我が家の環境ではスマホ画面のミラーリングは、専用アダプタで可能ですし、NECのウルトラブックをHDMIケーブルでテレビとつないで、テレビに映し出すことも出来ます。
特定アプリに縛られないミラーリングとかの方が便利な気もしますが、ワイアレスでお手軽というところがミソなんでしょうね。
操作もYouTubeだとリモコン感覚のようですし。

なので、「大画面でYouTube見たいなぁ〜」って場合には、便利でお手軽にそれが実現できていいですね。

でも、中高生のいる我が家は、大画面にHIKAKIN映しだされても何なので、やっぱり様子見かな。
posted by かわいいHERO at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年05月24日

ギロチン?

これ自体はデジタルなものではないのですが、職場に導入した道具を組み立ててみました。

image.jpg

堅気になる為のケジメの指用ギロチン…な訳はなく、事務用ツールです。
半年程前に購入していたものの、忙しくて?組み立てていなかった裁断機です。
有名メーカーのものではなく、WEB広告で見つけた書籍の電子化、いわゆる自炊のための道具です。
組み立て自体は、ボルトナットで簡単なものですが、回転ハンドルの固定ピンを押し込むのにハンマーが必要ということで、自宅から持ち込んでようやく完成です。

image.jpg

試しに、予備校時代にお世話になった年季の入った本を、ハンドルを回して押さえてからこの長いレバーでズバッと。

image.jpg

拙い英語力の基礎となっているであろう、150の構文です。

image.jpg

私は高校3年間を大学に行く気なく、バイト三昧で過ごしていた為、卒業時に英語で追試を受けるほど英語が苦手でしたが、卒業と同時に気の迷いで購入したTIMELIFE社のレーザーディスクの英語教材のおかげで、教材の使用指導を行う社員のお姉さまに、大学受験に向けて、無料で週一回マンツーマンで英語の指導を受けることができました。
その時に、お姉さまの指示でテキストとしていたのがこの本なのです。
思えば、カリフォルニアでのホームステイも、150の構文で乗り切ったようなものです。
今は全くとなってしまいましたが、またちょっと勉強してみたい。
ということで、持ち歩きしやすいように電子書籍化です。

image.jpg

でも、実はここまではテストで、本命はやはりこの本。

image.jpg

「7つの習慣」です。

image.jpg

人生のバイブルです。

image.jpg

軽くレバーを降ろすだけで、刃が入っていきます。

image.jpg

さらに押し下げて

image.jpg

最後の力で、背表紙がポロッと

image.jpg

あっという間に裁断終了。
撮影用するのにゆっくり降ろしたんで、裁断面が少し丸くなっちゃいました。

image.jpg

これも、繰り返し読むには分厚過ぎ、少し前に電子書籍を購入しようと思うと、電子化されていなかったので、自炊というわけです。(今は電子化されているかもしれませんが)

image.jpg

スキャンスナップとPCとは無線LANで繋がっていて、PCであっという間に電子書籍化完成です。

image.jpg

厚みの加減で、複数のPDFファイルとなるので、フリーソフトで結合しました。

KindleのPaperwhiteに取り込みたいものの、子供達が使っているので自分用に持ち歩くわけにもいかないか…。
posted by かわいいHERO at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年04月15日

kindleが楽しくなってきた

いろんな可能性を求めて我が家に登場した「Kindle Paperwhite」ですが、正直言って革命とはなりませんでした。

image.jpg

まぁ、無料の文学本なんかを大量にダウンロードしていましたが、情報から隔離された北海道行きのフェリー内とかでないと、わざわざ古い文学を読むなんてことはないんでしょう。

予備知識なく購入したので、自炊本はソニーのリーダーと思い込んでいたのですが、「Kindle Paperwhite」でも、いろいろなツールが用意されていて、PCにUSB接続するだけで自炊データを読むことができるということを知って、手持ちのデータをあれこれ変換していると、だんだんと楽しくなってきました。

image.jpg

mobiという拡張子のデータにすることで、データ量も小さくなるようなので、積極的にmobiに変換しています。
そして、とうとうJPEGファイルをPDF化してmobiに変換する方法でコミックスにも手を出してしまいました。

すると、てきめんに子供たちが競うように手にするようになりました。

image.jpg

ちょっと本来の趣旨と違ってしまっていますが、導入期としては仕方がないかと思ったり…。

私自身は本を読む暇はないものの、書籍の電子データを作成して「Kindle Paperwhite」に取り込むのが楽しくなっています。

その過程で、USBにて「Kindle Paperwhite」にデータを取り込むのに、早速「Surface Pro2」が役に立っています。

ちなみに、mobiへの変換には定番のChainLPを、JPEGをPDF化するのには、pic2pdfを使っています。

データの増加で、「Kindle Paperwhite」がもう1台あってもいいような気がしてきましたので、もう少し様子をみながら、検討してみたいと思います。

最近、「Kindle Paperwhite」のテレビCMもよく目にするようになりましたが、私もCMの人たちと同じ感想で、「Kindle Paperwhite」良いと思います。
posted by かわいいHERO at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年03月23日

小さな小さな移動図書館

先日の突然の思いつき…はい、電子書籍リーダーの件ですが、結局、奥さんの後押しがあって、AmazonのKindle Paperwhiteを注文してしまいました。
在庫ありのAmazonさんの早さは言うまでもありませんが、1980円分の書籍クーポンは注文時に確定されるので、到着は急ぎません。
と言ったところで、すぐに到着しました。

2014-03-22 09.53.14.jpg

一応、開封の儀だけ。

2014-03-22 09.53.25.jpg

電源入っているかと思ったら、電源のスリープ時は何らかの壁紙が表示されるようです。

2014-03-22 09.53.40.jpg

裏蓋に厚めの説明書かと思ったら、多国語表示で日本語はそれぞれ1枚ものの簡潔な注意書きだけでした。

本体の到着と同時期にクーポンプレゼントのメールが届いていました。

amazoncopon.png

到着してもそのまま手付かずでしたが、昨日の朝、仕事に行こうとしていると、奥さんから三男坊の春休みの宿題で数学に関する本を読んで、感想文を書かないといけないので、ある数学に関する本をAmazonのKindleで購入して欲しいと頼まれました。

朝の慌ただしい時間に言われて、ドタバタの中、急いで購入手続きを進めました。

Kindle Paperwhiteのキャンペーンによるポイントを使って購入しようと思ったのですが、それらしき方法が見当たらず、今回は通常の請求でも仕方が無いと思い、購入してダウンロードしました。

でも、後からAmazonから届いたメールを確認すると、自動でポイントに充当されたようです。

suugaku.png

そこから、頭の中はKindleモードになってきて、気が付くと無料のKindle本を物色し始めていました。
きっかけは、Kindleストアの日替わりや週替わり、月替わりのセールの記事でしたが、今週はコミックスの宇宙兄弟の第1巻が0円なんですね。

Amazon宇宙兄弟.png

もちろん、ダウンロードしましたが、子供が紙のコミックスを持っているのであまり意味はありません。
無料は第1巻と第20巻だけですしね。

私の場合、今回購入したKindle Paperwhite以外にもiPadやiPhoneにアンドロイド端末にもKindleアプリを導入しているので、PCからの購入だと、どの端末にダウンロードするかを選択することができます。
PCからのGooglePlayと似たような感じです。

コミックスやカラーらしき絵本や写真集的なものは、リビングのiPad2に指定して、テキストメインと思われる文庫本的なものは、Kindle Paperwhiteを指定しました。
これには、Kindle Paperwhiteに漫画を入れると、勉強してるふりして読む可能性がありますから、その抑止の意味もあります。
もっとも、こっそりクラウドからダウンロードされると意味ないですが。

コンテンツの導入自体はPCによるWEB経由だと、書籍の一覧も見やすくて、0円となるとついついクリックしてしまいます。
宮沢賢治や芥川龍之介、そしてグリム童話などは、子供が読む機会があるかも知れないと、0円をいいことに1クリックを利用して購入しまくりました。
でも、1クリックは有料のものと押し間違えないように注意しないといけません。

クリック一つで簡単に購入できるものの、これって購入するたびにamazonから購入通知のメールが来るのですね。
気が付くとGmail4ページ近くがamazonからのメールになっていました。

amagmail.png

冷静に考えると、テレビやWEBからの情報が溢れたこの時代に、電子本だからと言って文学や童話を読んでくれるかは疑問に感じてきましたが、小さな端末が移動図書館位の役目を果たすのですからすごいですね。
クラウドを利用すれば、更に蔵書が増えるわけですし。

我が家で電子ブックがトレンドとなれば、一気に定着する可能性も秘めています。
万が一そういう事態があれば、ひとり1台というのもない話ではないかもしれません。
辞書機能なんかがポイントかもしれません。

もっとも、既に全員が持っているiPhoneやリビングのiPadでも読めるわけですから、リーダー専用端末がどこまで必要とされるかは、この1台の人気で決まることでしょう。

ということで、いろいろと可能性を秘めており、子供も使いますからやはりケースを装着することにしました。
純正品ですが、iPadのようにマグネットにより蓋の開閉でスリープがコントロールされるので便利そうです。

2014-03-23 02.30.19.jpg

奥さんや娘の使用も考え、いつも地味なカラーなので、今回は赤?オレンジ?にしました。

2014-03-23 02.30.02.jpg

数が増えすぎると、訳がわからなくなるので、コレクションを使って整理してみました。

さてさて、取り合いになるのか、放置されるのか、Kindle Paperwhiteの行く末が楽しみです。


posted by かわいいHERO at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年03月20日

Mac Book Air の余生

我が家の唯一のMacintoshである「Mac Book Air」ですが、Windowsのウルトラブックの導入によって、その活躍の場を失い、最近は寝室で放置され、可哀想な状態でした。

次男坊の受験が終わったことで、この可哀想な「Mac Book Air」を次男坊にあげることにしました。

2014-03-19 23.43.01.jpg

但し、現状のままだと私のApple IDが登録された状態なので、そのままで渡すことはできません。
私の「Mac Book Air」は、元々のOSのSnowLeopardからLionに有料アップグレードしたものの、付属のUSBメモリーを利用して、本体を初期化したら、再度次男坊の名前でOSのLionを購入しないといけないものと思っていました。

ですが、実際にはiOSのLionからは、OSにリカバリー機能を備えていて、SnowLeopardのUSBメモリを使用する必要がないことがわかりました。
これは有難いと思いながら、情報収集していると、現在のOSは有料だったMountain Lionから更に最新となった「OS X Mavericks」で、うれしいことに無料でアップグレードできると知りました。

iOSとの連携も強化されているようなので、iPhone5cでiOS7を使っている次男坊には、悪い要素はないでしょう。

ということで、一度初期化してLionを再インストールし、そこからさらに1時間ほどかけて、「OS X Mavericks」にアップデートしました。

2014-03-19 23.45.48.jpg

2段越えの最新OS導入で、ちょっと使ってみたくなってきました。
でも、インストールの都合上、AppleIDを含めた各種設定も次男坊のものでせざるを得ないので、諦めて全てを設定済みの状態で次男坊に進呈しました。

2014-03-19 23.52.54.jpg

次男坊はiPhoneとiPadは日常的に使っているものの、Macを使いこなせるのかはちょっと疑問です。
それでも、iPhoneでのYOUTUBE視聴は目が悪くなりそうなので、より大きな画面による、YOUTUBEビューワー専用機となっても仕方ないと思っています。

でも、iPhoneとの共通点が多いので、意外と直感的に使えるのかも?と期待してみたり…。
posted by かわいいHERO at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2014年03月18日

書籍電子化の第一歩

電子ブックと言う言葉を耳にしてそれなりの時間が経過しますが、私の知る限りはあまり身近に活用されている方を見ません。
もちろん、これは、私自身が自動車通勤で、電車通勤の方の姿を見ていないとかいうこともあるかも知れません。
でも、先日ある方のツイッターを見ていると、海外に比較して日本の書籍の電子化というのはかなり遅れているらしい。
元々、本をあまり読まない私は、読書家の方のような現実を基にした感覚というものも備わっていないと思われるので、どうもピンとこないところがあります。
でも、写真なんかは既に電子化に取って代わられているわけで、書籍がそうなるのも時間の問題と言えばそうなのかも知れません。

そうであるならば、先を見据えて行動するべきです。
ガジェット好きということもあって、電子化自体には興味があって、自炊環境も揃えたりしていますが、現実的には行動が伴っていません。
その原因を考えると、やはり電子化してもそれを活用するという必要性の部分に自信がないのだと思います。

そんなことを考えている時に、ふとアマゾンの電子書籍端末である「Kindle Paperwhite」の1980円分のキンドル本無料キャンペーンが目に止まりました。

Amazon.png

専用端末があれば、我が家の書籍に電子化も進むのではないだろうか?
そんな風に思ったのです。

実際のところ、現物書籍は場所を取りますので、家族が多く狭い我が家では、電子化は非常に有効な片付け方法であるように思います。

また、ドラマばかりの私と違って、我が家の子供たちは結構読書が好きなので、電子書籍端末はあってもいいんじゃないかと思うようになってきました。
目に優しいところも、バッテリーが持続するところも魅力です。
また、タブレット端末に比較して安価なところも導入しやすさとなります。

辞書としての利用もできそうですから、誘惑の多い今のiPadよりも勉強にも適しているのかも知れません。

いずれにしても、1台くらいはあっても良いと思っています。

となると、「どの機種を選ぶのか?」となるのですが、総合的な判断としてはやはりアマゾンの「Kindle Paperwhite」でしょうか。

楽天のkoboは、やはり少し劣るというイメージですが、解像度の高い最新型以外は安いのが魅力です。

また、ソニーの「Reader」という選択肢もありますが、ソニーは既に北米エリアでの電子書籍事業の撤退を表明しているので、国内事業も将来的な部分で不安が残ります。
しかしながら、自炊の書籍に関しては、「Reader」一択という話もあり、これはこれで手に入れておきたい気がします。

ストアとしては、基本アマゾンでいこうかと思いますが、アプリによってiPadやアンドロイドでも読めるので、ばらけなければ、一つだけに絞る必要もないのかも知れません。

自炊は手間がかかるので、先ずは今後の紙の書籍を増やさないことが重要です。
となると、端末は必須で、1980円分のキンドル本付き「Kindle Paperwhite」をポチッとしそうになったのですが、この「Kindle Paperwhite」の新型の予定があるようです。
ライバル楽天「kobo aura」のスペックを上回る新型「Kindle Paperwhite」は魅力ですが、発売は早くても夏頃みたいです。

さて、どうしたものか・・・。


posted by かわいいHERO at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2013年12月20日

迷惑メール新たなるパターン

ここのところ、少しましかなと思っていた携帯への迷惑メールですが、最近また増えてきました。
拒否リストに登録するも、都度ドメインも違うのでお手上げです。
以前、AKBの大島優子とか、相続財産差し上げますとかしつこいのがありましたが、今週はこんなパターンでした。

image.jpg

細木数子に江原啓之という占い、スピリチュアルシリーズです。
懲りずにあれこれ考えますね。
それに、削除してしまいましたが、配達物の不在案内を装ったものなんかもありましたが、差出名が知らない個人名ってことで、問答無用です。

企業のキャンペーン等の登録時には不便ですが、やはりURL付きを規制するのが一番効率が良い気がするので、再度設定を変更しました。
posted by かわいいHERO at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2013年09月29日

ブルーレイってデリケートなのかな?

ハードディスクの大容量化も一息ついた感がありますが、各種電子機器の高度化に伴い、扱うファイル自体もどんどんと大型化しています。

現在のカメラでは既にフロッピーディスクでは、静止画1枚さえ入らないということを考えると、日進月歩を感じざるを得ないです。

そんなこんなで、PCのハードディスクも増設してもすぐに一杯になるというと流石にちょっと大袈裟ですが、過去にNASでデータを失った経験から、バックアップの重要性を痛感している次第です。

ハードディスクの低価格化に伴い、RAIDという選択肢もありますが、通電が必要というハードディスクの性質から、やはりメディアへのバックアップが 個人的には理想です。

幸い、ブルーレイディスクも価格が下がっていますので、ブルーレイへのバックアップを進めることにしました。

事務所のエディオンモデルのマウスコンピューター製デスクトップには、ブレーレイのドライブが装備されているので、それを利用しようと、付属のサイバーリンクのアプリを起ち上げて、ディスクに焼こうとしたところ、エラーが出て焼けません。

アプリの問題かと思い、アプリをアップデートしようとすると、一旦アンインストールすると表示が出て、そのまま進めていくと、アンストールされないまま、セットアッププログラムが重複して無限に起ち上がっていきます。

結局、強制終了するよりなく、アップデートを断念しました。

アンインストールで起こる症状なので、アプリの削除自体できないという困った問題です。

仕方なく、ブルーレイドライブが付いていない自宅のデスクトップで、ポータブルのブルーレイドライブを使ってバックアップしようと試みたのですが、そちらもサイバーリンクのアプリで同様の問題が発生してしまいました。

ならばと、事務所のデスクトップでリベンジするべく書き込みアプリを変更、評価の高かった「CDBurnerXP」というアプリをインストールして再度チャレンジしてみました。

ですが、残念ながら結果は同じでエラーが出ます。

WEBで調べてみると、どうもマウスコンピューター製のデスクトップに付いていたLG製のドライブが問題らしい。読み込みはOKも書き込みは最悪みたいです。

ドライブに問題があるとなると、方法はひとつ、ポータブルのブレーレイドライブで「CDBurnerXP」を利用して焼くしかありません。

2013-09-28 11.14.28.jpg

ということで、ようやくバックアップ可能となりました。

ですが、ポータブルは遅い…。
大容量のハードディスクをバックアップするとなると、気の遠くなるような時間が必要です。

なので、デスクトップの不良のLGドライブを、ちゃんとしたものに交換することにしました。

2013-09-28 11.00.56.jpg

で、早速今朝から、新しいドライブを調達してきて交換作業に入りました。

バルクのLG製が安くであったのですが、LG製は避けようと思い、メーカー品では一番安かったIOデータのものを買ってきました。

2013-09-28 11.01.07.jpg

重ねてみるとよく似ています。

2013-09-28 11.04.10.jpg

裏返してみると、「じぇじぇじぇ!!」こいつもLG製じゃないですか…

2013-09-28 11.05.06.jpg

やっちゃいましたが、一応IOデータを信用してそのまま交換、早速バックアップ作業開始です。

2013-09-28 20.01.43.jpg

IOのドライブには、昔良く使った「B'sRecorder」が付いていましたが、インストールせずにそのまま「CDBurnerXP」を使ってみました。


結果、いやぁ〜早い早い。

LGだけど、まぁ結果オーライですかね。

多分、バルクでも大丈夫だったんでしょうけど。
posted by かわいいHERO at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2013年06月27日

ソニーに期待

sony.logo.jpg

日本の誇りであった家電メーカーの存在ですが、ここ数年でここまで落ちるかというところまで落ちた感が強く、それが日本再生に影を落としていると感じるのは私だけではないと思います。
自動車業界同様、一時的な円安で、明るい兆しが見えたかと思いましたが、単なる為替のいたずらかと思わせます。
アベノミクスへの期待は相当なものですが、反面裏切られたとの声も強く、結局、外部に期待するだけでは何も解決しないと悟ります。
そんな中、個人的には、ソニーの頑張りが目につきます。
自身が一部ソニーのユーザーであるということもありますが、それを抜きにしてもソニーの頑張りが目につくのです。

具体的には、やはり時代の寵児といえるスマートフォン関係です。
ドコモのツートップとして、過去最速の販売という「Xperia A」にその前モデル「Xperia Z」は、唯一サムスンに負けないアンドロイドスマートフォンだと感じます。
auの夏モデルである「Xperia UL Gaga」も、au版「Z」ということですから、人気機種になるのは間違いないでしょう。
対するサムスンもスマートフォンではS4がさらに進化しているようで、世界一のアンドロイドスマホメーカーとしては、絶対の地位があります。
ですが、ここへきて、スマホしかないという悲観から株価を下げたり、外国人社員の退社が後を絶たない等のニュースが続いています。
個人的にも、目の動きを感知してスクロールする機能など、店頭で試してみましたが、本体の傾きによってスクロールする傾向が強く、自身の意図とは反対にスクロールすることもあり、斬新ですが不要な機能という気がしました。
もちろん、実際にユーザーとして使用していないので、ユーザーが本当にその機能を実用としているのかが知りたいところです。
スマートフォンとして、ハードが一定の性能に達したこの頃では、PCがそうであったように、差別化が難しくなってきているのだと思います。
なので、メーカーは端末を売る為にいろいろな機能を付けてくるわけですが、実用にハードルが高い機能は、受け入れられることなく、無意味なものとなります。
ユーザーが求めるのは、優秀な基本機能であって、不安定な付加機能ではないと思うのです。
使い方自体に革命をもたらすような、革新的な機能を産み出すことが出来なければ、基本機能を充実させて、信用を得る方べきだと考えるのは素人の浅はかさでしょうか。

スマートフォン全体の性能アップは、これまで不安定なガラパゴス付加機能により、フリーズや再起動を経験してきた国産メーカーにとっては、戦いやすい環境になったと思うのですが、時すでに遅しという感が強く、ソニー以外に期待をもって見られるのは、IGZOのシャープぐらいでしょうか。

そんなスマートフォン市場で、ソニーの元気がはじけています。
「ファブレット」という言葉は、スマートフォンの「フォン」と「タブレット」からなる造語らしいですが、要は5インチを超えるタブレットではない端末を指すそうです。
私の所有する「HTC J バタフライ」は5インチなので、ギリギリ「スマートフォン」となるのでしょうが、GALAXY Note IIは5.5インチなので「ファブレット」となるそうです。

この中途半端ともいえる「ファブレット」市場の今後はわかりませんが、サムスンがラインナップを拡充しているのを、指をくわえてみているのも悔しいですよね。
そこに、ソニーが6.4インチ画面の「Xperia Z Ultra」を投入するのは発表済みです。

rp01.jpg


そして、次期フラッグシップモデル「Xperia i1 (Honami)」らしき画像もリークされており、カメラの非常に強化された機種とのことで楽しみです。

20130626_smartwatch.jpg

そんな、スマートフォンに関連して、「Smartwatch 2」なるものも発表されました。
昨年、初代モデルが発売されたものの、自社の「Xperia」にしか対応せず、ターゲットが限定的な商品でした。
BluetoothでAndroidスマートフォンと通信し、さまざまな情報を表示したりスマートフォンの操作を行える腕時計型デバイスですが、2代目は防水防塵仕様となって、以外のアンドロイド端末にも対応するということなので、大いにヒットの可能性を秘めているような気がします。
iPhone誕生について、スティーブジョブズはソニーを参考にしたそうですが、少し前のニュースで、Appleも腕時計型デバイスを計画中というものがありましたから、スマートフォンをカバンに忍ばせて利用するという新しいトレンドを産み出すかも。

ウェアラブルというテーマでは、米国では既に「Google Glass」が話題ですが、そこまで最先端でないにしろ、スマートフォン以外のソニーでは、私も所有している「ウェアラブルビデオカメラ」という分野への進出も評価できるのではないでしょうか?
この分野では、「GoPro」という、一般人の聞きなれないメーカーが、圧倒的な強さを持っています。
テレビ番組で、ヘルメットに装着したりするビデオカメラは、ほとんどがこの「GoPro」のHERO(現在は3が最新モデル)というカメラだと思います。
また、ライダーには「Contour」というカメラも人気なようです。
国産では、JVCビクターが先行していますが、評判はいま一つのようで、そこに待望のハンディカムのソニーが参入してきたわけです。
JVCビクター「ADIXXION」は店頭で見たことがありませんが、ソニーの「アクションカム」が店頭で販売展開されていたのは、過去記事でも書きました。(あくまで、私の狭い行動範囲内での店頭ですが)

海外製のウェアラブルカメラは敷居が高いけど、「ADIXXION」はちょっと…そんなユーザーが「アクションカム」に飛びついたのではないでしょうか。
「アクションカム」発売以来、このウェアラブルカメラ人気は高まっているようです。

この記事を書いている間にも、新しいニュースとして、この「アクションカム」と共通のバッテリーを使用する、“サイバーショット”「RX100」に後継モデル『RX100 II(マークツー)』の発売が発表となったようです。
世界初の11.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー“Exmor R”(エクスモアアール)を搭載し、暗所性能の進化を実現したということです。

その他、ハードディスクレコーダーにおいても、これまでネットワークにおける利用では、我が家のお風呂タブレット「アローズタブ」で唯一再生できるパナソニックが一歩先を行くイメージでしたが、昨年末にはソニーがはじけた気がしました。現在は各社どんな状況になっているのかはわかりませんが、ここでも、時代に柔軟に対応するソニーのイメージがあります。
そして、いよいよその姿を現した、据え置き型ゲーム機の「PLAYSTATION4」も忘れてはなりません。

あくまで、個人的な感覚でしかないのですが、私の中ではかゆいところに手を出し始めたソニーが熱いのです。
posted by かわいいHERO at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ

2013年06月24日

いまさらながら、自炊始めよっかな

職場にドキュメントスキャナを導入してみました。
自炊で人気の「ScanSnap ix500」です。

2013-06-232019.12.57.jpg

少し前に手配していたものの、なかなか使う機会がなく放置していたら、非接触型の新型が発表になり、ちょっと後悔。
でも、実際に使用してみると、そんな気分は一気にどこかへ飛んで行ってしまいました。

便利ですねぇ〜、これ。
これまで、ソーター機能のあるスキャナーを使ったことがなかったので、ほんと驚きました。
以前、マイミクのろくりんさんが前モデルの「ScanSnap」で自炊されているのをブログで見て、いいなぁとは思っていたのですが、読書家でもない自分には、必要ないだろうと思っていました。
ですが、仕事上では膨大な紙の資料を電子化する意味は大いにありますし、メール添付等、電子化が必要なケースが増えています。
ということで、早速新たに追加されたPCへのWiFi接続を利用して、仕事の資料をPDF化してみました。

2013-06-232019.13.59.jpg

「ScanSnap ix500」をスタンドアローンで使用し、本体のスキャンボタンを押したところ、WiFi経由でPCのフォルダに保存されていました。

普段は畳んである「ScanSnap ix500」のトレーを開くとPCの常駐アプリが、その使用が可能なことを伝えてくれます。

2013-06-23 21.19.38.jpg

それならと、次はスマートフォンと連携してみようとなって、エディオンでもらってきたソニー「アクションカム」のカタログを電子化してみよう。

2013-06-232019.25.00.jpg

まずは、下準備として「ScanSnap ix500」に通せるように、カタログのホッチキスを外して、半分のA4サイズに裁断します。

2013-06-232019.28.26.jpg

スマホの方は、「iPhone5」、「HTC J バタフライ」と「Nexus7」それぞれに、無料のアプリ「ScanSnap Connect Application」をインストール。
今回は、IPhone5を使います。

アプリを起動して「設定」ボタンをタップすると設定画面になります。

2013-06-23 19.18.38.png

この状態では、スキャナーを未だ認識していません。
なので、接続先名:接続しないのところをタップすると、

2013-06-23 19.18.42.png

接続先一覧の画面になって、スキャナーのところに「ix500」が現れますので、それをタップ。

2013-06-23 19.18.49.png

接続先名が「ix500」となって、読み取り可能となりました。
ここで、「スキャナオプション」の「読み取り設定」をタップすると、読み取りモードの内容が確認できます。

2013-06-23 19.30.19.png

カタログは両面印刷ですから、両面読み取りの設定にしようと思ったのですが、デフォルトで両面になっていました。

カタログを「ScanSnap ix500」にセットして、今回はスマホからなので、iPhoneのアプリの画面上からスキャンボタンをタップすると、あっという間にスキャンし終わりました。

2013-06-232019.34.26.jpg

iPnone内にスキャンされたカタログがPDFファイルとして一覧に加わりました。

2013-06-23 19.32.18.png

両面スキャンするのに2回通す必要があるのかと思っていましたが、1回で両面読み取るのですね。
今どき当たり前なのかもしれませんが、あまりの早さに驚いたというのが実感です。

2013-06-23 19.32.23.png

念のため、PDF閲覧用のアプリで確認してみました。

2013-06-23 19.32.51.png

んー、お見事です。
なんか、いろいろと自炊してみたくなってきました。
posted by かわいいHERO at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ