2014年03月29日

業務用複合機入替

職場の別会社の複合機を入れ替えました。
これまでは、以前自宅で使用していたマイミーオMFC-410CNのビジネスモデルであるMFC-5840CNでした。

image.jpg

A4サイズとしては、オールマイティな機能で充分な複合機でしたが、最近ちょっと印刷時の機械音が耳障りになってきました。
自宅のMFC-410CNが駄目になったこともあり、もう寿命が近いのかも知れません。

でも、実際にはそれ以外にも問題が存在します。

ひとつ目は、インク消費の問題です。
自宅の複合機が新しいモデルとなったことで、インク消費の減少には驚かされました。
これまでは、数か月に1回交換していたカートリッジが、年間1度か2度という頻度になりました。
毎朝自動でノズルをクリーニングする際のインク消費が大きいのだと思います。

そして、ふたつ目はPCのOSへの対応の問題です。
如何せん古い機種となってしまい、最新のOSで使えなくはないものの、専用のドライバーは配布されていないので、特殊な機能は使えなくなってしまいました。

主にはスタンドアローンとしてのFAXでの利用なので、OSの問題はそう大きな問題ではなかったものの、迷惑FAXが半端なく送られてきます。
本来なら、PC-FAX機能で、紙に印刷する前に、データとして取り込むことが理想です。
ですが、この機能が古いOSにしか対応していなかったので、紙を無駄にしてきたのです。

この両方が、インクや紙のコストに関わってくるわけで、使えるとは言え、そのコストを考えると、新しい機種に入れ替えた方が良いと判断しました。

そして、新しく導入したのがA3対応のMFC-J6970CDWです。

image.jpg

エプソンという選択肢も頭を過りましたが、実はこの手の複合機ではブラザーの実績はなかなかのものです。
以前から使っているからこそ、そう思います。

レビューなんかを見ると、エプソンとブラザーのネームバリューから来ると思われる評価をよく目にします。
でも、実際、エプソンでの問題も多いようです。

いずれにしても、プリンタの場合は、紙送りのローラーなんかがすり減ってくると、うまく紙送りができなくなりますので、そうなるとその時点で修理するよりも新品を購入した方が結果的に安くなるという類のものですから、消耗品と考えるべきかなと思います。
印刷スピードも格段に速くなっていますから、もう少し早くに入れ替えても良かったかなと思います。

今度の機種は、インターネットファクスなるFAXをEメールの添付ファイルとして送信できる機能が付いているらしいので、出先でのFAX確認にも便利みたいです。
ただ、迷惑FAXが多いので、実用にするかどうかはわかりませんが。
posted by かわいいHERO at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2014年01月18日

またもやNASの不調

昨年、バッファローのNASに外付け増設していたハードディスクが突然読めなくなり、多くのドラマ動画を消失してしまったことは、ブログで記事にもしました。
その失敗を二度と繰り返さない為に、その後、ファイルのバックアップを始めましたが、その矢先、今度はNECの無線ルーターに接続していたハードディスク内のファイルが突然見えなくなりました。
バックアップの過程で他へ移動したっけ?と思ったものの、やはり大量のファイルを移動できるスペースもそうそうあるわけはなく、ファイルが行方不明となってしまいました。
そこで、無線ルーターからハードディスクを外して、ダイレクトにPCに繋いでみると、消えたフォルダが復活しました。
バッファローのNASは、LinuxベースでWindowsPCに接続しても、そのままではファイルを見ることもできませんでしたので、PCでそのまま扱えるというのは有り難いです。

以前バッファローのNASに接続していたいた外付けハードディスクは、IOデータの2TBでしたが、ハードディスク自体のダメージは無いように感じたので、液晶テレビのハードディスクとして使ってみました。

image.jpg

録画は問題なく出来ているものの、いくつかの番組でブロックノイズが出ていました。
やはり、一度エラーの出たハードディスクは駄目ですね。
PCから見えたハードディスクの方も、ファイルを消失する前に引っ越しさせようとしたものの、フォルダ内に10個ほどのフアイルガあれば、一つか二つが既に移動やコピーができない。
そこで、以前購入し、XPパソコンにインストールしてある、ファイナルデータを利用してみたところ、多くのファイルを移動することができました。
バックアップ済みのものも多かったので、前回ほど深刻な状況にはならなかったものの、私にとっては、NAS本体に内蔵せず、USBで接続する簡易NASのトラブル発生率は異常に高いという結果となってしまいました。

image.jpg

ただし、ファンのない2.5インチを使ったとか、シリコンパワー製品の信頼性等の問題もあるとは思いますが、やはり、今後はUSBタイプの利用は避けようと思います。
posted by かわいいHERO at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2013年12月06日

ブルーライトカット眼鏡買ってみた

今更ですが、今日本屋へ寄った時に、偶然目に止まったので買ってみました。


2013-12-062016.17.42.jpg

おまけ付き雑誌でお馴染みの宝島社の「ブルーライトカット眼鏡」、いわゆる「PC眼鏡」で「JINS PC」が有名ですね。

最近では、どこでも手に入りますし、安いものもよく目にしますが、私自身は未だ使ったことがありませんでした。
というのも、近頃は老眼が入ってきているので、コンタクトレンズだと簡単に外せない為、ほとんど眼鏡で過ごしており、そうすると、当たり前ですが、眼鏡の上から眼鏡をかけることは出来ません。

にも関わらず、本屋で本と一緒に並べてあったこれに目が行ったのは、眼鏡の上からクリップで留めるオーバーレンズタイプだったからです。

2013-12-062016.29.33.jpg

紫外線は99%カットということでサングラスにもなるようです。

早速使ってみた感想ですが、見てくれの問題も有りますが、思った以上に真ん中の金具が視界に入って邪魔です。

2013-12-062016.30.07.jpg

そして、肝心のレンズの効果の程も???

確かに眩しさは軽減されるようですが、それが見やすいのかとか、疲れにくいのかというと、慣れないせいだと思いますが、かえって見づらい気もします。

宝島社ってのが悪かったのかな。

2013-12-062017.30.04.jpg

ケースも付いているので、デスク横に置いておいて、先ずは慣れるまでもう少し使ってみることにします。
posted by かわいいHERO at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2013年10月28日

Nexus7用カードリーダー

パタンパタンと倒れてしまう2013年モデルのNexus7ですが、リビングのアローズタブがなくなったことにより、手にする頻度は初代モデルよりも格段に上がっています。
そんなNexus7にはSDカードスロットがありませんが、USBホスト機能はあります。
でも、2013年モデルではUSBが使えないという問題があり、それについての解決策が解明されていることは、既知の事ではあったのですが、実際に利用したい時に困らないよう、検証してみることにしました。
そのためには、Nexus7のマイクロUSB端子を普通のUSBのメスに変換してやる必要があるので、ケーブルを買いに行ってきました。
そこで、ケーブルに少し足した程度の金額でこんなものを見つけました。

2013-10-262021.28.34.jpg

カードリーダーです。
SDにマイクロSDだけでなく、USBもあるのでこれだけで事足りると思いチョイスしました。

2013-10-262021.30.20.jpg

グリーンハウス製ですが、横の他メーカーのものよりうんと安かったのですが、一番気に入ったのは非常にコンパクトなことです。
ケーブル単体とそう変わらずに、カードリーダーを装備しているので、カードリーダー用途だと、確実に嵩張りません。

2013-10-262021.30.01.jpg

本体にマイクロUSBのオス端子が付いているのですが、延長ケーブルも付いているので、ソケットの周りの状況にも対応できますし、電源供給用のマイクロUSBソケットとそれ用のケーブルも付随していました。

Nexus7(2013)のUSB不認識問題は、基本的に言語を日本語に設定してから認識させようとしても認識できないというものであり、言語を一旦US英語にして認識させれば、その後日本語に変更しても、再起動するまでは問題無いというものです。
検証してみようと思いましたが、なぜかその時、私のNexus7(2013)は言語がUS英語になっていて、変更することなく認識してしまいました。

2013-10-272000.34.36.jpg

普段デジカメに使用している32GBのSDカードを挿してみました。

2013-10-272000.35.25.jpg

問題なく読み取りできています。

2013-10-272001.45.18.jpg

次に、USBポートにUSBメモリを挿してみます。
マイクロUSBのソケットに本体を接続するとグリーンのランプが点灯するようです。

2013-10-272001.45.45.jpg

USBメモリのブルーのLEDも点灯しています。

更にシンプルに、リーダー本体をダイレクトに接続してみます。

2013-10-272001.48.09.jpg

カバーを付けたままでもちゃんと認識しました。
これなら、ケーブル無しで運用できそうです。

2013-10-272001.49.38.jpg

もちろんSDカードの中身もバッチリです。

PCのUSBでもありがちですが、US英語の状態でも変なタイミングで接続すると認識しそこなうことがありましたが、コンパクトで別にリーダーを持ち歩かなくて良いので、なかなか良いんじゃないでしょうか。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2013年10月07日

バッファローNASのデータ損失と対応

昨年末にバッファローのNAS(ネットワーク機能付きHDD)に外付け追加していたハードディスクがダウンして、データを損失したところですが、またやってしまいました。

やはり、バックアップを取っておかないとと思い立って、最近安くなったブルーレイのメディアでバックアップを取り始めたところですが、こともあろうかメインのデータが消えていることに気がついていませんでした。

いくつかのフォルダに分けて管理していたので、「あれ、ここにデータなかったっけ?」と思ったことはあったのですが、先のデータ損失で、変更が生じていたので、データを移動したことによるものと思っていました。

ですが、実際バックアップを取り始めて、一番損失したくないデータが消えていることに気が付きました。

また、今回は最悪なことに、フォルダが消えているのに普通にNASとして使えてしまう状態でした。
なので、それに気がついていない私は、別のデータを上書きしてしまいました。

この結果、専用アプリで容量を確認すると、見えているデータと大きく違っています。
見えない大量のデータが存在するということです。

前回も試してみましたが、今回もまずLinuxOSであるubuntuをCDに焼いて、CD起動させて復旧を試みました。
バッファローのNASはLinuxがベースとなっているからです。
ですが、肝心のドライブが認識されはするものの、読み取れないとエラーが出てしまい、即断念しました。

こうなると、前回同様諦めるしかないのですが、WEBで「PhotoRec」なる復元アプリの存在を知りました。
こうなると、もうダメ元でやってみるしかないです。
損失したのは主にドラマのデータなので、痛いんですが、家族写真なんかとは違って、諦めがつく内容のものなので、まさに復元できればラッキーという感じです。

復旧01.jpg

当初、復元データの保存先の設定方法がわからずに、下手にドライブを一杯にしてしまい、失敗してしまいました。
なので、ドライブを変更してデータの保存スペースをたっぷり確保して再挑戦してみました。

復旧02.jpg

すごく時間の掛かる作業ですが、指定したパスにどんどん「recup_dir.XX」というフォルダが作成されていきます。
ちなみにXXは数字です。
そのフォルダを開いてみると…

復旧03.jpg

500ファイル単位でフォルダが作成されるようです。
画像はファイルの種類で見やすくしていますが、実際にはランダムに復元されています。
音楽ファイルのように見えますが、この殆どのファイルはゴミです。
先頭の幾つかのファイルが動画ファイルとして復元されています。

なかなかすごいアプリだと思います。
ですが、上から書き込みを行ったせいかもしれませんが、復元されたファイルにも不完全なものがあり、実際に使い物になるのがどの程度かは見当がつきません。

一応、復元はしてみますが、やはり諦めなければならないような気がします。

このバッファローのNASですが、今のところ内蔵HDDでの問題は出ていません。
いずれも後から追加した外付けHDDによる消失なので、今後は外付けを使わないようにするか、バックアップ済みのファイルのみ置くようにして、消失を前提に利用するかにしたいと思います。
posted by かわいいHERO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2013年06月21日

3キャリア対応ルーター

最近、モバイルルーターが気になっていて、ちょっと調べてみたら、面白い記事を見つけました。
それは、本日21日に日本通信からLTE対応ポータブルルータ「b-mobile4G WiFi3」が発売されたというものです。

wifi.jpg

本日発売と書きましたが、厳密には販売再開というのが正式なところのようです。
というのも、本当は6月14日に発売されたのですが、即日出荷停止となったのです。
その理由というのが、シムフリーをうたっているのに、なんとドコモのシムロックが掛かっていたという「本来あり得ない理由」だったことで、話題にもなっていたようですね。

そんな、「b-mobile4G WiFi3」ですが、無事シムフリーのモバイルルーターとして、販売再開となったのですが、同時に3キャリア対応が報告されています。
これまでの3G通信では、同じGSMという通信規格を用いるドコモとソフトバンクは、シムフリーであれば、相互に使用できるという認識でしたが、auに関しては、CDMAという別規格の為に、シムフリーであっても使えませんでした。
ですが、LTEだからということなのでしょうか?、詳しくはわかりませんが、販売再開された「b-mobile4G WiFi3」はauのシムも利用できるそうです。
その場合の3Gへの切替利用はできないのかも知れませんが、800M/1500M/2100MHzの3バンド対応ということで、auのiPhone5の問題である2100MHzだけしか利用できないということはないと思いますし、auのandroid端末でのLTEはかなりのカバー率なので、まぁまぁ使えそうな気はします。
でも、こればっかりは、実際に使ってみないとわかりませんね。

私の場合、メインがauのLTE回線ということで、ちょっと惹かれますが、実際のところは仕事上、通話ができないと困るので、シムをルーター刺しかえるというケースは考えにくいですが、いざという時の為には、3キャリア対応を選択するというのは間違っていないような気はします。

現在のドコモの格安パケ放題環境が終了する来年春に向けて、子供には自宅WiFi+必要な時の外出時モバイルルーターというのが頭にあるからなんですが、気が早すぎますね。
posted by かわいいHERO at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2013年03月31日

Lightning to Micro USB アダプタ

iPhone5から採用となったアップル社のLightningコネクタは、小型で裏表を気にせず刺せるところは便利ですが、これまでのケーブルが使えないというところが不便で、我が家では、今のところ私のiPhone5のみであり、従来のコネクタをLightningコネクタに変換する「Lightning-30ピンアダプター」を購入していたので、不自由は感じておりませんが、PCデポで便利なものを見つけました。

2013-03-312018.27.26.jpg

「Lightning to Micro USB アダプター」です。
iPhone5のLightningコネクタをMicro USBに変換するアダプターです。

ヨーロッパのiPhone5には、最初からこのコネクタが同梱されているらしいのですが、日本のiPhone5には入っていません。
その存在は、当初より知っていたものの、日本では販売されていないと聞いていたので、その後は「Lightning-30ピンアダプター」を手に入れたこともあり、全くマークしていませんでした。

ところが、今日、PCデポでサードパーティー製のMicro USB変換アダプターを見つけたのです。
Micro USBが使えるということは、我が家にたくさん転がっているAndroid端末用のケーブルも使えるということなので、これはありがたいです。

早速、購入しようとしたところ、わずか300円アップでアップル純正があったので、そちらにしました。

2013-03-312018.29.53.jpg

無茶苦茶小さいです。

2013-03-312018.30.27.jpg

これまでは、常時、この2本を持ち歩いていたのですが、これからはこの1本でOKです。

2013-03-312018.30.42.jpg

でも、アダプターがあまりに小さすぎて落としてしまわないかちょっと心配です。
posted by かわいいHERO at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年12月23日

プリンターの反乱

自分の体調不良とは関係ないでしょうが、我が家のプリンターもどうも調子がすぐれません。
メインで使用してきたキャノン「PIXUS iP4300」のプリントヘッドのトラブルから、複合機「PIXUS MG6330」に乗り換えたことは以前の記事で書きましたが、このトラブルに見舞われたキャノン「PIXUS iP4300」については、安価に直せるのなら再生しようと考えていましたが、どうやら、当初消耗品扱いで販売していた「プリントヘッド」の販売は中止され、それどころか、この機種の修理自体が今年の夏で打ち切られた模様です。
こうなると、もう手の付けようもなく、素直に廃棄処分より仕方がありません。
まぁ、これについては、代わりに複合機があるわけですが、実際使ってみるとやはり「でかい」です。
正直、置き場所に困っています。
無線LAN対応で、どこにでも置けるのですが、その無線LANの電波の状況からか、年賀状印刷では若干印刷ミスによるロスが出てしまいました。
年賀状の印刷自体は無事終わっているものの、これまでリビングで使えていたプリンターが寝室にあるので、使い勝手は悪くなりました。
落ち着いたら、改めて置き場所を考え直さないといけません。

そんな折、昨日仕事から帰るとFAXでもあるブラザーの複合機の液晶が青く光っているのが目につきました。

image.jpg

最初は、この複合機「マイミーオ MFC-410CN」は電話を使用している間は、液晶が光るので、誰かが電話を使っているのだろうと思っていました。

image.jpg

ですが、何時まで経っても液晶が光ったままで、その表示をよく見ると、「クリーニングデキマセン セツメイショのエラーメッセージヲゴランクダサイ」と出ています。

image.jpg

指示通りに説明書を引っ張りだしてきて、読んでみると、「紙や異物が残っているので取り除いてください」とあります。
ところが、紙や異物の存在は確認できません。
全て、隅から隅まで確認しても、問題となるようなものは見つかりません。

説明書の該当部分を更に読み進めると、「その状態を解除するには、電源ソケットを一度抜く必要があります」とあるので、コンセントを外してみました。
しかし、それでも表示は消えません。

説明書の最後には「それでも改善されなければ、サービスセンターへ電話してください」ということで、結局、自力での復帰はできませんでした。

いったいどうしてしまったのでしょう?
相次いで不調を生じるプリンター達に首を傾げるほかありません。
ただ、これも寿命ということなのかもしれません。
息の短いデジタル機器ですから、これでも頑張った方なのかもしれません。
市場には毎年どんどん高機能の新型が投入されるのですから、やむを得ませんね。

こいつを導入した当時には、有線LANを装備したものなのほとんどなく、このクラスの機種としては優秀だったのですが、スマホ全盛の現在では、無線LANはもはや当たり前となり、スマホからの印刷にも対応するようになっているわけですから、丁度買い替えのタイミングなのだと思うようにしました。

というわけで、今度はこいつを「ポチッ」と。

main_image01.jpg

A4インクジェットFAX複合機「PRIVIO BASIC MFC-J840N」です。
先代の妥当な進化系機種かなと思っていますが、もろもろ割引で16,980円は、先代よりもお買い得な気がします。
A3印刷可能なタイプもあるのですが、昔、高価なエプソンのA3プリンターを購入したことがあるのですが、価格に似合う活用ができず、家庭用はA4で十分という結論に達したことと、A3タイプはCD/DVDレーベル印刷ができないので、今回はパスしました。
こいつは、CD/DVDレーベル印刷もこなしますし、写真印刷だってきっと先代よりは優れているでしょうから、そう考えるとキャノンの複合機は要らなかったかも?と今更思うのですが、時既に遅しですし、今季の年賀状の為と、使い分けで必要だったんだと言い聞かせています。あせあせ(飛び散る汗)

現状のFAXの状態では具合が悪いものの、今回は通販なので早く届かないかなぁと首を長くして待つより仕方がありません。
posted by かわいいHERO at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年12月18日

2012年の年末プリンター考察

年賀状印刷を前に、メインプリンターのキャノンのピクサスのプリンターヘッドトラブルにより、急遽、現在のプリンターの現状を調べることになりました。
我が家のプリンターは初代が20年以上前のキャノン、次にエプソンのA3対応機から、次いで同じくエプソンのCDレーベル印刷対応機となり、直近は再度キャノンに戻りました。
その間、別にエプソンのレーザーや現在も使用しているブラザーのFAX機能付複合機を含めると、平均で3年程度での買い替えとなります。
職場でも自由に使用できるプリンターがあるため、現在の家庭での主な用途としては、ブラザーの複合機でFAX&コピーにちょっとした普段使いの印刷で、キャノンのプリンターは年賀状&DVD等のレーベル印刷にほとんどありませんがここ一番での写真印刷での利用という感じです。
ブラザーのFAX機能付複合機は、性能的にはやや時代遅れになってはいますが、LANにも対応しているので、別フロアのPCからの印刷やスキャニングにも対応しています。
今思えば、地味に優秀な複合機です。
現在も、FAX機能はないものの、驚くような価格で無線LANにも対応したモデルがあり、インクのコストパフォーマンスも高く、満足度が高いみたいです。
また新たに、コンパクトなのにA3印刷も可能なモデルも発売されており、写真はDPEショップでという方にはこれで十分だと思わせてくれます。
我が家も、FAX機能をどうするかはありますが、普段使い用には、買い替えてもブラザーを使い続けたいと思っています。

ですが、写真用紙等でこだわる印刷をしたい時には、やはりエプソンやキャノンが選択肢となってきます。
実際、かなりこだわる方でなければ、ブラザーの写真印刷でも十分だとは思いますが、ここでは、それでは満足できない、もしくはやはりエプソンやキャノンを使いたいという場合を前提とします。

昔から、プリンターの2大メーカーとしてしのぎを削るエプソンとキャノンですが、ここ数年はその性質は微妙に違いがあり、そこでどちらを選択するか判断することができます。
具体的なその違いとは、使用するインクの違いです。
エプソンは染料インクというものを使用し、キャノンも基本は染料インクですが、同時に顔料インクというもう一つの「黒」インクを使っています。
染料インクとは、インクの液体自体に色が付いているもので、逆に顔料インクというのは液体に中に色のついた細かい粒粒が入っているというイメージです。
では、現実的にその二つのインクでどう違うのかと言いますと、染料インクではインク自体に色が付いたものなので、普通の紙、つまり普通紙に印刷した場合には、どうしても滲んでしまうのです。
逆に、顔料インクの場合色の粒が大きいので普通紙でも滲まずはっきりくっきり印刷されるという特徴があります。

よって、専用紙での美しさを重視する写真印刷を多用する方にはエプソンの染料インクが適しています。
逆に、普通紙も使用することがあったり、黒をはっきりきれいに印刷したい方にはキャノンが向きます。

現在発売中の2012年モデルでは、エプソンは約40%の小型化に成功し、家庭内にルーターが無くても直接WiFi機器からの印刷に対応する「ダイレクトWiFi」機能を搭載しているのが特徴のようです。
また、キャノンの方も、ダイレクトには対応していないものの、WiFiのある家庭なら問題なくWiFiで印刷可能ですし、遠隔での電源ON/OFF機能が便利なようです。

と、いうことで、プリンターヘッドの交換が必要になった、我が家のプリンター「PIXUS iP4300」に代わって、同じくキャノンの「PIXUS MG6330」のホワイトが年賀状印刷を請け負うこととなりました。

image.jpg

今回もキャノンを選択した理由は、・・・なんとなくキャノンの方が好きだから?です。
エプソン「Colorio EP-805A」のコンパクトさは魅力ですが、今の機種はWiFi接続でどこにでも置けるのがいいですね。
これまで使ってきた中で、エプソンは長期間使用しないとインクが出なくなるイメージが定着してしまっており、現在の機種では改善されているかもしれませんが、これまで使ってきたキャノンで概ね満足しているので、引き続きキャノンを選択しました。
また、「PIXUS iP4300」についても、プリンターヘッドの金額次第で現役続行もあり得ます。
posted by かわいいHERO at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年12月12日

NAS使用のHDDが突然ダウン

自宅に置いているバッファロー製のネットワークハードディスクにUSB接続で増設している2TBのハードディスク突然ダウンした。がく〜(落胆した顔)
昨晩、容量が一杯になりつつあるのに、無理に動画ファイルを移動したのが原因と思われます。
当初ドライブ自体は認識していたものの、中身が見えなくなっていましたが、とうとうドライブの認識さえしなくなってしまいました。

image.jpg

仕方なくケースから取り出し、玄人志向のお立ち台で、あれこれ認識を試みますが、逝っちゃっているようです。ふらふら

image.jpg

2TBほぼ一杯に膨大なドラマのファイルが入っていたので、痛い、痛過ぎます。もうやだ〜(悲しい顔)
NASとしては最後に使い出したHDDでしたが、高速タイプで発熱しやすいのに、HDDケースで使用していて、どうもFANのスイッチが切れてたっぽい。
これで良く夏場を乗り切ったものだと、逆に感心してしまう。

バックアップを取るべきは承知の上ですが、量が多すぎてHDDでないと取れないということもあり、手付かずでした。
家族写真なんかはブルーレイでバックアップを取っているのですが、ドラマは手付かずです。あせあせ(飛び散る汗)

image.jpg

ダメ元でファイナルデータでの救出を試みますが、莫大な時間が必要なので、作業させつつ、私はベッドに入ります。
おやすみなさい。眠い(睡眠)
posted by かわいいHERO at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年12月08日

久しぶりのデジタルグッズ

久しぶりと言いつつ、実は少し前に発売と同時に届いていたものの、手付かずの状態でした。

image.jpg

今回はソニーのビデオカメラです。

image.jpg

ビデオカメラと言っても、本筋「ハンディカム」ではなくて「アクションカム」という商品。
その名の通り、アクションしながら撮影するためのカメラです。
この手のカメラでは、「GoPro」が最もメジャーでかつ性能も飛び抜けていますが、今年になって、ビクターも発売していますし、今回ソニーが満を持しての発売となりました。
「GoPro」も良かったのですが、諸般の事情で今回はソニーです。
ソニー製品とはいえ、ニッチな商品だけに店頭でお目にかかることはまずありません。
パッケージには横文字が並び、メインは海外向けの商品なんでしょうね。
なので、ソニーストアから直接購入です。

image.jpg

標準では、ヘルメットなどに貼り付けるタイプの固定アダプターしか入っていないため、ベルト式のアダプターを同時購入したかったものの、売り切れで入荷見込みも長らく未定という状況だったのです。
しばらく放置状態でしたが、久しぶりにストアをのぞくと在庫有りということで、即ゲット。

image.jpg

とはいえ、バイクに乗る予定もなく、実際の使用はいつになるかなって感じです。

今月に入って、本家「GoPro」の「HERO2」後継で最新モデル「HERO3」が出荷になっていて、さすがの美しい映像はうっとりしてしまいます。

hero3-banner.jpg

お値段もその分お高くはなりますが、アクションカムが使いこなせるようになれば、「GoPro」へ移行したくなるかもしれません。
そもそも、この手のカメラを初めて見たのが、新東名「清水SA」のクシタニパフォーマンスストアでの「HERO2」でした。

ソニーも使う前から何言ってんだという話ですが、何より、本来私が使用するなら名前からしてHEROのはずなんですよね。爆弾
posted by かわいいHERO at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年11月05日

ブルートゥースキーボードを使ってみる

昨晩、アローズタブでブログを書いていたところ、キーボードの方が書きやすいだろうと思い、長らく使っていないエレコムの折 りたたみ式ブルートゥースキーボードを使ってみました。
ところが、久しぶりに出してきたので、ブルートゥースの接続がいまいちわからない。

image.jpg

そもそも、このキーボードはアンドロイド端末で使えるということで手にいれたものの、あまり使い勝手が良くなくて、使わずに 放置されていたのです。
そんなことなので、調べればすぐ解決することだけど、接続方法を完全に忘れてしまっているのです。
このエレコムのブルートゥースキーボード「TK−FBP017」への接続には、「SPP」と「HID」の二つの方式があって、元々はアンドロイドでは「SSP」しか使えず、iOSでは「HID」が使えたはずなのですが、実は私自身はiOSでは使ったことが無かったりします。
そんな状況で、アローズタブを「SPP」で接続してペアリングできたので、てっきりそれでOKだと思ってました。
でも実際には入力できず、エレコムのホームページでアローズタブは対応していないと確認してあっさり諦めました。
ですから、今日は改めてギャラクシーノートでチャレンジしてみます。

image.jpg

ギャラクシーノートは、エレコムのサイトでギャラクシータブの対応が確認できているので、きっとノートも対応しているはずです。
ブルートゥースONですんなり認識、ペアリングを試み始めます。

image.jpg

「SPP」ではあっさりペアリングできました。

image.jpg

しかしながら、キーボードを押しても、文字入力ができない。
Webで調べて、「HID」で再チャレンジ。

image.jpg

今度は、接続のためのパスコードが出て、それをキーボードに入力すると、無事つながりました。

image.jpg

やはりキーボードを使うと入力が早いです。

image.jpg

設定の切り替えなど、よくわからない部分もありますが、一旦入力できるようになると、非常に快適です。
そして、今度はiPhone5で挑戦。

IMG_1410.JPG

「HID」のまま、呆気なく繋がりました。 こちらは、パスコード入力もありませんでした。

IMG_1411.JPG

日本語入力の関係かもしれませんが、入力の快適度はiOSの方が一枚上手な感じですね。
ストレスなく反応してくれます。
iOSデバイス向けに様々なブルートゥースキーボードが発売されていますが、この快適さならそれも頷けます。
何を今更って内容ですが、これまで「わざわざキーボード使ってまで」とか思っていたので、これは大いに反省すべきだと感じました。

最後に、「PHOTON」や「DESIRE」で使用しているデータ契約のXiシムは、現在「ソニータブレットP」にて使用し始めたの で、その「ソニータブレットP」でも使用してみます。

image.jpg

こちらもペアリングはパスコードを入力。

image.jpg

これで難なくペアリング接続しました。

image.jpg

日本語入力は、ソニー製品ということで、標準のものを使用していますが、「ギャラクシーノート」で使ったGoogle日本語入力よりは、スムーズな感じです。

image.jpg

「ソニータブレットP」の特殊な上下2分割モニターのため、不思議な感じですが、表示エリアが大きいというのはやはり快適です。

image.jpg

PCを使うと、全く出番のないブルートゥースキーボードですが、今後はもう少し使ってみようと思います。
posted by かわいいHERO at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年10月10日

Lightning-30ピンアダプター

WEBのアップルストアで、iphone5への機種変更前に発注していたアダプタが届きました。

image.jpg

iPhone5からは、コネクタが小型化して変更になっているため、これまでの一連のコネクタが使えません。
よって、これまでiPhone5では、バッテリー切れを考慮すると、ケーブルを持ち運ばなければならず、地味に不便でした。
現在、店頭にケーブルの在庫があるのかどうかはわかりませんが、買いに行ってみようと思っていたところでした。
早速、開封してみました。

image.jpg

ギャラクシーノートに乗せてみましたが、思ったよりもコンパクトでした。
その形状から、結構大きく見えるんですね。
従来型のケーブルにはめてみると、同じ形状で違和感はないです。

image.jpg

充電以外にも、従来のコネクタを利用するオプション機器での利用が可能となりますが、まずは充電環境の制限が緩和されることが、何よりありがたいです。

IMG_1408.JPG
posted by かわいいHERO at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年07月07日

偽物SIMアダプター?

仕事で忙しいのは有り難いものの、のんびり時間が取れない上、相変わらず出掛ける予定も立たないということで、どうもスッキリしない今日この頃です。
こんなときは、時間の制約のないスマートフォンいじりでお茶を濁していますが、結局は寝る時間を削ってしまい、根本的な解決にはなりません。
先日、奥さんのソフトバンクのiPhone4をauの4Sへ変更したので、回線契約がなくなった「iPhone4」は私が引き取ります。
「iPhone4」なら無料の機種変更で手に入れたホワイトの8GBを持っていますが、奥さんのが貴重なのはアップデートが行われていないところです。
未だにiOSのバージョンは43で、このバージョン(厳密にはモデムのベースバンド)ならSIMフリーにすることができるらしい。
ということで、アマゾンで購入していたものが届きました。

IMG_0400.JPG

GEVEYのSIMアダプターです。
特に情報収集もせず、アマゾンの星の数だけで決定しました。

IMG_0401.JPG

このアダプターを使ってSIMカードを取り付けることにより、ソフトバンクのiPhoneにNTTドコモのSIMカードが利用できる、いわゆるSIMフリー状態になるという代物です。

IMG_0403.JPG

早速ドコモのXiのSIMカードをセットします。
インターネット上の手順に従って作業していきます。

IMG_0405.JPG

ジルブレイク(脱獄)はしていないので、手動の定番?セットアップを行います。

IMG_0406.JPG

そして、手順をどんどん済ませると・・・。

IMG_0407.JPG

最後にドコモの電波をつかむはず。

IMG_0408.JPG

が、いつまでたってもドコモの電波は掴めずでした。
で、いろいろと調べていると、どうもこのSIMが偽物っぽい。
アマゾンの評価は一体なんなのか。

結局、iPhone4のドコモ化は断念しました。

でも、そのままでは悔しいので、ウィンドウズフォン導入で現在Wi-Fi運用となっているPHOTONにドコモSIMを採用することにしました。

PHOTONではSPモードが使えないというので、マイドコモからmopera Uを契約。
ここまでは良かったのですが、この後がうまく行きませんでした。
試行錯誤するも、それが返って変な方向に導いていました。

WP_000001.jpg

ギャラクシーノートのSIMも使いながら検証したものの、こちらはmoperaUを契約しておらず、アローズタブのXiはデータ契約で音声が無かったりで、大事なところをうっかりして深みにハマるという状態でしたが、最後はシンプルに。

WP_000000.jpg

無事、ドコモPHOTONが誕生しました。

1341571028343.jpg

movaのSIMはパケット定額が外れる危険性があるようですが、XiのSIMだとそれも心配ないようなので、気にせず使い倒すことが出来ます。

2012-07-07 00.34.06.JPG

まぁ、しばらくしたらまた構成が変わると思いますが、しばらくはこのパケホ端末3台併用で行きます。
posted by かわいいHERO at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2012年04月01日

くねくねスマホケーブル

オートキャンパーのオルビスの記事を見に本屋へ行ったら、週刊アスキーのおまけが気になって買ってしまった。

2012-04-01 15.28.14.JPG

アンドロイドスマホには便利なUSB充電ケーブルはスマホの多い我が家ではいくつあっても困らない。

2012-04-01 15.29.30.JPG

ちょうど昨日も「腹部デイリーワークアウト」するのに「MEDIASwp」を立てようとしたのですが、結局薄いので立たなくて、わざわざスタンドつきの「PHOTON」に「腹部デイリーワークアウト」をインストールしました。

2012-04-01 15.39.30.JPG

でも、これがあるとスタンドのない「MEDIASwp」や「EVO 3D」も上手く使えそうです。

2012-04-01 15.31.15.JPG

490円は買いかな。
posted by かわいいHERO at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2011年05月28日

MBAシースルーケース

自身の初マックであるMBA(マックブックエア)の11インチですが、リビングにはiPad2があることもあり、ベッドサイドに置きっぱなしの状態で、使用頻度も高くはありません。
ハードディスクの代わりに、作動が速いフラッシュメモリーを記憶装置に採用しているため、すぐに起動できて便利な端末なのですが、充分活用できているとはいえない状態です。ふらふら

1306496879400.jpg

その大きな理由に本体そのままなので傷がつくのがいやで持ち歩きにくいということがあります。
100均のソフトケースでもいいかなと考えていたものの、なかなかこれっていうものがありません。
それなら、少々高くても専用のものがないかとWEBで調査。
すると、良さげなカバーを発見しました。ひらめき
ただ、お値段が少々張るのと色付なのでせっかくのりんごマークが隠れてしまいます。
そこで、さらに探してみると評価の高い良品がありました。
SpeckというメーカーのSeeThru Case Clear「SPK-MBA11-SEE-CLR」という商品です。
でも、これもアマゾンでも4000円以上しますが偶然に箱つぶれのアウトレット品を発見、購入しました。ぴかぴか(新しい)

mbaカバー.jpg

大阪市内へのついでがあったので、日本橋の店頭で受け取ったのでいい買い物でした。

1306496941336.jpg

しっかりしたパッケージングで、取り出しには破って出すしかなかったので箱つぶれといっても全く影響はありませんでした。

1306497443389.jpg

上下2枚のカバーをカチッとカバーの爪で留めるだけの簡単装着です。

1306497608110.jpg

つやつやの表面でいい感じです。手(チョキ)
おまけにカバー自体に保護シートが貼ってあって、本来は使用する際にはがすようですが、しばらくそのまま使うことにします。

1306497646889.jpg

かぶせているだけなので、薄いエアのスタイルも思ったほど影響がなく、評価通りで満足度の高い商品でした。
これで、エアをどこでも持ち出せます。晴れ

ちなみに、ついでに日本橋でiPad2用のカバーを探したのですが、駄目ですね。
流通スタイルが変化しているので、iPadに関してはコアな日本橋なんかよりもその辺の大型量販店の方がよほど品揃えは豊富みたいですね。爆弾
posted by かわいいHERO at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2010年10月25日

BTキーボードがやっと接続できました

downloadfile.jpeg

前回のエントリーで接続できないと嘆いていたエレコムのブルートゥース接続のキーボードですが、ようやく接続できました。
原因については、多分ですがクリップボードを使用する「コピペ」というアプリが常駐していたので、それが原因だったと思われます。

downloadfile-1.jpeg

で、実際にこの文章をそのキーボードで打っているのですが、あまり賢いとは言えないエレコムの辞書の利用が必須なので、普段から入力にこだわっておられる方には、正直使えないものではないかと思います。
しかしながら、私のようなあまりこだわりのない人間には一応実用となりそうな気がします。
なにしろ、フリック入力であってもスマートフォンのディスプレイのキーボードでは、決してブログの文章は打とうという気が起こらなかったですが、一応物理キーボードということで、このように文章が打てているので我がスマートフォン
Desireの用途が広がったということで、めでたしめでたしです。
ただ、入力自体は癖を把握しないといけないので慣れがひつようですね。
それと、辞書をいちいち切り替えるのも面倒ですし、shimejiが結構なメモリを占有するので、私はshimejiをさくじょしてしまいましたので、フリック入力もできなくなり、エレコムの辞書入力で乗りきらないといけないんですが、Desireのshimejiによるフリック入力は、感度が今一つで入力ミスもあったので、使い分けするならこれでいいのかもしれません。
使えたからと言って、今後どれだけ使うかは疑問ではありますが、結構アクセスいただいているようなので、とりあえずはご報告です。
posted by かわいいHERO at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2010年10月24日

エレコムのBTキーボード

メインのスマートフォンがX06HT(Desire)になって、満足度があがってきたところで更に便利に使う為に外付けのキーボードが欲しくなった。
頭の中には、通好みのリュウドというメーカーの二つ折りのキーボードがあったのだが、WEBで調べてみると、どうやらDesireでは動作しないらしい。
ブルートゥースでもHIDという規格に対応していないと駄目らしい。
一般的なPCやWindowsMobileなどがHID規格で動作するのだが、iPhoneでもiPhone4と3GSでは使用できるらしいが、残念ながら私の3Gでは動作不可ということである。
仕方なく、他のキーボードを探してみると、エレコムというメーカーでAndroid対応のキーボードを見つけた。
形的にも、欲しかったリュウドと同じ二つ折りで、TK-FBP017BKという品番のものである。
しかしながら、いろんなレビューを見てみるが、今ひとつ評判が良くない。
メーカーは正式に我がDesireにも対応を謳っているのだが、有効な情報を見つけることができない。
でも気になりだすと、悪いいつもの癖でついついPCショップや家電量販店を見て回ってしまう。
あいにく、どこにも置いてないとあきらめモードで、ヤマダ電機に行ってみると…なんとあった。
以前にブルートゥースのマウスを探した時にも、他の量販店ではひとつも探せなかったのに、ヤマダでは選べるだけの機種を置いていた。
そういえば、レア必至で通販でないと探せないと思っていた、我がDesireのシリコンケースもヤマダの在庫品である。
やはり、ヤマダ電機のかゆいところに手が届く品揃えはすごい。
それは置いておいて、私にとっては不幸かもしれないキーボードの在庫品を見つけてしまい、とうとう手に入れてしまった。
早速、開封してみる。

キーボード01.jpg

スウェード調のケースつきで、二つ折りのボディはやはりかっこいい。
ただ、汚れの目立つ樹脂製ボディは、脂性の私には有難くない。
写真でも汚れが目立っているが、あえてそのまま撮影した。
そして、Desireの前に置いてみる。

キーボード02.jpg

こんな感じで使えれば、PC不要となる場面が期待できる。
が、そううまくは行かなかった。
説明書どおりにアプリをインストールして設定するも、Desireが受け付けてくれない。
実は、自宅であれこれがんばってみたものの、結局接続できずに夜を明かしてしまい、この写真達は翌日職場で撮ったものです。
職場でリベンジするにあたり、もしかしてキーボードの初期不良では?と思い、手持ちの超小型PCのオンキョーBXに接続を試みることにした。

キーボード03.jpg

結果は…見事に接続できた。
しかし、BXもキーボードが小さいので打ちやすくなるかもしれないが、もともとキーボード付のPCに繋がってもあまり意味はない。
初期不良の疑いが晴れたところで、ひょっとしてDesireのOSであるAndroidが2.2になったことが原因か?と思い、再度WEBで情報収集すると、エレコムのホームページでアプリのバージョンアップ情報があった。
日付が2日前になっているので、これが原因かと喜びかけたが、私がこいつを手にしたのは1日前なので、使っているアプリは最新のものだった。
正式対応している製品で、OSのバージョンアップも折込済みのはず。
ましてや、2日前にアプリのバージョンアップが行なわれたところなので、繋がらないはずはないのに繋がらない。
その後も何回かチャレンジするも、結局繋がらず今現在も状況はかわらずのままである。
インストールしている他のアプリの影響なのか?はたまた…。
HIDで無条件に繋がるであろうiPhone4がまたもや恋しくなりそうである。
posted by かわいいHERO at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2010年09月17日

フィルムスキャナーあると便利かな

costco02.jpg

先日コストコで5,666円という安さにつられて購入したモニター付きのフィルムスキャナーですが、価格コムでの評判の悪さに返品も考えていましたが、試す機会がなくずるずると時間が経過しておりました。
ようやく、時間ができたので使ってみました。
結論としては、価格コムの書き込みにある、スキャナーとしての質の低さというのは確かに感じますが、あると便利な機械であることも感じましたので、総合的には買ってよかったと思っています。
モニター付きでSDカードに保存するので、独立して使用できるところの使い勝手がいいですね。
価格の安いモニターのないタイプだと、どうしてもPCとセットということになりますので気軽にとはいきにくいですからね。
ネガをきちんと配慮して保管されているような、銀鉛写真に魂注いでこられた方には質の部分が満足いかないのだとは思いますが、昔写真部で一眼レフを触っていたとはいえ、コストや現像の関係でモノクロ写真が主で、カラーはDPEから返って来たネガもそのまんまという私にとっては、昔のネガがデジタル写真になるということだけで素晴らしいことだと感じました。
LEDの光で投射するようなのですが、その光が隅っこの方ではやや暗いようで、真ん中と隅っこで色むらになるようなところはありますが、スナップ写真程度では気にしない人には全然気にならないというものだと思います。
一部異様に黄色い写真があったのですが、ひょっとするとネガ自体の問題かもしれません。(保管状態よくないので・・・)
それを問題と考えればそうかもしれませんが、あるかないかの方が大きな問題だと感じました。
プリントした写真をあげてしまったり、無くしてしまったりで、ネガはあるけど焼き増しめんどくさくてそのままになっているって結構あるんじゃないでしょうか?

で、使い方ですがフィルムトレーにフィルムを挟んで・・・

フィルムスキャナー01.jpg

本体のトレーを挿入するレールに入れるだけです。
簡単な設定でフィルムの種類や画像の大きさ等を選択する必要はありますが、一度選択したらあとはモニターで画像を確認して位置を合わせて、必要な写真ならスキャンボタンを押すだけです。

フィルムスキャナー02.jpg

白黒用・スライド用・カラー用と3種類のモード切替ができます。

PICT0001.JPGPICT0005.JPGPICT0006.JPG

鈴鹿8耐でのケニーロバーツが蘇りましたw。

PICT0020.JPG

なつかしの愛車ホンダのエルシノア。
当時でも旧車でしたが、ホンダの125CCの2サイクルなんです。

PICT0083.JPG

思いがけず私のバイクを掃除する今は亡きばぁちゃん(私の母の母)の姿も見つけました。
孫の中でも私をかわいがってくれたかわいいおばあちゃんでした。
こんな写真あったんだと感慨深かったです。

PICT0103.JPG

ミニバイクでの雄姿???等々いろんな写真が懐かしかったり、「えっこんな写真あったんだ」なんてものもあったりです。

SDカードへ記録するので、最近のSDカードスロットのついた液晶テレビなら手間なくそのまま大画面で写真が見れます。
学校から帰ってきた子供達も興味深く見ていました。
今後、フィルム世代の長男の写真をデジタル化してみたいと思っています。

ここまでの画像は容量の関係でリサイズしていますが、以下の3枚は実際の画質が確認できるようにリサイズなしのオリジナルをアップしておきます。
結構大きいですが興味のある方は画像をクリックしてご覧ください。

PICT0125.JPG

PICT0132.JPG

PICT0135.JPG
posted by かわいいHERO at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器

2010年06月29日

自宅無線LANの環境改善

無線LAN.jpg

過去記事にもありますが、少し前に自宅の無線LAN設備の入れ替えを行なったのですが、最新の無線LANルーターを導入したにもかかわらず、自宅での無線環境が以前よりも悪くなっていました。
iPhoneだと以前のルーターでは一度設定すれば、宅内では勝手に再接続されたものが、そのままでは接続されず、その都度WIFIを探して接続するアプリを使用しないと接続できませんでした。
また、ルーター自体は3階に置いてあるのですが、無線LANは2階で使うことが多く、2階のノートPCでミクシィアプリをやっているといつの間にか接続が切れていて、ブラウザを再起動すると必ずといっていいほどそれまでの作業が無効になっていました。
新しく導入したルーターはバッファローの「WZR-HP-G301NH」というものなのですが、WEBの情報では、バッファローのルーターではしばしばそういう問題が起こるとしてバッファロー製品への注意が喚起されていたりします。
しかしながら、以前のルーターもやはりバッファロー製であり、私自身はずっとバッファロー製品を使い続けているので、個人的には信頼性を感じています。
その上で、以前よりも使いにくくなってしまった原因が何なのかがわからないまま、ごまかしながら使ってきたのでした。
そんな中、少し前に最新のファームウェアに更新したら似た症状が改善したという情報を見て、ファームウェアのバージョンを確認すると、最新ファームではなかった為、早速バージョンアップしました。
これで大丈夫だろうと思ったものの、少しは良くなった感じはあるが、劇的に改善とはいかなかったのです。
そして、新たに無線の電波を届きやすくする方法というのを見つけて実践しようかなと思ったところで、ルーターのアンテナの方向について考え直してみた。
以前は広い範囲で届きやすくなるようにと斜めに外側へ向けた角度を選択したのですが、ルーター(無線親機)の設置場所から見ると2階はほとんど真下になるため、アンテナを真横にして真下に電波が向く角度へ変更してみました。
すると、iPhoneでは勝手に無線LANに接続するようになり、以前の環境を取り戻すことができました。
ただし、ノートPCでは大きな変化は無く、相変わらずいつの間にか切れてしまう状態でしたが、更なる情報としてPCの無線アダプターのドライバを新しいものにすればよいのではないかというものを見つけて、入れてみたところこちらも問題なく繋がり、突然切れるということがなくなりました。
まとめてみると、いくつもの複合的な要素が重なり合っていたようです。
1.親機アンテナの角度
2.親機本体のファームウェアのバージョンアップ
3.子機端末としてのPCの無線アダプターのドライバの入れ替え。
何はともあれ、これでストレス無く使えるようになったので良かったです。
posted by かわいいHERO at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器