2020年07月18日

しゃべる緊急速報

最近、頻発する大雨の影響で、突然スマホから大きな緊急速報の音が流れることがあります。

自身が生活する上では、特に影響のない内容なのですが、影響大の方々には命を守る術となり得るので、大きな音も止むを得ません。

私は、現在は常時3台のスマホを持ち歩いていることから、特にまとめて音が鳴ると本当にびっくりします。あせあせ(飛び散る汗)

ですが、その中の1台で最近仲間入りした楽天モバイルの「Rakuten Mini」について有難いなぁと思ったことがあります。

2020-07-18 11.15.10.jpg

それは、音声で速報の内容を知らせてくれるのです。

緊急速報が鳴るのは、寝ている時間帯なんかも多く、時に車の運転中であることもあります。

寝ている時はわざわざスマホを手に取るのは面倒ですし、運転中は触れません。

でも、音声で内容を言ってもらえれば、それで何もすることなく速報内容を理解できます。グッド(上向き矢印)

最近は、スマホの設定にこだわることも無く、ただ使っているという感じですから、この音声でのアナウンスが、設定すればiPhoneや他のAndroidスマホでも利用できるのかどうかも知りませんが、「Rakuten Mini」は何も設定することなくアナウンスしてくれて、便利さを教えてくれました。ひらめき

画面が小さいので、簡単に操作できる拡大機能があるとはいえ、老眼が勢いを増している私には、ほとんど身に付けているだけのような「Rakuten Mini」ですが、VR46仕様にしているのと軽いので、いざという時のこの速報の為だけにでも身に付けていても良いかなと思えます。るんるん

とは言え、緊急速報の警報解除のアナウンスにまであのけたたましい音は要らないと思うんですが…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月27日

スマートキーボード問題、取り敢えず解決

auオンラインショップでポイントで購入したものの、シリアル番号が有効ではなく、KDDIには見捨てられ、納品書も無い状態で一度は諦めたスマートキーボードの保証ですが、サービスプロバイダー「カメラのキタムラ」担当者さんの助言で、最後の足掻きで再度アップルのサポートに陳情したところ、無事にシリアル番号を有効化されたわけですが、サポートへの連絡が登録された購入日から3年経過する僅か2日前ということで、キタムラさんの担当者は確信を持てずでした。

ですが、昨日、無事にアップルの了解が得られたとして、これから手配するとの連絡をいただいていました。

そして、今日の午前中に別に担当者からスマートキーボードが届いたという連絡をいただき、なんとか予約を入れていただいて、その時間14時20分を目指してエキスポシティへ出向きました。

すると、いつも利用する駐車場が満車で、その先の駐車場の列に並ぶことに。

2020-06-27 14.35.14.jpg

唯一「空」表示のその駐車場の列に並び、時間に間に合うか心配しましたが、少し早めに出ていたおかげで、何とかその時間までに駐車できました。

2020-06-27 14.15.17.jpg

週末のエキスポシティは、既に以前の賑わいを取り戻しています。

いや、土曜日であることを考えると、むしろ以前よりも人出が多いのか知れません。

すぐ側を通る中国自動車道は、明日まで工事で全面通行止めですから、多分近場のお客ばかりじゃないかと思われます。

2020-06-27 14.16.33.jpg

おかげでキタムラさんの予約には、ちょうど良い時間となり、すんなりと手続きを進めることが出来ました。

「動作の確認が必要なのですが、iPadを持って来られていますか?」

と聞かれましたが、そんなことは聞いていなかったので、勿論持参していません。

なので、帰宅後、自身で動作確認をする様に言われて、無事に新しい改良済みのスマートキーボードを受け取りました。

2020-06-27 14.21.13.jpg

アップルの修理は、本体だけでパッケージはくれないんですよね。

このスマートキーボードで使うiPad Proもそうですが、以前の箱には以前の端末のシリアルナンバーが記載されているので、注意が必要です。

まぁ、流石にもう修理を依頼することも無いでしょうが…。

3度目もやはりカメラのキタムラさんに助けていただくこととなりましたが、代替で使うつもりだったロジクールのキーボードが届く前に解決してしまいました。

めでたしめでたし。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月25日

スマートキーボードの大逆転???

KDDIのつれない対応に、保証を諦めたアップルのスマートキーボードですが、アップルのサービスプロバイダーであるカメラのキタムラさんに、不動のスマートキーボードを預けたままなので、取りに行く必要がありました。

キタムラさんの担当者に、KDDIへの問い合わせの結果を電話で報告すると、案の定、これ以上何もできないのでご返却しますということで、午後から行くと伝えました。

iPad Pro 12.9inch の新しいキーボードとしては、既に気持ちはロジクールのSlim Comboに行っちゃってるので、Amazonでポチッとした後、午後から他の用事ついでに、エキスポシティのアップル製品対応専門のカメラのキタムラさんへ向かいました。

修理控えの用紙と引き換えに、壊れたスマートキーボードを受け取りましたが、キタムラ担当者さんは、「私が出来るのはここまでですみません」と言いながら、「後は御自身でもう一度アップルのサポートに相談してみてください」と言われました。

どうも、サービスプロバイダー経由では、アップル本社との話で間接的となるので融通は効きにくいらしい。

ということで、事務所に戻ってから直接自分でアップルのサポートへ連絡してみました。

そして、再度事情を説明して、KDDIからつれない回答をされてサービスプロバイダーから帰って来たことも伝えたところ、シリアル番号の件を解決するべく契約関係の部署へと繋いでもらえ、最終的には6月12日購入という形でシリアル番号を有効化してもらえました。

6月12日ということで保証期間内となるかどうかということが心配だったので確認すると、初めの問い合わせが6月10日なので問題なく対応ができますと言われ一安心です。

あと2日って本当のギリギリです。

交換自体は店舗となるとのことで、近くの店舗の予約を取ってくれようとしたのですが、どこの店舗も予約が詰まっているらしく、かなり先になりそうということで、自身で店舗に予約を取るように言われました。

保証してもらえるなら、そんなこと些細なことです。

そして、サービスプロバイダーのカメラのキタムラさんなら事情が分かっていて話が早いと考え、キタムラさんの担当者にもう一度電話をしてみました。

すると、帰りに寄ってくれても良いということでしたので、早速寄りました。

IMG_20200625_184800_resize_20200625_230203.jpg

本日2度目のエキスポシティのキタムラさんです。

そして、キタムラさんの担当者は、既にシリアル番号が有効化されたことを確認してくれていましたが、購入日が6月12日となったことに、渋い顔をしています。

どうも、私がキタムラさんに持ち込んだのが16日なので、12日だとその時点で保証切れとなっているということを気にしているようです。

キタムラさんの情報には、6月10日のアップルへの問い合わせについての情報が全く無いらしく、私がアップルの方に確認したと言っても、心配されていました。

念のため、6月10日時点のアップルへの問い合わせ番号と、今日のシリアル番号を有効化していただいた時の問い合わせ番号も伝えましたので、「多分大丈夫と思いますが…」とやや前進しましたが、未だ心配されているようです。

当の私は、既にロジクールのキーボードを注文してしまったので、新しいスマートキーボードをどうしようかと思案中で、当初のような執着はないので、心配な気持ちにもなりません。

おそらく、改善されたスマートキーボードは、そう壊れることはないでしょうから、ロジクールが壊れた時の予備として置いておくとしましょうか。

明日には、連絡をいただけるようなので、スムーズに交換ができたら良いなと思っています。
posted by かわいいHERO at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月23日

スマートキーボードの保証断念

スマートキーボード保証の途中経過

上の記事の経過から、保証が受けられると期待していたスマートキーボードですが、昨日、改めてKDDIへ問い合わせをしたところ、今朝、電話がありました。

結果は、「対応できない」という前回と同じ回答でした。

サイトでの購入履歴は6ヶ月しか保存されず、ポイントの消費明細についても記録はないと言います。

その回答と対応には呆れてしまいますが、購入時の記事を見直してみたら、そこでもKDDIのお粗末さを嘆いていました。

au法人契約の度を越した不便

しかしながら、納品書について言われると、私も何も言えません。

納品書があったかどうかも記憶はありませんが、きっとあったのでしょうから、それを保管しておかなかった私にも非があると言えます。

まぁ、今回アップルのシリアル番号の無効というところから、盛り上がっていたものの、普通の家電でも保証書と領収書や販売証明が必要な訳ですから、アップルが特殊なわけですね。

なので、不満がない訳ではありませんが、あっさりともう諦めることにします。

で、そういう風に気持ちの切り替えが出来たのには訳があります。

それはスマートキーボードよりも良いキーボードの存在を今更ですが、知ったからです。

それがこれ。

F822B36E-6AAF-4F90-BC78-3A44808089FB.jpeg

ロジクールの「Silm Combo」というキーボードです。

これまで純正のスマートキーボードを使っていたので、サードパーティー製のキーボードなど調べもしなかったのですが、純正にないバックライト装備で、キータッチも良さげです。

レビューでは、純正スマートキーボードの不調から乗り替えたという方も多く、皆絶賛されています。

純正スマートキーボードに比較して重いというのが唯一ネックのようですが、そもそも12.9インチのiPadはそれ自体が重いので持ち歩こうとは思いませんから、PCライクな使用で多少の重量増加は全然OKです。

077361F8-3565-4FD7-80A5-3E54D851C09F.png

アップル認定オプションとしてアップルストアでも取り扱っていたというだけあって、純正スマートキーボードと同じくBluetoothではなく、スマートコネクターを使用した物理的接続なので、どう考えても純正スマートキーボードよりも良い。

難点は、既にロジクールが販売を終了していることから、モノが少ないというところですが、まだ手に入れることはできそうです。

なのでこのタイミングでも、「Silm Combo」の存在を知ることができてよかったです。

手に入らなくなってからでは悔やまれますから。

この「Silm Combo」を入手して、第2世代の12.9インチの「iPad Pro」には、まだまだ頑張ってもらおうと思います。
posted by かわいいHERO at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月18日

スマートキーボード保証の途中経過

ダウンロード.png

アップルのサービスプロバイダーであるカメラのキタムラさんに持ち込んだ、「iPad Pro12.9inch(第2世代)」で使用していたスマートキーボードですが、その日の内に電話があり、

「誠に申し訳ないのですが、アップルからの回答は、シリアル番号が有効ではなく、購入時期を確認できない以上、購入時期のわかる販売証明書等が必要ということです」

と言われました。

そもそも、初期のスマートキーボードの不良から保証期間を3年に延長しているわけですから、不良品を販売したという点では、シリアル番号の特殊な事情を考慮するべきであると考えますが、不良品であっても相当期間使えれば、知らないという姿勢は、サポートの方の言葉とは裏腹なブラックな対応です。ちっ(怒った顔)

これはアップルの判断であり、カメラのキタムラさんに文句を言っても仕方がないので、キタムラさんにはそのままスマートキーボードを預かってもらうこととして、スマートキーボードの入手先であるau、KDDIに問い合わせすることにしました。

私の「iPad Pro12.9inch(第2世代)」は会社名義での購入であり、それ用であるスマートキーボードは、会社の溜まったauポイントにより交換入手しました。

ここでややこしいのが、会社名義であるために、個人とは違う法人扱いとなるところです。

個人なら、auのポイントはいろいろな買い物に利用できたりしますが、法人の場合は基本的に端末やオプション品しか買えません。

使い勝手が悪く、そこそこ溜まっていたのでスマートキーボードに利用したわけですが、どうも、この過程がシリアル番号が有効化されていない原因のようで、キタムラ担当者さん曰く、過去にもそういう事例があったようです。

なので、KDDIのビジネスサイトから、アップルの保障の兼ね合いで、当時のポイント交換の確認できるサイトを見る方法を教えてもらうか、販売証明書を発行してもらう様、問い合わせをしました。

そして、その翌日となる昨日の夕方に、KDDIから電話がありました。

すると、「現在ポイント交換を確認できるサイトはない」また、「販売証明書を発行することもできない」と言います。ふらふら

これでは八方塞がりなので、「シリアル番号が有効でないのはアップルとKDDIのやり取りの問題であり、消費者サイドの問題ではないことを主張し、対応を促したところ、わかってもらえたようで、後日、対応を協議の上、再び連絡をもらうこととなりました。

まぁ、ポイントによる購入とは言え、このままではKDDIが正規の商品を販売したことにはならないので、対応してくれることと信じていますが、万が一、対応できないとなると、どうすれば良いのでしょうねぇ。

消費者センターに相談っていうのはありなのかな?ひらめき

3年ぎりぎりということで心配なのは、販売時期の証明に時間が掛かってしまって購入日から3年を過ぎたからって、アップルが保証を拒絶するなんてことがないかです。がく〜(落胆した顔)

最初にサポートに問い合わせた日で見るのが当然だとは思いますが、これまでのアップルのブラックな面を思うと、100%ないとも思えないのが情けないです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月16日

ずさんなアップルのシリアル管理

昨年、我が家の猫娘「さつき」ちゃんにソファーから落とされて画面が割れて修理した「iPad Pro 12.9inch(第2世代)」には、アップル純正のスマートキーボードを取り付けています。

2020-06-16 11.07.22.jpg

このスマートキーボードが、iPad Proの修理前から時々調子が悪く繋がらないことがありましたが、マグネットを一度はずして付け直したり、カバーの角度を一度動かしたりすると復旧するので、ごまかしごまかし使用していました。

それが、段々と繋がらない頻度が高くなり、公式のサポートで指示されている再起動等も行わなければならなくなってきたかと思ったら、完全に繋がらなくなってしまいました。

ブルートゥースではなく、物理的な接点で接続するキーボードなので、サッと使えることがメリットなのですが、使えなければ意味がありません。

キーボードとしては馬鹿高い金額なわけで、こんな期間で使えなくなると全くコストに合いません。

2020-06-16 11.08.09.jpg

購入からは1年はとっくに過ぎているわけですが、復旧方法をネットで検索していると、初期のスマートキーボードに不具合があり、保証期間が3年になっているらしい。


iPad Pro用Smart Keyboardに不具合!購入3年以内は無償修理対象

AppleはiPad Pro Smart Keyboardの3年間の修理プログラムを提供


そこで、このブログの該当記事で購入時期を調べてみると、「iPad Pro 12.9inch(第2世代)」が2017年の7月となっています。

ということは、ぎりぎり3年経過していません。

早速、アップルのサポートにアプローチして、翌日電話を入れたのですが、問題は解決しませんでした。

先ず、シリアルを聞かれたのですが、スマートキーボードのシリアルは、皮のようなスウェード素材の上に小さな刻印がされていて、普通に読むことが困難です。

スマホのカメラで画像を調整して拡大してみたりしたものの、結局読み取れたシリアルは違うと言われ、また、スマートキーボードを別のiPad Pro 12.9inchに接続して、スマートキーボード側の問題かiPad側の問題かを切り分け確認する必要があると言います。

その為に、店舗に持ち込んで確認する必要があると言われ、過去2回お世話になっている、ららぽーとエキスポシティのアップルサービスプロバイダー「カメラのキタムラ」さんの来店予約を取らされました。

そして、本日がその予約の日でした。

2020-06-16 13.08.01.jpg

久しぶりのエキスポシティですが、平日にもかかわらず、結構な人出です。

2020-06-16 13.08.59.jpg

私自身コロナ禍以降初のエキスポシティでしたが、毎日グリーンにライトアップされた太陽の塔と、こちらの観覧車を見ながら帰宅しています。

さて、本題のスマートキーボードについては、自宅に元箱を残していたことを思い出し、そこにシリアルが記載されていました。

ネットの情報でアップルのサポートアプリから、シリアルを入力して保証期間を確認できるという記事を見つけたのでアプリを起動してみたものの、該当場所がわからず、PCでアップルの公式サイトからシリアル番号入力のページを見つけました。

そして、元箱にあったシリアルを入力してみると…

smartkeybord01.jpg

「このシリアル番号は有効ではありません」

訳が分かりません。

本来、シリアルから3年保証と表示されて確認が取れると思っていたのですが、そうはいきませんでした。

2020-06-16 13.33.17.jpg

結局、サービスプロバイダーである「カメラのキタムラ」さんでも、バーコードを読んでも同じ結果で、スマートキーボード本体のシリアルをマイクロスコープで確認しても元箱のシリアルと同一ということで、このシリアル番号が何故有効でないのか?がわかりません。

「カメラのキタムラ」担当者も、スマートキーボードの不具合による3年保証プログラムは確認できたということで、シリアルで購入時期が確認できれば無償修理の対応となるということで、長らくアップル側担当者とチャットでやり取りしていましたが、シリアルの件は部署が違うということで、即答できないと言われてしまいました。

ちなみに、このスマートキーボードは、「iPad Pro 12.9inch(第2世代)」にauで機種変更した際に、溜まっていたauのポイントを使用してauのオンラインショップでポイントを使って購入したので、通常の領収書的なものがありません。

場合によっては、購入証明の提示を求められるかも知れないと言われ、さて困りました。

auのサイトに購入履歴的なものがないか確認しましたが、auのポイント制がいろいろと変化しており、確認ができません。

auショップへ行けば、何らかの方法で確認してもらえそうな気がしますが、そこまでさせるのか?アップルよ!

思えば、私がこの「iPad Pro 12.9inch(第2世代)」周辺のことで、「カメラのキタムラ」さんを頼るのは今回で3度目です。

1度目は、アップルペンシルでした。

アップル消耗品の罠

そして、2度目は昨年の画面割れでの有償修理ですが、この時は「iPad Pro 12.9inch(第2世代)」自体のシリアル番号が、他国でバッテリー修理に出され、交換品と引き替えにアップルへ返却すべき端末だと意味不明のことを言われ、危うく修理不能となるところでした。

アップルの恐ろしい話

そして、2度あることは3度あるということで、今回のスマートキーボードです。

全てアップルの不手際であるわけで、それを「カメラのキタムラ」さんがフォローしてくれた形です。

今回もそうなることを期待していますが、果たしてどうなることやら…。爆弾
posted by かわいいHERO at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月05日

楽天ミニ「VR46」仕様

コンパクト性が新鮮な楽天モバイルのスマートフォン「楽天ミニ」ですが、遅れてクリアなTPUケースが届きました。

早速装着してみましたが、軽量なのでネックストラップを付けてみました。

IMG_20200605_182901_resize_20200605_233850.jpg

購入して未だ使用していなかった「VR46」のネックストラップです。

ついでに、バレンティーノ・ロッシのファンクラブから送られてきたステッカーが丁度良い大きなだったので、クリアTPUケースの中に挟んでみました。

IMG_20200605_182915_resize_20200605_233850.jpg

おおー、なかなか良いじゃん。

これで、楽天ミニが立派な「VR46」仕様となりました。

もちろん、スマホ本体のロック画面もバレンティーノ・ロッシで完璧です。

IMG_20200605_183057_resize_20200605_233850.jpg

でも、唯一背景に画像を選択できないのが楽天ミニの弱点でした。

IMG_20200605_183118_resize_20200605_233850.jpg

仕様なので仕方ないし、小さな画面でそこまで気にはならないので、これでも満足です。るんるん
posted by かわいいHERO at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年06月04日

「楽天モバイル」意外な楽しさ

衝動的にポチってしまった「楽天モバイル」ですが、到着まで2週間となっていたのに、昨日の朝、届いてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

2020-06-03 21.39.33.jpg

1年間無料で解約手数料も無料ということで、ほぼ負担が発生しないことが契約の動機なので、細かいことは考えずに申し込んだので、予想外の到着にびっくりしてしまいました。

ちょうど、月曜日でpaypayのボーナスライトの期限が切れる分が800円分ほどあって、使わないと勿体ないけど買うものないなぁと思っていて、この「楽天モバイル」の端末である「Rakuten Mini」のことを思い出して、ヤフーショッピングでケースと保護フィルムを購入したところでした。

rakutenmini_case01.jpg

ところが、このケースの発送が思いの外遅い。

月曜日の晩にpaypayのボーナスライトとTポイントで決済購入したものの、翌日の発送がなされず、今日現在も到着していません。

予想外に「楽天モバイル」が到着してしまったことで、本来気にならないはずのお店の対応の遅さが気になっています。

ケースとフィルムが届いてから開封しようかと思いましたが、やっぱり待てませんでした。

2020-06-03 21.42.32.jpg

1円端末「Rakuten Mini」がどんなものか気になりますから。ひらめき

2020-06-03 21.53.02.jpg

おっ、これは想像以上に小さい…

2020-06-03 21.54.50.jpg

「iPad mini」と「iPhone Xs Max」と比べてみると、その可愛らしさに一目ぼれです。ハートたち(複数ハート)

老眼の進んだ自分には、画面は大きければ大きい方が良いと考えていましたが、同時に嵩張る弊害を感じていたので、ここまで小さいと発想が転換されます。

2020-06-04 12.05.28.jpg

手の小さな私には、握り心地も良く、それこそどこにでも入ることで、常に身に付けていられると感じます。

2020-06-04 12.06.01.jpg

仮想ネットワークのせいか、未だ通話には問題ありのようですし、我が家は楽天モバイルエリアではないので、パートナーエリアのauの5GBという制限があるので、メインとしては使えませんが、メール等の確認用として常に携帯できるのは、充分に魅力的だと思えます。

奥さんには、3つ目のスマホと呆れられていますが、手のひらの「Rakuten Mini」にどんどん愛着が湧いて来ています。

ひょっとすると、次のメイン端末も比較的小型の「iPhone SE」なんて可能性もあったりして。ダッシュ(走り出すさま)


※この記事の為に改めてヤフーショッピングのTPUケースのページを見たら“在庫切れ”になってますねぇ。それで出荷が遅かったのかも…。
posted by かわいいHERO at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年05月30日

楽天モバイル

興味はあっても、関係ないと思っていた携帯電話サービスの第4のキャリア「楽天モバイル」。

9345C049-6C03-4390-A1B9-EAF810B96DBB.jpeg

今朝、グーグル先生チョイスの記事を読んでいて、突然思い立って行動を起こしてしまいました。

楽天モバイル「1円スマホ」バラまきでユーザーに大損害!? 恨み節を聞くと… - アサ芸ビズ

全く必要性は無いけれど、1年無料で解約も費用が掛からないなら、使ってみても良いなぁとは思っていましたが、使える端末が無いから別に良いやと思っていましたが、端末が1円で契約事務手数料までポイントバックなら、何の問題もない。

D7F77D0B-440B-4021-AEAA-E54A22105E79.jpeg

我が家は「楽天モバイル」のエリア外ですが、ローミングで使えるau回線のパケット量が増えたので、メインは無理でもサブなら使えそうなので、先の家族回線の候補として今後の「楽天モバイル」の使い勝手を知っておきたいということもあり、おもちゃとしてポチりました。

まだまだリスキーな「楽天モバイル」ですが、メインのau回線&OCNモバイルONEとどれだけ違いがあるか、楽しみです。
posted by かわいいHERO at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年02月25日

簡単なのに気持ちが複雑なUQモバイルへの引越し

au から一転格安SIMへの引越しとなった我が家のファミリースマホ事情ですが、無事に全員の回線切替が完了しました。

使用自体はこれからではありますが、今のところは特に大きな問題は出ていません。

しかしながら、残念なことがひとつだけ。

それはこれ。

uq01.jpg

ドコモからのMNP手数料やUQモバイルの新規事務手数料がカバーできるので喜んでいた6,000円のキャッシュバックですが、現在はこうなっています。

uq001.jpg

一見、同じように見えますが、右下に新しい文字列が追加されています。

uq002.jpg

なんと、アマゾンギフト4,000円分が追加されていたのです。

このキャンペーンの摘要が21日申込分からで我が家が申込んだのは19日。

僅か2日後にアマゾンギフト4,000円分追加は痛い。

UQはau系の格安SIMということで、au系からのMNPは対象外とのことですが、ドコモだった我が家はドストライクで悔やまれます。

長男の分を含めると5回線なので2万円ですからね。

まぁ、済んだことは言っても仕方がないので、忘れることにします。

でも、これが悪いことばかりだったかと言うとそうでもなく、滋賀で次男坊の回線開通直後に、電話で家族割を申し込んだので、3月から適用になるらしい。

UQモバイルの場合、オンラインショップでは1回線ずつを単体で契約して、後から電話でファミリー割引を申込むことになります。

uq03.jpg

手続きに10日位掛かるとあったので、てっきり3月は間に合わないと思っていたのでうれしい誤算です。

加えて、末娘が学割となるので、家族もその恩恵で1年間は1,000円引となるので、家族割と合わせて1,500円は大きいです。

まぁ、こちらは割引が1年間という期間なので、早く始まれば早く終わるので、実質関係はありませんが、何かともの入りのこの季節に出費が減るのは助かります。

uq003.jpg

また、家族全員9GBプランとしたのですが、今月は料金は日割り精算ですが、9GBのデータ量はそのままらしく、使い切れなかったデータ量は翌月まで繰り越し可能ということで、これもうれしい内容です。

家族でのデータのシェアはできませんが、ドコモ時代のシェアでは、家族間に不公平感が出てしまっていたので、これはOKです。

UQモバイルへの乗り換え作業自体は、概ね簡単でスムーズですが、唯一、本人確認書類の送付に注意が必要です。

本人確認書類として運転免許証があり、申込住所と免許証の住所に相違が無ければ全く問題はありません。

ですが、我が家の場合は、長男以外は子供たちを使用者として登録するので、子供たちの本人確認書類が必要です。

運転免許証を持たない三男坊と末娘については、三男坊に健康保険証、末娘にパスポートを本人確認書類として使用したのですが、住所確認が必要ということで、健康保険証は裏面の住所の記入、パスポートは住所記載欄が必要で、再度送り直せというメールが届きました。

この時、契約者本人、つまり親の本人確認書類も再度送らなければならないのです。

格安SIMの契約手続きとして、簡素化されていることで、一回の送付で条件を満たしていないとクリアにならないようです。

この点で、私は三男坊の健康保険証の裏面に住所を記入し、メールでは契約者本人分もとあったので、最初に自分の分は運転免許証を送ったのですが、メールを読み返して、ひょっとして自分の住所確認できる健康保険証も必要なのかと思い直し、追加のつもりで保険証&保険証を最後に送りました。

すると、翌日、契約者本人の本人確認書類が健康保険証の場合は補足書類が必要というメールが返って来ました。

どうやら何度か送っても、最後に送った組み合わせでしかチェックしないシステムのようです。

あと、一人で契約できる回線はキャリアと同じ3回線までということで、私は次男坊と三男坊、奥さんは自分と娘の2回線ずつの申込なのですが、ここで問題となったのが、オンラインショップの場合、クレジットカードは契約者本人のものしか使えないということで、私のクレジットカードにまとめようと思えば、店舗で契約しなければならないようです。

しかしながら、6,000円キャッシュバックはオンラインショップ限定なので、それもできずで、夫婦それぞれのクレジットカードを使用することとなりました。

そして、最後に私の確認不足だったのですが、奥さんが必要だというキャリアメールのオプションを申し込んだわけですが、改めて確認すると、iPhone7以降の新しいiPhoneは、UQのキャリアメールに対応していないことが判明しました。

でも、もうオプションとして申込んでしまっているので、奥さんのiPhoneのメッセージアプリで設定してみると、普通に登録できました。

試しに、私のauのキャリアメールからの送受信を確認しても、問題なく使用できました。

その後、奥さんがチケットサイトのようなところのアドレスをドコモから変更していましたが、無事に登録できて、アドレス変更のメールも届いていたので、恐らく問題なく使えそうです。

ただし、キャリアの様にメールアプリは使えないようなので、SMS同様のメッセージアプリを利用することとなります。

UQがiPhone7以降で使用できないとしているのは、SMSと混在によるトラブルを懸念してのことなのでしょうか?

真相はわかりませんが、とにかく、私としては通信料が下がるので、嬉しいです。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年02月13日

お風呂テレビの見直し

IMG_0005-7dcd4.jpg

今から約8年も前に、NTTドコモによる一括0円施策により手に入れた、富士通の初代アローズタブレットというアンドロイドのタブレット端末があります。

お風呂DEタブレット

防水仕様ということで、WiFi運用でもお風呂でテレビ番組やレコーダーの録画番組を視るのに重宝しました。

アローズタブの処分に困る

ところが、1年半ほど経過したある日、突然充電ができなくなり、てっきりバッテリーが駄目になったものと思い込んでいました。

アンドロイドタブレットなので、値段もつかないだろうと箱に入れてしまった状態となってから3年後に、まさかの復活を遂げました。

ブログで復活!アローズタブ

復活したとはいえ、この時点で4年も前の端末ですから、日進月歩のデジタル端末の世界では、時代遅れの貧弱端末であることは間違いありません。

しかしながら、防水仕様ということもあり、スリングプレイヤーやプレインストールされていたデジオンのテレビ視聴アプリ「DiXiM」によって、お風呂専用機としては現役が通用したのです。

いつもいつもお風呂でテレビを視ることはなく、番組を興味深く視ている時にお風呂に入らないといけなかったり、消化したい録画番組があった場合なんかに時々活用していました。

そして、先月、朝ドラ「半分、青い。」を楽しく観終わった私の後ろで、時々かじって観ていた奥さんが、「半分、青い。」を観始めたのです。

hanbunaoihp.jpg

かじっていたので、総集編の前編を観ることを勧めたものの、1話から観ると言います。

そして、昨晩、お風呂で観れるかと問われて、アローズタブを手に持ったところ、バッテリーが尽きていました。

正確には、以前、ご臨終だと思った症状と全く同じで、バッテリー不足で起動できないのに、充電しようとすと、充電ランプが数秒で消えてしまうという症状です。

以前は、そのまま放置して、完全放電した後に充電できたので、今回も充電スタンドから外して放置することにします。

復活してからもう3年半も経過して、バッテリーの持ちに不安も出始めたこの頃なので、アローズタブが使用できないとなっても、仕方がないと思えますが、それとは別に、私には秘策がありました。

完成度で決断した「Xperia Tablet」

ソニーのXperiaタブレットとしては最終型となったアンドロイドの防水タブレット端末である「Xperia Z4 Tablet」性能的に初期型アローズタブの比ではないので、快適に使えるはずです。

ORG_DSC01536_resize_20150901.jpg

ところが…

アンドロイド版のアプリである「スリングプレイヤー」が安定しません。

一応、起動はするものの、バーチャルリモコンでレコーダーの操作をするも、即時反応せず、その都度接続が切れてしまいます。

iOS版では、今も便利に使っていたのでまさかの落とし穴でした。

結局、奥さんがお風呂で「半分、青い。」を観ることは叶いませんでした。

以前は問題なかったものの、アンドロイドはiOSと違って、過去の端末まで考慮されていないことが原因なのか?

初期型アローズタブでも、普通に使えていたので、謎です。

アローズタブも、防水現行品はウィンドウズ10のみとなっているようですが、ウィンドウズ版のスリングプレイヤーを利用するという方法もありますが、お風呂テレビの為だけに、わざわざアローズタブを購入するつもりもありません。

となると、スリングプレイヤーを諦めて、デジオンのテレビ視聴アプリ「DiXiM Play」を利用しようかと思います。

既に、iOS版ではiPhoneとiPad共に有料版の「DiXiM Digital TV」を導入して、かつアプリ内課金で、持出し番組も可能としています。

これにより、パケットを使わずに観ることが出来るからです。

dixim01.jpg

また、eo光テレビのCATVチュ−ナーに対応した無料アプリで、CATVチュ−ナー付きのレコーダーの方は、そのままで視聴が可能なのですが、「半分、青い。」が録画されているのは、4GBのHDDに換装した、寝室のレコーダーの方なので、その「DiXiM CATV Player」では観れません。

となると、お風呂テレビの場合には、持出し番組は必要ないですが、現状としては、手元にある「Xperia Z4 Tablet」に「DiXiM Play」をインストールして課金して制限を解除するのが最も安く、有効な手段かなと思っています。

dixim02.jpg

「Xperia Z4 Tablet」も活躍の場を失っていたので、初代アローズタブとの交代は現実的な選択だと思い始めました。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2020年01月17日

次はauか

総務省の無知な介入による改悪により、端末込みで安価に持てなくなったスマートフォン(iPhone)ですが、端末完全分離により、考え方も変えなくてはなりません。

我が家の家族のiPhoneも、ドコモ入りして2年が経過するのですが、12カ月を過ぎ学割の切れた金額は、奥さん以下家族4人と別枠の長男を含めた30GBのウルトラシェパック利用で、一人当たり6GBで4人分が2万円に近い金額ですから、単純にひとり5千円(税込)で、全くメリットを感じません。

E23C7E12-5D36-4152-89E1-3DA70923F34E.jpeg

端末代(iPhone8)が無料だったこととエディオンのポイントが貰えたことも、過ぎ去った今となってはもう忘れていますから、不満しかありません。

iPhone8自体は未だ使用可能ですから、端末のことは後から考えることとして、格安SIMへとも考えましたが、混雑する環境では、キャリアの回線との違いがあるのは事実であり、現在のドコモでの月5千円/台が基準になると、もうそのままキャリア回線でも良いかなと思えてきます。

ドコモのまま、なんとかならないかも考えましたが、回線のみとなると、自宅の固定回線割引が馬鹿になりません。

我が家はeo光ですから、1回線あたり無条件に千円引となるauのスマートバリューの存在が大きいことを再確認しました。

F2FFEBD5-ED61-486A-AC61-5A6DEE29AE91.png

ドコモへ移行した2年前にはドコモの光テレビも検討しましたが、奥さんがeo光テレビに固執するのと、ドコモの光テレビでeo光以上のメリットが出なかったため、ドコモの光テレビ担当者もあっさり諦め、ドコモながらeo光を使い続けています。

そんな折、こんなニュースが…

データ容量上限なしプラン「auデータMAXプランPro」が月額4,480円からご利用可能に − KDDI

正直、上限なしまでは必要ないことは間違い無いのですが、当初の半年だけですが、現在のドコモと金額が変わらないというのは、素直にすごいと感じます。

7GBプランなら、間違いなく今のドコモよりも安くなりますし、子供たちは学割の適用も可能ですから、ドコモに留まる意味はなく、auへ行くべきかと思案中です。
posted by かわいいHERO at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年11月09日

復活!iPad Pro

アップルの正規プロバイダーであるカメラのキタムラさんに預けていた「iPad Pro」の受け取りが可能となったと、一昨日連絡がありました。

受け渡しの予約時間を聞かれ、最短で聞いてみたところ、今日土曜日の13時ということで、それでお願いしていました。

土曜日のエキスポシティは、万博のイベント等もあって混雑します。

それを見越して、空いている駐車場エリアに停めて、カメラのキタムラさんへ。

2019-11-09 12.55.15.jpg

ここは、アップル製品の対応だけの特別な店舗ですが、今日は何故か空いていました。

偶然、受付時に担当していただいていた方が居られ、順番を待たずに直接対応して下さり、無事に「iPad Pro」を受け取りました。

ちなみに、今回は交換対応となったので、シリアル番号の変更となりましたが、あくまで修理ということで、付属品や箱はなく、本体のみだったので、そのまま手提げカバンに放り込むよりありませんでした。

2019-11-09 13.06.40.jpg

エキスポシティのキタムラさんの隣には、アップル専門店があるので、そこで保護フィルムを買うべきか迷いましたが、再使用無理だろうと思いつつも、キタムラさんに預ける際に剥がされたフィルムを、そのまま元々のフィルムに仮貼りして箱の中に入れていたので、今日のところは買わずに帰りました。

2019-11-09 14.27.59.jpg

事務所に戻ってから、トイレに籠って恒例のフィルム貼です。たらーっ(汗)

いつもとは違って、再利用なので、セロハンテープを持ち込んで、仮貼りした中古フィルムを部分的に剥がすのに使用したり、フィルムについた埃を取るのに使用します。

結果、埃が消えるタイプのフィルムだったこともあり、何とか気泡が気にならないレベルに仕上げることが出来ました。ひらめき

2019-11-09 14.52.07.jpg

アップルペンシルを使用するからか、強化ガラスタイプのフィルムではなく、描き心地を重視したタイプのフィルムしかなかったので、このタイプで充分かと思っています。

画面が大きく重量があるので、おそらく強化ガラスタイプのフィルムでもヒビは避けられないような気がします。ふらふら

2019-11-09 14.52.27.jpg

高くついたこともあり、もう猫娘たちの存在を忘れることなく、不安定な場所に置くことは二度としません。パンチ
posted by かわいいHERO at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年11月02日

アップルの恐ろしい話

うちのさつきちゃんがやってくれました。

IMG_20191002_093206_resize_20191002_101111

「iPad OS」となった12.9インチの第2世代「iPad Pro」は、自宅でのPC代わりに大画面で重宝していたのですが、ソファーのひじ掛け部分に置いていたところ、さつきがそこを通って、見事に「iPad Pro」を落としてくれました。

高さはせいぜい50cmない位なので、普通なら問題ないところですが、たまたまそこにはぶら下がり健康器の脚部分があった為、部分的にヒットして画面にひびが入ってしまいました。

バックライトで日々部分が光るものの、画面全体は真っ暗で完全に使用できない状態となってしまいました。

そして、まずいことにこの「iPad Pro」は、第5世代の「iPad mini」に機種変更した時に、自宅用で持ち歩かないからと、アップルケアを外してしまいました。

アップルペンシル対応で12.9インチという巨大画面であるが故、その画面修理費用はiPhoneのそれとは比較にならない高額ですが、中古で再度購入するにしてもそれ以上の金額になりますし、スマートキーボードや第1世代アップルペンシルはそのまま使えるので、敢えて修理することを決断しました。

現行の「iPad Pro」だとアップルペンシルが第2世代となって、併用する第5世代の「iPad mini」とは互換性がなくなってしまうのです。

大変なことをしてくれたさつきちゃんですが、彼女を怒るなんて気持ちはかけらも起こりませんし腹も立ちません。

しょうがないなぁ…って感じです。

まぁ、実際、そんなところに置く私が悪かったわけですから。

高額な修理費用を覚悟して、週初めにエキスポシティにあるアップルの正規プロバイダーのカメラのキタムラさんに修理予約を入れていました。

予約の空きが今日土曜日の12時20分か12時40分しかありませんでした。

2019-11-02 13.06.29.jpg

予約なので、端末を預けてすぐ終わるだろうと考えていましたが、ここで、とんでもなく恐ろしい経験をしました。

必要事項をお店のiPadに入力する形で、手続きが完了する直前に、端末のチェックをすると言っていた店員さんから、耳を疑う言葉が発せられました。

「このiPad Proは以前にも修理に出されていますね?」

全く身に覚えのない私は???

「いえ、初めてですよ」と返します。

店員さんの話では、アップルの管理情報の上では、私のこの「iPad Pro」は、今年の1月にバッテリー交換の修理が申請され交換対応となっているが、アップルに返却するべき端末が、未だ収められていないと言います。

つまり、「iPad Pro」のバッテリー交換で新しい「iPad Pro」を手にした誰かが、古い「iPad Pro」を送り返していないということのようです。

そうなると、私の「iPad Pro」は、アップルへの返却義務を負った、アップルが所有権を持つ端末ということになるのです。

アップルへの返却義務を負う端末となると、当然ながら修理の受付などできるわけがないわけです。

さて、困りました・・・

カメラのキタムラさんは、あくまでもただの正規サービスプロバイダーという窓口であって、アップルではありませんから、文句を言う相手ではありません。

どうすれば良いのかを聞くと、購入店からどうにかできるかも知れませんが、難しいかも知れませんという返事です。

私としては、auショップで購入したau版の「iPad Pro」ですから、auに苦情を申し立てて、アップルを動かす以外にないのかなと頭を巡らせていました。

「iPad Pro」に機種変更時のauの書類が見つからず、念の為と思って今年4月に行った、「iPad Pro」から第5世代の「iPad mini」への機種変更時の書類を持参していました。

2019-11-02 15.37.30.jpg

そこには、前機種が「iPad Pro」であることや、契約日が記載されていたことで、カメラのキタムラの担当者さんも信用してくれたようです。

まぁ、明確なauとの契約事実がありますから、アップルに残る記録がおかしいのは明らかです。

今年4月にminiへと機種変更する前の今年1月に修理となっているということなので、未だauとの契約の基で使用中だった時期なので、auに確認してもらえば、間違いが立証されるかと思ったものの、SIM契約と端末の関連性は無いので、立証にはならないのかも知れませんね。

その時点ではアップルケアに加入していたものの、バッテリー交換には、その私のアップルケアを利用した形で処理されているということですから、ただただ恐ろしく腹立たしい話です。

幸いにも、カメラのキタムラの担当者の方の頑張りにより、auの力を借りることなく間違った記録を削除して、修理対応していただけることとなりました。

2019-11-02 12.58.46.jpg

事務的な間違いなのか、詐欺的なものなのか釈然としないところですが、担当の方曰く、修理の記録は全て英語であり、日本で販売された商品の記録としては不自然だったということが大きかったようです。

2019-11-02 15.36.36.jpg

担当の方もそんなことあるんだ?と思うくらいのレアなケースらしいですが、実際にあったことですし、中古のWiFi仕様だったりの証明の難しい状況だったらと思うとゾッとします。

気を付けようもないのかも知れませんが、皆さんもご注意ください。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年10月24日

やっぱり「Arae」

昨日、大阪梅田へ行った時に、うちの奥さんがあちらこちらでiPhone用のケースを物色していました。

少し前から、奥さんの利用する「iPhone 8 Plus」の手帳型ケースの傷みが激しいので、新しいケースが欲しいと言っていたのですが、新型のiPhone11が出たこともあり、今更、店頭に「iPhone 8 Plus」用の手帳型ケースを置いているところは少なく、あっても種類はわずかです。

おまけに店頭では結構な金額なので、「アマゾンで買えば?」と提案したので、その後に寄った上島珈琲でお茶しながら探していたようですが、これというものが見つけられなかったようです。

そこで、私が検索、チョイスして、「これはどう?」と提案したところ、「こんなの出て来なかった」と言って、一発OKでした。

そのケースがこれ。

amazon02.jpg

まぁ、普通の手帳型ケースではありますが、譲れない特徴としては2点あります。

その一つはストラップです。

写真撮影等では、つい落としそうになるスマートフォンですから、ストラップの存在は有難いものです。 

エレコムあたりのものでもストラップ付のものはあって、実際、奥さんもこれまではエレコムのストラップ付のものを愛用していました。

でも、エレコムにはない、2つ目の特徴が裏のカードホルダー部分にクリアな写真を入れるポケットがあることです。

amazon03.jpg

チェキの写真を入れることができるので、より愛着がわくんですよね。

これらの条件は満たすのは、「Arae」というスマホケースのメーカーの品です。



本革ではありませんが、質感も十分だと思います。

千円程度ですから、とってもお買い得なので、私だけでなく、次男坊や三男坊もここのケースを使っています。

amazon01.jpg

そして、アマゾンで送料無料ということで、上島珈琲でお茶しながらポチッとした分が、もう届いたようです。

「Arae」だーいすき!爆弾
posted by かわいいHERO at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年10月02日

「iPad OS」にアップデート

iPhone11の登場で13となったiOSですが、iPadにはよりPCライクとなるタブレット専用OS である「iPad OS」が採用されたようです。

具対的なことはよくわかりませんが、これはアップデートするべきでしょうね。

1E99188E-6979-4C84-8C89-F9D0DEDFD0CC.jpeg

ということで、自宅運用のiPad Proを早速アップデートしてみました。

興味深いところでは、「iPad OS」だとマウスが使えるという情報を得て、手持ちのBluetoothマウスを接続してみました。

IMG_20191002_093206_resize_20191002_101111

Bluetoothマウスを利用するには、単にBluetoothでペアリングすれば良いというわけではなく、「設定」の「アクセシビリティ」の「タッチ」から設定を行います。

53AA5675-639F-4752-9E62-2AC10BA364BC.jpeg

その一番上の「Assistive Touch」をオンにすることで、マウスのBluetoothペアリングが可能になります。

C3DB6669-63E6-49FD-8668-C7545937B4D8.jpeg

ちなみに先にBluetooth項目でペアリングしていたら繋がらなかったので、ペアリングを解除して「Assistive Touch」でペアリングし直しました。

F4D6BFCD-1684-42F5-86B6-2061E2B86CED.jpeg

この通り、当ブログのタイトル部分と記事の間にポインタが出現しました。

使い込んでみないと、その使い勝手はわかりませんが、他の機能含めて、iPadの可能性が増したのは間違いありません。
posted by かわいいHERO at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年09月26日

静観!「iPhone 11」&「iPhone 11 Pro」

今年も新しいiPhoneが発売となりましたが、私は現状維持の予定です。

7FE6A630-C946-4EE8-94BD-F7E454C3EB92.jpeg

ここ数年は、最上位グレードの最新機種をと導入して来ましたが、今回の上位グレード機である「iPhone 11 Pro」の最大の目玉は、超広角レンズを装備することとなったカメラに他なりませんが、ファーウエイのカメラスマホを使用するようになってからは、iPhoneのカメラに期待を持たなくなってしまいました。

1B3040B3-1C53-4EC3-AF44-6A5BBBC867F8.jpeg

米中関係で標的とされたファーウエイですが、その技術は飛び抜けたものがあると感じます。

後出しジャンケンのアップルは、超広角レンズを利用して標準レンズ撮影時に撮影エリア外をモニターできるという付加価値的機能も盛って来たみたいですが、夏モデルのP30Proで既に高倍率ズームもフォローして来ているファーウエイの方が明らかに先を行っています。

高倍率ズームの必要性を感じないのであれば、既存のMate20Proで十分と感じています。

3EF1287A-C169-4AF1-9A8D-70727247C2B2.jpeg

とは言え、メイン端末ということもありますが、ベーシックにスマホとしては、iPhoneに軍配があがると感じます。

iPhoneXS MaxとMate20Proのどちらの端末も持ち歩いている訳ですが、無意識に手に取るのはiPhoneです。

ネットサーフィンだけなら、ほぼ使い勝手に差はないはずですが、Mate20ProよりもiPhoneに手が行くのは、iOSとiPhoneの成せる技で、Android端末の追い付けない所のような気がします。

新端末からはGoogle謹製アプリのインストールができなくなったようですが、ファーウエイがファーウエイの独自OSを煮詰めていくと、ひょっとすると中国ではiOS&iPhoneを超える可能性もあるのかも知れないと思ったりもしますが、日本では普及どころか手にすることも難しくなるかも知れませんから、やはりiPhoneを使い続けることになるのかな?なんて思います。
posted by かわいいHERO at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年04月04日

初「iPad Mini」

R0000163.jpg

懲りません…。

以前より使ってみたいと感じていた「iPad Mini」ですが、中途半端だと感じていたこともあって、これまで使った実績はありませんでした。

ですが、先月のアップルの発表で第5世代の「iPad Mini」を目にしてから、使ってみたい衝動にかられました。

巨大な第一世代の12.9インチ「iPad Pro」もスマートキーボード装着で使用していますが、その大きさから持ち出すことはなく、基本的に自宅とオルビスでしか使用しません。

なので、第2世代の12.9インチ「iPad Pro」の必要性は感じなかったのでスルーしていましたが、今回の第5世代の「iPad Mini」は、顔認証システムである「Face ID」は採用されず、指紋認証「Touch ID」であり、「Apple Pencil」に対応したものの、こちらも第2世代ではなく、私の第1世代12.9インチ「iPad Pro」と同じ第1世代「Apple Pencil」対応ということで、「Apple Pencil」の供用が可能という訳です。

巨大化するスマートフォンにやや疑問を感じ始めていたこともあり、迷わず予約と相成りました。

R0000164.jpg

見た目は第4世代と変わらずですが、中身はプロセッサーがA8からA12へとジャンプアップしていて、羊の皮を被った狼のごとくです。

早速、使ってみたファーストインプレッションとしては、手に取りやすいというのが一番です。

同時に発表された少し大きな「iPad Air」では、スマートキーボードが用意されているのですが、こちらはありません。

それが返って、モバイル重視と割り切らせてくれるので、私にとっては好都合です。

また、早速フィルムやケースを揃えようと意気込んだものの、量販店では第4世代のものしかなく、同じサイズだからと手を伸ばし掛けましたが、どうも微妙にボタン類の位置がずれているらしく、ケースによっては使えないという情報を知って購入を断念しました。

ですが、そのままでは使用に気が引けるので、第4世代用でも問題ないというフィルムとケースの代わりに見つけたスリープモード対応のセミハードポーチをチョイス。

2019-04-04 11.49.14.jpg

動画視聴の際のスタンドの問題はあるものの、軽さ、コンパクトさではこれ以上ない組み合わせで、日ごろの持ち歩きも何ら苦になりません。

もともと軽いminiですから、スマホ同様の手持ちで全く問題がないことから、スマホの代わりに手に取るというパターンが増えました。

これなら、メインのスマホの巨大サイズを辞めて、コンパクトなものにするのもありかなと感じています。
posted by かわいいHERO at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2019年01月15日

保護フィルム失敗からのリカバリー

2019-01-14 19.27.34.jpg

せっかく貼ったにも拘らず、わずか10日程で浮いてエアが入ってしまった「Mate20Pro」の3Dガラスフィルムですが、貼り換える時間が無くて、そのまま使用していたので、どんどん浮いた部分が大きくなってきていました。

2019-01-14 19.28.17.jpg

実際、画面が点灯していると、そこまで気にはならないので、騙し騙し使っていましたが、代品を送ってもらっているので、そろそろ貼り換えようと昨晩、フィルムを剥がしました。

ところが、開封した代品の保護フィルムが見当たりません。

どうやら、会社に置いて来てしまったようです。

代品は2ついただいたので、未開封の物もありますが、無駄に開封したくないので、今朝、出社してから会社で貼り変えることにしました。

2019-01-15 10.32.08.jpg

先ずは、当初の購入品には入っていなかった、液体樹脂が各ポート等に入り込まないようにするためのマスキング用シールを上部と下部と裏面に貼ります。

2019-01-15 10.40.01.jpg

そして、液晶画面に3Dガラスフィルムを仮置きしてみます。

2019-01-15 10.42.12.jpg

そして、改めて液晶画面のガラスのごみや埃を取り除くために、付属のウエットシートで画面を拭きますが、びしょびしょです。

2019-01-15 10.43.03.jpg

同じく付属していたクロスで拭き上げて、更にその上に落ちた埃も付属のシールでピンポイントに取り除きます。

2019-01-15 10.45.41.jpg

そして、いよいよ液晶画面に液体の樹脂を垂らしますが、ここで大失敗してしまいました。

前回の成功時は、液晶画面の中心部に丸く樹脂を垂らしたのですが、ガラスフィルムを載せた時に、サイドに樹脂が大量に流れ落ちたので、液晶画面に合わせて縦に長く垂らしたのですが、これが失敗でした。

丸く垂らせば、ガラスフィルムを置いた時に、中心部からじわじわと外へ向かって樹脂が広がるので、気泡ができることはないのですが、下手に縦に垂らしたことで、それがいくつかの丸い塊となって、ガラスフィルムを置いた際に気泡ができてしまいました。

そのままでは固められないので、何度もガラスフィルムを貼り直したりずらしたりしながら、気泡を失くそうと試みましたがうまく行きません。

最終的にガラスフィルムの表面を付属の先端に布を巻いたソフトなヘラのような道具でエアを外へと押し出すのですが、その度に液体樹脂が外へ押し出されて、液晶画面とガラスフィルムの間の液体樹脂がどんどん少なくなってしまい、最終的には角の樹脂が足りなくなって浮いて来てしまいました。

これは失敗だと諦めかけましたが、角が浮いていても、指で押さえるとエアが入ることなく密着するので、その状態で付属のUVライトを部分的に照射してみたところ、指を離しても見事に密着しています。

2019-01-15 11.10.00.jpg

結局、4方向とも角は押さえて密着させながら、UVライトを当てることで、エアが入ることなくリカバリーできました。

2019-01-15 11.14.07.jpg

但し、指で押さえて樹脂が流れ出た状態でUV照射してしまったことで、垂れた玉状の液体樹脂が、そのまましずく状態で固まってしまいました。ふらふら

全部にUVライトを当てて、完全に樹脂を固めてから、カッターでカットしてみましたが、切り口が白くなってしまうので断念し、指で引っ掻いても取れましたが、せっかく貼ったガラスフィルムが浮いてしまうと元も子もないので、それもやめました。

2019-01-15 11.24.55.jpg

スマホケースに収めてみたら、さほど目立たないのでこのままいくことにしました。

2019-01-15 11.25.30.jpg

スマホケースとも変な干渉も無くなっているようなので、多分、今回は浮きは出ないかなと感じていますが、最悪、再び浮きが出たとしても、もうひとつガラスフィルムの予備がありますし、相当ひどい状態でなければ使用上問題も無いので、大丈夫でしょう。

またひとつ賢くなったので、次回の貼り換えはスムーズに行くと思います。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2018年12月15日

「Mate 20 Pro」は楽しい

昨日は、大阪市内へ用事があったので、敢えて車で行かずに電車で行ってみました。

その理由は…

2018-12-14 17.00.40-2.jpg

昨年は一眼で撮影した、阪急梅田のクリスマスイルミネーションです。

2018-12-14 17.01.14-1.jpg

今年は一眼は持ってきていないので、「Mate 20 Pro」で遊んでみます。

2018-12-14 17.01.38-2.jpg

スマホなので、単焦点のボケを活かした感じは無理ですが、「Mate 20 Pro」で装備された超広角は、これまでのスマホとは違う世界を見せてくれます。

2018-12-14 17.02.21.jpg

超HDRである「夜景モード」は、明るく見栄えのする写真になるので、ついつい多用してしまいます。

2018-12-14 17.03.26.jpg

超広角&夜景モードという「Mate 20 Pro」でしかできない芸当を堪能しています。

2018-12-14 17.05.31.jpg

夜景モードは、3秒程度に複数回シャッターが切れる為、動いている人物が入っても、適度にぶれるので、モザイクの必要がないのがまた良いのです。

2018-12-14 17.06.11.jpg

見栄えのする飾りつけですから、撮影のためスマホを向ける人も多いです。

2018-12-14 17.12.00.jpg

そして、そのまま阪急百貨店へと入り、9階へ。

2018-12-14 17.12.43.jpg

こちらも昨年も訪れた、毎年飾りつけされるイベント広場です。

2018-12-14 17.13.55.jpg

巨大なシャンデリアが特徴です。

2018-12-14 17.15.22.jpg

今年はロボットも。

2018-12-14 17.17.57.jpg

夜景モードは綺麗で有能ですが、本音は、やはり三脚が欲しいかな。

2018-12-14 17.19.00.jpg

もちろん、背景がぼけるアパチャーモードも使い分けます。

2018-12-14 17.20.32.jpg

今年はモンスター?に

2018-12-14 17.21.39.jpg

ロボットが複数います。

2018-12-14 17.23.53.jpg

手持ちの等倍は粗が目立ちますが、ブログやSNSでは問題ないかな。

2018-12-14 17.24.17.jpg

とにかく、デジタルズームでなく3倍望遠、標準広角、超広角を使い分けできるので、撮影の幅がぐっと広がりました。

2018-12-14 17.25.19.jpg

プロモードでRAWファイルを残して撮影すれば、一眼ライクな使用も可能ですが、RAW保存されないものの一見して見栄えの良い夜景モードやアパチャーモードを多用してしまいます。

2018-12-14 17.29.04.jpg

そこは、スマホなのでそれで良いんでしょうね。

2018-12-14 17.29.39.jpg

出ないと一眼ミラーレスの出番がありませんから。

2018-12-14 17.30.22.jpg

なので、ブログやSNS用の画像で良いんだという方には、最高のカメラスマホでしょうが、HUAWEIということで、今後どうなることやら…。

2018-12-14 17.35.27.jpg

阪急百貨店の9階から、エスカレーターでワンフロアずつ下っていくと、可愛いディスプレイがありました。

2018-12-14 17.36.54.jpg

未来を象徴してのロボットを取り上げているようです。

こういう場合は、後ろの要らないものをぼかしてしまえるアパチャーモードが良い仕事をします。

2018-12-14 17.40.14.jpg

再び、阪急百貨店前のコンコースを反対側から。

2018-12-14 17.41.36.jpg

もう、夜景モード(超HDR)の虜です。

2018-12-14 17.43.11.jpg

阪急電車のホームへ向かっていましたが、つい観覧車のある阪急ファイブ方面へ引き寄せられます。

2018-12-14 17.44.39.jpg

こちらにも、クリスマス?イルミネーションのオブジェクトがありました。

2018-12-14 17.46.17.jpg

やはり、ここでも超広角。

2018-12-14 17.48.13.jpg

ガードを超えて、再び観覧車を撮影しようと思ったら、広角過ぎて手前のビルまで写り込んでしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

時間を忘れそうになる「Mate 20 Pro」での撮影を終わらせて、一旦会社へ戻りましたが、自宅へ帰る途中に「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」ガチャ目的で、エキスポシティへ寄ったので、ついでに再び「Mate 20 Pro」での撮影再開です。

2018-12-14 19.53.06.jpg

エキスポシティの観覧車は、以前、奥さんと映画の帰りに撮影したので、今回は別角度からです。

2018-12-14 19.53.54.jpg

超HDRということで、空も雲が不気味にクッキリします。

2018-12-14 19.55.36.jpg

クリスマスツリーを連想させる、色とりどりのかごが綺麗です。

そこへモノレールが来ました。

2018-12-14 19.55.52.jpg

ちゃんと写ってはいますが、クオリティは高くはないですね。

やはりスマホです。

2018-12-14 19.57.06.jpg

そして、この角度からの観覧車の反対向きには太陽の塔がそびえ立っています。

2018-12-14 20.01.08.jpg

ちょうど金曜日で、昨年観た週末限定の太陽の塔のプロジェクションマッピングが開催中です。

昨年は入園料を払って万博公園の中から観ましたが、今回はスマホでのテスト撮影だけなので、園外からです。

2018-12-14 20.02.21.jpg

動きのあるプロジェクションマッピングですが、これらも全て夜景モードでの撮影です。

2018-12-14 20.04.00.jpg

スマホとしては、とても頑張っていると思いますが、昨年の記事の写真と比較してみると、コンデジRX100M3のHDRに迫るもやや劣る感じでしょうか?

2018-12-14 20.05.17.jpg

夜景モードではない撮影もしておけば良かった…。

2018-12-14 20.06.56.jpg

良く撮れたと思っても、昨年の富士フィルムのミラーレス一眼の画像と比較してみると、雲泥の差です。

昨年はレンズのチョイスを間違ったので、赤バッジズームでの再チャレンジも良いかも。

2018-12-14 20.08.50.jpg

プロジェクションマッピングの最後には、ちょっと切れちゃってますが、2025年の大阪万博決定をお祝いしてました。

エキスポシティへ戻りつつ、「Mate 20 Pro」の撮影設定を見ていて、「ライトペインティング」という項目の中に、「テールライトドレイル」なるモードがありました。

先ずは使ってみようと、中央環状線の橋の上から下の道路を撮影してみると、撮影しながら光が伸びていくのが確認できて、かんたんにこんな写真が撮れました。

2018-12-14 20.16.00.jpg

まぁ、これも一種のHDRなので、等倍で見るとベタベタで不自然ですが、ブログやSNSサイズならありでしょう。

この機能は、ひょっとすると以前の機種の「P10 Plus」にもあったのかも???

2018-12-14 20.16.52.jpg

手持ちで急に現れたモノレールを撮影中、途中で動かすと不思議な写真となりました。

優秀な手ブレ補正による夜間の様々なモードですが、スマホ用三脚を使うことで、もっと完成度の高い写真になると感じます。

2018-12-14 20.23.55.jpg

最後は、3倍ズームを利用しての観覧車のかごのアップです。

2018-12-14 20.24.43.jpg

これも、スモールサイズでは綺麗に見えますね。

2018-12-14 20.26.02.jpg

ミラーレスに叶わないとは言え、この手軽さを考えると恐ろしい端末です。

何より、撮影が楽しい端末です。
posted by かわいいHERO at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット