2016年06月13日

気になるスマホ「HUAWEI P9」

性能アップで、以前のような端末による差がなくなってきたことから、急激にその興味を失ったスマートフォンですが、そろそろ次のステージにも目を向けていかなくてはなりません。

現在で1年半以上とauの毎月割の消滅まで半年を切っているソニーの「Xperia Z3」については、未だ必要十分とは感じているのですが、少しバッテリーの持続時間が短くなってきたことと、最近、電話がうまく着信しないという困った症状が出てきています。

上手く取れなくても、会社契約なので通話料を気にせず折り返せばいいだけなので、実際はさほど支障はないのですが、確実に取りたい電話の場合には、問題となる症状です。

1年半も使っていますので、いろいろとデータも蓄積される一方ですから、一度全てをリセットしてクリーンにしてやれば、上手く動作するのかも知れません。

SIMなしで「iPhone 6s」も併用していますが、テキスト入力等一般的な作業としては、「iPhone 6s」の方がストレスなくこなせます。

但し、PCライクな作業はAndroidに歩がありますし、何より、同じソニーの「SmartWatch3」を使用していることから、「Xperia Z3」を使用する事が多いです。

「Xperia Z3」のテザリングで「iPhone 6s」を繋いでおくと、バッテリー面でも分散できて、使い勝手は悪くないです。

カメラを趣味にしだしてからは、スマホの写真にもこだわりが出てきて、「Xperia Z3」で撮る写真よりも、「iPhone 6s」の写真の方が断然良いと感じていますので、そろそろメインを入れ替えても良いかな?と思い始めています。

とは言え、最後の一括0円で入手した「iPhone 6s」は、ストレージが16GBなので、メインで使うと支障が出るような気もしていますが、そこは先ずはやってみないとわかりませんので、3ヶ月後には登場するだろう「iPhone 7」も視野に入れていきたいと思っています。

そんな中、久しぶりにちょっと気になる端末が出てきました。

それは、ファーウェイ(HUAWEI)という中国メーカーの「P9」というスマートフォンです。

p9.jpg

夏の本命SIMフリースマホ「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 lite」の魅力を味わい尽くす − ITmedia Mobile




以前は、激安三流中華製品のイメージだったファーウェイですが、格安SIM時代のSIMフリー端末の提供により、日本でも市民権を得てきました。

既に世界規模では中国の巨大スマホメーカーなわけで、その品質も心配するようなものではないと思われます。

ミドルレンジのSIMフリー端末としては一定の存在感を示していた前機種の「P8 lite」ではありますが、以前からのファーウェイというイメージもあり、私自身が興味をもつことはありませんでした。

しかしながら、新機種「P9」「P9 lite」については、イメージが一新した気がします。

特に「P9」については、カメラにあの「ライカ」のテクノロジーによる1200万画素ダブルレンズカメラを搭載してきたことで、無視できない端末となりました。

スマホのダブルレンズカメラは、次期iPhoneにも搭載が噂されており、その他のメーカーでも採用する端末があったりで、これからの主流となる可能性も秘めています。

既に発売されている「honor6 Plus」という端末でも採用されており、実績がある上で「ライカ」の名を冠してきたことで、スマホらしくないカメラ性能が期待できます。

ファーウェイとしても、「ライカ」のネームバリューで、自社のブランド価値を上げたいというところなのでしょうが、一般のスマホ市場から撤退してしまったパナソニックも、デジタルカメラでは「ライカ」ブランドを活用しているわけで、ファーウェイがパナソニックと肩を並べるメーカーとなったと言えるのかもしれません。

パナソニックがスマートフォン市場から撤退していなければ、パナソニックが「ライカ」を活用していたことでしょうね。

「P9」は中国メーカーということで、国産でないところは残念ですが、センサーはソニー製のようですし、「ライカ」という名が付いて、ハイスペックなSIMフリー機でありながら、価格は税抜5万9800円ということで、充分に選択肢となる端末であると感じます。

国産メーカーのFREETELだって、結局、コストの関係上、中身はほぼ中国製の部品のみでしょうから、考え方だけのような気がします。

但し、「HUAWEI P9」は、ドコモとソフトバンク系の回線には対応していますが、私がメインで使うau回線には対応していないので、格安SIMでの利用が前提となります。

一方、iPhoneはと言うと、au版であっても、国内版の仕様は全て同一であることから、機種変更の6ヶ月後にはSIMロックが解除できますので、どのキャリア系の回線でも使用可能ということで、非常に利用価値が高いので、auでの通常機種変更は「iPhone 7」として、別で比較的安いSIMフリー端末「HUAWEI P9」をOCNモバイルONEで利用というプランが、iOS、Android両刀使いとしての理想となりつつあります。

機種変更の候補としては、Windows10 Mobile搭載のモンスター端末「HP Elite x3」も候補と考えていたのですが、auのVoLTEに対応した端末となることで、SIMカードもVoLTE専用となり、手持ちの他の端末との互換性はなくなるので、諦めます。

ということで、メインはiOSにすることになりそうなので、やはり、手持ちの「Xperia Z3」のSIMを「iPhone 6s」に差し替えて、メインとサブを入れ替えた運用を開始したいと思います。
posted by かわいいHERO at 19:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年04月25日

次のスマホはどうするか…

最近、メインで使用しているau版の「Xperia Z3」のバッテリーの減りが早くなってきました。

バッテリーは消耗品なので、やむを得ないところですが、この「Xperia Z3」はもう1年半も使用しています。

2年契約の携帯電話では、1年半は普通の期間ではありますが、一時期は物欲がスマホヘ向いていて、早々に新機種を導入していたことを考えると、やはりこの「Xperia Z3」の出来が良いのかなと感じるところもあります。

ですが、実際のところ、SIM無し運用している「iPhone 6s」は、それ以上によく出来ていると感じます。

今にはじまったことではないのですが、アップルが発売してから、毎年モデルチェンジをし続けている「iPhone」は、やりたいことをやるには、最も快適な端末だと思います。

ずっと言い続けていますが、スマホを使って目的を達するには、最も簡単確実に物事を成せると思っています。

ただ問題は、制約が多いことです。

アプリもよく出来たものが多く、アプリを使えば、ほぼ専用機のような使い勝手となりますが、反面、PCのような自由度がありません。

デジタル系全般が苦手な方には、専用機のような簡潔な操作が向いていますし、逆に深い知識を持った方なら、iPhoneでも自由に使いこなせるのでしょうが、私のような充分な知識のない中途半端な人間にとっては、iPhoneの成約がとても窮屈に感じてしまいます。

特にフォルダやファイル関係の扱いが、AndroidのようにPCライクでないとうところが、不満に感じるところです。

そういうこともあって、「Xperia Z3」と「Smartwatch3」の組み合わせに満足しているわけですが、物欲が収まり、新たな興味というものがなくなってくると、「iPhone6s」で充分な気がしてきます。

でも、二刀流は続けたいので、最新のXperiaにするか、はたまたauが法人向けに販売するとしているWindowsPhone10搭載の「HP Elite X3」なんて機種にも興味があるのですが、WindowsPhone10については、Microsoft自体が積極的でないという話もあって、その存在意義に疑問が残りそうなので、悩ましい。

東洋経済のサイトにこんな記事がありました。

「iPhone至上主義」は、すでに過去のものだ

これを見ると、やはりAndroidかと思ってしまいそうですが、偶然見つけたこちらの記事の方が、私の実感に近いかも…。

スマホの進化は臨界に達し、恐ろしくつまらない(そして生活にかかせない)ものになった

何れにしても、機種変更前に、「Xperia Z3」のバッテリーは交換しておこうかと思っています。
posted by かわいいHERO at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年03月15日

自身初のキャリアによるSIMロック解除可能端末

お風呂のお供として、朝ドラ「あさが来た」の視聴に役立っているau版「Xperia Z4 Tablet」ですが、購入後半年が経過したということで、SIMロックの解除が可能となりました。

Screenshot_2016-03-13-09-21-44.png

auのサポートサイトから確認できるのですが、以前確認した時は、不可だったものの、今回確認すると可能となっていました。

但し、アップルの力が強い「iPhone」の場合は、元々同じ端末をSIMロックしてあることで、それを解除すれば、どのキャリアのSIMも利用できるようになりますが、Android端末の場合は、端末製造段階から周波数等キャリアに合わせた端末となっていることから、SIMロックを解除したところで、ドコモ-au間を共用できる端末はほぼありません。

ですが、au端末用にも、マイネオやUQコミュニケーションズといった格安SIMが登場したので、格安運用自体は可能です。

また、au版「Xperia Z4 Tablet」の場合は、タブレットなのに、さらに厄介な「au VoLTE」に対応した端末ということで、「au VoLTE」専用SIMとなり、少し前までマイネオでさえ、対応していませんでした。

現在は、SIMロック解除することによって、マイネオの「au VoLTE」専用SIMが使用できるようになったので、なんとか格安運用可能にはなっています。

今直ぐ格安SIMへの移行も考えていないのですが、ネットからは無料ということもあって、取り敢えずSIMロック解除だけはしておこうと考えています。

個人的には、最近持ち歩いているau版「iPhone6s」が半年経過して、ドコモSIMで利用できるようになることを楽しみにしています。

現在は、Xperiaからテザリングして使用したりしていますが、やっぱり面倒ですから。
posted by かわいいHERO at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年02月22日

女性陣の速度制限

ドコモからauへの引越しをした我が家では、かけ放題プランではなく、従来と同じLTEプランなので、データ通信の容量は7GBとなります。

通常の使用では、そこまでの容量は必要ないので、格安SIMで節約する場合には、大抵の方は、3GB程度を契約されるのではないかと思います。

実際、私自身も自宅、職場ともにWiFiを使用し、事務所内に居ることが多いので、7GBを使い切ることは、ほぼありません。

XperiaZ3の設定画面で見ると、今月は僅かこれだけです。

Screenshot_2016-02-22-10-29-08_resize_20160222_145104

auのサポートサイトで確認しても、やはり僅かです。

t2pix_20160222-145237.png

なので、通常は容量不足の心配などしなくて良い訳です。

ちなみに、7GBを越えた場合には、データ通信が使えなくなる訳ではなく、極端な速度制限が掛かるということは、ご存知のことと思います。


ところが先日、娘のiPhoneに、7GB超過を通知するSMSが届いていました。


ビックリして確認すると、WiFiがOFFになっていました。

娘の場合は、奥さんに使用を制限されているので、それ自体は余り問題ないものの、月半ばでの7GB超過は、一体どんな使い方をしているのか?

動画は見ていないと言うけれど、それ以外で、どうすればこんなにパケットを消費できるのかが、私にはわかりません。

その後は、常にWiFiをONにしているので、来月からは正常に戻ると思われます。


ところが、その後間もなく、うちの奥さんにも、6GB超過のSMSが届きました。


奥さんの場合は、これまでも使ってきていており、端末自体、SIMを差し換えただけの6Plusなので、何故?


聞いてみると、30日間無料だというauのサービス「ブックパス」で、漫画を読んでいたらしい。

慌てて「ブックパス」は止めたみたいですが、現在、速度制限に突入してしまったらしく、先日の京都への道中には、私のXperiaZ3でテザリングで接続してやりました。

でも、「ブックパス」の漫画のダウンロードだけで、そこまで容量を食うことも考えにくいので、auへ移行したことでの問題が存在するのかも?と思って、男の子達のiPhoneを確認してみましたが、彼らはドコモ時代と変わらずの、余裕の残容量でした。

やっぱり、使用方法の問題みたいです。
posted by かわいいHERO at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年02月20日

携帯ショップの閑古鳥と狙い目端末

昨日、我が家のドコモからauへの引っ越しを敢行したジョーシン電機の店舗へ行きましたが、携帯電話売場は、閑古鳥が鳴いていました。

我が家の対応をしてくれた、au担当者さんも、暇で仕方がないという感じでした。

もちろん、これは、ジョーシンさんに限らず、どこも同じです。

この状況に、総務省の失策と嘆く記事も各所で見受けられます。

こんな状態で無料解約月を迎えたら、格安SIMへ移行するしか無いですね。

私の職場の事務員さんも、ご夫婦で格安SIMへと移行されていましたが、イマイチな端末を高価な分割で購入させられているので、結局月々の支払額は、キャリアよりは安くとも、それなりの金額となっているようです。

せっかく格安SIMを使うのであれば、端末は自分で選びたいものです。

そんな状況を反映してか、スマートフォンの人気ランキングにも変化が出ているようです。


スマートフォン市場に激震! SIMフリースマホがランキング上位を独占。「HUAWEI GR5」は発売直後に首位獲得&満点評価の快挙! −価格.comマガジン−


これらの端末をみると、画面サイズは全てが5インチ以上です。

iPhone5sを使用している時に、4インチの手の馴染みが良いんだと思って、しばらくSIM無し運用でXperiaZ3と併用していましたが、結局は使わなくなっていました。

でも、現在、4.7インチ画面のiPhone6sを、やはりSIM無しで併用していますが、これが具合がいいんです。

大きな画面に慣れてしまうと、4インチはやはり小さすぎますね。

あのサイズのファンが結構いると思っていましたが、いざ大画面へと移行してしまったら、持ち易さよりも見やすさを優先してしまうんじゃないかと思います。

老眼もなく見易さが直接関係のない子供たちも、ゲームをするには4インチよりも4.7インチの方が都合が良いみたいです。

そう考えると、春の発売が噂される4インチのiPhone5seって、安売りも無くなって売れないような気がしてきました。

それよりも今のお勧めは、未使用品のキャリア端末かな。


Xperia Z4が3万6800円! 2015年夏発売のau版ハイエンドスマホが安い! −日経トレンディネット−


先のランキング記事のシムフリースマホの価格を見て分かる通り、金額的にはランキングトップのHuawei「HUAWEI GR5」同じような価格帯です。

私自身も未だXperiaZ3を使っていて、何の不満もありませんから、XperiaZ4の性能に不満を覚えることはないでしょう。

一つ気になるのは、動画撮影時の熱暴走が指摘されていたことですが、格安SIM用の端末に、そこまで求めるケースは少ないかなと思います。

この、キャリア販売のハイエンドスマートフォンが出回っているというのも、携帯乞食な人々が、先月までの値引販売で購入したものを、持ち込んでいるからなので、今の在庫が無くなれば、もう入荷することもなくなるでしょう。

そういう意味では、今だけ安く買える狙い目の端末と言えます。

近いうちに格安SIMへの移行を考えておられる方は、そういう端末にも目を向けると良いかもしれません。

でも本当は、ランキングトップに日本製ハイエンドSIMフリー端末が安価で並ぶのが一番なんですけどねぇ。
posted by かわいいHERO at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年02月14日

au WALLET

数日前、NTTファイナンスからの封書が届きました。

その中身は・・・請求書。

先日のドコモからauへの家族の携帯電話の引っ越しで、主回線を解約したことで、クレジットカード決済ができないため、納付書で納付となるということは聞かされていました。

そして、問題はその請求書の請求金額です。

image.jpeg

恐怖の6万円越えは、4回線分です。

各種割引適用のなくなった通信料に加えて、無料解約月前に転出しているので、1回線あたり約1万円の解約料と、MNP転出手数料2千円が掛かってきていますので、想定通りではありますが、まとまった金額はテンション下がりますねぇ。

でも、その分をほぼカバーしてくれるであろう、イオ光からのキャッシュバックポイントを受け取るための、auWALLETカードも届いています。

image.jpeg

契約翌々月の20日にポイントが入金となるということで、契約翌月末までに、送られてきたauWALLETカードを有効化しておかないといけないらしく、慌てて有効化手続きを行いました。

これで、1回線あたり15000円のポイントがもらえるので、今回のドコモの請求書分も、ほとんどが賄える計算にはなりますが、実際には支払いは現金、受け取りはポイントということで、賄えたという気はしないです。

問題のauWALLETいついては、電子マネーということですが、良くは知りません。

そこで、使用可能な店舗の一覧を見てみましたが、思ったほど無いなぁという印象です。

でも、マスターカードのマークがついていて、基本的にはマスターカードが使えるお店では使えるということのようですが、例外もあるとのことで、どこまで使えるかは未知数です。

とはいえ、アマゾンで使えることがわかったので、それならそう悩まずに使えそうです。
posted by かわいいHERO at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年02月02日

「Xperia Z4 Tablet」が販売終了だって?

こちらのブログが発信源となって、ソニーの「Xperia Tablet」シリーズが終売となる事がわかりました。

「Xperia Tablet」といえば、私自身も「Xperia Z4 Tablet」を使用して、「iPad Air」からの移行に大満足しているわけですが、「Xperia Z4 Tablet」の登場で、「Xperia Tablet」の完成形を感じていたので、何とも残念でなりません。

DSC02552.JPG

もっとも、今回終売が確実なのは、WiFiモデルということなので、携帯キャリアから販売されている、SIM付きモデルは各キャリアの判断によるとのことなので、直ぐに終売となるかどうかはわかりません。

タブレットの場合、スマートフォンとは別に持つということが前提ではあるので、スマートフォンのテザリング機能を使うことで、WiFi版でも十分実用的なので、やはり終売は残念でなりません。

私の場合、画面の小さなスマートフォンを風呂場に持ち込むことはありませんが、動画の視聴に長けた10インチクラスのタブレットは、お風呂のお供に最適だと感じています。

お風呂テレビという専用品の選択肢もありますが、「slingbox」にDLNAやシンプルな動画再生等、自由の利くタブレットは、いろいろな使い方ができて、可能性は無限です。

タブレットが出始めた頃に、ドコモが0円で配っていた富士通の初期型アローズタブレットでさえ、お風呂のお供としてはそこそこ役に立ってはくれましたが、現在の「Xperia Z4 Tablet」は、その性能から段違いの便利さです。

軽いが故に、専用のキーボードを付けっ放しで持ち運びでも苦にならず、お風呂の時は、タブレット部分だけを取り外して、「あさが来た」を楽しむ毎日です。

DSC02551.JPG

Androidではなく、WindowsPCからの作業が必要な場合でも、リモートデスクトップでノートパソコンのように作業ができて、重宝しています。

最近は、アマゾンのプレゼントポイントで購入した、スマホ版のRPGゲーム「ファイナルファンタジー」も、クラウド保存に対応していることで、タブレットのバッテリーが十分にあるときは、操作の楽なタブレットで楽しみ、タブレットのバッテリーが少なくなったり、ベッドに入るときには、スマートフォンに切り替えて、続きを楽しむ等、スマートフォンともシームレスに使用できることで、とても存在価値が高い状態です。

ソニーがスマートフォンに注力するというのは理解できますが、その辺りのシームレスな部分も考慮して、せめてZ4 Tabletだけでも、販売を継続して欲しいところです。

個人的には、「Xperia Z4 Tablet」は、数あるAndroidタブレットの中で頂点の製品だと思っています。
posted by かわいいHERO at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年02月01日

iPhoneの安売りは本当に終了するのかな?

ドコモのiPhone実質0円終了の宣言をきっかけに、au、ソフトバンクも追従してスマートフォンの安売りが1月で終了という情報が出まわり、ツイッターでも「総務省の指導で」とか「12日で終了」等の文字が踊り、慌てて手続きをした人も多かったようですが、実際には、12日を過ぎても状況は変わらず、終わる終わる詐欺だなんて言われていました。

そして、とうとうその1月が終わり、私自身も家族の携帯回線を違約金を負担してもドコモからauへと移転したわけですが、宣言をしたドコモ以外のキャリアについては、実際のところ本当に終わるのか怪しいもんだと思っています。

ただ、現実に総務省が介入しているわけで、ドコモと明らかに違った動きをするということも難しいとも思うので、今後の状況には興味があります。

昨晩、用事で最寄りの平和堂に行った時に携帯ショップを覗いてみると、いつもなら誰も居ない時間帯に、未だたくさんの人がいて、賑やかでした。

そこで目についたのはドコモの看板です。

2016-01-31 19.44.29.jpg

ん〜、やっぱりドコモは本気なんでしょうね。

auは綺麗にディスプレイがなくなっていて、何もわかりませんでしたが、ソフトバンクもこんな感じでした。

2016-01-31 19.44.44.jpg

まぁ、一括0円がなくなってしばらくは大人しかったとしても、いずれ違う形で割引が出て実態はさほど変わらない状態になる可能性もあると思ってはいますが、今回はただの噂では無さそうです。

そして、夜が明けて2月に入り、ツイッターはどんな状態かなぁ?と見てみると…

cashback01.jpg

変わってない?

でも、よく見ると25日までって、今月じゃないよね…。

cashback02.jpg

よく見ると昨日も同じ内容つぶやいてるんだね。

何?これ。

cashback04.jpg

でもここだけじゃなくて、他にも同様のつぶやきがたくさん見られます。

cashback03.jpg

もちろん、auだけじゃなく、ソフトバンクもです。

キャンペーンが終わっちゃって、つぶやくことないから、「あっ、間違えました」ってつもりでつぶやいてるのか?それとも、自動でつぶやく何かを使っているのか…???

いずれにしても、期限の過ぎたキャンペーン情報をつぶやいているみたいなので、やっぱり終了なのでしょう。

と、思ったら、DOCOMOショップでこんなつぶやきもありました。

cashback05.jpg

あらあら、2月10日って2月に入っちゃってますよ。

やっぱり、駆け込み喚起の嘘情報だったのか?

まぁ6sではなく、旧型「iPhone6」だし、キャッシュバックとは書いていないので、この程度の条件は継続されるってことかもしれませんね。

真実は未だわかりませんが、既に乗り換えちゃった私にはもう関係のない話なので、あくまで興味本位だけで、しばらく様子を見ていこうと思います。

そんでもって、ニューフェイスの「iPhone6s」で今日も遊ぼうと思っていたのに、朝からスマートウォッチ3にこんな通知が…。

line_screen.png

頼むぜ長男。ふらふら
posted by かわいいHERO at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年01月31日

「OLYMPUS AIR」のセルフィー&「iPhone 6s」

「OLYMPUS AIR」のセルフィー(自撮り)企画について、ケチを付けておきながら、体験しないで言いっ放しというのも良くないので、実際に体験することにしました。

ですが、「OLYMPUS AIR」のセルフィーアプリは、iOSにしか対応していないので、メインスマホの「Xperia Z3」では使えません。

それならば、良い機会なので、SIMなしの新品「iPhone 6s」を下ろすことにしました。

娘用に新たに手帳型のカバーを買って、娘が使っていた透明ケースを私が使用します。

2016_0131_16361000_resize_20160131_172455

右が「iPhone 6s」ですが、画面が4.7インチなので、左の「Xperia Z3」の5.2インチよりもやや小さいですね。

2016_0131_16363700_resize_20160131_172455

やや大きさの違いはあっても、手に持った感じは、ほぼ同じと言っても良いかなと思います。

2016_0131_16365600_resize_20160131_172455
※画像転送時にエラー起こしたみたいで下部がおかしくなってますねぇ。

色は、16GBがシルバーと新色のローズゴールドしか在庫がなかったので、各2台として、次男坊、三男坊の男の子二人がシルバーを選択したので、ローズゴールドが残りました。

でも、綺麗な色ですね。

16GBと容量が小さいので、以前の「iPhone 5s」からの復元だとストレージが足りなくなって、写真を全削除にアプリも不要なものをアンインストールしたら、5GB近く空きました。

メイン端末ではないし、これなら、十分使えるでしょう。

「iPhone 6s」の使用準備が整ったら、早速OLYMPUSの「AIR 01」用アプリをインストールします。

2016-01-31 16.36.06.jpg

やたらとたくさんアプリがあるので、戸惑ってしまいます。

接続設定を終えたら、そのアプリの中から、今回リリースされたセルフィー用アプリ「AIR SELFIE」を起ち上げます。

スマホの画面上で、明るさや効果などが直感的に簡単に選択できるインターフェイスはなかなか優れものだと感じます。

ちょっとだけポップ?なフィルターでセルフィーしてみました。

2016-01-31 17.11.40.jpg

モデルがスーツのおっさんなんでアレですが、思ったよりも良い感じで撮れてはいますが、例のフリッカー現象(電子シャッターでインバーターでない蛍光灯下で起こるしましま模様)が出ちゃってますね。

前の記事ではいろいろと言いましたが、セルフィー用パーツさえ持っていれば、フリーカー現象のない場所なら綺麗には撮れそうなので、これはこれで有りなのかも知れません。

この写真はパーツ無しで撮ってますから、多少落下のリスクは有りますが、パーツ無しでも同じように撮れそうではあります。

2016_0131_17145900_resize_20160131_172456

この状態で、片手で持ってなおかつシャッターボタンを押すことになるので、手の小さな私でも一応はできましたが、女性には厳しいケースもあるかもしれません。

2016_0131_17172400_resize_20160131_172456

ちなみに、ソニーのRX100M3でのセルフィーの場合はこんな感じです。

右下の3という数字はシャッターが切れるまでのカウントダウンです。

モニターをこんな風に上にあげることで、勝手にこの自撮りモードになるんですよ。

シャッターボタンを押して3秒後にセルフタイマーで撮影されるので、失敗がないんです。るんるん

SM_DSC02550.JPG

画像の方も綺麗なもんですから、普通はこれで十分ですね。あせあせ(飛び散る汗)

なので、やっぱり「OLYMPUS AIR」でのセルフィーは、マニアックと言わざるを得ないかな…。

でも、楽しいね。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年01月26日

「au VoLTE」の勘違いとLINEの移行作業ミス

雪の降らない大阪は、ここ数日の寒さによる澄んだ空気のおかげで、夜の月と星の美しさを感じます。

雪は降らなくとも寒さは健在ですから、いつもなら風呂へ入って出るのに15分間がぴったりの朝ドラ「朝がきた」ですが、昨晩は湯船に浸かっている時間で全て見終わってしまいました。

まぁ、それくらい寒くて温まらないってことが言いたいんですが…。

日曜日に、auのiPhone6sへの引っ越しという大仕事を終えて、やや放心状態が続いていますが、端末を換えたら換えたでやることがたくさんあります。

昨日の記事で、うちの奥さんのSIMフリーの「iPhone 6Plus」に「au VoLTE」SIMを刺して、すんなり認識した的なことを書きましたが、改めて確認してみると、どうも違っていたようです。

というのも、それで余ったSIMカード無しの「iPhone 6s」が、私が現在使用しているau版「Xperia Z3」のSIMで使えるかどうかで、運用方法も変わってくるので、その確認をするべく、「Xperia Z3」のSIMを「iPhone 6s」へ刺してみたのでした。

DSC02529.JPG

すると、結果はこの通り、丸が5つのau表示で、無事にLTEが使えるようです。

私の「Xperia Z3」は「au VoLTE」対応ではないので、この逆の場合には、使えないんじゃないかと考えて、娘の「iPhone 6s」のSIMカードを「Xperia Z3」に挿してみたところ…

DSC02530.JPG

これまた、ちゃんとLTEを掴んでいるようです。

あれっ?予想と違ったと思って、両者のSIMカードを並べてみると、なんと同じタイプのSIMカードでした。

DSC02531.JPG

そりゃあ使えるはずですよね。

ということは、以前に使っていた「iPhone 5s」にも使えるはずということで、一時的に三男坊のデータを復元していた私の「iPhone 5s」に挿してみたところ、当然ですが問題ありませんでした。

DSC02533.JPG

次に、確実に「au VoLTE」とわかっている、「Xperia Z4 Tablet」のSIMカードを取り出してみます。

DSC02534.JPG

こいつは、以前、「iPhone 5s」に挿してみて、認識しなかった「au VoLTE」で間違いありません。

DSC02535.JPG

おやっ?「iPhone 6s」でも電波をつかめませんねぇ。

どうやら、「au VoLTE」対応と意識していたせいで、SIMカード自体が変わったと思い込んでいたのですが、WEBで調べてみると、iPhoneには、このEと書かれた黒いナノSIMでないと使えないそうです。

なので、この黒いナノSIMも、「au VoLTE」には対応しているらしいですが、動作保証もしていないようなので、何だか怪しい気もします。

知らなかったのですが、そもそも「Xperia Z4 Tablet」のSIMカード自体は、同キャリア同士でのみ有効な通信らしく、他社端末との通話では、利用できないそうです。

クリアな音質と言いながら、他社との通話は例外となると、あまり意味が無いように思えますね。ふらふら

黒いナノSIMでないと使えないとなれば、「Xperia Z4 Tablet」のナノSIMも使えなくて当然です。

この特殊な環境がauの問題点であり、ドコモの場合は、「VoLTE」による互換性の問題はないようです。

auの場合、これがMVNOの格安SIMにも影響していて、「au VoLTE」端末の場合、契約半年後のSIMロック解除を終えた端末でないと使えないといいます。

SIMフリー端末であってもテザリングができないとか、auのSIMの特殊性は、厄介です。

複数の端末で交互にSIMを入替えて使用したいなんて時には困ります。

その流れで、「Xperia Z4 Tablet」のSIMロックが解除できるかどうかを調べてみましたが、2月末までは解除できないようですが、ネットでは無料みたいですから、3月になったら、取り敢えず実行してみようと思います。

そんなことをしながら、子供たちのiPhoneの移行(バックアップと復元)手続きを手伝っていたのですが、娘のLINEの移行で失敗してしまいました。

メールアドレスは登録していて、その認証までは進んだのですが、2段階認証のPINコードをうっかり忘れてしまい、一旦解除したところ、メールアドレス認証から、そんなユーザー居ないとハネられるようになってしまいお手上げです。

駄目もとで、LINEへヘルプのメールを送っていますが、返信は保証されておらず、未だ返信がないので、初期化せざるを得ないかもしれません。

こんな時、自分のなら、自分が納得するだけで良いものの、娘の分となると申し訳ない気がしてしまいます。

冷静に考えれば、たかだか中1のお遊びLINEが初期化されるくらい、大した問題じゃないとも言えるんですが…。

LINEさん、返事くれないかなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年01月25日

最後?のauへのお引っ越しは思いの外大仕事だった

先日の記事の我が家の携帯電話事情ですが、急展開してauへのお引っ越しを決めました。

既に、自分で支払いをしている大学生の長男については、今回の乗り換えは、自分で考えるように言っていたのですが、動きらしい動きも見られず、他の子達の分を請負う私の方が、我慢できなくなって、金曜日に情報収集に走ってしまいました。

久しぶりにauショップや家電量販店を回りましたが、結果、なんとなく様子が掴めた気がしていました。

型落ちのiPhone6については、一括0円にキャッシュバックが当たり前という状態で、家電量販店でも2台で10万ポイントバックなんてのもありました。

でも、私がiPhone6をチョイスしないのは、

@シムロックが外せない

A端末割引である毎月割の額が低い

この2点です。

@は販売時期の関係で、総務省の指導のタイミングより前だったことで、キャリアがSIMロック解除をしなくて良いということになっています。

ドコモの6なら、各社の格安SIMが使えるのですが、auの場合は、元々数社のみであり、私も所有していますが、その前のモデル5sに至っては、格安SIMで使えないという事態となっています。

ですが、6sの場合は購入から半年経てば、SIMロック解除が可能です。

日本で発売されているiPhoneの場合は、SIMロックを解除すれば、全て同じ仕様の端末だそうで、アップルが販売するSIMフリー端末と同様ということになります。

これは、将来的に長く6sを使い続ける上で、とても重要な事だと思います。

また、Aについては、キャッシュバックの大きな6ですが、月々の金額を低く抑える毎月割の額が低いことで、2年間少し高めの費用を払うことになります。

例えば、毎月割が1,000円低くなれば、支払う金額は1,000円高くなるわけですから、その24ヶ月ということは、24,000円多く支払うことになります。

1,500円なら36,000円、2,000円なら48,000円です。

実際のところ、現在時点の6s16GBの毎月割の金額は3,060円で6の場合は1,320円で、その差額は1,740円となります。

その24回となると、41,760円となり、3万円キャッシュバックをもらったところで、割に合いません。

でも、「6の場合は端末価格自体が安いじゃないの」と言われればその通りです。

au公式の料金シミュレーターでも、6は、MNPau購入サポートなる名前で、端末代は月々720円×24回のたったの17,280円です。

これじゃぁ6sの勝ち目はないなぁと思っていましたが、一切、売る気の感じられないauショップで6sを見積もってもらいました。

DSC02525.JPG


んんっ?6sの端末代が定価じゃないんだ…。

値引きで半額以下なんですね。

とは言え、見積上の毎月の支払金額はこれ。

DSC02526.JPG

家族全員分だと、とても負担できません。

でも、この見積もり上の6s価格を分割支払金にすると、月に1,710円ですから、6よりも990円高いだけです。

つまり、その24回で差額としては、23,760円となります。

23,760円高くなるけど、毎月割で41,760円支払額は低くなるので、18,000円6sの方が安くなります。

その代わりに、多くの6の場合、キャッシュバックがあるわけですが、そう考えると、50,000円のキャッシュバックでさえ、実質32,000円ということになります。

ドコモならまだしも、auの場合は、SIMロック解除の差を考えると、この金額はあまり魅力的とは言えないように思います。

もちろん、一括0円ということで、6には更に割引があるということですから、もっと差は開くのかもしれません。

でも、6sにも更に割引があるようで、ツイッターでつぶやいていたあるauショップに条件を聞いてみると、手書きで書き出してくれました。

DSC02527.JPG

わざわざ手書きするところを見ると、きっと公式では残してはいけないことになっているのだろうと想像しますが、2台で最大14万円弱の還元とのこと。

6sの16GBの分割価格が84,240円ですから、一括0円は無理ですが、それに近いところまで行きそうです。

と、その上に2台で最大15万超えというのも有りましたが、聞くと、結局は高価な有料サイトへの登録が条件だったり、その他の店でもキッズケータイの抱き合わせだったりで、安くても出費も多く、さほどメリットはありません。

なので、iPhoneの実質0円をやめて値上げを表明しているドコモと違って、auはきっと来月も同じような感じか、もしかしたらそれ以上に良いんじゃないのかな?と思うところが出て来ました。

そう思いながら、量販店も回ってみますが、途中見たソフトバンクショップの表示…凄いですねぇ。

DSC_0234.jpg

4台で69万円ってどうなってるのか気になりますが、ソフトバンク商法なので、内容を知るとやっぱりという部分がありそうな気がします。

何より、ブロードバンド回線をソフトバンク光にすることは考えていないので、そのままスルーです。

コジマビックカメラの店頭では、特に惹かれる表示もなく、久しぶりのヤマダ電機で、6sの一括0円表示を目にするも、アンドロイドやiPhone6との抱き合わせでした。

2016-01-22 15.39.39.jpg

XperiaZ4やGalaxyS6なんかのハイエンドアンドロイドも悪くはないのですが、キャッシュバックは多めでも、毎月割が低いので、6同様に月々の費用は落とせません。

なのでスルー。

時々お世話になる平和堂も、カケホーダイプランらしい毎月の支払額が表示されている程度で、内容を聞くこともありませんでした。

2016-01-22 17.05.01.jpg

そんな中、唯一ジョーシンだけが、6s2台以上で一括0円表示でした。

2016-01-23 15.20.45.jpg

学割適用で、月額1,898円〜は魅力ですが、どうせとんでもない条件が付いているんだろうなぁと思って、その日はそのままスルーしました。

各店舗を回った結果、これと言った条件はないように思えて、やはり、来月でも良いかなという印象を持ちました。

但し、理想のiPhone6sの一括0円で月額1,898円〜表示のジョーシンだけは気になります。

加えて、自宅ブロードバンドのeo光が15,000円引きのクーポンを発行していることを知り、eoに直接問い合わせたところ、送ってくれるということでしたが、既に新しいクーポンを発送済みとの回答で、その言葉通り、帰宅すると自宅に3枚のクーポン付きの冊子広告が届いていました。

10月にも今月末期限のクーポンを送っていると言うので探しましたが、無くて、見た記憶もありません。

ですが、3枚でもあるとないでは大違い、俄然フットワークが軽くなりました。

で、翌日土曜日には、再度ジョーシンで条件の確認。

重要なポイントは“端末の下取り”のようですが、なんとかなりそうです。

また、今後の動向も聞いてみたところ、「ドコモさんの件があるので、来月には間違いなく上がるでしょうね。」と言われ、ここで、月内の行動を決心しました。

そこからは、翌日曜日の実行に向けた準備ですが、こんな時、端末マニアであることが役に立ちました。

下取り用のアンドロイド端末は、ちゃんと動作をして、スクリーンの割れなどが無ければ、どんなものでも良いようで、会社契約のスマホを使う私を除いた家族5人分のうち、4台分は用意ができました。

これが1台あたり21,600円に化けるのですから、ヤフオクに出さなくて良かった〜。

auへの転出ということで、auの端末ではダメなので、あと1台分が用意できない為、そこは、翌日スマホがなくても大丈夫だという三男坊が現在使用しているiPhone5cを差し出すことにしました。

但し、5cは下取り額がアンドロイドのゴミ端末より5,560円も安い16,040円になるので、その5,560円は負担することとなりますが、今回の乗り換えをやめる理由にもなりません。

また、当初は私一人で契約できると思っていたものの、よく調べると、auの場合、委任状があってもMNPを含む新規の契約は、本人でないとできないらしい。

ところが、自分名義で契約の長男は朝から夕方までバイトで動けないという。

おまけに、無条件に一人が同時に契約できるのは2回線まで(使用者登録をすればもう1回線は可能)らしく、私一人では今回の5回線の契約は不可能だとわかりました。

そこで、元々ドコモも私と奥さんの名義で分かれていたので、今回も奥さんに手伝ってもらって、夫婦2回線ずつとし、長男の手続きについては、長男は障害者手帳を持っており、その場合は委任状による代理人契約が可能とのことで、初めてスマイルハート割引を利用することになりました。

あとは、eo光のクーポンがあと2枚あればなぁと思って、当たれる知人に聞いてはみましたが、残念ながら、持っている方はいませんでした。

もう少し、時間があれば、ヤフオクででも用意はできますが、高くで出品されているのを見るとバカバカしく思えてきて、そんなものを買うというのも納得行かないので、そこは諦めました。

さぁ、これであとは実行あるのみといきたいところですが、長男が使っていた下取用の端末ロックの暗証番号がわからないという問題が発生。

端末ロックの解除は下取りの必須条件なので、翌日ドコモショップでMNPの予約番号をもらうついでに、端末を初期化してもらうことにします。

また、現在使用中の端末を差し出す三男坊の為に、バックアップを取ったり、代わりに臨時端末を用意したりで、ほとんど寝れずに日曜日を迎えました。

早朝からバイトに行く長男と最後の段取りを済ませて、奥さん名義の分のMNP予約番号は電話で取ってもらおうと思っていましたが、いくら待ってもドコモに電話が繋がりません。

私は私で、昼前にドコモショップへ行ったら、120分待ちの表示で更にそれ以上掛かるとのことで、番号だけ引いて、一旦退散。

その間に、ネットでMNP予約をしている長男のMNP予約番号の確認に入ります。

バイトで長男が動けないので、MNP予約番号が送られる事になっているGmailを開こうとしたところ、パスワードが変更されているという表示が出て、先へ進めずで、結局長男から、変更したパスワードを教えてもらったのは、再度ドコモショップへ行った時でした。

2時間後を目処に行ったドコモショップですが、まだまだ前に人がいます。

なので、その待ち時間で、開いた長男のGmailからMNP予約番号を確認しようとすると、まさかのリンクになっていて、マイドコモのサイトへ飛ばされログインを求められます。

朝、自宅ではログインできたので、同じようにログインしようとすると、ハネられてしまいました。

あと2回ほどトライするも、全てダメで、ロックが掛かっても困るので、一旦諦めてドコモ店員に聞いてみると、私が使っているXperiaZ3がau版だとわかり、ドコモの端末は何処ですか?と聞かれ、手元にないというと、冷たくあしらわれてしまいました。

その言葉で、ドコモ回線じゃないからダメなのかと思い、よく考えると、自宅ではWiFiになっていたからできたのかも知れないという仮説を立てました。

そこで、結局3時間半ほど待たされたドコモショップを後にして、ジョーシンで待ち合わせしていた奥さんのiPhone6Plusから試してみると、無事にログインができて、MNP予約番号が確認できました。

奥さんも、結局ドコモへの電話は繋がらず、自宅近くのドコモショップで1時間以上待って、MNP予約番号をもらえたそうです。

日曜日ということもあり、値上げを表明したドコモのショップは飛んだお祭り状態になっているようです。

反面、ジョーシンのau売場は静かなもので、待つこともなく、手続きに入れました。

それでも、5台同時でスマイルハート割引や学割等の複雑な契約もあるので、契約に2時間以上掛かったと思います。

そこから、一旦ジョーシンを後にして、2時間後に再度行って待っていましたが、iPhoneを受け取れたのは、閉店時間で、ここでも1時間以上待つ事態となってしまいました。

もうヘロヘロですが、担当してくれたauの方が、私がこれまで携帯電話を担当してもらった方の中では、最高に思える方で、常に自主的にこちらに有利になるような方法を考えていただき、3枚しか無かったeo光のクーポンも、電話で足らずの2回線分の即時発行を交渉していただき、無事に5回線ともに15,000のクーポン対象となりました。

2016_0124_23051300.jpg

MNP転出による解約金・手数料に新規事務手数料の費用関係が約15,000円となりますから、このクーポンのおかげで、負担を覚悟していた費用が実質ほぼ無料となりました。黒ハート

2016_0124_23073200.jpg

下取りの1台がiPhone5cだったことで、最終的には7,300円ほどを現金で支払いましたが、ジョーシンの携帯祭りということでもらえる、5台分で10,000ポイントのジョーシンポイントを充当した上で、長男のiPhone6sだけは価格が12,840円高い64GBとの差額を含んでのことなので、実質は持ち出しなしと言えます。

2016_0124_23090500.jpg

改めて、この結果を整理してみると、大成功だったんじゃないかと思います。

但し、携帯を変更すると、アクセサリーでの出費がかさみます。

2016_0124_23102500.jpg

安いものでも数が多いので…。

ちなみに、うちの奥さんは現在の6Plusのまま、SIMカードのみ今回の6sのものと差し替えました。

アップルストアで購入のSIMフリー版なので、差し替えた瞬間から、auのVoLTEのSIMカードも問題なく使用できます。

ということは、iPhone6sの5台の内、1台は回線利用だけなので、6sの本体は1台余ってきます。

2016_0125_10004500.jpg

さて、こいつは私がサブ機として使おうかな?るんるん

現在メインのXperiaZ3のSIMがそのまま使えるなら、しばらく差し替えて使ってみようかなとも思いますが、いずれにしても、半年後にSIMロックが解除できることを考えると、そのままキープしておくのが良いかなと思っています。

最後に、今回の乗り換えによるiPhone6sの端末代を含む2年間の毎月支払額の内訳は以下のとおりです。


LTEプラン   1,008円
LTE NET     324円
LTEフラット  6,156円 (7GB)
------------------------------
小計      7,488円
からの
U-25学割  ▲ 1,008円
スマートバリュー  ▲ 1,522円
毎月割   ▲ 3,060円
------------------------------
月額費用    1,898円


電話利用が少ないので、カケホプランではありませんが、長男を除く私の負担する家族の4台分が7,592円〜というのは助かります。

トラブル続きで大変でしたが、結果、最後のキャリアMNP?にふさわしい結果となりました。
posted by かわいいHERO at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2016年01月22日

格安SIMか?最後のキャリアMNPか?

一括0円祭りの恩恵で、うちの奥さん子供たちのドコモiPhoneが格安に維持できていましたが、とうとう子供たちのiPhone5cが2年を経過してしまいました。

昨年の早い時期からMNPを意識していましたが、総務省の動きに、もう好条件期待できないだろうと感じていて、iPhoneの新型の出た秋くらいには、もう格安SIMに行くしか無いと考えていました。

なので、解約時期だけを考えて、ドコモの場合は2年後の契約月の翌月(1日契約の場合のみ当月)が、解約金の掛からない月となるため、2年前の1月半ばの契約である我が家の男の子たちの無料解約可能月が来月2月となります。

実際のところ、現在使用しているiPhone5cでも全く問題ないように思えるので、ドコモ系格安SIMに移行するのが一番手っ取り早いかなと感じていました。

我が家の場合、ブロードバンドが関電系列のケイ・オプティコムのeo光であることから、格安SIMも同じくケイ・オプティコムが全国展開するmineoが良いんじゃないかと考えています。

元々au系のmineoでしたが、ドコモ系もカバーすることとなり、将来にわたって使い続けるには柔軟性があって良いと考えます。

しかしながら、昨年には半年無料とかのキャンペーンをやっていたのですが、少し前に調べた時点では、一切キャンペーンらしきものがありませんでした。

せっかく、ブロードバンドでeo光を利用しているのに、何もないのは寂しいなぁと考えていたところ、それを知っているかのように、新たなキャンペーンが始まりました。

mineo_cam01.jpg

音声付きタイプだと、データ3GBの場合、家族割50円適用で1550円/月(ドコモプランの場合)となりりますが、半年間は800円引きですから750円/月となります。

おまけに1年間は+2GBいただけるそうなので、より小さなプランでも良いのかもしれません。

我が家の場合、自宅で使用することが多いようで、WiFi併用だと、現在の7GBなんて使い切れていないようですし、mineoは余ったデータ分を翌月家族でシェアするということも可能なようですから、3GB/人もあれば充分だと感じています。

となれば、無条件にmineoへ…と行きたいところですが、長年MNPの乗り換えの恩恵を受けてきたことで、乗り換えのタイミングは面倒臭いと感じはするものの、格安SIMよりもお得な方法があるかもしれないという期待も持ってしまうのです。

ドコモがiPhoneの実質0円をやめて1万円程度値上げするとの報道がなされ、いよいよお得なキャリアの乗り換えも終了かと言われていますが、逆に言うと、今が最後のチャンスとも言えます。

格安SIMでIPhone5cを使い続けさせるということは可能ですが、やはり旧機種ではあるので、安く新型が利用できるのであれば、子供たちもその方がうれしいに決まっています。

それに、アップルでの端末価格の高いiPhoneの場合、格安SIMで最新型の運用は困難であり、必然的にアンドロイド端末になるでしょう。

まぁ、私自身はアンドロイドの方が合ってるんですが、今は未だiPhoneのシェアが大きいので、スマホに明るくない方は、周りに多いiPhoneの方が良かったりしますので。

こんな記事を目にすると、尚更ですね。



iPhone6s・iPhone6乗り換え ソフトバンクでは30万円キャッシュバックも!乗り換え検討中の方は初売りがお得。



まぁ、初売りはもう終わっちゃってますが、結構好条件出てるんですねぇ。

そこで、ツイッターで現状を調査したところ、今月25日まででは、なかなか良さ気な条件も見受けられます。

我が家はドコモからですから、auかソフトバンクということになりますが、ブロードバンドがeo光ということで、auのスマートバリューが有利です。

毎月の1500円近い割引は大きいですが、携帯のためにブロードバンドを変えるという考えはありません。

旧型となるiPhone6の場合は、一括0円+キャッシュバックと相変わらず良い感じの条件が散見されますが、実使用で考えた場合は、端末割引である毎月割が小さくなっているので、毎月の金額を減らすのは難しそうです。

また、6sからはSIMロックの解除が可能ですが、6は販売時期の関係で、対象となりません。

それに、6sは毎月割が大きいので、月額費用を低下させるのには有利ですし、将来的なことを考えても、6sが手に入れば幸せになれそうです。

とは言うものの、6sの一括0円はなかなかありません。

でも、旧型の在庫がなくなってきたからか、分割では端末代に近いキャッシュバックを見掛けるようにはなってきました。

これまで、一括しか見ていませんでしたが、分割でも、キャッシュバック分を口座入金して、分割分の一括支払いに当てるなんて方法も有りかななんて思い始めました。

キャッシュバック命の携帯乞食さんと違い、あくまで実利用での毎月の負担の軽減が目的ですから、毎月の金額が2,000円程度に収まって、新しい端末が使えるとなれば、こんなに良いことはありません。

実際に、そこまでの好条件は難しいかもしれませんが、今後、有利な施策が無くなると考えれば、わずか数日でも解約金9500円を支払ってMNPするのも有りかもしれません。

こんな記事を見ると、ついそう思っちゃいます。


携帯料金を安くできるのはこれが最後!?スマホの値段が今なら安い


でも、少しmineoのキャンペーンも気になっていますから、万が一良い条件を見つけられなくても、「mineoがあるさ!」と思えるのは救いです。

実は一番がっかりするのは、今月慌てて解約金支払ってMNPしたものの、来月に普通に好条件が残っていた場合かも知れません…。あせあせ(飛び散る汗)

しかし、ソフトバンクの狂ったような大盤振る舞いはすごいなぁ。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年11月25日

遅れて来たLollipop(Android5.0)

メイン使用のau版XperiaZ3(SOL26)にアップデートが来ていたので、Lollipop(Android5.0)がとうとう来たかと思ったのですが、インストールを完了しても、バージョンは4.4のままで、肩透かしでした。

DSC02160.JPG

でもその後、WEBでこの記事を見つけました。


遅すぎる、Xperia Z3 SOL26へAndroid 5.0 Lollipop配信中


やっぱり、Lollipopが来てるんだっということで、改めてZ3の画面を見てみると、今度は間違いなくLollipopへのアップデートが来ていました。

DSC02161.JPG

確実な情報を得て、今度は期待が持てます。

DSC02162.JPG

ダウロードを終え、

DSC02164.JPG

インストールをこなし、

DSC02165.JPG

似たような作業を繰り返して、淡々とアップデートすると、

img20151124_234156.png

ようやく、Androidのバージョンが5.02へと変わりました。

img20151125_021648.png

せっかく、Lollipop(Android5.0)になったので、これまでの4.4では、未対応でインストール出来なかった、OpcWearをインストールしてみました。

Screenshot_2015-11-25-01-41-32.png

もっとも、このアプリはオリンパスのレンズスタイルカメラである、オリンパスAIRをコントロールするアプリなので、そのカメラを持たない私には、無用の長物なのですが、俄然、オリンパスAIRが欲しくなって来ました。

その存在は、理想と違うということがわかっているのに、我ながら困ったものです。
posted by かわいいHERO at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年10月09日

iPhone6s Plusのてんやわんや

ORG_DSC01821.jpg
RX100M3

昨日は、予約していた上司のiPhone6s Plusをトヨタのディーラーさんから受け取る予定になっていました。

これまでも機種変更の際には、トヨタの担当者が持って来てくれていたのですが、今回は、木曜日ということだけは約束していたものの、一向に連絡がありません。

事務員さんが急に風邪でお休みとなり、急ぎの業務が入ったりで、何時連絡が入るのかと思いながら待っていたのですが、夕方になっても連絡がないので、担当者に連絡してみると、印鑑を貰わないといけないのと、携帯電話担当の女性から説明を受けてもらいたいのだけれど、その女性は店舗からは出られないとか云々。

要は、お店へ行ってもらわないといけないということらしい。

お店へ出向くことは何ら問題ないのだけれど、それならそうと事前に連絡しろよっ!と、少々呆れモードです。

改めて、携帯担当の女性に連絡してみると、その女性担当者も、いつ来るのかと待っていたと言います。

車の営業担当としては、携帯電話は面倒くさいだけなのかな?

それなら、わざわざトヨタで頼んだりしないんだけど…。

結局、印鑑も必要なく、私のサインだけで良いということで、早速出向いてもらってきました。

その足で上司の元に持って行きますが、その時点で回線が切り替わるとまずいので、上司に手渡して、設定をしてから、改めて回線の移行という形にしてもらいました。

端末の移行は、自分でもやって来ているので、そんなに気に留めておらず、少し前に、今回からアップルが、アンドロイド端末からのデータ移行に、正式に対応したというニュースを見ていたので、それで簡単にできるものだと思っていました。

2015-10-09 11.16.11.jpg
XperiaZ3

ところが、トヨタから事前にもらっていたauの「事前準備のお願い」という書類には、そんなことは載っていません。

2015-10-09 11.17.23.jpg
XperiaZ3

ネットで調べても、auクラウドという、auのアプリによるサービスを利用するという方法しか見当たらなかったので、仕方なく、その方法で移行しましたが、iPhone6s Plusの初期設定の過程で、アンドロイドからの移行というような項目があったので、やっぱりあるんだとわかりました。

後で、改めて調べてみると、下の記事によると、どうやらこういうことのようです。


アンドロイドからiPhone 6sへのデータ移行術 LINEや音楽データをうまく引き継ぐには?


アップルが、アンドロイドアプリで、データ移行用のものを作っており、事前にそれを旧端末であるアンドロイドのスマートフォンにインストールしておき、新しいiPhoneの設定時に、そのデータを吸い上げるというもののようです。

実際にやっていないないので、詳しいことはわかりませんが、どうもアンドロイドのバージョンが4以上ということで、古い端末では使えないようです。

auもその辺りがあって案内していないのかも?なんて思いました。

自分の端末なら、各IDやパスワード関係の情報も問題有りませんが、他人の端末となるとそうもいきません。

iPhoneの設定に必要な、AppleIDも、以前、iPod Totchをプレゼントしたことがあり、そのIDがあるはずなのですが、IDもパスワードもわからないということで、何度かチャレンジはしたものの、諦めて新しいIDを取り直しました。

LINEもメールアドレスの登録済だったので、問題ないと思っていましたが、パスワードがわからない。

なので、パスワードをリセットしようと思えば、先にMMSの設定が必要。

そんなことをしている間に就業時間を過ぎてしまい、気持ちは焦る一方でしたが、何とか、必要なサービスは使える状態となって、無事に引き渡すことができました。

但し、作業中に気になる症状が2度ほどありました。

それは、画面のフリーズです。

アプリの作業を途中で中断したところ、全くタッチを受け付けなくなりフリーズしました。

どうしようもなくて、ホームボタンの2度押しから、該当アプリを一旦終了し、再度起動すると復活しましたが、過去、私がiPhoneを使っていて、こういう経験は覚えがありません。

不馴れなせいもあり、無駄に3Dタッチにイライラさせられたりと、ライトユーザーである上司に良かれと思って勧めたiPhoneなのに、大丈夫なのか?と心配になります。

完成形と言われるiPhone6s&6sPlusですが、本当に完成形なのかは、まだわかりませんね。
posted by かわいいHERO at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年10月06日

もうメリットのない一括0円

先日、スマートフォンについてあれこれ書いたものの、実際の処、私自身が最近の状況が把握できていませんので、1月で2年が経過する、子供たちのスマホの件もあるので、ちょっと調べてみました。

我が家は現在ドコモなので、MNPで乗り換えるとなるとauということになります。

そこで、量販店のauの携帯売り場をウロウロしていると、案の定店員さんが話し掛けて来ました。

ソフトバンクもありますが、ブロードバンドがeo光で乗り換えるつもりがないので、auのスマートバリュー目当てとなります。

auの場合、実際に良い条件があればすぐにでも乗り換え可能なので、気兼ねなく質問してみました。

先ずは、新型のiPhone6sの一括0円はあり得ないので、それが可能な旧型であるiPhone6について聞いてみると、もう在庫が殆ど無いらしく、そのお店では置いていませんでした。

年末辺りに、また出てくる可能性はないとも言えないが、出てこないかもしれないという話です。

それでは、と思い、先月他店で一括0円をやっていたXperiaZ4について聞いてみると、一括0円はあるけど、毎月割がつかないから高く付きますよと言われました。

ちょっと、ピンとこなかったのですが、どうやら、今年になって、各キャリアとも、機種を限定して正式に一括0円をやっているようなのです。

auの場合は「MNP購入サポート特約」という名前みたいですが、ドコモでは「端末購入サポート」、ソフトバンクでは「一括購入割引」という名前らしい。

でも、その一括0円が曲者で、12ヶ月とか14ヶ月とかの間に解約すると、高額な違約金が発生するようです。

代理店がインセンティブで行うというものではなく、キャリアがプランとして出している施策というところでしょうか。

まぁ、私の場合は端末を利益目的で転売するものではないので、実際に回線を安くで使用できることこそが目的なので、短期解約による違約金は関係ありません。

でも、一括0円自体は良いのですが、auとソフトバンクでは、回線代を下げるために必要な端末割引(毎月割とか月々割と呼ばれる割引です)の対象外となるらしく、これまでのように毎月の通信費を抑えることができなくなったのです。

そうなると、端末代が一括0円であっても、これまでのようなお得感はありません。

まぁ、これでも端末はタダなので、お得と言えるのかもしれませんが、分割でも毎月割で割り引かれれば、実質タダなので、これも一括0円と言うよりは、実質0円と言ったほうが良いのかもしれません。

そうなると、auの場合、毎月の通信料が、ブロードバンド割引である、auスマートバリューを適用しても、5千円超えとなり、現在の倍以上にハネ上がります。

また、最近の割引には、下取りも重要視されていて、それもこれまでよりも条件が悪いと感じてしまいます。

スーパー機種変更キャンペーン   iPhone 6s   iPhone 6s Plus   iPhone   au.png

私が以前使用していたauのiPhone5sの場合には、機種変更時の下取りなら、3万円ちょっとで、これはヤフオクの落札相場の2万円ちょっとに比べてメリットがあると言えなくもないのですが、現在使用しているXperiaZ3となると、全く話が変わってきます。

下取りプログラム   スマートフォン・携帯電話   au.png

ヤフオクの落札相場で3万5千円ほどのXperiaZ3が、下取りではたった3000円です。

さすがに、これはどうよって感じですよね。

また、他社からのMNP(乗り換え)の場合の下取りなら、iPhone5sは落札相場程度となります。

下取りプログラム(乗りかえ)   下取りプログラム   au.png


一方のXperiaZ3も1万円は超えるものの、実勢相場の1/3です。

下取りプログラム(乗りかえ)   下取りandroid   au.png

乗り換えによるAndorid端末の場合、もう機種は関係ないということのようですから、XperiaZ3を下取りにするなんてことは馬鹿げています。

なんとも、渋い上にややこしくなったものですが、こうなると、もう我家の場合は、格安SIMへ移行するより無さそうです。

幸い、我が家のブロードバンドのeo光のケイ・オプティコムが展開する格安SIMサービスの「mineo(マイネオ)」が、今月一杯キャンペーンをやっています。

なんと、半年間、1回線につき通信料が800円引きだそうです。

さらに、eo光契約者はもう1ヶ月800円引きなので、5,600円もお得です。

ドコモ回線プランスタート記念キャンペーン   mineo(マイネオ).png

思わず飛びつきそうになったのですが、よくよく考えてみると、現在のドコモが2年の解約月手前なので、約1万円の解約金が発生します。

それならば、もう少し使って、1万円の解約金を払わない方がお得だということに冷静に気がついて良かったです。

前回好き勝手言った最近のスマートフォン業界ですが、そんなに簡単じゃ無さそうです。

一国の首相が、そこに口を出すのもどうかとは思いますが、安くなってくれれば助かります。

このままなら、もう情報収集やプランを考えること自体が面倒なので、格安SIM回線を使いながら、SIMフリー機を買う方が、精神衛生上は良さそうです。

安くて良い端末も増えてきそうですし。



HTCが日本のSIMフリー市場に再上陸、「キャリアスマホの隙間を埋める」



個人的に好きなHTCには期待していますし、Android純正とも言えるNexusも最新のOSが利用できるのが魅力です。



Android 6.0 MarshmallowのNexus端末のアップデート開始



もっとも、今回の6.0のアップデートでは、長男に譲ったNexus7の2012は外れちゃったようですね。

2013の方も三男坊に譲ったので、私自身はあまり関係ないのですが…。
posted by かわいいHERO at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年10月02日

スマートフォンのあれこれ言いたい放題

iphone6s_pink.jpg

恒例の新型iPhoneの発売から1週間が経過したものの、職場で取引のあるトヨタの担当者に依頼したPiPitでの上司用のiPhone6s Plusは、新色のローズゴールドのせいか、未だに何の音沙汰もありません。

職場近所の量販店の携帯売り場でも、各キャリアのiPhone6s&6sPlusは、種類によって即日渡しが可能なようですが、ローズゴールドだけは、どの容量も全滅です。

事前予約の7割だったかが、この新色のローズゴールドという記事も見掛けたので、ローズゴールドだけが極端に不足しているということなのでしょう。

アップルとしては、昨年の6の時よりも相当生産数を増やしているようなので、昨年よりは余裕で手に入る感じはあります。

世界的には発売3日で、昨年の6以上の販売の伸びを見せているようですが、日本国内では状況は少し違っていて、昨年よりも減っているそうです。

日本の場合は、キャリアの2年縛りの関係で、昨年6を購入した方は、もう1年様子見というケースが多いのでしょう。

3Dタッチで完成形のiPhoneと言われる一方で、重量増加や発熱による問題もあるようで、全てがうまくいっているわけでもないようです。

私自身のiPhoneに対する見方は、今なお、一貫していて、アップルのサービス下で利用するには、初心者から中級者まで扱い易いインターフェイスで、スマートフォンとしてはおすすめです。

iPhoneなら、新旧に関わらず、基本的に操作は全く同じですから、利用者が増えたこともあって、アプリの面でも、操作の習得の面でも、初心者には特にアドバンテージがあると感じます。

以前は、加えて価格的なメリットもあったので、キャリアのスマートフォンならiPhoneがベストだと感じていました。

ですが、スマートフォンの基本性能が上がったことで、初心者が苦戦することが多かったアンドロイドでも、基本操作は難しくなくなりました。

正直、ライトユーザーなら、iPhoneもアンドロイドも慣れの問題かなと思います。

私がアンドロイドを好むのは、私自身がスキルの中途半端なユーザーだからだと思います。

本当に、バリバリとスマートフォンを弄れる方なら、iPhoneだって、脱獄なりなんなりして、使いこなされるでしょうが、中途半端な知識のないミドルユーザーは、アップルに対抗することなどできませんから、ただのライトユーザーとなってしまいます。

PCでネットワークは組むけど、プログラミング等それ以上複雑なことはできないというようなミドルユーザーとしては、iPhoneの場合は、アップル社の管理下では、やや不自由を感じる時があります。

私の場合は、ファイル操作に関して、今なお、不自由を感じていて、アプリに依存するよりありません。

それを一番象徴するのが、NAS、つまりネットワーク対応のハードディスクや、ネットワーク上のパソコンのハードディスクだったりします。

iPhoneのアプリでも、ネットワーク上のファイルを再生できるものはありますが、あくまでアプリに依存します。

一方、アンドロイドの場合は、PCで言うところのファイルエクスプローラー的なアプリが存在し、ファイル自体の再生アプリも別に指定できるので、極めてPCライクに利用できます。

ファイルに直接アクセスできるので、何かと重宝するのです。

iPhoneやiPadの場合は、アップルがユーザーによるファイルへのアクセスに制限を掛けているので、そこに不便を感じてしまうのです。

かと言って、まだまだアンドロイドのダメダメな点もあります。

最も問題だと感じるのは、OSのバージョンアップが不十分なところです。

私の現在のメインスマホは、au版のXperiaZ3ですが、アンドロイドのバージョンは未だ4.4です。

本家のアンドロイドでは、5.0、いわゆるメジャーアップデートのロリポップから修正版の5.1となって、もうすぐ6.0(マシュマロ)が出ると言う話になっています。

Android-6.0-Marshmallow.png

ところが、XperiaZ3に関しては、5.0へのアップデートは約束されており、ドコモやソフトバンクは既に5.0へのバージョンアップファイルを公開していますが、au版には、未だロリポップが来ていません。

キャリアに関係なく一斉にバージョンアップが公開されるiOSでは、考えられないことです。

これが、ハードとOSを一体で展開するアップルの強みでもあります。

極端に古い端末がアップデートから排除されるのはどちらも同じですが、アンドロイドの場合は、端末ごとにキャリアによる調整が必要なので、キャリアとしてもいつまでもフォローしてられないという現実があります。

そこに費用を投下しても、買い替えが遅くなるだけなので、力が入るわけもありません。

その結果、販売中に大きなアップデートに対応するだけで、サポート打ち切りのような状態となります。

一方のアップルは、古い端末では性能的に使えない機能が出て来たとしても、基本的に同じOSのアップデートを配布しますから、端末の能力が現役である限りは、アップデートを受け続けることができます。

この点でのアップルのアドバンテージは大きいですね。

そういう点から言えば、アンドロイドもGoogleの純正端末とも言えるNexusシリーズなんかだと、そこのストレスはありませんので、あくまで、国内キャリアの端末についてということになりますが。

ただし、国内キャリアのアンドロイド端末は、防水や地デジ等、それはそれで欲しい人には魅力のある機能があったりするので、最後は総合的に判断するより仕方がありません。

言いたい放題ということで、取り留めのない内容となっていますが、個人的には、日本国内でアップルに代わる、日本メーカーによるムーブメントが起こり、それが世界に広がっていって欲しいと感じています。

スマートフォンの普及の障害となったガラパゴス機能も、基本性能が上がった現在では、付加機能として魅力のあるものもあるでしょう。

ガラケー復調の流れも無視できないですし。

直接は関係ありませんが、大人気アニメの「新世紀エヴァンゲリオン」の20週年特別企画として、エヴァンゲリオンスマートフォンの発売が決定しているそうです。

エヴァンゲリオンスマホ開発委員会.png

エヴァンゲリオンスマホ開発委員会

スマートフォンにエヴァンゲリオンを求める人は、そう多くはないでしょうが、以前のものとは違って、SIMフリー端末となっているようですし、キャリア主導ではない面白い企画だと思います。

日本人の感覚を信じて、メイドインジャパンのムーブメントを持ったグローバル展開可能な商品を…口で言うのは簡単ですね。

今朝、スッキリでやってましたが、またまた中国人観光客による爆買週間が始まったようですね。

中国で爆発的に売れるようになったiPhoneに代わるスマートフォンを、日本が作れない理由もないと思います。

正直、iPhoneの新色のローズゴールドっていうのも、iPhoneじゃなければ、決して一番人気になるような色でもないでしょう。

iPhone自体がムーブメントになっていることから、その新色ってことで売れているのだと思います。

そんなの無理だとか、簡単に言うなとか、適当なことを言っているのは承知していますのですが、無責任に言いたい放題させていただきました。



【追記】
※この記事を書いている間に、こんな記事がアップされていました。

iPhone 6sカメラレビュー。アップルがキングの時代は終わった

大きく筆者の主観が入っているようには思いますが、ここにコンデジ並みのXperiaが入っていないのは何故?
posted by かわいいHERO at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年09月25日

新iPhone発売日のヨドバシ梅田をぶらぶら

今日はiPhone 6s&6sPlusの発売日ですが、今回から、予約制となったことで、各店の行列お祭り状態は姿を消したようで、ネットでようやく、関連記事を見掛ける程度で、このままテレビでも大きく取り上げられることもないのかもしれません。

今朝のワイドショーは、軒並み川島なお美さんのニュースで、昨日が手術だった北斗晶さんのニュースさえも扱いが小さくなっています。

私自身も、現在は脱iOSのアンドロイダー状態ですから、iPhoneへ変更する予定もなく、唯一、職場の上司の新しい端末にはiPhone 6s Plusを薦めていて、トヨタで気長に予約待ちの状態です。

昨日も、その上司から店舗のPCがネットに繋がらなくなったというSOSを受けて、対応したところで、社内のIT担当と化しています。

職場のスマートフォンについては、業務使用という事で、あまり細かい料金は気にしなくてOKなんですが、家族用のプライベートのスマートフォンの場合はそうもいきません。


今回のiPhone6s&6Plusから、各キャリアの実質0円もなくなり、iPhoneのコストの高さだけが目につきます。

長男を除く、私以外の家族に持たせようものなら、現在8千円程で収まっているものが、毎月2万円を余裕で越える維持費となってくるでしょう。

流石にこれは受け入れ難いので、やはり我が家は、端末そのままでの格安SIMが有力となりそうです。

そんなことを考えながら、午後から用事があって、大阪駅前に出掛けたので、ヨドバシカメラ梅田に寄ってみました。

発売日らしく、地上も地下も、各キャリアがiPhoneの特別ブースで、販売に余念がありません。

折角なので、たまたま目の前のあった、ドコモの臨時ブースで6s Plusの3Dタッチを体験してみました。


2015-09-25 14.24.29.jpg

これは、慣れると便利でしょうね。るんるん

写真は、マップのアイコンを3Dタッチしたところですが、そのままドラッグすることでマップアプリの起動に加えて、これらのことが出来るわけです。

私の中でのイメージは、WindowsPCにおける、マウスの右クリックのような感覚かな。

ただし、タッチの強さに依存し、少々コツもいるので、片手での不安定な操作では、上手く使えない可能性が高いので、安定した使用環境か、もしくは両手が使える場合のみ有効かと思います。

アイコンからダイレクトに操作可能なので、良く使う機能が対応していれば、とても便利なのではないでしょうか。

反面、ホーム画面に意図せずタッチして、勝手に操作が行われるという可能性があるのかないのか、そこは使ってみないとわからないですね。

改めて、iPhoneのボディの質感の高さも感じましたが、結局カバーやケースを付けることになるので、裸の状態での掴み心地は、あまり関係がないんですよね。

となると、やはり3Dタッチだけでは、iPhoneであることの意味は思い付きませんでした。

因みに、auブースでは、キャンセル分があって、予約がなくても持ち帰り可能とアナウンスしてました。

予約品のお渡し場所も人の列はなくて、売り場自体は、いつもと変わらない感じで、今回はアップルが大量に6s&6sPlusを用意したことが伺えます。

ヨドバシの各キャリアの特設ブースに通常売場、さらにアップルの売場にもSIMフリーの6s&6Plusがありましたから、タッチ&トライに順番が出来るなんてこともなく、寂しいくらいでした。

ついでに、SIMフリー機売場も見ましたが、キャリア端末に力を入れているせいか、珍しい端末はありましたが、ちょっと残念な売場でした。

マウスコンピューターのWindows Phone 「MADOSMA」も見当たらなかったです。

その、「MADOSMA」ですが、コストコやパソコン工房の小さな店舗の方が、立派に陳列されていますね。

img_list05.png

ASUS の「ZenFone 2 Laser」の展示はありましたが、これらの普及型SIMフリースマホを買うなら、コストコやパソコン工房の方が良さげです。

タブレット   ZenFone 2 Laser  ZE500KL    ASUS 日本.png

スマホの後は、少しカメラ売場を見たのですが、ソニーのフルサイズミラーレス「αシリーズ」の40万円台の新型は、店員さんが中国語で中国人のお客さんの応対をしていました。

やはり、金持ち中国か…。

α7シリーズ ソニー.jpg

そんな「αシリーズ」の中で、脅威の高感度性能を持つ「αs」は、発売前の新型の姿こそありませんでしたが、旧型で暗闇の動物フィギュアを電子ファインダー越しに覗くという展示があって、覗いてみると、確かに真っ暗なのに、モニターにははっきりとフィギュアが映っています。

2015-09-25 15.14.09.jpg

肉眼で覗くと、白っぽいものがあるかな?くらいにしか見えないんですけど…。

2015-09-25 15.15.03.jpg

恐るべし、「αs」の高感度性能です。あせあせ(飛び散る汗)

想像以上でした。

「αs」の凄さを体験した後は、用事を済ませに伊勢丹へ行きましたが、地下に新しくできたルクアバルチカなる飲食街の最初のお店が、ほぼ満席。

2015-09-25 15.40.00.jpg

「ソース料理が楽しめるワインのお店」だそうですが、3時過ぎだというのに、ワインで幸せな方も多いのですねぇ〜。パンチ

もちろん、私は勤務時間中なので、飲めるわけもなく、横目に見ながら帰りました。

地元に戻って行ったジョーシン電機には、iPhoneが売場から全く無くなっていましたが、今月一杯、16GBの旧型6は、未だ一括0円みたいですし、auのXperiaZ4も一括0円でしたから、自分としては、6sよりもXperiaZ4の方が魅力かなぁ。ハートたち(複数ハート)

何れにしても、iPhoneの新型は高く付き過ぎですね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年09月12日

悩ましい、明日の天気とアップルと格安SIM

二輪車でのツーリング日になっている明日日曜日の天気予報の降水確率が40%から50%に上がっている…。

南部(神戸)の天気   Yahoo 天気・災害.png

ただ、内容を見ると、朝だけ降って午後は0%という、何とも悩ましい予報となっています。

基本的に雨に濡れるのは嫌なので、パスかなとも感じていますが、朝の状況にもよると思いつつ、いっそのこと辞めてキャンピングカーショーへ繰り出すかと思ったりしてますが、友人の判断次第という部分もあるので、メールの回答待ちです。

悩ましいと言えば、先日のアップルの新商品も悩ましいところです。

Androidに移行して、脱アップルを図っているとはいえ、私以外の家族は全員がiPhoneで、リビングにiPadも2台ある環境では、アップルを完全無視ともいきません。

興味が無いと言いつつ、アップルのイベントについては、夜な夜なギズモード・ジャパンのリアルタイム更新のサイトで、途中まで追っかけていました。

イベント及び、その後の各報道を見ている限り、今回もアップル人気は上昇の気配ですね。

ハード&ソフトを手中に収めていることによる強みが一層現れています。

個人的には、昨年出ると言われて、強烈に欲しいと感じていた大画面iPadである「iPad Pro」に注目していたのですが、結果的には、iPhone6s&6s Plusへ搭載された3Dタッチが気になっています。

bd0f711a.jpg

タッチによるプレビューが可能になるというのは、画面大きさや片手での操作を考えると、スマートフォンではかなり便利な機能と感じます。

非常にアップルらしい機能で、6&6 Plusから買い換えたくなる機能の予感がします。

ただし、価格面では負担が増しています。

これまで、各キャリアとも実質0円を通してきたiPhoneですが、6sでは16GBでも総額1万円ちょっとの持ち出しが発生しています。

まぁ、セールを除くと、Andoroid端末では持ち出しが普通でしたから、それが本来の姿なのかもしれません。

とはいえ、実際に毎月の料金の金額を弾くとなると違ってくるのは確かです。

我が家の場合、子供たちのドコモのiPhone5cが1月で2年なので、次期契約をどうするかという問題があります。

実は、この8月にはauがどこでもiPhone6の16GBの一括0円をやっていて、自宅のブロードバンドがeo光なので、スマートパスを利用すれば、月額2千円台で済むとあって、ちょっと惹かれたのですが、甥っ子の結婚式なんかで、月末バタバタしている間に9月に入ってしまいました。

すると、ピタっと一括0円が無くなっちゃって、現在に至ります。

条件が無くなったのは、iPhone6sの発表月になったからだと思われますが、それに合わせて、各キャリアからはDMが届いています。

DSC01599.jpg

値引きがないよりはましというレベルで、クーポンがあるから乗り換えようと言うレベルではありません。

DSC01598.jpg

5s及び6&6Plusについては、値下げしての販売継続も伝えられていますので、今後も、新たに条件が出てくることは期待できないかも知れません。

でも、今ひとつ一括0円でもiPhone6の16GBに乗れなかったのには、理由があります。

それは、au版のiPhone6の場合、格安SIMが利用できないからです。

回線にauを利用している間は良いのですが、auの回線を離れた時に、Andoroid端末なら、au系の格安SIMへ移行できますが、au系格安SIMはiOSに対応していないので、厚めのiPod touchに成り下がってしまうのです。

6s&6s Plusについても、au版が格安SIMで使えるかどうかはわかりませんが、少なくともSIMロック解除には対応して来ますので、色んな面で可能性は広がるのではないかと見ています。

反面、auの格安SIMの環境と違って、現在のドコモ版iPhone5cや5sの場合は、ドコモ系格安SIMが利用可能なことから、解約金のないタイミングで、回線のみ格安SIMへMNPするという選択肢もあるわけです。

端末を現在のものを利用し続けるのであれば、毎月のコストはかなり抑えることが可能です。

以前であれば、家族割の無料通話を求めて、通話料の割引のない格安SIMへの移行に足踏みをする可能性もありましたが、現在は、LINEの普及により、クォリティは低いですが、通話機能を使わなくとも、家族間の連絡ぐらいなら問題なく利用可能です。

通話付きのSIMを選択しても、実質、どうしてもという時以外は通話は使わないという節約が可能となります。

流石に、データ通信だけというのはMNPもできないので、チョイスはしません。

また、iPhone6sに関しては、ちょっと気になる話もあります。


iPhone 6sの発注数が正直ヤバイレベルらしい


ギズモードさんのこの記事によると、アップルはiPhone6sについては、かなりの量を用意しているようです。

3Dタッチが魅力とは言え、6sは基本的には6のマイナーチェンジバージョンと見られるのが通常です。

4や5での不具合が4sや5sで改善されたことを考えると、6では、目立った不具合はないように思います。

そこでの買い替えがどの程度あるものなのか?と考えると、そう多くはないように感じます。

増してや、価格も持ち出しが発生することを考えると、3Dタッチが爆発的人気にでもならない限りは、そこまでの量は必要ないのではないかと感じます。

加えて、世界的な景気の減速もあり、アップルが6sの在庫を大量に抱えることとなると、半年もすれば、6sの一括0円なんてことが有るやも知れません。

もちろん、SIMロック解除を義務付けられたキャリアがそれを拒む可能性もありますが、対応周波数がこれまでのように、キャリア別で違っていれば、SIMロックを解除したところで、あまり意味が無い可能性もありますので、可能性は充分にあるのではないかと思ったりします。

そんなことを考えていると、au回線だけでなく、ドコモ回線も始めた、ケイ・オプティコムの格安SIMサービスである「マイネオ」あたりに退避するのがベストかなと思ったりしています。

「マイネオ」は我が家のブロードバンド回線であるeo光のケイ・オプティコムによるサービスということで、ネット上での契約関係の手続きも、現在のアカウントで利用できるため、導入しやすいというところもあります。

eo光とのセット割引があればベストですが、それは今のところありません。

話が我が家の携帯電話契約の方へ流れてしまいましたが、アップルのiPhone6sについては、そんな期待を持ちつつ見守りたいと思います。

150910-0062.jpg

そして、期待していた「iPad Pro」ですが、改めて自分が利用していることをイメージしてみると、以前ほど魅力を感じません。

画面が大きいことは、老眼が入ってくると、うれしいことは確かですが、持ち歩くには大き過ぎます。

重さも、800gを切っているので軽いわけですが、NECのウルトラブックと同じ位であり、「Xperia Z4 Tablet」からすると、倍近い重さとなるので、自宅で使用するというのが現実的かなと思います。

でも、自宅で使用するなら、他にも選択肢があるので、あればいいなとは思いますが、絶対に欲しいとまでは思えなくなりました。

そこは、自分のこのブログとiOSの相性があまり良くないみたいで、Andoroidでは問題ないのに、iPadではなぜか落ちてしまってできないことがあるからです。

長文を入力してきて、落ちて無いことになったら、そりゃあもうショックですよ。

そこから、自宅でiPad Airを使わなくなったので、画面が大きく、処理速度が上がったからと言って、iOSに戻ろうとは思えなくなったわけです。

でも、iOSには、LINEがアカウントをiPhoneと併用で使用できたり、各サービスの対応が充実していたりと魅力はたくさんあると思いますので、これはあくまで私の個人的な好みの問題です。

あと、iPad mini4も出ましたが、「Xperia Z4 Tablet」の軽さを知ってしまうと、わざわざ少し軽いだけの小さな画面には食指が動きません。

150910-0066.jpg

また、Apple TVについても、これがメインだと感じる人もいるようですが、使ったことがない人間からすると、他のサービスとの違いがわからないことと、アップルのサービスにどっぷり浸かる勇気もないので、魅力を感じる使い方の記事を目にしたら、考え方が変わるかもしれません。

でも、Apple Watchのエルメスのバンドなんかを見ると、やっぱりアップルは違うと感じてしまいます。

150910applelive006.jpg

総合的にはまだまだアップル人気が続きそうだなぁと感じていると、6s&6s Plusの予約開始直前の現在、アップルジャパンのサーバーがダウンしているようです。


Access Denied.png


恐るべしアップル人気…。
posted by かわいいHERO at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年09月08日

円熟期に入ったスマートフォン市場

かつて、PCでは、新しいOSにバージョンアップされる度に、ハードウェアの強化が必要とされ、その度に過去のハードウェアがゴミと化していました。

新規画像1.png

そのため、その時代の一般的な使用方法をするためだけにも、高価なPCを買わなければなりませんでした。

今思うと、頑張って購入したソーテックのウィンドウズ98時代のドック付きノートPCの40万円なんて、なんてもったいなかったのだろうと感じます。

ところが、ハードウェアの性能がある一定のレベルまで達し、PCの一番の使用方法であるインターネットの閲覧が快適にできる性能を手にした時から状況が変化してきます。

PCの一般的な使用方法がインターネットの閲覧とした場合に、最新の高価なハードウェアはオーバースペックとなり、安価なエントリーマシンでも充分に快適にインターネットができる環境となりました。

この状況は、ハードウェアがソフトウェアの要求に充分に応えられるようになった、つまり、ハードウェアがソフトウェアに追いついたと言っていいと思います。

結果として、現在では、7、8、10と新しいウィンドウズOSがリリースされても、XPで充分という事態が存在しており、最新の特殊なハードウェア能力を必要としないかぎり、旧型マシンでも必要最低限の作業が可能なことを意味します。

そして、時代はモバイルへと移行していき、スマートフォンやタブレット端末が、まさに同じ状況になりつつあります。

高速な最新のスマートフォンでは、PC顔負けの作業が可能となっていますが、それもそのはずで、下手なエントリークラスのPCよりも、確実に高価で高速動作が可能なパーツが使われているのです。

今後は、4Kとか投資対効果に問題がある機能にこだわらない限り、一般的な使用方法で困ることはないと思われます。

もちろん、更にハードウェアの能力が上がれば、より快適になりますし、安定度も増すことでしょうが、そこは自分が基準をどのあたりに持つかということになるでしょう。

むしろ、LINEやWEB閲覧という、一般的な利用方法から外れることがなければ、効果な最新マシンを手にしても、期待したほどの効果を感じられず、高い買い物だったと感じることも出てくるかもしれません。

既にスマートフォン先進国と言っていい韓国で、スマホの低価格競争が勃発しているようですが、必要十分な性能を得たスマートフォンは、今後、ハイエンドを求める層が減っていき、PC同様の安価な製品が人気となってくるのではないでしょうか。

また、インターネットに不可欠な通信手段では、PCの場合の高価なブロードバンド回線が、必要と考える人が増えて、その普及を果たしたわけですが、端末ごとの個人レベルの回線となるモバイルでも、格安SIMというサービスが普及してきたことで、定着できる環境が整いつつあると感じます。

少し前なら、旧式の端末は、性能が低くて使い物にならなかったので、格安SIMを利用するにしても、別途、比較的新しい端末を用意する必要がありましたが、これからは、そんなこともなくなるでしょうね。

もっとも、総務省の通達によるSIMロック解除の問題で、今後キャリアの対応がどうなるか、また、流れの早いモバイル市場ですから、新たな機能がトレンドとなって、それがスタンダードになることも考えられますから、そこに絶対はありませんが。

その上で、個人的には、明日、発表される次期iPhoneや既に発表されているソニーのXperiaには、興味はあるものの、そこまで惹かれるということがありません。

Apple(日本).png

現在手にしている、Xperia Z3で充分ですし、これはきっと、Xperiaに限ったことでもないでしょう。

興味という点では、むしろ、パソコンショップ「ドスパラ」を展開するサードウェーブの別会社が開発中であると発表したりと盛り上がりつつある?Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンの方が気になったりします。

Windows Phone   マイクロソフト.png

iPhone一色と言ってもいいこの市場をどう切り開けるのか、非常にハードルは高いわけですが、iPhoneのアドバンテージが未来永劫続くとも思えなくなってきているので、敢えて、トレンドになると面白いなと思っています。

iPhoneの端末とOSをアップル一社で管理するという手法から、なかなかアップルに対抗するのは難しいとも思いますが、「PC vs MAC」がそうであったように、AndroidのGoogleとWindows 10 MobileのMicrosoftがOSレベルで万人のハートを掴むような機能を用意できれば、勢力図が変わる…というのは、ただの妄想でしかないか。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

2015年09月01日

完成度で決断した「Xperia Tablet」

今年に入っては、カメラばかりに目が行っていて 、それまで興味の中心だったスマ
ートフォンやタブレット端末は遠目で見ているという感じでした。

携帯電話キャリアによる、キャッシュバック等の大盤振る舞いが姿を消したことで、端末を入手するのに、結構な出費が必要となったことも大きいのですが、アップルの枠から出て、PCライクなアンドロイドが気に入っているという側面もあります。

そんな中、以前から欲しいと感じていた、ソニーの「Xperia Tablet」の最新機種であるZ4が登場して、いよいよ完成形になったと感じていました。

そこに先日、偶然にauの法人担当者が新任の挨拶で来たので、満を持して、タブレット端末を導入することにしました。

時間をくれと言われたものの、急ぐものでもないので、気長に待つつもりでいましたが、昨日の会社に行くと、そのauからの荷物が届いていました。

DSC01527_resize_20150901_211654

中身はもちろん最新の「Xperia Tablet」であるZ4です。

DSC01528_resize_20150901_211653

その軽さは、本当に素晴らしいです。

DSC01529_resize_20150901_211653

突然届いたことで、何も準備ができていなかったので、今日は慌てて必要な備品を揃えました。

その中でも一番問題なのが、カバーやケースをどうするか?です。

これまで、iPad2やiPad Air、Nexus7(2012&2013)については、カバーを装着して来たのですが、今回の「Xperia Z4 Tablet」については、防水であることや、その軽さをスポイルしてしまうことから、カバー無しで運用してみることにしました。

ただ、カバーがないと、スタンドもなく自立しないため、こんなものを買ってみました。

DSC01530_resize_20150901_211658

100均セリアのスマホスタンドです。

DSC01531_resize_20150901_211657

このスタンド、プラスチッキーではありますが、なかなかすぐれものです。

DSC01532_resize_20150901_211656

折り畳めるので、持ち歩くことにします。

また、カバーがないと、やはり持ち歩き時の傷も心配なので、ポーチタイプのケースに入れて持ち歩きます。

DSC01533_resize_20150901_211655

スマートフォンのXperiaZ3で、その使い勝手に惚れ込んでいますので、良いコンビネーションになるのではないかと楽しみにしています。

DSC01535_resize_20150901_211659

タブレットの方が、スマホよりも薄いんですね。

本当に軽いです。

ネット上で、USB機器の問題が出ていたのですが、私の所有するリーダーでは問題はありませんでしたが、どうやらストレージのフォーマットがFATでないと認識しないらしいので、ネット上の情報もそれが原因かと思ったりします。

実際、私の場合も、FATでないフォーマットのUSBメモリは、対応でない形式という表示が出て、マウントできませんでした。

でも、そこはFAT形式にすればいいだけなので、問題にはならないでしょう。

ORG_DSC01536_resize_20150901_211652

完成度の高い今度の「Xperia Tablet」に久しぶりにワクワクしています。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット