2015年09月07日

またしても「Reader Store」にしてやられてるかも?

電子図書券のプレゼント攻撃から、無料で電子書籍もらって喜んでいたソニーの電子書籍サービスの「Reader Store」ですが、気が付けばポイントに釣られて、数千円注ぎ込んじゃってます。

あまり読む機会が無いにも関わらず、電子書籍だけが増えていっています。

そんな、ほとんど読めていない電子書籍のなかでも、無料で手に入れた初期の写真関係のもので、既に読み終えた本について、レビューを書いていました。

確か、レビューを書くとポイントがもらえるキャンペーンをやっていたのだと思います。

「Reader Store」のページ右上には、そのレビューが1週間で何人に読まれたかという情報が通知されます。

これはPCからの画面です。

reader01.jpg

その人数が、徐々に増えているなという感じはあったのですが、お盆にはものすごい数になってました。

そして、そのレビューをもとに、5人の方がその本を買われたらしいのですが、なんとその場合、一冊につきその本の5%分のポイントがバックされるんだとか。

reader02.jpg

他のサービスポイントを合わせて現在300ポイントほどあるので、またそれを使わなきゃもったいないと感じて、絶対読みたいってほどでもないけど、時間があれば読んでもいいかなって本を買っちゃうんだろうなぁ。あせあせ(飛び散る汗)

reader03.jpg

1円でも出費してしまった時から、形勢逆転、「Reader Store」にしてやられてますね。ふらふら
posted by かわいいHERO at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年07月10日

そろそろソニーの作戦に落ちるかも…

これまでに何度か記事にしてきた、ソニーさんからの電子書籍の図書券ですが、私の財布の紐の硬さには、流石に大盤振る舞いも見切りを付けられただろうと思っていましたが、気が付くとまたもやメールが届いていました。

sonyreader1000en.jpg

未だに一銭もお金は出費していないものの、なんだかんだと既に4000円分位の本は購入しているはずです。

実際の所、ポイントの期限消失前に慌てて購入した安めの書籍は、購入はしたもののダウンロードさえしていないというものもあり、まともに読んだのはカメラ関係のHowTo本くらいですが、ここまで本が溜まってくると、購入したいと思う電子書籍があれば、ReaderStoreで購入しても良いかなと思ってきます。

これまで、基本的に購入はアマゾンのKindleの方でしたが、そちらも結局読んでいない本が殆どで、キャンペーンを張っている部分では、圧倒的にReaderStoreの方がお得だったりするので、悩みどころです。

ReaderStoreでは、初回のクレジットカード利用分の購入に対して、1000円上限のポイントバックを行っていて、1000円以上の本を購入すると、もう1000円分の本が買えるわけです。

電子図書券と上手く組み合わせれば、良い本も買えそうですが、そろそろ年貢の納め時なのかも…。

もっとも、クレジットで出費することにより、今後の電子図書券の対象から外れる可能性があるかもしれませんけど。

でも、もう充分に図書券をもらっていると感じているので、流石に応援するソニーに申し訳ない気がしてきており、ポイントバック分に限り、購入するかも知れません。

でも、その後はわかりません。

ちなみに、私の中での何となくの使い分けで、活字を読む本はKindle、写真や絵を見る本はReaderStore的なイメージになっています。

これは、端末として電子ブックリーダー「Kindle Paperwhite」を所有しているということが大きいです。

逆に、ReaderStoreで購入したものは、スマホやタブレットのアプリやPCで閲覧する感じですね。

さて、今回はどの本をチョイスしようかな…。るんるん
posted by かわいいHERO at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年05月29日

増える電子書籍

メールチェックをしていると、ソニーストアから電子図書券の期限が切れるよ〜っていうメールが届いていました。

denshitosyoken01.png

期限があと3日とのことですが、4月末にそんなメールが届いていたことには、全然気がついていませんでした。

過去3度、1,000円分の電子図書券を頂いていますので、今回、金額は300円下がって700円分ですが、ソニーさんの太っ腹は健在でした。

denshitosyoken.png

折角もらった図書券ですから、無駄にしないよう、早速書籍を物色します。

過去その図書券やポイントで購入した、カメラの本が役に立ったことから、今回もあればなぁと思っていると、そのシリーズの交換レンズに関したテクニック本があるじゃないですか。

LT000021339000367342_tll.jpg

本来、電子図書券の700円では買えない金額のようですが、なんと20%引きのセール中で、691円とか、この本しか無いって話です。

denshitosyoken02.png

この本をプレゼントされたような気になる位、ジャストな設定でした。

未だ一銭も使わずで、申し訳ないReaderStoreですが、スマホもカメラもソニー製品なので、許してくれるでしょう。

でも、こんな本買っちゃうと、レンズ沼に沈んでいきそうでちょっと怖いです。

posted by かわいいHERO at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年05月26日

「日本初の個人向けマルチキャリアMVNO」だと?

ダウンロード.jpg

我が家のブロードバンド回線やケーブルテレビを提供する、関西電力系の光ネットワークサービス「eo光」のケイオプティコムが始めた格安SIMの「mineo(マイネオ)」ですが、順調に成長しているみたいです。

au回線を使用した、初の格安SIMサービスも、iOS8以降では、根本的な問題で対応できず、最新のiPhoneやiPadで利用できないという致命的な欠点が発覚し、てっきり出鼻を挫かれ、苦戦しているものだと思っていましたが、AndroidのLTEだけでも、順調にユーザー数を増やしていたようです。

格安スマホ自体は、基本Androidばかりなので、さほど影響がなかったということなのでしょうか?

私自身は、手持ちのiPhone5sを早々にiOS8にアップデートしてしまったことで、メインがXperiaに代わってからは、mineoを利用する計画が見事に崩れてしまいました。

それもあって、魅力が半減と感じていたのですが、驚きの情報が入ってきました。

au回線を使っているmineoが、ドコモ回線にも対応するというのです。


mineoがドコモ回線を9月より提供


通信周波数の違うauとドコモなので、SIMカードはそれぞれに対応したものになるようですが、mineoの魅力は確実に増すのではないでしょうか?

我が家の場合は、ブロードバンド回線が「eo光」ということで、そこでの優遇も期待するところですが、これは現在も特にないようなので、今後も期待薄なのでしょう。

ドコモ回線で、iPhoneが使えないということはないと思うので、それ前提ではありますが、ドコモ板とSIMフリー版のiPhoneが使えるようになる意味は大きいと思います。

SIMロック解除が義務付けられ、全キャリア一律契約後6か月以降のSIMロック解除が可能となりますが、キャリアの動向が予測できないので、まだまだ、どういう方法が一番お得になるのかが見えてきませんが、選択肢としてのmineoの在り方は、歓迎すべきことだと感じます。

格安SIMの回線品質が問題になる中、安いだけではない、品質面の充実も期待したいところです。
posted by かわいいHERO at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年04月02日

唯一のau回線解約

昨日の休みは、スクーターのメンテにオルビス&シエンタの洗車で、やることを終えたつもりになっていましたが、一つ、大事なことを忘れていました。

それは、auショップに行くことでした。

仕事以外のプライベートで契約している唯一のau回線が、更新月を迎えたのです。

各社、解約料金の発生しない解約のタイミングは異なりますが、auの場合は3月契約だったものが、満2年の翌月である4月が更新月となります。

3月中なら、イオンでドコモのXperiaZ3とZ3コンパクトのMNP+新規でキャッシュバック付き案件もありましたが、現在はそこそこ維持費が掛かるので、回線の解約が必至となるため面倒です。

おまけに4月となると、案件も激減でしょうから、素直に解約するつもりで居ました。

本来、昨日1日の解約なら、日割り負担も必要なく、一切無料で解約できたのですが、すっかり忘れていました。

とはいえ、今日2日の解約でも基本料金の日割りの2日分ですから、微々たるものです。

うっかりして来月になったりすると、またまた解約料が丸々必要ですから、解約するなら早いに越したことはありません。

ということで、いつものauショップへ行ってきたのですが、受付してくれたお姉さんから「ポイントが7,480円残っていますが、このまま解約すると消えてしまいますので、こちらの店内のアクセサリー等ご購入されては如何ですか」って言われました。

7,480円分ものポイントがあったということは、全く認識していませんでした。

というのも、この最後のau回線は、2年前にキャッシュバック付き一括0円&毎月の維持費3円の予定で2台購入したものの一つであり、もう1回線の方は、昨年のiPhone5s祭りでドコモへとMNPしています。

NETオプションも解約していて、通話回線のみでSIMカードをキッズケータイ「マモリーノ2」に使用して、以前auだった奥さんのiPhoneと娘の無料家族間通話専用として使用していました。

なので、家族間の無料通話のみで、毎月はほぼタダという状態だったので、ポイントがこんなについているというのは意外でした。

そういえば、最近明細をチェックした時には、料金がマイナスになっていたので、その分がポイントで還元されていたのかもしれません。

タダでスマートフォンもらって、キャッシュバックの商品券もらって、毎月もタダで、おまけにポイントまでもらうとか、今ではありえない話ですね。

そんなにポイントがあると知っていたら、別の使い道も考えられたのですが、だからといって解約を先延ばしにしては、意味が無いですから、お姉さんのおすすめ通りに、アクセサリーから適当なものを探すことにしました。

さすがに7,480円ちょうどの商品はないですし、不要なものを組み合わせても仕方がないので、6,458ポイントというモバイルバッテリーにしました。

2015-04-02 16.05.58.jpg

奥さんは既にモバイルバッテリーを持っているので、これはiPhone5s持ちの娘にあげようとピンク色にしました。

普通に買えばもっと安くであるでしょうが、思いもよらぬ無駄になるポイントだったのですから、娘へのお土産ができてラッキーだったと言えます。

親切なauショップのお姉さんに感謝です。

格安SIMの需要が伸びてきていますが、5月のキャリアへのSIMロック解除義務化後は、果たしてどんな市場となっていくのか気になります。
posted by かわいいHERO at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年03月12日

カメラ一色

未だ一銭も使わずに、多数の電子書籍を手に入れたソニーの電子書籍の「Reader Store」ですが、先日の1000円図書券を利用して、カメラのHowTo本を買ってみました。

Reade Store .png

撮影全般と構図についての本です。

シリーズでもう一冊Q&A本がありましたが、無料の範囲で買えなかったので、今回はパスしました。

ふと、「Reader Store」の通知に目をやると、カメラ雑誌が無料で読めるという。

Reader<img src="http://blog.sakura.ne.jp/images_e/e/F06A.gif" alt="トレードマーク(TM)" width="15" height="15" border="0" /> Store .png

デジタルカメラマガジンの過去3カ月分が無料で読めました。

2月号のQ&A特集は、なかなか為になりました。

今月いっぱい無料で読めますので、興味のある方は「Reader Store」からどうぞ。
posted by かわいいHERO at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年03月03日

ソニーの図書券…三度現る

ソニーからのメールに、またもやReaderStoreの電子書籍1,000円分の図書券が付いていました。

sonyreader00.jpg

昨年末から、なんとこれで3回目です。

初回は、図書券の勝手がわからず、400円分ほど無駄にしてしまいましたが、2回目は、1,000円分をフルに利用して、別ポイントを加えてた上で、セールになっている安い本の中から9冊をチョイスしました。

専用端末であるReaderは持っていないのですが、スマホやタブレットの専用ソフトで読めますから、十分です。

と言いつつ、ほとんど読めていないのですが。ふらふら

2回目は、1,000円分使い切ったと思ったら、ポイントバックセールもやっていたので、先月切れるというポイントを使って、もう1冊、五木寛之氏の「大河の一滴」も買いました。

2015-03-02 15.42.24.png

未だ途中までしか読んでいませんが、私が読むには少し早かったかなと思いながらも、共感できるところに足を突っ込んでいることを深く感じています。

まぁ、今も物欲は絶えませんが、所詮どうでもいいと思える物欲でもあり、究極は無ければないで良いと思っている自分がいます。

アマゾンでも、キンドル用に少し買っている本があるので、読む時間を取らないといけませんが、つい、色んなことに手を出してしまうので、なかなか腰を据えて本を読む機会がありません。

でも、度重なる図書券配布で、未だ1円も使っていないソニーのReader用の書籍の方が充実しそうです。

だからといって、Reader端末買っちゃったり、書籍を揃え始めるつもりはないです。

アマゾン一人勝ちの状況ですが、日本の本屋さん達も連合を組んで、実店舗で電子書籍を販売するらしいので、業界はまだまだ変化していくんだろうと思います。

さて、先ずは読む方が優先ではありますが、今度はどんな本を買おうかなぁ。

読書好きの方は、「My Sony Club」に登録しているといいかも…です。
posted by かわいいHERO at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年02月23日

危ない詐欺サイト

カメラ情報を求めて、グーグル先生に質問して猛特訓を受けていたところ、カメラ等がお買い得なサイトを発見しました。

どれくらい安いかというと、例えばソニーのコンパクトミラーレスの人気機種「α6000」のダブルズームキットが、61,630円。

でも、「詳しい陳述」って???

α6000アウトレット.jpg

これだけだと、安いのかどうか分からないでしょうが、価格.comの最安値を見ると…

価格.comα6000.jpg

85,688円です。

価格.comの最安値よりも24,000円以上安いって、こんなこと在り得ないですよね。

当初は、マイナーな違う商品を見ていたので、こんなケースも有るのかなくらいに思っていましたが、メジャーな商品がこんな価格であるわけはありませんし、他の商品も全てが安いんです。

快適家電デジタルライフ専門店.jpg

未だにクリスマス特集となっているので、現在は稼働していない一時的なサイトなのかと思いながら、会社名を見てみました。

快適家電デジタルライフ   専門店.jpg

株式会社ノースフィールとなってます。

で、グーグル先生に聞いてみたところ、実在する会社のようですが、ウィンタースポーツ用品の会社みたいです。

株式会社ノースフィール   Google 検索.jpg

で、その住所が、町名までは同じですが、番地が…なにこれ?です。

ホームページの一番下にも、日本語じゃない文字が確認できます。

快適家電デジタルライフ .jpg

そこにあるドメイン名をコピーして、アドレスバーに貼り付けてみると…

デジタルライフ2.jpg

見事に中国語!

デジタルライフ.jpg

また、「快適家電デジタルライフ」というショップサイト自体も、実在していて、そこのトップページには、詐欺サイトについて注意喚起されていました。

このサイトのURLはないものの、他の偽サイトのURLだらけです。

未だに存在するサイトもあって、滅茶苦茶ですね。

まぁ、注意すればおかしなところはたくさんありますが、それなりによく出来たというか、すごいボリュームの詐欺サイトです。

変な中国語やクリスマス特集とかじゃなく、価格がここまで開いていなければ、あまり疑わずに引っ掛かってしまう人が結構いるのかもしれません。

ちなみに、こういう詐欺サイトに引っ掛からない方法としては、サイトの内容に注意するのはもちろんですが、楽天やヤフーなどのショップを管理するサイトから入ると、かなり防止になるかと思います。

URLのドメインから、不自然に思うことは多いものです。

見抜く自信が無ければ、偶然見つけたサイトは無視するべきです。

オレオレ等、なんでこんなことで引っ掛かるの?ってことでも、つい、信じてしまうわけですから、先ずは疑って掛かるべきですね。あせあせ(飛び散る汗)

と、自分にも言い聞かせです。いやな世の中ですが…。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年02月02日

eo光の障害と残念なフィルム

前記事のリコーXR500に残っていたフィルムは、職場近くのカメラのキタムラに持ち込んだところ、1時間で現像できるらしい。

やはり、中身が気になるので、お願いして、昼食を取りに出た時に、引き取って来ました。

img20150201_235652.jpg

ですが、残念ながら、フィルムの状態が悪く、プリントできませんでしたという結果です。

プリントできなくても、フィルム分の現像代は取られるので、依頼損となってしまいましたが、これで諦めが付きました。

実際にネガを確認しましたが、うっすらとコマとコマの間の線があるような気もしますが、ほぼ、真っ黒の画像なしに見えます。

img20150201_235545.jpg

まぁ、薬品によって反応させるのでしょうから、元々、フィルムに付いている物質なんて、この長い月日で変質してしまってるんでしょうね。

ところで、今、この記事自体はNexus7のLTE回線からアップしています。

というのも、現在、関西全域でeo光がダウンしているらしい。

rps20150201_233515_730.jpg

障害情報を確認してみると、昨日の朝にもダウンしていたようなので、eo光が、ターゲットになっているのかも知れません。

長年のユーザーですが、落ちるようでは困りますねぇ〜。
posted by かわいいHERO at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2015年01月25日

デジカメ写真プリント機

仕事で時々数枚だけ写真をプリントしたいなんてことがあるので、そんな時はセルフのデジカメ写真のプリント機を使用します。

以前は、デジカメを持ち歩いていたので、デジカメからSDカードを取り出して、プリント機に読ませてなんてことをやっていましたが、そのデジカメは、現在奥さんの下にあって、私が持ちあるいているのは、レンズスタイルカメラです。

なので、レンズスタイルカメラで同じようにすればいいだけの話ですが、せっかくデジカメスマホと言っていい「XperiaZ3」を持っているわけですから、それで撮ればいいと思って、その通りにしました。

撮り終わって、それをプリント機のあるコンビニでもいいのですが、いつも使っているカメラのキタムラのセルフプリント機にしようと移動しながら、ふと考えました。

「XperiaZ3」には64GBのマイクロSDカードを使用しているのですが、それが読めるのだろうか?

前回使用したのはかなり前ですし、これまではマイクロではないフルサイズのSDカードだったので、少し不安になりました。

それに、「XperiaZ3」は、マイクロSDカードの取り出しが、比較的楽ですが、最近は取り出しにくいところに装着するタイプや、そもそもiPhoneのように、外付けメモリが使えないものだと使えないのだろうか?

百聞は一見に如かずで、実際にセルフプリント機を確認してみることに。

なお、こんな感じの機械ですね。

ev3ia46r5u1bdn56_P1010236.JPG

すると、ちゃんとマイクロSDカードが装着できるようになっていました。

まぁ、マイクロSDカードが普通になっている部分もあるので、当然といえば当然でしょうか。

で、「XperiaZ3」からマイクロSDカードを抜こうとしていると、対応メデイアの欄にスマートフォンとも書いてあります。

あっ?やっぱりスマートフォンにも対応してるんだな。

一瞬、でもどうやって?と思ったのですが、何の事はない専用アプリをインストールさせるんですね。

2015-01-25 07.34.44.jpg

そのアプリ上から、FiWi接続するようになっていました。

それなら、コンビニも同じようになっているのか気になったので、調べてみると…

7-11netprint.jpg

セブン-イレブンの場合は、富士ゼロックスが運営する「ネットプリント」というサービスがあるようですが、2種類のアプリが存在します。

2015-01-25 07.54.54.jpg

一つは、写真以外の全てのプリントが可能なサービスで、事前にユーザー登録が必要なようです。

2015-01-25 07.54.03.jpg

そして、もう一つは、写真プリントに特化した「netprint 写真かんたんプリント」でこちらはユーザー登録は必要ないみたいです。

sharp-netprint.jpg

その他のコンビニについては、シャープが運営する「ネットワークプリントサービス」というものがあり、こちらもプリントサービス全般としては、ユーザー登録が必要です。

2015-01-25 07.52.54.jpg

でも、写真用としては、「PrintSmash」というアプリを提供しており、やはりこちらはユーザー登録の必要はないようです。

2015-01-25 07.51.31.jpg

いやいや、使わないとわからないもので、いつの間にか進化してるんですね。

ちなみに、ユーザー登録が必要なサービスの方は、自宅のパソコン等からの印刷を想定しているようです。

また、画像はAndroid用ですが、もちろん全てiOS用アプリもあります。
posted by かわいいHERO at 17:13| Comment(0) | ┣サービス

2015年01月18日

またまたソニーのReaderの1000円図書券

昨年、電子書籍Redaer向けの1000円分の無料図書券を配布していたソニーが、再度1000円図書券を配布しています。

sonyreaderstore02s.jpg

前回は、半分程度のロープワークの書籍を購入しましたが、なんだか知らないうちにポイントも付いていて、今月一杯で300円分のポイントが消失するらしい。

それなら、安い書籍を購入しようと物色していた矢先、またもやソニーからのメールに図書券が付いていたのでした。

強敵アマゾンの前には、先ずは使ってもらわないとユーザーを増やせないのはもちろんの事なので、ソニーのこの作戦は理解できます。

普通の書籍は買わないつもりの私も、手持ちの書籍が増えてきたら、ついReader版でもいいかな?なんて思ってしまいますから。

スマホやタブレットでは、アプリを入れればいいわけですから、アマゾンとも共存できるわけです。

ただし、書籍によっては、端末が制限されるものも有るようなので、そこは注意が必要です。

さて、今回は、図書券クーポンの1000円分をフルに活用して、1000円超えの一般書籍を買ってみようかなんて思っています。
posted by かわいいHERO at 14:41| Comment(0) | ┣サービス

2014年12月20日

電子書籍はやっぱりアマゾン

image.jpg

全てのアドレスのメールを集約しているGメールを確認していると、ソニーからReaderの電子書籍の1000円クーポン券の期限が間近とのメールが届いていました。

そんなクーポン券の存在にも、気がついていませんでしたが、書籍の1000円は大きい…。

Readerと言えば、ソニーの電子書籍端末で、海外での撤退が決定しており、このブログでも取り上げたかと思うのですが、国内では未だ、端末は販売しているものの、勢いは感じられません。

私も、以前、Readerを検討したものの、最終的にはアマゾンのKindleにしたわけですが、それで正解だったと感じています。

なので、今更、Readerと言われてもという感じではありますが、1000円分を無駄にすることもないので、Reader専用アプリを使用する前提で、Readerストアを覗いてみました。

小説等の読み物は、私自身あまり読まないことと、買うにしてもKindleを選択するべきなので、わざわざReaderを使用することはない。

クーポンは1回しか発行できないので、クーポンを有効に活用しようとすると、1000円以上の書籍を購入しないともったいない。

ということで、実用的な書籍を選択するのが良いかと思ったので、どんな書籍があるのかを見ながら、同じ書籍のKindle版があるのかもチェックしてみました。

すると、基本的に僅かですが、Reader版よりもKindle版の方が少し安いみたいです。

数は圧倒的にKindleですね。

Reader版の多くない評価の高いものから見ていくと、候補として上がってきたのが、先ずは本格的なヨガの本。

でも、今のところ、ヨガにそこまで興味がある訳でもないし、Kindle版も存在するようなのでパス。

次に、釣魚の図鑑。

釣りも気持ちではやってみたいと思っていることと、魚についての知識がないので、魚の形等から絞っていける図鑑は、スマホに忍ばせておくと、いざという時に役に立ちそうです。

でも、これもKindle版が存在するのと、アマゾンのレビューでは、掲載されていない魚も多そうなので、こいつもパス。

最近、目覚めつつある、写真の撮影方法に関するhow-to本も、良いかもと見ていると、これは、書店で現物をみたいと感じてこれもパス。

休日に巡るカフェやレストラン等の情報を集めた「休日シリーズ」も出かける動機付けには良いのかなと思ったのですが、残念ながら関東圏のものばかり。

で、ほぼこれにしようかなと思っているのが、ロープの結び方についての本です。

Readerストアでそこそこ評価が良いものの、価格が600円しません。

1000円のクーポンを利用するには、もったいない気がしますが、この手の本は、Kindle版が存在しないようです。

おまけに、Readerストアのその書籍の紙媒体は、1500円近くするようなので、1000円のクーポンでも、価値はあるのかも知れません。

ロープの結び方みたいなものこそ、スマホでさっと確認できれば、役に立ちそうです。

たかが1000円のために悩んでいますが、実際、使う機会があるのかもどうかは疑問です。爆弾
posted by かわいいHERO at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年12月11日

UQ mobile

aetnvPVj.jpeg

新しいau系の格安SIM(MVNO)がサービスを開始するそうです。

その名も「UQ mobile」。

「UQ WiMAX」から連想できるように、KDDI直系の会社のようです。

au系の格安SIM(MVNO)と言えば、先行する関西のブロードバンド会社「ケイ・オプティコム」の「mineo(マイネオ)」が有るわけですが、スタートこそ良かったものの、まさかのiOS8非対応という結論に、魅力が半減してしまいました。

私自身も、iOS8へアップデートしたiPhone5sに「mineo」をと考えておりましたが、それが不可能となり、頭の中から消え去りました。

なので、au系の格安SIMに期待することと言えば、まずはiOS8への対応というになるのですが、どうやら、この「UQ mobile」でも、そこの問題は解消されないようです。

公式にiOS8への非対応を明言してはいませんが、iOS8のLTE対応端末が必ず採用しているであろうナノSIMをラインナップしないという姑息な手段を取っているようです。

iOS8への非対応というのはイメージが悪いので、SIMサイズで対応できないだけと誤魔化しているとしか思えません。

ナノSIMに対応していないことから、最新のXperiaZ3にも対応しないということになります。

まぁ、普通に考えれば、最新機種で格安SIMを使おうとする客というのは、普通の客ではないので、排除してもいいだろうという考えなんでしょうか?

マイクロSIMだと、ナノSIM機には使えないため、私も今後はアダプター利用でナノSIMを標準と考えていますが、iPhoneを使わないと考えると、「UQ mobile」という選択肢はなく、「mineo」ということになりそうです。

そもそも、自宅のブロードバンド回線がeo光なので、「mineo」の方が自然なんですが…。

ということで、「UQ mobile」サービス開始というのは、どうでもいいニュースとなりそうです。
posted by かわいいHERO at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年12月01日

「OCN モバイル ONE」が音声に対応!

直前のエントリーで、娘のiPhone5sについて取り上げたところですが、これまでデータ通信用のSIMカードしかなかった「OCN モバイル ONE」が、本日より音声に対応したそうです。

音声対応SIM | OCN モバイル ONE.png

自分が使うには、最安プランの70MB/日コースは不満がありましたが、自宅WiFi推奨の娘なら、このプランで十分な気がしてきました。

他社が出しているのに、なぜNTT系のOCNが出していないのかと不満に思っていましたが、これで選択肢としての条件は満たしましたね。

IP電話はコールにタイムラグがあったり、アプリの状態に左右されることもあるので、通話はあると安心ですが、家族間の割引なく、一律20円/30秒が掛かりますから、基本的には使わせないでしょうから、先ずはデータ通信SIMを使ってからというのは変わりません。ふらふら

でも、1月末までは追加SIMの手数料3000円が無料のキャンペーンやってますね。

音声対応SIMカード追加手数料無料キャンペーン | OCN モバイル ONE.png

年内、様子を見て、音声にするなら1月中に申し込むのが良さそうですね。
posted by かわいいHERO at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年10月21日

IIJmio&楽天でんわの魅力

楽天でんわ  楽天でんわ3分0円プラン登場!.png

楽天でんわが、3分以内なら通話料無料という魅力的なプランを始めました。

維持費無料でどこへ掛けても3分無料は素晴らしい。

私は仕事の電話機ということで、安かろうに行けませんが、奥さんや子供には良いサービスです。

先着5万名の新規限定ということなので、早速登録したいところですが、クレジットカードが必要みたいです。

そりゃ、楽天としても、3分を超えて使ってもらえることを期待してのサービスですから、3分超過時の請求の為にクレジットカードはやむを得ないでしょう。

個人的に、このサービスが魅力的に映るのは、ファミリー割引の効かない格安SIMです。

子供たちのドコモのiPhone5cを解約して、IIJmio音声付きのファミリーシェアプランで3台利用なら、安く済みます。

でも、格安SIMの音声通話は、家族割引がないので、現在ドコモで形成されている家族間無料通話がネックになります。

なので、LINEを使うしかなくなりますが、LINEだと音声品質にちょっと不安が残ります。

その点、楽天でんわなら、その心配もなく、3分という縛りだけで、家族に限定されること無く通話できるわけです。

なので、IIJmio&楽天でんわが非常に魅力的に映るわけですが、よくよく考えると、子供たちのiPhone5cのドコモ回線を解約するとなると、解約金が掛かって大変です。

おまけに、月額利用料もキャンペーン適用で安くなっていますから、それを解約するというのも、それはそれで勿体無い。

なので、今回は、指を咥えて見ているより仕方ないですし、本当に先着5万人で終了するのかも怪しいところですが、既存のドコモで登録しておくのも有りかな…?

ちょっと検討してみよう。

追記:特別プラン提供期間終了後は1ヶ月単位で提供期間の延長が必要みたいですね。延長しなければ自動的に30秒10円プランへ移行するようですから、お得なサービスは間違いないのでしょうが、提供する商品としてどうなの?って感じもしますね。楽天も試行錯誤なのでしょうか。
posted by かわいいHERO at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年10月18日

格安SIM(MVNO)再考

SIMフリーの「iPhone6Plus」を奥さんが使用することになったため、これまで奥さんが使用してきたドコモ版の「iPhone5s」が宙に浮くことになりました。

私自身もau版の「iPhone5s」を使用していますから、私が使うということもありません。

そこで、「iPhone5c」を使用する大学生の長男に、「iPhone5s」への交換を打診すると、まさかの「NO」という返事。

指紋認証もない廉価版とはいえ、カジュアルなピンクが気に入ってるのでしょうか。

ストレージ容量が同じ16GBでなかったら、心が動いたようですが、要らぬというものを無理に交換する訳にもいきません。

交換となれば、ピンクの「iPhone5c」を末の娘に持たせようかと考えていたのですが上手くいきません。

そうなると、同じく「iPhone5c」を持たせている次男坊と三男坊かとなるのですが、この二人のどちらかとなると、日頃から張り合う二人なので、揉める原因になりそう。

そうこうしている内に、末の娘が「私が持つ…」と言い始めています。

小学生の娘に「iPhone5s」は贅沢だと思いつつも、現在、持たせているソフトバンク版SIMなし「iPhone4」だと、自宅WiFi接続だけで、外出時には、モバイルルーターを持たせて使える環境としているので、正直面倒臭いというのが本音です。

ドコモ版であれば、格安SIMでの運用が可能なので、LINEによる通話で、キッズ携帯の代替にもなります。

mineo(マイネオ)というau回線の格安SIMも登場しましたが、こちらはLTE対応端末でないと利用できませんから、手持ちのau版4sでは利用不可ということもあり、このドコモ版5sを単純に買取屋へ売却してしまうのが良いのか悩むところです。

最終的に、どうするかはわかりませんが、このドコモ版5sを活用することを想定して、格安SIM(MVNO)での運用を考えてみたいと思います。

おそらく、今もっとも人気があるのがIIJ(インターネットイニシアティブ)の「IIJmio」かと思われます。

iijmio.jpg

「iPhone6&6Plus」発売と同時に、容量が3GBから7GBにアップしたファミリーシェアプランは、7GBを3枚のSIMでシェアできて、データ通信のみなら月額2,560円です。

いざという時のために、音声通話も欲しいという場合でも、音声通話もできるSIM「みおふぉん」にすることによって、1枚あたり+700円で運用可能です。

なので、3台で通話可能で7GBを謝する場合には、2,560円+(700×3)=4,660円/月 となります。

特別な条件でない、既存の携帯キャリアの1台分より安いですね。

ただし、通話に関しては、家族割引き的なものも一切ありませんから、話せば話した分必要となり、国内通話の場合で20円/30秒(税抜)必要です。

ですから、通話は基本的に使わず、LINEなどの無料通話を利用しているという方には、ぴったりのプランです。

クーポンによる繰越制度や、通信料をコントロールできるところもいいですね。


また、IIJ以外にも、単独使用で人気なものに、「ぷららモバイルLTE定額無制限プラン」というのがあります。

ぷららモバイルLTE.jpg

こちらは、150Mbpsの高速なLTE回線を使用しながらも、通信速度を上限3Mbpsに抑えることによって、月額2980円で通信パケット量を無制限としたプランです。

この3Mbpsという通信速度が肝で、決して高速ではないけど、動画までも見れてしまうという、日常の使用に十分耐え得る速度なのです。

その上で、上限のない安心感から、契約者が激増し、一時新規申し込みを中止していたそうです。

但し、契約者が増えすぎて、混雑する場所などでは、速度が異常に遅くなるケースも出ているようなので、判断が難しいところです。

私自身は、現在、Nexus7とモバイルルーターで「OCNモバイルONE」を利用しており、事情によりOCNから動けませんが、普通に考えれば、現状では他のサービスに移行しても不思議ではないと思います。

「OCNモバイルONE」も10月から料金を変えずに通信量がアップしていますし、SIMの追加による容量シェアも可能ですが、最大プランで4GBと少なく、SIM1枚につき税抜きで450円/月も必要なので、あまりシェアのメリットは感じられません。

また、現在契約中のSIMカードがマイクロSIMなので、直近のiPhoneやiPadのナノSIMに対応できないので、ナノSIMを選択して、アダプターで利用するべきだったとちょっと後悔しています。

総務省のSIMロック解除の義務付けは、決まったようで決まっていない内容みたいなので、まだまだSIMフリーが普通になるのかは疑問の残るところですが、MVNOによる格安SIMのサービスは、どんどんメリットが増しているので、今後も情報に注意して、上手く活用していきたいものです。
posted by かわいいHERO at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年10月01日

今度はミクシィ?不正アクセス

iPad Airでミクシィ閲覧していたところ、突然、ログインができなくなりました。

ログイン画面でのメールアドレスかパスワードの入力を間違えるのかと何度もあれこれ挑戦するも、一向にログインできないため、これはおかしいと思い、パスワードを変更しようと、該当のリンクに飛んで、残りの手続きをするためにメールをチェックしたところ、それ以前にミクシィからのメールが届いていました。

image.jpg

不正アクセスが疑われる…?

このメールだけでは情報が少なすぎて、不正アクセスなのかどうかはわかりませんが、パスワードのリセットは有り難いです。

何れにしても、パスワード変更の途中で、そのつもりだったので良かったです。

先日はFacebookが同じようにロックされ、不正アクセスが認められた訳ですが、今回のmixiとの共通点として、ログインに同じメールアドレスを使っているということがあり、パスワードも使い回しをしていたので、これを機会に、他のSNSも変更して、現在のメールアドレス自体も、スパムが多くなってきたので、アドレスから変更しようと考えています。

今回は、有料サービスも使用しないSNSなので、不正アクセスがあっても、致命的な問題は無いですが、気持ち悪いですよね。

皆さんもお気を付けください。
posted by かわいいHERO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年07月19日

Facebookのここが嫌い

デジタル好きの新しもの好きなので、SNSなんかもtwitterにmixiにFacebookと一通りかじったりしていますが、最も扱いにくいのがFacebookです。

というのも、実名登録主義でありながら、公開設定がわかりにくいので、気が付かない内にプライベートを晒していたなんてことがあり得るからです。

基本的に友人公開しかしていないつもりだったのですが、つい先日も、iPhoneからtwitterとmixiにも同時につぶやけるというアプリを使って写真付きでつぶやいていたものが、制限のない公開設定になっていました。

また、名前自体が検索に引っ掛かりますし、公開を制限していても、いくら探してもトップの写真を非公開にできる方法は見つかりませんでした。(私が知らないだけの可能性もありますが…)

ですから、家族の顔入り写真を使っていたのに、友人のみの公開設定にしているので大丈夫だと思い込んでいました。

もうこれは、実際に他の友人でないユーザーから見た画面を確認しないと、実際にどういう具合に見ることができるのかわからないと思い、もう一つ匿名でアカウントを取得しました。

確認用のつもりで取得したアカウントなので、実際に友達を作る必要もないわけですが、一人も友達を作らないと、登録メールアドレスがすごいことになっていました。

facebook Gmail.png

まぁ〜しつこい。ちっ(怒った顔)

本来の目的とは違うアカウント取得ですから、あまり強くも言えないですが、もう放っておいてくれ〜って感じです。

逆の立場でそれを便利に使うこともできるでしょうが、意図せぬところでの情報発信には注意が必要です。

リアルな旧友なんかとの交流には、非常に有効なツールではあるんですけど…。ふらふら
posted by かわいいHERO at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

2014年07月01日

便利なGメール

ここ最近、キャンピングカー販売店のCCFオオモリの担当者とメールでやり取りする機会が多いのですが、どうもメールのレスポンスが悪い。

どうでもいい内容なら良いのですが、オルビスを入庫する話なんかだと、最終確認のメールをもらうまでは、持ち込みしていいものかどうか、その日の予定が組めなかったりします。

直接電話をすれば済む話ではありますが、何度も電話するのも気が引けるし、メールで済むならその方が気楽でいい。

そこで、なぜレスポンスが悪いのかを聞いてみると、現在引き継ぎやなんかで別のPCを使うことが多く、自分の本来のPCを開くことが少なくなっているという。

担当者が携帯電話にiPhoneを使っているのは知っていたので、Gメールの利用を勧めました。

ということで、なぜGメールが便利なのかを説明します。

gmail00.png

Gメール、グーグルの無料で使えるメールが「Gmail」なわけですが、スマートフォンでアンドロイドを使っている方なら、必ずアドレスをお持ちのことでしょう。

もちろん、フリーメールとしての「Gmail」も便利ですが、それ以上に「Gmail」には便利な機能が豊富に実装されているのです。

今回、販売店の担当者の場合でしたら、特定のパソコンを開かないと自分の会社のアドレス宛てのメールチェックが確認できないわけなので、そのパソコンを開かずともメールチェックができれば、レスポンスが良くなるわけです。

それには、常に手にしているスマートフォンのメールアプリでメールを受け取るという方法もありますが、そのアプリでは既に携帯電話のメール用に使っていたりして、会社のメールと一緒にしたくないのではないでしょうか?

また、メールが蓄積されると、塵も積もれば山となるで、スマートフォンの僅かなメモリをメールが占領するというのも避けたいですよね。

そんな時こそ、「Gmail」の出番です。

アンドロイドのスマートフォンなら、標準でアプリが入っていますし、iPhone用でもアプリがあります。

基本的に「Gmail」はクラウドサービスですから、メモリ容量に優しく、インターネットができる環境なら、どこからでもどの端末からでもメールチェックできるわけです。

メールアドレスとパスワードの管理にだけ注意をすれば、とても便利に使うことができるその「Gmail」には、Gメール以外のアドレスのインポート機能があって、複数のアドレス宛のメールを一括管理できてしまうのです。

私の場合、このブログを含めてレンタルサーバーを利用しているので、独自ドメインでメールアドレスは発行し放題ということもあり、複数のアドレスを持っています。

それに加えて、職場でも業務上の複数のアドレスがあり、自宅インターネットプロバイダーである「eo光」からもアドレスをもらっています。

インポート数に制限があるので、全てのアドレスとは行きませんが、使用頻度の高い、重要性の高いアドレスを選択して、「Gmail」に集約して一括管理しています。

「Gmail」が複数のメールのビューアーとなるわけです。

フリーメールとして「Gmail」を使っていても、他のアドレスをインポートして使っているという方は、そう多くはないと思うので、ここではPCを使って、実際の画面で簡単にその方法を説明します。

まず、「Gmail」のアドレスを取得するわけですが、ここは既にお持ちの方もいるでしょうし、取得自体はそう難しくないのでパスします。

PCで自分の「Gmail」にログインしたら、メールの一覧が表示されます。

gmail01.png

右上に歯車マークがあるので、そこクリック。

gmail02.png

「設定」を選択します。

gmail03.png

そして、ブルーの字のタグから「アカウントとインポート」を選択します。

gmail04.png
(クリックすると見やすい大きな画面になります)

すると、この画面に変わります。

グリーンで囲んでいるように、「Gmail」は無料なのに15GBも容量があるんですね。

容量の大きなファイルの送受信にも許容量が高いので、高画質の写真の送受信等いろいろと応用可能ですよ。

そして、黄色で囲んだところにあるように、受信したアドレスを使って返信することもできます。

送信アドレスが変わると誰からのメールかわからないなんて時には有効です。

で、肝心の他のPCメールアドレスのインポートですが、赤く囲んだ「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックします。

すると、こんなウィンドウがポップアップされます。

gmail05.png

私の場合、既に4つのアドレスを登録済みのため、もう一つ登録可能です。

ここに、インポートしたいメールアドレスを入力して「次のステップ」をクリックするのですが、仮に「ipad@11ie.info」というアドレスを登録するとして、ここに入力します。

gmail06.png

この画面で、PCメールのメールサーバーの情報等を入力すれば完了です。

ただし、注意して欲しいのが、「Gmail」をあくまでメールチェック用のビューアーとして利用し、メールの管理自体は従来通りの特定のPCで行うという場合には、真ん中ほどにある

「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す」

というところに、必ずチェックを入れること!

それをしないと、「Gmail」がメールを受け取った後は、サーバーからメールが削除されて、PCからそのメールは受信できなくなります。

ですから、それさえ注意すれば、ほとんどのメールを「Gmail」だけでチェックできるという、素晴らしい環境が手に入ります。

私の利用するauの携帯電話の場合には、無料で携帯メールをPCメールに転送するサービスもあり、そのPCメールアドレスを「Gmail」にインポートすることで、携帯に届いたメールさえも「Gmail」で一括管理できています。

お勧めです。わーい(嬉しい顔)

注 : 業務使用の場合には、会社の規定等あるかもしれませんので、確認の上自己責任にてご使用ください。
posted by かわいいHERO at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス

「twitterfeed」やめてみた

このブログの更新を自動的にtwitterのつぶやきに反映させるために、これまで定番の「twitterfeed」ってやつを使っていたのですが、ブログの更新からtwitterに反映されるまでに結構時間が掛かったりする。

branding.jpg

「twitterfeed」の設定では、最短である30分毎にチェックしてつぶやく設定になっているのですが、これが異常に時間がかかる場合がある。

更新して直ぐにチェック時間が来て、素早く反映されることもあるのだけれど、反映されない時には待てども待てども反映されなかったりする。

twitterのフォロワーも多いわけではないので、そこまで気にする必要もないのだけれど、性格上、反映されないまま次のブログ記事をアップするというのが何となく気持ちが悪い。

なので、「twitterfeed」以外のサービスを使ってみようと調べてみたところ、「FriendFeed」というサービスがあったので、早速登録してみた。

ところが、twitterのアカウントを利用してアカウントを取ろうとすると、現在twitterに繋がらないという趣旨の表示が出て先へ進まない。

仕方がないので、メールアドレスで新規登録して、ブログのRSSフィードの読み込みまではできたものの、どうも以前と設定画面が変わっているようで、twitter連動に関する設定がなくなっているように見える。

なので、これはちょっと使えないなと判断して、早々に退会しました。

そして、また別のサービスを利用しようと検索をしていると、このブログサービス「さくらのブログ」単体でtwitterに連動できることが判明しました。

なんと、ブログの設定画面で設定を変更するだけでした。ふらふら

さくらのブログ.png

早速、前記事でのつぶやきを確認すると…

かわいいHEROTwitter.png

ブログ更新から1分経たずしてtwitterにつぶやきが表示されました。

一番上がブログサービスによるつぶやきで、2段目より下が「twitterfeed」によるつぶやきですが、「twitterfeed」がタイトルと本文の一部を表示するのに対して、ブログサービスでは、タイトルのみの表示となるようです。

タイトルの重要性が増しますが、そもそもtwitterから見に来られるケースが多いわけではないので、問題ないか…あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サービス