2012年10月29日

自宅ツインモニターもウィンドウズ8化

先行して職場のデスクトップPCのWindows8化が、思いの外すんなりと快適になったので、日が変わってから自宅も作業開始。
メインのインストール中で触れない間にさっと風呂を済ませたりで、「サクッ」と終了。

image.jpg

モニターツインで横長画面が全部表示されると思いきや、片方をスタート画面にすると、もう一方はデスクトップ表示になっちゃうんですね。
あっ、設定で変えられるのかな?

image.jpg

またもや、初期の壁紙に変更されているので、適当に設定。

image.jpg

それぞれのモニターでスライドショーされるんだと知りましたが、これは「Windows8」と関係ないですね。

アプリのストアから、職場PCと同じく「TuneIn Radio」インストールして、今度は使用してみましたが、BGMとして立ち上げておくといいですね。

skyfm.png

画像は現在の職場PCからですが、アメリカ「SKY.FM 80s Rock Hits」私のお気に入りです。


ただ、音量レベルの調整が、設定画面からとなるのがちょっと面倒臭い。
音が多すぎる時って、急いで下げたいのに、できなくて焦りそう。
まぁ、スピーカー側で調整するようにすれば問題ないんでしょうけどね。

ここ最近あまり使っていなかった自宅のデスクトップですが、「Windows8」で使用頻度が上がりそうです。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣PC

2012年10月28日

Windows8初体験

自宅PCで様子を見るつもりだった「Windows8」ですが、天気が悪いこともあって、我慢できなくなりました。

image.jpg

自宅にあるものとはパッケージが違いますが、なんと全部で5種類あるらしいです。
でも、ダウンロード版は3,300円なので、特別な事情が無い限りはそちらを選択すべきですね。

アップグレード作業にあたり、PC工房でもらった冊子を見ると、アップグレード前にBIOS等を最新版にしておくようにとあったので、マウスコンピュターのサイトでアップデート分があるかを確認しました。

mouse_dl.png

すると、それらしきものがあったので、ダウンロードを試みます。

mouse_driver_dl.png

まさかの「残り17時間」という表示にびっくりしました。
「POWER DVD」のアップデートもあり、こちらは更にひどく「残り7日」とか無茶苦茶です。
マウスコンピューターのサーバーが貧弱なのでしょうが、「Windows8」のせいなんでしょうか。

仕方がないので、取りあえずダウンロードを継続して、一旦アップデートは諦めたのですが、最終的には昼前からダウンロードして、18時過ぎに完了したので、そこからアップデート後にようやく、アップグレード作業に挑戦しました。

image.jpg

パッケージの中身は32bit版と64bit版それぞれのディスクに鍵のマークのカードが入っていました。
このカードの裏にプロダクトキーが打たれています。

DVDドライブのトレイに64bit版のディスクを乗せて、セットアップを開始すると、まずは最新の更新プログラムをインストールするらしい。

image.jpg

ブルー画面の指示に従い、プロダクトキーを入力、ライセンス条項に同意、引き継ぎ項目の選択後、しばらくこの画面。

image.jpg

と、ここでなんと、マイクロソフトのセキュリーソフトのアンインストールを促されました。

image.jpg

と、ここでアンインストール後に再起動がかかり、インストール作業が中断して再開する様子がありません。
仕方がないので、もう一度ドライブ上のディスクを読ませ直してこの画面。

image.jpg

ようやく、インストールに入るのかと思いきや、再度しばしの確認。

image.jpg

今度こそ、インストールです。

image.jpg

しばらく、放置。

image.jpg

ブルー画面終了後、中心に何度かウィンドウマークが現れて、なんだかんだ。

image.jpg

ようやく終了。
この間約50分くらいでしょうか。

image.jpg

テーマの色が選べるようなので、所有するウィンドウズフォン「IS12T」と同じ?シトラスグリーンにしました。

image.jpg

そして、PCの設定中には画面に操作についてのデモが・・・。

image.jpg

出た!おなじみの「Windows8」のスタート画面です。
なんとなく、リモートデスクトップをクリックしてみると、「Windows7」の時の初期設定のデスクトップが現れました。

w8_rdp.png

以前の壁紙に変更してみました。

image.jpg

マウスカーソルを右上に持っていくと右サイドにアイコンが現れます。

image.jpg

今度は対角の左下に持っていくと、小さなスタート画面が現れます。

image.jpg

今度はスタート画面にして、カーソルを左上に持っていくと、デスクトップが現れます。

image.jpg

スタート画面だと左下でもデスクトップが出ますね。

image.jpg

スタート画面時の右端のアイコンはこんな感じです。

image.jpg

今度は、スタート画面からアプリのストアを起動してみました。

ms_store.png

すると、スマートフォンでお世話になっているラジオアプリ「TuneIn Radio」がありました。

ms_apri.png

ストアの画面時に偶然カーソルが左にいって気がつきましたが、起動中のアプリ(ウィンドウ?)が全て左に出るんですね。

image.jpg

ここで、一旦再起動してみましたが、起動直後は見慣れないこんな画面でした。

image.jpg

せっかくなので、ストアで見つけたラジオアプリ「TuneIn Radio」をインストールしてみました。

image.jpg

スタートページに自動でタイルが追加されました。

tunein.png

インストールしたのに起動するのを忘れて帰って来てしまったので、明日、試してみたいと思います。

タッチ端末の為のOSだと言われ、WEB上ではあまりいい評判が無いように思えましたが、実際使ってみるといいです。

少なくとも私は好きですねぇ。

XPから7は正直戸惑ったのですが、7から8はスムーズに受け入れることが出来ます。
デスクトップ画面は7そのままですし、タッチパネルを意識しているので、むしろマウスを使った操作が快適に思えます。
左下をクリックしてのスタートがなく、スタート画面上のタイルに無いアプリケーションの起動方法に戸惑いましたが、マウスの右クリックで「全てのアプリ」というアイコンが登場するのがわかると、それで解決です。

日頃のスマートフォンを使用する感覚の延長線上にあるので、マウスとはいえ直感的に操作できるように思います。
今はメトロという名称は使えませんが、ウィンドウズフォン7.5のクールなタイルインターフェイスそのままで、最高です。

業務上の使用で印刷が出来るかを心配しましたが、何の問題も無く印刷できました。
その辺りは、「Windows8」の中にそのまま「Windows7」が生きている感じです。

動作も軽快で、「Windows7」の方には間違いなく「Windows8」おすすめです。
posted by かわいいHERO at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

Windows8…その前に

アマゾンで購入しようと考えていた、Windows8Proへの期間限定アップグレードパッケージですが、PCデポへ行ったら山積みしてあったので、職場と自宅、それぞれのデスクトップPC用に買ってしまいました。

image.jpg

両方ともに、比較的新しいWindows7機なので、多分問題は起こらないかと思うのですが、まずは自宅を8化して様子を見てから職場も移行しようかと考えています。

その他の数あるXP機は、システム条件をクリアしていたとしても、CPUが対応していないケースがあったりするようなので、XPのままでいくつもりです。

また、システム条件の中に画面解像度の1366×768というのがあって、職場は問題ないものの、現在自宅で使用しているBUFFALOの19インチモニターは、それなりに古いので、最大1280×1024で、残念ながらこれを満たしていません。

image.jpg

となると、まずはそこからということになり、PC工房で格安のLGの23インチを買ってきました。

image.jpg

我が家初の3D対応モニターです。

当初、そのまま入れ替えるつもりでしたが、マルチディスプレーが便利だというのをどこかで見て、どうせ余らせてしまうので、やってみることにしました。

image.jpg

壁紙は同じものが表示されるようですが、解像度とアスペクト比が違うのでBUFFALOのは両サイドが切れます。
でも、デスクトップが広がり、高さも違和感なく使い勝手は良好です。

image.jpg

ディスプレイのセッティング後に3Dで遊んだりしていたら、すっかり遅くなってしまい、時間の掛かるWindows8へのアップグレードは、また後日とします。
posted by かわいいHERO at 03:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年12月13日

職場PC不調の原因判明

導入当初より挙動のおかしかった職場のデスクトップPCですが、先日の記事のとおりハードディスクの必要なデータのバックアップを取ってからウィンドウズ7の再インストールを行い、業務は旧PCのデルのXPにて行っていました。
ただ、このデルも電源に問題を抱えており、熱を帯びるとダウンするという持病があります。
冬場はましなのですが、室内を暖房すると再発してしまいます。
ここのところの寒さで暖房が欠かせなくなり問題が再発してきているので、どうにかしないと仕方のない状況へと追い込まれました。

ウィンドウズ7を再インストールしたものの、症状は改善せず問題がハードにあるのは確実です。
以前にいろいろと調べたときにメモリが怪しいと思い、ソケットを変更して挿し直したり、検査プログラムに欠けてみたりしたことがあるのですが、異常が見つからず断念した経緯があり、前回起動不能に陥った時に画面が出なかったため、ひょっとしてグラフィックボードの問題もあるかもしれないと思い、安めのグラフィックボードを調達してきました。

1323675243533.jpg

このPCのマザーボードにはMSI社のP55M-SD40という品番のものが使われており、オンボードのグラフィックがないのですが、3Dゲーム仕様で高性能なグラフィックボードが挿してありました。
業務上、高性能な3Dは必要ないので取り外して、買ってきたものと挿し換えました。

1323739206596.jpg

個人のスキルとしてグラフィックボードというのはあまり触ったことがないのですが、ダウングレードになるので複雑な配線等もなく挿すだけなので難なく完了しました。
そして、グラフィックボードのドライバーをインストールしようとすると、途中で止まってしまい完了できません。
これは、やはりグラフィックボードの問題ではないと、再度WEBで調べてみるとやはりメモリから疑うべきだということになり、メモリの入れ替えを考えて価格を調べてみるとなんと「安〜い!」。
バルクものだと2GB1枚1000円です。
こんなに安いならメモリの入れ替えからすれば良かった…。
でも、以前メモリで異常が出なかったのでマザーボードやCPUに電源という可能性だってあります。
で、よくよく考えるとこのメモリが自宅のウィンドウズ7機と同じメモリであるということに気がつきました。
それなら、自宅のウィンドウズ7PCにこのメモリを挿すとどうなるか?
早速昨晩やってみました。
すると、自宅PCも同じブルースクリーン多発の症状となりました。
メモリが原因であることが確定しました。
ついでに、2枚のメモリを1枚ずつ挿してみて、2枚の内の1枚の問題であることもわかり、すっきりしました。

1323739145732.jpg

そして、今朝職場に来てすぐに異常にない方のメモリだけを挿すと問題なく使えています。
グラフィックボードのドライバーもすんなり最後までインストールできました。

driver.jpg

メモリ2GBでは心許ないというかトータル性能に対してアンバランスなので、メモリを追加購入すれば完璧です。
ようやく、不調から開放されそうです。グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年11月17日

職場のPC不調

今週のはじめから職場のウィンドウズ7のパソコンが突然起動不能に陥った。
以前から起動に失敗することがあったので、心配はしていたが一時的なメモリ関係の不具合のようで、再起動すれば問題なく使えていたので全く起動しないというのは想定外の出来事です。
幸いバンキング関係の業務ソフトがウィンドウズ7に対応していない為に以前使用していたウィンドウズXPのPCも併用しており、致命的に業務に差し障りがあるという訳ではないが、写真など確認のために必要なものが見れないとやはり困ります。
ということで、PCデポへHDDを買いに行きました。
ハードディスクを増設して新しいHDDに新たにウィンドウズ7をインストールして旧HDDのデータを維持しようと考えた訳です。
ところが、先日のタイの洪水災害の影響でHDDの価格が倍近くになってました。
噂には聞いていたものの、今絶対に必要というものではないだけに、敢えて今の高い時に買う必要もないかと考え直しました。
そこで、代わりに購入したのがこれです。

1321516858526.jpg

ワンタッチで内臓型HDDが接続できるケースとHDDのコピーユーティリティソフトウェアです。
ソフトウェアの方は絶対必要というものでもありませんが、過去の経験上有れば便利と思う事が多かったのでこの機会に導入です。事務所に戻ってHDDを取り出して、早速バックアップ作業です。
USB接続の外付けHDDとして問題なくアクセスできるので、HDD自体の不具合では無さそうです。

1321519341115.jpg

新たにウィンドウズ7をインストールし直すので必要最小限のコピーをしてからHDDをフォーマット。
このままウィンドウズ7を導入したいところですが、ここでタイムオーバーです。
HDDをPCに戻してあとは明日の課題とします。
posted by かわいいHERO at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年09月13日

MBAが帰って来た

ロジックボードの交換により、修理から戻って来たと思えば今度は起動時のビープ音の問題を抱えていたMBA(マックブックエア)ですが、本日ようやく帰ってきました。

1315921756044.jpg

今回はサポートへ電話をするとその場でクロネコヤマトによる引き取りを手配してくれて、返送もクロネコヤマトのパソコン宅急便利用でした。

スクリーンショット 2011-09-13 23.20.jpg

引き取り後は、アップルへのMBAの到着や発送等その都度メールで連絡が来て、今どんな状況なのかが把握できてアップルのサポートの充実度を実感することとなりました。

戻って来たMBAには、前回同様修理の内容に関する書類が入っていましたが、そこにはビープ音による起動不良を確認したのでロジックボードを交換した旨が書いてあります。

IMAG0329.jpg

前回の修理については触れていないので、交換したロジックボードが不良品であったという部分は残念な部分ですがこれで完治したので良しとしましょうか。
MBAの起動の速さに慣れてしまうとiPad2以外では起動時間がストレスになるので取りあえず満足です。
posted by かわいいHERO at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年09月08日

MBA(マックブックエア)修理後の経過

キーボードとトラックパッドが反応しなくなり、ロジックボードの故障ということでロジックボードを交換されて戻ってきたMBA(マックブックエア)ですが、初回起動時に経験した起動不能のビープ音状態は、その後も日を変えて起動しようとすると再現してしまいます。
再起動をかければ、次は何事も無かったように起動して、その後は何回再起動しても問題なく起動します。
そんな状態なので、初回に再起動すれば普通に使えるのですが、日が変わって毎回となるとそれはそれで面倒に感じてきます。
それ以上に、このまま不具合を持ったまま保証が切れるのもシャクなので、やはりアップルへ対応を要請することにしました。
修理完了後にアップルからのメールでアンケートが来ていたので、症状を伝えたのですがただのアンケートだからかアップルからは何の連絡もありませんでした。
当初はなかった問題であり、修理後に新たに発生するようになったのでわざわざアップルストアへ出向くというのは納得がいかないので、ホームページからサポートに問い合わせしようとしましたが修理後の商品に同封されていた紙にフリーダイヤルの記載があり、問題が解決していない場合や満足いただけない場合に連絡くださいとありました。
なので、本日サポートへ電話をしてみました。
サポートダイヤルではシリアル番号で管理をしているようで、まずはシリアル番号を聞かれました。
すると第一声が「電話サポートの3ヶ月が過ぎています」ですと…。
シリアル番号では修理の記録は確認できないのでしょうかね。
一から説明をして、ようやく「アップルストアで直接修理を受けられたのですね」と理解してもらったようです。
ですが、そこで言われたのが「PRAM のリセットは試されましたか」との言葉でした。
キーボード操作不能時はあれこれ試しましたが、今回は再起動で解決するのでそこまでのことはしていません。
メールで方法を案内するので試してくださいとのこと。
ということで、仕事から帰って自宅でアップルからのメールを見ながらPRAM 及びNVRAMのリセットというのを試します。
その前に、まず一度スイッチを入れてみました。

1315489397984.jpg

案の定ビープ音を繰り返すも画面はこの通り黒いままです。
そこで、スイッチオン直後に「command」「option」「P」「R」を起動音が2回繰り返されるまで同時に押し続けます。
これだけで終了です。
その後、普通に起ちあがりました。

1315489537766.jpg

でも、よく考えると一度再起動で起動しているので不具合は明日の起動時でないと再現しないので、今日はもう確認しようが有りません。
まあ、このまま治ってくれれば一番いいのですが、WEBで見た同様の症状のMBAの方はロジックボードの交換となったようなので、私のMBAも再度交換となる可能性もあります。
何れにしても、明日まで待つしかない。

数時間後、起動を試みましたが駄目でした。
再修理決定です。
明日、もう一度アップルに電話します。ふらふら
posted by かわいいHERO at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年08月09日

MACのライオン導入とBTプリンタ

明日出発というのに未だに予定の決まらないお盆休みキャラバンですが、伊豆方面の観光施設のホームページを見ていると、どのホームページにも必ずと言っていいほどホームページ割引券があります。
この手の割引券は、カラーかモノクロかは問われないが基本的に印刷したものでないと駄目なので先日の犬山のリトルワールド含め、いつもは印刷して持っていきます。
ですが、予定の決まっていない今回はどこへ入るかわかりません。
ある程度絞ることはできそうですが、それでも相当な数になるので全てを印刷するわけにもいきません。
全体的にイイ金額なので、実際に訪れるのはわずかとなるとは思うのですが、家族の多い我が家では少しでも節約したい部分です。
こういうこともあるかと、かなり前にキャノンのモバイルプリンタを新調していたのですが、出番というか機会がなくて放置状態でした。
実際は初期設定が面倒くさいので手付かずだっただけなのですが、今回はデビューの絶好の機会です。
本当は「iPad2」で印刷できれば良いのですが、現状では難しいようです。
なので、今回のキャラバンには「MAC BOOK AIR」を持参しようと思います。
私の「MAC BOOK AIR」は手に入れて間もないものの、すでに新型が出てしまいました。
ですが、性能的に不満を覚えるものでもなく、APPストアでダウンロード購入する新OS「LION」も問題なく導入できるため、ついでにアップグレードすることにしました。
「LION」については評価自体は素晴らしいものの、古いMACアプリの互換性が問題になっているようで、生粋のMACユーザーほど仕事にならないと大変なことになっているようですが、MAC初心者の私は過去から引き継ぐMACアプリもなく、全く影響がありません。
ただし、キャノンのプリンターが使えないと困るので、そこだけ確認をしましたが、すでに「LION」用のドライバーも提供されていました。
なので、迷わずアップルのAPPストアで「LION」を購入しました。

1312826696772.jpg

「LION」の大きさは4GB近くあり、ダウンロードに相当の時間が掛かりそうだったので、その間に風呂に入って戻ってきたときにはすでに「インストール済み」表示となっていました。
よし、これで最新のOSXに大変身と思ったものの、見た目はどう見ても前のままです。
普通のアプリと違いOSなので再起動が必要なのではないかと思って再起動しましたが、特に変化は見られません。
バージョンをチェックしてみると「LION」のOSXv10.7ではなくv10.6.8となっています。
やはり「LION」ではないようです。
Webで調べたところ、「LION」はAAPストアからダウンロードされた後には自動的にインストールされるのではなく、別途インストール作業が必要らしい。
ということで、それがわかればサイドのバーのアプリケーションというホルダーに「LION」のインストールアイコンを見つけてクリックしました。

1312826803242.jpg

ようやく「LION」がインストールできたようです。
バックの壁紙が変わりました。

1312828072536.jpg

ジェスチャーなどいろんな機能があるのでしょうが、それはまた時間のあるときに研究することに…。

1312828088351.jpg

「LION」にアップグレードできたので、続いてプリンターのセッティングです。
プリンタはキャノンのピクサス「ip100」という機種ですが、モバイルできるコンパクトなプリンターはこいつかhpのものしかありません。
ブラックインクのコストはhpの方がいいようですが、写真印刷の可能性も考えてキャノンにしました。
接続にはUSBを使わずブルートゥースの無線を使います。
この機種はそれ対応なわけですが、オプションのブルートゥースアダプタは高いので市販の安いアダプタを挿しました。

1312829488287.jpg

プリンターのスイッチを入れるとブルートゥースの青い光が点滅しだしました。

1312829653656.jpg

キャノンの公式ホームページから「LION」用のドライバをダウンロード、インストールするとあっけ無く導入が完了。

スクリーンショット 2011-08-09 3.44.48.png

BT接続もほぼ自動で処理され「MAC BOOK AIR」側ですんなりとブルートゥース経由の「IP100」を認識しました。
そのままテストプリントで正常動作を確認しました。

1312829272570.jpg

いよいよ、ホームページ上の割引券を印刷してみます。

1312829923041.jpg

動作良好です。

1312829956993.jpg

これで、行き先が決まってからのクーポンの用意が可能となりました。
でも、肝心のインターネットが不可欠なので、auのEVO WiMAXに頑張ってもらわなければなりません。
posted by かわいいHERO at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年04月22日

Mac Book Air

ようやく、ニューアイテム「Mac Book Air」を触ることができました。
パッケージは、さすがアップルと感じさせるものですね。

1303396657245.jpg

大きさや重さは、手持ちのパナソニックの「レッツノートR4」を普段バッテリーを外して使用しているので、比べるとやはり大きいなぁと感じますし、主さもそれなりにずっしりした印象です。
ですが、Airの最大のウリはこの薄さです。

1303397212702.jpg

薄いのでボディの破損を心配してしまいますが、薄くてもしっかりしたボディーで、そんな不安は一掃してくれます。

1303397237988.jpg

再インストールにはこんなUSBメモリがついていました。

1303397015814.jpg

これもなんか新鮮です。
早速、ACアダプタを繋いでみましたが、貧弱なソケットと思いきや、マグネット式でピタッと勝手に吸い付きました。
充電ランプも極小LEDでかっこいいです。

1303397772910.jpg

起動すると、設定が始まりますが、これもエンターテイメントっぽくてかっこいい。

1303397785070.jpg

やっぱりアップルって違いますねぇ。
実際、使用してみて戸惑ったのは、タッチパッドによるクリックを、PCのようにパッドを叩くのではなく、パッド自体が物理的なボタンになっているということに気づかなかったくらいで、あとは特にMacだからと意識することもありませんでした。
iPhoneでストアへの登録も既にあるので、IDもそれを使ってスムーズに登録が終わり、無線LANの設定も特に変わった所もなく、というかむしろ簡単でした。
アイコンもiPhoneで見慣れたものも多くて、思った以上に違和感がありませんでした。
早速、メインのWindowsのデスクトップPCに接続できるように、リモートデスクトップを設定して、寝室から快適に書斎のメインPCを操作することができました。
これで、とりあえずはリモートデスクトップで何でもできるので、あとは「Mac Book Air」をどう使うかをじっくりと触りながら検討したいと思います。
posted by かわいいHERO at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年03月07日

救世主(PC)

世代交代を想定して導入したマウスコンピューターのデスクトップPCですが、かなりの確率でブルースクリーンとなって落ちてしまうという最悪の状態で、メーカーに不良で送ろうかと考えていましたが、物がでかいだけに送るだけでもたいへんですし、導入直後にOSのウィンドウズ7をホームからプロフェッショナルにアップグレードしたこともあり、サポートを受けることに躊躇していました。
その間、メインPCであるHPのデスクトップが、安定して働いてくれており、特に不満を感じることもありませんでした。
しかし、そのHPのハードディスクが怪しい症状を見せ始め、マウスの方もそのままでは駄目なので、あれこれと原因調査を開始。
OSの再インストールに、メモリやハードディスクの取り付け直し等やってみるも、改善の兆候なしです。
そこで、ブルースクリーンの文字列や障害のアナウンス類の英字を眺めてWEBで調べていると、マウスの問題でも起こりうることが判明しました。

IMG_20110226_202848.jpg

私の2台のデスクトップ機は、省スペースのためモニター切替器を接続していましたが、こいつを外してみることにしました。

1299083361904.jpg

結果は良好。
かなり安定してきました。
切替器が使えないということで、止む無く余っていたモニターを持って来て、キーボードとマウスも2台となるので、邪魔になりますが仕方ありません。
まぁ、モニター2台並ぶのも悪くはないですね。

1299083245985.jpg

完治した訳ではないので、また時間のあるときに再度原因探しをするつもりですが、USBあたりが怪しそうなものの、その場を離れて作業させるとかでなければ、普通に動作するので、しばらくはだましだまし使います。

それよりも、実質的なダメージが大きいのがHPのメインPCの方です。
既に相当の年月が経過したものですが、CPUクーラーにメモリ、ハードディスクと強化しているため、現役でもまだ通用しています。
ハイビジョン動画の再生などで少し厳しい時もありますが、主な用途が職場PCやスマートフォンからのリモートデスクトップによる操作なので、あまり問題にはなりません。
アンドロイドやiPhoneの操作でうまく機能しない場合に、ウィンドウズPCが役に立ちます。
紛失等のリスクから持ち歩きたくないデータも、自宅のPCを覗くようにすれば、心配要りません。
そういう用途で、ほとんどサーバーとして24時間常時稼動している状態です。
ですから、ハードディスクに負担があって当然です。
その、メインのハードディスクの挙動がおかしくなってきたので、手持ちの別のハードディスクへとデータを丸ごとコピーしました。
そして、内容を丸ごとコピーしたハードディスクをそのままCドライブとして使おうとしましたが、どうもうまくいきません。
そうしているうちに、旧のメインのハードディスクは読み取りができなくなってしまいました。
間一髪セーフです。
なんとかデータをコピーできた方のハードディスクはOS再インストールで凌ぎ、これで万全のはずでした。
ところが、新たに設置した方のハードディスクが突然ダウン。
旧のハードディスクはもう完全に死んでしまっているので、データはこいつだけが頼りだったのですが、あまりに突然のことで、メールデータの他にはバックアップもほとんど取っていませんでした。
止むを得ず、今度は別の使わなくなったPCからハードディスクを持って来て、それをCドライブにしてOS再インストールの後、旧の突然ダウンしたハードディスクをセカンダリドライブとして持ってきたところ、起動時にスキャンチェックが入りエラーを修正しようとします。
でも、後からわかったことですが、これ駄目らしいです。
ハードディスクはおかしいなと思ったら、通電せずそのままにして、データ吸出し業者に委託しないとデーターの復旧は難しくなるらしいです。
私も、このスキャンディスクが悪かったのだろうと思いますが、WEBで探したフリーの復旧アプリでは、わずかなファイルしか確認できませんでした。

1299083420840.jpg

結局、別の問題のないハードディスクをセカンダリに据えて、とりあえず通常の状態にしました。
このスキャンディスクを数回行ったハードディスクは、USBにて接続しましたが、ドライブは見えているもののアクセスができず、フォーマットを促されます。
さらにWEBで調べてみると、フォーマットを促される場合には、まだ軽症の方だということがわかりました。
完全に死亡したと思われる、当初のハードディスクはドライブさえ見えませんでした。
そして、昨日たまたま寄ったPCデポで、駄目元で復旧ソフト「ファイナルデータ」を購入。

1299433360307.jpg

事前のWEBでの調査で、支持が高いということがわかっていたのですが、復旧の確証は無く、その気は無かったのですが、現物を見つけて、つい手が伸びてしまいました。
ところが、こいつを試したところ、スキャンディスクを重ねた方は一番欲しいファイルを見つけることができなかったものの、多くのファイルを救出することができました。
そして、これまた駄目元で当初の死んでいると思われた方で試してみると、欲しかったファイルはおろか、ほぼ全てのファイルが取り出し可能なようです。
恐るべし、「ファイナルデータ」です。
結局、死んだと思っていた当初のハードディスクは、諦めてダメージを与えるようなリカバリー行為をしなかったことが幸いしたようです。

今回の教訓。
皆さん、ハードディスクが異音を立てたり、動作がおかしくなった場合には、まずバックアップを取りましょう。
そして、バックアップさえ取れなければ、それ以上がんばるのはやめて、復旧業者に依頼するか、「ファイナルデータ」で最悪の事態は避けることが出来ます。

やっと寝不足から開放されそうです。
posted by かわいいHERO at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年02月09日

自宅PC環境壊滅の危機

自宅で使用するメインのデスクトップPCの調子がよろしくない。
リモートデスクトップ機能を利用して、職場のPCからアクセスすることが多いのですが、そのリモートデスクトップが使えないことが多くなってきました。
帰宅後、PCを確認してみると、マウスもキーボードも反応しないフリーズ状態です。
止むを得ずリセットで復旧するのだが、その後は問題なく使用できる状態がしばらく続いていたので、いよいよハードディスクがやばいのだろうと思い、Cドライブの内容をそのまま2台目のハードディスクにコピーして、自宅で転がっていた1台目のハードディスクをそれと入れ替えました。
ところが、ハードディスクのコピーアプリを使っていたもののうまくコピーできず、とうてい起動できません。
ならば、元の交換前のハ−ドディスクからCドライブの内容を抜き取ろうと思ったのですが、既にハードディスクは電源の入らない状態で完全にご臨終となりました。

1297258068360.jpg

試行錯誤するも、うまくいかないので結局1からOSをインストールする羽目になりました。

ところで、このメインPCは相当前から使用しているものであり、その後任として昨年マウスコンピューターの激安PCを導入したのですが、こいつがまた調子が最悪です。
激安なのは調製品ということだったのですが、不具合が改善されていなかったのかも知れません。
ただ、一切駄目という事ではなく、3回に1回くらいの割合で落ちてしまう状態でした。
本来ここで、初期不良として届ければよかったのですが、到着してすぐにウィンドウ7をホームからプロフェッショナルにアップグレードしてしまっていたのと、使用頻度が低かったこともあり、不具合に気づいていませんでした。
ですが、だんだんと調子が悪くなり、ついにはウィンドウズアップデートによる更新が出来ず、途中でダウンしてしまうという最悪の状態となってしまいました。
それでも、アフターが受けれないわけではありませんでしたが、本体を箱に入れて送り返さないとならずなかなか面倒なので、自分で何とかしてみようと、2台並べて作業することとなりました。

1297250386816.jpg

あれこれ、試行錯誤するも、マウスコンピューターの方はハードの問題のようなので、道は遠そうです。

Photo 2月 09, 22 27 20.jpg

長年メインのHP(ヒューレッドパッカード)の環境を再構築して、未だしばらくがんばってもらわなければならないようです。
ほとんどサーバ−のような使い方で24時間電源入れっぱなし状態にも関わらず、これまで非常に安定して動いてくれていたので、信頼度はぴかいちですが、如何せん再構築が面倒くさい…ふらふら
posted by かわいいHERO at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年01月12日

オンキョーBXの活用見直し

アンドロイドのスマートフォンを利用するようになってから、全くと言っていいほど利用することのなくなってしまったオンキョーの超小型パソコン「BX」ですが、処分しようかと考えていましたが、ATOM機で非力とはいえウィンドウズXPのフルパソコンでこのサイズということで、利用を見直すことにしました。
インストールアプリも一から見直し、再セッティングし直しているなかで、使用していたブルートゥースマウスの代わりにiPhone3Gのアプリによるマウスの存在を思い出しました。

Photo 1月 12, 22 31 07.jpg

「MOBILE MOUSE」というアプリでPC側にも専用アプリをインストールすることにより、iPhoneを無線LANを使いPCのマウスとして利用できるというすぐれものです。
よくできたアプリということで、有料の製品版をダウンロードしていましたが、自宅のレッツノートでの利用を想定していたものの、レッツノートのタッチパッドがなかなか使いやすいためほとんど出番がありませんでした。
ですが、光学ポインターのみでタッチパッドのないBXの場合には、手持ちでの操作は悪くないのですが、ノートPCらしく机上でゆったりと使用するような場合では決して使いやすいとは言えず、どうしてもマウスが欲しくなるのです。
そこで、普段から持ち歩いているiPhoneを利用するというのはとても理にかなっているわけです。

Photo 1月 12, 22 28 05.jpg

パッドモードで縦で使うと、普段iPhoneを操作する感覚で、片手でマウス操作や文字入力ができます。

1294838569923.jpg

コードレスでリモコン感覚で操作できるので、なかなか新鮮です。

1294840815273.jpg

横向きでPCのサイドに置いて使う
と、大き目のパッドとして使用できるため、PCのキーボードとの併用で優秀な操作性を提供してくれます


Photo 1月 12, 23 04 58.jpg

パッド面の下側には左右のマウスボタンと右サイドにはスクロールパッドがあり、十分マウスの代わりになりそうな気がしますので、しばらく積極的に使用してみたいと思います。
posted by かわいいHERO at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2011年01月07日

安い・・・

自宅のアイロンが突然ご臨終となり、急遽購入することに。
仕事で出たついでに量販店を見て廻っていたのですが、ミドリ電化が改装により一品残らず売り尽くしらしく、アイロンはここで購入しました。
コードレスアイロンの違いなんてよくわからないので、基本性能のスチーム持続時間なんかでコストパフォーマンスに見当をつけてパナソニックの安めのものを選択しました。
ホームセンターコーナンにも行きましたが、コードレスアイロンまで自社PBであるライフレックスブランドを導入していて1,980円と安いものの、ほぼ間違いなくリスキーなのでスルーしましたが、自社PBを置きだすとPB品を売りたいがために他のメーカー品の品揃えがほとんどなくなるので、売り場として最悪であることは以前にも記事に取り上げたことがあったかと思います。

コーナンはさておき、ミドリ電化(エディオン)でブラブラと売り場を見回っていると、シャープのガラパゴスが置いてありました。
通販オンリーだったガラパゴスの店頭販売を開始するようですが、売れ行きはどうなんでしょうね。
以前触れなかった10型のものを少し触りましたが、キャンピングワークス社のホームページでもしっかりとフラッシュが表示されていました。
OSがリナックスベースですが、IS01のように古いバージョンのアンドロイドよりはWEBには使えるのかもしれません。
ただ、基本はブックリーダーなので、アプリによる機能強化が自由には出来ないのが痛いです。

で、タイトルの何が安いのか?

1294388246680.jpg

写真の工人舎の超小型PC「PMシリーズ」です。
韓国製「mbook M1」の日本バージョンですが、このサイズでウィンドウズXP搭載のフルPCということでマニアックに人気でしたが、ここまで安くなったんですねぇ。
私はこの兄弟機であるオンキョーのBXを所有していますが、ほとんど使用していないので安いけど買っても使わないと思うので、ここはぐっと我慢です。
BXよりも軽くコンパクトなので、いいんですけどね。
如何せんスマートフォン並みのディスプレイサイズにウィンドウズは、ちょっと厳しいんですよね。
メモリも512MBなので今となっては貧弱と言わざるを得ません。
でも、やっぱり新品がこの値段は安いですよね。
それに、スマートフォンやタブレット機全盛で、今後この手のPCは希少な存在となるかもしれません。
おひとつ如何ですか?
posted by かわいいHERO at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年12月23日

くそDELL

1293070103560.jpg

ちょっと下品なタイトルですが、今朝会社に来ると職場のパソコンのモニターが真っ黒です。
電源が入っていないのかと思って良く見ると、電源スイッチのLEDは長い周期で点滅しています。
PC本体の問題かと思いましたが、音ではPCは普通に稼動していそうです。
仕方がないので、現役引退した今となっては小型の15インチのモニターを持って来て繋いでみると、やはりPC本体は正常に起ち上がっています。
単純なモニターのことなので、いじれるところもなく故障と断定しました。
これまで普通に使えており、直前に変更したこともないですから・・・。
実は、会社のDELLのPCですが、数年前に3台まとめて導入したのですが、既に1台はモニターが駄目になっており、これで2台目です。
また、別の1台については本体の電源周りが怪しく突然落ちるという問題を抱えています。
それについてはDELLのサポートと複数回やり取りするも、中国のサポートセンターでの対応だと思うのですが、「その後如何ですか」的なメールはよこすくせに、実際の修理だとかそういう対応には一向に進みません。
口先だけのサポートって感じで、こっちもそればっかりに掛かってられないので、そうしてる間に時間だけが経過して、ずるずるとそのままで終わっています。
私自身のPCでないのでわかりませんが、使用者は落ちないように気を使いながら使っているのだと思います。
また、製品の仕様としても「???」的なことがありました。
休日の緊急時などに外からPCにアクセス出来ると便利だと思い、それが可能となるような体制にしていたのですが、なんとこのPCが「WakeOnLan」に対応していないということがわかったのです。
「WakeOnLan」とはLAN経由でパソコンを起ち上げることですが、このDELLのPCは、搭載するLANアダプターは「WakeOnLan」に対応しているのに、本体(多分独自のマザーボード)が対応していないようなのです。
導入時に確認していなかったこともありますが、いろいろとWEBで調べてみてもわからず、結局他のユーザーの方が対応していないと報告されているのを見つけて初めて確認できました。
自作PC以外で対応していないものがあるなんて思いも寄りませんでした。

ということで、私の中ではDELLは最悪です。
それに比較して、自宅でほぼザーバーのように使用しているHPは素晴らしいです。
また、別のエントリーで取り上げようと思いますが、新しく導入したマウスコンピューターも最悪の状態ということもあり、未だに現役でメインのPCの座を保っています。
安定性、耐久性等どこをとっても合格点なので、きっと「当たり」だったのでしょう。
ちなみにLDKに置いているコンパックも吸収合併で現在はHPなわけですが、こちらも奥さんの作業用PCとして未だに現役バリバリで優秀です。
だからこそ、使用期間はずっと少ないのに半数以上のモニターが壊れ、本体に問題を抱えるDELLのイメージが最悪なんです。
公私共にもう2度と購入することはないでしょう。ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年12月11日

職場PCの不調

職場はDELLのデスクトップPCなんですが、最近すごく調子が悪いんです。
仕事の重要な部分とプライベートな遊びの部分とはユーザーで使い分けてはいるんですが、遊びが過ぎるのかグーグルクロームでのWEBサーフィンさえ厳しくなってきました。
OSはXPなので、ウインドウズアップデートのせいで、起動が馬鹿みたいに遅くなることがあるらしいので、ひょっとしてと思いながら、あらためてPCの構成を確認してみると・・・。

dell_spec01.jpg

なんと、メモリが512MB(504MB)じゃないですか。
自宅の旧型マシンよりもプアな状態でした。
今年導入したオンキョーの超小型PC「BX」も同じ512MBでメモリの貧弱さに苦労していたので、このアンバランスなメモリの状態に、即改善することにしました。

早速、家電量販店は除いて、一番近いだろう「PCデポ」に行きましたが、DELLのマニュアル持って相談窓口の人に調べてもらったのですが、DELLは不得意のようです。
小さく「DELLかっ」とつぶやいてました。
自作PC用のメモリ売り場では使えそうなものもありそうでしたが、結局、動作確認が取れているものしか案内してくれないので、上位互換なんかも全く無視のようで、メルコのもので取寄せになると言われてしまいました。
いつも思うことですが、ここは変に量販店ぽいので使えません。
自作パーツ置いているのでもう少し柔軟性があっても良いと思うのですが、相性保証もないのでとっとと退散しました。

となれば、行先はひとつ「パソコン工房」です。
同じくマニュアルから調べてもらいましたが、メモリメーカーが2GBまでしか確認できていないようで、マニュアルには最大4GB可能とあるのですが、1GB×2枚の2GBと言われました。
高速なPC800が使えるかと思ってましたが、そこは対応していないと的確な情報をいただいたので、マニュアルの4GB可能と書いてあることを伝えると、「メモリメーカーが確認していないだけで使えるかもしれませんね」という回答でした。
ここは、少し価格は上がりますが相性保証制度があるので、一か八かで購入しました。

1292052994779.jpg

早速取り替えたところ、問題なく認識してくれました。

dell_spec02.jpg

認識している容量は4GBに足りませんが、想定の範囲で、さすがに不調は一掃されたように思います。
もっと早く気がつけばよかったです。
posted by かわいいHERO at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年12月06日

Googleネットブック

image31.jpg

米Google12月7日(現地時間)にイベントを開催し、待望のChrome OS搭載Netbookを披露するようだ。

ということらしい。
ちなみに上の写真は「Chrome OS」のオープンソース版「Chromium OS」のイメージです。
「Chrome OS」というのはWebブラウザ「Google Chrome」をベースにしたプラットフォームということなのでPCを起ち上げると「Google Chrome」が起動して全てことをその上で操作するというイメージでしょうか。
アンドロイド搭載携帯がグーグル携帯とすれば、Chrome OS搭載のNetbookはグーグルPC・・・?。
アンドロイドOSはiPad対抗のギャラクシータブなどにも採用されているのでネットブックPCに採用される「Chrome OS」との違いはどうなるのでしょう。
キーボードの有無?でも「IS01」や「LYNX SH-10B」はキーボードあるけどアンドロイドだし。
現状ではアンドロイドよりもずっと高機能ということなんでしょうが、単純に「携帯電話用」「PC用」と分けれそうにもないですね。
以前、どこかでアンドロイドは「Chrome OS」実用までの繋ぎのような文章を目にしたことがありますが、グーグルとしては最終的には全てに「Chrome OS」を搭載したいと思ってるんでしょうかね。
アップルのマック用OS「OS X」も最新バージョン「Lion」でiPadのように「Mac App Store」でのアプリの購入やiPadのホーム画面のようにアプリケーションを並べて表示できる「LaunchPad」などを採用するそうなので「iOS」とは別物なれど似たようなものになっていくようです。
そう考えると、最終的には同一化されていくと考えるのが自然なのかも知れません。
今年大人気のスマートフォンですが、そもそもPC機能を持った携帯というものですから、将来的には携帯電話とPCが同じジャンルの単なる通信端末として認識される日が来るのかもしれません。
そうなると、どこに居てもその端末はWEBに常時接続されており、あらゆることをその端末だけで完結させてしまうという昔のSFに出てくるような環境になって行くのかもしれませんね。
発想が超飛躍しているようですが、徐々に当たり前のことが増えて、変化しながら移行して行くのだと思います。
posted by かわいいHERO at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年10月22日

ハードディスクの追加

ドラマやなんかの動画を扱っていると、結構なハードディスクの容量を消費しますが、最近はフルハイビジョンで1ファイルが大きくなっているので、なおさらです。
奥さん用のレコーダーは新調して2TBの容量を確保しましたし、液晶テレビ「レグザ」には500GBのものしかつけていませんが、基本的に見ては消すの使用法で、いざとなればレコーダーへ移動が可能なので問題ありません。
ですが、少し前なら余裕だった我が家のネットワーク上のハードディスク、いわゆるNASはというと、2TBと十分な容量だと思っていたものが、一杯になってきたので外付けで2TBを追加したものの、その追加分もだんだんと心許無い状態になってきました。
たまたま行ったPCデポで内蔵型ハードディスクが8千円台で、「えらく安くなったものだ」とついつい買ってしまいました。
外付けの2TBは未だ高めなので、内蔵型に外付けケースで対応することにしたのですが、それならいっそ2台搭載のケースで4TBにしちゃおうということで、この通りです。

hdd01.jpg

早速開封して中身を出して

hdd02.jpg

ケースに2台のハードディスクを組み込みました。

hdd03.jpg

NASと追加のUSBハードディスクの隣に収まりました。

hdd04.jpg

ところが、いざNASで読み取ろうとすると1個のハードディスクしか読み取りません。
レグザで読めるのならと思ったものの、そううまくはいかなかったようです。
WindowsXPのPCに読ませてみたら、全体では4TBを認識たのですが、パーテションが2TBまでで、残りの部分がどうにもなりません。
それならと、Window7のニューPCで読み取るとそれらしきフォーマットがあり、無事2台でひとつのパーテーションとすることができました。
しかしながら、私はNASに繋ぎたいのであって、PCの外付けは不要です。
あれこれするも状況は好転せず、結局2台用のケースを1台のHDDで使用することにしました。
もうひとつのハードディスクはニューPCに増設することにします。

hdd05.jpg

1台なら難なく認識してくれました。
またこれで、しばらくは大丈夫です。
posted by かわいいHERO at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年05月10日

『VAIO New Ultra Mobile』は新Pシリーズ

newvaiop.jpg

先日『VAIO New Ultra Mobile』という言葉で新たな超コンパクトサイズPCかと期待させたソニーだが、どうやら新しいPシリーズであることが発表されたらしい。
タイプPとしては、カラフルなカラーやクロコダイル調のボディまであり、細部までこだわったようなので、さらに進化したというイメージだが、新たなより小型のシリーズを期待した者からすれば拍子抜けである。
まともなキータッチを望むならこのPシリーズが最小サイズと言われ、超小型シリーズを否定する人もいたが、どうやらその通りだったようだ。
ならば、『VAIO New Ultra Mobile』というキャッチフレーズは使うべきではなかったと思う。
Ultra Mobileという言葉がどうしてもウルトラ小型級をイメージしてしまうからだ。
ソニーからすれば使えるモバイルとしてウルトラ級であって、ウルトラは小型という部分にかかるのではないと言うのかもしれないが…。
ただ、オンキョーBXユーザーとしては、文字の大きさや作業効率から言えばソニーの大きさというのもわからなくはない。
しかしながら、現在デジカメや小物類とともにぎりぎりBXが収まっている私のセカンドバックには入らないのは間違いない。
まぁ、要らぬ物欲が出なくて良かったんですがね。
posted by かわいいHERO at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年05月02日

ソニーのニューバイオ発売予定が気になる

billboard_pic.jpg
現在キャンピングカーのことで一杯一杯ですがちょっと気になる話題を。
少し前WEBのニュースで知ったのだが、ソニーのバイオでニューモデルが発売になるという。
詳細は一切不明であるが、新型モバイルPC「VAIO New Ultra Mobile」ということなのでウルトラモバイルなのです。
ネットブックではなくそれより小さいUMPCというジャンルですから私のオンキョーBXと同ジャンルということです。
ソニーには既に「VAIO P」というシリーズがあるが、敢えて今回出してくるとなるとより小型のPCかもしれません。
詳細不明なので一切情報がありませんが、過去「TYPE U」という小型PCを出したソニーですから富士通のLOOXにより小型化されて更に小型化を狙ってくる可能性もあるのかも?
実際「新型LOOX」が出て「LOOX」は実際にポケットに入るけど「TYPE P」のポケットに入れた写真は無理やりだと相当叩かれてましたから。
個人的には超小型PCは所有するオンキョーBXで十分と考えますが、見ると欲しくなるかも…怖ろしや。
iPhone4Gの登場もあとわずかというタイミングですが、先立つものがねっていうことであっちもこっちも知らないふりして我慢我慢です。ふらふら
メールはとりあえず登録しちゃいましたが…爆弾
posted by かわいいHERO at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣PC

2010年04月21日

メインPC不調

main_pc.jpg

ここのところ自宅のメインPCの調子が悪い。
ほとんど電源入れっぱなしでサーバー的な使い方をしているのでやむを得ないとは思うのだが、実際の原因が特定できない。
動画などでどのハードディスクも一杯だったこともあるのだが、ハードディスクに空きを設けても改善しない。
具体的には再起動をかけた時にログイン画面で固まってしまうのである。
いろいろと情報収集すると、ユーザー情報が肥大化しているというケースを見つけたが、今回の場合はユーザーログイン画面でのパスワードを入力中に固まる場合とその後のユーザー情報を読み取る部分で固まる場合があるため、直接的な原因とは考えにくい。
OSはウィンドウズXPなのだがどうにも起ち上がらなくなり既に2度再インストールしたのだが根本的な改善には至っていない。
素人の勘ではあるが、やはり常時起動によるハード的な問題のような気がする。
異音などはないが、C・Dのパーテーションを切ったハードディスクかも知れない。
ハードディスクを取り替えて確認すればいいのだが、一度うまくログインできるとそのまま使えてしまったりするので、ずるずるときている。
それより何よりPCのスペック的にペンティアム4の2.4Ghzという数世代前のものなのでせめてデュアルコアものに新調したいと考えている。
ゲームなどはしないので動画の編集やエンコードがなければこれでも不満はないんだけど…。
posted by かわいいHERO at 00:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣PC