2017年12月09日

渋滞解消は年度末

我が家の立地上、大きく関係のある出来事がYahoo!ニュースに出ていました。

yahoonews01.jpg

新名神高速道路の高槻―川西間が明日10日に開通します。

先日、ダムカレーキャラバンの帰りに、名神高速を通った時にも、もういつでも通れそうだなぁと感じていましたが、いよいよ開通となるのです。

今回の開通区間には、昨年の春に工事中の現場を見に行った部分が含まれます。


明日は雨予報なので


ダムカレーと新名神工事現場ドライブ


中国自動車道がすぐ近くを通る我が家では、中国自動車道の宝塚−西宮付近の渋滞は、朝は西行き、夕方は東行きに大きな影響を受けるため、複線化には大きな期待があります。

各地の高速道路で複数のルートが確保される中、名神高速道路と中国自動車道の合流及び毎夕上りが渋滞する宝塚トンネルだけが出遅れていると感じていました。

やった!と言いたいところですが、明日の開通はあくまで川西IC止まりです。

名神高速を走ってきて、新名神に入っても、川西ICで放り出されてしまうと、中国道へ復帰するには苦労すると思いますので、西へ向かうための通過の方は要注意です。

今回の一部開通でも西日本高速道路の担当者は「川西や大阪北部の利用者にとって、高速道路へのアクセスが格段に良くなり、移動時間短縮になる」と強調とのことですが、川西の奥のニュータウンや能勢辺りの方くらいなので、限定的すぎるだろうと感じます。

新御堂筋を利用する人が、有料の箕面トンネルを抜けて止々呂美から新名神ってルートもありますが、中央環状線から吹田で名神ってパターンになりそうな気がします。

なので、全線開通までは、渋滞解消には全く関係ないと断言しますが、違うメリットは有るようです。

niikeinews01.jpg

日本経済新聞さんの記事によると、物流拠点が多数建設されているらしいので、開通する上りでは意味はありそうです。

もっとも、下りについては来春なので、やはり来春が待ち遠しいところです。
posted by かわいいHERO at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年11月11日

どうした?プリントス

タカラトミーの「プリントス」は、電気を必要とせず、スマートフォンを置くだけで、その画面をチェキ用のフィルムにプリントしてくれる、画期的な商品で、以前に取り上げたこともあります。

Printoss(プリントス) − HERO's CAFE TIME

電気不要でコンパクトなので、電池が必要な「スマホ de チェキ」の非常用と思って、予約開始時に私も予約しています。

タカラトミーが元気だなぁ − HERO's CAFE TIME

発表時には9月下旬発売予定で7月27日より予約が開始とアナウンスされていた「プリントス」ですが、その後8月31日から予約開始の10月21日発売と遅れを生じていました。

8月31日の予約は予定通り開始されたことで、私もアマゾンで予約購入したのです。

ところが、10月10日に発売日が11月10日に変更となるとアナウンスされていました。

そろそろ、発売日だけどアマゾンの出荷案内が無いなぁと思っていたら、発売日がまた変わってる…。

prints01.jpg

公式ホームページを確認すると、発売日は現時点では未定となっているようです。

prints02.jpg

公式では諸般の事情とありましたが、さてさて一体何があったんでしょう?

アマゾンでは発売日が12月13日となっているので、内々にはそういう目安が出ているのかも知れませんが、公式に出せないということは、問題が解決していないということでしょうね。

一瞬、富士フィルムが新型の「スマホ de チェキ」を11月17日に発売するので、その影響か?とも思いましたが、この新型の「スマホ de チェキ」は、スクエアフォーマットのようなので、直接バッティングはしないので、違うか…。

インスタ写真もそのままチェキに スマホ用プリンター − 日経トレンディネット

でも、チェキ用フィルムを使用することから、従来の「スマホ de チェキ」の市場を喰うことは間違いないでしょうから、ひょっとして、チェキ用フィルムを使用する許可を事前に富士フィルムに得ていなかったとか???

富士フィルムにとっては、チェキ用フィルムが売れるのは嬉しいと思いますが、「スマホ de チェキ」という商品が存在するので、複雑なところではあると思います。

憶測はここまでにしておきますが、SNS等を見ていると、流石に今回の延期には不信感を抱いている人も多いようです。ふらふら

それもそのはずで、私もフォローしているタカラトミーのツイッター公式アカウントは、「#企業中の人プリントスで対決せんとす」なんてハッシュタグで、他企業巻き込んで盛り上げながらも、発売の再延期についてはだんまり。

それはないわ。

まぁ、ここ10日ほどで再延期が決まったようなので、緊急事態ではあるんでしょうが。

個人的には、「スマホ de チェキ」があるので、さほど気にならないのですが、むしろスクエアフォーマットのほうが気になったりして爆弾
posted by かわいいHERO at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年11月07日

レトルトごはんの自主回収

ネットのニュースで見たのですが、アイリスオーヤマのグループ会社である、アイリスフーズが販売したレトルトごはんを自主回収するらしい。

ailisfoods01.jpg

んんっ???

どこかで見覚えが…。

2017-11-06 23.58.05.jpg

先月のもてぎ行き用に、ホームセンターで買い物したついでに、「アイリスオーヤマだけどどうだろう」って思いながらこれ買ったぞ。

改めて、公式ホームページでチェックしてみると、商品名と賞味期限で確認するようです。

2017-11-06 23.55.03.jpg

私の買ったのは180g×10パックで、賞味期限は「2018年6月25日」です。

2017-11-06 23.58.17.jpg

該当するのかどうか確認すると…

2017-11-06 23.55.03-2.jpg

ビンゴ!!でした。

結局、もてぎでは食べなかったものの、先日、自宅での昼食用にオルビスから取ってきて食べたりして、残り4パックになっています。

2017-11-06 23.58.59.jpg

異物混入とかではなくて、シールが弱くて外気に触れてカビや痛みが発生したものがあったようです。あせあせ(飛び散る汗)

我が家の場合は、何も感じないままに食べてしまっているので、多分大丈夫だったのかなとは思いますが、無菌状態だと信じているので、少し気持ちは悪いですよね。

ホームページのニュースリリースを見ると

2017年08月29日精米したての米をパックご飯に「低温製法米レジスタードマーク」の新鮮さそのまま パックご飯の自社生産を開始

とあるので、新規に稼働したての生産ラインの不備だったようなので、今後の信用に向けては逆に意味を見いだせる自主回収なのかも知れません。ひらめき

ただし、一般的には200gのものが多い中で、180gという微妙に少ない量は、したたかに思えたりもしますが。爆弾

早速、なかなか繋がらないフルーコールに電話してみましたが、この4パックと引き換えに、元の10パックをいただけるそうなので、少し得したということにしておきましょう。ダッシュ(走り出すさま)

でも、電話口のお姉さんは見えない私の顔を伺いながら交渉していたので、中には、ここぞとばかり無茶なことを言うモンスター客もいるのでしょうね。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年11月04日

子供に未来を…

株価が上がり続けていて、株とは縁のない私は、「株買えば良かったのかな」と思ったりしますが、上がってしまってからでは意味なしですから後の祭りです。

そもそも今の株高のうちの二千円相当は、年金資金によるものらしいので、それを見越して買えるようでなきゃ、株なんてやる資格はありません。

それ以前に子供達にお金が掛かって、昔、株の安い時期から長期で積み立てていた投信でさえ、トントンで解約して教育費に消えていきました。

株絡みには縁がない人生のようです。

それでも、実父や勤務先の師匠の死の教訓から、やりたいことを先送りすることなくするという思想のチェンジで、自分自身は、それなりに有意義な日々を送ることができているので良いのです。

問題は、自分達より後の世代です。

目先の消費税ばかりに目が行っていますが、ここのところ池田信夫氏が、社会保険料についての記事を繰り返しておられます。


「見えない増税」は2020年代に見える税になる − アゴラ


池田信夫氏の信者ではないけれど、知識のない私なんかは、状況を知る上では、データに基づいて説明されるので、なるほどと思うことも多いのです。

なので、ひとつの知識や考え方として、氏のブログやSNSを見させてもらっています。

目先の消費税ばかりに気を取られて、税や社会保険等全体が見えていない、まさに「木を見て森を見ず」の状態のようです。

政権与党が支持率を気にしながら2%の消費税アップをクローズアップする中、野党は全てその2%のアップに反対するだけです。

1本の木の剪定を議論している間に、森全体はひどいことになっているのかと思うとゾッとします。

なんとか、子供達の未来を見据えた政治に転換して欲しいものです。

家庭レベルの話でも、我が家で一番自由なのはおばあちゃん(私の実母)かも知れません。

役所での世帯は別となっていますが、実質同居ということで、光熱費や固定資産税等はすべて私が負担しているので、年金暮らしでもうちのおばあちゃんは余裕があるようです。

時々「お金が無い」と言っているのを耳にしますが、うちのおばあちゃんは、どうみても使いすぎです。

一時期、通販商品が度々届き、使いもしない健康器具が埋め尽くしていたり、最近は、ウォーターサーバーを契約したようです。

キッチンには食べきれないほどの食品があり、時々、怪しい食品が回ってきます。

数日前に友達1泊旅行へ行ったかと思えば、明日にはまた旅行へ行くようです。

元気なのは有り難いことで、楽しんでくれるのは良いのですが、私と奥さんが遊びに出掛けると、嫌味っぽく言われるのは何なのか…。

バイク置くと文句をいうくせに、近所の住宅建設現場から、たくさん廃材もらってきてガレージに置くのも止めて欲しい。

犬走りに倉庫があるのに、狭い通路に棘のある薔薇を植えるのも止めて欲しい・・・etc.etc.

またまた、政治と全く関係のない愚痴になってしまいました。ふらふら

自殺願望のある女性達の大量死体遺棄事件が発覚しましたが、とにかく、若者たちが未来を悲観することのない世界になって欲しいものです。
posted by かわいいHERO at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年10月23日

揺れた…

昨晩の台風は、夜中にピークを迎え、ベッドに入りながらも寝付くまでに何度も強風による家の揺れを感じました。

夕食時から、2階リビング前のベランダの目隠しが風を受けて外れたり、目隠し用に立てているラティスを紐で固定し直したりしましたが、一番の心配は、テラスのポリカーボネイトの板が抜けてしまわないかということでした。

スマホの我が家には関係のない土砂災害のけたたましい警報の音で目を覚ましましたが、幸い、もう静かなもので、ガレージ含めて、ポリカーボネイト板が抜けているところもなく、無事に台風をやり過ごすことができました。

朝方、未だ大雨警報だけが残っていて、少し登校時間の遅れた娘を中学校まで送り届けて、そのまま出社しましたが、途中、飛んできたらしいアクリルかポリカの板を見ることもあったので、改めて何事も無くて良かった。

まぁ、我が家は住宅密集地で、直接強風にさらされる部分が少ないので、鯉のぼりは泳がない代わりに、台風の強風の影響は受けにくいのが幸いということにしておきます。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年10月02日

内定式

内定式、表情きりり 主要企業が一斉に − 日本経済新聞

こんな記事が目に止まりました。

内定式っていつ頃からあるものなのでしょうか?

新卒時に中小企業に入社した私には、イマイチぴんと来ません。

バブル世代の私の場合、就活中はバブルの頂点で、入社したら弾けていた…そんなイメージです。

就活中はバブルでしたから、中小企業なのに、そりゃあもう何かにつけて豪華でした。

内定をもらってからというもの、定期的に内定者を繋ぎ留めるために、「懇親会」と称して集められるのですが、会場はいつも北新地の高級そうなお店でしたから。

おまけに、年が明けた入社直前のタイミングでは、会社の慰安旅行に招待されて、贅沢なハワイ旅行を満喫させていただきました。

「内定式」は一流企業では、昔からあるのかも知れませんが、三流企業でおまけにバブル入社とおかしなタイミングだったことで、私はその言葉がぴんと来ませんが、きっと、私の経験した「懇親会」的なものだろうと想像していました。

そして、偶然にもうちの長男が今日、「内定式」というもの行っとります。あせあせ(飛び散る汗)

そうなると、「内定式」ってものが何なのか?

もう少しちゃんと知りたくなって調べてみると…

何するの?内定式でよく行われるイベントTOP10【内定者懇親会】 − キャリアパーク

こちらのサイトに依ると、

「内定式とは、企業側が学生に最終の内定通知の受け渡すことで、入社への意思確認を行うための場」

ということです。

そして、

「内定式の中で内定授与式はメイン内容に位置するものです。その流れとして採用内定書を受け取って、内定承諾書を提出するというのが一般的です。 この流れがあって、正式内定となります。」

ということなので、私の経験した「懇親会」のような意味合いもありつつ、より事務的に内定というものを明確化するシステムのようですね。

ということは、我が家の長男も、これで正式に内定が決まる=就職できるということなので、親としては一安心です。

経営上の問題のない会社ではありませんが、何処へ行っても続くかどうか?いや、続けさせてもらえるかどうか?という中では、受け入れてもらえるだけで感謝しなければなりません。

私のようにバブルが弾けて辞めざるを得ないような会社よりは、全然素晴らしいわけですから。

まぁ、当時はブラックが普通ってとこもありましたから、私には、だからこそ今の自分があるってところもあるにはあるのですが…。

「内定式に遅れるな」と長男に口を酸っぱくして言う私ですが、そう言えば、私自身が行くつもりにしていた会社の面接に遅刻して落とされて、一度辞退した会社にお願いして内定貰っていたことを思い出しました。がく〜(落胆した顔)

親子揃って、売り手市場に助けられていると痛感します。爆弾
posted by かわいいHERO at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年09月16日

いよいよ来週オープンの「タコベル」

来週火曜日、9月19日にとうとう“あいつ”がやって来る。

その“あいつ”とは、アメリカンタコスの巨大チェーン「タコベル」のことなのですが、2015年4月渋谷に1号店が上陸して以来、新橋、南青山にお台場と東京ばかりに4店舗で、大阪在住の私には無縁だったのですが、とうとう道頓堀にオープンするのです。

taco-bell-logo.png

メキシカンフードのタコスということで、馴染みのない方も多いかもしれませんが、「タコベル」はアメリカではマクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンと並ぶメジャーなファストフード店で、約30年近く前に、私がカリフォルニアへ頻繁に足を運んだ時にも、リーズナブルでよく利用した飲食店です。

とにかく安くて、本場メキシコのタコスよりも癖がないので、食べやすいのです。

メキシコによく連れて行ってくれたアメリカのホストファーザーも、アメリカンタコスとして区別していましたが、アメリカ人に向けて、ファストフード化された、アメリカンフードと言えます。

その後、アメリカ人弁護士でタレントのケント・ギルバート氏が、東京で「タコタイム」というタコスのファストフード店をオープンして、うちの奥さんと食べた記憶がありますが、結局、上手くいかずに閉店してしまいました。

なので、ずっと、手軽にタコスを食べたいと思うものの、仕方なく自宅でオールドエルパソのタコスキットを買って、家で食べるくらいしかありませんでした。

E285016H_L.jpg

そして、2年前に「タコベル・ジャパン」として日本にオープンしたということで、そのフェイスブックページを羨ましく見ていましたが、とうとう、その日がやって来たのです。

19275240_775478062629628_4465054972611444331_n.jpg

但し、日本にやってきた「タコベル」は、当時のアメリカのようなリーズナブルな価格ではないようです。

たしか、「タコタイム」も結構高いなぁと感じたので、日本で展開するにはやむを得ないのでしょう。

更に、カロリーも高そうで、健康的とも言えないですが、絶対に食べに行きたいと思っています。

関係ないですが、ブルーボトルにも大阪へ来て欲しかったけど、ネスレ傘下になってしまったのでどうだろう。


posted by かわいいHERO at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年09月05日

「ENEOS」歓迎




以前は、「Esso」「Mobile」「ゼネラル」のエクソンモービルグループの「スピードパス」を積極的に使っていた時期なんかもありましたが、Tポイントを貯めるようになってから、「ENEOS」一本になっていました。

ところが、今年4月に合併してたんですね。

「スピードパス」は、関連付いているクレジットカードを、昨年末に再発行したので、もう使えないですし、「ENEOS」が増えるのは大歓迎です。

Tポイントは、ヤフオクやふるさと納税で使えるので、すぐに使ってしまって、なかなか貯まりませんが、無駄にはしていないので、目に見えないところで貢献していると言えます。

自宅付近に「ENEOS」がないので、少しは便利になるのかも知れませんが、本当は近所の「コスモ石油」が「ENEOS」だったら言うこと無いんですが…爆弾
posted by かわいいHERO at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年07月21日

BPUTUS

朝日新聞デジタルのニュースで、台湾についてのものがありました。

台湾はもっとステキ? 「ブルータス」表紙、現地で議論

asahi_brutus01.jpg

確かに、SNSで盛り上がっているようです。

#BPUTUS − Instagram

#BPUTUS − Twiiter

ということで、SNSにはアップしませんが、便乗してみよう。

と言っても、私自身は台湾へ行ったことがないので、今年始めに行っていた長男の写真を拝借します。

ファイル 2017-07-21 12 31 34.jpg

調べた結果、こちらのサイトで画像を作ることができるようです。

台灣街景封面產生器

上の“請按此上傳圖片”というリンクで背景となる画像を選択し、背景の色調に合わせて、上の5つのモデルのどれかを選びます。

下の“− ○ +”は左右にスライドすることで背景の大きさを調節できます。

出来たら“下載圖片”をクリックすることで、出来上がったpng形式の画像をダウンロードできます。

1500608153318.jpg

こんな感じです。

これをSNSにアップしているようです。

ちなみに、長男本人の写真で作ったら、怒られましたwww。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年07月15日

頭が堅い?

こんなツイートが流れてきました。




時速230kmのラジコンカーですって!

凄い。

たしかに凄いです。

でも気になるのは、どうもこれが公道じゃないかってところで、ご本人は工事中の道路とされていますが、青信号や対向車から、走行可能な公道だと指摘する人もいますが、その指摘に頭が堅いと反論する人もいます。

ラジコン好きな方や最高速という響きに魅力を感じる方にとっては「頭が堅い」ということになるのかも知れないけれど、実際、その状況を怖いと思うのは私だけでしょうか?

突然230kmの塊が飛んできたら怖いですよねぇ。

でも、そんなことより最高速や面白さを重視してご自分の理論を優先する周りの姿勢に反応してしまいました。

前記事のストリートでのカメラマンの理論と被っちゃったのかなぁ。

なんだか無茶をするユーチューバーなんかと同じように感じてしまう私は、もう歳ということか…。

まぁ、何でも一緒くたにしては駄目ですが。
posted by かわいいHERO at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年07月14日

お役所仕事

少し前に、職場の前の道路の舗装工事の案内が来ていて、昨日から真ん前の部分の工事が始まりました。

2017-07-14 09.55.50.jpg

通常、サンバーは会社の隣の駐車場に駐めていますが、わざわざ、駐車場の出入りに関しては通行を確保するとあったので、特に気にも留めていませんでした。

2017-07-14 10.19.03.jpg

市から委託された土木業者なわけですが、昨日の夕方、駐車場へ入ろうとしたら、丁度その部分の作業をやっていて、「5分待って」と言われたので、通常は駐めない、玄関前に仮置きしました。

通行を確保するとは言え、これは、丁度その部分の作業なので仕方ないと思えます。

でも、今朝の出勤時に駐車場へ入るためにウインカーを出して、指示を待っていたのですが、作業の人間はたくさん居るのに、誰も気に留めてくれません。

片側交互通行となっているので、後が詰まっているので、やむ無く工事箇所を横切って、駐車場へ入りましたが、工事の人間が「やりやがったな」的な風でこちらを見ています。

工事箇所が濡れていると思ったのですが、どうも何かが塗ってあるのか、サンバーのタイヤに駐車場の砂利が纏わり付いています。

強引に行きたくて行ったわけではないので、そこを通った時に、「指示器出してたのに…」と言うと、「どうぞどうぞ」という雰囲気で無反応です。

どうにも気分が悪いですが、土木会社の人たちなので、仕方ないと思い事務所へ入りました。

上から工事箇所を見ると、くっきりサンバーのタイヤの跡が付いていました。

2017-07-14 09.51.40.jpg

どうやら、アスファルトを敷く前で、アスファルトの到着待ちだったのでしょう。

それにしても、この舗装工事って、「なんで今?」と思ってしまいます。

2017-07-13 18.52.57.jpg

というのも、前の道路と言えば、先日、自転車道のペイントが施されたところなわけですが、この舗装工事のせいで、こんな状態に…。ふらふら

2017-07-13 18.52.49.jpg

順序が逆でしょ。

2017-07-13 18.53.44.jpg

この部分に、マークがあったかは覚えていませんが、順序が逆なら何の問題もないものの、部分的にでもペイントをやり直すとなると、無駄ですねぇ〜。

貴重な税金、うちの会社の市民税も投入されてますから。
posted by かわいいHERO at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年07月07日

日本のEVはどうなるのかな?

一昨日にVOLVO(ボルボ)が2019年以降の新モデルはEVかハイブリッドのみとすると宣言したというニュースを見ました。

volvo.jpg

未来の話ではなく、再来年からエンジンのみの車は発売せずに、全てがモーター搭載車となるというのです。

ボルボ、2019年以降の新モデルは電気自動車かハイブリッドのみと声高に宣言 − GIZMODO

コラム:ボルボの「全電動化」宣言、テスラに打撃 − ロイター

まぁ、そもそもハイブリッドもないEVオンリーなテスラが既に存在するわけで、ボルボに驚く必要もないのかもしれませんが、日本、特に私の周りでは、ハイブリッドは少しメジャーとなってきましたが、EVに乗っている知り合いは未だいません。

2017-07-03 18.14.46.jpg

でも、先日行った心斎橋にもテスラのディーラーがあるわけで、何処かの誰かは乗ってはいるわけですが…。

“日本のEVはどうなるのかなぁ〜”なんて漠然に考えていると、Yahoo!ニュースにこんな記事がありました。

電池寿命に不安。電気自動車の中古価格が暴落中!

まぁ、執筆者が信じられないという書き込みもあるようなので、記事の結論の持って行き方自体は、スルーするにしても、日産リーフがこんな状況とは知りませんでした。

Leaf_A_009.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg

震災後は、家庭での非常電源的な付加価値も訴求されていましたが、コストの問題でバッテリーが交換できなければ、確かに使えない「車的な何か」と化してしまいますね。

トヨタのハイブリッド車の場合は、最近のプリウスPV以外は、リチウムではなく、ニッケル水素で、交換費用は15万円から、大きく重いアルファードの30万円ほどみたいです。

当初は50万円以上掛かっていたようなので、3分の1くらいにはなっているみたいですね。

一方のリーフのリチウムバッテリーの交換は60万円ほどのようなので、それを踏まえた上で、中古価格が引きずられるのでしょうが、バッテリーの電力が低下したらエンジンで走れるという保険付きのハイブリッドに対して、バッテリーのみでの走行に不安を持つ方は多いでしょうから、絶対数の問題も中古人気に影響してしまうのでしょう。

でも、こういう状況が、ハイブリッドばかりを普及させて、日本におけるEVの増加を妨げているのかも知れませんね。

現状のEVのネックは、バッテリーの価格ですが、トヨタはニッケル水素の価格を下げることはできたのでしょうが、リチウムはこれからでしょうから。

EVの連続走行距離については、改善しつつあるようですし、先のロイターのコラム記事にあるように、リチウムのコストが強みだったテスラが電池パック生産の大幅な不足で需要の40%しか生産できていないということなら、ボルボの親会社である浙江吉利控股集団による中国製のリチウムバッテリーの大量生産で、テスラへの需要が、そちらへ流れる可能性はあるでしょうね。

テスラは家庭用リチウムバッテリーなんかも販売していましたから、リチウムバッテリーの安価での供給こそが、勝者の条件ということのようです。

でも、この記事の場合、親会社の浙江吉利控股集団を含めて、ボルボはEVに特化ということではなく、ハイブリッドも含まれるようなので、どちらのバッテリーが主となるのかはわかりません。

テスラの市場を取りに行くなら、確実にリチウムとなるでしょうが、そうなって初めてEVが主役の時代となるのかも知れませんね。

そして、今度はフランスについてもニュースが来ました。

フランス、40年までにガソリン・ディーゼル車の販売終了へ − AFPBB News

こちらは、2040年までエンジン完全終了という話ですが、未だ20年位以上ありますから、そこは現実的にそうなっている気がします。

きっと、もっと早い段階でそうなるような気がしますが、そうなると、既存のエンジン車も乗れなくなったりするのでしょうか?

それはそれで、寂しいですけどね。ふらふら
posted by かわいいHERO at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年06月26日

蓮の再生

DSC01868.jpg

モネは、うちの奥さんともども好きな画家であり、これまで、これとかこれと何度か美術展に行ったこともありますし、高知県北川村の「モネの庭 マルモッタン」も好きな場所です。

そのモネの代表作が「睡蓮」ですが、最近、睡蓮と蓮の違いをこちらのサイトで初めて知りました。

睡蓮と蓮の違い

モネは睡蓮ですが、今回取り上げるのは蓮の方です。

と言うのも、こちらの記事が目についたからです。

ハス消え1年、謎解けず 海津・アクアワールド − 中日新聞プラス(gooニュース)

アクアワールドは行ったことはありませんが、記事に出てくる琵琶湖の蓮については、琵琶湖博物館には何度も行っているので、よく知っています。

また、その琵琶湖の蓮が全滅したということもニュースで知っていました。

この記事にある研究者の調査結果は、何とも残念なものです。

ハス群生地「再生は事実上不可能」 草津市の琵琶湖 消滅受け研究者が調査 − 産経WEST

でも、私が琵琶湖で見た蓮の記憶には、それと同じかそれ以上の記憶として、大量のザリガニの印象が強いです。

アクアワールドの方の記事では、青森県の弘前公園で「二〇〇三年、アメリカザリガニがハスを食べているのを近所の人が偶然目撃。移植したハスを網で囲ったところハスが徐々に定着し、〇七年までに以前の姿に回復した」とあります。

「ハスが消えた原因がアメリカザリガニの食害だったかどうかは、今でも分からない」とのことですが、私が琵琶湖で見たアメリカザリガニの量を考えると、試してみる必要はあるのではないかと思ってしまいました。

もちろん、研究者はいろんな可能性を調べての結論でしょうから、素人の私が何を言うかという話であることは承知していますが、研究者が「再生は事実上不可能」と断言することにより、このような試みが行われずに、永遠に蓮の再生が無いとなると、それこそ残念に思います。ふらふら
posted by かわいいHERO at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年06月13日

自転車優先徹底のため?

子供の頃に読んだ絵本で、自動車の国の王様達と歩行者の国の王様達がそれぞれの権利を主張して喧嘩をして、最後にルールを作って平和に共存したという童話が記憶に残っているのですが、これを見て、その物語を思い出してしまいました。

2017-06-13 14.30.15.jpg

職場の前の道に自転車道が誕生しました。

と言っても、新たに専用自転車道路ができたわけではなく、路面に青い矢印がペイントされたのです。

この青いペイントは、少し前からずっと通勤で通る遠方よりペイントされて来ているので、特段の驚きこそないのですが、元々広くはない道で、場所によっては道路幅がかなり細くなっていたりしているのに、そこへ無理やりブルーの矢印をペイントしているので、ちょっと心配しています。

一定の道路幅であれば良いですが、道路幅によって矢印の位置が変わっているので、ドライバーがそれをきちんと認識しなければなりません。

植え込みが張り出してブラインドコーナーになっている部分もあるのですが、以前なら、そこは自転車が通ると危ないと肌で感じるものでしたが、この矢印によって自転車の通行を規定するわけで、ヒヤッとすることが多くなるかも知れません。

職場の前の道も、手前がカーブしているのですが、この部分は水路のフェンスが迫っているため、車1台分の車線の内側に自転車道を設けた形となっています。

2017-06-13 14.30.15-1.jpg

当然、道路の反対にも矢印はあるわけで、それを除いた車線部分ですれ違いができる訳はありません。

矢印が無くとも、実際に自転車が走っていたら、自動車はセンターラインを割らずには並走できませんので、自転車の後を走らざるを得ないのですが、矢印があることで、対向車とのやり過ごしに変な影響が出ないと良いなぁと感じています。

言わずとも、自転車に対しては歩行者が弱者であり、自動車に対してはその自転車が弱者となります。

交通弱者は守られることとなりますので、守られる自転車、つまり自転車優先を形にしたと言えるわけですが、自動車サイドとしては、わかっちゃいるけど煙たく感じてしまうことでしょう。

自転車保護の周知があってこそだと思うのですが、これで本当に安全が担保されるんでしょうか?

ちょっと疑問です。

ちなみに道路向こうには歩道が存在しますが、こちらサイドには歩道はありません。

昨今の自転車事故による道路交通法の改正によるもので、ロードバイクを想定すると、こういう形にならざるを得ないのでしょうが、ふらふらと年寄りが乗るママチャリも多いこのあたりに関しては、歩道を歩行者とシェアした方が、事故の確率は低いように思います。

ただでさえ特定の時間に渋滞するので、更に渋滞が酷くならないことを願いますが、先日のツーリングで見掛けたロードバイカーが総じて中年以上だったことで、ライダー同様自転車についても、いろいろと歪を感じます。ふらふら

※写真は「HUAWEI P10 Plus」でワイドアパチャーモードに異なるフィルタを使ってみました。
posted by かわいいHERO at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年06月09日

アマゾンどうした?

screenshot-consumer.huawei.com-2017-06-07-09-40-10.jpg

発売前のスマートフォン「HUAWEI P10 Plus」をポチってしまったことから、ブツが手元に届く前に、そのケースや保護フィルムを調達しておこうと思い、水曜日7日の夜に手配しました。

ケースについては、おそらく「P9」同様に、クリアタイプが同梱されているのかなと思いつつも、「P9」を落として画面を割ったことがあるので、更に大きな「P10 Plus」では、手帳型を使ってみようと考えています。

国内発売前でも、グローバル版や中国では既に販売中なので、アマゾンでは既に多くの「P10 Plus」対応品が出回っています。

おまけに安い!ひらめき

品質の問題はありますが、失敗しても良いくらいの価格です。

到着時期の問題と送料を無料にする為、アマゾン出荷の商品をチョイスしましたが、安すぎるので、フジの純正レンズキャップも加えて調整しました。

ところが、いつものアマゾンならすぐに出荷され、そろそろ到着を意識するタイミングなわけですが、今回は未だ発送されていません。

amazon01.jpg

当初の8-10日到着という中で、もう10日到着以外見込めない状況です。あせあせ(飛び散る汗)

まぁ、アマゾンに在庫有りとは言っても、何処の倉庫にあるのかにもよるでしょうから、複数の商品を合わせての出荷の場合は、多少時間は掛かるでしょうが、アマゾンからの出荷では、過去最遅であるのは間違いありません。ちっ(怒った顔)

やはり、ヤマト運輸の件が影響しているのでしょうか?

一部では、プライムとの差別化で、プライムでない分は、敢えて遅らせているなんて説もありますが、丁度月単位のプライムが発表されていたりで、妙に納得してしまいます。

そうこうしている内に、「HUAWEI P10 Plus」の方は、発売日の本日中に到着するようです。がく〜(落胆した顔)

※13時40分現在、既に「P10 Plus」到着も、アマゾン未出荷…ちっ(怒った顔)
18時前になって、ようやく出荷のメールが届くも日本郵便の追跡調査は反映されず…。
まぁ、予定通り明日10日には届きそうですが。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年02月20日

長いものには巻かれるべきか…

世の中、希少ということでプレミアが付くものは色々とあるもので、なんでも鑑定団の骨董品のごとく、思いがけず高い価値だとわかった時には嬉しい半面、価値がないとわかって残念な姿を目にすることもあります。

でも最近は、神社仏閣のお参りの証としていただける御朱印までオークションサイトに出回るというニュースを目にして、「なんだかなぁ」と感じられる方も多いのではないでしょうか?


御朱印がネットオークションに多数出品!バチ当たりな行為に、怒りの声 − grape


無料でもらえるダムカードさえも、買取価格が存在することに驚いたものです。

ですが、時々目にするトレーディングカードの買取店で、何やら大変な事が起きているそうです。

私はやらないので詳しくはわかりませんが、「遊戯王カード」のルール変更で、プレミア価値のカードがほぼ紙切れ状態になるという情報が流れ、買取店が一斉に買取中止となり、廃業を決意するお店まで現れたものの、影響が2割程度の限定的なものということがわかり、落ち着きかけているらしい。

遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開 − ねとらぼ

流通という過程で、需給バランスにより価格差が生じるのは致し方ないと言えますが、問題と感じることが多いのも事実です。

まぁ、人気アーティストのライブ公演チケットなんかは、ダフ屋や転売者を法律で規制されているわけですが、需給バランスでタマの少ないプレステVRだとか任天堂スイッチだとか、チケット以外の人気商品の場合は、転売価格が販売価格を大きく上回っていたりして、アマゾンで見る価格にビックリしたりします。※任天堂スイッチは発売前なんですね。例として不適切でした。爆弾

こうなると真の自由経済っていうのは、一体何が正しいのかわからなくなります。

私自身も仕事上で偶然タダで手に入ったレアなフィギュアを、ヤフオクで売って小遣い稼ぎをしたこともあったりします。

一方、私は経験ありませんが、同じようにふるさと納税で得た御礼品を転売して換金するケースも多々あるようで、総務省が各自治体に転売が容易な商品券や高額商品の自粛を要請したりしています。

私自身もふるさと納税自体は行っていて、その恩恵を受けているわけですが、その制度自体に賛成は致しかねます。

本来地元の行政で使っていた税金の一部を、地方に寄付すること自体は、必ずしも否定するべきものではありませんが、本来の税金が寄付金とされることにより、業者が介入して利を得たり、商品自体の対価に運送費に消えて、6割程度しか残らないのですから、それってどうなの?と思ってしまいます。

目立った御礼の品の用意できない地元は、税収が下がり、行政サービスの低下が懸念されます。

それで立ち行かなくなってしまうと、最終的には税金が投入されて、必要のない贅沢品を買っているのと同じ状態にならないか心配します。

かと言って、自分がふるさと納税をしなくても、他の人がやるわけで、ふるさと納税の恩恵を受けなければ、自分の意志に関係なく、地元のふるさと納税参加者の分まで市民税を負担しているような形となるわけで、それも納得がいきません。

なので、長いものには巻かれるしかないというのが我が家の現状です。

何も考えていないうちの奥さんなんかは、きっと、カタログギフトの如く特産品が届くと喜んでいるでしょうが、そこのところの問題点を認識していると、素直にそうも喜べません。

年々、ふるさと寄付を行う人が増えていて、そのあたりの問題もニュースになり始めています。


ふるさと納税返礼品競争「是正を」72% 購入費増で自治体消耗 − 産経ニュース


柏市が一転、返礼品 2億円減収、幹部「取られたものを取り返す」 /千葉 − 毎日新聞


ふるさと納税で「赤字4億円」…町田市長が批判 − YOMIURI ONLINE


柏市の場合などは、自治体サイドでの長いものには巻かれざるを得ない状況と言えます。

東京都心の23区でも同様で、こんなニュースになっています。


返礼品競争過熱 困った目玉なし東京23区 − 毎日新聞


でも、一方でこんな記事もあります。


ふるさと納税は機能している 東京23区の税収減は狙い通り、過剰な規制もふさわしくない − zakzak


そうだそうだ、人口の集中する都心から、財政難で喘ぐ地方への税の分配という目的であったことを思い出しました。ひらめき

なるほど、23区のニュースでは、見事に23区から地方への分配が成功していると言えますね。

でも、よくよく考えると、東京一極集中の現状では、中途半端な都会が一番煽りを受ける制度なんじゃなかろうか…。あせあせ(飛び散る汗)

すっきりしないことが多いです。ふらふら
posted by かわいいHERO at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年02月14日

うん、バレンタイン

今日は2月14日。

私がわざわざ言わずとも、全国的にバレンタインデーでございます。

私の場合、例年いただく職場がらみの女性からは、昨日取りに来てくれと言われてもらいに行ってきましたが、今回も来月のお返しが大変です。

2017-02-14 20.27.59.jpg

で、これまで、職場の事務員さんはおば様だったので、お返しのことも考慮して、敢えてスルーしてくれていたのですが、今の事務員さんは、比較的若く、初めてのバレンタインデーということで、思い掛けずいただくことに・・・。

2017-02-14 19.14.18-2.jpg

小さなパッケージでお返しも楽だし、喜んでくれるタイプなので、お返しのし甲斐もあるので、素直に気持ちがうれしいです。わーい(嬉しい顔)

そして、家に帰ったら、今度は奥さまからも・・・。

2017-02-14 20.29.59.jpg

渡すなり「お返しが楽しみ」という言葉に、事務員さんのような純粋さはありません。もうやだ〜(悲しい顔)

あとは塾へ行ってる娘ですが、何となく期待できそうもないかな・・・バッド(下向き矢印)
posted by かわいいHERO at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年01月31日

放射能とクラウドファンディング

朝日新聞がまたやらかしているようです。




このツツートをリツイートしていた池田信夫氏も改めてこちらのツイート。




東日本大震災直後は、私も放射能については何度も記事にしましたが、朝日の煽りは酷かったですね。

とは言え、このゆるいブログの趣旨でもないので、今回は敢えてここまで。

で、放射能というと、先日も取り上げたクラウドファンディングで気になるプロジェクトを見つけました。

aeratw03.jpg

Readyfor」というクラウドファンディングサイトなんですが、キャンピングカーと文字に、自然と目が留まりました。

放射能汚染を防御出来るシェルターキャンピングカーの開発をし、今後震災が起こった際に被災地においてシェアーカーとして利用して頂きたい!


と訴えるこのプロジェクトですが、内容はいろいろとツッコミどころ満載で気になりますねぇ。

・そもそもわずか100万円が目標額?

・ベ−ス車両の「ベンツスプリンター」はこれから自腹で購入?

・“展示または車両を試験利用(試乗車)として日本国内の緊急特殊車両及び希望者にはシェルターキャンピングカーとしてシェアー利用”と書きながら、“<注意点>車両は、展示販売用車です。放射能防壁は完全な防御を保証するものではありません。”という表示に???

・リターンについては“ぜひキャンプや旅行にお使いください”ですって。


放射能汚染を防御出来るシェルターキャンピングカーを開発したい − Readyfor【魚拓】


案の定、支援者はゼロですね。

アップル云々の凄そうな自己紹介が気になって、プロジェクト主名で検索してみると、facebookが出てきましたが、“アジアビジネスコミュニティー CEO & Founder”だそうです。

でも、「アジアビジネスコミュニティー」で検索しても、実態のある内容のページは表示されず、申し訳程度に名前がヒットするだけ。

「Kyoto house builder scool」って???、で友達5人は全員韓国の方。

個人を中傷するつもりはありませんが、資金を投下するには不安過ぎる内容です。

キャンピングカーではありませんが、こんなプロジェクトもありました。


障がい者や高齢者がありのままで働ける【移動販売車】が欲しい! − Readyfor【魚拓】

こちらは、かなりきちんとした内容で、検索でもその通りヒットしますね。

目標金額が5百万円ということで、なかなかハードルが高いですが、支援者数19人とやはり支持される方は多いようです。

個人的には、投下資金の割には、極一部の障がい者や高齢者の方にしか活用できないところが気になりますが、本当に為になるなら成功すると良いなと思いますが、このペースでは厳しいかも。


内容が脱線しまくりですが、いろんなプロジェクトがあるものだなぁと思う反面、アメリカではクラウドファンディング詐欺なんてのが横行しているそうなので、注意しないといけないようです。
posted by かわいいHERO at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年01月30日

犯人はキャンピングカー乗るな!

昨日、ながらでテレビを見ていると、ニュースで重要文化財がキャンピングカーに当て逃げされた?という事案が流れていました。

でも、ながらでよく見ていなかったので、確認しようとネット検索を掛けるもなかなかヒットしません。

うろ覚えから検索ワードをあれこれ変えて、よくやく1件ヒットしました。

news01.jpg

重要文化財の町家破損、3度目は当て逃げか

奈良の町家でした。

元商家の重要文化財である以外は、普通の民家なので、重要文化財でなければニュースにもならなかったかも知れません。

テレビのニュースでは、前面道路も映ってましたが、オルビスではあまり通りたくない道ではありましたが、当て逃げはいけませんねぇ。

車高の高いキャンピングカーではありがちなことではありますが、キャンピングカー乗り全体の評価に関わってしまいますから、万が一ぶつけちゃったら、ちゃんと申告して誠心誠意謝りましょうよ…。

でも、事故時の目撃者がいなくて、白っぽいキャンピングカーって、キャンピングカーは目立つとは言え、ほとんどが白いから案外特定が難しいかも知れませんね。

我が家も門扉を当て逃げされた経験がありますが、警察は積極的には動いてくれませんでした。

頼りにならない警察

門扉その後

今回は重要文化財ということで、動きが違うかもしれませんし、マスコミが取り上げたことで、多少は違うのかもしれませんね。

でも、これって、右の上部に傷のあるキャンピングカーは、怪しいってことですよね。

おっと、我が家のオルビス・イオも右後部のモールに傷が…

でも違いますよ!

今頃…

こういうことですから…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

2017年01月26日

クラウドファンディングの危うさ

アニメ映画「この世界の片隅に」はもうご覧になられたでしょうか?

作品としても素晴らしいですし、いろいろな意味で観ておいて損はない、いや観るべき映画だと思います。

逃げ恥を上回る余韻

そんな「この世界の片隅に」が作品の規模から見ても驚異的なヒットを続けているようです。

cloud_f01.jpg


「この世界の片隅に」興収15億円、110万人突破 − 日刊スポーツ[2017年1月25日21時22分] 


この映画のヒットと同時に、この映画のプロモ版作成費用を集めるために利用されたクラウドファンディングというものも取り上げられる機会が増え、今朝も「スッキリ」で取り上げられていました。

クラウドファンディングは、資金によって断念せざるを得なかった企画が、実現可能となるかも知れない素晴らしいシステムだと感じますが、認知度が上がるに連れて、注意も必要になってくるのではないかと思います。

私自身が初めてクラウドファンディングという名前を聞いたのは、スマートウォッチの「Pebble」だったでしょうか?

スマートウオッチは「Pebble」の圧勝かも


同じような時期に手に入れたiPhoneケース「GIZMON iCA5」は、iPhone6用ケースの資金調達に失敗しましたが、この分野のクラウドファンディングよく目にしました。

KickstarterとiPhone6ケース

また、ソニーのベルト型スマートウォッチ「wena wrist」や「MESH」という際物?もソニーの社内クラウドファンディングにより商品化されたと聞きます。

スマートウォッチ3の寿命

取り残されたQXシリーズ

そう言えば、先日パナソニックが始めた珈琲生豆の宅配サービス「The Roast」で販売される焙煎器も「Kickstarter」によるクラウドファンディングの商品でした。

パナソニックのなんだかなぁ〜


この頃、クラウドファンディングと聞いて目にするのは、「Kickstarter」という海外のサービスでしたが、現在では多くのサービスが存在しており、必ずしも商品企画だけではなく、個人をサポートするような寄付を目的とするサービスもあります。

私自身も、学生時代にアメリカでのホームステイでお世話になったホストファーザーが亡くなり、その散骨に対して、寄付を行ったことがあります。

クラウドの時代

こちらのサービスは、寄付が目的なので、目安としての目標金額は存在しますが、目標に達しない場合でも返金はありません。

寄付なので、当然ですね。

ですが、多くの投資としてのクラウドファンディングサービスは、目標額に達しない場合は返金されるようです。

ですが、目標金額を達成して、資金調達が成功したからと言って安心できないのがクラウドファンディングです。

実際にこんな例も知っておくことが必要です。

Kickstarter最大級の失敗プロジェクト、4億円を集めたドローン − GIZMODO

ドローンについてのクラウドファンディングは多く、失敗例は他にもあるようです。

クラウドファンディングが周知されることは歓迎すべきことではありますが、それが投資であることを忘れてはいけません。

資金調達に成功しても、それが投資である以上、予定されていたリターンは保証されません。

値上がるだろうと言われて買った株が値下がりした、とか倒産して紙切れになったとしても、それが自己責任であることと同じです。

「この世界の片隅に」はアメーバブログやアベマTVを運営するサイバーエージェント社のクラウドファンディングサイト「Makuake」を利用していますが、最近、ツイッターでこの「Makuake」の「360°カメラ」のPRが頻繁に表示されます。

cloud_f02.jpg

この「Pi SOLO」なるカメラは、スマホに取り付けて360度撮影するレンズスタイルカメラですが、クラウドファンディングの場合、支援という名目で、割り引いて提供されるのですが、これは、視点を変えると、クラウドファンディングという名の販売商法にも思えてきます。

プロジェクト主のQuanta Computer Inc. (Quanta)は世界最大規模のノートPCメーカー及びリーディングシステム生産企業だそうですが、何故そんな企業が、こんな小さなプロジェクトで資金調達をするのか?

それは、社内クラウドファンディングのソニーのプロジェクトと同じような理由なのかもしれませんが、支援者は、それが支援(投資)であるということを理解することが必要だと思います。

まぁ、支援という言葉が正しいとも思いませんが、要はリスクをきちんと認識して参加する事が必要です。

あまりに整った環境であると、支援者の中には、普通に商品を購入したのと同じように考える人も居るのではないかという危機感を感じます。

これらの商品は、今後のアフターサポートもどこまで期待できるかがわからない商品であることを理解して投資する必要があると思います。

この商品が爆発的に売れて、日本における販売やサポートの基盤ができれば良いですが、正直ニッチな商品ですから、そこは期待薄ではないかと思います。

ソニーやオリンパスのレンズスタイルカメラでさえ、そうでしょう。

しかしながら、ソニーやオリンパスの商品は、ニッチであってもメーカーによるサポートはきちんと受けることが可能です。

特に、スマホと連動するこの手の商品は、スマホのOSバージョンアップが行われる度に、接続できなくなるリスクがありますから、いつまで対応してくれるかということが、商品を長く使い続けることができるかの要となります。

なので、この商品を手にするなら、そこのところのリスクをしっかりと踏まえて参加する必要があるのです。

私の場合は、その懸念もあって「THETA S」を選択です。

また、その時は良くても、スマートウォッチの「Pebble」みたいなこともあります。

Fitbit、Pebble買収を正式発表 Pebbleブランドの端末は終了 − ITmedia

でも、リスクはあっても、いち早く面白い商品を使ってみたいという需要もあるわけで、きちんとリスクを承知した上で、クラウドファンディングを楽しむというのもアリなわけです。

そういう方で、これからクラウドファンディングを始めたいという方は、これらのサイトでよくお勉強して始めましょうw。

「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE


クラウドファンディング比較&基本知識を徹底解説 - 価格.com
posted by かわいいHERO at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題