2020年11月13日

西国三十三所めぐり(奈良編)南法華寺【壷阪寺】

ブログが滞り気味ですが、先日の水曜日の休日には、西国三十三所めぐりを再開しました。

残りの場所は紅葉に合わせてと考えて、月の終盤にある程度は計画していましたが、長期予報で25日あたりに傘マークが出ていたのと、なんだかんだと少し色付くのは早くなっているようなので、完璧を期待せずに前倒しすることとしました。

早めにジュジュにご飯をあげて、奥さんもいつもよりは早めに出発準備が終わりましたが、3つのお寺を廻る予定なので、高速を利用して一つ目のお寺の駐車場へ到着。

DSCF2089.jpg

なお、写真が多いので今回はお寺ごとに記事を分割します。

DSCF0706.jpg

当日最初のお寺は、3つのお寺の内、最も南に位置する南法華寺【壷阪寺】です。

DSCF0707.jpg

かなりの山の上にあり、きっと西国三十三所めぐりがなければ訪れることは無かったでしょう場所です。

DSCF0708.jpg

少し色付いた良い感じの坂を下ると、壷阪寺が見えてきました。

DSCF0709.jpg

そして、入り口で入山料ひとり600円をお支払いします。

DSCF2093.jpg

敷地へ入ってすぐ右手には大講堂あります。

DSCF2094.jpg

中へ入ってみると、正面にはたくさんの仏像が…。

DSCF2096.jpg

こちらの寺院は写真撮影に関しては、三脚を使用しなければ自由に撮影できるので有難いです。

DSCF2095.jpg

その道を挟んで向かいの建物はというと、養護盲老人ホーム「慈母園」でした。

壷阪寺は昔から眼の不自由な人々にとっての聖地とされているため、昭和36年日本で最初の「養護盲老人ホーム慈母園」が誕生したそうです。

DSCF0714.jpg

その老人ホームのそばの木が色付いて綺麗でした。

DSCF0722.jpg

先へ進むと、ところどころの紅葉の先に仁王門がありました。

DSCF2098.jpg

仁王像の前には大きな下駄が…

DSCF0725.jpg

仁王門を抜けた先には、あちらこちらに様々な色付きが見えます。

DSCF0726.jpg

「天竺渡来 大釈迦如来石像」と紅葉

DSCF0729.jpg

「多宝塔」と紅葉

DSCF0735.jpg

彼方の「 天竺渡来大観音石像」と紅葉

DSCF0736.jpg

時期を待った甲斐があります。

DSCF0740.jpg

しかし、この壷阪寺はやたらと石像が目につきます。

DSCF2103.jpg

千手観音像なんて一体いくつあるの?って感じです。

DSCF2107.jpg

何の予備知識もなかったのですが、拝観している内に、壷阪寺とインドとの密な関係が理解できました。

DSCF2111.jpg

インドへの様々な奉仕事業の縁で、たくさんの石像があるようです。

DSCF2112.jpg

休憩室にもたくさんのインドグッズが領布されていました。

DSCF2116.jpg

素晴らしい眺望の手前に「天竺渡来大涅槃石像」

DSCF0749.jpg

良いところです。

DSCF2114.jpg

「天竺渡来大涅槃石像」の背には、最も大きな「天竺渡来大観音石像」が見えます。

DSCF2118.jpg

巨大な観音様の手なんてのもありました。

DSCF0745.jpg

さて、いよいよご本尊へのお参りと御朱印をいただきに向かいます。

DSCF0750.jpg

三重塔の前には大きな眼鏡がありました。

DSCF2120.jpg

壷阪寺は眼病封じのお寺で、ご本尊は目の観音様なのです。

DSCF0751.jpg

と、急に奥さんが指さしました。

DSCF0752.jpg

「あっ、舛添さんだ!」

DSCF0756.jpg

まぁ、それは良いんですが、せっかくなので奥さんも眼病封じ祈願をするということでお札を。

DSCF2123.jpg

数日前にコンタクトレンズを買いに眼科へ行ったら、目にたくさん傷がついてる状態でとてもコンタクトはできないと言われたらしく、家では眼鏡のうちの奥さんにとってもタイムリーです。

DSCF0759.jpg

お参り後、お札を二つに割って、片方を納めました。

DSCF2126.jpg

「禮堂」と一体となった奥の「八角円堂」にもたくさんの仏像があり、一周してお参り終了です。

DSCF2121.jpg

「禮堂」前スペースの橋の向こうには、「天竺渡来佛伝図レリーフ「釈迦一代記」」が広がります。

DSCF0755.jpg

そして、こちらは「めがね供養観音」と、目のお寺ならではですね。

そして、入山料支払い時に各所のスタンプを全部押すと記念品がいただけるという台紙をいただいていました。

またもやスタンプラリーです。

観て回りながら、スタンプを押していましたが、未だ押せていない場所がいくつもあります。

DSCF2128.jpg

そこで、スマホを駆使しながら、ヒントを探して「天竺渡来 大石堂(納骨永代供養堂)」へ。

DSCF0762.jpg

その中に「仏舎利塔」を発見し、

DSCF2130.jpg

残る「七福神尊」と

DSCF2132.jpg

「真言八祖」を見つけ出すのには少々時間が掛かりました。

DSCF2131.jpg

何せ、スタンプはこんなところにあるのですから。

そんなこともあって、壷阪寺(南法華寺)はとても見ごたえのあるお寺でした。

おかげで、すっかり時間が経ってしまい、もう少しで13時というところで、壷阪寺を後にしました。

【岡寺へ続く】
posted by かわいいHERO at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年10月28日

思いつきの散策

紅葉の時期までもう少しということで、残りの西国三十三所めぐりの時期を計っているところですが、天気も良いので少しお出掛けしたいなぁということで、近場の散策です。

2020-10-28 11.30.00.jpg

お昼前に家を出て、阪急電車に乗ります。

2020-10-28 11.30.22.jpg

偶然、すみっコぐらし列車に当たり、嬉しそうなうちの奥さんです。

2020-10-28 11.31.06.jpg

ラッピングと言うか、簡単なボディのシールと社内の広告類がすみっコぐらしってだけですが。

2020-10-28 11.34.22.jpg

隣の駅で箕面線へ乗り換えます。

2020-10-28 11.47.54.jpg

もちろんやって来たのは終点の箕面駅です。

2020-10-28 11.51.33.jpg

箕面滝道を歩きますが、記憶にある限りは40年ほど前の子供の頃以来かも…。

で、箕面滝道へやって来た理由は、こんなイベントを知ったからです。

minohartwalk.jpg

偶然知った「箕面の森アートウォーク」という隔年開催されてきたイベントだそうですが、会場である箕面滝道が2017年の台風で通行止めとなっていたことで、昨年は開催できず、今年もコロナで心配されたものの、無事に開催となったそうです。

2020-10-28 11.54.51.jpg

滝道を進んでいくと、河鹿荘というところで初めのアートの展示がありましたが、飲食を伴うということで取り敢えず後回しにすることにしました。

2020-10-28 11.58.56.jpg

また、この河鹿荘さんの売店の方では、ジャニーズのなにわ男子の男の子の狩ったもみじの天ぷらが、今週土曜日に発売されるらしい。

なにわ男子・藤原丈一郎と道枝駿佑が考案「もみじの天ぷらハニーバター味」がレギュラー商品に!河鹿荘が公式に発表

まぁ、私にとってはどうでも良いんですが…。爆弾

2020-10-28 12.01.16.jpg

どんどん先を行くと、笹川良一氏の銅像がありました。

子供の頃、当時日本船舶振興会会長だった笹川良一氏が、テレビのCMで「世界は一家、人類は皆兄弟」と言っていたのを胡散臭く見ていたものです。

まぁ、笹川氏が居たから箕面市はお金持ちなんだと言われてましたね。

2020-10-28 12.11.18.jpg

そして、その先の梅屋敷では、ボランティアの方に作品について丁寧に説明していただき、興味深く聞かせていただきました。

梅屋敷のセッションテーマは「飄逸の系譜」です。

2020-10-28 12.13.12.jpg

「断絶の形」コラボ作品
花鋏チューとリップに切るなんて 芳野ヒロユキ氏×長野久人氏

2020-10-28 12.16.20.jpg

いやぁ、アートは難しい…。

2020-10-28 12.34.39.jpg

その先の「瀧安寺」は、奥さんが以前に御朱印はいただいているということで、お参りだけ。

2020-10-28 12.47.52.jpg

そして、滝道を少し外れた次のアートがこれ。

「森の中のヴォワイヤン」後見人 今井祝雄氏

2020-10-28 12.48.10.jpg

フランス語で「見る人」のとおり、"見られる像"でなく、それ自体が何かを"見る像"であるヴォワイヤン。

過去のアートウォークでも毎回登場しているらしい。

2020-10-28 12.50.07.jpg

ヴォワイヤンの近くにあった「山本珈琲館」がなかなか良い感じでした。

2020-10-28 12.51.05.jpg

時間があれば寄りたかったなぁ。

2020-10-28 12.57.38.jpg

3年前の台風の傷あとが多々残る中、駅から約2.8qの箕面大滝まであと少し。

2020-10-28 13.16.34.jpg

ようやく滝が見えてきました。

2020-10-28 13.17.46.jpg

滝道は40年ぶり?かも知れませんが、実は滝へはそばまで車で来れるので、何度か来ています。

2020-10-28 13.20.44.jpg

せっかくなので、スマホで奥さんとツーショットも。

2020-10-28 13.21.19.jpg

滝前にもアート作品がありました。

2020-10-28 13.26.08.jpg

「トラロープ」岡本光博氏

2020-10-28 13.26.24.jpg

子どものトラも可愛いです。

「箕面大滝」でUターンして、元来た道を戻りますが、帰りは下りで楽々でした。

2020-10-28 14.09.08.jpg

そして、往路で気が付かなかった「西光寺」へ。

2020-10-28 14.11.30.jpg

御朱印帳を持って来なかったという奥さんはお参りだけ。

2020-10-28 14.12.22.jpg

「そこにあるもの」西尾苑恵氏

こちらでは、このようなガラスの作品がありました。

2020-10-28 14.14.23.jpg

そして、今日見た中では一番色づいていたかも。

2020-10-28 14.14.52.jpg

「アカイロシムラ草」志村陽子氏

この赤い花は造花で作品なんです。

2020-10-28 14.16.31.jpg

そして、建物内には舟に絵画がありました。

舟:「NOAH」嶋田ケンジ氏

絵画:「この都市は幸福の理想郷なのか」浜本隆司氏

2020-10-28 14.20.14.jpg

一瞬、この作品はに怖さを感じました。

「共に ここに 在る」中村えい子氏

2020-10-28 14.30.29.jpg

そして、最後に河鹿荘でランチと共に作品を見せていただこうと思っていましたが、時間的に難しくなってしまいパス。

箕面駅まで帰って来ました。

2020-10-28 14.42.15.jpg

昼ご飯を食べていないので、駅を過ぎてお店を探していて、こちらのカフェへ入りました。

2020-10-28 14.52.39.jpg

カフェ バズライト(CAFE BAZZ LIGHT)さんです。

2020-10-28 15.04.23.jpg

私のチキン南蛮と奥さんのカキフライをシェアして食べました。

そして、食後にはせっかく箕面へ来たのでこちらへ。

2020-10-28 15.27.27.jpg

ミスタードーナツなんですが、下の数字0001が示すのは、こちらのお店がミスタードーナツの1号店ということなんです。

2020-10-28 15.28.40.jpg

店内外はこんな感じです。

2020-10-28 15.30.35.jpg

ハロウィーンの時期ということで、ハロウィーン限定品のドーナツとホットコーヒーをいただきました。

2020-10-28 15.38.08.jpg

今回は食べませんでしたが、この1号店では、創業当時の懐かしいドーナツが、特別に販売されています。

2020-10-28 16.30.31.jpg

この後、別の最寄り駅で降りて、帰りました。

僅かな時間でしたが、近場で良い気分転換になりました。

もう少しすれば、箕面滝道は紅葉で素晴らしい散策コースとなりますよ。るんるん
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年10月22日

西国三十三所めぐり(京都電車編)

しばらく小休止中だった西国三十三所めぐりスタンプラリーですが、火曜日の晩に奥さんが「明日は行きたい」と言うので、急遽、予定を組むことになりました。

奥さんは、兵庫県の一乗寺&園教寺を想定していたようですが、これからの季節は紅葉も考慮したいので、どこにどのタイミングで行くかは結構重要だったりします。

どうせなら、紅葉見たいですからねぇ。

で、一乗寺&園教寺については、園教寺は紅葉まつりらしきものもあって紅葉が良さげですが、その紅葉まつりが例年の三日間ではなく、密を回避するために1ヶ月以上あるようで、その期間中に、普段公開していない部分が拝観できるとのことなので、紅葉はともかく必然的に11月中となりました。

逆に電車で訪問するつもりの京都市の中心部は、紅葉の時期にと取ってあったのですが、改めて調べてみると、紅葉スポットである「今熊野観音寺」は、前回の京都車編で行ってしまったことと、清水寺を除く二寺は、ほぼ紅葉が関係ないようなので、今回は京都へ行くことにしました。

普通に考えて、郊外の山中にあるお寺は、ほとんどが紅葉が楽しめるんですよね。

今回の三つのお寺については、京都河原町駅を中心に少し距離はありますが、歩いて回ることができるので、時間的にも余裕があります。

とは言え、やっぱりのんびりと奥さんに合わせての出発は、ほぼ11時でした。

また、今回は帰りに娘を迎えに行くつもりで、阪急茨木市駅側の駐車場まで、シエンタで行って、パーク&ライドします。

ということで、茨木市駅から阪急電車で京都へ向かいます。

2020-10-21 11.35.00.jpg

そして、終点の京都河原町駅からはひたすら北へ向かって歩きますが、四条通りは結構人が居ますね。

2020-10-21 12.09.44.jpg

寺町通り商店街を北上しますが、やはり平日なのに人が結構いるのはGOTO効果でしょうか。

2020-10-21 12.15.39.jpg

本能寺の前を過ぎ

2020-10-21 12.21.52.jpg

御池通りの大きな交差点を渡ると京都市役所の横を過ぎます。

2020-10-21 12.23.36.jpg

アーケードの無くなった寺町通りを未だ北上して

2020-10-21 12.23.43.jpg

突然、目的地が現れました。

2020-10-21 12.35.53.jpg

知らなければ通り過ぎてしまいそうですが、ここが「霊麀山 行願寺(革堂)」です。

2020-10-21 12.34.42.jpg

革堂行願寺は、西国第十九番札所となります。

2020-10-21 12.35.56.jpg

お参りを済ませ、奥さんが御朱印をいただいている間に私は狭い境内の昆虫を撮ったりしていました。

2020-10-21 12.50.49.jpg

本当は、烏丸駅からここまでの間に一つ第十八番札所である「六角堂頂法寺」という生け花発祥の地と言われるお寺がありますが、そこは昨年末に偶然通り掛かって既に御朱印と散華をいただいているので、今回はパスしました。

2020-10-21 12.53.03.jpg

ひとつ目のポイントを制覇し、次のポイントへ向かう前にランチにします。

2020-10-21 12.58.06.jpg

京都河原町駅方面へ戻りますが、ふとしたところに京都の“良い感じ”を見つけることが出来ます。

2020-10-21 13.08.18.jpg

御池通りの噴水の先に、何やら面白いロゴのビルがありました。

2020-10-21 13.08.40.jpg

会社のロゴかと思いましたが、どうも?を集めたビルとのことなので、面白いテナントを集めたビルなのかも知れませんが、現在未だ内装中でしたから、これから全貌が見えてくるのかな?

2020-10-21 13.17.34.jpg

そして、更に南へ戻りつつ、少し鴨川寄りに進んで先斗町通へ。

2020-10-21 13.19.05.jpg

細い先斗町通を少し進むと、ランチ予定のお店が見えました。

2020-10-21 13.20.24.jpg

勝牛の先斗町本店です。

勝牛は各地で数店行っていますし、京都にはたくさんありますが、初めて来たここのお店が私は大好きです。

先斗町の雰囲気と、メニューも限定されているようですが、繊細で他店よりも美味しい気がするのです。

2020-10-21 13.23.25.jpg

カウンターしか空いていなかったのですが、充分です。

2020-10-21 13.23.18.jpg

で、今回勝牛のホームページを見て気になったこちらを注文しました。

2020-10-21 13.31.43.jpg

牛ロースだけでなく、今だけ鰹のカツがセットになっています。

2020-10-21 13.31.58.jpg

この鰹のカツが最高で、「魚のフライはちょっと…」という奥さんが絶賛で、「美味しい」を何度言っていたでしょう。

牛はランク上の黒毛和牛を注文する方も多いようですが、このセットは良かったです。

また、応対してくれた店員さんが、清潔感溢れる長身・スマートなイケメン君で男性の私でさえ好感度マックスでしたが、その話題を振っても奥さんの反応が薄かったのは何故?

2020-10-21 13.59.09.jpg

大満足のランチを済ませ、インスタ映えする先斗町通を抜けて…

2020-10-21 14.06.22.jpg

四条通りを八坂神社方面へ向かっていると、和装の女性を多く見かけました。

インバウンドだらけの時は、原色柄の派手な着物をよく見かけましたが、日本の女の子やカップルは渋めや淡い色の落ち着いた色目が多いですね。

2020-10-21 14.07.57.jpg

で、その横の歌舞伎座では、タッキーやってましたw。

2020-10-21 14.14.41.jpg

そして、大和大路通りを南下して、建仁寺の前を通り過ぎたりして、

2020-10-21 14.22.38.jpg

ようやく、次のポイント「六波羅蜜寺」が見えてきました。

2020-10-21 14.23.18.jpg

ここは、西国第十七番札所ですが、非常に近代的な感じがします。

2020-10-21 14.23.51.jpg

宝物館は拝観料が必要ですが、お参りするのに入山料自体は無料となりますので、今回は宝物館はパスして御朱印をいただきました。

二つ目のお寺の御朱印をいただき、残るはかの清水寺のみです。

そのままグーグルの誘導で行くつもりにしていましたが、事前に奥さんが通りたい道があるということで、やや北上して「法観寺 八坂の塔」の五重塔を目指します。

2020-10-21 15.02.19.jpg

その八坂の塔の手前に「八坂庚申堂」なるインスタ映えするお寺がありましたが、若者で溢れていました。

2020-10-21 15.01.01.jpg

カラフルなところが人気なのでしょうね。

そして、どうやら奥さんは私をお洒落なお店がたくさんある産寧坂(三年坂とも呼ばれる)に連れて行きたかったようです。

以前来た時には、産寧坂の途中にある二年坂から八坂神社方面へと抜けたので、私が通ったことがないからと考えたようです。

その二年坂へ抜ける角には、猫グッズ専門店が出来ていました。

2020-10-21 15.10.19.jpg

そして、そのまま産寧坂の階段を登って清水坂へと合流します。

2020-10-21 15.12.42.jpg

清水寺へのメインルートということで、一段と人の多い清水坂を登りきれば、仁王門と西門が見えます。

2020-10-21 15.21.18.jpg

まだまだ緑色ですが、これから紅葉が始まり赤く染まった清水寺周辺は綺麗ですし、ライトアップの夜間拝観もあるので、たくさんの人が訪れることでしょう。

2020-10-21 15.27.24.jpg

残念ながら清水の舞台は工事中ですが、今回の目的は西国三十三所めぐりなので、問題ありません。

2020-10-21 15.32.40.jpg

御朱印をいただいて先へ進むと、清水寺をバックに、観光客にシャッターを押されているお寺の方が居られたので、折角なので、順番に並んでスマホのシャッターを押していただきました。

でも、若い女性グループやカップルの列に入り込んだからか、「どこから来られた?」と質問され、「大阪です」と答えると「なーんだ」という表情で、「私、高槻」と言われちゃいました。

2020-10-21 15.40.00.jpg

近くてごめんなさい…。ふらふら

清水寺を後にして、どこかで休憩したいと思ったものの、適当なお店がなく、予定していたバス停まで行くと、ちょうどバスが来たので、そのまま乗り込みました。

2020-10-21 16.11.19.jpg

そして、京都駅前で下車。

2020-10-21 16.24.20.jpg

京都駅でスタンプをいただくためです。

2020-10-21 16.27.59.jpg

前回の「今熊野観音寺」と昨年の「六角堂頂法寺」を含めた五つのお寺のスタンプをJRの駅員さんにいただきました。

2020-10-21 16.29.25.jpg

いつもは車で待機の私ですが、今回は電車なのでスタンプをもらうところに同行できましたが、駅員さんは外国の方だったそうです。

2020-10-21 16.35.43.jpg

そして、ようやくどこかのお店で休憩しようとお店を探し始めると、伊勢丹のお土産物売場の看板に奥さんが反応して列に並びました。

2020-10-21 16.35.51.jpg

それは、こちらの「阿闍梨餅」というお菓子です。

なんでも、百貨店でいつも売り切れていて買えないらしいが、一度食べてみたいと言います。

確かにこちらでも箱は売り切れていて、バラのみの販売でした。

でも、うちの奥さん粒あん嫌いって言うくせに…爆弾

いい加減なもんです。パンチ

その後、地下の専門店街でお店を探し、京都なので「イノダコーヒー」へ行くことになったのですが、ケーキの在庫がほぼ無くて、小川珈琲にすると言い出し、小川珈琲も入ってみないとケーキの在庫が今一つわからないので、「スタバでも良いよ」と言うと、あっさりスタバに変更ととなりました。

2020-10-21 17.12.27.jpg

スタバのアップルパイ好きなことはわかっているので、ホイップ添えで満足するのは間違いありませんでした。

かなり歩いて疲れたこともあり、すっかりスタバでのんびりしていたら、娘の塾がいつもより20分早く終わるというので、急いでスタバを出ましたが、外はもう真っ暗です。

2020-10-21 18.21.54.jpg

京都駅から地下鉄で烏丸に移動して阪急で帰るつもりにしていましたが、急遽そのままJRの改札を抜けて、高槻まで新快速で向かい、普通に乗り換えて隣の摂津富田で降りて、阪急に乗り換えて茨木市まで帰って何とか間に合いました。

2020-10-21 19.27.36.jpg

シエンタを駐車場から出して娘を拾ったら、最寄りのスシローで夕食としました。

2020-10-21 19.54.06.jpg

大とろとウニが100円ということで食べてみましたが、やっぱりそれなりでしたね。バッド(下向き矢印)

でもインドマグロの赤身は美味しかったです。

久しぶりによく歩いた休日でした。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年10月14日

娘の初スンドゥブ

今日は娘のテスト期間の最終日ということで、ランチの外食を思いつきました。

少し前から食べたいなと思っていたのと、娘を連れて行ったことがないので、一度娘をスンドゥブ「OKKII」に連れて行きたいと思っていたのですが、奥さんに言うと娘は辛いものが駄目なので行きたがらないだろうと言っていました。

当の奥さんは、ノーという訳はないので、帰宅した娘に「スンドゥブ食べてみたいか?」と聞いてみると、食べに行きたいと言うので、念の為、塾の準備もして出掛けました。

IMG_20201014_132219_resize_20201014_222525.jpg

久しぶりの「OKKII」です。

IMG_20201014_132950_resize_20201014_222525.jpg

いつもの如く、順番待ちですが、駐車場はいつもよりも空いていました。

IMG_20201014_133500_resize_20201014_222524.jpg

スンドゥブの辛さは調整できるので、娘は1辛で私と奥さんは3辛で注文用のiPadでオーダーしました。

IMG_20201014_135248_resize_20201014_222524.jpg

お代わりし放題の副菜の内コストのせいか、キムチが胡瓜から大根に変更になっていたのが残念でしたが、大根も美味しかったので、まぁ良いか。

IMG_20201014_135258_resize_20201014_222524.jpg

食後には、抗生剤も飲まないといけませんから早く食べたい。

IMG_20201014_135621_resize_20201014_222524.jpg

今回もホルモンスンドゥブでしたが、「OKKII」のスンドゥブはやっぱり一番うまいと感じます。

t2pix_20201014-222553.png

娘は和牛とろとろスンドゥブでしたが、美味しいと大絶賛でした。

奥さんに「これまで何で連れて来てくれなかったの?」と詰め寄っていましたwww。

食後は、シエンタのホイールアライメントを調整してもらってから、100km点検に来いと言われていて行けていなかったタイヤ館へ寄りました。

IMG_20201014_145739_resize_20201014_222524.jpg

点検だけなので、フリーの珈琲を飲んでいる間に終わりました。

その後、娘を塾まで送って行った後、エキスポシティでぶらぶらしてからカルディでくるみの大袋を買って帰りました。

娘がスンドゥブを喜んでくれたのは良いですが、「OKKII」のスンドゥブはランチとしてはかなり高コストなので、今後連れて行けと言われるのも痛し痒しです。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年10月01日

滋賀の三十三所の過酷

今週の水曜日は、休みとなるかと思っていた西国三十三所めぐりですが、昨日水曜日の休みも出掛けることとなりました。

段々と残りの数は減ってきているものの、未だ未だ行かなくてならないところがあります。

そんな三十三所の最後の札所で満願のお寺となる岐阜県の谷汲山「華厳寺」について、当初はその途中の滋賀県とまとめて行こうと考えていましたが、先日、滋賀県の「長命寺」の後の「観音正寺」にタイムオーバーで行きそびれたことで、同一日に廻るにはタイトすぎることから、「華厳寺」への満願の参拝は、最後に行うことにしました。

なおあ、JRのスタンプラリーについても、「華厳寺」についてはサービススタンプとなっており、スタンプが事前に印刷された形となっているので、応募に影響はありません。

2020-09-30 07.34.27.jpg

滋賀だけとは言え、相当時間を要するという判断で、我が家としては早朝の6時半に家を出ました。

2020-09-30 07.43.30.jpg

朝食を取っていないので、草津パーキングエリアのセブンイレブンで調達です。

2020-09-30 08.23.11.jpg

そして、前回時間切れで入れなかった林道の入り口へ到着したのは8時20分頃。

林道の通行時間は8時30分からとなっていましたが、おじさんとおばさんが居られて通行OKでした。

但し通行料600円を千円で支払おうとすると、「細かいのが無いか?」と言われ、500円玉と100円玉が有って良かったです。

確かによく考えてみると、600円という中途半端な金額なので、お釣りだと100円玉が大量に必要ですし、地域がら小銭を用意するのも大変でしょうから、小銭が有って良かったです。

2020-09-30 08.26.25.jpg

オルビスでは無理だと判断していた林道ですが、意外にそこまで狭くは無かったですが、低い枝もありそうなので、オルビスで大丈夫とも言えません。

2020-09-30 08.31.04.jpg

駐車場には一番乗りでしたが、おばさんの話で、林道は8割でここから石段で2割上がらないといけないということを初めて知りました。

2020-09-30 08.33.27.jpg

いやいや、これは過酷でした。

2020-09-30 08.36.52.jpg

いくら登ってもゴールが見えず、今日は汗をかかずに済むと思っていたのに大誤算です。

2020-09-30 08.42.54.jpg

もうヘロヘロになりながら、まさに修行の石段の終わりが見えました。

2020-09-30 08.43.24.jpg

まさかこんなにハードな道のりだとは思いませんでした。

2020-09-30 08.48.13-2.jpg

その分、景色は絶景ですが…。

2020-09-30 08.49.59-2.jpg

山門が無く、仁王さんの間を入っていく感じは、正法寺(岩間寺)に似ているような気がします。

2020-09-30 08.55.57-2.jpg

沢山のお地蔵さんたちの祠の前を通って、一番奥の本堂へ。

2020-09-30 08.56.59.jpg

本堂右手は見事な石の壁となっています。

2020-09-30 08.58.43-2.jpg

実は、偶然奥さんがCSで西国三十三所の番組を録画していて、二日ほど前に観たのがこの「観音正寺」の回だったので、色々と予備知識で予習が出来ていました。

こちらのご本尊は香木「白檀」の原木を使用してつくられた「千手千眼観世音菩薩坐像」なのですが、志納金300円で、そのご本尊のお膝を特製の散華にて御身拭いをした後、その散華を持ち帰って自分だけの御守りにできるという情報を得ていたので、奥さんがお願いしました。

すると、お寺の方が丁寧に説明を交えながら本堂内陣をご案内してくださいました。

ただご本尊の御身拭いをするだけだと思っていたので、自分もお願いすれば良かったと思うと同時に、奥さん一人の為に説明をしてくださり、申し訳なく思いました。

お寺の方が若くイケメンで、なおかつ、非常にご丁寧な対応をいただいたことで、うちの奥さんも大満足でした。

2020-09-30 09.50.18.jpg

帰りも再びハードな石段を下るわけですが、境内では、お婆さんの手を引く息子さんらしき姿もあって、この過酷な階段を登れるわけが無いと思いながら、テレビでは坂道を上がって来ていたということで、別に登り口があるんじゃないかと疑っていたところ、まさにその通りでした。

林道は2つあって、一つは山上駐車場からなだらかな未舗装坂道が境内まで続く「東近江市五個荘川並側林道」で、もう一つが私達が登って来た駐車場から石段約400段を登る「近江八幡市安土町石寺側林道」で、ナビゲーションでセットすると、こちらが案内されるらしい…。もうやだ〜(悲しい顔)

今回も調査不足でした。パンチ

ご訪問予定の方はお気を付け下さい。ダッシュ(走り出すさま)

2020-09-30 09.57.49.jpg

それでも、下りでは疲れ切った年配の女性2組とすれ違った上、駐車場は満車でしたので、知らずにこちらの林道へ来てしまう方が多いようです。

2020-09-30 11.07.36.jpg

「観音正寺」のスタンプは境内に設置してあり、JR駅へ寄る必要はないので、次のお寺へと向かいますが、その前に、滋賀に次男坊のアパートへ寄りました。

もらいもののビールを置いていく為ですが、普段はオートバイで帰ってくるので、持ち帰らすことが出来ませんでした。

次男坊のアパートを出てからは、次のお寺「宝厳寺」へ向かうのですが、この「宝厳寺」は琵琶湖に浮かぶ島「竹生島(ちくぶしま)」にあります。

よって、車では行けず港に車を置いて、船に乗る必要があるのです。

その船の時間が14時過ぎの便なら少しゆったりするので、電話を入れてみたところ、その便は近江今津港を出て戻ってくるのが長浜港ということなので、港に自動車を置く私たちは利用できません。

1時間早い13時過ぎの便なら近江今津港を近江今津港に戻ってくるそうなので、その便にするしかありません。

となると、どこかに入ってランチする暇はないので、昼食はマックのドライブスルーとなりました。

2020-09-30 11.46.41.jpg

途中、ナビの指示を見逃して大回りしてしまったようで、到着時間がギリギリになっていて焦りましたが、何とか取り戻して、琵琶湖汽船の駐車場にシエンタを停めました。

2020-09-30 12.53.13.jpg

こちらの乗り場から、琵琶湖汽船の船に乗ります。

2020-09-30 13.00.21.jpg

長浜港からだとひとり3千円を超すクルーズが、近江今津港からだと3千円を下回ります。

それにJAF割引で10%引きとはなりますが、船でしか行けないことから、「宝厳寺」は三十三所の中で最もコストの掛かる札所となります。

2020-09-30 13.04.48.jpg

でも、琵琶湖クルーズはまた格別です。

2020-09-30 13.05.19.jpg

この船で片道25分の船旅となります。

2020-09-30 13.05.28-1.jpg

今回はコロナ後の平日ということで、予約なしでも乗れましたが、団体さんの予約が入っていたりすると、乗れない可能性もあるので、できれば予約した方が無難でしょうね。

2020-09-30 13.10.05.jpg

往路は船室でのんびり過ごします。

2020-09-30 13.10.40.jpg

しばしさよなら、近江今津港。

2020-09-30 13.11.46.jpg

ほとんど海のような琵琶湖をひたすら進みます。

2020-09-30 13.24.16.jpg

目の前に竹生島が近づいてきました。

2020-09-30 13.29.22.jpg

そして、上陸。

竹生島はお寺と神社があるだけなので、売店の先の券売機で参拝券を買って、「宝厳寺」に入ります。

一番乗りで券売機へ到着したものの、5千円札と1万円札しかなく、自販機で使えずに両替してもらっている間に最後となりました。ふらふら

2020-09-30 13.38.23.jpg

ここ「宝厳寺」も急な石段を登った先に、もう一つ急な石段が続きます。

2020-09-30 13.39.11.jpg

滋賀県北部の三十三所のお寺は、どこも過酷な階段ばかりの印象です。

2020-09-30 13.50.30.jpg

先ずは本堂でお参りして、

2020-09-30 13.51.05.jpg

その横にある納経所で奥さんが御朱印をいただいている間に私はカメラを持ってウロウロ。

ブログはスマホの写真ばかりですが、前回から一眼に広角ズームとは別にお気に入りの単焦点レンズの使用を再開したら、以前のような撮影の楽しさが戻って来ました。

2020-09-30 13.57.28.jpg

本堂前から更に急な階段を登ったところに宝物殿や三重塔です。

2020-09-30 13.58.27.jpg

こちらはもちもちの木らしい。

2020-09-30 13.59.47.jpg

登って来た階段とは別の急な階段を降りていくと、観音堂があります。

2020-09-30 14.03.01-2.jpg

この観音堂の前のカラフルな部分、「唐門」は国宝らしい。

2020-09-30 14.03.29.jpg

そして、観音堂が西国三十三所の第三十番の札所なんですね。

ご本尊はこちらも「千手千眼観世音菩薩」でした。

2020-09-30 14.06.23.jpg

しかし「唐門」の美しさには見とれてしまいます。

2020-09-30 14.06.40-2.jpg

幸せを感じるカラフルさです。

2020-09-30 14.08.45.jpg

そして、その観音堂から奥に続く廊下

DSCF0386.jpgFUJIFILMX

なんと桃山時代の建築だそうですから驚きです。

2020-09-30 14.11.26-2.jpg

舟廊下の先は、「都久夫須麻神社」へと続いていますが、こちらは神社なので、「宝厳寺」のマップの中にはありません。

この海に面した建物は、「常行殿」で、その反対側が国宝の「都久夫須麻神社」の本殿となります。

2020-09-30 14.13.13-2.jpg

450年前、豊臣秀吉が寄進した伏見桃山城の「束力使殿」を移転したものだそうです。

2020-09-30 14.13.56-2.jpg

「常行殿」には龍が祀られていて、びわ湖に面して突き出した所に竜神拝所があり、かわらけ投げが楽しめます。

2020-09-30 14.14.20-1.jpg

一通りの散策が終わりましたが、未だ帰りの船の出航まで時間があったので、こちらのお店でアイス最中をいただきました。

2020-09-30 14.27.24-1.jpg

かわいい絵の入った最中ですが、奥さんのバニラと私の抹茶ともに400円と観光地価格です。

DSCF0402.jpgFUJIFILMX

そして、いよいよ竹生島を離れます。

船の時間が決まっているので、「宝厳寺」と「都久夫須麻神社」への参拝である竹生島の散策時間は船により少し違いますが、75分となります。

DSCF0430.jpgFUJIFILMX

帰りは船内ではなく2階のデッキで過ごしましたが、風が強く奥さんが寒いというので、後半は船内に入りました。

DSCF0409.jpgFUJIFILMX

琵琶湖汽船の駐車場のすぐ先ににJR近江今津駅があり、スタンプも無事にゲットです。

2020-09-30 15.24.08.jpg

帰り道の下道はナビおすすめの鯖街道を通って、途中で恒例となりつつあるセブンカフェ&スイーツです。

2020-09-30 16.51.11.jpg

業務スーパーで買物後、無事に一旦帰宅しましたが、奥さんの家事軽減ということで、塾へ娘をお迎えに行った帰りに夕食は娘のリクエストのうどんで、珍しくはなまるに行ってみました。

2020-09-30 21.37.02.jpg

充実の1日でしたが、朝早かったこともあって疲労はピークでした。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年09月28日

今日も西国三十三所めぐり(京都車編)

奥さんの西国三十三所めぐりスタンプラリーですが、私抜きでは実行不可能な上、その行動も私主導で予定しないことには実行になりません。ふらふら

昨日の日曜日の予定も、前日土曜日にどうしたいかを聞き出して、プランを私が練って伝えます。

1日にめぐるプランとしては、既に何パターンかで出来上がっているので、出発時間や帰宅時間を考慮して、今回は車でめぐる京都としました。

今月は高速であちこち行っているので、今日は高速を使わずにドライブとして、10時頃に出発し、予定通りに昼前に到着したのは宇治の「三室戸寺」です。

2020-09-27 11.43.10.jpg

日曜日でも駐車場はガラガラでした。

2020-09-27 11.45.18.jpg

紫陽花で人気のお寺ですから、その時期はきっと満車なのでしょうね。

2020-09-27 11.46.33.jpg

参拝料ひとり500円を支払って中へ。

2020-09-27 11.50.49.jpg

真っ赤な山門を過ぎて、

2020-09-27 11.53.46.jpg

奥に見える階段を登るようです。

2020-09-27 11.55.50-1.jpg

階段を登り切ったら、突き当りに本堂が見えました。

2020-09-27 11.56.07.jpg

この頭が人間、身体が蛇の宇賀神像の身体の部位を触ると、それぞれの部位でご利益があるそうです。

2020-09-27 11.57.36.jpg

本堂の左右にも、狛兎の福徳兎と勝運祈願の宝勝牛が鎮座しています。

早速、本堂でのお参りを済ませて、奥さんが御朱印を頂いている間に、写真を撮っていると、雨模様から太陽が顔を出して、綺麗な青空になりました。

2020-09-27 12.11.05.jpg

晴れてとても気持ちが良いです。

2020-09-27 12.15.58.jpg

いつか、紫陽花の時期にも来てみたいものです。

早々に、一つ目の御朱印を確保しましたが、奥さんが西国三十三所めぐりとは関係のない、この近くにある神社に行きたいと言い出し、ナビを頼りに向かうことになりました。

2020-09-27 12.33.29.jpg

宇治上神社という神社でした。

2020-09-27 12.35.08.jpg

奥さん曰く、以前にも来たことがあるらしいのですが、私には全く記憶がありません。

2020-09-27 12.39.26.jpg

で、こちらの神社、やたらとうさぎがいるのですが、奥さんはうさぎの御朱印帳が有れば欲しいと思っていたようです。

2020-09-27 12.39.34.jpg

こちらにもうさぎ。

2020-09-27 12.39.48.jpg

こちらにもうさぎですが、残念ながら思っていた御朱印帳は無かったようです。

なお、おみくじもやっぱりうさぎでした。

2020-09-27 12.40.04.jpg

あっそうか、宇治上神社って世界文化遺産だったんだ。

2020-09-27 12.41.24.jpg

ちょっとびっくりですが、段々と以前の記憶をたどって、5年前に平等院へ行った時に宇治川を橋で渡って登って行った先の神社ってことは思い出しましたが、以前来た時は時間が遅くて御朱印をもらえなかったのかな。

以前と反対のルートでなおかつ徒歩だったことでピンと来ませんでした。

2020-09-27 12.51.52.jpg

次のお寺に行く前に、忘れてはならない駅スタンプは、JR宇治駅でいただきました。

そして、そこから30分ほど移動して、次は醍醐寺なのですが、お寺の駐車場が1,000円と高すぎるので、手前の上限700円のコインパーキングに停めましたが、結果300円で済みました。

2020-09-27 13.24.20.jpg

しかし、この醍醐寺、拝観料もひとり800円とお高めです。

2020-09-27 13.24.56.jpg

あまりお金のことを言ってはいけないのでしょうが、全体的に高い。

2020-09-27 13.25.10.jpg

さらに三宝院の拝観に別途の拝観料が必要だったり、観音堂がコロナで閉鎖になっていたり、飲食のお店も閉まっていたりで、より割高に感じてしまいます。

2020-09-27 13.26.03.jpg

でも、三十三所めぐりの御朱印をいただくためには、拝観料が必要なのです。

2020-09-27 13.31.38.jpg

せっかく拝観料を払っているので、奥の下伽藍の建物も見に行ってみることにします。

2020-09-27 13.43.21.jpg

こちらの仁王門でも、チケットを確認されます。

2020-09-27 13.44.40.jpg

でも、その先がなんだか荒れています。

2020-09-27 13.45.31.jpg

右を見ても

2020-09-27 13.46.05.jpg

左を見ても

2020-09-27 13.45.51.jpg

木が伐採されて、無残な荒地のようになっています。

2020-09-27 13.50.12.jpg

その先の国宝だという金堂もなんだか傷みが激しいように感じます。

2020-09-27 13.51.48.jpg

五重塔も然りです。

2020-09-27 13.59.14.jpg

でも、帰り際に仁王門で見た写真で納得です。

台風で殆どの樹木がやられてしまったのです。

厳しい台所事情にコロナの影響も伺え、心配に思いながら、醍醐寺を後にしました。

ちなみに醍醐寺の西国三十三所の札所は、本来上醍醐の准胝堂だったのですが、火災による消失で下醍醐の観音堂で納経が行われていたところ、現在はコロナで三宝院となっているのです。

2020-09-27 14.24.28.jpg

本当は、ここで本日のお参り予定は終了でしたが、未だ時間があったので、急遽もうひとつ、今後京都中心部のお参り予定のお寺から少し離れている「今熊野観音寺」に行ってみることにしました。

本来、ランチに醍醐寺で湯葉丼でもいただこうと思っていたのですが、コロナで休止されていた為、スタンプをもらうJR山科駅へ行くまでの間に、ラーメンの魁力屋を見つけて入りました。

2020-09-27 14.31.46.jpg

ラーメンと

2020-09-27 14.32.37.jpg

油そばを2人でシェアしました。

まぁ、特筆すべきものはありませんでしたけど。

そして、JR山科駅でスタンプをいただいた後は、事前の調査でその幅が心配だった赤い鳥居橋を通る「今熊野観音寺」の駐車場に到着。

2020-09-27 15.29.09.jpg

現実には、その心配は必要なかったです。

2020-09-27 15.29.40.jpg

「今熊野観音寺」には初めて来ましたが、

2020-09-27 15.29.55.jpg

境内にはかえでの木が多く、紅葉の時期には綺麗だろうなぁと想像できます。

2020-09-27 15.31.43.jpg

こちらは子まもり大師だそうですが、うちはもう卒業だと思うのですが、奥さんは一応お参りしていました。

2020-09-27 15.35.03.jpg

バスツアーと思われる団体さんなんかも居て、流石京都の中心に近いお寺と感じます。

2020-09-27 15.35.42.jpg

奥さんが外せない、ボケ防止の観音様もいらっしゃいましたが、ここは苔なんかも良い雰囲気があり、先程の醍醐寺と違って、大好きなお寺となりそうです。

2020-09-27 15.47.52.jpg

奥に覗く赤い建物は「医聖堂」だそうです。

2020-09-27 15.51.54.jpg

写真的にも映える光景ですね。

紅葉の時期にまた来たいところです。

2020-09-27 16.43.57.jpg

帰りも高速を使わずに、今日2度目のセブンカフェは白熊アイスと共に。

2020-09-27 17.02.40.jpg

帰路では凄い車も見かけました。

時間も遅くならずにモトGPも堪能できたので、なかなかよくできた1日だったかなと思っています。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年09月17日

西国三十三所めぐりで痛恨のミス

この水曜日の休日は、再び三十三所めぐりのスタンプラリーを進める為に、滋賀の近江八幡付近のニ寺に白羽の矢を立てました。

シエンタで行く予定にしていたものの、次男坊の彼女が大阪まで出てきてバイクで迎えに行くと言うので、うちの奥さんがそれは駄目だと言い、シエンタを貸すという話になり、急遽サンバートラックで滋賀へ向かうこととなりました。

腰が痛むと言う奥さんに軽トラは心配なので、気を使って「何か飲む?」と聞いたら、難易度の高いミニストップを指定され、何とか探して飲食物をあれこれ買うこととなりました。

ここ最近は三十三所めぐりを詰めていて、高速料金や諸々の費用も嵩んでいることから、今回は節約の為下道で向かうこととしていました。

時間的も余裕があるからなのですが、前日に10時には必ず出発すると言っていた奥さんですが、結局今回も遅れました。ちっ(怒った顔)

サンバーのナビには、二つのお寺の内、長命寺までのルートを仮に入れていたのですが、途中でどちらから行くのが良いかを考えて、検証しようとしたのですが、私はマニュアル車の運転ですから身動きが取れないものの、助手席の奥さんはそれを率先して調べようということも無く、「距離的にほとんど変わらないからまぁ良いか」とそのまま長命寺に行くことにしました。

IMG_20200916_142148_resize_20200917_000314.jpg

琵琶湖の湖畔道路から看板に従って少し行ったところに、林道の入り口があります。

IMG_20200916_142201_resize_20200917_000314.jpg

これが、事前の調べで気になっていた大型車を阻止するポールです。

IMG_20200916_142334_resize_20200917_000314.jpg

細い道を上がることになるので、ここはオルビスでは来れないと判断していました。

実際、幅的には何とか大丈夫だった可能性もありますが、上方向が厳しかったと思います。

t2pix_20200917-000848.png

そこは、軽トラサンバーでは全く心配がなく、実際は遭遇しませんでしたが対向車さえ気にせず登れました。

FB19950E-83FB-40E1-98D2-8E5FDB2522F5.jpegFUJIFILMX

駐車場にサンバーを置いて、ここから階段を上がります。

33F01ED2-5606-40C3-AD0D-9775B05B7598.jpegFUJIFILMX

山門?は見えているのですが、中々の階段です。

519252B4-6231-4761-BE0C-E78C73668982.jpegFUJIFILMX

これを車ではなく、下から登ってくることを考えるとゾッとしますが、本来この厳しい道のりこそがお参りという修行だったのだろうと思います。

91AFF8A3-BFF0-4A18-AA67-B933E7AE98D9.jpegFUJIFILMX

まぁ、今はうちの奥さんの腰の調子が良くないので、とてもそんな修業はできませんが…。

0C4525BE-1883-44AE-8FFA-E9C36CB38B3C.jpegFUJIFILMX

今回も一眼とスマホの写真を区別してみますが、ブログは基本的にはスマホ中心で、一眼はボケを活かした構図が多くブログには適しませんので少なめです。

IMG_20200916_143156_resize_20200917_000313.jpg

山門の向こうにも階段が続きます。

IMG_20200916_143244_resize_20200917_000313.jpg

なお、スマホでも超広角を多用しています。

IMG_20200916_143331_resize_20200917_000313.jpg

古さは感じますが、見事なお寺で厳しい立地の割に人も多かったです。

IMG_20200916_143520_resize_20200917_000313.jpg

向こうには琵琶湖が見えます。

IMG_20200916_143726_resize_20200917_000313.jpg

高台で雄大な景色が、信仰心を満たすのでしょうね。

IMG_20200916_144919_resize_20200917_000312.jpg

降りる時の1枚ですが、見事な景色で思わずシャッターを押しました。

075AF203-3B43-4C88-8229-EA02C293E7C2.jpegFUJIFILMX

再び長命寺の狭い林道を下って、次はスタンプラリーの為の近江八幡駅へ寄ります。

IMG_20200916_153209_resize_20200917_000327.jpg

駅員さんの愛想は良くなかったようですが、無事にスタンプを押してもらって、次へ。

IMG_20200916_154911_resize_20200917_000327.jpg

もう一つのお寺「観音正寺」もまた、狭い林道が続くルートらしい…。

IMG_20200916_155015_resize_20200917_000327.jpg

そして料金所となる林道入口のゲートの前まで来て、愕然とします。がく〜(落胆した顔)

なんと林道は16時までだったのです。

この時、未だ16時にはなっていなかったのですが、どうやら下りを含めて16時に閉鎖されるようなので、参拝して下る時間を含めて16時までに収めなければならなかったのです。

もうガックシです。もうやだ〜(悲しい顔)

奥さんは、「ごめんね、出るのが遅れちゃったから」と謝ってくれましたが、私が悔やみきれないのは、行きのルートの途中で、「長命寺」と「観音正寺」のどちらから行くかを迷ったことであり、その時、逆の順序にしていれば、問題なく二つのお寺を参拝できたのです。

林道の16時までという重要な情報は、奥さんが持っている三十三所めぐりのガイドブックには載っているでしょうから、奥さんが自分の三十三所めぐりだと主体性を持って調べてくれたら…という気持ちを抑えるのに苦労しました。

自分一人だけの軽トラツーリングだと、こんな気持ちにはならないんですけどね。ふらふら

でも、今更何を言っても仕方が無い訳で、失意の中、帰路につきました。

滋賀方面は、この「観音正寺」を除くと、残るは琵琶湖に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)にある「宝厳寺」と、岐阜県揖斐川町にある「華厳寺」であることから、オルビスで行こうと考えていたのですが、そこに「観音正寺」が入るとそうもいきません。

こちら方面については、再度計画の練り直しが必要です。あせあせ(飛び散る汗)

帰路も途中までは下道で帰りましたが、京都を抜けるのに混む時間帯であり、塾の娘のお迎えがあるので、京都東からは名神高速を利用しましたが、当然ですがやっぱり高速は早くて楽ですね。

まぁ、初めから高速で向かっていればこういう結果にはならなったのですが、節約も必要なので、これからも時間があればのんびり下道も必要と考えています。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年09月10日

西国三十三所めぐり日本海編

昨日の水曜日の休みにも、西国三十三所めぐりスタンプラリーを進めます。

何処にしようかと考えていて、事前調査で道が細くオルビスで出向くのが難しいのと、積雪があるとたどり着けなくなりそうな日本海側の二つのお寺に白羽の矢が刺さりました。

また、これからの時期、紅葉の時期にも入ってくることもあり、紅葉が期待できるところは、紅葉も合わせて楽しめたらなぁという目論見ですが、そう上手くはいかないでしょうね。

ということで、奥さんに9時出発を明言して、中国道から舞鶴道利用で舞鶴の東に位置する「青葉山 松尾寺」へ。

2020-09-09 10.47.41.jpg

とある西国三十三所めぐりについてのブログ情報から、オルビスでは難しいと判断したわけですが、実際に行ってみると、概ね問題なく通れるような気もしましたが、一部土砂崩れのせいか土留めで極端に幅の狭い部分があったり、全体的に樹木が低めのところまで生い茂って来ていますので、不安は残りました。

そこまで見通しも悪くないので、シエンタであれば、対向車も問題ありませんでした。

2020-09-09 10.53.11.jpg

駐車場には数台車が停まっていて、タクシーを待たせている方も居ました。

DSCF0003.jpg

この「青葉山 松尾寺」のご本尊は三十三所で唯一馬の頭を持つそうで、石碑にもそれらしき文字が確認できました。

2020-09-09 10.54.15.jpg

現在、山門は工事中でしたが、参拝前にトイレに行きたくなって行ってみたら、トイレにも賽銭箱があって神様が祀ってありびっくりしました。

2020-09-09 10.56.00.jpg

地方の山奥のお寺ということで、石の階段をはじめとして、境内に経年劣化の古いが故の傷みが見て取れます。

DSCF0005.jpg

この石段の上に本堂がありました。

DSCF0007.jpg

都会の寺院では、コロナで手水舎の柄杓が撤去されているケースも多いのですが、こちらは柄杓がありました。

DSCF0008.jpg

本堂の木製部分も予算的に手を掛けるのが難しいのでしょうね。

DSCF0012.jpg

立派な建築であるが故に心配です。

2020-09-09 11.07.59.jpg

お参りを済ませて、山門まで下って「納経所」の案内に従って、少し離れた宿坊で、無事に御朱印と散華をいただきました。

また、こちらのお寺では立地の問題からか、スタンプラリーのスタンプも設置されていて、駅へ行く必要は無かったのですが、それだけこちらでスタンプを押す方が多いのでしょう、もうスタンプが擦り切れていて文字が読めない状態でした。もうやだ〜(悲しい顔)

駐車場に戻って、次にランチを予定していた「松栄館」までのルートをナビにセットするために、奥さんにスマホで住所を調べてもらっていたら、奥さんが重要なことに気が付きました。

syoueikan01.jpg

「ランチのところに線が入ってるよ?」

2020-09-09 11.47.07.jpg

えっ?!、まさかのコロナのよってディナーのみの営業となっていたことに気が付いていませんでした。

私の参加しなかったショップツーリングで行ったらしく、私も行ってみたいと思っていたレトロな建物でのリアルな海軍レシピ料理がいただけるお店だったんですが、残念です。

念の為、電話をしてみましたが、やはりランチ営業はしていないということなので、仕方なくその後に寄るつもりだった舞鶴赤レンガパークへ。

DSCF0024.jpg

私は、マンホールカードをもらいに一度来たことがありますが、奥さんは初めてです。

DSCF0033.jpg

赤レンガの倉庫の雰囲気は良いのですが、こちらも私が来た時とは様相が違っていました。

2020-09-09 11.56.08.jpg

平日とあって、カフェもやっていませんし、コロナの影響もあるのでしょう。

2020-09-09 12.08.33.jpg

私が以前、海軍カレーを食した観光船の乗船券売場の所のカフェは営業していましたが、奥さんの心には響かなかったようです。

お土産物売り場でも、奥さんの興味を惹いたカレーパンも週末限定ということで、特に見るものもなく、赤レンガ倉庫を後にしました。

自衛隊の一般公開も無いので、来るならやはり休日か週末でないと駄目ですね。

それでも、ランチの為に駐車場でお店情報を検索しましたが、コロナの影響もあり、現在の良さげなお店の見当がつきません。

日本海なので、やはり海鮮のお店が出てくるので、奥さんに聞くと良い反応なので、宮津の駅前にある「富田屋」さんをチェックしてみると、営業は問題なさそうで、次の行くポイントまでの途中にあることから、取り敢えず行ってみることにしました。

DSCF0038.jpg

運良く駐車場も空きがあり、すんなりと駐車できた「富田屋」さんには、私自身は、ショップツーリング次男坊とのタンデムツーリング以来の3回目です。

DSCF0039.jpg

でも、それももう8年も前のことでした。

今や後ろに乗せていた次男坊は、自分で四国一周ツーリングに出掛けている最中で、月日の流れを感じます。

DSCF0040.jpg

驚いたことに、「富田屋」さんのお店の回りには順番待ちの人影が…。

まぁ、人の数は学生らしき7人組が居たりしたこともありますが、4組目に名前を書くこととなり、軽く雨がぱらつく中、少し待ちました。

コロナ渦であっても、人気のお店はやっぱり人気なんですねぇ。

「GO TO トラベル」も関係しているのでしょうか?

2020-09-09 13.52.25.jpg

いただいたのは、奥さんともに、やっぱり「刺身定食(税込1100円)」です。

やはり新鮮なお魚は美味しいですね。

2020-09-09 13.51.21.jpg

ついでに気になったのでホルモン焼きを注文してみたのですが、牛ではなく鶏でした。あせあせ(飛び散る汗)

まぁ、ほぼほぼレバーで、うちの奥さんレバーが好きなので良かったんですが。

2020-09-09 13.52.35.jpg

勿論店員さんはマスクをされていますが、店内は大賑わいでコロナは関係ないといった感じでした。

奥さんも満足してくれたようで、時間的にも余裕を持って、次の「成相山 成相寺」へ向かいます。

2020-09-09 14.33.39.jpg

こちらのお寺もお寺までの長い専用の細い道を登って行きますが、ここは傾斜が半端なかったです。

2020-09-09 14.38.15.jpg

特にお寺の直前は、積雪では絶対無理だろうという急勾配でした。

こちらでは、入り口に小屋があってそちらで入山料を支払ってから駐車場へと更に登ります。

DSCF0041.jpg

駐車場からは少し歩けばすぐに本堂らしき建物が見えました。

2020-09-09 14.39.07.jpg

坂道ですが、距離も短く苦にはなりません。

DSCF0044.jpg

早速、お参りをする奥さんの近くに、お地蔵さんが居られました。

DSCF0046.jpg

一言でお願いすれば、何でも叶えてくれるそうです。

DSCF0045.jpg

その傍らには、可愛らしいお地蔵さんがいっぱい。

どうやら、おみくじで自分で目を入れるようです。

DSCF0054.jpg

この石段の上に本堂があり、そちらで御朱印も頂きました。

そして、こちらのお寺には、展望台があるということで、駐車場まで戻ってシエンタで約5分の道のりを登ってみました。

DSCF0055.jpg

この時を狙ったように雨も止み、天橋立のパノラマが視界に広がります。

2020-09-09 15.30.48-2.jpg

かわらけ投げがあったので、奥さんにやるかと聞いたら「通す自信がなく、失敗したら落ち込むのでやらない」だそうです。

楽しめば良く、結果を気にしても仕方ないんですけどねぇ。爆弾

DSCF0061.jpg

でも、気温も適温で、心地良い風が吹いていて、しばらく幸せな時間を過ごすことが出来ました。

DSCF0062.jpg

そして、成相寺を後にして下っていると、「何か居るぞ?」

2020-09-09 15.48.12.jpg

あら、可愛いウリ坊じゃないですか。

2020-09-09 15.51.32.jpg

お母さんとはぐれちゃったのかな???

本当に小さくて可愛かったので、連れて帰りたい衝動にかられました。

駄目だ、野良猫と同じ視線で見ています。

奥さんも同じで「キャットフードあげたら駄目かな」なんて言い出す始末です。

もちろん、自然の動物ですから見守るだけで帰りましたよ。

2020-09-09 15.51.36.jpg

そして、綺麗なタンゴ鉄道の天橋立駅でスタンプをいただいて帰路につきました。

2020-09-09 16.08.06.jpg

帰りは、舞鶴道ではなく与謝天橋立ICからの京都縦貫自動車道で帰りましたが、時間と料金を考えると、このルートが一番しっくりくる気がします。

京丹波みずほICからは国道173号線をそこそこの距離走りますが、ドライブと考えると、コンビニでアイスクリームと珈琲買って、快適で良い時間に帰宅できました。

さて、ここのところ詰めている西国三十三所参りですが、ひとまず冬の難所を終えて、次はいつになるでしょう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年09月07日

ニャンズマーケットと三十三所

昨日の日曜日には、以前から奥さんにとあるイベントに行きたいと言われていたのですが、西国三十三所めぐりスタンプラリー実行中ということで、一日イベントで潰すのがもったいなく感じて、急遽スケジュールを組んで、朝から奈良へと向かいました。

イベントが12時スタートということなので、午前中を利用します。

奈良には2年前の紅葉の時期にも来ていますが、今回は御朱印だけが目的なので、通りの目についた立体のタイムズへシエンタを停めて、歩きます。

2020-09-06 10.43.59.jpg

コロナで外国人客の居ない奈良は、日曜日の11時前なのにひっそりとしています。

また、少し小雨がぱらついています。

2020-09-06 10.46.58.jpg

店前での高速餅つきが名物の中谷堂さんも、お客さんはまばらです。

2020-09-06 10.48.50.jpg

今回、御朱印をいただくのは、興福寺にある「西国三十三所」の第九番札所である南円堂です。

2020-09-06 10.49.06.jpg

長い階段の上にその南円堂はあります。

2020-09-06 10.50.46.jpg

先ずはお参りを済ませて、奥さんが御朱印をいただいている間に、私は一眼で中金堂や三重塔を撮影しつつ少しだけブラブラ。

2020-09-06 10.51.33.jpg

でも、今回も奥さんの準備が遅くて出発が30分遅れているので、ご朱印をいただくとすぐに興福寺を後にします。

DSCF0461-1.jpgFUJIFILM X-T4 +XF16-55 F2.8 & Lightroom

奥さんい言われて一眼で撮った御朱印の写真は、Lightroomでちょっと弄ってみました。

2020-09-06 11.01.41.jpg

南円堂から階段を降りた猿沢池の前にスターバックスが出来ていました。

S__15400963.jpg

すると、自分のiPhone8Plusで猿沢池を撮った奥さんが、「見て!見て!今年一番の写真が撮れた」とはしゃいでいます。

なるほど、猿沢池の水面に青空が映って綺麗ですね。

それならと、私もMate20Proで参戦。

2020-09-06 11.02.02.jpg

広角レンズが効いてよりインパクトがありますが、奥さんは「水面の色が自分の方が綺麗」だと主張します。

DSCF0466-1.jpgFUJIFILM X-T4 +XF16-55 F2.8 & Lightroom

ならば…と、一眼で撮影した写真をRAW現像してやりました。

流石にやり過ぎですね。

ちなみに、フジフィルムのベルビアでの撮って出しはこれです。爆弾

DSCF0466.jpgFUJIFILM X-T4 +XF16-55 F2.8

帰り道に奥さんが指さすカメラ屋さんは、フィルムカメラ屋さんかな?

ショーウィンドゥにレトロなカメラが並んでいました。グッド(上向き矢印)

2020-09-06 11.04.25-2.jpg

中谷堂さんの前を通った時に「今日はお餅は良いの?」と聞くと、「今日はやめとく」と言いながら、「やっぱり食べよかなぁ」と優柔不断なうちの奥さんです。ふらふら

DSCF0470-1.jpgFUJIFILM X-T4 +XF16-55 F2.8 & Lightroom

駐車場へ戻って、再び行きと同じ阪奈道路経由のルートで大阪へ戻って、中央大通りを西へと向かって、やって来たのはとある会社の前。

そこにシエンタを停めました。

2020-09-06 12.35.00.jpg

実はここ、駐車場サービス「akippa」を利用して貸し出されている時間貸し駐車場なのです。

2020-09-06 14.54.32.jpg

「akippa」はかなり前から登録はしていますが、以前に予約まではしたものの、台風でキャンセルしたので、今回が初めての利用です。

企業が土日に使わない駐車スペースを有効活用しているんでしょうね。

2020-09-06 12.39.43.jpg

で、行き先は橋の上からの景色の右端にある銀色のドームです。

2020-09-06 12.39.52.jpg

川の左に「何かのお店があるなぁ」と思っていたら、「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」でした。

今年の1月にお目見えしたホットな複合施設なのですが、コロナが不運でしたね。

2020-09-06 12.40.22.jpg

でも、見る限りは結構にぎわっている様子でした。

2020-09-06 12.43.21.jpg

そして、ホームセンタービバホームの横を通って、大阪ガスのガラス貼りの建物を曲がったところで、京セラドームが登場です。

2020-09-06 12.51.50.jpg

ここで、目的のイベント「ニャンズマーケット」が行われているのですが、このエスカレーターで登ります。

2020-09-06 12.55.16.jpg

エスカレーターの乗り口で、大阪コロナ追跡システムに登録する必要があり、3つの長いエスカレーターを乗り継いで会場のスカイホールへ到着かと思ったら、もう一つエスカレーターがありました。たらーっ(汗)

2020-09-06 12.55.58.jpg

だだっ広い空間を進んで、ようやくここがスカイホールらしい。

2020-09-06 12.57.46.jpg

イベント自体は撮影不可ではないものの、来場者の顔が認識できる会場写真や、許可を得ないブースの写真は不可とのことなので、一眼は出しませんでした。

7top.jpg

会場の中はこんな感じでした。

2020-09-06 13.00.00.jpg

先ずはうちの奥さんが先日、大念寺さんで御朱印帳をゲットした、寺猫屋さんのブースへ直行。

奥さん曰く、売り切れると嫌なので、先に御朱印帳と同柄の御朱印帳袋とクリアファイルをゲットしたようです。

2020-09-06 13.02.22.jpg

そして、別のブースで欲しい黒猫のピアスがあったようですが、残念ながらイヤリングしか在庫がなくて、買えませんでした。

でも、一通り見て回って、気になるブースの名刺ももらって、奥さんは満足できたようです。

有難かったのは、会場で山積みで提供されていた、猫ちゃん用ドライフードモンプチの試供品を必要なだけけ持って帰っていいとのことでしたので、Pちゃんは固形は無理ですが、他の野良のさび猫ちゃん達にあげれられるので、多めにいただいて、常に携行することにします。

2020-09-06 14.14.18.jpg

慌ただしいスケジュールで、ゆっくりランチを食べれないので、ドーム内にあった夫婦だけではまずない、マクドナルドでランチとしました。

2020-09-06 16.00.58.jpg

その後は、少し時間のゆとりがあったので、予定していた高速を使わず、下道で次のポイントへ移動しましたが、到着直前に、結構な雨が降り出し、おまけにナビが調べておいた駐車場を上手く案内できずで、やや苦労しました。

指も写っちゃってるし…。もうやだ〜(悲しい顔)

2020-09-06 16.03.38.jpg

まぁ、狭い道が多いので、苦労するわけですが、徒歩で東門に近い駐車場でしたので、助かりました。

2020-09-06 16.03.58.jpg

で、ここは藤井寺にある「西国三十三所」の第五番札所である葛井寺(ふじいでら)です。

2020-09-06 16.04.14.jpg

写真の奥には立派な南門があるようですが、現在は工事中で通れないようです。

雨のおかげで、傘をささなければならず、ついスマホのカバーが浮いちゃって、写真に写り込んでしまってました。パンチ

2020-09-06 16.04.18.jpg

こちらが本堂です。

2020-09-06 16.20.06.jpg

南門の手前には、喫茶の休憩所もあるようですが、その隣には…

2020-09-06 16.20.18.jpg

弘法大師さんでした。

台風の影響でしょうか、午前中の南円堂の時のように雨が止むことはなく、お参りと御朱印集めは終了。

2020-09-06 16.34.54.jpg

今回、スタンプラリーの駅のスタンプについては、南円堂については後日長谷寺にも行く必要があるので、その時にまとめてもらうこととして、葛井寺の分を近鉄の藤井寺駅にもらいに行った奥さんですが、ブルーな顔で車に戻って来ました。

何でも、スタンプの持ち手が壊れていて、上手く押せなかったらしい。

スタンプを見るとインクが付き過ぎて文字が読めなくなってました。

持ち手が壊れていても、インクを付け過ぎなければもう少し上手く押せたと思いますが、車で待っている私にそこまでは手伝えません。

まぁ、スタンプラリー上でも、ご朱印や散華があるので、「これはノー」なんてことは言わないでしょう。

スタンプラリー自体はJRのイベントなので、近鉄はスタンプの持ち手が壊れていても知らんぷりなのかなぁ…残念。バッド(下向き矢印)

せっかくお参りに廻っているのに、ブルー気持ちになられると、私もブルーになってしまいます。ふらふら

とは言え、予定通りのスケジュールがこなせたので、私的には満足です。るんるん
posted by かわいいHERO at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年09月03日

猫の御朱印帳と雨の西国33所

昨日水曜日の休みには、子供たちがシエンタを乗って行ってしまっているので、足が軽トラかオルビスの2択でした。

そこで、近場にお出掛けすることを考えていました。

先ず初めに頭に浮かんだのが、以前、奥さんの為に茨木周辺の御朱印をいただける神社仏閣を探していた際に、偶然に見つけた可愛い御朱印帳のことでした。

【大阪】寺猫屋さんが描く絵般ニャ心経がかわいい「大念寺」のステキな新作【御朱印帳】〜追加掲載版〜 − Destiny 癒しの御朱印巡り

この御朱印帳の存在を教えると、うちの奥さんは一目ぼれしてどうしても欲しくなってしまいました。

ですが、売り切れで再入荷が8月末と言われていたのです。

ツイッターで情報を得るために作者さんをフォローしていたのですが、肝心の情報に気が付かず、フォローしていない私が気が付いて教えてあげるという状態です。ふらふら

そして、その後には西国三十三所めぐりのスタンプラリーをスタートしたことで、この御朱印帳のことも頭から外れていたようですが、私が「確認したら」と言ったことで、お寺に確認したら、在庫があると言われたというので、そこを目的とすることにしました。

2020-09-02 10.47.58.jpg

相変わらず暑い大阪ですが、昨日も晴れて暑い中、寝屋川市までサンバーを走らせて「大念寺」の駐車場へ来ました。

2020-09-02 10.48.25.jpg

国道163号線から狭い道を数十メートル入ったところにあるお寺さんです。

2020-09-02 10.56.25.jpg

地元のお寺さんと言った感じですが、多分息子さんであろう副住職さんが、色々と新しいことにチャレンジする中で、寺猫屋さんが猫の絵文字で描いた絵般ニャ心経のグッズも扱われるようになったようです。

2020-09-02 10.55.13.jpg

事前にお電話をして伺いましたが、中へ入るとひっそりとしています。

2020-09-02 10.56.48.jpg

本堂横の建物のインターホンを押すと、お電話でご対応いただいた住職さんでしょうか、丁寧に対応していただき、無事に念願の御朱印帳と書置きではありますが、素敵な御朱印をいただき、奥さん大満足でひとつ目のミッションは完了です。

そして、ここだけでは時間があるので、西国三十三所めぐりの方も、比較的近いところをひとつだけ参ります。

それは、我が家からは大念寺のある寝屋川市とは正反対の位置にあるお寺なので、最近腰が痛いという奥さんのことを考慮して、一旦自宅へ戻ってオルビスで出掛けることも考えていたのですが、当の奥さんがこのまま軽トラで良いと言うので、サンバートラックのまま、173号線を三田方面へと向かいました。

途中、ランチにあっさりしたうどんをとのリクエストから、176号線沿いの丸亀製麺でも寄ろうと考えていましたが、ナビのルートがその前に別の道に入ってしまい、仕方なく通り掛かったイオンのショッピングモールのお店を調べると、フードコートに丸亀製麺が入っていたので駐車場へと入りました。

でも、お店を見て回っている内に、結局フードコートの丸亀製麺ではなく、サイゼリヤとなりました。

2020-09-02 12.59.55.jpg

しかし、ランチの500円は安いですねぇ。ひらめき

そして、サイゼリアを出て、駐車場から再び軽トラで目的の「播州清水寺」を目指しますが、ここで雨が降り出しました。

2020-09-02 14.53.29.jpg

雨の中、「播州清水寺」の敷地らしき道へ入ったかと思うと、目の前に有料道路かサファリパークと見間違えるような「清水寺登山口」と書かれた立派なゲートが出現しました。

ここで、入山料を収めるのです。

2020-09-02 13.47.49.jpg

ゲートの向こうには、3キロほどの整備された専用道路が続くのですが、両サイドの植栽も綺麗に管理されていて、これは道路の維持費は相当なものでしょう。

2020-09-02 13.49.02.jpg

結構な雨量で、到着した駐車場も霞んでいます。

2020-09-02 13.48.57.jpg

ここ「播州清水寺」には、マイカー以外にも、路線バスがあるようです。

2020-09-02 13.50.46.jpg

折角到着しましたが、あまりの雨にしばらく狭い軽トラの中で雨が収まるのを待ちます。

隣に停まっている車も、車内で雨宿りをしているようでしたが、ヤフー天気の風雲レーダーを確認すると、この後少し雲が薄くなった後は、更に分厚い雨雲がしばらくの間続くようなので、雨は降っていますがこのタイミングで参拝に出ることとしました。

2020-09-02 14.00.17-1.jpg

朱が美しい立派な仁王門です。

2020-09-02 14.02.18-2.jpg

門を抜けると、少し登ったかと思うと下るようですが、天気も相まって不安になります。

2020-09-02 14.08.07.jpg

途中の地図でそう遠くないことを確認したら、その先の薬師堂の向こうに朱印所の入る大講堂がありました。

2020-09-02 14.19.32.jpg

お参りの後、こちらで御朱印をいただきました。

これは、大講堂の回り廊下から薬師堂方面の眺めです。

2020-09-02 14.19.52.jpg

そして、大講堂からこの階段を登ります。

2020-09-02 14.21.53.jpg

長い階段の上には「根本中堂」があり、こちらのお参りも済ませた後には、「おかげの井戸」へと向かいます。

2020-09-02 14.28.52.jpg

薄暗い木立の先にある小さな小屋のようなものが「おかげの井戸」のようです。

2020-09-02 14.29.12.jpg

この「おかげの井戸」に自分の姿を映せば、3年長生きできると言われているそうで、長生き願望の強いうちの奥さんには外せないパワースポットです。

2020-09-02 14.29.47.jpg

でも、この天気で井戸の水面は真っ暗で映らないと言うので、スマホのライトで照らしてあげると、映すことが出来たようです。

2020-09-02 14.31.03.jpg

長生き願望のない私も、せっかくなので映しました。

2020-09-02 14.34.20.jpg

そして、今は無き「多宝塔」跡の前を通って駐車場へと戻りました。

2020-09-02 15.11.47.jpg

帰りには、うっかり忘れかけたJR相野駅に寄って、スタンプをもらって、この日の御朱印ミッションは全て終わりました。

この日の帰り道には、コンビニではなく、マクドナルドの珈琲&デザートがお供でした。
posted by かわいいHERO at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月30日

今日も西国三十三所めぐり

昨日、うちの奥さんに「明日どうする?」と聞いたところ、「行きたい」と言うので、水曜日の休みに続いて、今日も西国三十三所めぐりへと行ってきました。

「行きたい」とは言うものの、数日前から腰が痛いと言っていて、あまり腰に負担の掛からないところという条件を付けられ、スタンプラリーのガイドブックは自分が持っていながら、行先も決めずに寝てしまううちの奥さんです。

仕方がないので、私が残り二十八所の中から行先を選ぶことに…。

できるだけ効率を考える必要があり、自宅からの距離や時間、駐車場からのアクセスの難易度等を踏まえて、出来るだけ多くのお寺をまわりたいものです。

そして、私がチョイスしたのは滋賀県です。

朝早くに出発できると選択肢も増えますが、結局今日もお昼前の出発です。

なので、高速道路をつないで、京滋バイパスの石山インターで降りて、一つ目のお寺の駐車場へ到着です。

2020-08-30 12.53.43.jpg

やって来たのは第十二番札所である「岩間山 正法寺」、通称「岩間寺」です。

2020-08-30 12.20.56.jpg

駐車場は無料ですが、入山料が必要です。

2020-08-30 12.24.03.jpg

山門はありませんが、黒い立派な仁王さんが出迎えてくれます。

2020-08-30 12.30.00.jpg

数所のお参りを済ませて、御朱印を頂いた後、本堂隣にある池に目をやります。

2020-08-30 12.46.37.jpg

「古池や蛙飛びこむ水の音」

誰もが知っているのではないかと思われる有名なこの松尾芭蕉の句ですが、その古池がこの池ということのようです。

2020-08-30 12.47.41.jpg

そして、駐車場へ戻る途中で、ここは外せないと先日行った総持寺にもあったぼけ封じの観音様へのお参りも忘れません。

2020-08-30 12.52.35.jpg

そして、やって来た道を戻って、次にやって来たのはこちら。

2020-08-30 13.11.26.jpg

第十三番札所となる「石光山 石山寺」です。

2020-08-30 13.16.08.jpg

有料の石山寺観光駐車場にシエンタを停めて、山門へ向かいます。

2020-08-30 13.18.50.jpg

観光客も多いと思われる、お店も一体化した大きな規模のお寺です。

2020-08-30 13.24.40.jpg

こちらも入山料が必要で、支払った先のエリアがこちらです。

2020-08-30 13.29.11.jpg

くぐり岩と言うので、ついくぐってしまいましたが、くぐると願い事が叶うそうです。

2020-08-30 13.29.59.jpg

奥さんも付き合わせてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

2020-08-30 13.37.06.jpg

これが国の天然記念物の硅灰石(けいかいせき)で、この石山寺の名前のルーツだそうです。

2020-08-30 13.37.48.jpg

既にいくつかお参りを済ませていますが、これからいよいよ本堂へお参り後、御朱印もいただきました。

2020-08-30 13.51.12.jpg

本堂の先もいろいろと観るところがありますが、こちらは「紫式部供養塔」と「芭蕉の句碑」です。

この先、どんどん登り汗をかきかき境内を見て回りましたが、この時期の山歩きは大変でした。

2020-08-30 14.01.52.jpg

その先に目指していたのは、こちらの「紫式部像」でした。

2020-08-30 14.19.43.jpg

この後、山門へと戻り、門前のお店で奥さんが珍しいきなこの「揚げみたらし」を食べたいと言うので、1本だけいただきました。

2020-08-30 14.22.00.jpg

駐車場へ戻る際に、気になっていたプリン屋さんで、プリン味のソフトクリームがあったので、奥さんと二人で食べました。

2020-08-30 14.29.34.jpg

隣の喫茶室を使用して良いということで、涼しく生き返りました。

2020-08-30 14.31.55.jpg

プリン味とは言うものの、カラメルソースでプリンぽくなるので、普通のクリームなんじゃないかと思ってみたり…。

2020-08-30 14.49.46.jpg

石山寺の駐車場を出た後は、ここまでの「岩間山 正法寺」と「石光山 石山寺」の分のスタンプをいただきにJR石山駅へと向かいました。

2020-08-30 14.57.57.jpg

そして、本日最後のお寺へ向かう前に、一応食事をしようということになり、あまり時間もないしあっさり麺類が良いということを夫婦ともに確認したので、見つけた餃子の王将で冷麺を食べようということになり寄りました。

2020-08-30 15.10.43.jpg

ですが、メニューを見ているうちに、双方ともに意見が変わり、二人とも冷麺ではなく、温かい普通のメニューを注文していました。爆弾

2020-08-30 15.40.49.jpg

そして、お腹が膨れてようやくやって来たのが第十四番札所である「長等山 三井寺(園城寺)」の駐車場です。

こちらも駐車料金と

2020-08-30 15.43.41.jpg

この山門の先から入山料が必要です。

2020-08-30 15.52.37.jpg

この「長等山 三井寺(園城寺)」では、全部で6種類の御朱印をいただけるそうです。

2020-08-30 15.44.43.jpg
釈迦堂(食堂)

それを知ったうちの奥さんは、俄然やる気を出して、全部の御朱印を頂くつもりのようで、私はカメラを持ちながら、その後を追います。

2020-08-30 15.54.22.jpg
金堂

三十三所とは関係のない釈迦堂と金堂の御朱印を頂き、同じく次の微妙寺でも三十三所以外の御朱印をいただいたのですが、微妙寺では、2種類の御朱印があると言われ、奥さんは一つだけいただいていました。

2020-08-30 16.17.35.jpg
微妙寺

でもここ「長等山 三井寺(園城寺)」でいただける6種類の御朱印に、微妙寺の2種類が入っていることに奥さんは気が付いていませんでした。

2020-08-30 16.25.21.jpg
観音堂

そして、三十三所の御朱印を観音堂でいただきました。

その後、微妙寺の2種類の御朱印のことに気が付いたものの、かなり戻らなければならない為、もう良いということで諦めたようです。

2020-08-30 16.33.12.jpg

なので、最後の御朱印をいただくべく、下り始めると、開けた景色の向こうに琵琶湖が見えました。

2020-08-30 16.35.37.jpg
水観寺

最後に水観寺へ参って、三十三所を含めた5枚の御朱印をいただいたこととなります。

2020-08-30 17.02.17.jpg

仕上げのスタンプは、JR大津駅ではなく、JR大津京駅へと寄りました。

2020-08-30 17.16.07.jpg

そして、達成感に浸りながらも猛暑の中のクールダウンの為、ミニストップでハロハロとアイスコーヒーを調達して、充実の帰宅ドライブの後、恒例の業務スーパー箕面店等での買い物を済ませて無事に帰宅しました。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月27日

西国33所めぐり…先ずは近場から

昨日水曜日の休日は、奥さんからエキスポシティのカルディへ連れて行けと言われていたのですが、せっかくの休みをエキスポシティの買物だけで潰すのは惜しい。

ということで、ガイドブックを購入した西国33所めぐりのスタンプラリーを進めたいところですが、最近腰の痛みを訴える奥さんなので、この暑さも相まって京都の街を歩き回るのも厳しいと思われ、車で近いところから攻略するべく、グーグルマップでコース案を作ってみました。

すると、移動時間3時間程度で3カ所まわるコースができて、それを奥さんに提案して実行することとなりました。

午前中に出発して、先ずは自宅と同じ沿線の駅近コインパーキングへ。

2020-08-26 11.21.47.jpg

阪急線の駅名は最近変更されて、中山駅から中山観音駅となりました。

DSCF0253.jpgFUJIFILMX

行先は中山寺ですが、中山寺自体は安産祈願で有名なお寺ということで、子供の多い我が家は何度も来たことがありますが、この参道を通るのは初めてかも?

DSCF0254.jpgFUJIFILMX

トンネルを抜けた短い参道も平日でコロナの影響もあってか、ひっそりとしています。

DSCF0255.jpgFUJIFILMX

あっという間に中山寺の山門へ到着ですが、うちの奥さんは出身は神戸ですが、こちらで名前を付けてもらったのだとか。

DSCF0256.jpgFUJIFILMX

厳しい暑さの中、目の前には美しい風景が広がります。

DSCF0258.jpgFUJIFILMX

ちなみに、この記事の写真にはスマホ(HUAWEI Mate20Pro)で撮影したものと、富士フィルムの一眼で撮影したものが混在しています。

ブログ写真はVGAサイズに縮小しているので、スマホのカメラで充分と感じていますが、一眼と美しさに違いが出る場合もあるので、一眼の写真にはFUJIFILMXと明記しておきます。

2020-08-26 11.26.07-2.jpg

スマホ(HUAWEI Mate20Pro)の良いところは、ライカ譲りの色合いと手軽に超広角が使える点です。

一眼でいちいち広角レンズに交換するのが面倒なので、スマホの超広角を多用したりします。

2020-08-26 11.32.57-2.jpg

晴れて写真は清々しいのですが、実際は暑さに悶絶します。

DSCF0263.jpgFUJIFILMX

五重塔の青が映えます。

2020-08-26 11.54.17.jpg

奥さんがお参りや御朱印をいただいている間、私はひたすらカメラを構えていて、WIN-WINな時間です。

奥さんにお菓子の阪急電車があると教えてもらいましたが、アクリル板で囲われていて、どうせ反射で上手くは撮れないので、ここはスマホで。

2020-08-26 12.05.26.jpg

お参りの後は、最寄りのJR駅でスタンプをもらうことを忘れてはいけません。

兵庫県の中山寺の後は、一旦川西方面へ戻って、北上して京都方面を目指します。

国道423号線をドライブ中に、卵かけご飯のお店が登場。

2020-08-26 13.14.08.jpg

友人のバイク店の早朝ツーリング等、朝の短距離ツーリングで聞いているお店ですが、私自身は未だ行ったことが無く、今年の初めに次男坊にツーリングに誘われた際、寄ろうと思っていたお店です。

スルーするつもりで、奥さんに「卵かけご飯のお店だけど寄ってみる?」と行ってみたところ、まさかの「行ってみたい」という返事。

お昼も過ぎていたので、急遽入店することになりました。

2020-08-26 13.05.39.jpg

このお店、平日の営業時間は13:00までと、行くつもりで行かないとなかなか食べれないお店です。

2020-08-26 12.48.50.jpg

メニューは基本定食のみで、必要ならば3個入りのからあげを追加する感じです。

セルフなので、このカウンターで頼んで受け取ってお支払いします。

2020-08-26 12.51.28.jpg

「からあげまだありますよ」と言われて、二人ともにからあげ付きにしました。

2020-08-26 12.51.35.jpg

リーズナブルな価格ですが、良く食べる人にはご飯のおかわり必須かな。

DSCF0286.jpgFUJIFILMX

食べ放題の玉子は、二人ともご飯一杯に対して3個を投入しました。

DSCF0289.jpgFUJIFILMX

みずほファームというところの玉子で、お店の反対側で販売もしています。

また、この日、京都の別の所でも販売所を見かけましたが、食べられるのはおそらくここだけなのかな。

予定にない卵かけご飯の昼食後は、再び北上して亀岡までやって来ました。

そして、穴太寺の駐車場へシエンタを停めました。

DSCF0292.jpgFUJIFILMX

この穴太寺は、郊外なのに有料駐車場しかないのですね。

それも500円と、短いお参りだけではバランスが合いませんが仕方がありません。

横に無人の300円駐車場があって、皆さんそちらに停めておられるようでした。

DSCF0293.jpgFUJIFILMX

33所参りのお寺とは言え、これがネックで来ないという人もいるだろうなと思えます。

DSCF0294.jpgFUJIFILMX

山門も古い感じが否めず、全体的に手が掛けられずに傷んだ印象がありました。

DSCF0297.jpgFUJIFILMX

まぁ、娯楽施設ではないわけで、やむを得ない部分もあるでしょうが、近頃はお寺さんも収入の為には工夫が必要な時代になっていますから、先ずは人に来てもらう努力が必要かと思います。

DSCF0300.jpgFUJIFILMX

案内のナレーション音声が聞こえて来ていましたが、500円で建物内を拝観できるのですが、奥さんが要らないというのでパスしました。

2020-08-26 13.53.38-2.jpg

もう来ることは無いのではないかとやはり駐車場に不満を持ちつつお寺を後にしましたが、気持ちを切り替えてJR亀岡駅へ到着です。

2020-08-26 14.13.35.jpg

無事にスタンプをもらって、次のお寺へ向かう途中で、この暑さからセブンイレブンでアイスクリームとアイスコーヒーを。

2020-08-26 14.32.24.jpg

そして、ナビの誘導でやって来たのは「善峯寺」です。

2020-08-26 14.59.35.jpg

こちらも500円の駐車料金が必要ですが、かなりの坂を上がって来たところなのと、機械式におアスファルトときちんと整備されていることもあり、あまり抵抗はありません。

2020-08-26 15.02.04.jpg

さらにこちらでは参拝の為には、山門で入山料500円が必要です。

DSCF0313.jpgFUJIFILMX

しかしながら、それにより境内はよく整備されている印象です。

DSCF0320.jpgFUJIFILMX

偶然ですが、阪神大震災の時、一部が倒壊した阪神高速道路神戸線で、ぎりぎり落ちなかったバスの運転手さんが、こちらの「おちない」お守りをバスに吊り下げていたということで、テレビ等で話題になっていたそうで、それを知っていた奥さんが、興奮気味に受験生の娘にお守りを買っていました。

奥さんらしい・・・。たらーっ(汗)

で、この「善峯寺」については何の情報も無く訪問したのですが、いろいろお参りして回るのに30-40分のコースになっているということらしく、奥さんの「せっかくなので」の一言で、回ることになりました。

2020-08-26 15.27.39-2.jpg

幸福地蔵に

DSCF0340.jpgFUJIFILMX

稲荷社

3万坪の境内に10ヵ所以上参るところがあるということで省略します。

2020-08-26 15.30.44-2.jpg

桂昌院遺髪を納めた「桂昌院廟」からの眺望は圧巻です。

2020-08-26 15.40.39-2.jpg

しかし、更に登るの???

2020-08-26 15.42.59-2.jpg

その先の薬師堂からの眺望が一番の佳景とのことです。

2020-08-26 15.47.27-1.jpg

御陵【青蓮院親王御陵(宮内庁管轄)と功績ある祖師の御墓】を以って、ようやく下山に入ります。

2020-08-26 15.50.00-2.jpg

もうポロシャツは汗でびっしょりでした。

2020-08-26 16.02.30-1.jpg

自販機のドリンクで水分補給してシエンタに戻りました。

2020-08-26 16.11.25.jpg

駐車場を出て少し下って行ったところで、京野菜の無人販売があったので、綺麗な茄子を2袋買いました。

2020-08-26 16.16.12.jpg

また、下りきったところにお豆腐屋さんの看板があって、奥さんが寄りたそうなので、寄ってみました。

2020-08-26 16.23.07.jpg

奥さんはあげや豆腐を買っていましたが、その場で食べる用にこちらも購入。

2020-08-26 16.37.02.jpg

アイスとお茶をまったり堪能しながら、本日最後のJR向日町駅でスタンプをもらったら、5つ目ということで5カ所制覇の応募用のスタンプも頂いたようです。

でも、全制覇目指していますから、まだまだ巡る予定です。

その後は、当初の希望のエキスポシティや業務スーパーで買い物をして帰宅しました。
posted by かわいいHERO at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月19日

奥さんのスタンプ・オランダ・猫

今日は奥さんサービスデーになってしまいました。

先ずは、西国三十三所の既にお参りを済ませた分のJR駅でもらえるスタンプラリーのスタンプ集めで、昨年行った箕面の勝尾寺から。

2020-08-19 12.49.10.jpg

勝尾寺のスタンプは、JR茨木駅かJR新大阪駅でもらえますが、今回は近くの茨木駅で私はシエンタで待機です。

2020-08-19 12.52.01.jpg

ガイドブックを見せると駅員さんが即座に対応してくれたらしく、すぐに奥さんは戻って来ました。

2020-08-19 13.07.08.jpg

次いで総持寺のスタンプはJR総持寺駅とJR摂津富田駅ですが、こちらも最寄りの総持寺駅です。

この総持寺駅は、出来てわずか2年ちょっとの新駅なので綺麗なのですが、この時間は無人駅なんだとか。

でも、インターホンで聞くと後ろにスタンプが置いてあったそうで、無事にクリアです。

2020-08-19 13.18.33.jpg

その後は、その先の阪急茨木駅まで行って、駐車場にシエンタを置いて先日も来た商店街へ。

2020-08-19 14.03.40.jpg

先日お休みで食べれなかったものの諦めない奥さんのリクエストにより、オランダパンケーキのカフェレカさんでランチです。

2020-08-19 13.29.24.jpg

意地でもまた来たかったみたいですが、時間が少し遅くて以前のプレートの提供時間が終わっていました。

なので、私の分と合わせて2種類のオランダのパンケーキ「パンネクーケン」をシェアです。

2020-08-19 13.38.25.jpg

「ポーターストロープ」なるバター&シロップのパンケーキと「ハムカース」なるハム&ゴーダチーズのパンケーキのチョイスはもちろん奥さんです。

男性にはちょっと物足りない感じですが、美味しかったです。

お店を出て、先日も買い物をした安い商店街の八百屋さんで野菜を物色した後、一旦シエンタに戻って、次なる奥さんのリクエスト場所へやって来ました。

2020-08-19 14.33.48.jpg

この雑居ビルの3階にあるのは…

2020-08-19 15.50.31.jpg

保護猫カフェです。

2020-08-19 14.34.21.jpg

保護猫カフェ「かぎしっぽ」さんは、保護猫つながりで我が家の猫娘メイとさつきを譲っていただいた保護団体さんとも近い存在です。

2020-08-19 15.23.34.jpg

そして、うちの奥さんの猫カフェデビューであります。

2020-08-19 15.23.42.jpg

今日は16匹の保護猫ちゃん達が居て、1組のお客さんと入れ替わりで私たちが入りました。

2020-08-19 14.39.22.jpg

先客は女性おひとりの方とカップルさん。

2020-08-19 14.48.34.jpg

距離に配慮しながら、おもちゃで猫ちゃんと遊びます。

2020-08-19 14.48.39.jpg

保護猫ということで、人に慣れない子も居るので、なかなか難しいものの、我が家にもあるおもちゃもありました。

2020-08-19 14.48.44.jpg

噛むから触るなと言われた子もいて、触り方に注意が必要と言われた子には猫パンチされてしまいました。ふらふら

16匹の中には猫エイズのキャリア持ちの子も3匹居て、別室に隔離されていました。

2020-08-19 15.33.35.jpg

でも、3匹の内この子と、

2020-08-19 15.33.51.jpg

この子はもらい先が決まっていて、来週にはいなくなるらしい。

2020-08-19 15.32.37.jpg

一方で、ひとり残ってしまう子の黒猫ちゃん・・・

2020-08-19 15.33.01.jpg

我が家のメイちゃんにそっくりだなぁ。

2020-08-19 15.33.18.jpg

全体的に、うちの子たちよりも大きい印象でしたが、この子だけは同じくらいの大きさでした。

家では滅多に猫娘たちとおもちゃで遊ぶことのない奥さんですが、「お金を払ってよその猫と遊ぶってどうよ?」と思いますが、初猫カフェでいろいろ思うところもあったようです。

その後、買い物をして帰宅してからは、うちの猫娘を可愛がったのは言うまでもありません。
posted by かわいいHERO at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月16日

休暇最後もお参り

お盆休みの最後の日ですが、とあるお参りすべきところが気になっていて、奥さんに相談したところ、今日行くということになりました。

遠方ではないので、昼食後にのんびり出発しました。

写真を撮るのを忘れていましたが、以前にお参りした時とは、コロナ対策でかってが大きく違いました。

無事にお参りを終えた後には、帰路の途中に今日もこの奥さんの御朱印目的で神社へ寄りました。

IMG_20200816_155658_resize_20200816_202958.jpg

素盞嗚尊神社 (江坂神社)です。

IMG_20200816_155448_resize_20200816_202959.jpg

吹田市では一番人気の御朱印らしいですが、奥さんは残念だったみたいです。

IMG_20200816_155515_resize_20200816_202959.jpg

確かに神社自体が特に良いというわけでもなく、御朱印も書き置きのものだったようなので、一番人気に期待し過ぎたのでしょう。

IMG_20200816_155637_resize_20200816_202958.jpg

まぁ、御朱印に対してそんな見方をするのも罰当たりですけど。

今週もモトGP開催週ということで早々に帰宅して、2020年のお盆休みは終わりました。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月15日

最寄り神社・仏閣はしご

送り盆の今日も、娘は塾があるということで送迎ついでに出掛けることになりました。

偶然に私が見つけた猫の御朱印帳を奥さんに教えてあげたら、欲しいと言い出しその御朱印帳をお分けいただけるお寺に行く予定にしていました。

今日は昼食を済ませてから娘を塾まで送ったあと、お寺に電話をしてみると現在在庫がなく、次は月末位になるとのことで、予定が白紙となりました。

そこで、近場の御朱印をいただきに行くということになり、奥さんが希望したのがこちらです。

DSCF0174.jpg

例年8月は花火大会で盛り上がる「辯天宗」の「飛龍山冥應寺」、通称べんてんさんです。

DSCF0175.jpg

ペン先のような細高い塔は水子供養塔で階段の奥を登り切ったところに本殿があります。

DSCF0180.jpg

しかし、今日はとにかく暑い。

少し歩くだけで汗が吹き出します。

DSCF0184.jpg

辯天宗は、智弁学園を運営している宗教団体なのですね。

今回初めて知りました。

DSCF0187.jpg

なので、ちょっと普通の神社仏閣とは違うような感じですが、ちゃんと奥さんは御朱印をもらえました。

あまりの暑さに早々に車に戻って、次の御朱印ポイントを探します。

奥さんのリクエストにスマホで場所を確認したら、あぁあそこかって感じでピンと来ます。

やって来たのは、「春日丘八幡宮」です。

DSCF0191.jpg

住宅街の中にある公園の隣に位置した神社です。

DSCF0194.jpg

公民館等も隣接していて、公共性が高いみたいです。

DSCF0195.jpg

お参りを済ませて、

DSCF0196.jpg

社務所兼自宅らしい建物を訪ねると…

DSCF0189.jpg

あら、我が家のメイちゃんかと思う黒猫ちゃんが寝てました。

でも、残念ながらお留守のようで、御朱印はいただけませんでした。

DSCF0201.jpg

別のところにも白靴下柄のにゃんこが居ました。

どちらもふっくらとして、幸せそうです。

お参りだけとなりましたが、続いて次のリクエストのポイントへ。

DSCF0205.jpg

ここは私の職場のすぐ近くで、カメラの試し撮りに度々訪れている「真龍寺」です。

DSCF0206.jpg

この時期は暑すぎて、私の好きな石灯篭の苔もからっからでした。

DSCF0208.jpg

こちらはお参りの後、無事に御朱印をいただけました。

この「真龍寺」の少し手前にも神社があって、私は行ったことがあるので、奥さんに勧めると行ってみるというので、シエンタでそのまま坂を上って本殿の近くへ。

DSCF0213.jpg

輪くぐりがありました。

DSCF0214.jpg

本殿の金色の行灯?が豪華に感じます。

DSCF0217.jpg

事前に電話をすると確実に御朱印をいただけるようですが、偶然境内を掃除していた宮司さんらしき方に声を掛けたら、御朱印をいただけました。

奥さんが御朱印をいただいている間に、私はお稲荷さんの赤い鳥居なんかにカメラのレンズを向けていました。

娘を迎えに行くまでにはまだ時間があるので、もう一つ、近くの私も行ったことがない神社を目指します。

DSCF0221.jpg

分からないままにシエンタで坂を上っていくと、本殿の前に出ました。

DSCF0218.jpg

お参りの後、社務所らしき表示のない民家のインターホンを押すも、反応なしでした。

DSCF0219.jpg

残念ながらお留守みたいです。

まぁ、お盆の最中に突然の思い付きでの訪問ですから仕方がないですね。

その後、ホームセンターやスーパーに寄って買い物をした後、娘を拾って、冷たいものが欲しいなとミニストップに寄って、それぞれハロハロと揚物を買って車の中で食べながら帰りました。

2020-08-15 17.01.05.jpg

数時間のことですが、十二分にお出掛け気分を満喫できました。

今後も奥さんの御朱印目的の神社仏閣巡りは続きそうです。

それには、早く季節が良くなって欲しいです。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月12日

近場の初訪問と猫の癒し

今日はオルビスの作業はなし。

オルビスでのキャラバンも無しで、それではちょっと残念過ぎるので、娘を塾に送るついでに、奥さんをドライブに誘いました。

なんか良いところないかなぁと思いながら、良さげなかき氷屋さんを見つけたので、そこのホームページを見せたら、行きたいと言うので行ってみたのですが、定休日でした。

肝心なそこを調べてませんでした。

それじゃあどうする?と言うと、奥さんが考えた挙句に、以前、私のダムカレーカード集めに付き合ってもらったオランダ料理のお店「Cafe Lekker 【カフェレカ】」へ行きたいと言うので、定休日でないことを確認して行きました。

IMG_20200812_134342_resize_20200812_185433.jpg

茨木市駅そばのいつも仕事で利用する駐車場へシエンタを駐めて、阪急本通商店街のアーケードを進みましたが、なんとカフェレカさんはお盆休みでした。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_20200812_134632_resize_20200812_185433.jpg

仕方なく、並びの八百屋さんが安くて、野菜を一杯買い込んで車へ戻ろうとしていたのですが、商店街を抜けたところで、私が以前よく通っていたカツのお店を思い出して、そこへ行ってみることにしました。

IMG_20200812_143714_resize_20200812_185433.jpg

駅前の寂れた地下街へと急な階段を降ります。

IMG_20200812_143629_resize_20200812_185433.jpg

「きたはま」というそのカツのお店に、以前は銀行回りのついでに寄ってランチを食べたものです。

奥さんがここで良いというので入りました。

IMG_20200812_141704_resize_20200812_185433.jpg

2人ともにひれかつ定食をいただきましたが、柔らかくて美味しく、ソースや付け合わせも良い意味で懐かしい感じで、満足でしたが、もう1人先に入った常連らしいお客のおばさんがタバコをプカプカで、それさえなければ…。

まぁ、存続していくには禁煙にはできないのだろうと思いながらお店を出ました。

そして、駐車場からシエンタを出して、隣駅まで移動して、駅近くの会社絡みの施設の駐車場に駐め直しました。

じりじりと焼けるような暑さの中、歩いて向かった先は…

4953DAFA-CEE1-4A3A-86F8-ABD456130980.jpeg

住所にそのヒントがありました。

E10B8CE4-A664-4AF2-9864-F966B66ADF29.jpeg

裏門?からですが、「総持寺」へやって来ました。

BF3D922F-055E-49C3-B76A-8D397CFDB993.jpeg

特徴的な石が目を引きますが、天然?人工?

E7B46B9D-1422-4912-8A82-C589BD139B7D.jpeg

一旦外へ出て表門から入り直そうとしていたら、不思議な像がありました。

このユニークな動物は亀?

D80A2A4C-B614-40EE-9CC6-B4E86127FD22.jpeg

改めて、表門からお参りです。

C06F8D4A-410C-48CC-98D3-FB9550794437.jpeg

ここ総持寺は、西国三十三所第22番札所の名刹です。

99885BB4-E6FE-44DB-8EEA-03EF329F740B.jpeg

私は20年以上この近くで勤務していますが、未だ一度も訪れたことがなかったので、良い機会となりました。

5FB07912-6BE3-4640-BFA8-488DF70F659E.jpeg

ご本尊は寺伝による亀に乗った千手観音ということで、先程の生物はやはり亀のようで、池にも沢山の亀が居ました。

BE9F46A6-5596-4A0B-B858-1C897F4FEED5.jpeg

そして、総持寺は高野山真言宗の寺院ということで、ここで高野山奥之院の弘法大師のお参りができるらしい。

9BB90480-21DA-4CA1-912D-CAF502D770C3.jpeg

そして、奥さんがここは外せないと言って最後にお参りしたのがぼけ封じ普悲観音でした。

確かに、ボケてもらうと困ります。

IMG_20200812_185911_resize_20200812_193947.jpg

もちろん、奥さんは忘れずに立派な御朱印はもらってました。

その後、総持寺を後にして塾終わりの娘を拾ってから、彩都のラムーへ寄って買い物して帰りました。

自宅へ到着前に、習慣となりつつある駐車場のメイちゃんの様子を見ようと、遠回りしたところ、道路脇にいる駐車場のメイちゃんを発見。

駐車場のメイちゃんと言う名前をうちの奥さんは長いからと略してメイちゃんと言うので、我が家のメイとの区別が難しくなるので、最近は駐車場のパーキングかPちゃんと呼ぶようになりました。

さらに痩せているように見え、一旦帰宅して、今回は娘も一緒にチュールを持参してPちゃんのところへ向かいました。

すると、またもやPちゃんの姿がありません。

また見失ってしまったかと思ったその瞬間、Pちゃんのためらしいお水を置いているお宅の敷地から、Pちゃんが鳴きながら走って来ました。

私と奥さんのことを覚えてくれているようです。

そして、お水とチュールを出すと、チュールに貪り付きます。

IMG_20200812_180606_resize_20200812_194102.jpg

固形が厳しくなっているようなので、チュールを持って来たのですが、大当たりです。

IMG_20200812_180618_resize_20200812_194101.jpg

2本持ってきたチュールをあっという間に食べてしまいました。

IMG_20200812_180626_resize_20200812_194101.jpg

まだまだ足りないと言う感じなので、急遽、家へ戻ってゼリー状のウエットフードを持ってきました。

IMG_20200812_181337_resize_20200812_194101.jpg

チュール同様、良く食べてくれたのですが、ゼリーの部分ばかりで、固形の身の部分は食べませんでした。

固形を食べなくなって、近所の方から餌をもらえなくなって痩せているのかも知れません。

我が家の猫娘でもたまにしかもらえないチュールなので、地域猫がゲットするのは難しいでしょうね。

Pちゃんにサヨナラを言って家に向かっていると、偶然、別の猫ちゃんに遭遇しました。

IMG_20200812_182942_resize_20200812_194101.jpg

Pちゃんが食べ残したウエットフードの固形の餌があるので、あげようと思いますが、この子は用心深くて近寄らせてくれません。

仕方がないので、餌の入った器を置いて遠くから見ていると、ようやく食べてくれました。

IMG_20200812_183254_resize_20200812_194101.jpg

奥さんお気に入りのかわい子ちゃんです。

IMG_20200812_183300_resize_20200812_194101.jpg

食べ終わった時にはしっかりと私の顔を見ていたので覚えてくれたかな?

IMG_20200812_185205_resize_20200812_194101.jpg

美味しそうなご飯を持ち出すのを見ていたので、帰宅後は我が家の猫娘の視線が熱かったです。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月11日

水無瀬神宮

結局、今年のお盆休みのキャラバンを自粛することとしました。

本当は中部を目指すつもりでしたが、愛知県が独自の緊急事態宣言を発令しているところにはやはり行けません。

岐阜県の恵那峡付近は観光キャンペーンをやっているので、行っても良いのかなという気にもなっていましたが、県外移動や不要不急の外出を控えろという言葉が復活している中で、それを不安に思っている人のことを考えると、陽性者が桁違いの大阪ナンバーの車で訪問する気持ちにはなれませんでした。

せっかくオルビスのリチウム化等、快適なキャラバンが期待できる中で、コロナが恨めしいです。

その代わりというわけではありませんが、うちの奥さんが突然ここへ行きたいと言い出したのが、表題の「水無瀬神宮」です。

オルビスでのお出掛けが叶わないのであれば…ということで、塾の娘を送るついでに出掛けてきました。

ちなみに、「水無瀬神宮」は大きくは私の仕事のエリアであり、近くは何度も通ったことのあるような立地です。

C98BE35B-7F34-41AB-8040-FF9114E3C5AD.png

猛暑の中、13時過ぎという一番暑い時間帯の訪問です。

4C936BC7-87CC-4A2B-8951-C44AC49C14C3.jpeg


今日まで「招福(しょうふく)の風」というイベントで、夜はライトアップされているらしく、本当なら夜に来れたら良かったのでしょうが、ちょっと自宅からは遠いかな。

F013636C-6B7D-4C36-90AA-5EF69317853F.jpeg

へぇ〜、登録有形文化財なんですね。

C7D6B676-42A2-49E0-A960-6FC9C55AC2F3.jpeg

思ったほど大きくは無い神社ですが、盛り上げようと頑張っているようです。

4E838241-DCD3-4320-B422-0F2A95416F55.jpeg

たくさんの黄色いカラフルな風車。

IMG_20200810_141016_resize_20200810_232350.jpg

その隣にはピンク

3263B862-6449-46AD-A4B7-C16890AF9AF3.jpeg

ブルーもありました。

C4B93510-5B23-4714-9A75-766CC3DF2D18.jpeg

奥さんがお参りして御朱印を頂いている間に、私は久しぶりに持ち出した一眼で遊びます。

C287AE4A-6999-4072-AC0C-14C52916E63B.jpeg

お願い事の書かれた短尺の風鈴が1番の見ものなのでしょう。

DB6CDA8C-3365-4466-9981-391E2822D0B6.jpeg

すると、奥さんがオモイダマなる玉を持ってきました。

F32264AD-DAE2-43E0-B97E-4825D4C2CAF4.jpeg

写真を撮った後、手水舎にそのオモイダマを浮かせるようです。

28BD40A7-7AEE-4C31-98AA-428443915129.jpeg

その他にも、インスタ映えするようなスポットがいくつかありました。

77122D01-4B58-471A-9896-D7F0D8E778AD.jpeg

いかにも

781E5B36-7005-47BD-ACF8-BA544F6D134A.jpeg

うちの奥さんが

3DA59A01-FE8D-427B-80C2-0E1CE168C9B6.jpeg

好きそうな所です。

まぁ、写真映えするということは、私も嫌いじゃ無いんですけど。

68793F61-98FA-448E-BD1A-1C2E75517777.jpeg

手水舎の水は、離宮の水という名水百選に選ばれた御神水だそうで、後ろの蛇口へ水を汲みに来られた方がたくさん居られ、うちの奥さんも容器を持参して汲んでいました。

そう広くは無いので、あっという間に見終えて、「水無瀬神宮」を後にしましたが、奥さんが業務スーパーに寄って欲しいというので、箕面まで戻って買い物をしました。

塾終わりの娘を迎えに行くつもりでしたが、まさかの買い物カゴ3個分の買い物で、娘のお迎えに少し遅れてしまいました。

だからというわけでもないのですが、帰りにスタバへ。

D756C215-DE83-4B93-938F-BAE55527C5F4.jpeg

暑かったので、フラペチーノが美味しかったです。

IMG_20200810_165104_resize_20200810_232350.jpg

さて、これからのお盆休みはどう過ごそうかなぁ。
posted by かわいいHERO at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年08月05日

楽する奥さん

今日は朝から奥さんに強請られた映画の日でした。

ところが、今日も奥さんの準備が遅く、ぎりぎりに出ることになった上に、道路が大渋滞で、遅刻確実と思ったのですが、何とか本編には間に合ってやれやれです。

で、観た映画というのがこれ。ひらめき

IMG_20200805_114834_resize_20200805_210913.jpg

三橋くんと伊藤くん。

はい、今日から俺は劇場版でした。

面白かったです。わーい(嬉しい顔)

で、久しぶりのエキスポシティで、先月オープンした高級食パンの乃が美で、奥さんが食パンを買ってました。

IMG_20200805_115620_resize_20200805_210913.jpg

でも、オオサカホイール(観覧車)の出口の前なので、場所的には難しいかも知れませんねぇ。

IMG_20200805_115700_resize_20200805_210913.jpg

エキスポシティで、ご飯食べて帰るのかと思いきや、奥さんがスンドゥブ食べたいと言い出して、箕面のオッキーへ。ダッシュ(走り出すさま)

真夏に熱いスンドゥブって…と思っていましたが、お昼時ということもありますが、満員御礼、順番待ちでびっくりです。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_20200805_124423_resize_20200805_210912.jpg

久しぶりに来たら、オーダーがiPad利用になってました。

IMG_20200805_125134_resize_20200805_210912.jpg

熱くても、ちゃんとエアコンの効いた環境なので、むしろ食欲の落ちる夏場には悪くないんですね。るんるん

今回もホルモンの3辛で、美味しかった〜。

最近、巣鴨に支店が出来たらしく、なんで巣鴨って感じはあります。たらーっ(汗)

そして、食後には帰宅しましたが、夜は夜で、今週も娘の塾のお迎えついでに、丸亀製麺で夕食でした。

IMG_20200805_205913_resize_20200805_210912.jpg

うちの奥さん、楽し過ぎだな。パンチ
posted by かわいいHERO at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年07月29日

ラーメン鱗

昨日は、奥さんに仕事帰りに迎えに来いと言われ、帰りにパート先まで迎えに行ったのですが、帰るまでに娘も塾だと聞かされました。

以前に今月は塾がないと聞いていたので、寝耳に水です。

それなら、奥さんではなく、娘を迎えに行って帰るべきだったのに…。

仕方なく、一度帰って奥さんを降ろしてから、娘を迎えに行くという2度目の激務でした。

そして、仕事が休みの今日も娘は塾ということで、ソーラーパネルの取り外しだけに終わって、オルビスの作業を早めに切り上げたこともあり、奥さんに娘のお迎えを提案しました。

ついでに夕食も外で済ませようという提案でした。

もちろん、夕食の準備から開放される奥さんは大喜びで、三男坊も一緒に娘を迎えに行きました。

夕食候補は、塾の隣にあるやよい軒の定食かラーメンでしたが、塾が終わった娘の鶴のひと声で、ラーメンとなりました。

そのラーメン屋さんがこちら。

IMG_20200729_193804_resize_20200729_234219.jpg

ラーメン鱗さんです。

実は、私自身が何年も前から行ってみたいと思いつつも、行けずにいたお店なのです。

IMG_20200729_194633_resize_20200729_234219.jpg

狭い店舗なのでで、テーブル席は一杯だったので、4人でカウンター席に陣取りました。

IMG_20200729_194959_resize_20200729_234219.jpg

コロナ対策で、一人ひとり衝立で仕切られていました。

きっと以前はもっと席数が取れていたのでしょうね。

IMG_20200729_195020_resize_20200729_234218.jpg

こちらの看板ラーメンは、柚子胡椒によく合うアッサリとした塩ラーメンなんですが、鰹節のように見えるのは、鰹ではなく鶏なんです。ひらめき

鶏節がのっているんです。

もちろん美味しかったですし、家族みんなに評判良かったので良かったです。

IMG_20200729_200133_001_COVER_resize_20200729_234218.jpg

手をアルコール消毒しようとしたら、ソーラーパネルの撤去で剥け剥けの拳に染みて泣きそうでした。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ

2020年06月03日

自粛後初の大阪梅田withカメラ

長らく大阪梅田へのお出掛けも自粛しておりましたが、週末に師匠の命日を控えて、お供えを用意する必要があり、久しぶりに奥さんと出掛けました。

買い物には必要ありませんが、折角出掛けるので、一眼カメラも持参です。

満員電車ではないので、マスクだけしていれば特に心配もありませんが、つり革を持つ人はほぼいませんね。

お供えについては、事前に奥さんが色々調べてくれていましたが、必要以上にこだわることもないので、阪急梅田本店で、サクサクっと買って、取り敢えずの目的を完了しました。

後は…となると、先ずはランチです。

606A3595-8E46-499C-B56D-C97E00BC2798.jpeg

阪急から阪神を通ってヒルトンプラザ前まで来ました。

この奥にある劇団四季の劇場のリトルマーメイドは、7月11日まで休演となっていました。

984DB9AB-EAC8-4C6B-8D07-E8D76DF23817.jpeg

そして、ランチでヒルトンプラザといえば、今回も奥さんのリクエストの中華料理の民生さんです。

なんだかいつもと写真の色が違って地味だなぁと思っていたら、フィルムシミュレーションがクラシックネガになっていたので、いつもの派手目のベルビアへ。

72D5D86F-B614-48FC-A55A-AEE082322A2C.jpeg

半個室へ案内されましたので、写真は鏡越しの店内です。

時間的なこともありますが、明らかに以前よりもお客さんが少ないですね。

E8FFFEE6-141A-493D-BB70-98F86BBC0498.jpeg

今回も好きなおかずを2品チョイスするスーパーランチです。

CB0B1D77-0EF4-4A5D-A896-C2E5A9681FF5.jpeg

私は酢豚と海老マヨ、奥さんは酢豚と海老チリをチョイスで、私はご飯とスープをおかわり。

990A9DBD-FBF5-4559-A723-26329C44ACC5.jpeg

今日のデザートは、黒糖プリンでした。

少し、以前の日常が取り戻せた気がしました。

590D9C38-6380-4AEE-AE85-4CF01CCE647C.jpeg

お店を出て、奥さんがお手洗いに行っている間に、広角ズームレンズにチャレンジしてみましたが、こういう被写体は難しいですね。

2F63CFD3-07F9-42E0-903E-3CE877FF301E.jpeg

床にワインボトルが敷き詰められています。

ランチの後に何処へ行こうかと相談したものの、未だ自粛の影がつきまとうこともあり、適当な場所が思い浮かぶことなく、大阪ステーションシティの上階へ行ってみることにしました。

56178370-14A0-465E-BE82-F08EB25488E3.jpeg

テラスとなった憩の場である「風の広場」には、のんびりと寛ぐ人で一杯でした。

ここでも写真がなんだか白飛びするなぁと思ったら、シャッタースピードが1/250に固定されていました。もうやだ〜(悲しい顔)

元々操作はダメですが、久しぶりでますます駄目駄目です。パンチ

C0A37BA1-8F2B-4327-9096-23C0711F0E7A.jpeg

空も曇りで時刻も特段の特徴もない時間帯なので、なんてこてことない風景ですが、一応都会の絶景です。

81B1A93F-E921-4200-8430-392B69F178EE.jpeg

The 建築物で、都会を感じて来ました。るんるん

8C5E2EDA-3911-455B-AAD6-3648D39E7556.jpeg

自粛解除から間もないこともあるのでしょう、お花もちょっと寂しかったです。

8EC443B5-F1C6-429A-9DF5-7B7D0F810F9F.jpeg

でも、花のカラフルさには心を救われる気がします。

BDDF8083-4708-4F9B-94EB-506D9B246DA6.jpeg

薔薇は見頃が過ぎていましたが…

28277A9D-EF0C-4F79-8205-EC2D9552C162.jpeg

逆に紫陽花はもうちょっと先かな。

6FAE6159-3F5B-4E93-AF44-CE6C144C76D1.jpeg

でも、可愛い姿には癒されました。

D7FC5291-BDCE-4940-890A-BFD02A738011.jpeg

天空の農園も早く復活して欲しいなぁ。

8642CB7F-1577-47B9-94DC-935DCFA3FD81.jpeg

これから夏に向けては、暑さが勝ってくるでしょうが、今日の11階は程良い心地良さに満足して帰宅しました。

カメラが手元にあることで、久しぶりに可愛いさつきも撮れました。

010BC3F1-30AC-4A46-94D1-B722FE6AD983.jpeg

さて、次は何時何処へ行けるかな。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ