2013年09月06日

定例ツーリング中止と日本初のミニバイクレース

この日曜日8日は第2日曜日。
本来なら友人のバイク店の定例ツーリングのはずですが、いつもなら水曜日には来る招集メールが一向に届きません。
木曜日にも届かなかったので、流石に嫌な予感がしてこちらからメールしてみました。

「日曜日ツーリングなし?」

すると、ここで初めて一斉メールが到着も、なんと内容は「私用で休みすぎたので今月のツーリングはなしだと…。」がく〜(落胆した顔)

私も、先月はオルビスによる夏のキャラバンで参加できなかったので、2か月ぶりのツーリングと期待していたのになんてこった。バッド(下向き矢印)
それなら、ソロツーリングにでも行くかと思いきや、天気予報は明日からまた下り坂で日曜日は現在のところ60%の降水確率です。雨
ソロで雨降りとなると悲しすぎるので、今回はバイクは諦めるしかなさそうです。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、その代わりに一斉メールには面白そうな情報もありました。ひらめき
詳細は全くわかりませんが、秋分の日である23日にミニバイクレースがあるらしい。
23日は私も仕事も休みということで、参加できそうです。グッド(上向き矢印)

詳細を教えてもらおうとメールするも、一向に返ってこないので、WEBで検索してみると、わかりました。
多分これですね。ぴかぴか(新しい)

hyogo-nirin.com img event 2013 130810 inagawa-01.pdf.png


「日本初の警察署長杯のミニバイクレース」


確認はとれていませんが、兵庫県二輪自動車協同組合主催で、友人の店のある尼崎も兵庫県なので、ほぼ確定。

おっ、猪名川サーキットじゃん!

スプリントレースもあるみたいですが、基本はショップ対抗の1時間耐久レースみたいなので気軽に参加できそうだなぁ。

俄然楽しみになってきました。

しかし、日本初という川西警察署杯ってのがいいですね。
白バイ先導で体験走行とか、下手な警察の安全イベントより盛り上がるんじゃないかと期待しちゃいます。
posted by かわいいHERO at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2013年07月15日

ハードな鯨ツーリング

降水確率50%の余部へのリベンジツーリングは、流石に友人も無理と判断したようで、前回、候補として上がっていた奈良の十津川方面へと変更になりました。
7時に店前集合で、GSX1400の若者の到着を待って出発。
堺まで南下して河内長野を抜けるという奇抜なルートに今回も波乱の予感です。

2013-07-14 08.58.16.jpg

309号線沿いの道の駅かなんで最初の休憩。

2013-07-14 08.57.58-02.jpg

今回も、参加未定の人間がちらほらも、結局途中合流もなく、5台の参加でした。

2013-07-14 08.57.34.jpg

比較的雨の確率の低い東、南方面は、他にも沢山のツーリングライダーを見かけました。

特に走って楽しい道もないまま、国道168号線沿いの道の駅吉備路大塔で再度休憩。

2013-07-14 11.10.33.jpg

朝食を取っておらず、お腹が空いて来たのですが、お昼をカレーにするか、海まで出て、海のものにするか?と聞かれ、前回、鹿カレーだったことを思い出し、それを伝えました。
何れにしても、お昼にありつけるのは、まだまだのようなので、クリームパンで腹ごしらえしました。

2013-07-14 11.02.52.jpg

今回は、ソニーのアクションカムを持参しているので、ここで、先日ハンドルに取付けた専用ステーにセットしてみました。

2013-07-14 11.15.25.jpg

この先は、山道ということもあり、あちらこちらで道路の復旧工事が行われてましたが、反面、綺麗になった道路もあり、それなりにライディングを楽しむことができましたが、今回、先導の友人はGSR250で大人し過ぎて、本来なら一瞬でやり過ごすべき、ハーレー軍団なんかともしばらく一緒に走ったりで、かる〜く先を越して行かれたモタードバイクに、個人的には少々ストレスがたまりました。

十津川の美味しいと言われているカレー屋さんも沢山のバイクが停まっているが見え、そのままスルーし、新宮市まで出ました。
もう、和歌山だ〜。
ここで、ローソンで休憩し、水分補給とお昼の相談です。
既に14時近かったと思いますが、せっかくなので、このまま太地まで走ることになりました。

左手に海を見ながら、ホテル浦島の勝浦を過ぎて、日帰りでここまで来るということに驚いていました。

そして、ようやく太地に到着。
向こうにクジラの博物館が見えます。

2013-07-14 14.19.12-02.jpg

反対側は遊覧船乗り場になっています。

2013-07-14 14.19.40-02.jpg

太地まで来た目的は、もちろんお昼ご飯です。
マグロかクジラと言っていましたが、太地だとクジラ一択です。
遊覧船乗り場の喫茶店でもクジラ丼はありましたが、途中にあったお店まで戻りました。

南国らしい通りに思わす記念撮影。

2013-07-14 14.21.02-02.jpg

で、やって来たお店がここ。

2013-07-14 14.25.03-02.jpg

「くしら家」さんです。

2013-07-14 14.25.44.jpg

席が少ないようで、満席でしたが、せっかくその為に来たので、待つことに。

1時間は待ったかと思いますが、ようやく座れて、さぁ、注文です。
テーブルには沢山のくじらの説明がありました。

2013-07-14 15.10.14.jpg

実は、私はクジラが苦手です。
小学校の給食に出てきたクジラの角煮が食べれなくて、「オエッ」って言いながら涙目で食べて、昼休みが潰れた記憶があります。
それ以来、鯨肉はチャレンジする度に敗北して来ました。
ですが、今回はそのトラウマを乗り越えるチャンスでもあります。
クジラを回避することも考えましたが、せっかくこんな遠くまで来たのですから、食べないわけにもいきません。
言い出しっぺのペンキ屋さんが、フルコースの3800円もする「くじら家ランチ」にするというので、私もチャレンジすることにしました。

2013-07-14 15.55.21.jpg

まずはじめに出てきたのが、くじらの竜田揚げ。

2013-07-14 15.28.58.jpg

少し甘くて、ちょっと駄目かなぁと思いましたが、揚げたてということもあり、美味しくいただけました。
そして、次に出てきたは大和煮です。

2013-07-14 15.29.59.jpg

この大和煮は、缶詰になっていて、くじら家さんでも売ってました。
その次には、串カツが出てきました。

2013-07-14 15.34.31.jpg

これは、お肉ですよね。
そして、出てきたのがクジラのベーコンです。

2013-07-14 15.37.17.jpg

違うクジラのものですが、醤油に七味でいただきました。
その次は、クジラの潮吹き。

2013-07-14 15.39.19.jpg

味付けしてあり、コラーゲンが豊富な感じで美味しいです。
ここで、ごはんとお吸い物が出てきましたが、お吸い物にもクジラが入っています。

2013-07-14 15.43.38.jpg

最後にクジラのお刺身です。

2013-07-14 15.48.05.jpg

付け合わせの生姜でお醤油でいただきますが、あっさりした赤身に対して、皮のこってりは、トロのようなコクです。

2013-07-14 15.48.12.jpg

数種類のクジラのお刺身ですが、メンバーの一人は刺身定食を注文していたので、更に種類が豊富で美味しそうでした。
生のベーコンもありましたが、友人は「コリコリした生ハム」と表現していました。

ちょっと贅沢なランチでしたが、普段食べようと思って食べられるものではないので、食べてよかったです。

さて、くじらのランチに満足したところで、あとはひたすら帰るだけです。
友人チョイスのルートで、敢えてクネクネの道を選んでいる?

2013-07-14 16.54.09.jpg

案の定、今回も道とは言いにくい雰囲気になって来ました。
林道のような酷道ですが、モタードにはなんのそのです。
道路が川の一部になったようなところもありました。

2013-07-14 16.57.43-2.jpg

そしで、なんとか到着したのが「古道歩きの里 ちかつゆ」ですが、既に陽が落ちかけています。

2013-07-14 18.23.14.jpg

水分補給とトイレを済ませて、先を急ぎます.

2013-07-14 18.23.47.jpg

夜8時を過ぎて「龍神スカイライン」を通るとは思いませんでした。
雨は無いのですが、降った形跡はあって濡れた路面からの跳ね上げが激しいです。
夜になると、視力に難のある友人の先導をしてぺーすをあげようと、前へ出たものの、DR-Zのヘッドライトが暗過ぎて、友人がついて来ない。
結局、追いついた4輪車にピッタリくっ付いてしまったので、私も先へ行っても仕方が無いので、ゆっくり4輪の少し前を走行する羽目になりました。

今回は、Tシャツまでも速乾メッシュタイプで全身メッシュだったので、高野山の寒さが辛かったです。

友人のバイク店に帰り着いたのは、夕食も取らずの23時半でしたので、辛うじてその日のうちに、帰宅できました。

2013-07-14 23.24.41.jpg

しかし、今回はつかれました。
信号待ちで何回寝掛かったことか。ふらふら
posted by かわいいHERO at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2013年06月10日

リハビリツーリング

娘の運動会で、CCFオオモリ主催の淡路島でのキャンプ大会に参加できなかったわけですが、その代わりに、日曜日の予定が空いたので、友人のバイク店の定例ツーリングに参加できることになりました。
事前に友人より、奈良県の十津川方面と兵庫県の余部とどちらがいいかと聞かれたので、季節も良いので、海の見える余部がいいかなと返信していました。
実は、GWに鳥取島根方面を調べていたので、その時にこの余部に「空の駅」という、余部鉄橋を利用した?展望台のような施設ができるとあったものの、コースとは外れるということでパスしていました。
おまけにGWにオープンが間に合わないということもあったようで、旬な施設ということもあり、行先は余部の「空の駅」となったようです。

左ひざを負傷した前回のツーリングが3月なので、丁度3か月振りのツーリングということと、新しい相棒である「DR-Z400SM」のデビューということで、自分にとっては「リハビ」という位置づけのツーリングです。

楽しみにし過ぎたせいか、7時集合なので、5時45分にスマホのアラームをセットしたものの、最初に起きたのが4時過ぎで、それから数回目が覚めながら、結局5時半に起き出しました。

いつものように、大通りまで押していくと、通り沿いのドカティ専門の小さなバイク屋さんもツーリングらしく、お客さんが数人集まっており、その前でエンジンを始動していざ出発です。

2013-06-09 06.34.06.jpg

途中、ガソリンを満タンにして、友人のバイク店に到着したのが集合時間15分前。
案の定、誰もいませんでした。

朝4時までF-1の予選を見るとか言う、友人の店なので、参加者もアバウトで、途中合流するかも?組もありらしい。

結局、スタートは5台で出発でした。

2013-06-092007.04.22.jpg

今回、私はお初の年輩の方が、ホンダ「NC700X」で参加されています。
このバイク、以前私もお店に見に行ったことがありますが、燃費がすごくいいんですが、何でもエンジンのベースがエコカー「FIT」らしいですね。
共通部品も多いらしいです。
ある方は35km/Lなんてすごい燃費を記録されたようですが、この年輩の方の話では、せいぜい30km/Lで回すと25km/Lとのことでした。
友人の話では、この方はレプリカ等スポーティなバイクを乗り続けてきておられるらしく、「NC700X」では物足りないとのことでした。

そんな「NC700X」が先頭の友人の「GSX-R 1000 YOSHIMURA」に続き、私は3番目を走行。
173号線から笹山方面に抜けるいつものルートですが、この「NC700X」の方が結構速い。
そこそこのペースで走る友人にピッタリついて走っています。
綺麗なリーンウィズながら、時折「クィ」「クィ」とリアタイヤが鳴っていて、よく見るとわずかにロックしていました。
リアブレーキに使い方が絶妙で、全く危なげない走りで格好いい。

その後ろの私はというと、リハビリと言い聞かせつつも、ワインディングとなると、つい調子に乗ってしまいます。
ですが、「DR-Z400SM」の特性がつかめず、どうもギクシャクしてしまいます。
一体感がないというか、しっくりこない感じですが、「250SB」との相性が良かったので、慣れるより仕方がないと思っていました。

そして、最初の休憩ポイントが道の駅 「丹波おばあちゃんの里」です。

2013-06-09 09.31.51.jpg

焼き立てパンのお店があったので、カレーパンとコーヒーで軽く朝食を取りました。
服装は、先日買った、NANKAIのメッシュパンツに、以前乗っていたCBR900RRに合わせて買ったSIMPSONのメッシュジャケットでしたが、朝の内はちょっと寒かったです。

この道の駅で、常連メンバー鉄馬姫が合流して6台になりました。

2013-06-09 09.19.31.jpg


ここでの休憩中、恥かしくも友人から驚くべき事実を聞かされました。
まだうまく乗れず、「ギアがしっくりこない」と話していた時に友人の口から出たのは「5速やからな」という言葉。
「えぇ?」
そうです、「DR-Z400SM」はミッション付オートバイの通常である6段変速ではなく5段変速だったのです。
私は、恥ずかしながら、それを知らず、気付いてもいませんでした。



そして、衝撃の事実を知った後は、北近畿豊岡自動車道の無料区間のみを使い、峠をつないで北上するようです。

気持ちの良い道やら細い山道を抜けますが、5速と知ったことで、「DR-Z400SM」の特性が理解できてきて、徐々に乗り方がわかってきました。
これまで「250SB」だと、必ずシフトダウンをきっかけにしていたのですが、5速の「DR-Z400SM」の場合、そこそこスピードの乗るコーナーだと、シフトダウンせずに倒し込むということも必要なのだと理解しました。
一体感が出てきたこともあり、だいぶスムーズに走れるようになってきたところで、再度の休憩です。

2013-06-09 10.27.40.jpg

今回は休憩だけで、入場はしていませんが、場所は「生野銀山」でした。

2013-06-09 10.26.35.jpg

大人900円と結構な金額ですが、ガイドさんについてもらうと結構楽しめるという鉄馬姫情報で、そのうちオルビスで行ってみたいと思いました。

そして、先へ進み峠の途中でエンジンが息継ぎをし出しました。
ガス欠です。
予想はしていましたが、予定よりもかなり早い。
前車「250SB」ではタンクが7Lで内2Lが予備タンク分ということで、25km/Lの燃費では、130km持たずに予備タンクとなります。
今回、「DR-Z400SM」では、タンクが10Lで燃費が30km/L行くとの書き込みを目にしていたので、予備タンクが同じく2Lとして、予備タンクまでに240kmは走行できると思っていたのですが、トリップメーターの数字は「189.4」。
どうやら、燃費30km/Lは燃費走法に徹した場合の情報だったようです。
実質25km/Lということで、燃費は前車「250SB」と変わらず、タンクの容量が3L増えただけという結果です。
とはいえ、0.9Lガスボトル2本を常備していたので、この3Lは大きいんですが。

ちなみに、今回も一応ガスボトル2本は積んでいます。

リザーブタンクにして、再スタートして間もなく、最寄りの道の駅で3度目となる休憩です。

2013-06-09 11.48.02.jpg

道の駅「はが」ですが、中には入らず自販機のスポーツドリンクで水分補給のみ。

2013-06-09 11.49.55.jpg

宍粟市で「しそうし」って読むんですね、初めて知りましたw。
ここで、もう1台、同じく航続距離に難ありの「TL1000S」も間もなくリザーブタンクに突入するということで、友人が最寄りのガソリンスタンドを探してくれてました。
しかし、近くには無さそうで、さらに先へ進むより仕方ありません。

そして、次に寄った道の駅「若桜(わかさ)」でスタンドの場所を聞くと、そのすぐ先にありました。
ようやく、ガス欠の不安から解放されて、そのまま先を急ぎます。
途中で、もう1台「GSX-R1100」が合流して7台になりましたが、その先で予想外の展開に。

国道482号兵庫県香美町と鳥取県若桜町との境界付近が土砂崩れの為に通行止めとなっています。

2013-06-09 12.57.32.jpg

土砂崩れの場合でも、2輪なら行けるんじゃないかとのことで、友人と「NC700X」の方が先へ行ってしまいました。
すると、メンバーの一人がすぐ横に有った湧水所の管理人の方に「行けないよ」と言われたみたいで、ここで待つというメンバーも。
既に先の2台が行ってしまった為、私は追って行くことにしましたが、途中、荒れてはいますが十分通れる状態で、思った程ではありませんでした。
友人達にも追いつき、大丈夫そうだなと思ったところで、ど真ん中に大きな石が横たわっているところがあり、それを避けてぬかるみの上を選択した友人がなんと立ちごけ。
3人でバイクを起こすとともに、反対側を片づけて通れるようにして先へ進むと、何とか通行止めの最後らしきところへ出ました。

2013-06-09 14.01.42.jpg

写真は反対側から撮っているので、この先が通行止め区間ということです。
何とか出られたということで、他のメンバーにも行けるという連絡をしようとしましたが、携帯の電波が×。
なんとかauだけアンテナが立つので、私のauから他のauメンバーへTELするも出ません。
すると、そのau持ちの「GSX-R1100」が到着しました。
後のメンバーの動向がわからないので、モタードバイクの私が戻ることにして、ちょっと行ったところで、向こうから来る鉄馬姫に遭遇。
最後の1台も来るとのことで、戻ろうとUターンしようとしたところでまさかの立ちごけ。
鉄馬姫の目の前の失態に大恥かきました。

少し言い訳をすると、これまで乗っていた250SBの場合は、250ccということで、バイクが停まらない限りは回転が低めでもエンストすることはありませんでした。
シリンダーが小さい分エンジンの抵抗が少なかったんですね。
ところが、400ccシングルともなると、エンジンの抵抗の方が勝るので、エンジン回転を上げていないとエンストするのです。
この特性への対処が未だできていなかったので、Uターン中の足場の悪い中でエンストしてしまい、立ちごけとなったわけです。
まぁ、前回の転倒のこともあって、このあと鉄馬姫には、ガラスのハートが砕け散るくらいいじめられました。

全員が揃い、いざ先へ進もうとしたところで、信じられない光景が…

2013-06-09 13.58.58.jpg

これは絶対無理です。
とんだ結末でした。
先ほどの通行止めの出口まで戻りましたが、ここでもう一本道があります。

2013-06-09 14.01.25.jpg

写真の左、橋を渡って行ける綺麗な道があることから、鉄馬姫が行けるんじゃないかと言います。
どうも、もと来た荒れた道を通りたくないのでしょう。
でも、友人が地図で調べた結果は、抜けれそうもないという結論です。
綺麗な道だからと未練があるようなので、私が探索に行き、その後を「NC700X」が付いて来られました。
ところが、綺麗なアスファルトの道は、すぐにコンクリートの細い道に変わり、先は続いていますが、抜けれるようには思えず、そのまま退散、結局元の道を戻ることになりました。

私のバイクはモタードバイクということで、基本オフロードバイクみたいなものなので、荒れた道はお手の物です。
ペースも一番早いと思うので、先に行かせてもらいましたが、案の定、オフロード感覚で楽しくて、水のあるところだけはバイクが汚れるのが嫌でそろそろと走りましたが、楽しく元の場所へ戻って来れました。
ワインディングとオフロードのどちらも楽しめて得した気分です。

そして、私が戻ってきた後、1分ほどして「NC700X」の方が戻ってきました。
後ろをついていて、早いと思ってはいましたが、モタードの私からたった1分遅れで、それも「NC700X」というのは、かなりすごいと思います。
上手い上手いとは思っていましたが、この方本当にカッコイイと感じます。
もちろん、年下の私がそんなこと言うと失礼なので言葉にしませんけどね。

二人で待っていたので、いろいろ話をしていると、その方、今回のツーリングが「NC700X」出の最後のツーリングになるらしい。
「えぇ?なんで?」
と思ったのですが、「パワーが物足りない」そうです。
そして、「お店にあるCBR900と交換するんだよ」ですって!?
その場では、何も言えませんでしたが、それって私がドナドナしたCBRに間違いありません。
後で友人にも確認しましたが、間違いないようです。
「NC700X」からということで、ちょっとびっくりしましたが、レプリカを乗り継いでこられた方には物足りないというのもわかる気もします。
しかし、あのテクニックで、「CBR900RR」に乗るとなれば馬鹿っ速じゃないの?って感じます。
体格も私同様小柄な方なので、「NC700X」もシートを加工しておられたようですから、私がしっくりきた「CBR900RR」はきっと気に入られることでしょう。

CBRの本領が発揮できるオーナーさんに出会えてうれしいと思う反面、ちょっと悔しい気も少し。
本当にコンパクトで速い良いバイクでしたからね。

走行している内に、続いてさらに3分遅れで一人帰って来て、最終的には7分ほどの遅れで全員が揃いました。
ところが、話を聞くと、またもや友人が立ちごけしたらしい。
ゆっくり走ると、ハンドル取られやすくなるし、返って走りにくかったりするんですよね。
運も悪かったんだろうけど、道が悪くなると急にペースが落ちるので、今度、オフロード訓練付き合わせようと思います。

トラブル続出で、当初の目的地である余部の「空の駅」へ到達不可能ということになりました。
元々、下道の峠をつないで鳥取手前という計画に無理があったと言わざるを得ませんが、私にとっては、元々リハビリのつもりなんで、「空の駅」はまたいつかオルビスで行けばいいやって感じです。

それよりも、お腹が減り過ぎて、まずは腹ごしらえですが、何にもないところなので、もと来た道の駅「若桜」まで戻って食事をすることにしました。

2013-06-09 14.52.35.jpg

ですが、この時既に3時を過ぎていて、道の駅のレストランもやっていなかったようです。

2013-06-09 14.53.42.jpg

そこで、ガイドマップにもある道の駅の真正面のお店へ。

2013-06-09 14.54.53.jpg

「鹿カレー」が有名なようです。

2013-06-09 15.41.34.jpg

山小屋風の建物で、ご夫婦ふたりで切り盛りされているようです。
丁度、ご飯が無くなったらしく、焚くのに15分ほど掛かるということでしたが、せっかくということで、7人中5人が「鹿カレー」を注文しました。

カレーにはサラダが付いていて、先にサラダが登場。

2013-06-09 15.27.35.jpg

いろんな自然いっぱいの野菜が入っていて美味しかったです。

2013-06-09 15.28.11.jpg

無農薬の証ですねw。

そして、待ちに待った…

2013-06-09 15.29.23.jpg

これが「鹿カレー」。
スパイスを十分に感じるカレーで好評でしたが、個人的にはまぁまぁという感じです。
肝心の鹿肉は、淡白で「ふーん、これが鹿肉か」って感じでした。

全員が食後のコーヒーをオーダーしたからかどうかはわかりませんが、こんなサービスが。

2013-06-09 15.35.35.jpg

ちまき。

2013-06-09 15.39.24.jpg

甘味の少ないちまきでしたが、コーヒーと美味しくいただきました。

予定外のトラブルで、目的が「鹿カレー」みたいになりましたが、もう帰らないと日が暮れますっていうか、確実に暮れます。

「NC700X」の方は、高速を使って帰るということで、来た時に通った北近畿豊岡道を使い、途中の有料トンネルも通ることになりました。
そこで、ETCが必要ということで、ようやくこの日の為に準備した自主運用ETC機の登場です。
固定方法まで手が回らなかったので、スマホケースに入れました。

2013-06-09 16.04.52.jpg

途中、北近畿豊岡道の道の駅「但馬のまほろば」で最後の休憩。

2013-06-09 17.18.37.jpg

バイクの列ができていました。

2013-06-09 17.23.10.jpg

列が長すぎて停められなかったので、離れて駐車。

2013-06-09 17.23.31.jpg

数人がそのまま高速で帰るということで、ここで解散。
友人と私、そして鉄馬姫と「TL1000S」の人の4人で春日から先を一般道で帰りました。

通行止め区間で、バイクが汚れたので、4台でカーピカランドで泥落としして、ファミレスでご飯を食べて帰りました。
「TL1000S」さんおすすめの300Gとライス大盛頼んだら、旨かったけどしんどかった。

2013-06-09 21.14.59.jpg

洗車後、少しパラついていた雨もあがり、良い雨宿りになりました。

本当はそのまま帰りたかったけれど、自宅のお向かいの解体工事があるので、そのまま「DR-Z400SM」で職場の倉庫まで直行。

2013-06-092022.48.31.jpg

代わりに、スクーターで帰宅しました。

2013-06-092022.49.28.jpg

疲れましたが、良いリハビリにはなりました。
次のリハビリは六甲山あたりかな…。


※後日追記
友人からの指摘でわかりましたが、「NC700X」にはABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載されているらしいので、文中のリアタイヤのロックというのは間違いです。
正確には、ロック寸前ということだと思いますが、そう考えると改めてABSやらスリーパークラッチやらを導入すれば、だれでも安全に走れるのでしょうか…。
乗ったことないのでわからないんですが。
posted by かわいいHERO at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2013年03月10日

激痛海鮮ツーリング

今年初の定例ツーリングは思いもよらぬ事態をもたらすツーリングとなりました。
降水確率50%という天気予報の中、雨粒が落ちることなく、朝8時といういつもよりも遅めの集合時間で、2度寝しても余裕でトップ到着です。

image.jpg

集合時間直前に友人が出てくるも、他のメンバーの姿はなし。
初めて、この定例ツーリングに参加した時のことを思い出します。
ですが、今回はほどなく全員到着で、途中合流予定の残り2名と須磨水族館前での合流を目指します。
その際、鉄馬姫より知らない振りをしていたブログの件を指摘されてしまいました。
まぁ、リンク貼ればバレるわな。
匿名でもプライベート満載のこのブログを見ることになったなら、とことんまで付き合ってもらいましょう。

image.jpg

快調に須磨水族館前へ進み、改めて「250SB」の楽しさ、速さを体感していたのですが、その後にそれを台無しにしてしまう出来事が…。

再出発して間もなく、先行車が第二神明道路の標識の方に曲がったのですが、事前に高速は使わないだろうと聞いていたので、ETCのない「250SB」ということもあり、「えっ、ETCカードで対応しようかな?」などと頭で考えながら、後に続いて曲がり、軽い登りの先に料金所が目に入った瞬間、すぐ前のバイクが指示器を出してなんと減速。
登りということで、アクセルを開けた途端の出来事で、あわててフロントブレーキを握ったところ、フロントタイヤがロックしてそのまま転倒してしまいました。
情けない…。
安全のためのオフロード練習だとか言いながら、こんなコケ方…恥ずかしい。

角を曲がったところで、速度はほとんど出ていなかったので、バイクのダメージはほとんどなかったものの、左にこけたので左の膝と足首をひねってしまいました。
バイクに問題がないということで、すぐに出発し、第二神明道路を少し走ったところで、雨粒が落ちてきました。
途中、サービスエリアでみんながレインコートを着る中、自分はブーツが脱げずに上だけレインコートを羽織りましたが、雨が強くはならないまま、目的地に到着しました。

image.jpg

相生市の海鮮市場のようです。

image.jpg

ここでは、海産物のバーベキューができるそうです。

image.jpg

比較的近いことと、高速を利用したことで、時間的にはまだお昼まで1時間近くありましたが、早速店内へ。

image.jpg

バーベキュー食材に数がまとまったものが多く、まとめて買って、後で割り勘することにしました。

image.jpg

カキがシーズン最後ということで、たくさん食べられていました。

image.jpg

と、そのバーベキューの食事中に、大雨になりました。

image.jpg

雨がテントにまで振り込んで来るので、私はご飯を食べて早々に昼食終了としました。

食後、出発時にはすっかり雨も止み、来た道を逆に走り出しました。
そして、行きにも視界に入った「道の駅みつ」に寄りました。

image.jpg

この裏が海の感じ、どこかで見たような…そうだeppelさんのブログだ。

image.jpg

少し休憩をしただけですが、人気の道の駅で人があふれかえっていました。

そして、本当の帰路を走り出した時に、私の「250SB」がガス欠になり、コックをリザーブにしたのですが、ガソリンスタンドがなかったこともあり、先導する友人は、そのままバイパスへ入ってしまいました。
リザーブとなった「250SB」はおよその燃費からは50qしか走れません。
でも、バイクはバイパスから第二神明へと進みます。
最悪は、準備しておいた予備のガソリンを使用すればいいので、心配はないのですが、その必要もなく、明石のサービスエリアへ何とか到着しました。

そこで、寒さもあり、温かいうどんでも食べようということになり、ご当地としておすすめになっていた、「のりラーメン」をいただきました。
肝心のお味の方は…イマイチかな?

image.jpg

給油もできて、その後は左足の痛みと戦いながら、先を急ぎます。

足首負傷でついニュートラルに入ってしまうシフトチェンジは、歯を食いしばり、痛みをこらえてシフトアップし、何とかバイク店まで帰ってきました。
その後、軽く食事をすることになり、お好み焼きを食べに行き、初めてわらい焼を食べました。
鉄馬姫に、「帰ってブログ書かないとね」ってからかわれつつ、ようやく自宅へ帰りました。

今回の転倒ダメージで、ライダーパンツがこの状態。

image.jpg

痛いなと思ってみた膝は、ヒートファクトのレギンスが破れていました。

image.jpg

ライダーパンツの膝ガードの上でこれなので、ライダーパンツが無ければぞっとします。

image.jpg

足首もくるぶし付近が腫れているみたいで痛いのですが、子供達も奥さんも優しくしてくれるので、この環境も悪くないですね。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2013年03月09日

今年初のツーリング?

ここ数日、一気に春を通り越したような気候となっていて、思わずじっとしていられない衝動に駆られますが、事務仕事が溜まっていたので、今日は一日事務所に詰めていました。
それでも、昼食に外へ出た時に、たまらず放置状態のスクーターアドレスV100のエンジンを始動するべくキックに励んで、気持ちだけライダー気分?を味わいました。
バッテリーが完全にご臨終となっているので、安いものを調達しないといけません。

そして、いよいよ明日は友人のバイク店の今年初の定例ツーリングです。
ぽかぽか陽気に、最高の気持ちよさかと期待していましたが、どうも空模様が怪しいです。
早朝から、降水確率がなんと「50%」。雨雨雨
晴れマークが続く中、なぜに明日だけ傘マークなの?もうやだ〜(悲しい顔)
傘マークはついているものの、予想降水量は「0」しか並んでいないので、きっと降らずに済むのではないかと淡い期待を持っています。
朝の時点で、降っていれば中止ということですが、こればかりは、朝にならないとわからないので、いずれにしても準備をしないわけにはいきません。

image.jpg

「CBR900RR」は職場の倉庫なので、結局「250SB」で出動予定です。
「250SB」最大の問題点、燃料タンクの不足を補う、ガソリンボトルも充填完了し、あと夜が明けるのを待つばかりです。

珍しくお願いしてみます。

「明日天気になーれ」晴れ晴れ晴れ
posted by かわいいHERO at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年10月15日

昨日は定例ツーリング

毎月、第2日曜日は友人のバイクショップの定例ツーリング。
リターンライダーとなって、早くも一年半近く経とうとしています。
7時の集合に、三男坊の目覚まし要請から、5時半起床です。
早起きで余裕だとのんびりしつつも、なおゆとりをもって出掛けるつもりが、空気圧チェックをしたら、かなり低くて急遽、足踏みポンプで困難な微調整。

image.jpg

結局15分程遅刻してしまいました。
今回の目的地は三重県松阪・大台方面とだけ聞いていて、先月同様のコースで奈良へ向かい、ジャパンで奈良在住の1台が合流。
言い訳ですが、今回はそのメンバーが後から来たので、私の遅刻は関係無かったかな。

image.jpg

いつものように、少し遠回りをして、敢えてクネクネルートを取り入れてます。
ただ、今回は友人の道間違いが多く、予定外の酷道も多く、目的地への到着は予定よりもかなり遅れました。

image.jpg

そして、ここが目的地らしい。
鳥肉?

image.jpg

はい、鶏のあみ焼きでした。

image.jpg

ここのお母さん特製の大根菜をご飯に掛けて…うまい。
鶏肉も柔らかくて、ようやく目的地である理由がわかりました。
気さくな面白いお母さんも楽しかったです。
お店を出て、まずは、一旦道向かいの道の駅へ移動。

image.jpg

実は催し物日らしく、直前まで、餅まきをやっているのが見えていたのですが、残念ながら間に合いませんでした。

image.jpg

今回のツーリングは全部で7台。
いつもとは、少し違う面子で、初めての若者もいます。

image.jpg

友人は今回も試乗車のGSR250です。

image.jpg

いつの間にかヨシムラが着いていました。

image.jpg

みんなが道の駅で滞在している間に、燃料タンクが極端に少量である250SBの私は、ガソリンスタンドで給油をしようと、友人にそれを伝えたところ、自分も給油するよって言うので、地元の人に聞いた営業中のスタンドは反対方面だったのでスルーしました。

次のスタンドで給油すると言っていた友人ですが、道の駅を出発して、直ぐに国道を離れたので、なんだか嫌な予感がしていたのですが、楽しいクネクネ道を相当距離走行した後に現れたのは、行き止まりの文字でした。
かなり前の地点で道を間違えていたようです。
元の地点に戻るまでに、私のSBはリザーブタンクに突入してしまいました。
燃費が悪くないとはいえ、リザーブで走れる距離は残り50キロほどです。
その後も山の中の走行が続き、本当なら心配で仕方ないところですが、私が冷静で居られたのは、0.9リットルのガソリンボトル2本を持参していたからです。
ですが、私だけでなく、他の連中のガソリンも怪しくなる中、私も計算上あと5キロで止まるかも?というところで友人が国道脇のパーキングに入りました。
せっかく停まったので、そこで初めてガソリンボトルを使用することになりました。
地図上では、この先にシェルのスタンドがあるらしいのですが、問題は開いているかどうかです。
これまでも、スタンドはいくつか有ったものの、全て定休日だったからです。
私はあと50キロほどは生き延びましたが、そこまで持たないだろう人もいます。
運命の再出発後、幸運にもそのシェルのスタンドは営業中でした。
結果的には、ガソリンボトルの意味は無かったかも知れませんが、そのおかげで平常心で居られたので、やはり持って来ておいて良かったです。

道間違いによるロスも大きく、とても疲労度の高いツーリングとなりました。

私自身は、酷道を含めクネクネ道こそが一番のご馳走なのですが、今回参加の400ccの若者は怖かったらしく、楽しみにしている友人との絡みも鉄馬女子からは、車間距離のない危険行為と駄目出しされ、このツーリングへの参加も見直しが必要なようです。
鶏焼肉中には、寝坊したのかと忘れた頃に遅刻の理由を追求されたので、やはり遅刻がまずかったのだろうか?がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年10月09日

六甲山お散歩ツーリングと明石焼

今日は祝日にもかかわらず、子供達が塾で全滅という状況で、早々に奥さんからも「バイクで何処か行って来たら?」と言い放たれ、漠然と何処へ行こうかと考えていたものの、ソロで長距離走る元気もなく、結局いつも通りに京都か兵庫へ北上かと思っていましたが、WEBサーフィンしていて偶然見た方のツーリングブログで明石焼が目に止まりました。
ツーリングと言っても、ついついワィンディングロードばかりを楽しみにしてしまうので、自分にはのんびりツーリングは向いていないと思ったりしますが、明石となれば、六甲山経由で行けます。
そんなことで、頭の中にそんなルートを描きつつ、朝からダラダラしていました。
でもやっぱり、天気も良いので準備を始めて、11時になるかならないかで、ようやく出発しました。

まずは、六甲山へいつもの逆瀬川方面から入ります。

image.jpg

久々のモタードバイクは、やっぱり楽しいですが、ちよっと間を開けすぎたか、感覚がしっくりくるのに少々時間が必要でした。

いつもの絶景ポイントに停まるつもりが、車が3台も強引に停めてあったのでスルーして、先の別のポイントで、とりあえずの写真。

image.jpg

その先、山頂展望台?付近でまさかの大渋滞。
展望台駐車場の順番待ちのようで、片側一車線なので、進まない。
これには耐えきれずに、サイドからお先を失礼しました。
あれでは、その先の六甲山フィールドアスレチックや六甲山牧場へ向かう人は良い迷惑です。
その先の六甲山牧場でも、駐車場待ちの車列がありましたが、こちらは警備員が交通規制して、交互に通行させていました。
展望台も昔と違い、今は、基本お店化しているので、きちんと対応すべきだと思います。

祝日なので、すぐに車が詰まって思うようには走れないことは想定していましたが、渋滞は…。

それでも、それを過ぎた後は、前車との間隔を開いて気持ち良く走れました。
牧場手前では、柵の向こうに羊の姿が確認できます。

2012-10-08 19.27.25.png

六甲山を抜けた後は明石へ向かいひたすら走ります。
以前三男坊と通った道で、向こうに山陽道の神戸西インターを望みます。

2012-10-08 19.21.00.png

ふと、気がつくと、前に変わった車が見えました。

2012-10-08 13.19.03.jpg

サイドカーですが、巨大なファンを載せています。
おじいちゃんが運転していましたが、空でも飛ぶつもり?

2012-10-08 19.23.32.png

その先、明石までの道のりは、のどかな感じの道でしたが、遠くに西神中央のグリコの工場が見えたので、およその位置が把握できました。

2012-10-08 13.30.22.jpg

途中、コスモス畑?が目に入って、バイクとの写真を試みましたが、遠すぎました。

2012-10-08 13.39.20.jpg

でも、所々の田んぼの脇の彼岸花の赤い色がきれいで、秋を感じさせてくれます。

2012-10-08 13.41.26.jpg

明石市に入ると、こんな看板がありました。

2012-10-08 13.49.34.jpg

明石駅近くで川崎重工があったので、ついでにパチリ。

t2pix_20121008-195033.png

でも、明石駅は実は反対側でした。
で、ようやく目的地へ到着しました。

2012-10-08 14.21.24.jpg

明石焼の「きむらや」さんです。
でも、すごく並んでる…。

2012-10-08 14.23.40.jpg

祝日なので、ひょっとしたらとは思っていましたが、並ぶのが苦手な私は、早々に断念しました。
すぐ近くに、うちの奥さんのお姉さんが住んでいて、年に何回かは近くへ来ているので、改めて平日に来ようと思います。
でも、せっかくここまで来たので、やはり明石焼は食べたいと思い、その場でWEBで調べました。
すると、「きむらや」さんについで評価の高いお店があったので、行ってみました。

2012-10-08 14.36.37.jpg

「ウタ」というお店です。

2012-10-08 14.53.27.jpg

玉子焼(明石焼のこと)とノンアルコールビールを頼みましたが、タコが付き出しでついていました。

行列の「きむらや」さんと違って、こちらは、ガラガラでした。
でも、店内にはたくさんの色紙が飾ってあって、有名人も沢山来ているんだと思ったのですが、よく見ると、ラジオやケーブルテレビの超ローカルな有名人?みたいで、私の知っているものはなかったような…。
おまけに、地元の学校のクラブ活動からの寄せ書きのようなものもたくさん。

2012-10-08 14.42.53.jpg

でも、これって地元の人達が認めているってことですよね。
店内に貼ってあった雑誌の記事で知りましたが、ここ「ウタ」さんは昔有った人気店を当時の常連さんが復活させたお店だそうです。
カリッとろっの食感が自慢の隠れた名店ということらしいです。
確かに、お店は通りから少し入ったところにあります。

2012-10-08 15.09.20.jpg

大きな交差点の角で目立つ「きむらや」さんと比べると、かなりのハンデです。
通りに面したところにバイクを停めたのですが、ふと、前を見ると、

2012-10-08 15.10.26.jpg

えっ?ピンク映画館。
今時、健在とはビックリしました。
改めて、すごい立地だなぁと思いました。

美味しい明石焼に満足して、明石海峡大橋を右手に帰路を急ぎます。

2012-10-08 15.20.03.jpg

途中、甘いものが食べたくなって、スイーツでも、と思ったのですが、美味しいスイーツの情報など皆無なので、視界に入ったマックで休憩することにしました。

2012-10-08 16.02.24.jpg

ホットアップルパイとJAFのクーポンのホットコーヒーでしめて100円です。

2012-10-08 16.05.48.jpg

帰りも六甲山を通って楽しみながら、無事に明石焼ツーリングから戻りました。
posted by かわいいHERO at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年09月09日

2ヶ月振りのツーリング

今日は、バイクショップの友人の定例ツーリングでした。
雨を心配しましたが、天気予報もどんどん改善していき、いいお天気の朝を迎えました。
ちよっと遅れて到着するも、みんなまだ出発という感じではなく、毎度のゆる〜いムードです。

t2pix_20120909-071605.png

今回は5台集合で、途中で1台合流予定です。
出発してしばらくして、友人がお店のシャッターを閉め忘れたと言って締めに戻り、その間にコンビニ前で待っていました。

2012_09_09_07_50_08.jpg

友人が戻ってきて、そろそろ出発しようという時に、一台が突然何処かへ走って行ってしまいました。
どうも、ガソリンを入れに行ったようですが、開いているスタンドがなかったらしいのですが、相当の時間をロスする事になり、大きく遅れて、奈良との県境付近で、もう一台と合流して先を急ぎました。

宇治の茶畑を横目に、JAのお茶のソフトクリームが美味しそうと思いながら先へ進み、この夏の大雨による通行止の影響を受けながら、今度は横目にたくさんの大きなたぬきを見ながら、信楽のセブンイレブンで休憩です。

IMG_0710.JPG

天気が良いおかげで、気温もどんどん上がっていきます。
ということで、アイスクリームを食べました。

IMG_0711.JPG

愛のスコール♫ のアイスで、あっさりして美味しかったです。

その後、初めて農業公園ブルーメの丘の前を通って「ここがブルーメの丘か」と新鮮に思っていると、突然道路を猿が横切りました。
ツーリングで猿に遭遇したのは初めてです。

その先には、今日のコースの私にとっての美味しい所である「鈴鹿スカイライン」が待ち受けています。
楽しみにしていたものの、路面が濡れているかと思うと、先へ進むにつれて強い雨になってきました。

t2pix_20120909-205439.png

頂上付近の駐車場に避難と後続グループ待ちで入った所、BMWな方がまさかのボテごけ。
1600ccの美しい車体にたくさんの傷が…。がく〜(落胆した顔)

しばらく、トイレの屋根下で雨をやり過ごして、再出発し、最寄りの道の駅まで来ましたが、身体中びしょ濡れになりました。

2012_09_09_12_43_25.jpg

道の駅「マコモの里」という所です。

2012_09_09_12_43_12.jpg

あちらこちらに「マコモ」という名前が出てくるのですが、それが何なのかがわかりません。
と、すぐ目の前にその「マコモ」がありました。

2012_09_09_12_42_38.jpg

イネ科の植物であり、花芽 に黒穂菌が寄生し、根元が筍状に肥大したものが食用となり、マコモダケと言うそうです。

道の駅を出て、少し走ってようやく目的地に到着しました。

2012_09_09_13_32_34.jpg

大遠会館という古ぼけた建物です。
到着して気付きましたが、ここは、今年のはじめに三男坊との三重行きの際、WEBで見つけて候補にしていた場所でした。
結局、行かなかったのでいつか行きたいと考えていたのですが、実はここは、マグロレストランなんです。

2012_09_09_14_51_36.jpg

さすがマグロのメニューが豊富でした。
店内はこんな感じで、決して綺麗とは言えないですが、すごくにぎわっていました。

2012_09_09_14_18_40.jpg

で私の注文したのが、こちら。

2012_09_09_13_57_50.jpg

大遠定食1480円也。
中とろを含むまぐろの刺身4種+ネギトロ?にマグロのメンチカツ等ボリュームたっぷりです。

大満足の食後、少しゆっくりして帰路に発ちます。

t2pix_20120909-205721.png

太陽が出ていたので、メッシュジャケットも、見事に乾きました。

2012_09_09_14_52_09.jpg

帰りも、行きと全く同じルートで、帰りの「鈴鹿スカイライン」も路面はウエットでしたが、とても楽しめました。

それと、今回、友人は試乗車として降ろした「GSR250」に乗って来ていたのですが、この「GSR250」なかなか良いようです。
先日、立ち読みしたバイク雑誌でもテスターのほとんどが250ccクラスで一番良いとべた褒め状態でした。
私も少しだけ乗りましたが、癖がなく、モーターのように回るエンジンですね。
そこそこ速い上、このツーリングでの燃費は30kmを超えているそうです。

2012_09_09_17_29_39.jpg

帰りはST250の女の子が乗りました。

そして、最後の最後、宇治をすぎた辺りでまたもや大雨。
家にたどり着いた時には、雨が降ってないのに、全身これ以上ないびしょ濡れ状態でしたが、何とか楽しい?ツーリングでした。
posted by かわいいHERO at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年07月09日

アドベンチャーツーリング

昨日は、2ヶ月ぶりの友人のバイク店の定例ツーリングでした。
早朝、一人起き出し、前日にわざわざ会社の倉庫から入れ替えしてきたCBR900RRでいざ出発。
集合場所の店の前に来ると、今月号のレディースバイクに取材された記事が載っているというST250のバイク女子が一番手で自分は2番手でした。
そのバイク女子には、開口一番「今日はオフ車で良かったのに」と言われました。
間もなく全員揃うと店主の友人が先に現地に行くと言い出し、別でBMW1600な方を先頭に合計6台で滋賀県高島町朽木へ向けてのツーリングスタートです。

久しぶりのスーパースポーツは、やはり圧倒的なパワーが魅力的です。グッド(上向き矢印)
友人がいないので、ワインディングも期待できないので、のんびりツーリングを楽しみました。
途中、道の駅「ウッディ京北」で休憩するも、雲が気になり出します。
ここまでも、雨こそ降っていませんが、路面が濡れている所も多く、前車のまきあげるしぶきに注意しないといけません。
再スタートし、狭く葉っぱや木の枝が散乱する細いこの辺りの舗装された林道にはやはりモタードの方が合っているなと思いつつも、CBRでも十分だと感じていました、その時は。
だんだんと前車のしぶきが避けれなくなってきたと思ったら、しっかり雨が降っていました。
それでも大きく濡れることも無く、なんとか目的地へ到着。

2012-07-08 10.25.36.JPG

雨で地面が柔らかくなっているので、大き目の石を探してきてサイドスタンドの下に埋め込みました。

DSC06015.JPG

で、ここはどこかと言うと、

2012-07-08 10.28.20.JPG

こんな入口?の施設です。

2012-07-08 10.28.51.JPG

場内へ渡る川の景色はなかなかのものです。

2012-07-08 10.29.17.JPG

右手にバーべキュー施設、左手には川を仕切って作られたいくつかの池があります。

その池で、早々に釣りがスタートです。

2012-07-08 11.02.58.JPG

ここは、滋賀県高島町にある「朽木渓流魚センター」というところです。

この仕切られた池にあまご?なんかの魚を放流してもらい、それを釣ってそのまま焼いて食べるらしい。
友人含めたツーリング組7人に車参加の家族連れ2組で、子供含めて計14名となるので、団体として池ひとつを確保するのですが、これが電話予約で取れなかったらしく、店主自らが現地で確保する為に、先に来たということのようです。

私もやりましたが、餌のいくらをつけると簡単に釣れました。

2012-07-08 11.02.31.JPG

バーベキューの炭起しをする人も居て、とにかく釣らないと食べられないので先ずは釣りをがんばります。

2012-07-08 11.01.54.JPG

このバケツには1匹ですが、他のバケツが一杯なので包丁とまな板が置いてある専用の流し台で焼く前の下ごしらえ(内臓除去)をします。
みんなはバーベキューを食べ始めていて、友人が1人でがんばっていたので手伝うことに。

何とか釣り上げた分を全て串刺しまでして、自分達もバーベキュー場へ向かいます。

2012-07-08 11.55.37.JPG

ようやく、バーベキューにありつけました。
ずっと皆の嫌がる作業していたせいもあり、今回ビックスクーターで参加のペンキ屋さんがサービス満点でバーベキュー奉行をしていただき、快適に美味しくいただきました。
ツーリングなのでノンアルコールですが、自分はいつものことです。

食後は、また何人かが釣りをしましたが、時間が経つと魚も賢くなるのか、賢いやつばかりが残るのか釣りにくくなってきます。
そして、2時間が経過すると、係りの人がやってきて水を抜き始めるのです。

2012-07-08 12.34.17.JPG

水が流れ込んで並々と水のあった池が、

2012-07-08 12.42.37.JPG

だんだんと水位が下がってきて、最終的にはこんなことに。

2012-07-08 12.49.07.JPG

まだ、水のあるところには、ちょっと見難いですが慌てた魚がたむろしています。(中央少し上位)

2012-07-08 12.46.26.JPG

こうなると、小さな子供達は大喜びです。

2012-07-08 12.55.11.JPG

つまり、投入した魚は全部持って帰ってくださいってことなんですね。
運搬の都合上、魚は多くは車参加のファミリーが持って帰ります。
私は今回はパスしました。

友人からは家族を連れての参加も勧められたのですが、自分としてはツーリングは自分の為の時間ということで、今回は1人で参加しましたが、毎年来ているようなので次回は子供が来たいというならファミリー参加でもいいかなとも思いました。
話を聞いた時はオルビスで行くと良いかなと思っていたのですが、オルビス内にいる時間はあまりなさそうですし、道中の道が広いとは言えないのでどうだろう…。

「朽木渓流魚センター」での行事も無事終え、帰路に発ちます。
ですが、大丈夫だろうと思っていた天候も更に不安定になり、友人を先頭に走り出した一行に大変な事態が降りかかります。
友人がチョイスした道がとんでもない道だったのです。
その道への分岐のところで「通り抜けできない」という表示を見た気がしたのは、私だけではありませんでした。
細く葉っぱや木の枝が落ちているのは、このあたりの道では往々にしてあるのですが、今回の道はそれに大きな石ころや丸太が加わります。
ところどころ土砂が崩れたりして、道にがれが平気で転がっています。
舗装もがたがたで、4輪車の轍の跡を通らないととても走れません。
木や草も生い茂り、時々枝を避ける為に頭を下げたりとまさにダートのようです。
あまりにも、ひどい道が続く為、途中で停止して相談。
ここまで結構な距離を走ってきたことと、BMWのナビでは一応道路として出てきているようで、そのまま抜けれるだろうとの予測でBMWな方を先頭に先に進みます。

ですが、更に道は悪くなり轍を通っていても障害物が連続します。
その状態に、友人のペースが一気に遅くなり、先頭のBMWはどんどん先を行くし、その数台後ろを走る私は
ペースが遅すぎて返って怖い思いをするようになってきたため、途中で追い抜いて先に行くことにしました。
後で、皆には「モタード乗り」とか言われましたが、ある程度のスピードで走り抜けた方が安定するんですよね。
もちろん、オフロードでの練習は役に立っていると思います。

先を行くことで、それなりに楽しんで走ることができるようになり、BMWな方にも追いついてしばらくすると、突然目の前が開けました。
そのとたん、前を行くBMWの車体が大きく跳ねました。

そこには、なんと幅50cmくらいありそうな側溝が。
勢いを持って、まっすぐ垂直に走り抜けたので、ダメージはありませんでしたが、斜めに入っていたら危なかったです。

2012-07-08 15.34.39a.jpg

突然現れた広場はどうも工事中の道路との交差地点で、来た道からは頂上のようです。
ですが、工事中の道路は舗装がしてあるもののバリケードがあり鍵も掛かっています。
なので、先を行くか戻るしかないわけですが、なんとこの先は未舗装の完全ダートではありませんか!

2012-07-08 15.35.16.JPG

見かけフラットダートのようですが、地図上では結構くねくねしています。
更にひどいダートとなっても、今度は下りなので引き返すことはできません。
来た道を戻るというのは最悪だと誰もが考え、地図上でも先を行く方が距離が短いと見れるので、どうなっているかわからないダートを進むことになりました。

BMWが先頭でスタートすると、私も早々に後を追いました。

ところが、少し行っただけでがれが出てきて、ひどいコンディションのダートに早変わりです。
とにかく、転ばずにやり過ごすのが精一杯でしたが、そのひどいダートを少し走ると舗装道へと変わりました。
そこも、がれが転がっていたりで決して走り良い道ではないものの、これまでの最悪のコンディションを思うと素晴らしい道でした。

何とか1人も転ばずやり過ごすことができ、BMWな方がガソリンがないというので給油を兼ねて、道の駅「美山ふれあい広場」で休憩。

2012-07-08 16.20.09.JPG

みんなが缶コーヒーを飲む中、私はトイレが近くなるのが嫌で、アイスクリームを。

2012-07-08 16.19.06.JPG

「抹茶豆乳アイスクリームもなか」ということだが、抹茶と言う割には抹茶色ではなく真っ茶色だった。

この後のルートでは、さすがに友人が先頭ということできっちりワインディングも入れてくれて、少しですが久しぶりのCBRの感覚を楽しめました。
やっぱり、突っ込んでくるりと回るのが速くて楽しいバイクですね。

ワインディングが楽しかった反面、アドベンチャーのおかげでみんなへろへろに疲れた為、店前に帰ってきても晩飯も行かずに解散。
自分も例に漏れず、なんとか家にたどり着いたものの、どろどろのCBRを洗う元気は残っておらず、入浴と食事を済ませたらそのままバタンキューでした。あせあせ(飛び散る汗)

2012-07-08 19.25.33.JPG

やっぱり、モタードにしておけば良かったのかもしれませんが、CBRだからこそ楽しかったアドベンチャーだったんだと思います。るんるん
でも、久しぶりのスーパースポーツ車でのアドベンチャーツーリングのおかげで、今日は肩こりか筋肉痛かわからない痛みに全身のだるさで体調は最悪でした。ふらふら
posted by かわいいHERO at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年05月20日

軽く六甲山

本当は休みのはずが、夕方に外せない仕事が入ってしまい、仕方なく朝のお散歩代りにモタードバイクでちょろっとお出かけ。

IMG_0222.JPG

行先は、今年初の六甲山です。
流れの良いバイパスのおかげで、高速道路のひと区間相当をスムーズに移動できるので、実は我が家から最短時間で行けるワインディングかも。

四輪車との間を開けながら、マイペースで山頂へ。

IMG_0223.JPG

ちょっと曇り空で、視界もイマイチでしたが、その分涼しくて気持ちよく走れました。
西の端でUターンして、帰りはそのまま西宮にぬけて、友人のバイク店に寄って昼過ぎには帰って来ました。

さぁ、スッキリしたところで、これから仕事へ行ってきます〜。
posted by かわいいHERO at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年05月13日

やっぱり北上ツーリング

今朝7時の集合で友人のバイク店前へ。
久しぶりの友人のバイク店のツーリングに参加です。
予め行き先を聞いていなかったので、聞いてみると高野山の龍神スカイラインを通って「尾鷲」のあたりとのこと。
ですが、リハビリを兼ねたツーリングには少々遠いんじゃないかということになり、私も「龍神スカイラインを通るならCBR900RRで来たのに」と言ったことで、急遽行き先が兵庫県に変更になりました。
珍しく今回参加のペンキ屋さんが遅刻で30分程遅れましたが、なんとか7台で出発しました。
今回も国道173号を北上、福知山を経由して和田山方面へ向かいます。
和田山では「海老せんべい但馬」で休憩、海老せんべいの試食を満喫しました。

2012-05-13 11.26.30.JPG

今回は私と紅一点の女子が250ccでしたが、あとの5台はすべてリッター越えのバイクで付いて行けるか心配しましたが、高速なしでペース的には互角以上で問題ありませんでした。

2012-05-13 11.31.09.JPG

そして、お昼過ぎに到着したのがここ。

2012-05-13 13.34.54.JPG

豊岡市竹野町の「床瀬そば」です。

2012-05-13 12.39.21.JPG

皿そばで有名な出石からもそう遠くない距離ですが、私は全く知りませんでした。
そして、当然注文するべきおそばは大盛りを注文。

2012-05-13 12.57.55.JPG

みんながおいしいというので「落花生豆腐」なるものも注文。

2012-05-13 12.55.23.JPG

ごま豆腐みたいで確かにおいしかったです。

2012-05-13 13.26.39.JPG

ここのお店、お座敷に大きな仏壇があって、ちょっとびっくりしました。
「床瀬そば」を出て、今回の目的地としては終了。
いつものことですが、帰路につきながらひたすらに走りまくります。

2012-05-13 15.29.33.JPG

道の駅「青垣」では、空にパラグライダーが飛んでいるのが見えました。

2012-05-13 15.14.32.JPG

友人がチョイスする低速のワインディングロードはまさにモタードバイクの為のようなコースで、私には大満足なコースでしたが、女子や他の参加者には苦痛で不評だったようです。
友人が遠回りをしてクネクネ道を選択するのが気に入らなかったようです。

それでも、明るいうちに伊丹まで帰って来てペンキ屋さんの強い希望で中華屋さんで夕食です。

2012-05-13 18.33.31.JPG

なんと105円の餃子のお店です。
なんかの本に載っていたお店だそうです。

2012-05-13 18.51.28.JPG

これが105円餃子ですが、具に野菜が多いような気がしましたが、その分しつこくなく食べやすくおいしかったです。
でも、餃子の他はもやしラーメン350円以外のメニューは特段安くもなく、味も今ひとつだったのが残念でした。
お腹が膨れたところで流れ解散、250SBだったので距離を走った割には疲れも少なく楽しいツーリングでした。
posted by かわいいHERO at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年04月25日

250SBでプチツーリング

今日は前からバッテリーを新調したモタードバイクの250SBを出動させると決めていたものの、さてどこへ行くか?
この間の次男坊との日本海ツーリングが結構しんどかったので、あまり帰りが遅いのも嫌だなと軟弱なことを考えているとなかなか目的地が決まらない。
昨日遅くまで、WEB検索やツーリングマップルとにらめっこするもイメージがわかない。
いつも通り、やっぱり北へ向いて行くかと漠然としたイメージで今朝を迎えましたが、またもや二度寝でのんびり起床です。
奥さんも居たのでのんびりテレビを見ながら朝ご飯を食べていると、ちょっと面倒臭い気がしてきたり。
でも、今日パスすると多分後で悔やむことになるので、奥さんを説得して10時をだいぶ過ぎての遅めの出発となりました。

sDSC05348.jpg

バイクの方は調子は上々です。
もちろん、先日取り付けたスマホケースもセッティング済みです。

sDSC05350.jpg

アプリはナビタイムにしましたが、バッテリーが心配なので、取りあえずは一旦終了して走り出しました。
目的地は深山方面にして、まずは国道423号線で北上し、国道9号線まで来てから改めてナビタイムで美山の道の駅を設定しました。
せっかくのソロツーリングなので、今回は写真も撮ろうと思い、道中目に入ったまっすぐな竹が印象的で、バイクを停めてファインダーに収めました。
て言ってもコンデジなんですけどね。

sDSC05353.jpg

ナビタイムを当てにして進むも、画面が暗くて内容が確認できません。
曲がるべきところがわからずに、グルグルした後、こりゃ駄目だと思いグーグルのナビに変更。
こちらもヘルメットとケースのせいで音声入力もタッチ入力もうまく行かず、少々苦戦しましたがケースから一旦出して無事設定。
それからは、順調で改めてバイクツーリングにはグーグルナビの方が適していると感じました。
途中、道の駅「京都新光悦村」があったのでトイレ休憩。

sDSC05356.jpg

お昼は道の駅でと思っていましたが、少し時間が早いのでトイレのみでそのまま先を急ぎました。
すると、今度は日吉ダムの表示が。

sDSC05357.jpg

日吉ダムは以前からチェックしているところですが、実は一度も行ったことがないので、ちょっと寄ってみることにしました。

sDSC05361.jpg

道の駅に温泉やプールもありますが、今日はダムへ直行し写真のみです。

sDSC05365.jpg

良い構図で撮れず、下からの方が良かったかなと思いつつ、日吉ダムを後にしました。
また今度、オルビスで温泉とプールに来たいと思います。

気持ちのよいワインディングでペース良く、気温25度という表示の中、楽しみながら進んで行くとあっという間にナビに設定していた「道の駅」美山ふれあい広場へ到着です。

sDSC05366.jpg

珍しいRZV500が停まっていたので、すかさずその隣に停めて記念撮影しました。
ここで、ご飯でも食べようと思っていましたが、食事できるところが見当たらず、代わりに目に入ったお店でソフトクリームを食べました。

sDSC05368.jpg

甘さ控えめでおいしかったです。ほんと控えめでした。

食べ終わった後は、そこから6kmとの表示の「かやぶきの里」なるところへ。
ここも、見たり聞いたりしたことはあるものの、行ったことはありません。

sDSC05380.jpg

いきなり、かやぶき屋根の集落をバックに記念撮影から。
今回はミニ三脚持参です。

sDSC05372.jpg

集落と反対側の川は由良川です。
ついでにこっちでも。

sDSC05378.jpg

思ったよりも観光地っぽくて、結構人もいました。
お店もあって、せっかくなので昼食を取ることにしました。

sDSC05383.jpg

なにか、地の名産でもと思ったものの、特にそれらしいものもないようなので、あっさりと皿そば?(メニューにそう書いてあるので)

sDSC05385.jpg

量も少なく700円という微妙な価格設定でしたが、おいしく食べられたので良しとしよう。

遅めの昼食で、帰りが遅くなるといやなので、これ以上の北上は止めて南へ帰ります。
これまた、快適に気持ち良く距離が進み、途中のきれいな日吉ダムではないダムも通り過ぎ、ペースが上がります。
帰る前に寄りたいところがあって、ペースが上がるのですが今日は幸運でした。

行きの423号線、帰りの173号線のいずれでもネズミ取りをやっていました。
幸いにも、行きは大型トラック、帰りは軽のワンボックスが先行して抜くポイントがなく流している状態だったので、何事もなく通過することができました。
平日なので、これがあるんですよね。
よく考えるとどちらも京都府内で亀岡からも近いところなので、京都府警が立て続けの交通死亡事故にピリピリしているのかもしれません。

そして、モタードバイクの得意な狭いクネクネ道で相当時間の短縮ができて、ナビの予定する時間よりもずっと早く到着したのがここ。

sDSC05389.jpg

猪名川サーキットです。
昨年の閉鎖から再オープン後の様子が知りたかったんです。

sDSC05390.jpg

カート1台、バイク3台という寂しい状態でしたが、ちゃんと営業していました。

sDSC05393.jpg

3台のうちの1台はなんと250SBの元車「Dトラッカー」でした。
それも、ライトやウィンカーそのままの街乗り車です。
ストッププウオッチがなかったので、どの程度のレベルかはわかりませんでしたが、一緒に来ていたTZR250にかるーくやられてました。
250シングルだとやっぱり遊ばれちゃうんだろうなぁ。
でも、走ってみたいなぁと思いながら、猪名川サーキットを後にして、予定通り明るいうちに家に帰ることが出来ました。

暑いくらいでしたが、気持ちいいバイク日和でした。
posted by かわいいHERO at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2012年04月16日

今年初のバイクツーリング

直前までどうするか悩んでいたこの日曜日の過ごし方。
天気がいいと聞くとやはりこの季節はバイクだということで、ソロツーリングの予定でしたが、せっかくの日曜日なので、子供を連れて行くことにしました。
この日は次男坊と長女がフリーでしたが、もうすぐのGWには次男坊がおそらくクラブ活動の試合で休みが潰れるだろうという予測の下、次男坊を連れて行くことにしました。
長女に断るも、あっさり「いいよ」ってことで、彼女にバイクへの執着はなさそうです。

翌朝はスマホのアラームをセットして、早目に起き出して寝起きの悪い次男坊を起こすのに一苦労しましたが、なんとか準備完了、さぁ出発です。

2012-04-15 07.JPG

モタードバイク「スズキ250SB」はマフラーが交換してあって、少々音が大きめなので大通りまで押して行ってセルスイッチを押すもセルが動かない。
キュルリとも言わない状況に、そうそうに諦めて自宅へ出戻りました。
さて、どうしたものか・・・。
ブースターケーブルで乗用車とつないでセル始動とも考えましたが、この250SBは、購入時に前オーナーからバッテリーはそろそろ厳しいと思うと言われていて、昨年しばらく放置の後に一度掛け損なってバッテリーが上がってしまい、充電。
その後は問題なく始動しており、先日の京セラドームのキャンピングカーショーへ行く前に確認した時にも問題なく掛かっていたので、すっかり油断していました。
なので、バッテリーが究極に駄目な可能性もあり、キックペダルのないこのバイクで遠出するにはやはり不安が残ります。
アドバイスをいただいたミクシィな皆さんありがとうございました。
その時は全然見れてなかったですが、そんな事情で押し掛けはどの道なかったんです。
そこで、最善策として思いついたのが、会社の倉庫にある「ホンダCBR900RR」での出動です。
それには、まず会社まで行かないといけないのでバイクスタイルのまま車で会社へ。
急いで、倉庫からCBRを出してきました。

2012-04-15 08.JPG

CBR君、久しぶりの太陽の下です。
調子も良く、ようやくツーリングのスタートができました。
急遽オートバイが入れ替わったことで、今回はタンクバックの類を持ってきていません。
なので、せっかく買ったツーリングマップルも見ながらは走れないし、当然スマホも使えません。
ですが、行き先は日本海方面としたので、まずは福知山を目指すのに9号線を行けばよいと安直に考えていました。
高槻の田能へ抜ける道はすごく整備されていて、気持ちよくスタートできたものの、分岐でいきなり「通行止」の表示が。
9号線を目指していたものの、そちらが通行止めになっていて、その先の分岐の亀岡方面で土砂崩れがあったようなのです。
そして、ここで私は勘違いを犯してしまい、亀岡方面は大丈夫だと思って通行止めの方を選択したのです。
すると、その先で亀岡に抜けられずに高槻方面へしかいけないことを知り、とにかく9号線に出ればよいという思いだけで、仕方なく京都の向日市方面へ進んでしまいました。
せっかく買ったマップルを開けばそんな失敗はなかったのですが、選んだ道は軽自動車でも苦労するようなひどい道でした。
おまけに山越えをして、いきなり貴重な時間と体力を浪費してしまいました。
そして、遠回りしながらようやくたどり着いた道の駅ガレリア亀岡にて休憩。

sDSC05195.jpg

ここからは、ひたすら9号線を進むのみです。
福知山の先でも道を間違え、今度はマップルでリカバリーして事なきを得ずに済みました。
そして、ようやく最初の目的地である「但熊」へ到着。

sDSC05203.jpg

有名?な卵掛けごはんのお店です。

sDSC05196 2012-04-15 12.JPG

実は、本当はここに朝一番10時に来て朝ごはんにする予定でしたが、トラブル続きですっかり遅くなってしまい、既に12時前です。
おまけに、すごい人で待ち時間がなんと1時間半・・・。
「卵掛けごはんに1時間半はないわ」と思いつつも、苦労して来たので待つことにしました。
待っている間は暇つぶしであっちこっちをウロウロ。

sDSC05196.jpg

このでかい熊は裏が女子トイレの入口になってました。

sDSC05197.jpg

お腹が空いているので、隣接するお店でシュークリームとロールケーキをいただきました。
卵をたっぷり使ったスイーツは濃厚でおいしかったです。
コーヒーは無料サービスでした。
卵掛けごはんにシュークリームと言えば、三重県の「コケコッコー共和国」を思い出しますが、ここ但熊も延々と素人?が歌うオリジナル曲が流れ続けています。
最後の「TKG」というフレーズが、次男坊には「ヒデジ」と聞こえると言い出し、「本当は何て言っているのだろう?」と何度も何度も聞き返すもわからず、私が発音からして「ローマ字じゃないか?」と切り出したところ。
あっさりと「Tamago Kake Gohan」だと言い当てて解決しました。

sDSC05207.jpg

その後は、天然記念物のオオサンショウウオも生息すると言う前にある川を散策したりして時間をつぶしました。

sDSC05208.jpg

そして、ようやく順番が来ました。

sDSC05209.jpg

これで350円。
卵は食べ放題です。

sDSC05211.jpg

卵3個を投入、珍しい「かき醤油」を掛けて、青ねぎとのりをトッピング。
あっという間に完食です。
1時間半も待って食べたTKGですが、違いがどうとかではなく、お腹が空きすぎてまずいわけがないがないんです。

sDSC05217.jpg

食後は前の土手でたくさん生えていた「つくし」を、次男坊が「おばあちゃんに持って帰ってあげる」というので摘みました。

その後の予定は、天橋立での又のぞきや関西電力の水族館である「魚っ知館」の訪問や農業公園「丹後味わいの郷」なんかを候補に次男坊に選択させましたが、次男坊が選んだのはここ。

sDSC05229.jpg

丹後半島夕日ヶ浦温泉の日帰り立ち寄り温泉「花ゆうみ」です。
グラウンドゴルフと温泉入浴のセット割引があるという珍しい温泉です。

sDSC05226.jpg

グラウンドゴルフ用に無料のロッカーもあって、ライダーには重宝します。
そして、まずはグラウンドゴルフから。
専用の木製クラブに大きなカラフルなボールを使います。

sDSC05222.jpg

待ち時間もなく、二人だと全8ホール?30分も掛からないので、お年寄りの集団が専有していたコースを除いた2種類のコースで3ゲーム楽しみました。
残念ながら、まだまだ子供の次男坊には、1ゲームも負けませんでしたね。

sDSC05228.jpg

ゲームの後は温泉。
普段、明るいうちに温泉にはいることがないので、すごく気持が良かったです。

温泉を後にして、明るいうちに海沿いの道を通ろうとしたのですが、間違って漁港へきてしまい、行き止まりでせっかく来たので写真を1枚。

sDSC05234.jpg

戻る途中でも海をバックに撮ろうと試みますが、逆光でうまく撮れません。

sDSC05238.jpg

ということで、ところどころ桜も見られる海沿いのワインディングロードでの1枚。

sDSC05246.jpg

日本海に来た証が残りました。

そして、次に向かうのは宮津駅前の「富田屋」。
ここも、以前友人のバイク店のツーリングで連れて来てもらったお店です。

sDSC05252.jpg

二人とも刺身定食で焼きあわびも注文してみました。
料理の写真を忘れましたが、刺身定食は今回は小さいですがサザエも入ってましたし、いろんな魚が味わえておいしかったです。
でも、あわびは次男坊も首をかしげるイマイチな感じでした。

sDSC05255.jpg

お店を出るともう暗くなってきていて、結局帰りにも同じ行き止まりのルートに引っ掛ってしまって、寒いし疲れるしでしたが、後ろの次男坊にスマホを持たせてグーグルナビのおかげで何とか無事に帰ることが出来ました。
タンデムに向かないだろうCBRでお尻が痛いと言っていた次男坊は、また行きたいと言うのだろうか?
posted by かわいいHERO at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年12月10日

明日の定例ツーリングは無し

ここ最近、皆勤賞で参加している友人のバイクショップのツーリングですが、残念ながら明日はありません。
寒くなるので先月が最後かも?的なムードは漂っていたものの、一応確認しておこうと友人にメールを送ったのが火曜日位でしたが、待てど暮らせど返事がありません。
これは、嫌われたか死んだかのどちらかだと思いながら、今日改めてメールをしてみるとようやく遅遅に返事が返ってきました。
『ごめん、今病院』
やっぱりって感じです。
詳しくはわかりませんが、日頃の不摂生が祟ったのでしょう。
まぁ、これで明日の休みは『お見舞い』という予定ができたのでそれもありかな。
よし、午前中はオルビスのスタッドレスへの交換でもチャレンジしよう。ひらめき
posted by かわいいHERO at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年11月15日

三重ツーリング

ここのところダイエットブログのようになっていますが、この日曜日はウォーキングもオフの日でした。
理由は、定例の友人のバイクショップのツーリングの日だったからです。
今回の行き先は三重県。
朝7時に店前集合でしたが、準備に戸惑いちょっと遅れてしまいました。
店前には、前回も参加のST250の女子と友人だけしか居らず、私を含めると全員集合だった。
ただし、一人奈良の人が途中で合流するとのことで、阪神高速から西名阪を通って奈良へ向うことになりました。
私以外はETC搭載で、料金所の度に待ってもらうというのも気を使います。
いづれETC付けないといけないかな?
でも高速道路はやはり面白いとは思えません。
但しやはり早く、あっという間に合流予定の「道の駅針テラス」に到着。

s-IMAG0087.jpg

まだまだ、2輪車多いです。

s-DSC04143.jpg

奈良の人合流後、一般道を南下後東へと進んでいきますが、いつものように友人がルート迷ってます…。
停まって確認。

s-DSC04145.jpg

たった120kmでリザーブに切り替えしないといけない極小タンクの250SBなのですが、針テラスで既に70km走破してます。
ここから田舎道へ入るのでガソリンスタンドがあるか心配です。
友人に念押しすると、「大丈夫、大丈夫」と言葉が返ってきます。
ですが、さすが田舎道、日曜日でスタンドというスタンドが閉まってます。
そうしている間にリザーブに切り替わり、スタンドがないなぁとあせり始めた頃、ガソリンよりもトイレが近くなり、スタンドで用を足すつもりがたまらず緊急停止で立ち○ョーベン。
奈良の方が心配して待ってくれていましたが、仁王立ちの私を見て理解したみたいで先へ進んでいきました。
追いつこうとペースアップしてすぐに、ガソリンスタンドが目に入りみんなが待っていました。
こんなことなら、もう少し我慢すれば良かった…。
ひとまず、給油できて安心してすぐ先の「道の駅飯高駅」で休憩を取りました。

s-IMAG0088.jpg

ここにも沢山のライダーたちがいましたが、奈良ナンバーがほとんどで以外にみんなプチツーリングなんだと思いました。

道の駅を出発してそんなに時間が掛からずに、今回の目的地へ到着です。
バイク専用駐車場があったので、そちらへ駐輪。

s-DSC04157.jpg

この場所とは…

s-DSC04152.jpg

コケコッコー共和国」というところでした。

s-DSC04151.jpg

伊勢自動車道「勢和多気インター」のすぐ横にあります。

s-DSC04149.jpg

かわいい子供の山羊がいました。
お昼前に着きましたが、ここでお昼ご飯にします。

s-DSC04160.jpg

おいしそうな昼食の内容は、

s-DSC04161.jpg

鳥焼肉と

s-DSC04162.jpg

卵使い放題のたまご掛ご飯です。
ダイエット中ですが、せっかく三重まで来たのでそんなこと言ってられません。
調子に乗ってこれも…

s-DSC04163.jpg

シュークリームですが、クリームが卵の白身をベースにしたあっさりクリームでおいしかったです。
この大きさで200円は安い?
ちなみに、鳥焼肉とたまご掛ご飯で一人千円ほどでした。

お腹も膨れて、早くも帰路に着くらしい。
美杉方面を通って、林道か?ってような道も通りましたが、今回はモタードバイクなので、打って付けです。
どこを走っても楽しめました。

s-DSC04164.jpg

名張まで帰ってきて給油の後隣のコンビニ前で休憩です。
その後、みんな疲れてきたので国道163号線で帰るつもりが中止して西名阪から阪神高速と行きの逆を行くことにして、香芝SAで休憩の後、環状線で流れ解散となりました。
阪神高速で家のすぐ近くまで行けたので、すごく楽に帰ることが出来ました。

今回、走りの面では少し物足りませんでしたが、モタードバイクでもリッターバイクに十分ついていけると感じました。
おそらく、今年最後のツーリングになる可能性が高いのですが、出来れば来月も行きたいなぁ。
posted by かわいいHERO at 01:31| Comment(5) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年11月10日

オフロード練習のはずが…

仕事休みの水曜日、前からひそかに考えていたのですが、モタードバイクを手にした事で不慣れなオフロードの簡単な練習(オフロードごっこ)に行きたかったのです。
朝をゆっくり過ごし、昼前に目的地に向ってへ出発しました。
250SB(Dトラッカー)は燃料タンクが7Lしか入らないので、出発して川西でまず給油。

s-DSC04098.jpg

そのまま北上して能勢を目指します。
途中、20数年ぶりにすれ違ったバイクにピースサインをもらい感激しました。(懐かしい…)
天王を過ぎたところの林道の途中にある通称「トライアル広場」に行こうとしていたのですが、国道から林道へ入ると途中が大きながれきごろごろの道でさすがにモタード車では厳しいようなので、るり渓へ向う道の方からは容易に行けるとの情報を得ていたのですが、グーグルマップで調べた入り口らしきところへ行ってみると、封鎖されていて無断での立ち入りが出来なくなっていました。
別に入り口があるのかと思い、少し離れた別の道を上がってみましたが行き止まりでうっかり立ちゴケしてしまいました。
スロットルが戻らなくなってしまい、意気消沈してもと来た道を戻りました。
せっかく来たのに…と思ってふと横を見るとちょっとしたアスファルト舗装の広場があり、バイクなら入れそうです。
オフロードが駄目だったのでアスファルトでもいいやと思い、そこで少しの間ジムカーナ的なことをしてました。

s-DSC04106.jpg

スロットルに問題はあるものの、気分も乗ってきたのでそのまま、能勢の田舎道を行くあてもなく走り回りました。
細い道でも快適に走れるモタードバイクは、楽しいだけでなく安全だとも言えます。
気ままに走っていると妙見山へ行く道があったので行ってみると非常に楽しい道で、今では珍しい峠小僧が走ってました。
コーナーからいきなり現れたかと思うと片手を挙げて挨拶してきたのには驚きました。
途中林道へ入ろうとしているのか2台のオフローダーとも会釈で挨拶を交わして、ここまで来たら妙見山まで行ってみることにしました。

s-DSC04112.jpg

特に山上に用事があるわけもなく、写真だけ撮ってもと来た道を戻りました。

s-DSC04114.jpg

こんな田舎道を走っていると、見覚えのあるところへ出ました。
父と仕事の師匠の眠る北摂霊園でした。
せっかく来たので、お参りしていくことにしました。

s-DSC04117.jpg

お墓の向こうに大阪平野が広がります。
洋墓の並ぶ芝生墓地にはなんと鹿の糞があっちこっちに転がっていました。

s-DSC04116.jpg

また、今日は神戸の海も良く見えました。

s-DSC04118.jpg

師匠に続き、実父の墓に参って自宅を目指します。

s-DSC04119.jpg

自宅を目指すその途中で突然バイクがエンジン停止。
ひょっとしてと思い燃料コックをリザーブへひねると案の定エンジンがかかりました。
トリップメーターを見ると120kmでした。
120kmでリザーブはやはりツーリング時には苦労しそうです。

なんとか自宅へたどり着き、その後は少し泥で汚れた250SBに続き、雨のキャンプ大会後のオルビスを洗車して、この日の予定は終了。
今日のライディングも楽しかったですが、次の日曜日のツーリングが楽しみです。
posted by かわいいHERO at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年11月04日

またもや六甲山へ

オフロードブーツのご臨終でオフロードへの侵入を拒否された感があり、それでももったいないのでモタードバイクで出かけようとしていたところ、次男坊が暇そうにしているので今日の予定を聞いてみると、部活も無く塾もなく全く予定もないという。
それならそうと聞いていれば、なにか考えてやったのですが今更言っても仕方ありません。
「バイクでどこか行くか?」と声を掛けると満面の笑みで頷きました。
どこへ行きたいかと尋ねると「あちゃ(弟)が言ってた山道みたいなところ」と六甲山であろう答えが返って来ました。
それなら、自分も楽しいし一石二鳥と早速出かけることにしました。
姫路の時と同様に、まずは近所のGSで給油して宝塚方面から六甲山を登ります。
居眠りするくせにしっかりしがみつかない三男坊に対して次男坊は「お前は俺の彼女か」ばりにしがみついてます。
兄弟でも反応はいろいろですね。
もうすっかり恒例となったピクチャーポイントで記念撮影。

s-DSC03930.jpg

かなり霞んでいますが西宮方面の山々から大阪湾から神戸港方面が一望できます。

s-DSC03929.jpg

このポイントのすぐ横の車道でバイクを停めているバカップルがいました。

1320289460728.jpg

路肩に余裕のないカーブでバイクを停めるだけでも危険なのに並んでのんきに記念撮影していました。
すぐ横にこんなポイントあるのに…。
そう思いながら、到着したのが昨日と同じく六甲山牧場です。
ソフトクリームを食べるだけのつもりでしたが、次男坊は「ちょっと寒いから今はいらない」と言います。
それじゃあ、100円の駐車料金払って何しに来たかわからないので「牧場入るか?」と聞くと嬉しそうに頷きます。
ということで、牧場入場口へ。

1320290842635-orig.jpg

昨日と違い祝日なので人が多いです。
たまたま、真横の西駐車場をオープンしたところらしく一時的に列ができていました。
入場早々大量の羊が歩きまわってます。
やぎの餌を購入して、やぎや羊にやってます。

s-DSC03933.jpg

動物好きとはいえ、なんか幼い中学生ですねぇ。

s-DSC03934.jpg

なかなか荒々しい羊で2本足で飛びかかってました。
その先には、

s-DSC03939.jpg

馬や

s-DSC03941.jpg

ミニブタなんかがいて、

1320292300010-orig.jpg

山を超えるとそこにもたくさんの羊がいます。
ひと通り回っていい運動になったところで元の入口まで戻ってきて、牛肉のステーキを売っていたので「食べるか?」と聞くとまたもや満面の笑みでご購入。

s-DSC03944.jpg

国産牛と書いてありましたが神戸牛とは書いてありませんでした。爆弾
でも600円は高くない?
牧場のゲートを出て、売店まで戻ってここでソフトクリームです。

s-DSC03948.jpg

駐輪場まで戻ってきました。

s-DSC03950.jpg

昨日もソフトクリーム食べるだけに自主的に100円払って停めてますが、今日は払う前に警備員のおじさんに払えと催促されてなんか気分悪かったです。
こんなお粗末な駐輪場で市販の郵便受けに100円投入するだけなので、払っていない連中もいると思います。
そういえば、駐輪場に入った時に入れ違いで出ていったハーレーが立ちごけしてライダーが一回転してかわいそうでした。
お金取るならもうちょっと整備して欲しいものです。
牧場を出て、西のハズレまで六甲山のワインディングロードを堪能して、次男坊に「昼ご飯何が食べたい?」と聞くと「ラーメン」という答え。
神戸でラーメンと言えば「もっこす」しか思い浮かびません。
スマートフォンのグーグルナビで検索して近くの「もっこす」へ行きました。

1320299154593-orig.jpg

印象ではもっと獣系のギトギトのイメージでしたが、久しぶりに食べると以外にそうでもなかったです。
とはいえ、3、4ミリは油が浮いてましたけど。

s-DSC03952.jpg

腹ごしらえを済ませて、また西から東へ六甲山を横断して帰宅しました。
僅かなプチツーリングでしたが、前日とあわせてお尻が痛くなり、疲れも出てきてソファでうたた寝してしまいました。

CBR900RRでは行こうと思えなかった六甲山ですが、モタードバイク250SBで行くとほんと楽しいです。
子供を後ろに乗せていると無理はできませんし、重たいのでなかなか思うようには走れませんが、それでこの楽しさですから一人で走るともっと楽しいだろうと思います。
次のバイク店のツーリングが俄然楽しみになってきました。ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年11月03日

モタードバイクで初ツーリング

この水曜日の定休日と木曜日の祝日で私的には連休でした。
とはいえ、水曜日は平日ですからオルビスで出かけることも出来ず、オルビスは販売店のキャンプ大会まで出動機会がありません。
ところが、水曜日は小5の三男坊だけ学校が休みということで、急遽三男坊とのお出かけの話がでてきました。
昨年のように舞鶴道の無料化実験もなくなり、わざわざオルビスを出動させる気にもなれない中、奥さんから三男坊が「バイクでどこかへ出かけれられないか?」と聞かれたという話を耳にし、先日入手したもののまだ長距離を走っていないモタードバイク「スズキ250SB」の試運転というか自分的な慣らしの意味合いで出掛けるのなら有りかなぁと漠然と考えていました。
ところが、次男坊が友達とUSJに行ったことに影響されて、直前に三男坊がUSJに連れて行けと言ってきました。
さすがに、今のところUSJは自分的には腹いっぱいなのでパス。
でも、どこかへ行きたいというのでバイクでのお出掛けとなりました。
先日、オフロード用ヘルメットを新調しましたが、子供連れということで子供のジェットヘルに合わせて自分も普段スクーターの通勤用で使っているジェットヘルにしました。
ジャケットはおニューのBATESを着ていくことに。
出発後まずは給油です。

s-DSC03797.jpg

モタードバイク「スズキ250SB」は燃料タンクがたったの7リットルなのでツーリングにはちょっと物足りません。
とはいえ、燃費はリッター当たり25キロは走るらしいので、ぎりぎり実用というところですが、まめに給油は欠かせません。
ガソリンスタンドを出て、向うはバイクでは恒例となりつつある「六甲山」です。
いつものピクチャースポットに寄りました。

s-DSC03812.jpg

モタードバイクはそもそもオフロードバイクなので段差も楽々超えられるのでとにかく楽で良いです。
その先の六甲山牧場へ寄りましたが、牧場内には入らずソフトクリームだけ食べました。

s-DSC03816.jpg

六甲のチーズ入りということでしたがあまりチーズの味はせず、でも甘さ控えめでおいしかったです。
宝塚から入った六甲山を西へ抜けて、ナビもなしにひたすら更に西へと向っていると見覚えのあるところへやってきました。
この夏に富士山方面から帰りに奥さんの両親のお墓参りに向う時に通った道であることに気づき、それならとやってきました。

s-DSC03823.jpg

おじいちゃん、おばあちゃんにツーリングの無事をお願いしました。

s-DSC03820.jpg

お墓を出てさらに西へ向かいますが、どうも後ろで三男坊がこっくりこっくりと居眠りしているようです。
やはり心配なので、ホームセンターによってベルトで私と固定することにしました。

s-DSC03825.jpg

ホームセンターからすぐに第二神明道路に乗り、初の高速タンデムも経験しました。
そのまま、加古川、姫路とバイパスを乗り継いで目的地である姫路までやってきました。
すでに、お昼を過ぎていたので三男坊に選択させて通りかかったサイゼリアへ入りました。

s-DSC03828.jpg

腹ごしらえをして、すぐ到着したのがここです。

1320210940755-orig.jpg

「姫路市水族館」です。
以前に来たことがあるのですが、ずっとリニューアル工事中で閉館していたのですが今年の7月にリニューアルオープンしていました。

IMAG0051.jpg

ここはウミガメに詳しい水族館です。
入館と同時にえさやりのアナウンスが入ったので先に見に行きました。
ウミガメプールは下からも見れました。

s-DSC03865.jpg

いわし?のえさを売っていたので購入。

s-DSC03856.jpg

一生懸命やってましたw。
恒例のタッチプールもありました。

s-DSC03833.jpg

リニューアル後ということで全体的にきれいにはなっていましたが、リニューアル以前が充実している感じがあったので、思ったほどのリニューアルではありませんでした。
ドクターフィッシュの体験などは今時で新しいですね。

s-DSC03883.jpg

水族館と同じ建物内にモノレールの無料展示があります。
高度成長期の負の遺産という感じですが、その後通った姫路駅付近にはそのレールが今でも残っているのを見ました。
水族館を出ると中途半端な時間でしたが、三男坊が動物園にも行きたいというので急いで移動します。

s-DSC03895.jpg

5時閉館のところ入館したのは4時15分でした。
ほとんどの動物が既にお家へ入っていました。

1320218742276.jpg

動物園から改装中の姫路城も…

s-DSC03911.jpg

日も暮れてきたところで帰路に着きましたが途中晩ご飯を食べて帰りたいというのでリクエストの「くら寿司」へ寄りました。

1320228502965.jpg

一人だけなので遠慮なく選びたい放題で満足したようです。
そして、ワインディングが楽しかったらしく帰りにも六甲山を通れというので、自分も喜んで六甲山を通って帰宅しました。
モタードバイクでのワインディングは予想以上に楽しく、病み付きになりそうです。
posted by かわいいHERO at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年10月10日

奥琵琶湖ツーリング

昨日は友人のバイク屋さんの定例ツーリングでした。
予定のある子供はもとより予定なしの子の拠所であるUSJもゴールドパス除外日ということで、何の気兼ねもなく一人ツーリングに出ることが出来ます。
朝6時に一人起きだし30分ほどで準備をして出発しました。

s-IMAG0003.jpg

今回は夏の暑さが失せたので、上着がメッシュジャケットでは風を通して寒いかも知れないと思い又もや20年前の骨董品を持ち出してきました。

1318240588353.jpg

学生時代のアメリカホームステイ時に何度か訪れたメキシコで安くで買った皮のジャケットで、アメリカで買ったワッペンを自分で縫い付けたオリジナルです。
決してかっこいいとは言えませんが、思い出一杯の愛着品です。
また、これまで足元は赤いライダースブーツをジーンズの上に履いて参加しましたが、最近は「イン」が流行らないのでちょっと気になっていました。
赤いブーツがズボンの下から覗くのもなんだかなぁということで、これまた履かないので捨てようと思いながら下駄箱に入れてあった「LAギア」のハイカットのスニーカーを履いていくことにしました。

1318240649193.jpg

今時のこ派手な色違いの紐はないなと思いながらもジーンズで紐を隠して、上から下まで80’sということで開き直ることにしました。

バイクショップの前に着くと既にみんな揃っていて私が最後だったようです。
以前、高野山ツーリングでご一緒したペンキ屋も参加のようです。

s-IMAG0004.jpg

すぐに出発しましたが、いつもは友人のすぐ後の2番手をキープしていましたが今日はお初に会うGSX-R750の彼が2番手をキープしているので、仕方なく私はそれより後ろを行きますが、なんと今回は女性ライダー2名が参加ということで、その前を行くこととなりました。

473号線から亀岡を抜けて京都へ抜けて北上して行ったようですが、女性ライダーの前のポジションとなってしまった為、彼女達の技量がわからないままペースをあげないよう気遣う羽目に…。

ペースの速い人は、分岐等がない限りどんどん先を行くというスタイルのツーリングなので本来気にせずどんどんいけばよいのですが、情報がなくて先に行くことができませんでした。

途中、道の駅ガレリア亀岡で休憩を取ったときに、初めて挨拶&キャリアを聞きました。
一人はもう6、7年このツーリングに参加するベテランでもう一人はそのミクシィ友達で今回初めての参加ということでした。
キャリアがわかったことで、気にせず先に行こうと思いましたがあまり楽しい道がなかったことと、排気量のまかせて先に行くのも気が引けるので、結局のんびり走り続けました。
途中、道路の真ん中にイノシシが轢かれて転がっていたりはしましたが、田園風景の中の直線を行くようなルートも多く、気持ちいいけど退屈な感じで2度目の休憩を「道の駅 くつき新本陣」で取りました。

s-IMAG0005.jpg

予想以上に温度が低かった為、トイレが近くて困ります。
ですが、日向に出るとちょうどいい温かさになるので真夏とは比較できないほど快適でした。
道の駅を出る時に見知らぬ上品そうなおばあさんに「気をつけてね」と声をかけていただきました。
連休ということで車も多かったのですが、そこから、しばらく行くとバイクの数も増えてきたように思います。
目的地と聞いていた「奥琵琶湖ドライブウェイ」の標識も無視してやって来たのがここです。

s-IMAG0008.jpg

とりやさい鍋が有名らしい「びわこ食堂」というところ。

s-IMAG0009.jpg

道路沿いに大きな看板はありますが、建物はいたって地味でした。

今回の参加者6人で3人3人に分けれて座ることになったのですが、私が来た時には男性陣は既に席についていて、私は女の子二人と鍋をつつくことに。
初対面で鍋って気を使うなぁと思いつつ、別の箸で取ろうか、それも変かなぁとか考えているうちに鍋が来ました。

s-IMAG0010.jpg

白菜の塔が上高くそびえています。
1人前680円なので、白菜が高い今はお店も困るだろうなぁと言う話題は当然のように出てきました。
嵩高い白菜の塔ですが、火が通るときれいに鍋の中に納まります。
そうなると食べ時ですが、女の子達が気にせず自分の箸で食べ出したのを確認して私も自分の箸で食べました。
まぁ、バイク乗りの女の子なので気にするようなことではなかったのかも知れません。

お腹が一杯になったところで、一旦給油してなぜかまた道の駅に。

s-IMAG0014.jpg

「道の駅 湖北みずどりステーション」というところです。

s-IMAG0012.jpg

どうやら、女の子からスタンプラリーか何かで寄ってくれというリクエストがあったようです。
全くの寄り道的なルートでしたがその後いよいよメイン?の「奥琵琶湖ドライブウェイ」です。
琵琶湖の湖畔の高速なワインディングルートの先にそこはありました。
・・・ですが、期待し過ぎました。
面白いのは展望台までのわずかな距離だけで友人も乗りが悪くGSX-Rの2番手君も怪我のリハビリ中とかでその後ろでの不十分な走行だけに終わりました。
あっという間に着いた展望台には沢山のバイクが来ていました。

s-IMAG0017.jpg

でも琵琶湖の景色は美しかった。

s-IMAG0018.jpg

拍子抜けのメインイベントを終え、失意のうちに帰路へ着きますが、もう消化試合のごとくレディースの後ろ、一番最後を着いて行く事にしました。
でも、意外にもかえってその方がのんびり走行は楽でした。
途中、マキノの有名なメタセコイア並木を通りレディースが写真を撮りたいと言っていたものの、友人はピックランドまで来てしまい、私とレディースでピクチャーポイントである並木まで戻ることになりました。

s-IMAG0019.jpg

北海道にありそうな風景ですよね。

s-IMAG0021.jpg

レディースが撮影を満喫した後、ピックランド前で本体と合流。
あとはひたすら帰るのみのはずですが、友人の取ったルートは福井県の小浜の方を回ってましたのでかなり遠回りのような…。
前回もそうですが、やや遠回りをする傾向があるのかも。
時間的には行きよりも早かったと言ってましたけど。
休憩を取った「道の駅 名田庄」を出た時には既に真っ暗6時半辺りでした。

s-IMAG0026.jpg

そのまま、店まで突っ走るかと思いきや途中川西のローソンで最後の休憩を取ってくれたので、そこで一応解散、今回は無駄に尼崎まで往復することなく直帰させてもらえました。
前回に続き走行距離450キロほどのハードなツーリングでしたが、身体をいじめてガス抜きにはいいですね。
でも、CBRでなくともいいかなぁと思い出しています。
あっ、それと年代もののスニーカーは紐がシフトに数回引っ掛かりライディングには向かないことがわかりましたので、次回までに再考が必要です。

※見かけた名前のわからないバイクは多いものの、キャンピングカーはしっかり…。
今回のツーリングではジル2台、プログレス、マッシュ、アミティを見ました。
やっぱり連休ですね。
posted by かわいいHERO at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

2011年09月18日

暇つぶしに猪名川サーキット見物へ

連休なのに何の予定もなく、家に居てもあまり良いことがないので昼過ぎから気晴らしに一人で出かけようと決意。
自宅から1時間圏内の猪名川町の小さなサーキットでイベントがあるのをホームページで見ていたので行ってみることにしました。

2011ZINGfest.jpg

せっかくの休みの日曜日に当たっているのがポイントですが、本当は鈴鹿サーキットの草レース「サンデーオートバイレース」で乗り付けたバイクでコースを走るイベントがあり、そちらに行ってみたかったのですが、さすがに鈴鹿は遠いし、コースを走れると言っても先導者の後ろをゆっくり走るだけらしいので意味が無いかと思い辞めました。
なので、猪名川にも「CBR900RR」で行くつもりでしたが、なぜか手袋が見つからなかったりしてだんだんとトーンダウンしてしまい、結局いつもの通勤用スクーターである「アドレスV100」で向かいました。
ほとんど通勤以外で乗ることのないアドレスですが、田舎道でも意外に楽しく使えると感じました。
メイン通りからサーキットのある山奥への細い道を少し入るといきなりすぐ横の斜面を走るオートバイが目に入りました。

s-IMAG0356.jpg

トライアルの大会でしょうか。
サーキットコースのある北側ゲートをくぐるとトライアル車を載せたワンボックスのトランスポーターがぎっしりと停まっていました。

s-IMAG0357.jpg

その奥にロードコースがありますが、コース手前にアドレスを駐車。

s-IMAG0358.jpg

比較的新しいサーキットの印象でしたが、オートバイから離れていた期間の長さを感じさせるほどに古い施設となっていました。

s-IMAG0371.jpg

昔、ここのライセンスを持っていてダットサントラックにモリワキ製のミニバイクを載せて来たことがあるはずなのですが、当時の記憶が見事に全くありません。

s-IMAG0372.jpg

そういえば高校3年生のはじめに普通免許を取ったのですが、免許書交付の3日後くらいにレンタカーで軽トラを借りて、友人と友人の125ccのバイクを載せて岡山県の中山サーキットに走りに行ったことがありますが、その時のことの方がまだ記憶に残っています。
猪名川についてはそれだけ走行していないということかもしれません。
現在は、会員制が廃止されだれでもビジター料金で走行できるようです。

そんな記憶に負けず劣らず、イベントそのものも地味な感じのものでしたが、一応各社のブースは出ていました。

s-IMAG0362.jpg

昔からのおなじみBEET工業もありました。

s-IMAG0363.jpg

これは工業デザイン会社?知らなくてごめんなさい。

s-IMAG0364.jpg

4スト250ccバイクのイベントということですが、車種限定であったり、鈴鹿でサンデーレースが重なっていたりできっと盛り上がらないのかなと思います。

参加者は2組に別れて走行していましたが、最後の走行タイムには1台も走行しないという事態もありました。

最後に7周の模擬レースがありましたが、4スト250ccのタイムはというと、トップが昔からFRPカウルでおなじみのマジカルレーシングのマシンで55秒位でした。

s-IMAG0373.jpg

今回はあくまで模擬レースということであり、来週はST250Fクラスのシリーズ戦のレースが開催されるそうなので、そこでのタイムはもっと早いんでしょうが。

s-IMAG0375.jpg

でも、ちょっとびっくりしたのが、このトップのライダーの方がヘルメットを取るとえらく年配の方であったことです。
60歳くらいのように見えましたが、間違ってたらすみません。
でも、これってびっくりしたと同時になんか残念な気がします。

s-IMAG0377.jpg

実際参加者もほとんど若者がいなかったので…。
今後ますます廃れていきそうですねぇ。もうやだ〜(悲しい顔)
トライアル参加者の方が明らかに多くて、女性も居てすごい斜面を登ってました。
トライアルって勇気とテクニックの世界で大人の遊びだとは思うんですが、これまできっかけがなかったです。
ちょっと惹かれるものはあるんですが。

帰りはたまたまサーキットを同時に出たカワサキのGPZの400か750かわかりませんが、ほとんどの道のりをランデブーで走行することとなり、それが可能な原付二種のアドレスV100ってすごいなぁと改めて感心してしまいました。
posted by かわいいHERO at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング