2022年08月07日

ホンダ復活の兆しとなるか?

今日は「鈴鹿8時間耐久オートバイレース」いわゆる「鈴鹿8耐」の決勝レース開催日です。

今年は観戦には行かず、自宅で涼んでのテレビ観戦を決め込んでいて、実際にそれを実行しました。

IMG_20220807_114110_resize_20220807_215123.jpg

アイスカフェオレに関西限定のミニオンズコラボの東京ばな奈をお茶請けにしました。

BSで無料放送がありましたが、ケーブルテレビの契約で「JSPORS」が試聴できるので、そちらで初めて自宅でフルタイムのテレビ視聴を楽しみました。

予選トップの「チームHRC」はホンダのワークスチームですが、スズキのモトGP撤退からスズキに愛想を尽かした私はホンダの復活を願うようになり、その「チームHRC」を応援です。

高橋巧選手がスタートライダーとなり、一瞬、3位まで順位を落としたものの、マシンの仕上がり具合が完璧で、ストレートも伸びており、労せずトップへ返り咲いた後は、どんどん独走体制を築いていきました。

そして、ライダー交代を繰り返しても一度もトップを譲ることなく、完璧なレース展開で長島哲太選手がフィニッシュを迎えました。

22_SUZUKA8H_Q2_0171_resize_20220807_215351.jpg

高橋巧選手とイケル・レクオーナ選手もピットで拍手。

IMG_8662_resize_20220807_215351.jpg

鈴鹿へ出向いての臨場感やお祭り気分も良いのですが、レースを純粋に楽しむなら、テレビが一番わかりやすく、何より涼しいエアコンの効いた部屋で快適に観戦できることが素晴らしい。

ということで、初めてテレビの前で全観戦しました。

IMG_20220807_191332_resize_20220807_215123.jpg

夜にはモトGPとやや時間が被り、慌ただしくも楽しい1日でしたが、チームHRCの完璧な優勝は、モトGPとスーパーバイクのホンダ(HRC)の未来の姿であると信じたい。るんるん
posted by かわいいHERO at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年08月06日

二輪レース三昧

サマーブレイクを経て、今週末からモトGPの後半戦が始まっています。

もちろん、昨日はFP1とFP2をストリーミングでチェックしました。

イギリスGPの今回は、時差の関係で夕方17時以降のスケジュールとなりますが、決勝レースのある明日日曜日には、午前の11時半から19時半まで、鈴鹿サーキットで8時間耐久オートバイレースも行われます。

なので、前日となる今日土曜日も、YOUTUBEのLIVE配信で、鈴鹿の模様を見ることが出来ました。

hrc_8h.jpg

トップ10トライアルを楽しみにしていたものの、直前のフリープラクティスで現状のトップ3のタイムを占めるHRCのイケル・レックオーナ選手やカワサキのジョナサン・レイ選手の転倒があった為、1台ずつ行われるトップ10トライアルではなく、通常のレースと同じ形での予選となりました。

nagashima1.jpg

前日の予選では、少し前までモトGPのモト2クラスを走っていて、現在はホンダのテストライダーとなっている、長嶋哲太選手がチームHRCから出場していて、ただ一人4秒台を出していたと言いますので、今年のホンダは期待が持てそうですが、この予選でもいきなり4秒台に入れて、ポールポジションを決めました。

nagashima7.jpg

チームHRCには、スーパーバイクで活躍するイケル・レックオーナ選手の他、最近は調子が良くない高橋巧選手の姿があり、個人的に頑張って欲しいと思っています。

nagashima9.jpg

当初、圧倒的な優勝候補と思われたカワサキワークスチームのジョナサン・レイ選手も健闘するも2番手で終わりました。

nagashima10.jpg

メンバーが決まった時点で面白そうとは思ってたチームHRCですが、優勝最有力候補です。

ヤマハはスーパーバイクからトプラック・ラズガットリ・オグル選手が出ることもなく、耐久チームがファーストチームということで、勝負にならないと思っていましたが、予選を見る限りは、充分に勝負が出来そうです。

ということで、思いの外、面白いレースとなりそうな予感です。

FZe7OU2XEAcqZ80.jpg

もちろん、夕方からはモトGPで、忙しくも楽しい週末です。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年06月25日

ウェイン・レイニー

イングランドのウェスト・サセックスにあるグッドウッドで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でレジェンドライダー「ウェイン・レイニー」がYZR500をライディングしたそうです。ひらめき

289480948_5393283557359602_4231328095950396718_n.jpg

「ウェイン・レイニー」と言えば、当時の2サイクル500ccによる2輪ロードレース世界選手権(現在のモトGP)でYZR500でヤマハに3度の世界チャンピオンをもたらしたレジェンドライダーで、当時スズキのケビン・シュワンツとのバトルがファンを虜にしたものです。

しかしながら、レース中の事故により第六頚椎損傷の重症を負い下半身不随となってしまいそのまま引退。

引退後も自身のチームを結成したりで業界には居るものの、車椅子生活となっています。

この時代は私がオートバイレースにぞっこんだった時期であり、レイニーの師匠であるケニー・ロバーツと共に私の永遠のヒーローと化しています。

そんなヒーロー「ウェイン・レイニー」がYZR500に跨る姿が再び見られるとは・・・純粋にうれしいです。

FWCHJZlWIAAejwa.jpg

当時のライバルたちと素敵な時間を過ごされたようです。

288700453_10158358934395216_5435327453805593104_n.jpg

日本でもやはり車椅子生活の青木3兄弟の次男坊である青木琢磨氏が、以前、鈴鹿で再びマシンに乗る姿を見ることが出来ましたが素晴らしいですね。

現在のモトGPとはまた違った懐かしい思い出のレジェンドたちです。

posted by かわいいHERO at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年06月18日

モトGPのモチベーション不足

あれだけ面白かったモトGPがどんどんつまらなくなりつつあります。

前回のスペインのカタルニアラウンドでは、昨シーズンのチャンピオンであるヤマハのファビオ・クワルタラロ選手がぶっちぎりの優勝を飾り、4位にスズキのジョアン・ミル選手が入ったとはいえ、計8台、全体の1/3を占めるドゥカティ車の強さが目立ち、今シーズンはこれまで優遇を受けて来たアプリリアの2台がはじけたような強さを見せており、来シーズンはプライベートチーム2台が加わり4台体制となることが決まっています。

FUfbCusWAAA-0eP.jpg

ヤマハは現在ランキングトップのファビオ・クワルタラロ選手との2年契約更新に成功したものの、ヤマハで強いのはファビオ・クワルタラロ選手だけであり、最高速の遅さを何年も指摘され続けているものの改善できず、ファビオ・クワルタラロ選手でさえ、ストレートがものを言うコースではとても勝てないという状況が続いています。

FUfegH2WIAAWJSv.jpg

よってチャンピオンシップのランキングも現在はヤマハのファビオ・クワルタラロ選手がトップではありますが、今後、2位のアプリリアのアレイシ・エスパロガロ選手やランキング上位のドゥカティ勢に追い抜かれかねない状況です。

ファビオ・クワルタラロ選手と他のヤマハのライダーとの差が大きすぎる異常な状況で、来シーズンにアプリリアが4台体制となる反面、ヤマハはワークスの2台だけに戻るようです。

FVdNT5nWUAoBrQv.jpg

撤退となるであろうスズキに未来は無く、マルク・マルケス選手頼みだったホンダもマルク・マルケス選手の再手術による欠場で、今週末のドイツGPも期待が持ち難い状況です。

よって昨日の初日の結果は、辛うじてファビオ・クワルタラロ選手のヤマハが7位に位置しているものの、上位はドゥカティとアプリリアのイタリアンメーカーが埋め尽くすという状況です。

ちなみに10位にミル、11位にリンスのスズキ勢が入ってはいましたが、厳しいと言わざるを得ません。

イタリアンメーカーのドゥカティやアプリリアの活躍を否定するつもりはないですが、これまでモトGPの歴史を築いて来た日本メーカーの不甲斐なさは、やはり日本人として残念でなりません。

ライダーでなかなかトップを取れない日本人ですから、マシンでは負けたくないというのが本音です。

このような状況では、日本の技術力というものに世界からの信頼が無くなっていくのは時間の問題です。がく〜(落胆した顔)

そのようなモチベーションの上がらない状況で、間もなく秋のもてぎで行われる日本GPのチケットが販売開始されるのですが、やはり、もてぎ行きへのモチベーションも上がりません。

motogp2022japan.jpg

我らがバレンティーノ・ロッシが昨シーズンで引退してしまい、個人的にロッシの後継者として応援するとしていたジョアン・ミルもスズキが撤退濃厚となり、スズキを応援する気持ちが失せてしまいました。

ハードなスケジュールで夜間の長距離運転や、激しい競争の中のチケット争奪戦のプレッシャーはモチベーションがないと対応できません。

なので、コロナ明け開催も今シーズンのもてぎはスルーとなる可能性が高いです。

ジョアン・ミルのレプソルホンダ移籍が決まれば、またモチベーションを上げられる可能性があるので、早くミルの動向が決まって欲しいものです。
posted by かわいいHERO at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年05月06日

GW最大の衝撃と失望

今年のゴールデンウイークは、早々に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

それは、モトGPにおけるスズキの撤退という寝耳に水な内容です。

既にYahoo!ニュース等にも出ていましたが、私は未だ現実を受け入れできていない状況です。

昨シーズンで、それまでのモトGPの中心であったバレンティーノ・ロッシが引退し、ここ数年は、その後継としてスズキチームを応援し、中でもジョアン・ミル選手を推しライダーとして応援し、2020年には思わぬタイトル獲得で、すっかり私のモトGPの中心と成っていました。

思えば、モト3時代から注目し、モト3のチャンピオンを取って私にとって特別なライダーとなったのがこの時でした。

やっぱり熱い…モトGPのススメ

そして若手選手の育成が得意なスズキが、ビニャーレス、リンスに続いて電撃的に契約したのが、ミルです。

初年度からその才能を感じさせてくれましたが、モトGPクラス2年目でチャンピオン獲得という偉業を達成しました。

マルク・マルケスの不在やクワルタラロの精神的な不安定さがあったとはいえ、コンスタントにポイントを稼いで優勝も経験し、間違いなくチャンピオンです。

創立100周年でのチャンピオン

そして、昨シーズンはドゥカティの覚醒とマシンのトップスピード不足に泣いて、チャンピオンをクワルタラロに譲ることとなりましたが、今シーズンはスズキがトップスピードを改善し、前回のスペインのヘレスではFP1では1-2でした。

2022-05-06 00.03.53.jpg

FP2以降と決勝は残念な結果でしたが、それでも現時点でのチームチャンピオンシップでは堂々の首位なんですよねぇ。

2022-05-05 23.57.39.jpg

そんなスズキが今シーズンを最後にモトGPから撤退するなんて誰が予想出来たでしょうか?

もっとも、ニュースが駆け巡ったものの、当のスズキからは未だ正式な発表が無いようです。

一説によると、スズキの社長は継続したい意向も、取締役会が反対しているとか。

また、モトGPを運営するドルナとは昨年5年間の継続参戦の契約済みとのことで、撤退するにしても違約金の発生等がある模様です。

いずれにしても、全く納得が出来ず、ただただショックで残念で、この報道が間違いであることを祈るばかりです。

そんな中、ITATWAGPさんの最新の記事では、スズキのディーゼル不正に関する詐欺嫌疑との関係を指摘されていました。

スズキ沈黙…ディーゼル不正に関する詐欺嫌疑と関係があるのか? ―  ITATWAGP | イタたわGP

もしこれが本当の理由なら、がっかりにもほどがある。

2輪にはディーゼルは無い訳で、尚更許せない。

モトGPでは、今からほとんどのライダーの契約交渉が行われる為、ミルとリンスについて現状では、来シーズンが無いスズキとの契約はあり得ない訳ですから、ミルは以前から噂されているホンダへの移籍が濃厚となるのではないかと思われます。

現在マルク・マルケスとレプソルホンダチームに在籍するポル・エスパロガロ選手が来シーズンの契約が無いと宣言されたそうですから、ミルのホンダ移籍はほぼ確実なのかも知れません。

思えば、ホンダはEVへの完全移行を宣言し、好調のF1から昨年撤退したわけですが、モトGPは継続してくれています。

EV化自体は、4輪も2輪も状況は変わらないわけですから、そこにはホンダの2輪への想いがあるのではないかと勝手に想像してしまいます。

まぁ、実際には資金の問題かも知れませんが…。

こうなると、私がモトGPへのモチベーションを保ち続けるには、ホンダのミルを応援する以外に選択肢はないのか…。ひらめき

一方で、リンスについては優秀なライダーであるにも関わらず、受け入れるチームが無い可能性が大きいと言います。

スズキの罪はとてつもない大きい・・・ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年04月08日

気持ちは複雑も面白いモトGP2022

バレンティーノ・ロッシの居ないモトGPの2022年シリーズが開幕して、今週末はもう第4戦目のアメリカGPです。

開幕戦のスズキに期待し過ぎてトーンダウンしてしまいましが、第2戦の悪条件の重なったインドネシアでは、ウォームアップでホンダの絶対的チャンピオンライダーであるマルク・マルケスが、恐ろしいハイサイドクラッシュで、脳震とうを起こしレースを棄権。

回復していた複視が再発し、先週のアルゼンチンを欠場することとなっていました。

マルケスはもう引退するしかないんじゃないかという声も聞こえる中、今週末のアメリカズに出走するというではありませんか?

fppdsdqxsaqvx2y.middle.jpeg

これはうれしいニュースです。

アメリカズと言えば、マルケス常勝のコースですが、流石に現状では無理が過ぎるので、転倒の無い様回復に努めて欲しいところです。

バレンティーノ・ロッシが居ると、どうしてもヒールの様になってしまうマルケスですが、その才能はピカイチですし、何より全力で挑む姿勢はレースを面白くしてくれる存在です。

まぁ、強すぎると面白くなくなってしまうのですが、現在の均衡を図ったモトGPでは、ホンダのマシン開発が出遅れていることで、その心配はありません。

その結果、前回のアルゼンチンでは、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがポール・トゥ・ウィンでキャリア初優勝を飾りました。

昨シーズンからかなり戦闘力が増したと言われてきたアプリリアのマシンですが、優勝できるマシンだとは思われていなかったので、世界を驚かせることとなりました。

FPcQxk1X0AEIglV.jpg

その結果を受けて、ランキングでもアプリリアのアレイシ・エスパルガロがまさかのトップとなっていて、2位がなんとKTMという例年にない状況です。

wstanding.jpg

3位にようやく開幕戦に優勝したエネア・バスティアニーニのドゥカティです。

今季8台とモトGPクラスの3分の1を占めるドゥカティ勢ですが、やや問題を抱えているようで、シーズン前の予想とは違っているように思えます。

wstanding02.jpg

開幕戦こそ期待外れだったスズキですが、アルゼンチンでは凄い追い上げを見せて、3位4位を走りランキングでも苦戦のヤマハのクワルタラロを挟んで好位置をキープしています。

racetime.jpg

楽しみなアメリカズGPではありますが、大敵はその時間です。

モト2、モトGP、モト3というイレギュラーな順序により、少しはましですが、決勝はアルゼンチンと変わらない午前3時スタートです。爆弾

先週のアルゼンチンも辛かったですが、スーパーバイクの開幕戦もあったりで、今週末も寝不足必至です。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年03月18日

eo光への不満と初開催のインドネシアGP

今週末はモトGPの第2戦であるインドネシアGPです。

ですが、いつもレースを視聴している日テレG+が、日テレG+での生放送はなく、代わりに日テレニュース24での放送を案内していました。

motogp_news24.jpg

スカパーでは無料で視聴できるということなので、果たして自分は観れるのか???と思い、日テレG+に電話をして確認したところ、eo光に聞いてくれと言われました。

そして、ネットでeo光に問い合わせたところ・・・

現状のプランでは観れないので、毎月数百円高いプランに変更しろという回答。がく〜(落胆した顔)

おまけにそのプランにしたら元のプランには戻せないという。ちっ(怒った顔)

スカパーじゃないからと、淡々とした回答が返って来ました。爆弾

十年以上いやそれ以上にeo光一筋で来ましたが、その対応に、もうeo光をやめてやろうかななんて思います。パンチ

とにかく第2戦はオンタイムで観れないことが決定しました。もうやだ〜(悲しい顔)

となると、放送の無いFP1からFP3を観ている奥の手しかありません。

そして、とうとうインドネシアGP初日が到来し、出勤してしばらくしてからスケジュールを確認したら、もう始まっている?

motogpsca.jpg

初開催なので、時差を認識しておらず、想定外のスケジュールであることに気が付きました。

motogp001.jpg

でも、幸いモトGPクラスは最後だったので、初めからFP1を観ることが出来ました。

motogp002.jpg

先ず最初に抜かれたのは前回の初戦を制したドゥカティプライベートチームもエネアバスティアニーニ。

昨年コロナで亡くなったグレシーニさんのチームで、2年目で大きな勝利をつかみました。

そして2位のKTMのブラッド・ビンダーが映った後は…

motogp003.jpg

初戦3位だったホンダのポル・エスパロガロ。

ホンダの恐ろしい進歩が驚きでした。

motogp004.jpg

チャンピオンライダーのマルク・マルケスも5位でしたから。

motogp005.jpg

一方でヤマハ勢の成績は最悪で、昨年のチャンピオンであるファビオ・クワルタラロの移籍も確定的かと感じましたが、今回は頑張っています。

motogp006.jpg

ヤマハからアプリリアに移ったマーベリック・ビニャーレスもなかなかです。

開幕戦で期待が持てると感じていたスズキ勢は全く駄目です。

motogp007.jpg

ホンダ勢は全体的に調子良く、マルケスがトップを奪ったかと思うと…

motogp009.jpg

最終的にはポル・エスパルガロがトップタイムでした。

motogp010.jpg

開幕戦最悪のヤマハ勢ですが、インドネシアではモルビデリがなかなかのタイムを叩き出しました。

motogp011.jpg

そして、最終的にはFP1の結果はこうなりました。

motogp012.jpg

弁当を食べながら観たFP1の後、急いで銀行周りに出掛けて戻って来たら今度はFP2の始まりです。

ところが、急遽税理士さんが来ることとなり、FP2はまともに観れず…たらーっ(汗)

motogp013.jpg

それでもラスト7分くらいは観れたのですが、何と応援しているスズキのジョアン・ミルが苦戦しています。

スズキの同僚アレックス・リンスは何とか10位に滑り込んだものの、ミルは20位と低迷。がく〜(落胆した顔)

motogp014.jpg

今回のインドネシアGPでは、路面温度が65℃にも及ぶということで、タイヤサプライヤーのミシュランが、カーカスをこれまでのものから一新したとか…。

それもあって、FP2の結果はFP1とは全く様相が変わり、開幕戦不調のヤマハがまさかの1-2です。

一方で、FP1で調子の良かったホンダは酷い結果で、おまけにマルケスは転倒してしまいました。ふらふら

明後日の決勝レースは、このFP2に近い結果となる可能性が高いですが、長丁場のレースとなると、灼熱の中でのタイヤの持ちが大きく影響するのは間違いないので、勝者はマシン差ではなく、決勝へのセッティングをものにしたライダーが勝つのでしょう。ダッシュ(走り出すさま)

さて、明日も事務所でFP3、FP4&予選をじっくり観ることになりそうです。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年03月05日

今年のスズキは期待できる!

いよいよ2022年のモトGPが開幕です。るんるん

今回はカタールが舞台ということで、時差の関係で日本時間では夜のスケジュールとなります。

おかげで仕事にも影響なく、帰宅時間の少し前からモト3クラスの走行が始まる感じです。

なので、その後モト2クラスを経て、モトGPクラスは19時過ぎにFP1(フリープラクティス1)がスタートです。

FNALWWFXoAApeYn.jpg

FP1の結果はKTMのブラッドビンダーがトップとサプライズとはなりましたが、各社のマシンの様子が何となく透けて見えました。

いつもの安定したサイトで無く、直ぐに切れる怪しいストリーミングでの視聴でしたが、一瞬出た最高速のデータを私は見逃しませんでした。

なんとスズキのアレックス・リンスがトップです。

通常、直線番長のドゥカティやホンダが有利な高速コースですが、昨年はヤマハのマーベリック・ビニャーレスが勝利していますので、コーナーの繋がりや脱出速度も重要なサーキットなのでしょう。

これまで常に予選では下位に沈んで、決勝で順位挽回して何とか表彰台獲得という感じだったスズキですから、予選上位=スタートで好位置につけるということですから、今シーズンは期待をせずにはいられません。

そして、日本時間の午前零時から始まったFP2では、なんとトップにリンスで、3位にジョアン・ミルが入るというサプライズです。

FNBFqGrXEAM3o2O.jpg

やはりトップスピードでもリンスが1位だったようですから、スズキの速さは本物です。

タイヤサプライヤーのミシュランからの直前の情報では、これまで問題の出ていたタイヤのコンパウンドについての問題が解消されたと言いますから、昨シーズンは転倒ばかりだったリンスには、これが助けになっている可能性もありますね。

rinsfp2_01.jpg

とは言え、ホンダのマシンが劇的に改善されており、絶対王者のマルクマルケスも復活を遂げていますし、FP1でエースのフランシスコ・バニャイヤが転倒というドゥカティ勢も更に改良されて最強となっているとの前評判でしたから、段々と息を吹き返して来ると思われます。

非常に厳しい争いにはなって来るでしょうが、今回のカタールでは、FP1は日が暮れる前で、FP2は日が暮れてナイター照明の下での走行となります。

同じく今日のスケジュールでも、FP3は太陽の下でFP4と予選がナイターとなります。

そして、決勝当日もレースはナイターとなりますから、このFP2のナイターでの結果が非常に重要ですから、スズキのリンスとミルには大いに期待したいところです。

私にとっては、楽しみが止まらない週末となります。

rossi-bimba-2021marzo-1.jpg

また、このタイミングで昨シーズン限りでモトGPを引退した我らがバレンティーノ・ロッシの赤ちゃんが生まれたようです。

「ジュリエッタ」ちゃんという女の子です。

おめでとう!ロッシ!わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年03月01日

MotoGP座談会 2022

今日から3月。

色々と物事が動き出す時期となりますが、我が家も明日は今春就職の次男坊の寮の鍵をもらいに行く予定です。

そして、我らがバレンティーノ・ロッシ不在となる初めてのモトGPも今週末が開幕戦です。

それに伴って、先月からモトGPを届けてくれる「日テレG+」で恒例の「MotoGP座談会 2022」の放送がありました。

zadankai01.jpg

前編はうっかり見逃してしまいましたが、この日曜日に前編の再放送と後編が一緒に放送されたので、ばっちり録画しました。

そして、昨日Slingbox経由で視聴できました。

モトGP大好き芸人のチュートリアル福田君と同じくモトGPが好き過ぎて昨年はモト3クラスの実況まで担当するようになった久野静香アナウンサーの進行で、スタジオには国内メーカー3社のマシンも展示され、華やかで面白かったですが、以前の玄人好みのおっさん座談会もあれはあれで良かったなぁ・・・。

「MotoGP座談会 2022」を見逃したという方は、未だ再放送がありますよ。

zadankai02.jpg

モトGP好きには興味深い「MotoGP座談会 2022」ですが、実際のところは今シーズンのことについてはあまり情報はありません。

あくまで昨年の様子から今シーズンを占うという感じで、オフの間のテストの内容などはほとんど出て来ませんでした。

オフシーズンも見て来たモトGP公式サイトやITATAWAGPさんのブログ記事からは、様々な情報が見て取れます。

その中で、私が個人的に注目してるのは…

1.ホンダ機の復活

マルケス専用として癖の強かったホンダのマシンですが、昨シーズンはそのマルケスも体調が不十分なこともあって手こずる状況でしたが、オフシーズンの間に生まれ変わったようです。

非常に扱いやすくなっているようで、パワー、ハンドリング共に期待が持てそうです。

この短期間でマシンを生まれ変わらせるというのは、流石ホンダだと思わずには居られません。


2.ドゥカティ機の更なる改善

既に他メーカーを圧倒できる域に達しているドゥカティ機ですが、更に完成度をあげているらしく、合計8台が走行するということもあって、これまでよりも更に表彰台をドゥカティ色が占める割合が高いのかも知れません。


3.スズキへの期待

バレンティーノ・ロッシなきあとに、個人的に応援しているスズキのジョアン・ミルの乗るスズキ機ですが、昨年よりも全てにおいて性能が上がっているようで、リンス選手、ミル選手共に満足しているようです。

しかしながら、ホンダとドゥカティがその上を行っているようなので、どの程度トップに絡んで行けるのかは、始まってみないとわかりません。

でも、昨年も何度かはトップに絡みながらも全て転倒で終えてしまっているアレックス・リンスは、改善により転倒が無くなるとすれば、一気に有力選手となって来ます。

ステディライディングのミルは、マシンがある程度トップについて行ける性能であれば、再びチャンピオンを狙っていける力はあると信じています。


4.ヤマハ機の問題

ヤマハについては相変わらず昨年のチャンピオンであるファビオ・クワルタラロの才能に頼っている感が否めません。

特に性能が上がったということも無いようですから、クワルタラロ以外の選手は厳しいかも知れません。

でも、ハンドリングに優れたヤマハM1機ですから、コースによっては勝てる要素もあるのでしょう。


5.ミシュランタイヤの問題解決

最新の情報では、これまでミシュランタイヤがそれ以前のブリジストンタイヤの記録を塗り替えるべく、コンパウンドに耐久力よりも収発力を重視していたらしく、それによって耐久性に問題が生じていたが、今シーズンのタイヤでは、その耐久性の問題が改善されたと言います。

これは、現在の平均化されたモトGPでは大きな問題であり、それによってメーカー、ライダーそれぞれに有利なところが出てくると思われます。

ハンドリング重視でコーナーを高速に曲がるヤマハ機にとっては、タイヤの性能を有効に使えることで、コーナー速度及び脱出速度向上による最高速アップ等、有利に働く可能性があります。

もっとも、アップ的パワーを振りかざすドゥカティ機にとっても、そのパワーを遺憾なく発揮できるわけで、実際のところは蓋をけるまではわかりません。

心残りがあるとすれば、バレンティーノ・ロッシが現役の間にこの問題が解決されていれば、表彰台の可能性もあったのだろうと思われるところです。


6.その他

アプリリアが格段に完成度を高めたことで、ヤマハを前代未聞形で離脱したマーベリック・ビニャーレスの存在も気になるところですし、KTMも極端に劣るマシンではなく、未知数のルーキーの存在もあり、興味深いところです。

そして、絶対的王者であるマルク・マルケスも開幕戦から参戦可能なようですから、生まれ変わったホンダRC213V機をマルケスはどう乗りこなすのか?・・・興味は尽きません。

2022motogp01.jpg

今週末の土日は、もちろん、金曜日からストリーム放送を探して釘付けな週末となるのは間違いありません。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2022年01月06日

VR引退特番

昨日、正月休みの最終日には、大みそかに日テレG+で放送された「MotoGP バレンティーノ・ロッシ引退特番 世界を魅了した26年」を観ました。

img20220105_201803.jpg

ロッシのレース人生を非常に良くまとめられた番組で、ノリック(故阿部典史選手)の鈴鹿での衝撃デビュー戦も観れて充実の時間を過ごすことが出来ました。

また、年末にSNSを見て「RIDING SPORT」という雑誌を数十年ぶりに購入しましたが、またもやSNSできちんと別冊が発売されたことを知り、年初にイオンモールに行ったついでに購入しました。

IMG_20220105_182240_resize_20220105_201839.jpg

同じ「RIDING SPORT」なので、正直こちらの別冊があれば通常の月刊誌の方は要らなかったですが、もう2度とない引退シーズンですから、コレクションとしてはありか…。

IMG_20220105_182451_resize_20220105_201839.jpg

年が明けて再び新型コロナの感染者数が増えていますが、それを想定して昨年の内に無理を推して静岡県磐田市のヤマハコミュニケーションプラザに行っておいて良かったと思います。

先の日テレG+の引退特番でも、ロッシがホンダからヤマハへ移籍した際の責任者だったエンジニア古澤政生氏の後ろに私が見に行ったコミュニケーションプラザのロッシのマシン群が映し出されていました。

ちなみに、日テレG+の「MotoGP バレンティーノ・ロッシ引退特番 世界を魅了した26年」は、再放送があるようですので、見逃したという方は是非ご覧ください。

rossi再放送.jpg

また、先日放送されていた「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の新春SPでもヤマハコミュニケーションプラザのすぐ前にあるジュビロ磐田のヤマハスタジアムまで行っていたのですが、使用している電動バイクが展示してあるコミュニケーションプラザまで行かなかったのはちょっと残念でした。

2021-12-15 10.30.16.jpg

専用コーナーまであるのに…。バッド(下向き矢印)

特番では、ヒーロー引退のイメージ重視の為か、不運なドゥカティ時代は取り上げられておらず、ロッシの勝利するレースばかりを取り上げる構成ではありましたが、改めてバレンティーノ・ロッシが唯一無二のヒーローだったことを感じられる番組に仕上がっており、私の永久保存版となりました。るんるん
posted by かわいいHERO at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年11月22日

今シーズンの全レース終了

この週末は、インドネシアのプルタミナ・マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキットという新設のサーキットでスーパーバイク世界選手権の最終戦が行われました。

モトGPは先週既に最終戦を終えているので、このスーパーバイク世界選手権の最終戦が、今シーズン最後のレース観戦となります。

土曜日のレース1から録画予約をしていたものの、録画途中で追っかけ再生しようと思ったら、まさかの酷いスコールでレース中止となっていました。

結果、スーパーポールレースが無くなり、日曜日に改めてレース1とレース2を行うということでした。

インドネシアということで、日本時間の昼間の内にレースは終了していて録画となるので、スーパーバイク関係のSNSを見ない様注意していましたが、何となくわかってしまいました。

そして、満を持して昨晩23時からの視聴開始です。

2021-11-21 23.32.31.jpg

SNSからレース1でポイントランキングトップのトプラック・ラズガットリオグル選手が勝ったのかと思いきや、6連続チャンピオンのジョナサン・レイ選手が強さを見せました。

でも、2位にトプラックが入ったので、ここで年間チャンピオンが確定したので、SNSにはトプラックの写真が出て来ていたようです。

レース2でもジョナサン・レイ選手が貫録勝ちしていて、来シーズンは再びチャンピオン奪回に燃えてくれそうです。

2021-11-21 23.33.25.jpg

来シーズンのスーパーバイクには、この2人の争いの他、モトGPで転倒は多いものの時々驚くような速さを見せるKTMの若いライダーであるイケル・レックオーナー選手がホンダからの参戦が決まっているので、台風の目にならないかなと期待しています。ひらめき

ホンダにもそろそろ目を覚ましてもらわないといけませんから。るんるん
posted by かわいいHERO at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年11月15日

バレンティーノ・ロッシの最期のレース

昨夜のモトGPは、今シーズン最後のレースであること以外に、今シーズン限りでモトGPを引退する我らがバレンティーノ・ロッシの最期のレースということで、特別なものでした。

racereport.jpg

世界映像を中継する日テレG+も、終始バレンティーノが画面を占領していましたが、レース自体はドゥカティが表彰台独占という結果で、期待のスズキ勢はミルが4位、リンスはまたもや転倒と残念な結果となりました。

rossiface.jpg

スペインはバレンシアのサーキット「リカルド・トルモ」の建物にも、バレンティーノの顔が描かれていました。

FEKNfc9UUAMUlmz.jpg

ライダースアカデミーを持ち、若手ライダーの育成にも力を入れて来たバレンティーノに、関係するライダー達は皆、バレンティーノのレプリカヘルメットを被って出走しました。

fejevl-wqaa28jr_ok.middle.jpg

著名人からの引退への言葉のビデオが流れたり、全ライダーとハグしたりとバレンティーノという存在の大きさを感じざるを得ませんが、あの黄色いスタンド席が来シーズン以降どうなってしまうのか…。

FEKPX1aWUAIcOdw.jpg

バレンティーノ自身は4輪レースへの出場を明言していますが、アカデミー出身の弟ルカ・マリーニとマルコ・ベッツェッキが新しくモトGPクラスに「Aramco Racing Team VR46(アラムコ・レーシング・チーム・VR46)」から参戦しますので、サーキットで見掛ける機会も少なくないと思われます。

FEKPq4ZXIAsD3iw.jpg

流石にうちの奥さんもお風呂に入ると言いながら、レース前の様子からレースにレースの後の様子まで、バレンティーノ・ロッシの最期の雄姿が観たかったようです。

ペトロナスへ移動してからのここ2年の成績が芳しくなく、コロナもあって、バレンティーノがモトGPの全てという方も少しはバレンティーノロスは緩和されるのではないかと思われますが、今後のモトGPには懸念を持っています。

レースからバレンティーノの存在が無くなることもありますが、来シーズンはドウカティが8台体制となり、ヤマハの不調やヤマハ・スズキの直4エンジンのトップスピードの限界は気になります。

参戦台数2台のスズキやアプリリアが8台のドゥカティとコンストラクターズ部門を取得ポイントで競うというのもおかしな話です。

ドゥカティが誰にでも乗りやすく速いマシンになっていくことは良いことではありますが、ホンダの別格ライダーであるマルク・マルケスが視神経の問題が再発しており、改善の保証は現時点では無い為、復帰も未定です。

となると、ドゥカティが表彰台を独占するレースはますます増えていくと思われ、私はモトGPファンがモトGPを面白いと思わなくなるのではないか?と心配しています。

また、化石燃料マシンであることの未来への懸念を含めて、将来が見えないのですが、良い未来を期待したいものです。

ということで、バレンティーノ・ロッシの引退というこのタイミングは、様々な節目となるであろうことは間違いないでしょう。
posted by かわいいHERO at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年10月23日

モトGPの日本車の衰退

我らがバレンティーノ・ロッシの最期の母国グランプリとなる今週末の「2021 エミリア・ロマーニャGP」が開催中ですが、日本時間で昨晩のFP2(フリープラクティス2)では、なんとトップ10に日本メーカーのマシンが1台も入っていないという残念な状況になっています。

fp2.jpg

初日はウエットコンディションだったということはあっても、これは日本メーカーの危機と感じてしまいます。

原因としては、ウェットコンディションであることから、直線スピードに劣りコーナーリングでタイムを稼ぐヤマハとスズキは厳しい状況であり、V4エンジンで直線加速も悪くないはずのホンダも、それ以上にコーナリングで問題を抱えているのでしょう。

一方で直線番長のドゥカティは、コーナーを鋭角にゆっくり回ったとしても、直線で挽回できるのでウエットでは非常に有利なのは以前からですし、KTMとアプリリアも直線スピードは出ていて、コーナリング性能も高くなっているので、トータルで安定しているのだと思われます。(個人的見解ですが…)

未だFP2ですから、2日目もウェットの可能性がありそうですが状況は変わるとは思いますし、決勝はドライの可能性が高いので、この結果も忘れられると思いますが、今後に向けての不安な状況であることは間違いありません。

現在、ランキングトップで2位のフランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ)に52ポイント差をつけているヤマハのファビオ・クアルタラロ選手ですが、大きなリードでチャンピオンは間違いないところではありますが、残りの3戦での可能性としての最大ポイント差は75ポイント(優勝が25ポイント)ということで、未だ安心はできません。

まぁ、逆を言うとこのレースで2位のバニャイア選手よりも前でゴールすれば、その時点でチャンピオンが決まるわけですが。

今シーズンは、バレンティーノ・ロッシ選手を含めて他のヤマハのライダーが下位に沈んでいることを考えると、クアルタラロ選手のみが飛び抜けた成績を収めているわけで、彼のマネージャーも契約が終了する来シーズン末には、他メーカーへの移籍の可能性も口にしているようですから、ヤマハは何とか現状を打破する必要があります。

スズキもそうですが、それが出来ない様であれば、モトGPでの並列4気筒エンジンの時代は終わるのかも知れません。

まぁ、ドゥカティが2023年シーズンから「FIM Enel MotoEワールドカップ(MotoEクラス)」に電動バイクを供給すると発表したようですから、モトGPの電動化を含めて日本メーカーの将来には厳しい現実があるものと思われます。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年10月04日

ハードなレース観戦漬けの週末

今日は朝からちょっと辛い。

と言うのもこの週末は、モトGPがアメリカが舞台だったので、時差がヨーロッパの良い感じの日本時間ではなく、決勝時間が明け方という最悪の時間帯だったからです。

土曜日から日曜日にかけてのモトGPの予選に続いて、日曜日から月曜日に掛けてのモトGP決勝レースを観戦するのは大変でした。

昼間はレースの事を気にすることなく気楽でしたが、今回の日曜日はモトGPだけでなく、スーパーバイク世界選手権もあるので、先ずはスーパーバイクから片付けます。

20時ほどからレース1を追っかけ再生し出したのですが、すごいレースでした。

C0E34C9A-6FC6-41FA-BBED-6004BCF5980A.jpeg

続いてスーパーポールレースとレース2を観ましたが、レース1に続くレイの転倒リタイヤには驚きましたが、レース2には今度はトプラックの方が転倒リタイヤとなり、しっかりと勝利をあげたレイに未だ未だチャンピオンシップはわかりません。

1E347E2D-67FC-4D3D-909B-38C2BA518CCE.png

ドゥカティのレディングも3レースともに速さを見せ、毎レースが面白くエキサイティングでした。

こうしてスーパーバイクを満喫した後は、いつものヨーロッパラウンドだと夕方に観るウォームアップを深夜23時にチェックすることになり、後は2時半からのモト3の決勝に備えます。

CF816459-54AB-4476-A7F2-830DE2FF9C4B.jpeg

ですが、ウトウトしながら気がついたらアクシデントによって2度の赤旗中断を強いられたモト3クラスは、ランキングトップのアコスタがかなりポイント差を詰められる結果となっていました。

EB5037ED-8FE1-4F18-A457-CFB362B12EE0.jpeg

次いで、寝ぼけながら観たモト2クラスでもランキングトップのガードナーの転倒により、2位のラウールがポイントで接近することになり、面白みを増す結果となっています。

D7EF4CE8-91EC-464D-8B16-DC71A364BAE1.jpeg

そして、気合を入れて観たモトGPクラス。

56AA4BEE-91B8-4FEB-AD35-59056B52C998.jpeg

こちらは、チャンピオンシップランキングこそあまり変化はなかったものの、マルク・マルケスの独走優勝は、強い彼が帰って来たと感じさせてくれました。

C926BD18-817F-49EE-801F-6143CDD32CB5.jpeg

日本人としては、ドゥカティの参加台数を含めたその台頭に嫌気が刺し掛けていましたが、マルケスの強いホンダの復活により、更に面白くなってくれることでしょう。

ロッシの居ない来シーズンのモトGPも、どうか楽しめますように・・・。

いやしかし、アメリカの時差はきつかった。爆弾
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年09月17日

連休なのに…でも大丈夫

世間のこの週末からの3連休は、私も日月の2連休です。

ところが、奥さんから「月曜日は朝送ってね」だと???

せっかくの連休にパートを入れてしまっていました。もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、一応緊急事態宣言中ですし、やることも溜まっているので我慢します。

とはいえ、今週末はモトGPとWSBKの両レースが開催週なので、結構忙しい。

モトGPについては、前回ヤマハからアプリリアへと電撃移籍となったマーベリック・ビニャーレスが興味の的でしたが、上位を走るには未だ時間が必要な様です。

そして、今回のサンマリノGPでも興味深い点が二つ。

1つは、怪我で離脱していたペトロナスヤマハチームのフランコ・モルビデリがヤマハワークスチームへ移籍しての参戦となります。

morb01.jpg

昨年旧型マシンでランキング2位を獲得した有力選手ですが、今年も旧型マシンで苦戦していましたので、ワークスチーム移籍による最新マシンで今後が楽しみでなりません。

そして、もう一つはそのモルビデリの抜けたペトロナスヤマハから、昨年までドゥカティワークスのエースライダーだったアンドレア・ドヴィチオーゾが復帰することです。

今シーズンはモルビデリ同様の旧型マシンとなりますが、来シーズンはロッシの代わりに最新のワークスマシンが与えられることとなります。

dovi01.jpg

まぁ、病み上がりのモルビデリにブランクのあるドヴィチオーゾとどちらも直ぐに上位を走れるなんてことは無いでしょうが、楽しみです。

WSBK(スーパーバイク世界選手権)の方も、チャンピオン争いが面白みを帯びて来ているので、週末は2つのレースで充分に楽しめそうです。るんるん
posted by かわいいHERO at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年09月06日

後半戦が面白い…WSBK&MotoGP

先週末はモトGPはお休みでしたが、スーパーバイク世界選手権(WSBK)がありました。

ドゥカティが反則気味のまんまレーサーのようなベースの市販車両を投入して来ても、カワサキ&ジョナサンレイの前に屈してジョナサンレイの6年連続チャンピオンとなっていたわけですが、今年はちょっと違います。

前戦に続いてジョナサンレイが勝てない…。

そして、その前を安定して走っているのがヤマハのトルコ人ライダー、トプラック・ラズガットリオグル選手です。

先週末のフランス戦では、レース1、レース2、そしてスーパーポールレースまでも、あのジョナサンレイの目を走るという完勝状態でした。

後にスーパーポールレースではわずかにコースを外れたとしてジョナサンレイが優勝と変更されたようですが、内容的にはラズガットリオグル選手の勝ちに異論はないでしょう。

E-lrzjpWQAAqvGU.jpg

ジョナサンレイの天下を崩すことのできる存在のラズガットリオグルですが、元はカワサキのマシンに乗っていて、鈴鹿の8時間耐久レースにサードライダーとして参加したのに、ジョナサンレイとレオンハスラムの当時のカワサキワークスコンビだけで仕切って、ラズガットリオグルにマシンを走らせる機会を与えなかったことで、ラズガットリオグルとそのマネージャーが激怒して、カワサキを離れてヤマハと契約したという経緯があります。

カワサキは、勿体無いことをしたものです。

でも、このヤマハ&ラズガットリオグルの組み合わせにより、長く面白みに欠けていたスーパーバイクにワクワクをもたらしてくれたのです。

先週末のレースでそのラズガットリオグルがポイントランキングでもトップに躍り出たので、ジョナサンレイが巻き返しを図るのは間違いなく、残りのレースは面白くなるのは確実な状況です。

一方で、ファビオ・クワルタラロ選手がポイントでトップを独走することとなっているモトGPの方は、チャンピオンシップとしては、やや面白みに欠ける状況となりつつあるものの、ヤマハとの契約が裏切り行為で解消となったマーベリック・ビニャーレス選手が、来年の契約チームの予定であったアプリリアのマシンで、今週末のアラゴンGPから参戦するというから興味深いです。

2021-09-06 18.07.45.jpg

ヤマハに不満を持っていたものの、アプリリアも急激に仕上がったと言っても、問題が無いわけはないので、アプリリアでもマシンに原因を求めるようにならないかが心配です。

テストではなかなかの走りを見せていたようですが…。

その不満を持たれたやヤマハも、テストライダーのカル・クラッチローだけでなく、昨年ドゥカティを去ることとなり、今年は浪人生活を過ごしていたアンドレア・ドヴィチオーゾとの契約が決まり、こちらも次々戦のミサノを走るということで、こちらもワクワクする展開となっています。

もちろん、残りのレースでの私の推しであるスズキのジョアン・ミル選手の活躍にも期待していますし、今季が最期となる我らがバレンティーノ・ロッシの好成績も見たいものです。

ということで、楽しめそうな今年の秋ですが、横目で阪神の優勝や大谷選手のホームラン王なんかも期待してたりします。るんるん
posted by かわいいHERO at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年08月06日

ロッシ引退発表

川井姉妹が東京オリンピックで揃って金メダルを獲得と盛り上がっている中、今週末再開されるモトGPにおいて、我らがバレンティーノ・ロッシ選手の今シーズン限りでの引退が発表されたようです。

rossi_intai.jpg

VR46チームのスポンサーとして手をあげたサウジアラビア王子からドゥカティ機で走るよう勧められていたという噂の中、ヤマハへの恩義を通した形となりました。

私の若き頃のヒーローは、オートバイレースに興味を持ち始めてすぐに引退してしまったケニー・ロバーツから、その後に天才ライダーの名を欲しいままにしていたフレディ・スペンサー、そしてケニー・ロバーツのチームでチャンピオンライダーとなったウェイン・レイニーとそのライバルのケビン・シュワンツだったりしますが、一度オートバイから離れてからはブランクがあり、リターンライダーとして再びモトGPを観戦するようになってからは、唯一とも言える、その名を知るバレンティーノ・ロッシがヒーローです。

オートバイから離れていた時期を考えると、さほどロッシの勝利を観て来たわけではないのですが、いつの間にか彼はモトGP界そのもののヒーローになっていました。

走るレジェンドは、何をやっても大人気。

しかし、今シーズンの不調はあまりにも残念な状況でした。

なので、観るのが辛いと感じるファンも居たことでしょう。

私もドウカティ機に乗るロッシを観たい気もするけれど、状況が好転するとは思えないですし、今回の引退発表がロッシらしいと感じています。

一つ心残りなのが、最後の雄姿を観ることが出来たであろうもてぎの日本グランプリが中止となってしまったことです。

もう、二度とコースを走るロッシを生で観ることはできないと思いますが、過去に観れただけでも幸せだと思うことにします。

残りの今シーズンのモトGPは、スズキのジョアン・ミルの活躍と共に、ロッシの応援に忙しくなりそうです。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年08月02日

またもやF1観れず…

この週末は、スーパーバイクもなく、モトGPも来週再開ということで、オリンピック一色だと思っていたのですが、スマホのF1のハンガリーGPの決勝レースがスタートしたという通知が届きました。

そこには、既にハミルトンがトップという情報が出ていましたが、急いでストーリーミングサイトを覗くと、未だフォーメーションラップでした。

通信速度によるかなりのずれが生じていてようです。

そして、スタートしたものの、またもやスタートして間もないアクシデント発生です。

2021-08-01 22.06.47.jpg

雨の中、ボッタス(メルセデス)がノリス(マクラーレン)の後部に追突。

2021-08-01 22.06.53.jpg

4番グリッドのレッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスにも追突してペレスはリタイアに追い込まれたようです。

2021-08-01 22.07.05.jpg

日本語じゃないのと、F1はそこまで詳しくないので、日本語記事を見ながら書いてます。ふらふら

2021-08-01 22.08.25.jpg

その時点では、フェルスタッペンとの区別もつかず、フェルスタッペンが13位ということだけが確認できました。

2021-08-01 22.09.00.jpg

で、結局は赤旗でレース中断。

ホンダPUの勝利を観ることも難しいと思え、再開を待たずに視聴をやめました。

ただで観ようという貧乏根性も良くないのかも知れませんが、つくづくF1には縁がない…。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年07月19日

F1との相性が悪い?

昨日はモトGPもスーパーバイクもない週末でしたが、全日本ではヤマハの中須賀さんがチャンピオンを決めたというニュースを見ました。

ベテランで今なお活躍する中須賀選手は凄いと思いますが、反面、もてぎでのモトGPのスポット参戦歴や今年からスーパーバイク世界選手権に参加している後輩、野左根航汰選手の現状を考えても、世界レベルではないわけで、野左根選手以外に中須賀選手を止められる選手が居ない全日本の状況に、ちょっと残念な気がします。

ということで、全日本に目が向かない現状では、モトGPもスーパーバイクもない週末はモータースポーツとは無縁のはずでしたが、スマホの速報に「このあと11時からF1のイギリスGPがスタート」という通知が出ていて、「そうだ、F1を観る良いチャンスだ」と気付きました。

加入しているeo光テレビのプレミアムチャンネルでも別途有料チャンネルを契約しないと観れないF1は、これまで諦めていましたが、海外ストリーミングでモトGPが観れるのだから、F1も観れるのでは?というところから、昨晩初めて挑戦してみたところ、あっさり観れました。

但し、日本語の解説ではなく、元々F1についての知識が乏しい為、大画面テレビでがっつり観るというわけではなく、手元の「iPad mini」でのながら鑑賞って感じです。

正直、私がF1について知っていることと言えば…

・ホンダのPUが今季5勝している
・ホンダは今季を以ってF1から退く
・そのホンダのエースはレッドブルのフェルスタッペンである
・それ以前はメルセデスのハミルトンが強かった
・日本人の角田裕毅選手が期待されている

せいぜいそんなところです。

それでも、セナやプロスト以来かも知れないF1観戦にワクワクしていましたが、あろうことか1周目でハミルトンの接触を受けてフェルスタッペンがクラッシュし、その後赤旗中断となってしまいました。

f101.jpg

幸い、フェルスタッペン選手は無事だったようですが、基礎知識のない私のF1観戦はこれまででした。もうやだ〜(悲しい顔)

f102.jpg

またの機会に、ホンダPUの優勝するところを観たいと思うものの、今週末からはスーパーバイク世界選手権、来月からはモトGPのサマーブレイクが明けるので、なかなか機会に恵まれないかも…。爆弾
posted by かわいいHERO at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係

2021年07月05日

WSBKが面白くなってきた

先週末のオランダGPでサマーブレイクに入ってしまったモトGPは、来月8日・15日のオーストリアのレッドブルリンクでの2連戦まではお休みです。

wsbk03.jpg

今シーズン限りでのマーベリック・ビニャーレス選手のヤマハファクトリー離脱等の気になるニュースもありましたが、ひとまずお休みで、例年ならここへ7月末の鈴鹿の8時間耐久レースの話題となって切り替えられるわけですが、今年の鈴鹿8耐は現時点でも11月の開催へと変更になっています。

そんな中、昨日はイギリスのドニントンパークで行われたスーパーバイク世界選手権を観ることが出来ました。

CS放送のJsportsで、追加費用無しで観る場合、いつもは火曜日あたりの録画放送となりますが、昨日はモトGPと被らないからか、土曜日開催のレース1の録画放送直後にレース2を生放送してくれました。

モトGPと違って、週末に3レースが行われるスーパーバイクの場合、その各レースでポイントを与えられるので、拮抗していると頻繁に順位が入れ替わることとなります。

2015年から6年連続で年間チャンピオンの座を獲得しているカワサキのジョナサン・レイ選手の強さが今年も目を引いていて、7連覇も現実味を帯びて来ていましたが、ここへ来て、ヤマハのトルコ人ライダー、ラズガットリオグル選手が強さを見せており、今回のドニントンパークでは、レース1、レース2でで優勝し、なんとレース2ではトップのジョナサン・レイ選手がトップを走りながら転倒、レースへ復帰するも最下位のノーポイントに終わるという波乱がありました。

wsbk02.jpg

この結果により、ポイントランキングでも僅か2ポイントとはいえ、ラズガットリオグル選手がジョナサン・レイ選手を抜くこととなり、モトGPだけでなく、スーパーバイクにおいても世代交代が起こる予感がして来ました。

wsbk01.jpg

残念ながら、スーパーバイク世界選手権の方も次回は3週間後となるので、今月は寂しい週末となりそうです。

4輪のF1ではホンダのパワーユニットが5連勝ということで、これまでも観たいと思いながらもモトGPとスーパーバイクで手一杯でしたが、今月18日にはシルバーストーンでイギリスGPがあるようなので、視聴に挑戦してみようかなと思っています。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣レース関係