2018年06月30日

おかえりサンバー

一昨日、愛車のサンバートラックが車検のドッグ入りとなったことで、代わりに自宅へ乗って帰った新車に近い代車のサンバーですが、燃料ゲージのメモリがひとつと心許ない状態でしたが、帰宅途中には、突然燃料警告ランプが点灯し、自宅へ到着と同時に、メモリも「0」となりました。

2018-06-28 20.45.24.jpg

まぁ、警告灯が点灯してからもある程度走れるのはわかっていても、メモリが「0」表示になるのは気持ちの良いものではありません。

このままでは、翌朝の出勤に支障があるので、携行缶からガソリン補給しようと思ったら、助手席後ろにあるはずの給油口がない???

暗い中、何度も車の周りをぐるぐるして、運転席側の荷台の後方部分にようやく見つけました。

2018-06-28 21.02.28.jpg

年式が違うんで、あらゆるところが違うんですね。

鍵穴が見えなくて、ひょっとして運転席にレバーがあるのかと探したり…

結局、キャップ部分に鍵穴が有って、鍵を閉めると空回りするような構造みたいです。

2018-06-28 21.02.46.jpg

なんとか翌日の使用に不安がない分だけ給油しました。

2018-06-29 09.18.26.jpg

渡された時の量を考えると入れ過ぎだな。爆弾

ということで、昨晩、車検の終了した我がサンバートラックを引き取りに行って来ました。

2018-06-29 19.06.29.jpg

10万キロ目前で、悪いところは全て手を入れた感じなので、支払い済みの諸経費を除いて20万越えの現金と引き換えに、サンバーが返ってきました。

帰りの運転で、いきなりギアチェンジのスムーズさを実感しました。

2018-06-29 19.53.11.jpg

改めて、購入したトヨタディーラーでの車検を継続しなくて良かったと思うとともに、少し古くてもこのサンバーが良いって実感しました。

やっぱり、お気軽サイズのマニュアル車って良いもんです。るんるん
posted by かわいいHERO at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年06月28日

代車「サンバー=サンバー」の思い込み

今朝は、出勤途中にスバルディーラーへ寄って、通勤車サンバートラックの車検をお願いしてきました。

もう過ちは繰り返さないと、アイスコーヒーを訂正してのオレンジジュースです。

2018-06-28 10.16.09.jpg

車検終了後は、土曜日の午前中に乗り換えに来る予定にしていましたが、代車であまりウロウロしたくないので、明日の晩に変更してもらいました。

2018-06-28 10.39.38.jpg

代車は、より新しい年式の同じくサンバートラックです。

同じ軽トラなので、全然OKと返事したのでこれになりましたが、いざ乗ってみると、「あっ、ナビ(テレビ)がない」「あっ、オートマだ」と同じサンバートラックでも、普段自分の乗るサンバートラックと全く別物であることに気づきました。

2018-06-28 10.32.11.jpg

ODOメーターで1382kmってことは、ほぼ新車に近いのか…と思いますが、シートはクッション性の低いビニール製でリクライニングもできないし、2日間だけなので我慢はしますが、我がサンバーが恋しくなります。

2018-06-28 10.32.04.jpg

おまけに、燃料は満タン貸し出し満タン返却のCCFオオモリさんとは違って、何時点滅してもおかしくないメモリひとつの量で、乗るなら給油してくださいだって。ふらふら

どう考えてもディーラーが得するやり方ですな。ちっ(怒った顔)

こうなったら、ガソリン携行缶を積んでおいて、カツカツで返してやろうかしら…。ダッシュ(走り出すさま)

まぁ、実際にそんなことはしませんが、サービスには不満です。パンチ
posted by かわいいHERO at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年06月16日

クーラント漏れと不信感

昨日のスバルディーラーでの車検見積ですが、驚きの金額でした。

2018-06-16 13.23.14.jpg

ブーツというブーツは破れており、あちこち長らく手を入れた様子もなく、10万キロ目前なので、今回、手を入れておいた方が…という説明でしたが、乗りっ放しは事実ですから、ここらできちんと手を入れるのは、望むところという感じです。

これまでの車検でも、ケチるつもりもなかったものの、購入したトヨタのディラーでの車検だったので、部品手配等煩わしい部分で避けられたのかも知れません。

クランクシール?からのオイルの滲みについては、10万円以上も上乗せになることもあり、今回は清掃に留めておりますとのことでした。

そして、高額の車検入庫の予定を入れたことで、帰る時にようやくお客様になったかなという感じです。たらーっ(汗)

2018-06-15 16.15.49.jpg

ところが、その後、いつもの銀行周りなんかをしていて、駐車場で車の下に水たまりを発見しました。

エアコンの水か?と臭いを嗅いでみるとそれがクーラント液だと確信できましたが、念のため、地面の水をティッシュペーパーに吸わせてみると、やはり間違いありませんでした。

2018-06-15 16.13.02.jpg

そこで、再びスバルへ寄って診てもらうと、先ほどの車検見積時にクーラントを補充したらしく、元々割れていたタンクのクーラントが漏れ出したのだと言われました。

一瞬、何か手を入れて破損したんじゃないのか?という気もしましたが、各部の劣化状況を鑑みると、たとえそうであっても、簡単に破損してしまうタンクに問題ありと言えます。

店内での待ち時間に、三度「お飲み物を」と言われ、もう薄い珈琲やカフェラテは勘弁なので、今度はオレンジジュースにしたら、こちらは普通に美味しかった…当たり前ですが。

2018-06-15 16.27.47.jpg

当初はタンクを車検整備の時に一緒に交換という案が出ていたのですが、整備の方からやはり至急交換するのが好ましいという判断が出たようで、部品を急ぎの翌朝の便で取り寄せますと言われ、そのままお願いしました。

2018-06-15 17.00.50.jpg

応急処置はしてくれましたが、漏れ漏れでむしろ漏れる量が多くなっています。

でもまぁ、元々割れていたなら、これまでも気付かずに普通に乗っていたのだからと、気にせず今朝も出勤に利用して、午前中にスバルへと行って来ました。

2018-06-16 11.08.08.jpg

今日も、もちろんドリンクはオレンジジュースです。

2018-06-16 11.37.01.jpg

無事にタンクが新しくなり、オーバーヒートの心配からは解放されました。

2018-06-16 13.50.58.jpg

車検のことを思えば、タダ同然の費用でやれやれです。爆弾

今回のスバルは信用しますが、今にして思えば、中古で購入したトヨタディーラーの車検は、かなり適当だった可能性があります。

今回、クランクシールのオイルの滲みは最近漏れ始めたという感じではないらしく、トヨタディラーでは、エンジンの保証が付いていたので、車検時にオイルの滲みには気が付いていながら、知らぬ振りされたのだろうと察しました。

まぁ、他社製の中古車で無償で10万円以上の修理をしていたら、儲けなんて出ないでしょうが、意味のない保証だったんだと今頃になって学習しました。ふらふら
posted by かわいいHERO at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年06月15日

サンバー車検前

通勤車サンバートラックが、車検の時期となりましたが、スバルでエアコン修理をしてもらった時に、エンジンからオイル漏れらしき滲みが確認できると言われました。

エアコンの高圧ホースからのガス漏れ同様、サンバーのオイル漏れも珍しいことではないようですが、長く乗りたいので、不具合は治しておきたいと考えます。

まぁ、会社名義の車なので、そこはあまり予算を気にせず修理可能なので、車検整備時に修理もお願いしたい旨を伝えると、車検前に入庫してもらえれば、車検整備分と一緒に見積り出します同様の提案頂いたことにより、本日入庫中です。

1時間ほどということなので、代車も用意して頂いていたようですが、店内で待機することにしました。

7138F4CA-EF66-4823-BF43-AA9CAA790E11.jpeg

アイスコーヒーを淹れてもらいましたが、なんだか薄い…。

おまけに、しばらくして、「今日は車検の見積もりとエアコンが効かないということでしょうか?」とびっくりなことを聞いて来られました。

どうも、カルテのような資料に「エアコンが効かない」と書いてあることにより聞かれたみたいですが、前回、エアコンの高圧ホースの交換のデータは残っているので、???となったよですが、ちょっと頼りないですねぇ。

改めて、オイルの滲みを指摘されたので、オイル漏れの場合の修理だと伝えました。

軽トラですし、今ではもう製造されていない車種とはいえ、一応スバルの車なので、もうちょっとちゃんと対応して欲しいなぁと思う次第です。

新たな問題発覚のスバルなので、尚更、顧客を大事にすべきだと思うのですが。

肝心の整備見積りの内容ですが、相当あれもこれもと積み上がっているようで、クランクだかのオイル漏れは、エンジン降ろしての修理となり、金額も10万越えということで、他にも色々あるので、今回は清掃でいこうと思いますって言われました。

これをどう捉えて良いのかがよくわかりませんが、清掃で問題ないなら、それでも良いのかなと思ったり…。
posted by かわいいHERO at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年05月19日

サンバーのバッテリー上がり

昨日は長男、次男が二人とも帰宅し、久しぶりに家族6人での夕食でした。るんるん

まぁ、長男は毎週帰って来ていますし、次男坊も家を出て未だ3週間にもなりませんから、特段、変わった感じもありませんでしたが…。

そして、日が変わった今朝、仕事の私は家を出て、通勤車サンバートラックのエンジンを掛けようとしたら、うんともすんとも言いません。がく〜(落胆した顔)

あれっ?これは…とライトスイッチを確認してみると、どうやらスモールライトを付けっ放しにしていたようです。ふらふら

昨晩は雨が降り始めたので、慌てて車を出て傘をさすことに集中していたので、スモールライトに全く気が付きませんでした。

仕方がないので、一旦自宅へ戻って、オルビスからブースターケーブルを降ろして、シエンタの力を借りてエンジンを始動しました。ひらめき

2018-05-19 10.35.44.jpg

そのまま、走行充電を期待しながら出社して、持参した充電器で現在、絶賛充電中です。ダッシュ(走り出すさま)

2018-05-19 12.02.09.jpg

サンバーはリアエンジンなので、冷却のためにエンジンを切った後にもしばらくは、バッテリーでリアのファンを回わす為、バッテリーには負担が掛かります。あせあせ(飛び散る汗)

来月は車検入りの予定なので、場合によっては交換となるかも知れません。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年04月03日

サンバーエアコン復活

昨日は朝から通勤車のサンバートラックをスバルディーラーへ入庫の予定でした。

パートが10時からだといううちの奥さんをパート先まで乗せて行って、その足でスバルへ持ち込むつもりが、奥さんを降ろした後に考え事をしていたら、うっかり会社のすぐ手前まで行ってしまい、そこで入庫を思い出して、慌ててスバルへと向かいました。

営業担当らしき若者に対応してもらい、「代車を準備しているのでお飲み物をどうぞ」と言われてホットコーヒーをお願いして、コーヒーを一口飲んだところで、「代車の準備ができました」と急かされます。ふらふら

「おいおい、コーヒー勧めるなら飲み終わるまで待ってよ」と思いながら、熱いコーヒーを頑張って飲み干しました。爆弾

美味しいコーヒーでもないのですが、無駄にはしたくないですから…。

そして、今回の代車も前回と同じ軽のミニバン「シフォン」でした。

2018-04-02 10.28.48.jpg

あちらこちらの桜を見ながら、再び新鮮な最新の軽自動車のドライブを楽しんで会社へとまっしぐらです。

結局、今回も事務所内にとどまり、無駄に走行することなく、午後に連絡をもらって再びスバルへ向かいます。

2018-04-02 15.12.34.jpg

暑かったのと、朝の件があるので、今度はアイスコーヒーに。

2018-04-02 15.21.31.jpg

朝来た時に、途中で通る茨木の弁天さんの桜が綺麗だったので、ピークを過ぎて少し緑が見えていますが、車を停めて1枚撮りました。ぴかぴか(新しい)

ガンガン効くエアコンに、この暑さも何のそのですが、新たにエンジンのオイル漏れの可能性があると言われ、車検をスバルに出して、診てもらおうかと思っています。がく〜(落胆した顔)

会社名義の車なので、自身の懐は痛まないし、長く乗りたいですから。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年03月26日

エアコン不調の見立て違い

先日、スバルディラーへの仮入庫でエアコンの不調を診てもらった通勤車のサンバートラックですが、見事に私の見立ては外れてしまいました。

昨年の夏に、購入したトヨタディラーでエアコンガスを入れてもらったものの、あまり冷えが改善せず、極端に暑くない日はそこそこ冷えを感じたものの、真夏日には全く歯が立たない状態で、点検で入庫した別の民間整備工場でもついでに診てもらったものの、問題なく冷えると言われ途方に暮れていました。

自分なりに調べて、コンデンサーファンの故障の場合、冷えたり冷えなかったりがあり、特に暑い日には全く効かないということらしく、このコンデンサーファンの不良が原因に違いないと確信していました。

秋にスバルディラーにリコールで入庫した際にも、症状を伝えると、コンデンサーファンの可能性が高いと言われたので、100%コンデンサーファンだと思っていたのですが、今回の仮入庫で判明したのは…

2018-03-26 17.45.48.jpg

なんと高圧パイプでした。

実は、この高圧パイプからのガス漏れというのは、サンバーでは定番中の定番でして、私も最初に疑ったところでした。

ですが、効いたり効かなかったりということから、エアコンガスの問題ではないと思っていたのです。

スバルディラーの方の話では、ガス漏れ箇所が見つかって、ガスを入れたら冷えたということなので、完全に見立て違いだったようです。

サンバートラックはスバル車とは言え、ネットやアプリでディーラー店舗のユーザー登録をしようとしても、対象車種として出てこない状態です。バッド(下向き矢印)

もう、過去の遺物なんですね。もうやだ〜(悲しい顔)

だからでしょうか、高圧パイプも純正ではないそうです。たらーっ(汗)

まぁ、そこはどうでも良いんですが、4月に入ったら早々に入庫できそうなので、これで夏日もどんと来いです。ぴかぴか(新しい)
posted by かわいいHERO at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2018年03月23日

サンバー仮入庫で最近の軽自動車を体験

通勤車のサンバーですが、昨年の夏はエアコンが効かずに暑い思いをしたので、暑くなる前にリコールで対応してもらったスバルへの入庫を予定していましたが、先日の急激な気温上昇では、既にエアコンが効かずに暑いという状態で、慌てて入庫予約をしました。

そして、今朝、通勤途中にスバルへ寄ってきました。

2018-03-23 10.03.49.jpg

サンバーを預け、代わりに代車を出していただいたのですが、それが「シフォン」というミニバンタイプの軽自動車でした。

2018-03-23 10.27.01.jpg

軽自動車とは言え、最近の車なので、スマートキーにアイドリングストップとサンバーはおろか、我が家のオルビスやシエンタにはない機能満載で、すごく新鮮です。

2018-03-23 10.27.29.jpg

また、安全性からなのでしょうが、フロントシートの前方がすごく広く取ってあり、軽とは思えない開放感です。

オルビスやシエンタよりも広く感じましたが、実際に広いのかも…?

これなら、次は軽自動車でも良いなぁと思うのですが、長男が抜けても我が家はおばあちゃんを含めると6人なので、まだまだ軽には移行できそうにありません。あせあせ(飛び散る汗)

なお、今日はサンバーの修理前チェックだけなので、実際の修理は後日改めてとなります。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年11月03日

風邪気味の中シエンタのナビ交換

昨日から風邪か花粉かというくしゃみや鼻水に苦しめられていて、今朝はかなり良くはなっていたので、予定していた作業をちょっとだけ実行。

シエンタのワンセグチューナーが故障していて、普通に見れていたかと思えば、突然色がおかしくなったり、ブロックノイズやブルー画面になったりします。

先日のアートのはしごでもストレスだったのですが、「所さんの笑ってコラえて」のスペゲスさんが誰かというタイミングで突然画面が乱れて誰かわからなかったり、「今夜くらべてみました」でも良いところで止まってしまいました。

でも、それ以上にストレスなのが、音声に定期的に「キッ」という耳障りな嫌な音がすることです。

不快な音なので、それだけでストレスでした。

もうすぐ10年目になろうかというシエンタなので、買い換えなんていうのも検討すべきなのかも知れませんが、新型シエンタにしてもガソリン車は使い勝手は大きく変わる気も気もせず、買うならハイブリッドですが、これも未だ中途半端な気がしてなりません。

それ以前に総走行距離も少ないし、何より子供達の受験が続くことを考えると金銭の余裕もないので、せめてナビだけでもと、カー用品ショップのセールの「楽ナビ」を確保していました。

オルビスが「楽ナビ」なので、操作が統一感があった方が良いかと思い、「楽ナビ」にしたのですが、シエンタについていたディーラーオプションナビは、ワイドタイプだったものの、セールの品はワイドじゃないものでした。

まぁ、そこまでこだわっっていないので、良いのですが。

スムーズに取り替えが完了するように、専用キットを揃えて、挑みます。

2017-11-03 09.17.52.jpg

トヨタ車用キットなので、事前に同色のケーブルのギボシを繋いでおけば楽勝なはずです。

2017-11-03 09.39.52.jpg

でも「楽ナビ」の車速やパーキングのケーブルが、ケーブルを挟み込むタイプのコネクターが付いています。

2017-11-03 09.41.24.jpg

せっかくキットに入っているケーブルが、ギボシ加工されてあるので、コネクターをカットしてギボシ仕様に変更しました。

2017-11-03 09.57.58.jpg

事前の準備はここまでにして、いよいよ取り替え作業に入ります。

ディーラーオプションナビともおさらばです。

2017-11-03 10.57.45.jpg

ネットの情報を元に、あっという間に内装が外されたものの、ナビの取り付けビスがレンチで外れない???

2017-11-03 11.31.18.jpg

どうやら、盗難防止用の特殊ビスで取り付けてあるようです。

さて困った。

ネットの情報で対策を探すも、これといったものがなく、家にあるものをいろいろ持ち込んでみますがうまくいきません。

一か八かのお助けツール「パイプレンチ」で1個撃破出来た後は、小型のマイナスドライバーとのコンビネーションで無事に外すことができました。

2017-11-03 12.08.39.jpg

後は予定通りに作業を進めます。

せっかくギボシを取り付けたパーキング線ですが、このままでは走行中にAV画面が映せないことに気がついて修正したり、配線の取り回しや、前のワンセグアンテナの取り外し等、一つ一つに手間取ってしまって、2時間程度でできると思っていた交換作業に、結局夕方まで掛かってしまいました。

2017-11-03 12.18.26.jpg

それでも、日が暮れる前にできたとやれやれと思っていたら、まさかのテスト走行でバック映像が映りません。

結局、暗い中、もう一度バラして確認すると、バックモニターのアダプターのアース線が接続できていませんでした。

ついでに、接続し忘れていたリアモニターへのAVケーブルも接続して、改めてテストしてみます。

またもやバックが映らないと思ったら、今度はナビの設定でした。

無事にばバックカメラも映ったものの、以前の映像とは角度が違っていて、ちょっと慣れが必要かも知れません。

再びパネル類を装着して、無事に作業完了です。

2017-11-03 18.33.26.jpg

画像の荒いワンセグから綺麗な地デジにグレードアップして満足です。

2017-11-03 18.33.54.jpg

でも、もっと嬉しいのは、AV画面とナビ画面の共存です。

ナビ見たいけどテレビも見たいってことが多いので、そういう発想のないディーラーオプションナビは不便でした。

これで、シエンタでの秋冬ドライブも快適になることでしょう。るんるん
posted by かわいいHERO at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年10月05日

初スバル店

通勤車サンバートラックのリコール作業の予約を入れていたので、今日の午後から最寄りのスバル店へ行って来ました。

2017-10-05 13.07.15.jpg

待っている間のお決まりのドリンクサービスは、以前のトヨペットと同レベルですが、愛想はスバルの方が上でした。

でも、これって対応してくれた人により依りますね。

サービスの内容的には、オルビスを持ち込むトヨタが断然上ですが。

事前の説明通りの1時間程度で終了し、メカニックの方からの説明では、やはりリコール対象であるプーリーが未対策品だったようです。がく〜(落胆した顔)

未対策品のプーリーは、ゴムを使っていて、その劣化により問題が生じるため、ゴムを使用しない対策品のプーリーに交換したとのことでした。

また、キャンペーンとあったエンジンの異音チェックについては問題なしとのことでしたが、サンバーはリアエンジンのその特殊な構造からエンジンが熱を持ちやすい為、1万キロもしくは1年に1度は必ずエンジンオイルの交換をお願いしたいとのことで、できれば五千キロもしくは半年に一度のオイル交換がベストらしい。たらーっ(汗)

通勤で使用する現在の走行距離を考えると、年間1万キロはちょっと超えるかもしれないけれど、1年点検でオイル交換はしているので問題はないのでしょうが、長く乗りたいので、半年毎の交換を意識したいと思います。

2017-10-05 17.18.11.jpg

リコールなので、当然無料なんですが、せっかくなので、懸念のエアコンについても質問してみると、さすがはスバルのメカニックですね。グッド(上向き矢印)

原因を3つに切り分けしてくれて、即座にガス☓、能力超え☓、が判断できて、思った通りのコンデンサーファンの動きが渋いことが原因でほぼ間違い無さそうです。ひらめき

1日は掛かるが泊まりまでは必要なく、代車も出してくれるそうなので、年が明けた辺りでお願いしようと思います。

前回の12ヶ月点検をお願いした整備工場も良いのですが、電装系は泊まりの預かりとなることと、点検時に説明だけでは異常の判断ができず様子見となったことで、やはり餅は餅屋という判断になります。

サンバーは特殊なエンジンレイアウトから、作業も特殊なことから、触ったことのない業者が問い合わせてくるケースも少なくないらしい。

なので、できればディーラーに持ち込んでもらった方が良いと言われました。

以前WEBで調べた時にも、そういう情報は得ていたので、ディーラー持ち込み確定です。

ちなみに、費用はコンデンサーファンだけなら2〜3万とのことでした。

この夏は、この効いて欲しい時に効かないエアコンのせいで、真夏の動きが制限されたので、来年の夏はそういうことのないようにしたいと思います。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年09月12日

サンバートラックのリコール

職場に見慣れない封書が届き、よく見ると「SUBARU」の文字が…。

2017-09-11 16.52.51.jpg

赤地に「リコール」の文字も見えます。

2017-09-11 16.54.08.jpg

会社に「SUBARU」と言えば、私の乗るサンバートラックしかありません。

封筒の裏を見ると、大阪スバルの八尾店のスタンプが押してありました。

中古で買ったものの、トヨタディーラーの中古車店だったので、スムーズに届いたのかな?いや、自動車の場合はそんなものなのかも知れないなと思いながら、中身を見ると、エンジンの防振ゴム付クランクプーリーに問題があるらしい。

2017-09-11 16.54.42.jpg

対策品の可能性もあるため、確認して対策前品の場合は交換ということらしい。

「サービスキャンペーン」という文字もありましたが、内容は「エンジンオイルメンテナンスの重要性のご説明とエンジンの異音の確認」ってことで、リコールのお茶を濁したようなものでした。

1時間程度みたいなので、早めに箕面のスバルにでも予約してみるか。
posted by かわいいHERO at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年08月31日

グーグル先生のお陰で無事交換

今週初めの帰宅時に、通勤車サンバートラックのライトが暗いなぁと思って、前の車の反射を確認すると、どうやら片目になっているっぽい。

駐車場へ着いて、改めて確認すると、やっぱり運転席側のヘッドライトが消えています。

治さなきゃと思いつつ、翌日はカー用品店のジェームスが休みだなぁなんて考えていると、そのまま忘れていて、帰りに再びヘッドライトを付けて思い出したので、サンバートラックの説明書を降ろして、翌日の休みに対応しようと思っていました。

でも、昨日もオルビスのことばっかりで、やっぱり昼間は忘れていて、夜に思い出して説明書に目を通しました。

適合するバルブを確認しようと思ったら、そこには、12V55-60Wという表示があるだけでした。

バルブくらいなら、ホームセンターにでもあるだろうということで、取り敢えずコーナンに行ってみましたが、どれが対応するのかわかりません。

タッチパネルの適合を調べる端末があったので、サンバートラックで調べてみると、全ての年式でH4とあったので、こいつを買いました。

2017-08-31 18.05.17.jpg

税抜き780円というコーナンのPB商品なので、耐久性が???ですが、自分で取り付ける前提なので、高価なもので失敗するのも嫌ですし、この価格なら多少寿命が短くても仕方ないなと思えます。

私は、元々ワーゲンT4の北米仕様のレンズカットが散ってものすごく暗く感じるような車に乗っていたこともあって、あまりヘッドライトの明るさには関心がありません。

むしろ、明る過ぎる対向車を迷惑に感じる方なので、最低限を照らしてくれれば、暗くても気になりません。

通勤車でこだわりもないので、気にせず交換してみます。

サンバートラックの説明書には、バルブの交換についてのページも有りましたが、その内容は“雑”です。

ビスを外してカバーを外すとあったので、取り敢えずビスを外しますが、すんなりカバーは外れません。

でも、ごちゃごちゃしてると、何とか外れました。

2017-08-31 17.59.41.jpg

次に、説明書では、コネクタを外して、ゴムパッキンを外すとありますが、このコネクタが外れません。

運転席側は、スペースも狭く見難いので、切れていない助手席側で確認してみますが、こちらも外れない。

2017-08-31 18.00.28.jpg

力ずくで外そうとすると、下にあるらしいバルブロック用の針金毎、ブヨンブヨンと浮きますが、外れそうにありません。

これでは、壊してしまいそうなので、一旦退却です。

2017-08-31 18.00.56.jpg

事務所のPCから、ゴーグル先生にお願いしてネットの情報収集に励み、コネクタのロックの外し方がわかりました。

どうでも良いですが、最近はグーグル先生ではなく、ビーイング先生のシェアが増えているとか何とか…。

ひょっとすると、コネクタが錆びて固着しているかも知れないと恐る恐るロック解除の部分を押しながら抜くと、難なくコネクタが抜けました。

2017-08-31 18.01.41.jpg

これなら、運転席側もいけるだろうと挑んだ結果、見事に外れてくれました。

2017-08-31 18.02.15.jpg

後は、針金のロックピンを勘で外方向へ押し込んだら、

2017-08-31 18.03.12.jpg

ようやくバルブが外れてくれました。グッド(上向き矢印)

2017-08-31 18.05.00.jpg

切れたバルブと新しいバルブを交換です。

2017-08-31 18.06.41.jpg

後は、逆の手順で元へ戻せば、無事に交換完了です。

もちろん、助手席側も交換して、ちゃんと点灯するかチェックしました。

2017-08-31 18.13.23.jpg

改めて見ると、プラスチックが曇ってきているのが気になりますが、どちらもちゃんと点灯しています。

帰宅後にゴソゴソしないといけないかと思いましたが、明るいうちに作業を終える事ができました。

これで、次から切れてもちょちょいと交換できそうです。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年07月13日

二度と純正は付けない

少し前から、シエンタのナビの動作が怪しい。

ナビと言っても、AV機能のワンセグの受信についてです。

時々、映像が固まったり、ブルー画面になることがあって、始めのうちはチャンネルを一旦変更したり、AVのオン・オフで復帰していましたが、昨日は全く受け付けない。

2017-07-12 11.30.24.jpg

いよいよ、ご臨終でしょうか?

そもそも、純正ナビなるものは、このシエンタで初めて取り付けしたのですが、価格の割には不満ばかりでした。

7型画面程度なら、フルセグは高価だし、ワンセグで良いだろうと考えたのですが、やはりワンセグは7型でも汚くて駄目ですね。

4インチの小型スマホ止まりのような気がします。

更に、ワンセグのくせに受信能力が低く、よく止まりますが、そのあたりも画質に影響しているような気もします。

そして、一番の不満が、地図画面の傍らにテレビや外部入力を表示するPinP機能がないことで不便極まりない。

まぁ、純正なので、走行中のテレビや外部入力は想定していないのは当然なんでしょうが、後付モデルには、簡単な配線処理だけで視聴可能な状態にできることもあって、大体装備されているので、今なら、そっちの一択です。

高級車やハイブリッド、EV等の電装が複雑なモデルとなると別ですが、普通の大衆車なら、絶対に後付モデルを選びます。

でも、問題は、未だ乗るつもりのシエンタのワンセグ受信ですが、使用頻度が低いので、外部入力で、安いフルセグチューナーでも入れようかなと思ったりしてます。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年05月30日

事務所もサンバーも暑い

今朝は、電車出勤で、駅の駐車場待機のサンバー君と再会しました。

2017-05-30 09.52.52.jpg

その後、出社し、お昼を過ぎると、仕事場は北向きなのに、とにかく暑い。

冬は冬で寒いのに…。

就業中はPC稼働で熱が篭ることもあり、未だエアコン無しで頑張ってはいますが、もう限界っぽいです。

そんな事務所の暑さから逃れるべく、用事ついでにサンバーで出掛けたものの、そのサンバーも…んんっ?暑い???


蒸し風呂サンバー


このエントリーの通り、1週間前にトヨタでガスを補充してもらったばかりですが、なぜ暑い?

何となく、冷えにムラがあるなぁとは思ってはいたのですが、今日は外気が暑いということもあって、全く冷える気がしません。

手をかざすと、辛うじて冷気を感じたりはしますが、車内を冷やすには程遠い感じです。

ガス補充後は、夜の帰宅時の走行で、寒くてエアコンを止めることなんかもありましたが、それ以外は冷えるという感覚はあまりなかったかも知れません。

そこで、ネットで調べてみると、サンバーのエアコンの故障はどうやらサンバーオーナーの必修科目のようです。

知らなかった…。

早くて2年で冷えなくなるのも珍しくないとか、リアエンジンによる複雑な取り回しから、高圧側のホースのジョイント等からのガス漏れが定番だそうです。

奇しくも、トヨタで言われた最初の言葉である「漏れていることが異常」というのがご名答ということになってしまいました。

でも、エアコンのガス漏れはエアコンオイルによる汚れで目で見てわかるらしいので、その上でガスを補充だけで済ませるディラー担当者は、駄目担当者と書かれている記事を偶然見つけ、まさに今回のトヨタのケースじゃないか…と。

急激にトヨタというか厳密にはトヨペットなんですが、サンバーがスバル車ということもあって、信用できないと感じるようになりました。

そもそも、トヨペットの中古車店で買ったからそのまま車検や点検もお願いしていたものの、既に保証期間も過ぎていますから、トヨペットに執着する意味もありません。

おまけに整備工場が、自宅の方が近いくらいに会社からは遠いので、これを機会に別の整備工場にお願いしようかと思い始めました。

となると、会社から近くて信頼の置ける、某オルビストさんも利用する整備工場に、木曜日にでも行ってみよう。

幸い、明日から少し気温も下がるようなので、今の内に何とかしないといけません。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年05月24日

電動ポリッシャー様様

今日は奥さんが友達と出掛けるというので、急遽フリーになったものの、天気が怪しい上に、夜には甥っ子たちと夕食をとることになっているので、遅くなることもできないので、日曜日に引き続き、のんびりしつつ電動ポリッシャーで気になっていることにチャレンジすることにしました。

2017-05-24 11.59.27.jpg

そのチャレンジしたいこととは、サンバーの洗車です。

通勤車のサンバートラックですが、中古車として納車されてから、一度も洗車したことがありませんでした。

ちょっとは洗車しないとなぁと思っていたら、いつの間にか、えらいことになってしまっていました。

2017-05-24 12.00.06.jpg

水垢は勿論のこと、艶はなくなり、紫外線で塗装が劣化し、白い粉を吹いたような状況で、これは手遅れかと、更にメンテナンスを怠る結果となっていましたが、オルビスのおでこの復活で、駄目元でサンバーにも、電動ポリッシュ体験させてみようと考えたのです。

2017-05-24 12.12.27.jpg

結果はこの通り水垢も取れ、見事に艶が復活しました。

2017-05-24 13.01.20.jpg

但し、またもや前部だけなので、荷台の後部との差が・・・。

まぁ、荷台は綺麗にしてもねぇってところなので、また気が向いたときにでも。

2017-05-24 13.05.30.jpg

ついでに、日曜日にシャンプー洗車だけしていたシエンタもボンネットやバンパー周りのやっぱり前部のみワックス掛けしました。

こちらは、コンパウンドを避けて、半練りタイプのオーソドックスなものでポリッシュ!

2017-05-24 13.38.57.jpg

良い艶です。

フロント部分は南に向いているので日が当たるし、走行中の汚れも受けやすいので、これで少しはましでしょう。

電動ポリッシャー大活躍です。グッド(上向き矢印)
posted by かわいいHERO at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年05月22日

蒸し風呂サンバー

今日は暑〜い。

事務所では、未だエアコンは入れていませんので、締め切った部屋では余裕の30度越えでした。

2017-05-22 15.00.08.jpg

暑くなって気が付くのですが、通勤車であるサンバートラックのエアコンの風が冷たくない?

2017-05-22 15.52.21.jpg

これまで、そこまで暑くなかったので、気にならなかったのですが、この暑さでは、この夏は死んでしまう️

ということで、トヨタへ行ってきました。

2017-05-22 15.57.55.jpg

本当は、もう少しで12ヶ月点検のタイミングなのですが、暑さは待ってくれないので、先行してエアコンです。

サンバーはスバル車ですが、購入した中古車がトヨペットだったので、未だ、トヨペットで、お世話になっています。

全くエアコンが効かないかと言えば、辛うじて冷やそうと頑張っている様子は伺えるので、単純にガスが抜けているのだと安易に思っていたのですが、トヨタの人から「抜けているのなら、抜けるということが不具合なので、スバル車なので、修理には時間が掛かるかも?」と言われてしまいました。

ガス注入してもらって、すぐに復活と思い込んでいたので、参ったなぁと思いつつも仕方がないので、作業の終了を待ちます。

2017-05-22 16.16.32.jpg

関係ないですが、もうアイスコーヒーの季節ですが、うちの事務員さんは未だホットコーヒー淹れてくれます。たらーっ(汗)

歴代の年配の事務員さんは、言わずともアイスコーヒーにしてくれたり、聞いてくれたりしたんですけどねぇ…。ふらふら

そうこうしていると、確認ができたみたいですが、ちょっとバツが悪そうに、

「ガスが減っているのですが、自然にある程度抜けますので、これまで一度も補充されていないのであれば、自然に抜けただけの可能性があります」

と、さっきと言うことが変わってるぞ。

「様子を見ていただくということで、ガスを補充してよろしいでしょうか?」

ということなので、どうぞどうぞお願いしますで、完了です。

2017-05-22 16.49.24.jpg

漏れているかも?と言われて、帰りの道中、冷えにムラがあって気になっていましたが、会社に着く頃には落ち着いて冷えるようになってました。

これで安心とは言い切れませんが、この夏はやり過ごせることでしょう。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2017年04月15日

スマホホルダー大失敗

昨日、景品引き換え目的でカー用品のジェームスへと行きました。

その時に、半額の在庫処分品の中にスマートフォンのホルダーを見つけました。

丁度、サンバーに付けていたスマホホルダーが折れて使えなくなっていたのですが、半額ということでちょっと高級そうなものを選びました。

2017-04-14 20.31.36.jpg

7インチタブレットもホールドできるという優れもので、レジで半額品は返品交換できませんと言われても、全く問題ないと思っていました。

ところが、いざ手持ちのiPhone7plusを装着しようと思ったら、縦では長すぎて入りません。

かといって横では幅が短すぎて固定できません。

なるほど、それで半額だったわけだ!

そう気が付いても後の祭りですが、ギリギリHUAWEIのP9は縦位置で固定できたので、P9専用で使用するよりありません。

2017-04-14 20.33.54.jpg

やっぱりスマホホルダーはシンプルな安いやつにするべきでした。パンチ
posted by かわいいHERO at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2015年11月19日

新型シエンタ売れてるんだ…

トヨタ シエンタ   キャンペーン   トヨタ自動車WEBサイト.jpg

旧モデルから、スタイル的には全くの別モデルとなった新型シエンタですが、よく売れているみたいですねぇ。

目標販売台数7,000台に対して1ヵ月で5万台の受注らしく、生産が追いついていないようです。

今は月産1万台以上に増産しているそうですが、それでも公式ホームページでも、ガソリン・ハイブリッド共に“平成28年3月以降の工場出荷の予定”とのことです。

うちの奥さんのシエンタも、先日、点検に出した時に、担当者から「今なら未だ30万円で下取り可能ですから、新型如何ですか?」って言われたらしいです。

我が家の場合は、7人家族ではありますが、オルビスがあるので、フル乗車で長距離ならオルビス、フル乗車で短距離ならシエンタと使い分けしていますし、そもそも、シエンタは基本は遠出をしない奥さんの車という位置づけですから、旧型のままで充分と言えます。

その辺りについては、新型が発売になった時点で、こちらの記事で既に検証済みです。

とは言っても、売れているとなると、気にはなるものです。

もし、私が主体のファーストカーなら、買い換えるかもしれません。

旧型の発売が2003年ということですから、旧型でも乗り換えが必要なユーザーも多数居るようで、実際にシエンタからシエンタという方も多いようです。

そんな方のレビューを見ていると、乗り心地が大きく変わったようですね。

また、いろいろと情報を漁っていると、わかりやすい新旧比較の記事がありました。


トヨタ「シエンタ」の新型と旧型を比較してみた (1/5)


なるほど、重量が増して、エンジンがやや非力になっちゃってるんですね。

足回りの変化で乗り心地が大きく向上しているというのが、一番の魅力でしょうか?

この記事を読んで、改めて考えても、やはり新型に乗り換える意味は見いだせませんでした。

もちろん全てにおいて、新しい分、魅力が向上しているのは当然なのですが、反面、ガソリン車に乗り換えるとしても、諸経費含めて対価200万円近くにメリットは感じません。

また、新型が売れることで、旧型のかわいい丸目フェイスも貴重になっていくかも知れません。

唯一、きっかけとなり得たハイブリッドも、シエンタでは、対コストの燃費的メリットは見い出せないなようですから、可能性はゼロです。

もっとも、今、シエンタが売れるというのも、乗っていてよくわかるわけで、普段は夫婦二人でも、時折、子供や孫が来た時に、皆で外食したいとかのニーズで、コンパクトだけれども7人乗れるという車のニーズは高いのだと思います。

我が家もまさに、全員でちょっと外食や、ちょっと温泉なんて時に、高さのあるオルビスではかえって不便だったりするので、シエンタが活躍するわけで、買い換えるとすれば、オルビス含めてどうする?って時かも知れませんね。

それに、先の記事にもあるように、ホンダ「フリード」との比較も忘れてはいけません。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2015年07月30日

遅れながらもサンバートラック一年点検

現在の通勤車であるサンバートラックですが、トヨタの中古車店での購入から、早くも3年が経過しました。

トヨタのディーラー系中古車店での購入ということで、サンバーのあるあるトラブルを警戒して、3年保証を付けていましたが、保証のお世話になることなく、3年経ったことになります。

そんなサンバートラックの一年点検ですが、なかなか行けなかったものの、ようやく時間が取れました。

ディーラーとは言え、サービス専門の施設ということもあり、大阪トヨタのサンテラスや、奥さんのシエンタのカローラ店に比較すると、ぱっとしないスペースですが、今の季節、短時間ならエアコンとアイスコーヒーがあれば、大抵の場合は快適ですね。

P1010677.jpg

ミラーレスのマニュアル書籍を見ていたら、あっという間に終わりました。

若いサービスマンによると特に問題ないとのことですが、いまいち頼りないものの、主な目的はオイル交換やタイヤのエアチェックなので、気にしない。

P1010679.jpg

オートバイの運搬用途のトランスポーターとしては不可欠な存在であり、一人の時の屋根付き移動手段としては、全く不満のないサンバートラックですが、先日、高校時代の同窓会に行って、もし助手席に誰かを乗せるとなると、唯一困るなぁということに気が付きましたが、そんな事態もないでしょうから、これからも良き相棒として付き合って行きたいと思います。
posted by かわいいHERO at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ

2015年07月10日

新型シエンタ・・・果たして我が家は?

以前に、に上がっていたトヨタのシエンタが、フルモデルチェンジして昨日発売になったようです。

carlineup_sienta_top_2_01_pc.jpg

我が家のセカンドカーも旧型シエンタなのですが、キャンピングカーオルビス・イオの購入に伴い、考え抜いた挙句に決定したのがシエンタでした。

シエンタをよくご存知ない方には、なんでシエンタなのって感じがあるかもしれませんが、我が家にとっては貴重なシエンタの存在だったのです。

と言うのも、オルビス・イオが納車になるまでは、我が家は私の乗るフォルクスワーゲンT-4のポップアップルーフ(ユーロバンというカナダ向けの左ハンドルのキャンピング仕様のワンボックスカー)でした。

そして、奥さん用のセカンドカーは軽自動車でダイハツのムーブだったのです。

このダイハツのムーブは、当時の市の政策で、市内にあるダイハツさんの協力を得て、4人目の子供が生まれた家庭に、3年間無償で軽自動車を貸すという制度でお借りしたものでした。

3年後に、返却するか、買い取るかという選択で、我が家は買い取りを選択しました。

そんな2台体制から、その内の1台が2×5サイズとは言え、高さが3mを超えるキャブコンのオルビス・イオとなると、日常の近場の移動が難しくなります。

我が家の生活圏にはイオンの大型のショッピングセンターが3つありますが、そのどれもが立体駐車場しかありません。

また、我が家の貴重な娯楽である、日帰り温泉施設にも、駐車場に高さ制限のあるところが多く、以前の車高2mのフォルクスワーゲンのワンボックスカーなら気にせず行けたところが、軒並みNGとなってしまいます。

となると、奥さんの乗るセカンドカーを利用するより仕方がありません。

ですが、軽自動車の乗車定員は御存知の通り4人です。

我が家は6人家族で、同居のおばあちゃんを含めると7人ですから、到底全員は乗れません。

ということで、セカンドカーも乗り換える必要があり、人数から言えば、アルファードやエルグランドクラスはオルビスとの併用には贅沢ですし、駐車場のスペースからも厳しいものがあるので、ノアやセレナと言った中型ミニバンという選択肢もあったわけですが、軽自動車さえ不慣れな感じの奥さんの運転ですから、そのクラスでさえ難しく、奥さん本人からNGが出ていました。

新型シエンタ トヨタ最小ミニバン フルモデルチェンジ 商品解説(2015年7月)   GAZOO.com.jpg

となると、更に小型のクラスとなりますが、そこで家族7人が乗れる車というと、選択肢は急激に狭くなります。

実質的に、トヨタではシエンタ、あとホンダのフリードくらいです。

スバルが軽のワンボックスのボディを使ったドミンゴなんて車もありましたが、その時点ではもう販売は終了していました。

そんな、切羽詰まった状況からのシエンタでしたが、当時でももう発売されてからマイナーチェンジを繰り返して、基本設計自体は新しいとは言えませんでしたが、反面、熟成されて特別装備車の設定なども出てきて、非常に値引きも大きく割安感のある車でした。

それを証明するように、現在でもシエンタを見ない日はないというくらい、たくさんのシエンタが走っています。

我が家の使用状況から言えば、今でも特に問題のないシエンタですが、フルモデルチェンジとなるとやはり気になります。

なので、新型が我が家にとって、乗り換えに値するものかどうかを考えながら、新型のポイントを見て行きたいと思います。


フルモデルチェンジということで、全てにおいての設計が新しいので、そこは旧型の弱点ではありますが、何よりスタイルが大きく変わりました。

carlineup_sienta_top_2_05_pc.jpg

最大の特徴は、シエンタらしい丸めではなくなったことでしょうが、実は以前からも角目バージョンは存在していました。

carlineup_sienta_compare_01_pc.png

でも、シエンタ=丸目というイメージが強く、角目の新型は見てもシエンタと意識できていないケースがほとんどかもしれません。

ですが、今度のフルモデルチェンジでは、最近の車らしい顔つきとなり、加えて他のトヨタ車とは違う感じに仕上げていますね。

ヒゲと呼ばれる部分によるものでしょう。

今風のデザインは、私のような男性が乗るには良いでしょうが、丸目の可愛らしさを好む女性からすれば、シエンタじゃないなんてことになるかも知れません。

男性には抵抗があっても、シエンタの丸目は、シエンタの個性であったのは間違いないですから、そこは残念な部分でもあります。

一方、室内に目を向けると…

page01_01.jpg

一見ではわかりません。

メーカーの謳う改良点を見ていきます。

page01_02.jpg

ニークリアランスが+25mmだそうです。

page01_03.jpg

シートスライド105mmって、旧型もそれくらいはあるような気がしますけど。

そもそも、ニークリアランスについてもこのスライド量で変化するので、+25mmというのもピンときません。

page01_04.jpg

サードシートについては、居住空間が32mm拡大とシート幅が70mm拡大…この差は大きいと言いたいところですが。

トヨタ シエンタ   旧型シエンタとの比較   トヨタ自動車.jpg

シートの形状が変わってるんですね。

旧型は、左右均等大のセパレート式が間の空間が無くなって非対称のセパレートシートとなっているので、単純に比較しにくいです。

居住空間自体は確実に32mmは拡大しているので、広くはなっているのでしょうが、32mmが体感でどれだけ違うものかな?

page01_05.jpg

サードシートがセカンドシートの下へ収まるギミックは旧型も同じです。

page01_06.jpg

セカンドシートを畳めば自転車が2台載るとのことですね。

新型シエンタ トヨタ最小ミニバン フルモデルチェンジ  GAZOO.com.jpg

スペックで比べてみると、荷室長は15mm長くなっていますが、高さと幅は新型では逆に小さくなっています。

私も次男坊の通学用のママチャリを積んだことがありますが、長さよりも高さがギリギリだった覚えがあります。

トヨタ シエンタ   旧型シエンタとの比較   トヨタ自動車WEBサイト.jpg

乗り込みの高さは55mmも低くなったようで、数値的には大きいですね。

新型シエンタ トヨタ最小ミニバン フルモデルチェンジ    GAZOO.com.jpg

実際に乗り比べると違いを感じるかもしれませんが、旧型でも高さ自体が気になったことはないので、それ自体が乗り換える理由にはならないでしょう。

新型シエンタ トヨタ最小ミニバン フルモデルチェンジ 商品解説   GAZOO.com.jpg

ドアの開口部も大きくなったようですが、こちらも旧型でも狭いと感じたことはありません。

でも、カラーバリエーションが増えたのは良いですね。

トヨタ シエンタ 全8色写真 画像 一覧 2015年7月|GAZOO.com.jpg

でも、やっぱり一番はハイブリット化でしょうね。

乗り換えるなら、間違いなくハイブリッドにするでしょう。

逆に、ハイブリッドでないなら、今のシエンタで十分に思います。

トヨタ シエンタ   トヨタ自動車WEBサイト.jpg

でも、必ずしもハイブリッドがベストだとも思ってはいませんので、例えばマツダがこのクラスに7人乗れるデミオ的なクリーン・ディーゼルを投入してきたら、そちらに魅力を感じるかもしれません。

トヨタ シエンタ   キャンペーン   トヨタ自動車WEBサイト.jpg

新旧シエンタの違いとしては、新型はスポーツを意識したものになっているようで、旧型とはややコンセプトが違うと思います。

なので、やはり今までのシエンタじゃないシエンタですね。

もちろん、新型も魅力的なのですが、我が家の現状を考えると、現在のシエンタの運転に慣れた奥さんですから、そもそもこのクラスにこだわる必要もないのかも知れません。

となれば、7人乗りの選択肢は格段に増えますので、シエンタにこだわる理由もなくなります。

もっとも、未だにシエンタでも遠出はできないと言い切るので、現在の奥さんの使用状況では、上のクラスを買っても宝の持ち腐れになるのは目に見えているので、未だ当面はオルビス&旧型シエンタ体制で十分というのが本当のところです。

極論を言えば、8人乗りのオルビス・イオがある限り、セカンドカーは7人乗り以上の普通車ということではなく、軽自動車2台体制でも良いのかもなんて思ったりもしています。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣サンバー&シエンタ