2016年11月02日

100均セリアのスマホレンズ

暇潰しのネットサーフィンで偶然見つけた記事で、100円均一ショップ「セリア」で売っているスマホレンズが紹介されていました。

以前に買ったクリップレンズも使うことなく放置されているし、レンズを使ってまで、スマホで写真撮影することは、まずないのですが、税込み108円でどれだけのレンズなのかが気になって、ほとんどネタのつもりで、仕事帰りに会社の近くのセリアへ寄ってみました。

すると、それらしきレンズがありました。

2016-11-02 01.17.38.jpg

左の「自分撮りレンズスーパーワイド」というのがそのレンズですが、運良く最後の一つが残っていました。

その隣に「マクロレンズ」もあったので、ついでに買っちゃいました。

2016-11-02 15.31.55.jpg

108円とはいえ、ちゃんとキャップもついていて、ものはしっかりした印象です。

2016-11-02 15.32.14.jpg

ワイドの方は、なかなか大きなレンズです。

ほとんど自撮りはしませんが、基本的に自撮り用レンズということで、ソファーの隣で居眠りしている奥さんと、バーチャルな自撮りをしてみました。

居眠りして気付いていないので成せる技です。

2016-11-02 15.04.41.jpg
iPhone6sレンズなし

これに、レンズを取り付けるとこんな感じの画角となります。

2016-11-02 15.05.24.jpg
iPhone6sワイドレンズつき

なお、XperiaZ3だとレンズなしでこの画角でした。

2016-11-02 15.06.38.jpg
XperiaZ3レンズなし

ワイドレンズは、冷めたカップルの自撮りにはお勧めかもね??

で、次に外へ出て、車庫の車を撮ってみます。

2016-11-02 15.08.19.jpg
iPhone6sレンズなし

前面道路中央部からiPhone6sで普通に撮影するとこうなりました。

これに、ワイドレンズをつけてみると・・・

2016-11-02 15.09.41.jpg

こうなりました。

やはり、画質は落ちますね。

次にXperiaZ3では

2016-11-02 15.10.40.jpg

完全に四方がけられてますね。

そう言えば、以前買ったクリップレンズも四方がけられるので使わなかったのでした。

そして、ダブルレンズがウリのHUAWEIのP9でも。

2016-11-02 15.11.27.jpg

自撮り用ということで、こういう用途に使うものではないのでしょうね。

ここで、
もう一つのレンズである、マクロレンズに交代です。

オルビスのフロントに貼っている、We are Orbist のステッカーを、マクロレンズなしで最も近付いた状態で撮影するとこうなります。

2016-11-02 15.12.50.jpg
iPhone6sマクロレンズなし

これ以上近づけると、ボケてしまいます。

次に、マクロレンズを付けたiPhone6sでは、ここまで寄れます。

2016-11-02 15.14.29.jpg

あっ!毛が挟まってる。

流石、良く見えます。

2016-11-02 15.17.14.jpg

マクロレンズを付けると、We さえ全部入りません。

2016-11-02 15.16.38.jpg

でも、現実的な使い方でマクロレンズと言えば、やっぱり花ですね。

ちょうど良い具合に、門扉の横に、おばあちゃんが植えている小さな花がありました。

と言うことで、撮り比べ。

先ずはiPhone6sのマクロレンズなし

2016-11-02 15.20.42.jpg
iPhone6sレンズなし

で、マクロレンズを付けると、この小さな花がバッチリ?

2016-11-02 15.22.21.jpg
iPhone6sマクロレンズ付

白い小さな花に寄ることができるので、これは意味がありそうです。

次いで、XperiaZ3だと、

2016-11-02 15.28.05.jpg
XperiaZ3レンズなし

マクロレンズでは、ケラレも無いようです。

2016-11-02 15.23.29.jpg
XperiaZ3マクロレンズ付

最後にP9では、

2016-11-02 15.19.54.jpg
HUAWEI P9 レンズなし

カラーをビビッドに寄せているので、個人的には好きです。

2016-11-02 15.18.54.jpg
HUAWEI P9 マクロレンズ付

ズームアップとなり、ややピントを追うのが難しくはなりますが、こういう小さな花だと、スマホでも、間違いなくマクロレンズは活躍しそうです。

なんてったって税抜き100円なわけで、圧倒的なコストパフォーマンスであることは間違いないので、興味のある方は、セリアで探してみて下さい。
posted by かわいいHERO at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣玩具・小物等

2015年09月15日

サンプル便利?グッズ

勤務先の会社にネーム入りボールペンのサンプルが送られてきました。

DSC01647.jpg

社名と電話番号を入れて、営業用として配る粗品を想定したボールペンですね。

過去にも多分別の会社から?何度か送られてきたことはありますが、久しぶりに送られてきた今回のものは、ただのボールペンではありませんでした。

DSC01648.jpg

ペン先にゴムのボールのようなものが付いていて、スマホやタブレットのタッチペンとして利用可能ということです。

DSC01649.jpg

安価でネーム入り75個で1万円位みたいなので、業務用途以外でも面白いかなと思ったりします。

100均に売ってそうですが、私自身は短いタッチペンは買った事がありますが、ほとんど使うことがなかったのですが、ボールペンは日常的に胸ポケットに刺して使うので、これなら使うかもって思ったりします。

でも、これってボールペンの芯を出したまま、スマホの画面をタッチして、画面に傷をつけるなんてことないのかな?

DSC01650.jpg

いや、きっとあるだろう…。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣玩具・小物等

2011年09月19日

いえそば

悲しいくらいに予定がない連休の祝日は、以前処分品で格安に購入したもののクローゼットに入れっぱなしになっていた大人のおもちゃ「いえそば」を引っ張り出してきました。

1316429358931.jpg

そば粉も買ったあったので、即作業にかかります。

1316397763313.jpg

説明書を見ながら手順通りにそば粉と小麦粉を入れてかき混ぜて、そこへお水を入れて更にハンドルを回します。
長女がやらせろとうるさいのでバトンタッチ。

1316399956788.jpg

続いて3男坊がお待ちかねです。

1316400136819.jpg

あとは私がコネコネとして固まりをラップに包みます。
説明書に別紙で補足があるように、水加減がなかなか難しいです。

1316405801917.jpg

そして、パーツを利用して伸ばし?の工程を経て再度パーツ交換してからいよいよ、麺切り?です。

1316405928905.jpg

一度目は成功したものの、2回目からは生地がカッター部分に詰まってしまってうまくいきませんでした。
水分が多すぎたのでしょうか。
これでは先に進めないので、結局包丁で切るハメになりました。

そうこうしている間にクラブへ行っていた次男坊も帰ってきて、一番頼りになるので手伝ってもらって、ゆで係は奥さんに任せてなんとかお昼に間に合いました。
肝心の出来上がりのお蕎麦は短く切れきれでとてもお蕎麦とは言えないもので、とてもお見せできる出来栄えではありませんでした。
でも、子供たちは完食してくれました。

1316414560101.jpg

だんだんと慣れてくるので最後の方が出来が良いのですが、せっかくなので敬老の日でおばあちゃんにも差し入れようと思って置いていたら、くっついて固まりになってしまいました。がく〜(落胆した顔)

仕方がないのでおやつになりました。

1316431715813.jpg

お蕎麦って難しいですね。
もうちょっと情報収集して腕を磨かないといけません。
今度はうどんにチャレンジしてみよう。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣玩具・小物等

2010年06月21日

へんてこなお宝

今日は私のお宝?をご紹介しましょう。
それは…これです。
paira_eyes.jpg

暗闇に光る三つの目玉。
一つ目の目玉はこれ。
paira1.jpg

二つ目の目玉はこれ。
paira2.jpg

三つ目の目玉はこれ。
paira3.jpg

これ、「パイラ人」って言います。
宇宙人なんですが、ある映画に出てきます。
それの映画がこれ。
paira.jpg

「宇宙人東京に現る」という特撮映画です。
ところでこの宇宙人、へんてこですが愛嬌ないですか?
この「パイラ人」をデザインしたのは実はかの「岡本太郎」大先生なのです。
太陽の塔をデザインしたあの故岡本太郎画伯です。
言われてみるとへんてこさに共通するものがあるような…。

実は仕事上でただでもらったのですが、最初は全然知識が無くて
「何じゃこれ」状態だったのですが、調べてみるとこいつが結構なプレミアものだということがわかりました。
イワクラっていうマニアックな特撮フィギュアばかりを販売しているメーカーでしたが、残念ながらつぶれてしまいました。
倒産で結構ものが出回ったのですが、それ以前でのピーク時には一体諭吉さん超えということもあったようです。
もともとは、申し訳程度のガムが入った食玩のシークレットアイテムだったそうです。
私自身は大金を払ってまで欲しいと思う分野のものではありませんが、岡本太郎作品ということで温存しています。
そのほか数箇所ツメやなんかが欠けてしまったりしていますが、こんなのも書斎に置いてます。
gappa_p_01.jpg

ガッパっていう怪獣です。
迫力あるでしょ。
だからどうって話ですが、珍しいものらしいので…
posted by かわいいHERO at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣玩具・小物等