2017年05月29日

「RX100M3」の貢献度

やや不安を持ちつつ修学旅行の娘に貸し出したソニーの「RX100M3」ですが、帰って来てから聞くと、肝心の長崎市街へ出てのグループ行動時に、バッテリーが切れちゃったらしい。もうやだ〜(悲しい顔)

いやいや、予備のバッテリー3本も持たせたのに、それはないだろうと言い掛けましたが、バッテリーを持ち出すのを忘れたであろうことは容易に想像できたので、言葉を殺して、聞きに徹しました。

本音は、「準備万端してやってるのに何してんだ」ってところですが、私が勝手にやってることですからね。たらーっ(汗)

なーんだって感じで、それ以上聞いていないのですが、「RX100M3」は返してもらわないといけないので、データを移動するために、中身をかる〜く見せてもらいました。

かる〜くと言いながら、無断でブログにまで使っちゃってますが…爆弾

DSC04013.jpg

バスガイドさんとの写真や

DSC04011.jpg

家族でも行った龍馬像前での定番ポーズと、ちゃんと思い出残せたんだなと、少ないながらも、持って行かせて良かったと思いました。わーい(嬉しい顔)

そして、眼鏡橋での撮影は叶わなかったものの、行きの新幹線や

DSC03971.jpg

ホテルでも、自撮り棒がしっかり活躍できたようです。グッド(上向き矢印)

DSC03998.jpg

新幹線は博多までだったようですが、駅看板撮っちゃうところは私と似ているのかも。あせあせ(飛び散る汗)

DSC04024.jpg

この景色はグラバー園からかな…なかなか良い感じ撮れているんじゃないかな?

DSC04004.jpg

まぁ、誰でもそれなりには撮れるのかも知れないですが、構図は私の好みです。ハートたち(複数ハート)

DSC04005.jpg

動画も撮ってたようなので、ひとまず、「RX100M3」は良い仕事ができたようで安心しました。るんるん

※追記:海の景色はホテルからのガラス越しの撮影だったそうです。そう言えば、グラバー園では、バッテリー切れでカメラが使えなかったのでした。
posted by かわいいHERO at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ソニー RX100M3

2017年05月23日

修学旅行用カメラ

中学生の娘もあっという間に3年生。

まだまだ小学生に見えますが、来年は高校受験です。

そんな我家の末娘ですが、明後日木曜日からは楽しい楽しい修学旅行です。

行き先は…公立中学定番の九州は長崎でございます。

私の時代から九州が多く、3男坊以外はみんな九州でした。

グループ単位で行動するらしいのですが、オルビスでの九州経験済みの我が娘は、行ったところばかりを巡ることになるようです。

本人は、美術館へ行きたいらしいですが、初めての子に美術館はないでしょうから、仕方がありません。

女子の一番人気は眼鏡橋らしいです。

ハートの石が目的なのでしょう。

さて、そんな楽しい修学旅行ですが、中学生ということでスマホの持込は禁止だそうです。

今時は、カメラ代わりのスマホなので、ちょっと時代遅れの感もありますが、規則なのでやむを得ません。

一方で、カメラはOKということなので、カメラを持たせることになります。

でも、どのカメラを持たせようか…?

GWに一眼デビューさせたので、フジのミラーレス「X-A1」で私的には良いのですが、ちょっと大きいかなぁと感じます。

また、女子の集団と考えると、自撮りがメインとなりそうな気がしますので、ここはソニーの「RX100M3」を貸してやりますか。

高級コンデジを持たせるというのは、やや不安ですが、ヤフオクで処分しちゃったので、他に適当なものが無いんです。

ペンタックスの「Q7」もコンパクトで良いのですが、自撮りを考えると、やはり「RX100M3」の右に出るカメラはありません。

スマホ以外では自撮りチャンピオンと言えます。

事務所にあるおじいさんとおばあさん(クッキーポット)により自撮りのイメージを再現してみます。

2017-05-23 14.32.11.jpg

都合上、自撮り棒を縮めていますが、モニターを上に跳ね上げるだけで、自撮りモードになって、シャッターボタンを押すとモニターの右下に「3」・「2」・「1」と数字がカウントされます。

2017-05-23 14.33.56.jpg

自動的に3秒のセルフタイマーとなるわけですが、それによって各自ポーズを整える余裕が生まれます。

2017-05-23 14.30.32.jpg

自撮り棒なしでも、下の写真のように自撮り可能ですが、2〜3人までですね。

手の短い女子ならなおさら多人数は厳しくなります。

DSC03931.jpg

それ以上の人数なら、やはり自撮り棒が役に立つことでしょう。

実は、GWのしまなみキャラバンでの、奥さんと娘の大島〜今治のサイクリング時に、自撮り棒「X-Shots」を付けて「RX100M3」を持たせました。

その時の写真がこれとか、

DSC03962.jpg

これ。

DSC03963.jpg

でも、奥さんからこの後、途中で自撮りできなくなったと言われてしまいました。

故障しているようでもないし、私が自撮りしてみると、問題なくできる。

DSC03964.jpg

なので、???状態でした。

でも、後から撮影済みの画像を確認してみると、そこには、自撮りしながら、カメラを気にする奥さんと娘のムービーが残っていました。ふらふら

DSC0000.jpg

そりゃあ動画撮影してたら、自撮り撮影モードにはならないわ。

まぁ、娘はしっかりしているので、ちゃんと教え込めばそんな失敗はないでしょう。

とにかく、楽しむのが一番なので、良い思い出ができるようサポートしたいと思います。
posted by かわいいHERO at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ソニー RX100M3

2016年05月31日

懲りずに蛍へ寄り道

目新しい出来事もなく退屈な中で、悪かった天気が回復方向となると、夕方になるとウズウズしてきました。

朝は天気が悪かったことで、今日は一眼は持参しなかったものの、未だ蛍撮影に未使用の、ソニーのコンデジ「RX100M3」があるので、行ってみる価値はあります。

一眼は置いて来ても、行くかも知れないと思っていたので、レンズスタイル…もとい、オープンプラットフォームカメラの「オリンパスAIR」と、もう一つ小型の三脚は持参してたりします。

しかしながら、使い慣れていない機種を突然持って来ても、やっぱり駄目ですね。

「RX100M3」をスマホとアプリで接続しようとしても、方法を忘れてしまってうまくいきません。

レリーズが使えないので、アプリを使わないといけないものの、接続できないので、シャッタースピードを20秒とか30秒に設定して、シャッターを押して対応します。

一方の「オリンパスAIR」の方は、接続自体は問題なくできるものの、絞りとシャッタースピードの設定が見つからない。

これって、マニュアル設定出来なかったっけ?

こうなると、もはや撮影不可能なので、「RX100M3」に集中します。

ちなみに、撮影ポイントは、前2回の場所は、人が多いのと、車のライトの影響を受けやすいので、初回の撮影と同じ、ポイントとしましたが、これが大当たりです。

これまでで一番蛍が出ていたのではないかと思います。

合成なしでこれらの写真が撮れました。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

全て、撮って出しのJPEGファイルをVGAサイズに縮小しただけです。

「RX100M3」は広角端ではF1,8と明るいレンズですが、センサーが1インチだから?か、APS-C一眼ほど明るくならないですね。

なお、ノイズリダクションをOFFしていなかったので、撮影後次に撮影までは、時間が掛かりました。あせあせ(飛び散る汗)

また、使えないとなった「オリンパスAIR」も、せっかくあるので、動画を撮影してみましたが、真っ暗で何にも写ってない…と思いましたが、よく見ると、小さな点として蛍の光を捉えていました。

次の画像は、その動画から、蛍の光跡を一瞬のGIF画像にしてみました。

クリックして、大きな画像で見ないとわかりませんけど爆弾

hotaru_Air.gif

明日は暑くなるようなので、もっと舞うのかな?

このポイントに限っては、今週が見頃と言って良いのかも知れません。るんるん
posted by かわいいHERO at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ソニー RX100M3

2016年05月14日

陽気に誘われて

銀行回りに加え、来客予定でバタバタすると踏んで、一眼カメラを持ち出さなかった昨日。

来客応対を終えて、銀行を回り終えても思いの外、時間がありました。

おまけに、素晴らしい晴天。

ようやく、クールビズスタイルで軽快になったこと含めて、じっとしていられなくなりました。

そして、ピンとひらめいてやって来たのはとある公園です。

image.jpeg

私も初めての公園ですが、「若園公園」と言います。

なんで公園へ来たかというと、旬のこれです。

image.jpeg

ここは、バラ園のある公園なのです。

image.jpeg

昨年のこの時期には、ペンタックスK-50を相棒に、伊丹のバラ園へ行きましたが、今回は一眼カメラがありません。

image.jpeg

でも大丈夫。

いざとなれば、その実力を発揮してくれるソニーの「RX100M3」を常時携帯しています。

image.jpeg

下手な一眼よりも、ずっと素晴らしい画像を吐き出してくれたりします。

image.jpeg

アドビLightroomで現像するのも面白そうですが、取り敢えず、今回の記事は全て撮って出しのJPEGです。

image.jpeg

プレミアムオートモードでの撮影が鉄板のRX100ですが、露出優先でぼかします。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

入場無料で平日の午後ということで、デイサービスで来られているらしきお年寄りの方が多いです。

image.jpeg

伊丹のバラ園に負けず劣らず素晴らしいバラ園です。

image.jpeg

パノラマモードで

image.jpeg

再び、撮影に没頭。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

一段高くなったところからの全景。

image.jpeg

再度パノラマで

image.jpeg

そして、没頭の繰り返し。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

夏日が続き、見た目にも水が心地良い季節となりました。

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

意図的に逆光を利用したイメージを試します。

image.jpeg

花の状態がイマイチで、葉っぱの虫喰いが気になりますが、それもまた味ということで…。

image.jpeg

思い掛けず、色とりどりの薔薇に癒されることとなり、楽しい午後となりました。

反省点は、絞り優先で解放を多用しながら、オートのNDフィルター機能を過信して、露出補正を活用していなかったことです。

考えればわかることですが、その場では気が付かず、後から反省することが多いです。ふらふら
posted by かわいいHERO at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ソニー RX100M3

2015年06月11日

とうとう出たかソニー「RX100M4」

Sony  DSC RX100M4.png

未だ使い始めたばかりのソニーの高級コンデジ「RX100M3」ですが、噂のあった次期モデルが発表になったようです。

サイバーショットRX10 II、RX100 IV発表。世界初のDRAM積層CMOSで最高960fpsスロー撮影、単独4K動画も

噂に上がっていたマイクロフォサーズへのセンサーサイズの大型化は行われず、1インチのままのようです。

まぁ、それを見越して「RX100M3」にしたので、正直正解だったと感じています。

M4では、CMOSセンサーの変更で動画のスロー等の機能が向上したようですが、一眼サブのオールマイティ機としての用途では、機能アップは特に必要を感じません。

また、電子ビューファインダー(EVF)の有機ELパネルがSVGA(800×600)相当からXGA解像度(1024×768)相当へと高精細化したのは魅力ではありますが、コンパクト性を重視した、ポップアップEVFのサブ機として考えると、現行でも十分な気がします。

コンパクトなのに、撮影した画像を確認する度に、その完成度を痛感する「RX100M3」ですから、「RX100M4」も、満足度の高いモデルとなることは間違いありません。

基本仕様が変わらなかったことで、変に得した感がありますが、むしろ気になるのはフルサイズ機のαシリーズの方です。

4240万画素の35mmフルサイズ一眼α7R II発表。フルサイズでは世界初の裏面照射型CMOS、単独4K動画撮影も

過剰な高画素機のイメージもあったフルサイズ一眼α7Rが、α7→α7U同様α7RUとなって、最強度を増しています。

Sony ILCE 7RM2.png

今の私には手に負えないし、考えられない性能ですが、そう遠くないだろう超高感度機α7SUの登場にも期待が持てます。

フルサイズミラーレスでは、肝心のレンズがまだまだ弱いソニーですが、ミラーレスを世界に普及させる力は十分にありそうですね。
posted by かわいいHERO at 11:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ┣ソニー RX100M3