2017年06月09日

そうだ!ストロベリームーン

今晩、仕事終わりに帰宅しようとして、ふと見た月に昼間見た「ストロベリームーン」のニュース記事を思い出しました。

そこで、帰り道に車を停めて、鞄に常備するソニーのRX100M3で撮影してみるも、月を撮るカメラじゃないですね。

2017-06-09 19.30.10.jpg

最大ズームでこれですから。

では、帰宅してから富士のX-T2に400mmズーム&×2テレコンの800mmで月を狙います。

2017-06-09 20.34.10.jpg

ストロベリー???とは思いますが、いつもよりも少し色がついているのがわかります。

2017-06-09 20.34.47.jpg

いつもの黄色よりもオレンジ色っぽい感じかな。ひらめき

ついでにKENNKOの800mmミラーレンズでも撮影してみましたが、マニュアルフォーカスなので、見事にピンボケでした。ふらふら

2017-06-09 20.56.22.jpg

それに、色もモノクロみたいになっちゃいました。あせあせ(飛び散る汗)

このミラーレンズは色が薄いんです。バッド(下向き矢印)

2017-06-09 20.56.26.jpg

やっぱり手持ちでチャチャっと済ませようとすると駄目ですね。

視力が落ちるとマニュアルフォーカスは厳しいです。もうやだ〜(悲しい顔)

※どうも、ストロベリームーンって赤いってことではないらしいです。
いちごの収穫時期なので、ストロベリームーンと呼ばれるそうです。
色は通常と変わらないんですって…。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年06月01日

レンズのゴミ?

そのコンパクトさから、先日の和歌山へのツーリングのお供とした富士フイルムの「X-T10」ですが、せっかく撮った写真に丸い影が写り込んでがっかりでした。

DSCF4779.jpg

空の部分に薄く黒い丸が見えるでしょうか?

DSCF4768_s.jpg

この写真の赤い丸の中です。

わかりやすいかも?と思って、パラパラGIF画像にしてみました。

gomi.gif

大きさは変化してますが、概ね同じ場所に確認できますね。

てっきりセンサーのゴミか汚れと思い込んでいたのですが、センサーは綺麗なものでした。

よく分からずにWEBで調べてみると、センサーのゴミって小さく写り込むみたいですね。

なので、レンズを外して、レンズをブロアでクリーンアップ。

DSCF4845.jpg

今日は見事な青空とはいかず、今ひとつの天気でわかりづらいものの、黒丸は無さそうです。

壁に貼り付けたコピー用紙を絞りを変えて撮影してGIF画像にしたものを見ても、大丈夫そうです。

gomi2.gif

ゴミの判断も出来ず、キャリア不足を痛感します。ふらふら
posted by かわいいHERO at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年05月26日

もう、ファームアップ

ファームアップ連発」という3月末の記事の後、手持ちの富士フィルムのカメラやレンズのファームウェアを全てチェックして最新版にしたのですが、結構な手間だったものの、記事にはしてなかったようです。

SDカードにダウンロードしたファームウェアをコピーしては、カメラ本体でファームアップするという作業を、夜中にシコシコとこなしたわけですが、またもやダブルフラッグシップの2台に新ファームウェアが来たようです。




おそらく、アップしようがしまいが私には影響のないものだと思いますが、早めに作業することにします。

性能的には似たようなイメージのあるフラッグシップの2機種「X-Pro2」と「X-T2」ですが、「X-Pro2」はOVFを装備しているもの、オプションでバッテリーグリップが用意された「X-T2」の方は、PC接続で使用するケーブル規格もUSB3.0接続だったりで、真のフラッグシップという気がします。

なので、今回のファームアップでも、中判機であるGFX50S同様に、無線通信でのテザー撮影に対応しているそうです。

私自身の技能の成長が追いつきませんが、ユーザーからのフィードバックをファームアップでどんどん取り入れていく富士フィルムの姿勢は有り難いと感じます。

このファームアップの頻度は、auスマートフォンも見習って欲しいところです。爆弾
posted by かわいいHERO at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年05月15日

XF18o F2 R

富士フィルムのXシリーズのカメラのダブルフラッグシップである「X-Pro2」と「X-T2」はどちらも私の腕には相応しくない素晴らしいカメラなわけですが、だからこそ私にとっては使うだけで喜びがあります。

しかしながら、ボディがかなり大きめであり、中でもスナップ寄りの「X-Pro2」は、OVF装備の為か、それが顕著です。

撮影重視でプライベートで出掛ける時には苦にもなりませんが、仕事時の鞄や荷物の制約される場面では、そのわずかな大きさが厳しいという場合があります。

そこで、ここ最近は、旧モデルの「X-T10」を持ち出しています。

また、遊びとしては、ペンタックス機では愛用していたオールドレンズも長らく遊んでいなかったので、フジ用マウントアダプターを付けたリコーの「XR RIKENON 50mm F2」を付けて遊んでいます。

2017-05-15 16.41.26.jpg

マニュアルフォーカスでの撮影は、手間ではありますが、基本を思い出させてくれますし、一球入魂感がたまりません。

DSCF4572.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

茨木童子のご当地ナンバーを見つけて撮影してみたり、

DSCF4573.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

日常の風景でも、その写りが違ったものに見せてくれます。

ボケ具合も楽しいです。

DSCF4574.jpg
「X-T10」+「XF18o F2 R」

でも、マウントアダプターをかませることで、更に長くなるので、やはりネックとなるのはその大きさです。

2017-05-15 16.43.52.jpg

「XR RIKENON」は、遊び道具としての大きさは許容できますが、オートフォーカスレンズによる日常ユースとしては、標準のXFズームや、手持ちの単焦点レンズも小さいとは言えず、その大きさがネックと言わざるを得ません。

そこで、比較的安いパンケーキレンズの「XF 27o F2.8」なら、「X-T10」に付けて常用するのも良いなぁと思っていました。

また、その次にコンパクトな、「XF18o F2 R」も、Xシリーズのラインナップとしては、コレクションしておきたいレンズであり、どちらかをヤフオクなどで安く買えたら良いなぁと脳内で考えていました。

現在は、ズーム、単焦点合わせて、望遠寄りのレンズばかりで、広角寄りは「XF10-24o F4 R OIS」1本しかなく、フルサイズ換算35o程度のレンズがありません。

広角側としては、単焦点の「XF16o F1.4 R WR」が欲しいところですが、10万越えで、とても手に負えないので、いつかの目標となっています。

そんな折、久しぶりに通り掛かった「ハードオフ」に寄ってみたところ、なんと「XF18o F2 R」が並んでいました。

ペンタックスの「K-50」がメインの頃は、ジャンク品のオールドレンズやフィルター、ケースなどを探しに良く足を運んでいましたが、最近は全然だったのに、その日はなぜか久しぶりに行きたくなったのでした。

金額もそれほど高いと感じなかったものの、その時は手持ちもなかったので、一度お店を後にしました。

ですが、やはり気になっていたレンズということで、ヤフオクで相場を調べると、ヤフオクよりも安い。

「ハードオフ」の保証もあるし、これは買いだということで、ATMでお金を卸して買ってしまいました。

DSCF4575.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

箱がないから安いのかと思いましたが、ちゃんと箱もあって、傷ありとなっていたのがその要素と思われ、確かに角型の金属フードは下地の金属が出たりしているのですが、自分が使っている35oF1.4も同様にブラックの塗装が剥げている部分があるので気になりません。

金属なので、むしろ、剥げてる方が格好良かったりします。

2017-05-15 16.46.31.jpg

フードがなければ、「X-T10」との組み合わせで非常にコンパクトです。

2017-05-15 16.47.10.jpg

UVフィルターが付いていたので、このままキャップ運用でも良いのですが、やはり金属製の角形フードが格好良いですし、先窄み型のフードなので、この状態での運用がベストです。

2017-05-15 16.48.27.jpg

実は、昨日の岡山ダムカードツーリングの相棒は、この「X-T10」+「XF18o F2 R」でした。

スマホとヤギのズームアップの写真以外は、全てこの組み合わせです。

万が一、転倒して壊しても許容できる?というわけでもないのですが、丸出しのオートバイでは、気分的にフラッグシップや高級レンズは持ち出し難いですね。

広角寄りが充実し、使い勝手の良い画角ですし、とても満足しています。るんるん

欲を言えば、「X-T10」が1,630万画素で、ダブルフラッグシップの2台の2,430万画素と異なるので、インスタ用のサイズ加工等での統一感から、「X-T20」が魅力的に思えて仕方ありません。あせあせ(飛び散る汗)

改めて、コンパクト性は正義ということを実感していて、性能的に「X-T2」に引けを取らない「X-T20」が実は最強なのでは?と思ったりしています。ひらめき
posted by かわいいHERO at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年04月11日

嵐の前の桜桜桜

職場の前の桜は、休み明けの昨日には満開になっていました。

DSCF4440.jpg

自宅付近よりも少し遅い印象です。

DSCF4445.jpg

当たり前ですが、上から見ても満開です。

DSCF4451.jpg

大阪は、昨晩から今朝にかけて雨と台風のような強い風に見舞われて、自宅付近の早めに咲いていた桜は、ボリュームがうんと落ちていましたが、職場の前の桜は、少し遅れての開花ということで、今朝もしっかりボリュームを維持しています。

そんな厄介な昨晩の雨予報があったので、昨日は念のために小型の「X-T10」を持ち出していました。

何も考えずにパンパンのカバンに放り込んだのですが、出掛けるついでに時間があったので、先日、開花が不十分だった近くの真龍寺さんへ再訪してみました。

DSCF4554.jpg

SLの後の桜は良い感じですが、できればLを入れた構図で桜を撮りたい…。

でも、桜はかなり上の方からしか花がついていません。

そこで、軽トラの荷台と荷物入れを台にしました。

DSCF4465.jpg

桜の花がある場所の下に軽トラを移動して、桜越しにSLを入れてみました。

DSCF4470.jpg

なかなかダイナミックな構図になっているのは、姿勢が厳しく偶然の賜物だったりします。

DSCF4480.jpg

なお、ファインダーを覗くとそれでも桜には届かないので、モニターを使って腕を目一杯伸ばすというなかなか辛い体制でしたので、うまく水平も撮れていなかったりしますが、一応、撮れました。

DSCF4484.jpg

場所を変えて、今度はSLの真横に挑戦です。

DSCF4485.jpg

んん〜、思うような写真が撮れません。

また場所を変えて、斜め前からSLを捉えますが、桜をメインにするか?

DSCF4498.jpg

それともSLをメインにするか?

DSCF4506.jpg

やっぱりボケたSLバックの方が好きかな。

DSCF4521.jpg

最後に別角度でSLは終了。

折角来たので、上の境内にも上がってみると、そこには予想外の光景が…。

DSCF4523.jpg

ここの桜はこんなに美しかったんだ…。

DSCF4526.jpg

桜の木があるのは理解していましたが、想定外の満足度です。

DSCF4527.jpg

季節に関係なく絵になる真龍寺さんは、お気に入りの撮影スポットですが、桜とのコラボは本当に素晴らしい。

DSCF4532.jpg

今回は、念のためモードでたまたま「X-T10」に付いていた標準ズームしか持って来なかったので、10-24mmの広角ズームを使ってみたかった。ふらふら

DSCF4533.jpg

空はどんよりとしていて、青い空が無いのが残念でしたが、真龍寺さんの桜はもう、桜吹雪が舞っていたので、昨夜の風雨で今日はもうボリュームが無くなっているかもしれません。

なので、行っておいて良かった。

DSCF4538.jpg

まぁ、純粋に桜が楽しみたければ、今日から造幣局の桜の通り抜けという手もありますが、多分、今年は行かないでしょう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年04月09日

ちょっとだけ写真のお勉強…

今日はツーリングを諦め、映画でもと思っていたけれど、うちの奥さんも午前中は自治会の総会があるらしい。

それなら、バースデーDMで無料入浴ができる、日帰り温泉でもと思っていましたが、偶然、富士フィルムのSNSで見た写真展へ行ってみたくなりました。

4時までモトGPの予選を観ていてやや寝不足ですが、雨上がりを駅へと向かいます。

2017-04-09 09.39.40.jpg

途中、満開の桜を見る度に、花見という選択肢もあるということを思い出します。

2017-04-09 09.41.09.jpg

でも、被写体としての桜って、それだけを撮ってもあまり魅力はないんですよね。

2017-04-09 09.42.24.jpg

桜プラスアルファ。

季節感を表す小道具としての桜こそが、自分の求めるもので、桜の下で宴会をしたいわけでもありません。

そういう意味で京都というのは、被写体プラス桜で、季節感ある被写体豊富な魅力があるわけです。

そんな意味のない能書きを考えながら、心斎橋にやってきました。

2017-04-09 10.19.09.jpg

地下鉄の駅からダイレクトにつながるこちらのビルには、以前にも来たことがあります。

2017-04-09 10.20.26.jpg

富士フィルムの大阪サービスステーションです。

2017-04-09 10.24.26.jpg

こちらで行われているのがこれ。




浅岡省一さんという方の写真展「光の果てへ The boundless light 」です。

昨年、富士フォトギャラリー銀座にて行われた氏の初の個展の作品の中から、氏自身がピックアップした大阪展だそうです。

私は、東京カメラ部については、SNS等でその存在は知っていましたが、浅岡氏については、何の予備知識もありませんでした。

インパクトある写真が記憶には残っていて、トークショーイベントもあるらしく、急遽時間ができたことで見に行こうと思ったわけです。

2017-04-09 12.48.49.jpg

ちょっとだけ見掛けたご本人の写真から、かなりお若い方だと思っていたのですが、後から確認してみると、私よりも7つほどお若いだけでした。

早めに着いて作品を見ていると、どうもご本人らしい方が、観に来られた方と談笑しておられ、私も作品を観ながらその会話に耳を傾けて開始時間を待っておりました。

改めて、イベントをチェックしてみると、トークショーとギャラリートークがあって、トークショーの方は既に締め切りとなっていたので、私が見ていたのは11時からのギャラリートークというものでした。

11時になって、実際に浅岡氏自身から、ギャラリーの作品を観ながら撮影時のエピソードや使用レンズなどをご説明いただきました。

作品ということで、敢えて撮影はしませんでしたが、画像検索で銀座の時のものが多数あがっているので、雰囲気はそちらで…。

個人的な感想としては、やはりハッと思うような写真は、努力なくしては撮れないということでした。

きっちり準備をした上で、わずかに起こる偶然を適切にものにしての努力の上の偶然の産物であり、知識やテクニックは、あくまでもその確率を上げるだけのものであると感じました。

そう思うと、努力の時点で私には難しいというのは間違いないようです。ふらふら

ギャラリートークに参加したので、既に参加を締め切っていた2時からのトークショーにも希望すれば入れてくれるとのことでしたが、待ち時間がかなりあるので、今回はご遠慮しました。

ギャラリートークの参加が5名程度だったので、トークショーも満席には程遠いのだろうと想像しますが、せめて、予約の早期締め切りがなければ、そのつもりで行っていたと思うので、そこは主催者の富士フィルムサイドに改善して欲しいところです。ちっ(怒った顔)

スクリーンショット (37).jpg

せっかく知ることとなった浅岡省一氏も、藤里一郎氏とともに、今後も動向を見ていきたいと思います。るんるん

なお、富士フイルム大阪サービスステーションでの浅岡省一氏写真展「光の果てへ」自体は4月20日(木)まで行われています。
posted by かわいいHERO at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年04月04日

陽気に反して桜はまだまだ

昨日、事務所に詰めて事務処理に徹したおかげで、今朝はそのデータを税理士に送って、歯医者へ行ってからはフリータイムです。

治療後、30分ほどは食事が取れないということもあり、陽気につられて桜を求めてドライブへ。

近くのSLのあるお寺「真龍寺」へ行ってみましたが、桜はまだまだだったので、車から降りることなく更に奥へとドライブを続けます。

工事中の安威ダムを見ながら亀岡方面へと進みますが、工事中の新名神を潜って、採石場を過ぎてもここっていうポイントもなく、脇道へ入って戻ることにしました。

すると、段々の田畑のある田舎の風景にちょっとほっこりしました。

2017-04-04 13.07.19.jpg

でも、その先はなかなか過酷な道でしたが、軽トラ、サンバーなので、楽勝でした。

オルビスだったら泣いてましたが…。

2017-04-04 13.08.52.jpg

道が広くなったと思ったら、見覚えのある道へ出ました。

2017-04-04 13.24.45.jpg

先日の大阪対決となった選抜高校野球の準優勝校、履正社のグラウンドを過ぎて、さっきはスルーした真龍寺へもう一度行ってみます。

2017-04-04 13.28.51.jpg

SLの後ろにある桜の木は、残念ながら2歩咲きくらいでしょうか。

2017-04-04 13.29.31.jpg

近くなので、満開の頃来てみようかな。

2017-04-04 13.31.07.jpg

折角、一眼「X-T2」を持ってきたので、階段上の境内へと上がってみます。

2017-04-04 13.32.50.jpg

ここの桜は結構咲いてます。

2017-04-04 13.33.44.jpg

スマホ「P9」のワイドアパチャー撮影してみますが、疑似ボケはこういうシーンでは不自然極まりなくて、全然駄目ですね。

2017-04-04 13.34.14.jpg

やはり、ポートレイトのような、被写体と背景がはっきり区別されたシーンでないと難しいようです。

それなら、と一眼「X-T2」の出番です。

DSCF4161.jpg

付いていた「XF60mmF2.4 R Macro」での撮影です。

DSCF4163.jpg

DSCF4164.jpg

DSCF4166.jpg

疑似ではない、本物のボケです。

DSCF4167.jpg

DSCF4168.jpg

DSCF4169.jpg

マクロレンズなので、たんぽぽをアップで。

DSCF4170.jpg

SLと桜も中望遠で切り取ります。

DSCF4172.jpg

鳥を見つけたので、レンズを230mmズームレンズに交換します。

2017-04-04 14.05.55.jpg

この「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」は、奥さん用に買った処分品の「X-A1」ダブルズームセットのキットズームですが、コンパクトで軽く、安価なレンズということで気軽に持ち出せて便利です。

チープなレンズであっても、写りが富士フィルムなところが素晴らしい。

DSCF4174.jpg

等倍でのトリミングでこれです。

DSCF4174r.jpg

その時、月が出ていることに気が付きました。

DSCF4175.jpg

より、鳥に近い上の駐車場へ移動して、

DSCF4184.jpg

DSCF4185.jpg

DSCF4189.jpg

全てJPEG撮って出しなので、露出が極端ですが、鳥の姿を捉えることができたので、まぁいいか。

現状の桜の開花状況では、今週末のワンチャンスという感じですが、週末は生憎の雨予報なんですね。もうやだ〜(悲しい顔)

元々晴れても定例ツーリング日なので、今年は桜と縁がないようです。バッド(下向き矢印)
posted by かわいいHERO at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年03月30日

ファームアップ連発

富士フィルムXシリーズのダブルフラッグシップのファームアップが来ました。

発売後、すでに数度のアップデートで機能向上しているのですが、更に向上します。

この点は、富士フィルムXシリーズの良い点と言えます。




予定よりも早かったのも好印象ですが、2台ともなので、作業がちょっと大変か…。

と、思っていたら、ソニーのRX100M3にも新ファームが来たようです。




こりゃ〜忙しいぞ。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年03月06日

ようやく会えたね、メジロちゃん

先日、出掛け損なったので、今日こそはと思いつつも、天気が今ひとつです。

天気予報で夕方だけ太陽マークが出ていたことで、夕方の短時間勝負で、出掛けてきました。

2017-03-06 16.23.12.jpg

その場所は、昨年メジロを確認したポイントです。

ちょこっとGX7を持ち出して春を感じる

ですが、それらしき気配はありません。

DSCF3219.jpg

でも、よーく見ると、1本の木だけに2羽のメジロがちょこちょこと動いていました。

DSCF3228.jpg

でも、木の向こう側でうまく撮れません。

時折、大きな鳥が飛んできて、メジロを威嚇しているようで、その2羽も飛んでいってしまいました。

これでメジロがいなくなったと思った時に「チュンチュン」と鳴き声がしました。

その鳴き声のする方向に行ってみると、一番端の木に、今度も2羽のメジロが居ました。

メジロって2羽で行動するのかな?

DSCF3287.jpg

今度はもう少し寄れそうです。

DSCF3289.jpg

位置的にも、手前にも出てきてくれました。

DSCF3297.jpg

ようやく、まともに梅とメジロが撮影できました。

DSCF3317.jpg

ただ、少し前まで出ていた太陽は雲に覆われて、光が味方してくれません。

DSCF3348.jpg

メジロちゃんの表情もわからず、

DSCF3352.jpg

せっかくの春の訪れが、今ひとつ感じられません。

DSCF3354.jpg

でも、まぁ居てくれただけでも満足です。

DSCF3409.jpg

せっかくなので、梅の花のアップも…

DSCF3412.jpg

とまぁ、メジロちゃんに会えたものの、生憎の空模様で、光に恵まれない写真となってしまったので、3枚目以降の写真をLightroomでRAW現像しちゃいました。

フェイクと言われても、仕方がないので、一気に並べます。

DSCF3287-1.jpg
DSCF3289-1.jpg
DSCF3297-1.jpg
DSCF3317-1.jpg
DSCF3348-1.jpg
DSCF3352-1.jpg
DSCF3354-1.jpg
DSCF3409-1.jpg
DSCF3412-1.jpg

かなり印象が変わりました。

でも、こうやって並べると、ちょっとやり過ぎたかなと思いつつも、もし素材として提供するなら、これぐらいしないと春らしさを感じる素材にはならないので、まぁ良いか…あせあせ(飛び散る汗)

暗い写真で春は感じないですからるんるん
posted by かわいいHERO at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2017年02月10日

富士フィルム LOVE

富士フィルムへとマウント集中を図るこの頃ですが、ついつい脱線してしまいます。

処分した軍資金で、こんなことしてたら仕方がありませんが。たらーっ(汗)

で、今回の脱線ネタはこちら。

2017-02-10 00.50.16.jpg

先日、見つけたガチャポンの一眼レフカメラの流れで、過去にタカラトミーが「富士フィルムミニチュアカメラコレクション」というガチャポンシリーズを出していたことを知りました。

とは言え、今更店頭に置いてあるわけもなく、ヤフオクで高いプレミア品を買うしかありませんので、一旦はスルー。

しかしながら、富士フィルムに侵されつつある中、これはやっぱり欲しいコレクションです。

高いからひとつだけと思っても、単品で出品されているものは更に高値です。

それでも、一番安いものを落札しようかと思っていたところ、メルカリでもっと安いコンプリート品があり、購入しました。

初めてのメルカリ利用です。

2017-02-10 00.56.58.jpg

シリーズ5品、本来なら1回200円のガチャが3倍つきましたが、もう売っていないことと、無駄にダブリつつコンプリートすることを考えると、こんなもんでしょっと納得。

実際にものを見ると、満足です。

但し、過去の商品だけに、製品モデル自体もちょっと古いんです。

昨年までのフラッグシップ機「X-T1」は「X-T2」に変わっちゃってますし、私は所有していません。

「X-PRO2」もないし、唯一、奥さん用に買った初めての富士フィルム機「X-A1」だけは色違いですが所有しています。

2017-02-10 00.59.12.jpg

但し、これもレンズは持っていないレンズなので、「X-T1」のレンズと交換してみました。

2017-02-10 01.00.10.jpg

こちらは、「XF18-55mmF2.8-4」というフジの標準ズームレンズで、「X-T10」についてました。

とまぁこんな感じで、童心に返ってミニチュアで遊んでました。あせあせ(飛び散る汗)

このミニチュアのベースは、カメラ上のシューに差し込むことができるのですが…ひらめき

2017-02-10 01.07.26.jpg

そこは所詮200円のガチャポンで、奥まですんなり入ってくれませんでした。ふらふら

無用なトラブルを引き起こしたくないので、無理もしませんけど。

2017-02-10 01.08.16.jpg

第2シリーズで「X-T2」やら「X-PRO2」が出たら、意地でも揃えるんですが、出ないか。爆弾
posted by かわいいHERO at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年10月18日

フジX-PRO2でモトGPを撮影

今回の茂木のモトGPには、鈴鹿の8時間耐久同様に、富士フィルムのX-PRO2&XF100-400の超望遠ズームを持参しました。

但し、鈴鹿8耐の場合は、文字通り8時間もレースがあるので、スタンド席から移動して、レースを観戦することが可能なので、写真撮影に適したコーナーに移動しての撮影というものが可能となります。

ですが、モトGPの場合は、1時間にも満たないスプリントレースですから、移動することは不可能です。

もしも、そんなことをしていたら、高価なスタンド席の指定席料金が勿体無いのはもちろんのこと、目まぐるしいレース展開を理解して追いかけることなんてできません。

ですから、今回は、カメラを持参しても、スタンド席からのみで、ほぼ使えない状態であることを想定の上でした。

今回のモトGPが開催された「ツインリンクもてぎ」の場合は、モトGPのレースが行われるレーシングコースの外側に、オーバルコースが存在していて、そのオーバルコース上に、私の居たV席という仮設の観覧席が組み立てられていました。

本来のグランドスタンド席よりもコースに近い位置にある席なので、幾分、写真も大きく撮れそうなものですが、そこはメインストレートとなるので、垂直に被写体を捉えることは不可能です。

かと言って、1コーナー側へレンズを向けても、ただのストレートですし、フェンスがあってまともな写真は撮れません。

文章だけでの説明では、おそらく何のことかわからないと思いますので、実際に撮影した写真を見てみます。

DSCF3028.jpg

ダウンヒルストレート終わりの90°コーナーを抜けたところ、つまり最終コーナーひとつ手前のコーナーを捉えた写真がこちらです。

構図としては悪くないのですが、如何せん遠すぎます。

DSCF3046.jpg

最終コーナーまでのアプローチも悪くないのですが、肝心の最終コーナー自体は障害物で撮れません。

DSCF3050.jpg

最終コーナー立ち上がりで再び捉えることができますが、フェンスが邪魔で、ピントがフェンスに行ってしまう可能性大です。

と、いうことで、予選は別の場所で観たわけです。

DSCF4961.jpg

その場所がこのバレンティーノ・ロッシ応援席のあるZ席です。

写真は決勝日のものですが、予選では自由席となっていました。

DSCF3431.jpg

ダウンヒルストレートから下ってくる様子を、比較的近くで捉えることができました。

DSCF3444.jpg

90°コーナーに近くなればなるほど大きく撮影可能なのですが、一番良い場所に小屋があって、90°コーナーの進入と立ち上がりのどちらかしか撮れません。

DSCF3715.jpg

進入では、かなり大きく撮影できるものの、画面いっぱいには至りません。

ちなみに、400mmズームのAPS-Cセンサーなので、35mm換算の600mmですが、これでも役不足ということです。

DSCF3762.jpg

画質は落ちるらしいですが、「×2.0コンバーターレンズ」があれば、もう少し撮影の幅が広がったのかもしれません。

DSCF3996.jpg

左側に写っているフェンスから小屋部分となるので、ここが角度的に限度であり、次のショットは小屋を写してしまいます。

DSCF4676.jpg

アウトからなので、腹が見える形になりますが、この部分が最も大きく撮影できる角度でした。

DSCF4718.jpg

ここから、一瞬小屋で見えなくなって、立ち上がりで再度現れるという感じです。

DSCF4245.jpg

小屋で一度ピントを外しますので、この部分ではピンぼけになりやすいです。

DSCF3866.jpg

そして、ここから離れていくので、徐々に小さくなります。

DSCF4035.jpg

制約はありますが、∨席スタンドよりは、撮影には向いていると思いますので、予選で移動してみて良かったです。

そして、決勝当日は、V席スタンドから動けませんので、別の撮影を楽しみます。

DSCF4920.jpg

これは、モト3クラスにワイルドカードで出走した、女性ライダー「岡崎静夏」ちゃんです。

スタート直前ですが、この画角は望遠ズームだからこその賜物です。

DSCF4940.jpg

ピット内も、適度に絵になります。

DSCF4949.jpg

ドクターヘリも丁度よい画角で撮れました。

DSCF4958.jpg

生のライダー達も適度に撮影できました。

DSCF5042.jpg

いよいよ始まった決勝は、遠くても絵になるので一応撮影しました。

DSCF5033.jpg

しかしながら、応援席は、旗振りがあったり、応援グッスの帽子が邪魔だったりで、こんな写真になりがちなので、撮影には向きません。

DSCF5111.jpg

悲しいかな、転倒してピットへ戻ってきたロッシの姿も捉えます。

先日のファームアップで高速化を果たしたという、肝心のX-PRO2のAF性能ですが、今回はAF-C&連射(HI
)を試みたので、64GBのSDカード2枚が、あっという間に容量不足となりました。

まだまだ、使いこなせてはいませんが、もてぎでの撮影は、良い勉強となりました。

次は更に上手く撮って、X-PRO2の豊富な機能を使いこなしたいものです。

最後に、決勝日に中央エントランス前で行われていた、フリースタイルモトクロスのデモをGIF形式にしてみました。

FMX01.gif

んんっ!やっぱりX-PRO2を持参しておいて良かった…。
posted by かわいいHERO at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年10月11日

我慢できずにカメラを持って…

のんびりを決め込んだこの連休ですが、全国的に晴れていることもあり、家に居るのが勿体ない気になってしまいます。

奥さんは、なんの予定もないと言いつつ、出掛けたい素振りも見せずに、忙しそうにしています。

今週末の茂木行きに備えて、オルビスのチェックは必要ですが、それは、水曜日の休みに予定しています。

オルビス車内の寝具を下ろしたり、外れていた冷蔵庫のドアキャッチのマグネットを貼り直したりはしたものの、やはり本格的な準備は水曜日で良いので、時間をもて余します。

しなければならないことが無いわけではないけれど、それが今でもない気がして、何となく過ぎて行く時間が惜しくなってきます。

それならと、遅くに用意された昼食を食べ終わった後、ひとりで家を出ました。

悩んだ挙げ句、電車に飛び乗って、やって来たのはまたもや“京都河原町”です。

DSCF2458.jpg

河原町自体に用事はありませんが、先日、ファームウェアをアップデートした、富士フィルムの「X-Pro2 」でスナップ写真を撮るには、悪くないかなぁという思いつきです。

よって、無駄に写真多くてすみません。

特に目的の被写体が有るわけでもないですから、河原町というよりは、河原町スタートでウロウロするというのが正しい表現かも知れません。

地下にある阪急電車の駅から、地上に上がるまでの間には、多数の「右側通行」の貼り紙がありますが、何故か皆さん左側通行しています。

DSCF2459.jpg

地上へ出ると、世間は三連休最終日ということで、今日も京の都は沢山の人で賑わっています。

DSCF2460.jpg

カメラをぶら下げて、八坂神社の方向へ歩いて行きます。

DSCF2461.jpg

先日、来たところの先斗町通りの入口を過ぎ、

DSCF2462.jpg

鴨川を渡ります。

DSCF2463.jpg

「おいでこしやす」と言われながら、

※これは山口県でしたね。(おいでやす山口へ〜って歳がわかります)

DSCF2464.jpg

和装女子の向こうに八坂神社が見えてきました。

DSCF2465.jpg

門をくぐって、境内を抜け、

DSCF2468.jpg

円山公園まで来ました。

DSCF2475.jpg

池の岩の上には、撮影せよと言うように、鷺がいました。

DSCF2471.jpg

その横では、尺八のパフォーマンスをやってます。

DSCF2473.jpg

ワンちゃん賢いですね。

DSCF2474.jpg

円山公園を抜けると知恩院の表示が見えます。

DSCF2476.jpg

あれ?ここは見覚えがあります。

DSCF2478.jpg

今年の春に、モネとルノワールを観に来た時に、歩いて知恩院まで来ました。

まぁ、それ以前にも来たことはあると思うのですが、若い頃は、古都というものに興味も無かったので、記憶に残っていません。

なので、地図を見ても、なかなかピンと来ないのですが、最近来たとなると別ですね。

これで、私の土地勘として、河原町から岡崎公園辺りは繋がりました。

DSCF2479.jpg

こちらの青蓮院も、拝観しました。

DSCF2480.jpg

この連休は、大阪もだんじり等のお祭りがあちらこちらで見受けられますが、京都も例外ではないようで、お供え物が置いてあります。

DSCF2481.jpg

この小学校も京都らしいスペシャルな校門ですね。

DSCF2482.jpg

ようやく、平安神宮の大きな鳥居が見えてきました。

DSCF2483.jpg

さて、目的地はこの辺のはず、と思ったら、Googleマップが一筋向こうを指しているので、慌てて目の前の道を曲がると、向こう側から、お祭りの行列がやって来ます。

せっかくなので、撮らせていただこう。

DSCF2484.jpg

この通りのマンションは、なんだか神が宿りそうな雰囲気です。

DSCF2485.jpg

お祭りの行列のうち、2番目以降に来た一行は、長〜い棒を空へと突き上げています。

DSCF2488.jpg

運ぶ時には、横にして担ぐようです。

DSCF2491.jpg

棒は空を突き上げるように立てて、左右に振って刃先のような部分を右に左に撓ませると、鈴の音がなってました。

DSCF2493.jpg

この棒の元を、このように持っておられました。

DSCF2495.jpg

倒す時には、専用の道具で受けます。

DSCF2496.jpg

で、このお祭りですが、「粟田祭」というみたいですね。

DSCF2498.jpg

お祭りの最後の一行が通り過ぎたのですが、一向に通りに出ません。

DSCF2499.jpg

改めてGoogleマップで確認すると、さっきの道であってるじゃん!

GPSが血迷ったようです。

仕方がないので、戻ろうとするけれど、お祭りの行列で行けそうにないので、脇道に逸れました。

DSCF2501.jpg

すると、川のほとりで良い感じのロケーション。

DSCF2503.jpg

ただの裏通りですが、風情がありますね。

DSCF2504.jpg

と思っていると、鴨が泳いでいました。

DSCF2506.jpg

近くに来たので、カメラを向けると…

DSCF2507.jpg

いきなり飛んで行ってしまいました。

せっかくの動体撮影のチャンスでしたが、残念ながら上手くいきませんでした。

DSCF2509.jpg

結局、大鳥居の近くまで来てしまいましたが、目的地もすぐそこです。

DSCF2508.jpg

神宮道沿いのマンションの一階に目的地があります。

DSCF2510.jpg

それがここ。

DSCF2511.jpg

“VR 46 STORE KYOTO”

はい、モトGPライダー「バレンティーノ・ロッシ」のお店です。

わざわざ、その為だけに来るようなお店ではない上に、水曜日が定休日ということで、なかなか来れませんでしたが、今週末の茂木GPを目前にして、来ておきたかったのです。

サーキットでは、メインスタンドのスズキの応援席から観戦するものの、ロッシのことは応援したい。

なので、スズキの応援グッスに囲まれつつ、ロッシの応援グッスを取り入れたくて、やって来たわけですが、予め目星をつけていたグッズが売り切れていて、仕方なく、バンダナを購入しました。

DSCF2512.jpg

レジの横のロッシ人形の写真を撮らせてもらって、お店を出ました。

DSCF2514.jpg

わかってはいましたが、買うものがなければ、もう一度来ることはないと思います。

DSCF2515.jpg

買いたいけれど、どれも馬鹿高いのがネックなんですよね。

DSCF2516.jpg

「VR 46 STORE KYOTO」を後にして、歩いていると、何やら賑やかな集団に遭遇。

DSCF2519.jpg

馬に乗る人の向こうの交差点にお神輿が見えます。

DSCF2520.jpg

先程行列を見たのと同じ粟田神社の「粟田祭」です。

DSCF2522.jpg

交差点内で、お神輿がくるくる回っています。

DSCF2525.jpg

その間、車は足止めです。

DSCF2526.jpg

そこそこ大きな通りですから、車の渋滞はかなり先まで影響ありです。

DSCF2527.jpg

きっとこれが祭りのクライマックスなんでしょうね。

DSCF2529.jpg

平安神宮の大鳥居が向こうにそびえ立っています。

DSCF2530.jpg

やや暗くなりかけてきましたので、私はお先にその場を離れます。

DSCF2531.jpg

カフェの街灯が灯り始め、

DSCF2534.jpg

空には月が昇っています。

DSCF2535.jpg

八坂神社もいい雰囲気に…

DSCF2537.jpg

こういう感じ、嫌いじゃないです。

DSCF2538.jpg

ついついシャッターを押してしまいます。

DSCF2539.jpg

でも、開放F1.4の明るいレンズは、見た目以上に明るくしてしまいます。

DSCF2541.jpg

ところで、円山公園から八坂神社にかけては、写真だけではありません。

2016-10-10 17.32.47.jpg

ポケモンGOをしている人も多かったです。

DSCF2543.jpg

ここは、ドードーの巣ですね。

DSCF2544.jpg

時間を気にせず、気ままに写真を撮りつつ、ポケモンをゲットする・・・贅沢な時間です。

DSCF2545.jpg

奥さんと一緒だとこうは行きません。

DSCF2547.jpg

肝心の「X-Pro2」のAF高速化については、以前でも気になったことがないので、あまりわかりませんでした。

DSCF2548.jpg

それ以前に、腕は別として、この写りに満足しています。

DSCF2549.jpg

暗くなりかけた神社の神秘的な感じが、良いなと感じましたが、

DSCF2550.jpg

反面、寂しさも出てきますので、そこは一人だと辛いところです。

DSCF2551.jpg

ということで、そろそろ八坂神社にサヨナラして、

DSCF2553.jpg

河原町へと戻ります。

DSCF2554.jpg

その途中で見つけた施設ですが、私は行ったことがありません。

DSCF2555.jpg

この和装の後ろ姿は・・・実はマネキンです。

DSCF2556.jpg

花見小路も、今度行ってみよう。

DSCF2558.jpg

お店の並びの中に、突然お寺が登場します。

DSCF2560.jpg

南座の大きな提灯も。

DSCF2561.jpg

もう暗くなってしまった鴨川を再び渡って、

DSCF2562.jpg

帰路を急ぎます。

DSCF2563.jpg

せっかくなので、河原町駅の上を少しウロウロして、レアは皆無でしたが、ポケモン捕まえてから帰りました。

久しぶりに、スナップショットがたくさん撮れて楽しかったです。
posted by かわいいHERO at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年10月07日

「X-PRO2」怒涛のアップデート

昨晩、スマートウォッチ3を充電していると、こんな表示が出ていました。

screen.jpg

久しぶりにアップデート画面を見た気がします。

早速、ダウンロードします。

screen2.jpg

もちろん、そのままインストールへ。

2016-10-07 01.32.25.jpg

大きなアップデートかと期待しましたが、どうやらセキュリティ関係の、使用上は違いを感じるようなアップデートではなかったようです。バッド(下向き矢印)

まぁ、スマートウォッチの方はAndroidのバージョンが6.0.1なのに、メイン回線端末のXperiaZ3は5.0.2止まりというところが、残念です。

日本のキャリア端末の弊害です。

ちなみに、販売時期が違うので仕方がありませんが、HUAWEIのP9は6.0です。

アップデートというと、そう言えば昼間に、ツイッターで富士フィルムのアップデートを見掛けたなぁということで、ツイッターをチェック。

fuji_farmup02.png

私の現在のメイン機である、富士フィルムの「X-PRO2」のファームウェアの配布が始まったようです。

fuji_farmup01.png

もちろん、公式さんもつぶやいていましたので、公式ホームページでチェックします。

2016-10-07 01.41.58.jpg

「X-PRO2」のファームウェアによる機能向上については、発売されたばかりの「X-T2」に近い機能が実装されるということで、話題には登っていたので、驚くには値しませんが、現状でも満足な性能を見せる「X-PRO2」が、さらに機能向上となると、もう言うことはありません。

価格.comの一眼カメラの満足度ランキングでは、少し前には負けていた、ニコンのD500やペンタックスのK-1なんかは、ずるずると落ちてしまいましたが、「X-PRO2」は、兄弟機とも言える「X-T2」に一時的にこそ抜かれてしまいましたが、現在でもまた2位をキープしています。

それも、ボディ単体であり、ミラーレス機ではトップです。

一眼レフからの移行組によるファースト機としても、一眼レフ併用組のセカンド機としても、高評価を得ているようです。

実際、あのシャッター音とフィーリングは、唯一無二の存在であり、そこは「X-T2」にもない世界のようですね。

そんな最強の「X-PRO2」となると、早速アップデートしなくっちゃ…

2016-10-07 01.59.08.jpg

ということで、PCでファームウェアをダウンロードして、余り物のSDカードにコピーします。

2016-10-07 02.02.39.jpg

それを、「X-PRO2」のカードソケットに挿して、BACKボタンを押しながら電源スイッチONします。

2016-10-07 02.09.37.jpg

現在のバージョン表示を確認して、先へ進みます。

2016-10-07 02.09.55.jpg

ボディとレンズが選択できるようですが、SDカード内のデータは、本体用のファームウェアなので、そのまま先へ進みます。

2016-10-07 02.10.11.jpg

バージョン1.01がバージョン2.0になるようですが、デフォルトがやめるを選択しているので、このままだと中止しちゃいますので、実行を選択します。

2016-10-07 02.10.23.jpg

なかなか、本実行までたどり着きませんが、慎重にする必要があるので、念には念をというところでしょうか?

2016-10-07 02.10.43.jpg

始まりました。

2016-10-07 02.12.36.jpg

1分半ほどということでしたが、残量半分ほどのバッテリーでそのまま実行したので、ちょっとヒヤヒヤで、長く感じたものの、無事に完了しました。

2016-10-07 02.13.56.jpg

ワオ!フォーカスポイントが、従来の「77点(7×11)」&「273点(13×21)」が「91点(7×13)」&「325点(13×25)」になりました。

他にも、大きな進化がたくさんあるようですが、それに伴い、レンズ側のファームウェアのアップデートもあるようです。

2016-10-07 02.23.12.jpg

現在、メイン使用で常時付けている「XF35mm1.4R」にも、アップデートが来ているということで、同じ要領で、ボディとレンズの選択画面でレンズにするだけで完了です。

2016-10-07 02.29.31.jpg

私はあまり使っていませんが、標準ズームの「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」にも来ているようなので、レンズを付け替えて同様に…。

2016-10-07 02.34.53.jpg

無事にバージョンが上がりました。

2016-10-07 02.36.58.jpg

あとは、こちらの比較的使用頻度の高い「XF10-24mmF4 R OIS」にも来ていました。

2016-10-07 02.40.58.jpg

この広角ズームは、X-T10の方に付けて併用することが多いのですが、「X-PRO2」に最適化されたことで、「X-PRO2」で使いたくなります。

もっとも、ここのところろは、何処へ行くにもカメラリュックに「X-PRO2」を忍ばせてはいるものの、結局、出番なくHUAWEIのP9だけで済ませることが多くなっているので、撮影目的で出掛けたいところです。

フォーカス性能が向上して、「X-T2」に迫るものとなったことで、茂木に持って行けということか…。
posted by かわいいHERO at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年07月14日

持ち出し機材の試行錯誤

富士フィルムの「X-PRO2」の導入で、また、カメラの持ち出し体制が変わるため、いろいろと煮詰めて行かなくてはなりません。

これまでは、「X-T10」に35mm単焦点を標準で、10-24mm広角ズームと50-230mm望遠ズームをレンズ単体で持ち出すことで纏まりつつありました。

ですが、レンズ交換となると、咄嗟に思いついても大げさになってしまうことから、結局、思いついても諦めるということが多かったのですが、折角「X-T10」もあるので、2台とも持ちだしてみることにしました。

2016-07-14 00.28.14.jpg

「X-T10」とレンズ2本で良い感じのあまり大きくないデイパックなので、2台は無理かと思いましたが、なんとか収まりました。

2016-07-14 00.30.29.jpg

メインのスナップ機としての「X-PRO2」には、35mm単焦点で、建物の全景等入りきらないケースを想定して、「X-T10」に10-24mm広角ズームを付けて左右の窓から取り出せるようにしました。

2016-07-14 00.31.59.jpg

その上で、昨日は天王寺へお出掛けしてきたので、詳細は次に記事にて…。
posted by かわいいHERO at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年07月12日

「X-PRO2」スナップ

前記事の最後のゴンタの写真は全て「X-PRO2」ですが、光学ファインダーを使用して撮りました。

2016-07-10 11.10.42.jpg

未だ勝手がわかっていなくて、オムツにピントが来ていたり…。

2016-07-10 11.07.45.jpg

レンジファインダーのクセとして、至近距離で撮ると、ファインダー内の画像と実際に撮影される画像が大きくズレます。

2016-07-10 12.13.13.jpg

この構図で撮ろうとする写真が、そのまま撮るとこうなります。

2016-07-10 12.13.41.jpg

これが、

2016-07-10 12.13.54.jpg

こうなるわけです。

2016-07-10 12.14.14.jpg

35mm単焦点レンズで寄ってますので、尚更ズレますが、遠景だとズレは僅かになります。

最初、なんじゃこりゃ〜と思いましたが、ファインダー内に一応撮影範囲は示されますので、ファインダー内での位置を意識してシャッターを押します。

が・・・その撮影範囲もあくまで目安です。

なので、やや引いてパシャパシャ撮ります。

それでも、ちゃんとピントは合っているので、撮った写真は意図した構図と微妙に違っていたりでなかなか新鮮です。

もちろん、きっちり構図をという場合は、通常の電子ファインダーにレバーひとつで変更できるので、心配はいりません。

いろいろな撮影が楽しめそうでワクワクしています。
posted by かわいいHERO at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年07月11日

新しい相棒「X-Pro2」

ここのところの雨やお出掛けが出来ないストレスから、また、カメラに手を出してしまいました。たらーっ(汗)

いい加減にしないと露頭に迷ってしまいますが…。がく〜(落胆した顔)

そのカメラとは、先日の記事の流れの通り、富士フイルムの「X-Pro2」です。ぴかぴか(新しい)

2016-07-11 11.51.52.jpg

予定通り7日に発表された、更に上をいく性能を持つ「X-T2」では無く、変わり種とも言える「X-Pro2」を選んだ訳は、自分のスタイルに合っていそうだから…。

ダブルフラッグシップと言う通り、連写性能とオートフォーカスでは、「X-T2」にXシリーズトップの座は譲り渡したものの、スナップ写真での使い勝手や、クラシカルなレンジファインダースタイルは、撮影を楽しくしてくれる魅力があるようです。

2016-07-11 11.56.32.jpg

ストロボ付きでコンパクトな「X-T10」と上手く使い分けができれば良いなと思っています。

万が一、サーキット撮影や鳥や動物撮影に足を踏み入れた場合にも、最低限対応できる性能はあると思っていますが、駄目なら「X-T10」が「X-T2」もしくは一眼レフに変わル可能性はありますが、きっとメインは「X-Pro2」で変わらないことでしょう。るんるん

それ位の思い入れができてしまい、我慢できなかった…。ダッシュ(走り出すさま)

2016-07-11 11.57.32.jpg

腕がついていかない中、このベストパートナーに上達を手伝ってもらおうと思います。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年05月25日

グダグダなホタル撮影と天才Lightroom

暑さを伴った好天続きも終わり、雨の日が続くようなので、その前に、何とかホタルの撮影に行ってみたいと思い、昨日の仕事帰りに、実行しました。

職場に近い摂津峡辺りにもホタルが舞うようですが、何分にも行ったことがないので、少々情報不足です。

仕事終わりには、比較的寄り易い立地であることから、後日の候補として、先ずは何度も行ったことのある能勢方面へ向かうことにしました。

軽トラでのドライブも楽しいのですが、出来るだけ早くに現地に着きたいので、ナビをセットしたところ、何と途中で未舗装のルートを案内され,数キロだけでしたが、2回も鹿が横切っていきました。

蛍を見に行くつもりが、まさか鹿に2度も出あうとは…。

道中も蛍の存在を気にしますが、一度も見掛けることはなく、まだ早かったかと思いながら、いつものポイントへ来ても、やはり人の姿がありません。

これは無駄足だったかと思ったものの、川の中心を見ると、そこそこ蛍は飛んでいました。

これは、人も居なくてラッキーだと三脚を立ててカメラを準備しますが、三脚もまだ使い慣れておらず、買ったばかりのアナログのケーブルレリーズを「X-T10」に取り付けたものの、「X-T10」はシャッターボタンの周りが電源スイッチとなっているため、ケーブルレリーズに回転するように力が加わると、電源がオン、オフしてしまいます。

バルブ撮影についてわかった気でいましたが、実際に「X-T10」の設定はどうすれば良いのかという大事な部分を予習していなかったので、バタバタものでした。

おまけに、中途半端な遠近両用コンタクトをしていたので、細かい字が見えず、中途半端に人も来るので、明かりをつけるのを躊躇していると、暗くてカメラの表示が見えず、大苦戦。

暗いので、オートフォーカスではピントがうまく合わず、失敗の連続です。

DSCF3609.jpg

長時間露光をしようとバルブ撮影で20秒ほどでやってみると、昼間のように明るくなってしまいます。

DSCF3612.jpg

これは、レンズが明るすぎるのか?と望遠ズームに付け替えたりしたものの、いやそうじゃないと我に帰ります。

もう、この日の撮影は無駄な勉強だったと諦めて、半ばやけくそで撮り始めました。

ピンボケ覚悟で、マニュアルフォーカスにしたりして、最終的に4パターン撮りました。

もう最悪の状態と諦めつつ、家に帰ってからLightroomで合成してみると、Lightroomってすごいですね。

なんとか見れる写真にしてくれました。

それらの写真がこちら。

DSCF3674xxx.jpg

ピンボケ写真も混じっていましたが、出来上がった写真の背景はピンボケしていません。

恐るべしLightroom。

DSCF3715xxx.jpg

蛍までの距離がそこそこ遠いのと、構図あたりの撮影枚数も多くないので、インパクトのある作品とはなりませんでしたが、普通の蛍写真にはなったかなと。

DSCF3751xxx.jpg

このカットの頃は、ピークを過ぎて、蛍が飛ばなくなってきました。

DSCF3763xxx.jpg

なので、このカットでは蛍の光の移動がほとんどなく残念な感じになっています。

そして、もっと残念なのが、これらの写真をうちの奥さんに見せると…

「こんなの蛍じゃない!なんかの幼虫みたいで気持ち悪い」だって。

あまりにもがっくりで、ブログ写真はVGAサイズに縮小しているのでせめて、トリミングで蛍の光を強調してみました。

DSCF3674sss.jpg

DSCF3715sss.jpg

DSCF3751sss.jpg

Lightroomのおかげで、やる気を失わずに済みましたので、気が向いたら、再度チャレンジしたてみたいと思います。

電子レリーズでないとダメかと思いましたが、慣れれば電源オンオフすることもなくなりました。

レンズももう少し望遠よりのものでリベンジしたいところですが、果たしてそのチャンスはあるだろうか。
posted by かわいいHERO at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

ケーブルレリーズ導入

ホタル撮影等の長期露光には、シャッターを押してショックを与えないように、ケーブルレリーズなるパーツが必要となります。

純正品は、ちょっと高価なので、汎用品でと考えていましたが、富士フィルムの「X-T10」って、シャッターボタンにネジが切ってあるのですね。

image.jpeg

ここにネジがあるということは、フィルムカメラ時代の機械式アナログのケーブルレリーズが使用できるということです。

兄貴分の「X-T1」にはネジがないのですが、それは防塵防滴の為で、「X-T10」には防塵防滴が省かれているからということのようですが、最新のフラッグシップ「X-Pro2」は、防塵防滴であるにも拘らず、ネジがあるようです。

せっかくネジがあるのならと、風情のある機械式のケーブルレリーズを買ってみました。

image.jpeg

現在でも、家電量販店にハクバの機械式が売ってました。

シルバーとブラックがありましたが、シルバーはスイッチ部分が少しだけ大きいようなので、少しでもコンパクトなものをと考えて、ブラックをチョイスしました。

私の「X-T10」は、シルバーなので、シルバーでも良かったのですが、価格的には、電気式の汎用品とほぼ同じでした。

image.jpeg

このように、シャッターボタンにねじ込んで使うわけですが、さて、アナログが吉と出るのか、凶と出るのか?

image.jpeg

先ずは使ってみないとわかりません。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

2016年05月24日

小山薫堂 東京会議

小山薫堂東京会議01.jpg

現在、富士フィルムのカメラ「X-T10」がメインとなっていることで、偶然見た富士フィルムのサイトから、普段観ることのなかった「小山薫堂 東京会議」というBSフジの番組の存在を知りました。

その番組内では現在、富士フィルムの新型カメラ「X-Pro2」の発売を記念して、その「X-Pro2」を使って、出演者の小山薫堂氏、松任谷正隆氏、ハービー・山口氏の3名が写真対決をするという企画をやっているのです。

小山薫堂東京会議03.jpg

既に何度か放送されているようですが、直近の回では、その3名の撮影した作品を5名のバラエティ豊かな審査員が審査する様子を別室で当人たちが覗き見するというものです。

小山薫堂東京会議02.jpg

ロケ地が海外ということで、シャッターチャンスが多いのは間違いないのですが、偶然?、仕込?と撮影時の状況と照らし合わせながら観る、審査員達の想像が面白いです。

出演者の内、松任谷正隆氏は、ユーミンのご主人であることはもちろん、車の番組にも出られていて、以前から知っていますし、ハービー・山口氏についても、写真雑誌を見ていると、よく目にする写真家さんです。

メインの小山薫堂氏は?というと、放送作家で、くまモンの生みの親の方だったんですね。

放送作家と音楽プロデューサーがプロである写真家と対決ということで、???な感じだったのですが、分野は違えど、皆アーティストなんだとわかりました。

作品は本当にどれも素晴らしいです。

その中でも、松任谷正隆氏の飛行機の写真なんて、素直にすごいなぁと感じます。

とても写真の勉強になる番組ですが、6月4日までなら、TVerでこの回が無料で視聴できます。(誕生年月と郵便番号のアンケート入力のみ必要)

tver01.jpg

また、写真作品自体も、番組サイト内のここで見ることができますから、番組内では、さっとしか見れなかった作品も、後からじっくり鑑賞可能です。

自分に同じような写真が撮れるかというと、環境もあって、そこは難しい面もありますが、こういう風にして作品を作るんだなぁということはよくわかりました。

と同時に、敢えて使用していなかった、モノクロ撮影にも挑戦してみたいという気になりました。

せっかく富士フィルムのカメラを手にしているわけで、モノクロとは別に、フィルムシミュレーション「クラシッククローム」なんかも活用すべきなんだしょうね。

※クラシッククロームは白黒とは違いましたので訂正しました。

さて、誰の作品が選ばれるんでしょうねぇるんるん
posted by かわいいHERO at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ

ホタルを諦め夜昆虫偵察

今年は急な暑さのせいか、もう既にホタルが出没している地域もあるらしく、カメラでチャレンジしてみたいと思いますが、普段から三脚を使用する習慣がないので、ちょっと億劫です。

それ以前に、ホタルの出没する地域となると、結構な山奥になりますから、仕事帰りに寄るのも一苦労です。

子供たちが小さい時は、仕事帰りに能勢の山奥に寄って、真夜中までカブトムシやクワガタムシを探したこともありましたが、今はもう誰も喜ぶこともないので、そういう機会もありません。

加えて、虫取りもコツがわかってくると、明るいうちに樹液ポイントさえ押さえておけば、探し回る必要もないと学習し、職場近くでポイントを見つけたことで、山奥へ行くことも無くなりました。

流石にカブトムシには少し早いだろうと思いながら、初めてカメラをぶら下げて、何年か振りにポイントへ行ってみました。

もう何年も行っていないので、樹液ポイントも変わってきているとは思いますが、以前の記憶を頼りに、巡ります。

カブトムシは夕立があったりした蒸し暑い夜に良く出没しますが、一度、孵化するタイミングで、蒸し暑い日があり、その日だけで十数匹のカブトムシを捕まえたことがあります。

ポイントの数に対して、流石にちょっと摂り過ぎた感があって、個体は減っているかも?なんて思いましたが、環境さえあれば、いなくなることはないでしょう。

真っ暗な中、iPhoneのLEDライトだけを頼りに、懐かしい木々を見ていきますが、まず肌寒ささえ感じる気温で、蒸し暑さとは無縁なので、いないだろうと思いながら、クワガタムシのメスは見つけました。

DSCF3578.jpg

流石に暗いので、F1.4のレンズでもブレてしまうので、仕方なくストロボを炊きました。

DSCF3579.jpg

その後も、道に面した木々だけを確認しますが、居るのは撮影に値しないこいつばかり。

DSCF3580.jpg

ゴミムシの仲間ですが、中にはクワガタムシのメスに似たモノもいたりするようです。

あと、テラフォーマーズでお馴染みの家庭でも見掛ける「G」は関わりたくないので撮影自主規制です。

DSCF3582.jpg

これもクワガタだと思うのですが、メスしかいません。

DSCF3583.jpg

ライトを当てるので、穴の中へ逃げちゃいました。

DSCF3585.jpg

あとは、カミキリ虫くらいしかおらず、ここで退散。

ノーストロボの開放1.4で星と鉄塔を撮ってみましたが、等倍で見ると星がUの字になっているので、やっぱりブレちゃってます。

DSCF3586.jpg

まぁ、ブログのVGAサイズに縮小すれば、全く問題はありませんし、それ以前にコンタクトレンズの視力が出ていないので、ピントを外しちゃってるものもあって、そちらの方が問題です。

ということで、姿を現した猫ちゃんもパシャ。

DSCF3587.jpg

AFの補助光を嫌がってか、この後逃げちゃいました。

DSCF3588.jpg

スナップ中心で、三脚は使わない主義でしたが、高感度に頼るばかりでなく、三脚を使用した長時間露光というのも経験していかないと駄目なんでしょうね。
posted by かわいいHERO at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム Xシリーズ