2019年05月23日

1億2百万画素

とうとう富士フィルムの本当のフラッグシップの発売がアナウンスされました。

異次元の高画質を実現!世界最高1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載 高速・高精度AF、ボディ内手ブレ補正、4K動画撮影も可能な革新的ミラーレスデジタルカメラ − 「FUJIFILM GFX100」新発売

発売日 : 2019年6月下旬
希望小売価格 : オープン →キタムラ価格:¥1,190,700 (税込) 

凄い金額ですが、間違いなく異次元のスペックですから、業務使用とお金持ちアマチュアで人気となるんでしょうね。



ミラーレスのフルサイズ戦争が始まったばかりですが、富士フィルムがフルサイズへ参戦することなく、APS-CセンサーのXシリーズに注力するのは、この中判センサーのフルサイズを寄せ付けない規格があるからです。

もちろん、中判だからとセンサーだけでフルサイズを全て凌ぐという訳ではありませんが、今後、この「GFX100」による異次元の世界はどんな未来を創っていくのか興味深いです。ひらめき

価格もそうですが個人の趣味としては、私にはこんな画像サイズは扱い切れないので、プロの別世界として注目していこうと思います。ダッシュ(走り出すさま)

現在の富士フィルムXシリーズのAPS-Cセンサーは2400〜2600万画素程度であり、他社フルサイズ機のエントリーモデルも同様の画素数ですが、画素数がこれ以上大きいものとなると、金額は跳ね上がるわ、ストレージ不足や転送時間の長期化にPCスペック不足等、管理が非常に厳しくなるので、趣味程度なら2400万画素クラスが丁度良いと感じています。

その中で、どのセンサーのカメラがベストなのかは、何を撮影するのか?、どんなレンズが用意できるのか?
どんな写真が撮りたいのか?によって変わってきますので、何とも言えませんが、私は優秀なレンズのラインアップが揃った富士フィルムのXシリーズが好きです。

シグマやタムロンといったところのレンズのラインナップがないことで、カメラ本体と一体となったXシリーズ純正の選択肢が、非常にまとまりが良いと感じます。

特に私は、Xシリーズの豊富な単焦点レンズを使って気軽に撮影することが大好きなのですが、性能と比例する大きな赤バッチズームレンズが、ややしんどいと思い始めたこの頃です。

赤バッチレンズを処分して、ズームはAFの優秀なソニーに乗り換えようかなんて案もありますが、富士フィルムのAFも良くはなってきているようなので、このまますべてXシリーズで行くべきか悩みどころです。

また、将来、昔の“いつかはクラウン”の様に、Xシリーズの先に“いつかは「GFX100」”と言うのも悪くないなぁと思ったり…。たらーっ(汗)

でも、今はカメラに120万円も出すなら、他に欲しいと思うものがたくさんありのが現実です。爆弾
posted by かわいいHERO at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2019年03月01日

X-T10とXF23mmF2

ここ最近、次男坊にやるか売ってしまうつもりだった富士フィルム「X-T10」を普段持ちしています。

「X-Pro2」と「X-T2」によってすっかり出番を失くしていた「X-T10」ですが、改めて持ち出すと、そのコンパクトさに改めて驚きます。

「X-T2」との大きさは少しだけだと思っていましたが、実際に持ち出すとなるとここまで違ってたんだという再発見がありました。

加えて、「X-Pro2」にしっくりくるというコンパクトな標準画角レンズ「XF23mmF2」ですが、「X-Pro2」が大柄なので、「X-T10」と組み合わせてみました。

2019-03-01 13.26.19.jpg

つけたままバッテリー交換可能なボトムケースと付属していた赤いレリーズボタンでちょっとお洒落に進化した「X-T10」もなかなか良い感じですが、「XF23mmF2」はスリムですが長さはそこそこなので、携帯性は同じセンサーを使用するコンデジ「X100F」の方がはるかにコンパクトです。

img_main01.jpg

同じ23mm(フルサイズ換算約35mm)でも、センサーは「X-T20」と同等ということで、画質の点でも完敗ですが、「X-T10」も何とか持ち出したくなるサイズなので、昨晩のケーキ予約のエキスポシティに持ち込んでみました。

DSCF5029.jpg

例のガンダムですが、ハイライトが強すぎてガンダムが白飛びしてイマイチです。

その場で適正露出に設定できていないので、結局後からアドビのLightroomでRAWファイルを再現像することに…

DSCF5029-1.jpg

JPEG撮って出しが自慢のはずの富士フィルムのカメラですが、私の腕では意味がありません。

我ながら、本当下手くそで嫌になります。

以下、同様です。

DSCF5031.jpg
DSCF5031-1.jpg

DSCF5032.jpg
DSCF5032-1.jpg

DSCF5034.jpg
DSCF5034-1.jpg

DSCF5035.jpg
DSCF5035-1.jpg

DSCF5037.jpg
DSCF5037-1.jpg

DSCF5038.jpg
DSCF5038-1.jpg

未だRAWファイルと現像ソフトが欠かせません。がく〜(落胆した顔)

JPEGでは完全にスマホ「Mate20Pro」に負けてるでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)

その「Mate20Pro」と「X-T10&XF23mmF2」は、先日のオフロード練習の際にどちらも使用したので、ちょっと比較してみようと思いますが、その前に「X-T10&XF23mmF2」のものを数枚。

DSCF5017.jpg
DSCF5021.jpg
DSCF5025.jpg
DSCF5026.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」VGAに縮小

VGAサイズ(640×480)に縮小した画像なので、画質の何がわかるってところですが、次からの比較の方はオリジナルサイズをアップしておきます。(画像クリックでオリジナルサイズが開きます)

比較に使用するのは同じような構図の次の各2枚にしましたが、そもそもの画像サイスがHUAWEI「Mate20Pro」の約4000万画素「7296×5472」に対して、「X-T10」は1630万画素の「4890×3264」です。

画素数が多ければ良いというものでもありませんし、センサーサイズは圧倒的に「X-T10」が大きいのですが…

2019-02-27 10.52.17-1.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」

DSCF5018.JPG
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」

2019-02-27 10.54.03-1.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」

DSCF5023.JPG
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」

1枚目は背景の空の有無で露出が同様でないということもありますが、それ以前にサイズが違ってわかりにくいかもしれません。

なので、より構図の近い2枚目をPCの画像ソフトで拡大、縮小キャプチャーしてみました。

hikaku1mate20pro_100%.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」100%

hikaku1XT10_160%.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」160%

hikaku2mate20pro_60%.jpg
HUAWEI「Mate20Pro」60%

hikaku2XT10_100%.jpg
FUJIFILM「X-T10&XF23mmF2」100%

まぁ、これも画像ソフトなので100%以外はジャギーが出てしまって正確な比較になりませんが、画素数を考慮したらほとんど差はないように感じます。

シーンによってはスマホで十分ということになりますが、厳密な質感はやはり一眼がスマホを勝ります。

まぁ、センサーサイズを考えれば当然なのですが…。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2019年01月15日

富士フィルムの短いBS番組

SNSの情報から、BSテレ東で年明けから富士フィルムの番組が始まると知った。

一応、メインマウントでもあるので、録画してみました。

bstereto01.jpg

番組名は「東京マジックアワー

サブタイトルが「2020年目前…キセキの時間」ということで、東京オリンピックまでの日の出や日の入りの時間帯を指す“マジックアワー”をテーマにした写真の番組のようです。

bstereto02.jpg

もちろん提供は富士フィルムで、番組自体を「X-T3」で4K撮影されているようです。

bstereto03.jpg

出演者は、元ミス・ユニバース日本代表という女性カメラマンの織作峰子氏です。

録画時間を見ると僅か5分の番組ですが、CMを除くと実質3分くらいでしょうか?

bstereto04.jpg

この写真は、ホワイトバランスを弄っているようで、他の撮影データの一部が右下に表示されています。

「X-T3」で撮影しているところを「X-T3」で撮影しているということですね。あせあせ(飛び散る汗)

使用しているレンズがスペシャルな赤バッジレンズ「XF16-55mmF2.8 R LM WR」ではなく、レンズセットに付属する標準レンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」であるところは、番組を視た人に親近感を湧かせようという狙いがあるのでしょうか?

いや、“マジックアワー”ということで、シャッタースピードが遅くなることを前提として、「X-T3」にボディ内手ブレ補正が内蔵されていないので、レンズの方で手ブレ補正のある「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」をチョイスされたのでしょうね。

手摺の上にカメラを置いてファインダーではなくモニターで確認しているようなシーンも、きっと手振れ対策なのでしょう。

「X-H1」ならファインダーを覗かれていたのかも知れません。

あと、プロのカメラマンの方が使うのかどうかと思うパノラマ撮影もされていて、不思議な感じがしましたが、さり気なく機能紹介といったところなのかも。

bstereto05.jpg

昨日で2回目の放送でしたが、昨日は旧築地市場がテーマでした。

bstereto06.jpg

超ショートな番組ということで、視聴するのに何の負担も無いので、今後も視ていきたいと思います。

富士フィルムユーザーとしては、願わくば「X-T3」以外のボディや様々なレンズも登場して欲しいものです。るんるん
posted by かわいいHERO at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2018年07月12日

X-H1の手振れ補正を確認

折角ボディ内手振れ補正の載った「X-H1」を手にしたものの、今ひとつその機能が実感できません。爆弾

ひょっとして初期不良で、手振れ補正が効いていないなんてことがあると困ると思い、改めて実験してみることにしました。たらーっ(汗)

XF35mmF1.4で確認しようとしましたが、できるだけ望遠の方が効果がわかりやすいと思い、XF56mmF1.2を装着して、フィギュアを撮影してみることにしました。

「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男の登場です。ダッシュ(走り出すさま)

2018-07-12 22.26.45.jpg

この画像の撮影データがこれ

2645p.png

次に手振れ補正をOFFにした画像

2018-07-12 22.27.12.jpg

撮影データ

2712p.png

これではわかりにくいので、ピントを合わせた頭のカメラ部分をトリミングしてみました。ぴかぴか(新しい)

2018-07-12 22.26.45s.jpg
2018-07-12 22.27.12s.jpg

全然違いました。あせあせ(飛び散る汗)

もちろん上が手振れ補正ONの状態です。グッド(上向き矢印)

よりブレやすい環境にするべく、次はISO感度を6400から変更して400に設定してみました。

2018-07-12 22.30.00.jpg

撮影データ

3000p.png

絞りをf2.8まで開きますが、シャッタースピードは1/6となりました。

2018-07-12 22.30.16.jpg

撮影データ

3016p.png

さてその差は…

2018-07-12 22.30.00s.jpg
2018-07-12 22.30.16s.jpg

歴然ですね。ひらめき

初期不良でなくて良かった。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2018年07月09日

「X-H1」到着も早々に後悔か…

キャッシュバックキャンペーン&価格.コムの最低価格の活用で、「X-Pro2」や「X-T2」の発売当初価格と大きな差が無くなり、「X-T2」から「X-H1」への移行を決断しました。

ですが、キャッシュバックキャンペーンが始まると、それを見越して価格.コムの最安値も上昇するのが常なので、キャンペーンスタートと同時に最安値で購入しました。

豪雨による物流の混乱で到着が遅れると思っていたものの、翌日、土曜日には到着しました。

2018-07-09 20.24.19.jpg

となれば、早速使ってみたくなります。

先ずは強力だと言われている手振れ補正を体験するべく思ったものの、手にしたのは2.8通しのズームレンズXF50-140mmでした。

でも、このレンズは手振れ補正内蔵なんですよね。

チョイスを間違えつつ、ゴンタを試写。

DSCF2001.jpg

でも、想像と違ってぶれた写真連発です。

DSCF2004.jpg

それは被写体ブレでした。

DSCF2009.jpg

手振れ補正に幻想を抱き、すっかり忘れていました。

DSCF2012.jpg

まぁ、富士フィルムのカメラがこれまで手振れ補正を載せていなかっただけで、ペンタックスやパナソニックには載っていたんですよね。

DSCF2014.jpg

手振れ補正以前に、被写体ブレに対応した設定が必要でした。

DSCF2017.jpg

もちろん、手振れ補正が効果を発揮するシーンはいくらでも出てくるでしょうが、ちょっと出鼻を挫かれた感じがします。

そして、覚悟はしていましたが、重い…。

大きさはグリップによる持ちやすさでトレードオフだとしても、重さは想像以上でした。

まぁそんな分かっていたことを今更言っても仕方がないので、ようやく晴れ間の見えた今日、仕事の合間の試し撮りに、またもや公園の鳥島へ。

DSCF2021.jpg

XF100-400mmズームレンズに2倍テレコンを試してみたかったから…。

DSCF2022.jpg

2倍で800mmとなりフルサイズ換算1200mmです。

AFが可能になり、以前よりも使い勝手は良くなっているはずですが、これまた期待したほどではないかも。

DSCF2023.jpg

この写真を等倍でトリミングしてみるとこんな感じです。

DSCF2023_triming_vga.jpg

飛ぶ鳥を捉えてはいても、んんー、イマイチか。

DSCF2065.jpg

のろまな被写体は、当然ながら問題無し。

DSCF2074.jpg

以前よりは全然使えるのですが、イメージと違うのは、シャッタースピードが遅すぎるのか、私の設定や腕でによるところかと。

DSCF2074_triming_vga.jpg

一見、悪くなさそうでも等倍で見ると怪しい。

DSCF2090.jpg

でも、面白い写真も撮れました。

DSCF2107.jpg

騒がしく複数の鳥が揉めているようです。

DSCF2112.jpg

等倍で見ると…うーん、微妙か。

DSCF2112_triming_vga.jpg

2倍テレコンで800oとしましたが、飛ぶ鳥をファインダー内に捉えることが至難の業でしたから、結局テレコン利用の200oで追っかけたりしていましたので、テレコン無しでも試せば良かったと後で気が付きました。

DSCF2244.jpg

こんな写真も、慣れればもう少し良い感じで撮れるかな。

DSCF2245.jpg

ボディとしては、やはりソニーの「α7B」と完全に被っているイメージで、「α7B」の良さを感じているので、がっかり感があるのだと思いますが、高価なソニーのフルサイズ用レンズを揃えるのは厳しいので、手持ち資産の富士フィルムのレンズ群を使用するしかありません。爆弾

今後、うまく使い分けできるのか疑問ではありますが、使いながらどうするかを考えて行こうと思います。

いずれにしても、もっとちゃんと使える様にならないと話になりませんから。あせあせ(飛び散る汗)


※後で読み返してちょっとネガティブ過ぎる内容と感じたので補足します。(後悔はしていませんから)

いつものことですが、まともに設定を確認せずに撮影してしまっているため、フォーカスポイントも91点のままでした。

せっかくの機能を使い切っておらず、腕によるものなので、「X-H1」の高性能は間違いありません。

重さについては、一脚を使用しましたが、鈴鹿サーキットなんかでは、「X-T2」+「XF50-140mm」を首からぶら下げたりしていましたが、それはちょっと厳しいかも知れません。

もっとも、「α7B」も同様にずっしり来ますし、フルサイズのこのクラスのレンズともなれば、この重さではすまないんでしょうね。

性能に見合った撮影ができるようになるためにも、持ち出さないといけませんから、これがギリギリかなと感じますので、先ずは使い込んでみます。
posted by かわいいHERO at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2018年05月27日

FUJI「X-H1」とSONY「α7M3」

F2D8BCF2-C3A4-4BE0-ABC6-4B919E7595F8.jpeg

家族の生活変化に伴う私生活でのゴタゴタから、カメラの情報も鎖国状態でしたが、そのわずかな情報からも、富士フィルムが強力な5軸手ぶれ補正を搭載した「X-H1」を発売したことは知っています。

なになに?ボディ内5軸手ブレ補正だと?!

一方で、富士フィルムからソニーへと露骨に鞍替えするカメラマンに嫌悪感を持ったりもしました。

長いものには巻かれる?カメラマン

そして、久し振りにWEBでカメラ情報を見ていると、富士フィルムの「X-H1」の売行きが思わしく無いような書き込みが見受けられます。

手振れ補正を搭載しないと言っていた富士フィルムですから、その発売はブレに思えたりもしますので、それが原因かと思いきや、そうではなくて、原因としてあげられそうなののが、ソニーの「α7M3」の存在です。

8DFAD1FF-DC37-44F2-B448-CDB0C792CA74.jpeg

5軸手ぶれ補正を搭載して、魅力を増した「X-H1」ですが、その分、金額が跳ね上がると共に、大きく重くなってしまったと言います。

一方でソニーの「α7M3」は3代目となって、マイナス要素を見事に改善して来ているとして良く売れているようです。

基本的にはセンサーサイズの異なる2機種ですが、これはちょっと気になる変化であるので、昨日の一鶴までの時間にヨドバシ梅田で実機をチェックして来ました。

FBDEA58E-D288-4A5F-B17F-5B16A7806BA0.jpeg

いきなり、ヨドバシのイベントスペースには、ソニーの「α7M3」のトークショーらしき席がありました。

523CB3AF-E023-488A-B346-E76C0359EF3F.jpeg

その先に富士フィルムのコーナーが見えて、真っ先に「X-H1」の実機が目に留まりました。

5B2E7FCC-AC23-4BE4-9E3F-E2A666B563E5.jpeg

地元の家電量販店では、全く実機にお目に掛かることができないので、初めて触りました。

第一印象としては、さほど大きく重いという感じはなく、大きく張り出したグリップがとても握り易いと感じました。

すぐ横に「X-T2」が置いてあったので、比べてみましたが、やはり悲観するほどの差では無いと感じます。

レンズは私も使用する35mmF1.4 が装着されていたこともあり、物欲を刺激します。

そして、今度はソニーの「α7M3」の売場で実機を手にしてみると…

D9B132C7-3AB6-4217-88DA-90EFC10BEE3A.jpeg

手にした印象はほぼ同じような感じです。

「α7M3」はフルサイズセンサー搭載機ですが、大きさはAPS-Cセンサーの「X-H1」と変わらない印象です。

ソニーのα7シリーズには、元々5軸手振れ補正は搭載されているので、このコンパクトさはソニーの技術の高さを感じさせます。

加えて、3代目のα7は、先代に比較して大きく画質が向上し、高感度性能も上がっているらしい。

そして、バッテリーの大型化によってバッテリー持続が大きく向上したと言います。

但し、バッテリーの規格が変更となったので、従来のバッテリーは使用できないので、富士フィルムのような統一性が無いのは、コストが嵩む要因にはなり得ます。

でも、ミラーレスの弱点であるバッテリー問題が改善されることは大きな意味があります。

このセンサーの違う2つのカメラですが、同じミラーレスの最新機種ということで、比較されることも多いようです。

その中で、富士フィルムが得意とする撮って出しの色の魅力についても、一石を投じる動画がありました。

価格コムの書き込みで知りましたが、非常に参考になる面白いテストです。



ちなみに私は富士フィルム12でソニーが9で、やや富士フィルムの色が上回りましたが、迷いながらの選択ですからほぼ違いはないのかも知れません。

レンズによっても変わるでしょうが、この結果だけを踏まえると、昨日のヨドバシで一番の衝撃はこの2機種の売価でした。

富士フィルム「X-H1」の258,660円に対して、ソニー「α7M3」は245,490円でした。

イベントからしてソニーのキャンペーンありありとは言え、フルサイズの最新機種がこれだと、「X-H1」が苦戦するのは当然と思えてきます。

高価とはいえ、入れ替え等含め無理をすれば手が届くレベルに、フルサイズを体験してみたい欲も出てきます。

散財必至のソニーについていけないと嘆いた時期もありましたが、今回に限っては違うのか…。

ソニーへ鞍替えしたカメラマンの気持ちも少しは理解できるかも。

とは言え、「X-H1」が富士フィルムXシリーズの最上位機種であるのに対して、「α7M3」はフルサイズのαシリーズでは最下位のスタンダート機種ですから、比較そのものが適切でないのかも知れません。

FUJIFILM X-H1のネイチャーフォト実写レビュー。山岳写真で使えるミラーレス一眼なのか

こちらの記事なんかを読むと、造りが違うのかとも思ったりしますが、ここまで過酷な条件はないので、いずれにしても私にはオーバースペックであるのは間違いない。

マウント遊びが得意なα7に手を出してしまったら、またもや散財地獄に陥ってしまうのではという危機感もあります。ふらふら

いろいろ妄想してる分には楽しいのですか…爆弾
posted by かわいいHERO at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2018年02月15日

なになに?ボディ内5軸手ブレ補正だと?!

昨日、久しぶりに一眼カメラを持ち出しましたが、今日、こんなツイートが流れてきました。どんっ(衝撃)




フジフィルムはボディ内手ブレ補正機は出さないものと思っていたので、まさかまさかです。あせあせ(飛び散る汗)

ボディ内手ブレ補正は要らないと思っていたのですが、オリンパスのハイエンド機が、2秒でも手持ちOKと聞いて、俄然興味を持っていました。

かと言って、フジからは出ないと聞いていたし、フジから完全移行する気もないし、おまけにレンズはフジで結構揃えてしまっているので、高価なオリンパスハイエンド機の追加は現実的ではありませんでした。

そんなところへ出てきたフジのボディ内手ブレ補正機は、Xシリーズということで間違いなく欲しい。ひらめき

ここのところ、X-T2しか使っていないので、他のマウントやXシリーズのボディも処分しようかと思案中でしたが、このX-H1は、完全にX-T2と被っちゃうでしょうから、X-PRO2含めて処分したら、買い替えできるのかも?

でも、金額的には、次男坊の入学金にロスが出た場合の金額とほぼ同額で、受験の結果次第では、奥さんを更に恨めしいと思う事態となるかも知れません。ふらふら

ちっくしょ〜ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2018年02月01日

残念!「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

昨日、大阪空港から自宅へ徒歩で帰っていると、前方にくっきりと大きなお月様が見えました。

うちの奥さんから、この夜がスーパームーンの皆既月食で、次は50年以上先なので、自分たちは最後だと聞きました。

なんだか、そう言われると、とっても重要に思えてきて、出先で結局、スマホ以外で撮影しなかったこともあり、久しぶりに月を撮ってみようと決めました。

帰宅して、早速ベランダへ出て、三脚を設置して、月の撮影では昨年の「ストロベリームーン」以来となるフジの400mmズームに2倍コンバーター装着の800oで挑みました。

DSCF1993.jpg

このブログではVGAサイズに縮小しているので、わかりにくいですね。

なので、等倍でVGAサイズにトリミングするとこんな感じです。

DSCF1993_zoom.jpg

アドビのlightroomCCでRAW現像しましたが、結構弄っているのでノイズが出ちゃってます。

何より、さっきまで雲無くくっきりとしていたのが、すっかり薄雲に覆われてしまって、白いモヤが掛かってしまっています。

DSCF2006.jpg

綺麗なスーパームーンを撮り損ねました。もうやだ〜(悲しい顔)

後から月食が始まったらもう一度撮影しようと、三脚をそのままにして、夕食のもんじゃ焼きの準備に入りました。

もんじゃ焼きを焼いていたら、外を覗いた奥さんから月食が始まっていると聞き、ベランダへ出てみると、月の位置が大きく変わっていてベランダからは撮れません。

なので、急遽、外へ出て道路に三脚をセッティング。

2018-01-31 21.31.08.jpg
iPhone]にて撮影

かなり高い位置にあります。

2018-01-31 21.30.40.jpg
iPhone]にて撮影

おまけに、先ほどよりもさらに雲が厚くなっていて、これが限界でした。

DSCF2008.jpg

この後、カメラのモニターに月の姿が確認できないと思ったら、雲が厚すぎて光が届いておらず、ここで万事休すです。

大阪での「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」は、赤くもなく、残念な結果となりました。ふらふら
posted by かわいいHERO at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年10月07日

Xシリーズのファームアップ

春までに何度もファームウェアのアップデートがあった富士フィルムのXシリーズ「X-Pro2」&「X-T2」ですが、直近では8月にもアップデートがありました。




そこで落ち着いたものと思っていたら、またまた来たみたいです。




今回は連写に関する内容だけに、来週のもてぎには有り難い。

しばらく、これと言った写真も撮れず、気持ちの上がらない趣味カメラですが、富士フィルムの対応にはユーザーとしてきちんと向き合わないといけないなと思うばかりです。

先日の娘の体育大会といい、もてぎのモトGPといい、ズームレンズによる記録的要素の写真ばかりが続きますが、もてぎから帰って来たら、単焦点レンズを使った撮りたい写真も撮りに出掛けたいと思います。

でも、先ずはカメラ2台とレンズ2本のファームアップを急がなくちゃ。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年07月21日

そう上手くは行かない

先月の「Xセミナー当選」から、今月始めの「富士フイルムセミナーからのあれ」の流れがあって、インストラクターさんに、初級を勧められたので「なかなか当たらないんでしょ」って言うと「そうでもないですよ、大丈夫です」と言われ、来月はじめに都合よく、水曜日の昼間の回が有ったので、申し込みしていました。

すると、なんと結果は…

xseminer.jpg

ハ・ズ・レ

「やっぱり当たらないじゃん!」と言いたいところですが、言う術がありません。

前回、「X-T10」で参加したので、今回の初級も「X-T10」のものとしていましたが、次からは「X-Pro2」か「X-T2」の初級にして、当選を気長に待つことにしよう。

気持ち的には、もう独学でいいやと思いつつあるのですが…。バッド(下向き矢印)
posted by かわいいHERO at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年06月27日

Xセミナー当選

現在のカメラのメインマウントである富士フイルムでは、各地でXセミナーという、富士フイルムのXシリーズのユーザーに向けたセミナーを開催しています。

長らくその存在を知りませんでしたが、ポイント交換を知る中で、その存在を知りました。

xsemner02.jpg

興味はあるものの、予定の合う合わないの問題もあるので、これまで申し込みしたことはありませんでしたが、この前の閉塞感もあって、申し込みしてみることにしました。

ですが、問題はどのクラスを選択すべきかです。

中級クラスには、初心者は初級クラスから受けろとありますが、一応、露出のことは分かっているので、自分は初級でなくても大丈夫かな?

現在のメインはXシリーズのダブルフラッグシップなわけですが、都合良くはありません。

すると、旧モデルのX−T10のセミナーがあったので、申し込んでみました。

xsemner01.jpg

定員は6人らしく、多い場合は抽選となるようですから、申し込んだところで、参加となるかはわかりません。

ですが、初めての参加者を優先する旨の表記があったので、当選するかも?と
思っていたら、案の定、当選メールが届きました。

まぁ、超お得意さんである現状を考えると、当然か...。

でも、実際のところ、T10の機能でさえ使いこなせていないので、改めて、勉強しないとと思いますが、なかなか実行できていません。

2017-06-27 09.41.35.jpg

でも、セミナーに参加するわけなので、ここまでは必要ないかも知れませんね。

復習の方が現実的かも知れません。爆弾
posted by かわいいHERO at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年06月09日

そうだ!ストロベリームーン

今晩、仕事終わりに帰宅しようとして、ふと見た月に昼間見た「ストロベリームーン」のニュース記事を思い出しました。

そこで、帰り道に車を停めて、鞄に常備するソニーのRX100M3で撮影してみるも、月を撮るカメラじゃないですね。

2017-06-09 19.30.10.jpg

最大ズームでこれですから。

では、帰宅してから富士のX-T2に400mmズーム&×2テレコンの800mmで月を狙います。

2017-06-09 20.34.10.jpg

ストロベリー???とは思いますが、いつもよりも少し色がついているのがわかります。

2017-06-09 20.34.47.jpg

いつもの黄色よりもオレンジ色っぽい感じかな。ひらめき

ついでにKENNKOの800mmミラーレンズでも撮影してみましたが、マニュアルフォーカスなので、見事にピンボケでした。ふらふら

2017-06-09 20.56.22.jpg

それに、色もモノクロみたいになっちゃいました。あせあせ(飛び散る汗)

このミラーレンズは色が薄いんです。バッド(下向き矢印)

2017-06-09 20.56.26.jpg

やっぱり手持ちでチャチャっと済ませようとすると駄目ですね。

視力が落ちるとマニュアルフォーカスは厳しいです。もうやだ〜(悲しい顔)

※どうも、ストロベリームーンって赤いってことではないらしいです。
いちごの収穫時期なので、ストロベリームーンと呼ばれるそうです。
色は通常と変わらないんですって…。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年06月01日

レンズのゴミ?

そのコンパクトさから、先日の和歌山へのツーリングのお供とした富士フイルムの「X-T10」ですが、せっかく撮った写真に丸い影が写り込んでがっかりでした。

DSCF4779.jpg

空の部分に薄く黒い丸が見えるでしょうか?

DSCF4768_s.jpg

この写真の赤い丸の中です。

わかりやすいかも?と思って、パラパラGIF画像にしてみました。

gomi.gif

大きさは変化してますが、概ね同じ場所に確認できますね。

てっきりセンサーのゴミか汚れと思い込んでいたのですが、センサーは綺麗なものでした。

よく分からずにWEBで調べてみると、センサーのゴミって小さく写り込むみたいですね。

なので、レンズを外して、レンズをブロアでクリーンアップ。

DSCF4845.jpg

今日は見事な青空とはいかず、今ひとつの天気でわかりづらいものの、黒丸は無さそうです。

壁に貼り付けたコピー用紙を絞りを変えて撮影してGIF画像にしたものを見ても、大丈夫そうです。

gomi2.gif

ゴミの判断も出来ず、キャリア不足を痛感します。ふらふら
posted by かわいいHERO at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年05月26日

もう、ファームアップ

ファームアップ連発」という3月末の記事の後、手持ちの富士フィルムのカメラやレンズのファームウェアを全てチェックして最新版にしたのですが、結構な手間だったものの、記事にはしてなかったようです。

SDカードにダウンロードしたファームウェアをコピーしては、カメラ本体でファームアップするという作業を、夜中にシコシコとこなしたわけですが、またもやダブルフラッグシップの2台に新ファームウェアが来たようです。




おそらく、アップしようがしまいが私には影響のないものだと思いますが、早めに作業することにします。

性能的には似たようなイメージのあるフラッグシップの2機種「X-Pro2」と「X-T2」ですが、「X-Pro2」はOVFを装備しているもの、オプションでバッテリーグリップが用意された「X-T2」の方は、PC接続で使用するケーブル規格もUSB3.0接続だったりで、真のフラッグシップという気がします。

なので、今回のファームアップでも、中判機であるGFX50S同様に、無線通信でのテザー撮影に対応しているそうです。

私自身の技能の成長が追いつきませんが、ユーザーからのフィードバックをファームアップでどんどん取り入れていく富士フィルムの姿勢は有り難いと感じます。

このファームアップの頻度は、auスマートフォンも見習って欲しいところです。爆弾
posted by かわいいHERO at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年05月15日

XF18o F2 R

富士フィルムのXシリーズのカメラのダブルフラッグシップである「X-Pro2」と「X-T2」はどちらも私の腕には相応しくない素晴らしいカメラなわけですが、だからこそ私にとっては使うだけで喜びがあります。

しかしながら、ボディがかなり大きめであり、中でもスナップ寄りの「X-Pro2」は、OVF装備の為か、それが顕著です。

撮影重視でプライベートで出掛ける時には苦にもなりませんが、仕事時の鞄や荷物の制約される場面では、そのわずかな大きさが厳しいという場合があります。

そこで、ここ最近は、旧モデルの「X-T10」を持ち出しています。

また、遊びとしては、ペンタックス機では愛用していたオールドレンズも長らく遊んでいなかったので、フジ用マウントアダプターを付けたリコーの「XR RIKENON 50mm F2」を付けて遊んでいます。

2017-05-15 16.41.26.jpg

マニュアルフォーカスでの撮影は、手間ではありますが、基本を思い出させてくれますし、一球入魂感がたまりません。

DSCF4572.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

茨木童子のご当地ナンバーを見つけて撮影してみたり、

DSCF4573.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

日常の風景でも、その写りが違ったものに見せてくれます。

ボケ具合も楽しいです。

DSCF4574.jpg
「X-T10」+「XF18o F2 R」

でも、マウントアダプターをかませることで、更に長くなるので、やはりネックとなるのはその大きさです。

2017-05-15 16.43.52.jpg

「XR RIKENON」は、遊び道具としての大きさは許容できますが、オートフォーカスレンズによる日常ユースとしては、標準のXFズームや、手持ちの単焦点レンズも小さいとは言えず、その大きさがネックと言わざるを得ません。

そこで、比較的安いパンケーキレンズの「XF 27o F2.8」なら、「X-T10」に付けて常用するのも良いなぁと思っていました。

また、その次にコンパクトな、「XF18o F2 R」も、Xシリーズのラインナップとしては、コレクションしておきたいレンズであり、どちらかをヤフオクなどで安く買えたら良いなぁと脳内で考えていました。

現在は、ズーム、単焦点合わせて、望遠寄りのレンズばかりで、広角寄りは「XF10-24o F4 R OIS」1本しかなく、フルサイズ換算35o程度のレンズがありません。

広角側としては、単焦点の「XF16o F1.4 R WR」が欲しいところですが、10万越えで、とても手に負えないので、いつかの目標となっています。

そんな折、久しぶりに通り掛かった「ハードオフ」に寄ってみたところ、なんと「XF18o F2 R」が並んでいました。

ペンタックスの「K-50」がメインの頃は、ジャンク品のオールドレンズやフィルター、ケースなどを探しに良く足を運んでいましたが、最近は全然だったのに、その日はなぜか久しぶりに行きたくなったのでした。

金額もそれほど高いと感じなかったものの、その時は手持ちもなかったので、一度お店を後にしました。

ですが、やはり気になっていたレンズということで、ヤフオクで相場を調べると、ヤフオクよりも安い。

「ハードオフ」の保証もあるし、これは買いだということで、ATMでお金を卸して買ってしまいました。

DSCF4575.jpg
「X-T10」+「XR RIKENON 50mm F2」

箱がないから安いのかと思いましたが、ちゃんと箱もあって、傷ありとなっていたのがその要素と思われ、確かに角型の金属フードは下地の金属が出たりしているのですが、自分が使っている35oF1.4も同様にブラックの塗装が剥げている部分があるので気になりません。

金属なので、むしろ、剥げてる方が格好良かったりします。

2017-05-15 16.46.31.jpg

フードがなければ、「X-T10」との組み合わせで非常にコンパクトです。

2017-05-15 16.47.10.jpg

UVフィルターが付いていたので、このままキャップ運用でも良いのですが、やはり金属製の角形フードが格好良いですし、先窄み型のフードなので、この状態での運用がベストです。

2017-05-15 16.48.27.jpg

実は、昨日の岡山ダムカードツーリングの相棒は、この「X-T10」+「XF18o F2 R」でした。

スマホとヤギのズームアップの写真以外は、全てこの組み合わせです。

万が一、転倒して壊しても許容できる?というわけでもないのですが、丸出しのオートバイでは、気分的にフラッグシップや高級レンズは持ち出し難いですね。

広角寄りが充実し、使い勝手の良い画角ですし、とても満足しています。るんるん

欲を言えば、「X-T10」が1,630万画素で、ダブルフラッグシップの2台の2,430万画素と異なるので、インスタ用のサイズ加工等での統一感から、「X-T20」が魅力的に思えて仕方ありません。あせあせ(飛び散る汗)

改めて、コンパクト性は正義ということを実感していて、性能的に「X-T2」に引けを取らない「X-T20」が実は最強なのでは?と思ったりしています。ひらめき
posted by かわいいHERO at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年04月11日

嵐の前の桜桜桜

職場の前の桜は、休み明けの昨日には満開になっていました。

DSCF4440.jpg

自宅付近よりも少し遅い印象です。

DSCF4445.jpg

当たり前ですが、上から見ても満開です。

DSCF4451.jpg

大阪は、昨晩から今朝にかけて雨と台風のような強い風に見舞われて、自宅付近の早めに咲いていた桜は、ボリュームがうんと落ちていましたが、職場の前の桜は、少し遅れての開花ということで、今朝もしっかりボリュームを維持しています。

そんな厄介な昨晩の雨予報があったので、昨日は念のために小型の「X-T10」を持ち出していました。

何も考えずにパンパンのカバンに放り込んだのですが、出掛けるついでに時間があったので、先日、開花が不十分だった近くの真龍寺さんへ再訪してみました。

DSCF4554.jpg

SLの後の桜は良い感じですが、できればLを入れた構図で桜を撮りたい…。

でも、桜はかなり上の方からしか花がついていません。

そこで、軽トラの荷台と荷物入れを台にしました。

DSCF4465.jpg

桜の花がある場所の下に軽トラを移動して、桜越しにSLを入れてみました。

DSCF4470.jpg

なかなかダイナミックな構図になっているのは、姿勢が厳しく偶然の賜物だったりします。

DSCF4480.jpg

なお、ファインダーを覗くとそれでも桜には届かないので、モニターを使って腕を目一杯伸ばすというなかなか辛い体制でしたので、うまく水平も撮れていなかったりしますが、一応、撮れました。

DSCF4484.jpg

場所を変えて、今度はSLの真横に挑戦です。

DSCF4485.jpg

んん〜、思うような写真が撮れません。

また場所を変えて、斜め前からSLを捉えますが、桜をメインにするか?

DSCF4498.jpg

それともSLをメインにするか?

DSCF4506.jpg

やっぱりボケたSLバックの方が好きかな。

DSCF4521.jpg

最後に別角度でSLは終了。

折角来たので、上の境内にも上がってみると、そこには予想外の光景が…。

DSCF4523.jpg

ここの桜はこんなに美しかったんだ…。

DSCF4526.jpg

桜の木があるのは理解していましたが、想定外の満足度です。

DSCF4527.jpg

季節に関係なく絵になる真龍寺さんは、お気に入りの撮影スポットですが、桜とのコラボは本当に素晴らしい。

DSCF4532.jpg

今回は、念のためモードでたまたま「X-T10」に付いていた標準ズームしか持って来なかったので、10-24mmの広角ズームを使ってみたかった。ふらふら

DSCF4533.jpg

空はどんよりとしていて、青い空が無いのが残念でしたが、真龍寺さんの桜はもう、桜吹雪が舞っていたので、昨夜の風雨で今日はもうボリュームが無くなっているかもしれません。

なので、行っておいて良かった。

DSCF4538.jpg

まぁ、純粋に桜が楽しみたければ、今日から造幣局の桜の通り抜けという手もありますが、多分、今年は行かないでしょう。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年04月09日

ちょっとだけ写真のお勉強…

今日はツーリングを諦め、映画でもと思っていたけれど、うちの奥さんも午前中は自治会の総会があるらしい。

それなら、バースデーDMで無料入浴ができる、日帰り温泉でもと思っていましたが、偶然、富士フィルムのSNSで見た写真展へ行ってみたくなりました。

4時までモトGPの予選を観ていてやや寝不足ですが、雨上がりを駅へと向かいます。

2017-04-09 09.39.40.jpg

途中、満開の桜を見る度に、花見という選択肢もあるということを思い出します。

2017-04-09 09.41.09.jpg

でも、被写体としての桜って、それだけを撮ってもあまり魅力はないんですよね。

2017-04-09 09.42.24.jpg

桜プラスアルファ。

季節感を表す小道具としての桜こそが、自分の求めるもので、桜の下で宴会をしたいわけでもありません。

そういう意味で京都というのは、被写体プラス桜で、季節感ある被写体豊富な魅力があるわけです。

そんな意味のない能書きを考えながら、心斎橋にやってきました。

2017-04-09 10.19.09.jpg

地下鉄の駅からダイレクトにつながるこちらのビルには、以前にも来たことがあります。

2017-04-09 10.20.26.jpg

富士フィルムの大阪サービスステーションです。

2017-04-09 10.24.26.jpg

こちらで行われているのがこれ。




浅岡省一さんという方の写真展「光の果てへ The boundless light 」です。

昨年、富士フォトギャラリー銀座にて行われた氏の初の個展の作品の中から、氏自身がピックアップした大阪展だそうです。

私は、東京カメラ部については、SNS等でその存在は知っていましたが、浅岡氏については、何の予備知識もありませんでした。

インパクトある写真が記憶には残っていて、トークショーイベントもあるらしく、急遽時間ができたことで見に行こうと思ったわけです。

2017-04-09 12.48.49.jpg

ちょっとだけ見掛けたご本人の写真から、かなりお若い方だと思っていたのですが、後から確認してみると、私よりも7つほどお若いだけでした。

早めに着いて作品を見ていると、どうもご本人らしい方が、観に来られた方と談笑しておられ、私も作品を観ながらその会話に耳を傾けて開始時間を待っておりました。

改めて、イベントをチェックしてみると、トークショーとギャラリートークがあって、トークショーの方は既に締め切りとなっていたので、私が見ていたのは11時からのギャラリートークというものでした。

11時になって、実際に浅岡氏自身から、ギャラリーの作品を観ながら撮影時のエピソードや使用レンズなどをご説明いただきました。

作品ということで、敢えて撮影はしませんでしたが、画像検索で銀座の時のものが多数あがっているので、雰囲気はそちらで…。

個人的な感想としては、やはりハッと思うような写真は、努力なくしては撮れないということでした。

きっちり準備をした上で、わずかに起こる偶然を適切にものにしての努力の上の偶然の産物であり、知識やテクニックは、あくまでもその確率を上げるだけのものであると感じました。

そう思うと、努力の時点で私には難しいというのは間違いないようです。ふらふら

ギャラリートークに参加したので、既に参加を締め切っていた2時からのトークショーにも希望すれば入れてくれるとのことでしたが、待ち時間がかなりあるので、今回はご遠慮しました。

ギャラリートークの参加が5名程度だったので、トークショーも満席には程遠いのだろうと想像しますが、せめて、予約の早期締め切りがなければ、そのつもりで行っていたと思うので、そこは主催者の富士フィルムサイドに改善して欲しいところです。ちっ(怒った顔)

スクリーンショット (37).jpg

せっかく知ることとなった浅岡省一氏も、藤里一郎氏とともに、今後も動向を見ていきたいと思います。るんるん

なお、富士フイルム大阪サービスステーションでの浅岡省一氏写真展「光の果てへ」自体は4月20日(木)まで行われています。
posted by かわいいHERO at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年04月04日

陽気に反して桜はまだまだ

昨日、事務所に詰めて事務処理に徹したおかげで、今朝はそのデータを税理士に送って、歯医者へ行ってからはフリータイムです。

治療後、30分ほどは食事が取れないということもあり、陽気につられて桜を求めてドライブへ。

近くのSLのあるお寺「真龍寺」へ行ってみましたが、桜はまだまだだったので、車から降りることなく更に奥へとドライブを続けます。

工事中の安威ダムを見ながら亀岡方面へと進みますが、工事中の新名神を潜って、採石場を過ぎてもここっていうポイントもなく、脇道へ入って戻ることにしました。

すると、段々の田畑のある田舎の風景にちょっとほっこりしました。

2017-04-04 13.07.19.jpg

でも、その先はなかなか過酷な道でしたが、軽トラ、サンバーなので、楽勝でした。

オルビスだったら泣いてましたが…。

2017-04-04 13.08.52.jpg

道が広くなったと思ったら、見覚えのある道へ出ました。

2017-04-04 13.24.45.jpg

先日の大阪対決となった選抜高校野球の準優勝校、履正社のグラウンドを過ぎて、さっきはスルーした真龍寺へもう一度行ってみます。

2017-04-04 13.28.51.jpg

SLの後ろにある桜の木は、残念ながら2歩咲きくらいでしょうか。

2017-04-04 13.29.31.jpg

近くなので、満開の頃来てみようかな。

2017-04-04 13.31.07.jpg

折角、一眼「X-T2」を持ってきたので、階段上の境内へと上がってみます。

2017-04-04 13.32.50.jpg

ここの桜は結構咲いてます。

2017-04-04 13.33.44.jpg

スマホ「P9」のワイドアパチャー撮影してみますが、疑似ボケはこういうシーンでは不自然極まりなくて、全然駄目ですね。

2017-04-04 13.34.14.jpg

やはり、ポートレイトのような、被写体と背景がはっきり区別されたシーンでないと難しいようです。

それなら、と一眼「X-T2」の出番です。

DSCF4161.jpg

付いていた「XF60mmF2.4 R Macro」での撮影です。

DSCF4163.jpg

DSCF4164.jpg

DSCF4166.jpg

疑似ではない、本物のボケです。

DSCF4167.jpg

DSCF4168.jpg

DSCF4169.jpg

マクロレンズなので、たんぽぽをアップで。

DSCF4170.jpg

SLと桜も中望遠で切り取ります。

DSCF4172.jpg

鳥を見つけたので、レンズを230mmズームレンズに交換します。

2017-04-04 14.05.55.jpg

この「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」は、奥さん用に買った処分品の「X-A1」ダブルズームセットのキットズームですが、コンパクトで軽く、安価なレンズということで気軽に持ち出せて便利です。

チープなレンズであっても、写りが富士フィルムなところが素晴らしい。

DSCF4174.jpg

等倍でのトリミングでこれです。

DSCF4174r.jpg

その時、月が出ていることに気が付きました。

DSCF4175.jpg

より、鳥に近い上の駐車場へ移動して、

DSCF4184.jpg

DSCF4185.jpg

DSCF4189.jpg

全てJPEG撮って出しなので、露出が極端ですが、鳥の姿を捉えることができたので、まぁいいか。

現状の桜の開花状況では、今週末のワンチャンスという感じですが、週末は生憎の雨予報なんですね。もうやだ〜(悲しい顔)

元々晴れても定例ツーリング日なので、今年は桜と縁がないようです。バッド(下向き矢印)
posted by かわいいHERO at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年03月30日

ファームアップ連発

富士フィルムXシリーズのダブルフラッグシップのファームアップが来ました。

発売後、すでに数度のアップデートで機能向上しているのですが、更に向上します。

この点は、富士フィルムXシリーズの良い点と言えます。




予定よりも早かったのも好印象ですが、2台ともなので、作業がちょっと大変か…。

と、思っていたら、ソニーのRX100M3にも新ファームが来たようです。




こりゃ〜忙しいぞ。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム

2017年03月06日

ようやく会えたね、メジロちゃん

先日、出掛け損なったので、今日こそはと思いつつも、天気が今ひとつです。

天気予報で夕方だけ太陽マークが出ていたことで、夕方の短時間勝負で、出掛けてきました。

2017-03-06 16.23.12.jpg

その場所は、昨年メジロを確認したポイントです。

ちょこっとGX7を持ち出して春を感じる

ですが、それらしき気配はありません。

DSCF3219.jpg

でも、よーく見ると、1本の木だけに2羽のメジロがちょこちょこと動いていました。

DSCF3228.jpg

でも、木の向こう側でうまく撮れません。

時折、大きな鳥が飛んできて、メジロを威嚇しているようで、その2羽も飛んでいってしまいました。

これでメジロがいなくなったと思った時に「チュンチュン」と鳴き声がしました。

その鳴き声のする方向に行ってみると、一番端の木に、今度も2羽のメジロが居ました。

メジロって2羽で行動するのかな?

DSCF3287.jpg

今度はもう少し寄れそうです。

DSCF3289.jpg

位置的にも、手前にも出てきてくれました。

DSCF3297.jpg

ようやく、まともに梅とメジロが撮影できました。

DSCF3317.jpg

ただ、少し前まで出ていた太陽は雲に覆われて、光が味方してくれません。

DSCF3348.jpg

メジロちゃんの表情もわからず、

DSCF3352.jpg

せっかくの春の訪れが、今ひとつ感じられません。

DSCF3354.jpg

でも、まぁ居てくれただけでも満足です。

DSCF3409.jpg

せっかくなので、梅の花のアップも…

DSCF3412.jpg

とまぁ、メジロちゃんに会えたものの、生憎の空模様で、光に恵まれない写真となってしまったので、3枚目以降の写真をLightroomでRAW現像しちゃいました。

フェイクと言われても、仕方がないので、一気に並べます。

DSCF3287-1.jpg
DSCF3289-1.jpg
DSCF3297-1.jpg
DSCF3317-1.jpg
DSCF3348-1.jpg
DSCF3352-1.jpg
DSCF3354-1.jpg
DSCF3409-1.jpg
DSCF3412-1.jpg

かなり印象が変わりました。

でも、こうやって並べると、ちょっとやり過ぎたかなと思いつつも、もし素材として提供するなら、これぐらいしないと春らしさを感じる素材にはならないので、まぁ良いか…あせあせ(飛び散る汗)

暗い写真で春は感じないですからるんるん
posted by かわいいHERO at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣富士フィルム