2017年06月13日

VR・・・

main.jpg

今回は、VRって言っても「バレンティーノ・ロッシ」のことではなく、「バーチャル・リアリティ」の方です。

先日、

ソニーがプレイステーションVRの品薄を早期解消へ 生産体制強化 - ライブドアニュース

というニュース記事を見ました。

ようやくかという感じです。

でも、VR体験としては、プレイステーションVRは非常に良くできているようですが、使用していく内に、画像の粗さが気になってくるのだとか。

私自身は、昨年12月の販売時に、ネットでの購入に挑戦するも、瞬殺で買えませんでした。

あれから半年、そろそろ手に入りそうなムードになってきましたが、なんだか冷めちゃいましたねぇ。

スマホ利用のVRゴーグルとは違うんでしょうが、投資の割に初期の感動のみで終わりそうな気がして、物欲が湧きません。

そう言えば、4KテレビもBSの4K放送を視るには、別途これから発売になる4Kチューナーが必要で、これまでに4Kテレビを買った人達が憤慨しているなんてニュースも見ましたが、早期に手を出して失敗するというのはデジタルの常でもありますね。

そういう意味では、VRも今しばらく様子を見た方が良さそうです。

それでも、きっと何年か先には、我が家にも4K放送が視れるテレビと何らかのVR機器が常備されているのでしょうね。
posted by かわいいHERO at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ

自転車優先徹底のため?

子供の頃に読んだ絵本で、自動車の国の王様達と歩行者の国の王様達がそれぞれの権利を主張して喧嘩をして、最後にルールを作って平和に共存したという童話が記憶に残っているのですが、これを見て、その物語を思い出してしまいました。

2017-06-13 14.30.15.jpg

職場の前の道に自転車道が誕生しました。

と言っても、新たに専用自転車道路ができたわけではなく、路面に青い矢印がペイントされたのです。

この青いペイントは、少し前からずっと通勤で通る遠方よりペイントされて来ているので、特段の驚きこそないのですが、元々広くはない道で、場所によっては道路幅がかなり細くなっていたりしているのに、そこへ無理やりブルーの矢印をペイントしているので、ちょっと心配しています。

一定の道路幅であれば良いですが、道路幅によって矢印の位置が変わっているので、ドライバーがそれをきちんと認識しなければなりません。

植え込みが張り出してブラインドコーナーになっている部分もあるのですが、以前なら、そこは自転車が通ると危ないと肌で感じるものでしたが、この矢印によって自転車の通行を規定するわけで、ヒヤッとすることが多くなるかも知れません。

職場の前の道も、手前がカーブしているのですが、この部分は水路のフェンスが迫っているため、車1台分の車線の内側に自転車道を設けた形となっています。

2017-06-13 14.30.15-1.jpg

当然、道路の反対にも矢印はあるわけで、それを除いた車線部分ですれ違いができる訳はありません。

矢印が無くとも、実際に自転車が走っていたら、自動車はセンターラインを割らずには並走できませんので、自転車の後を走らざるを得ないのですが、矢印があることで、対向車とのやり過ごしに変な影響が出ないと良いなぁと感じています。

言わずとも、自転車に対しては歩行者が弱者であり、自動車に対してはその自転車が弱者となります。

交通弱者は守られることとなりますので、守られる自転車、つまり自転車優先を形にしたと言えるわけですが、自動車サイドとしては、わかっちゃいるけど煙たく感じてしまうことでしょう。

自転車保護の周知があってこそだと思うのですが、これで本当に安全が担保されるんでしょうか?

ちょっと疑問です。

ちなみに道路向こうには歩道が存在しますが、こちらサイドには歩道はありません。

昨今の自転車事故による道路交通法の改正によるもので、ロードバイクを想定すると、こういう形にならざるを得ないのでしょうが、ふらふらと年寄りが乗るママチャリも多いこのあたりに関しては、歩道を歩行者とシェアした方が、事故の確率は低いように思います。

ただでさえ特定の時間に渋滞するので、更に渋滞が酷くならないことを願いますが、先日のツーリングで見掛けたロードバイカーが総じて中年以上だったことで、ライダー同様自転車についても、いろいろと歪を感じます。ふらふら

※写真は「HUAWEI P10 Plus」でワイドアパチャーモードに異なるフィルタを使ってみました。
posted by かわいいHERO at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題

親目線の葛藤

syukatsu_naitei_man.png

先週、長男からラインで「内定もらった」という連絡が入りました。

我が家の長男と言えば、一浪で三流大学に入るも留年していて、ちょこっと遅れ気味なわけですが、小学生の時に生死を彷徨うような脳出血を経験して、その後遺症もあるので、当時のことを思えば、良くここまで回復してくれたと思うばかりなのですが、いざ、社会へ出るとなると親としての心配も多いのです。

最近は、全力で就職活動をするべき時期なのに、早朝バイトを連続で入れていたりするのですが、話をしているとどうもバイトのシフト決定が早く、就職活動に影響している風なので、何が本分かという話をしたばかりの内定報告でした。

幸い、現在は人手不足ということで、大学卒の就職率は最高水準らしく、好き嫌いを言わなければ、内定はもらえるという環境のようなので、そんな長男でも内定をいただけたのだろうと思っていましたが、後からその会社を調べてみると、なんとも複雑な気持ちになりました。

と言うのも、その会社は大きな上場企業のグループ会社なのですが、その企業が大変問題となっている会社なのです。

誰もが知る会社ですが、存続を危ぶまれているので、グループ会社とはいえ、影響はあるでしょう。

業種としても、将来性が期待できるものではないので、私が当事者ならば、別の会社を選ぶと思います。

ですが、長男は内定がもらえたことが先に立っているのか、行く気満々なようです。

現在の社風は良くも悪くも穏やかなようで、ハンデのある長男には向いているような気はするのですが、渦中の会社のグループということで、この先、その体制が続くとは限りません。

なので、できれば他社をというのが親心ではあるのですが、そういうことがあって内定がもらえているという現実も感じるので、難しいところです。

いけいけどんどんの将来性のある会社に入っても、本人の能力では、苦労しか無いような気もしますから、最後は本人の意志を尊重するよりないかと思っています。

長男のハンデとは言っていますが、現実的には、手術時に失った片目の視野の半分で障害者手帳をもらっているだけで、脳のダメージによる機能障害は、障害扱いにはならないので、長男の能力に問題のある部分があったとしても、それは単なるその人間の能力不足と捉えられます。

ずっと見てきた家族であれば、やむを得ないと思える部分も、社会へ出れば、ただの出来ない奴となってしまうのが恐ろしいところです。

だからこそ、社会への適応力や能力を少しでも高める為に大学へ行かせ、時間を稼いできました。

彼の専門分野は情報処理なのですが、正直言って、そこはド素人の私の方が上だと感じてしまいますが、生活面では、以前のことを思えば、彼なりに楽しんでいるようなので、それだけでも大学へ行かせた甲斐はあったと思っています。

私学の理系で高くは付きましたが…。ふらふら

高いと言えば、予備校に通う次男坊が昨晩、夏期講習の振込用紙を持ってきてビックリexclamation&question

いきなり明日までに10万超えの支払いって…。

予備校入学時にまとまって支払いをしているので、もう受験までは掛かる費用はないと思っていたのに、大きな誤算です。あせあせ(飛び散る汗)

予備校の説明会にも参加していた奥さんからは何の情報ももらってなく、本当、ポケット叩くとお金が出てくると思っているとしか考えられません。爆弾

4人居るので、これでも未だ子育ての最難関峠の1/4かと思うと、気絶しそうです。がく〜(落胆した顔)

どうか、峠を抜けるまでは、環境が維持されますように…。たらーっ(汗)

そういう意味でも、長男には失業することのない就職をお願いしたいものです。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣家族

2017年06月12日

フランス料理の影響力

今日は、仕事帰りにマックスバリューを核としたイオンのショッピングモールへ寄り道です。

2017-06-12 20.16.28.jpg

こちらのお店へ行くためです。

2017-06-12 20.17.33.jpg

ご存知、カルディコーヒーファームです。

実は、先日の食事会でフランス料理を初めて食べた職場の事務員さんが、えらくトリュフをお気に召したようで、一緒に用意されたトリュフ塩も気に入ったとのことだったので、「カルディコーヒーファームへ行けば買えるよ」って教えてあげていました。

それで、会社の近くのショッピングモールのカルディへ行ったようですが、何と、4月に閉店してしまったそうです。

私自身も、ワインを買ったりして、利用していたお店なので、とても残念です。

ところが、職場のエリアでは、カルディはこの店だけだったようで、事務員さんはカルディに行きたくても行けない環境となってしまいました。

別の輸入食品を扱うお店にも行ってみたらしいのですが、トリュフ塩は無かったらしい。

車に乗れない事務員さんは、大阪へ出掛けるしかないので、私が仕事帰りにトリュフ塩を買ってあげたと言うわけです。

2017-06-12 20.21.58.jpg

そう言えば我が家でも、私がフランス料理で初めてトリュフ塩を食べて美味しかったことから、自宅に常備するようになりました。

良いお肉は、トリュフ塩で食べるのが定番となっています。

ちなみに、サングリアも1本あげたら喜んでいました。

事務員さんの話から、うちの奥さんと嗜好が似ているとピンと来たのですが、バッチリでした。
posted by かわいいHERO at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

「HUAWEI P10 Plus」の赤外線

今朝は、突発的な梅雨中ツーリングを終えたDR-Zを再び倉庫へ運ぶべく、荷台に積んで出社しました。

今度こそ、梅雨から灼熱の夏に向けての冬眠いや、夏眠となります。

2017-06-12 10.04.58 (2).jpg

またまた、「HUAWEI P10 Plus」のワイドアパチャーモードで撮影してみましたが、やっぱり変です。ふらふら

複雑な形のオートバイの撮影には向かないことがよくわかりますが、「P10 Plus」の素晴らしいところは、後からピント位置を変えることができるところです。グッド(上向き矢印)

2017-06-12 10.04.58-1.jpg

DR-Zの後ろにピントを合わせると、不自然さは軽減されましたが、これではワイドアパチャーモードを使う意味はあまりないですね。

そんな時は…

2017-06-12 10.04.58.jpg

絞りを絞れば、通常撮影と変わらないボケを無くした写真に後から変更できます。ぴかぴか(新しい)

これは「iPhone7 Plus」にはできない芸当です。爆弾

ボケの状態を確認してからボケの有無を変更できるので、ある意味失敗はありません。るんるん

まぁ、この機能は前モデルの「P9」も同じなので、「P10 Plus」のメリットというわけではありませんけど。

一方で、「P10 Plus」には、「何故?」ってものが付いています。

それは、「赤外線ポート」です。

ガラケーの機種変更によるアドレスデータ移行等では重宝した赤外線ですが、ブルートゥースが 普及し、スマートフォンかつグローバル機中心となった今では、その機能を搭載する機種は、ほぼほぼありません。

「HUAWEI」端末でも「P10 Plus」には搭載されていても、「P10」には非搭載らしいです。

では、何故に今更「赤外線ポート」なのか?

その理由は、「P10 Plus」には初期状態でこんなアプリが載っていることでわかります。

2017-06-12 04.32.44.jpg

そうです、リモコンアプリです。

赤外線は、家電のリモコン操作に利用できるのです。

2017-06-12 04.05.04.jpg

私は、早速リビングの東芝製のテレビとパナソニック製のレコーダー付ケーブルTVチューナーを登録してみました。

2017-06-12 04.05.17.jpg

高度なリモコン操作は難しそうですが、よく使うテレビの電源やチャンネル変更には重宝しますね。

スマホはだいたい手の届くところにありますから、リモコンよりも身近です。

但し、ダイキン製のエアコンは、機種が古くなったからか、登録できませんでした。

まぁ、エアコンはそう頻繁にリモコンは必要ないので、登録しなくて良い気もしてますが。

そんなよくできたスマートフォン「HUAWEI P10 Plus」ですが、バッテリーも大きくなって、持ちが良くなっていると期待していたのですが、昨日1日使った後、一晩明けて見てみると、なんと20%ほどという状態です。

これは下手すると、「P9」の時よりも悪い。

省電力の設定が悪いのでしょうから、最適な設定を見つけるべく設定を見直さなければならないようです。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

ドゥカティの必然

Ducati.jpg

ツーリングを早期終了するようにリクエストを出してまで、楽しみにしていた昨晩のモトGPですが、結果は悶々とする結果となりました。

予選の段階から、応援するヤマハのバレンティーノ・ロッシが厳しい状況であることはわかっていたので、ここは復活の兆しを見せるホンダのダニ・ペドロサと、才能を持ちつつも今季は異常な転倒に喘ぐマルク・マルケスのホンダ勢に頑張ってもらって、チャンピオンシップとしてのモトGPの面白さを追求したいと考えていました。

結果、ポイントで頭ひとつ飛び抜けた、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが10位に沈み、2位以下との差がなくなったことは、今後の展開としては面白くなったと言っても良いのですが、ロッシが8位に終わって、ビニャーレスとのポイントさがあまりつまらずに、ランキングも5位に落ち込んでしまったことが、個人的な悶々の原因であろうと思われます。

ですが、それよりも懸念するべき事項が、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾの2連勝です。

ドヴィツィオーゾは努力家ですし、彼に対する結果は、喜ばしいものであると感じています。

しかしながら、これまでも直線が他メーカーに比べてダントツに速いドゥカティが、タイプの違うサーキットで2連勝してしまうというのは、今後のチャンピオンシップ争いに由々しき事態を招く恐れがあると個人的に感じています。

まぁ、技術的なことやモトGPの内側のことをわかっていない、おっさんライダーの飲み屋での戯言のようなものですが…。

私が、リターンでモトGPを視聴するようになったのは、ケーシー・ストーナーの引退前くらいかと思います。

そして、録画してまできちんと観るようになったのはここ数年ですが、私の印象として、常にあるのはドゥカティのストレートでの飛び抜けた速さです。

これは実際に、毎年言われていることでもあります。

しかしながら、直線で速くとも、直線とコーナーを組み合わせて創られるサーキットでは、それ以上にコーナーリング性能が重要であり、そこがドゥカティの弱点でもありました。

ところが、この2連勝でドゥカティがそこを改善できた可能性が高いと思われます。

その改善のレベルがどのようなものかはわかりませんが、それに加えて、今季はミシュランによるタイヤの問題が影響していると思われます。

昨晩のスペイン・バルセロナの第7戦カタルーニャGPでは、同じスペイン・ヘレスで行われた第4戦スペインGP同様に、ヤマハ勢が苦戦しました。

この2つのコースに共通するのは、路面のグリップが良くないということ。

特に昨晩のカタルーニャGPは、史上1、2を争うようなコンディションの悪さで、どの選手を見てもまるでダートかと思うような状況でした。

そんなグリップしないコンディションでは、当然コーナーリングが難しくなります。

コーナーリングというのは、旋回による重力に、タイヤのグリップで耐えるわけですから、当然です。

そうなると、コーナーリングに利があると言われるヤマハのマシンは、その利を失うこととなります。

逆に、直線の速いドゥカティの場合、コーナーリングを無理せずに、直線でタイムを稼ぐことができるので、非常に有利な状況となります。

これについては、ウエットコンディション、つまり雨のモトGPのレースを見ると、総じてドゥカティのライダーが速いということでもわかるのではないでしょうか?

直線の場合は、マシンが起きた状態ですから当然、横方向の重力は働きません。

タイヤのグリップに気を付けなければならないのは、フルブレーキングの限界を越えてのスリップだけです。

それさえ、無理せず、コーナーを安全速度で旋回しても、直線で取り戻せるとなると、誰でも一定のところまでは速く走ることができる、それがドゥカティと言えます。

もちろん、雨の得意不得意やスライドの好き嫌いや精神的な部分まで関連要素があって、常に最高を維持できた者が勝利するのがモトGPですから、簡単に片付けることはできませんが、直線で速い、トップスピードに歩があるというのは、絶対的に有利です。

そんな驚異的なトップスピードを有するドゥカティが、今回の50度を超える路面温度でグダグダなミシュランタイヤの問題により、その有利な部分が顕著に現れたような気がします。

雨のレースでも、それなりの速さを見せるバレンティーノ・ロッシの結果からしても、このタイヤのグダグダ問題は、雨よりも複雑なものなのでしょう。

では、「今後のチャンピオンシップへの影響は???」ということになりますが、トップスピードは、エンジンパワーによるものなので、シーズン中はエンジン開発が禁止されているモトGPでは、コンディション次第としか言えないかも知れません。

アンドレア・ドヴィツィオーゾが2連勝で一皮剥けたのは間違いないので、今後は雨のレースでも強さを発揮する可能性があると思います。

ドゥカティのトップスピードは、もちろん、ドゥカティの技術力であるわけですが、主催者側が面白いレースのために設定した、格差を無くすための主要メーカーへのシーズン中のエンジン開発禁止は、今後はドゥカティの有利を守ることとなり、モトGPをつまらなくする可能性もあるのではないかと懸念します。

ドゥカティとしては、最も大事なエンジンの開発禁止によるアドバンテージが働く中で、コーナーリングの改善のためのフレームやその他大部分は自由に変更できるわけですから、勝利する環境が整っていくことは必然と言えるでしょう。

今後のドゥカティの戦績によっては、近い将来、シーズン中のエンジン開発も解禁される必要が生じるかも知れないと思うのは先読みし過ぎか。

もちろん、シーズンオフでのエンジン開発は可能なわけですが、実践場所であるモトGPの戦いの舞台で活きた開発とは違うんじゃないかと思ったりしますから。

また、現況としては、主催者側の思う通りの接戦となり、面白いモトGPシーズンを実現できているとは感じますが、最高峰のモトGPがワンメイクのように平均化されることで失うものもあるのかも知れないと思い始めた今日この頃です。
posted by かわいいHERO at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣あるライダーのつぶやき

2017年06月11日

「P10 Plus」持参のライトツーリング

前記事の流れで、梅雨なのに晴れということで、急遽参加となったショップツーリングですが、「HUAWEI P10 Plus」が手元にやって来たので、早速、カメラとして相棒を努めてもらいました。

2017-06-11 07.06.20.jpg

ワイドアパチャー機能は、前機「P9」同様こういう構図は苦手なようですが、今回は少しゆっくりの7時出発です。

2017-06-11 07.21.48.jpg

ゆっくり出発の理由は、ツーリング仲間のペンキ屋さんと待ち合わせた集合場所が、自宅から近いからです。

2017-06-11 07.30.02.jpg

無駄に尼崎のバイク店まで行くこと無く、自宅近くでバイク店出発組に合流できました。

2017-06-11 08.46.59.jpg

早々にワインディングを楽しみながら、国道173号線沿いの道の駅「瑞穂の里・さらびき」で最初の休憩。

2017-06-11 08.52.53.jpg

晴れとなったことで、オートバイが多いです。

今回は、5台の参加でしたが、オーバー70歳のライダーさんが、体調不良を訴えられ、ここで離脱して帰られることになりました。

2017-06-11 09.19.16.jpg

久しぶりにツーリングで一緒になったのに残念です。

2017-06-11 10.14.06.jpg

その後、国道162号線沿いの福井県のおおい町にある「道の駅 名田庄」で二度目の休憩。

2017-06-11 10.58.40.jpg

そして、やって来た目的地がここ。

2017-06-11 10.59.13.jpg

小浜港にある「お魚センター」?という建物の一画にある「五右衛門」というお店です。

2017-06-11 10.59.20.jpg

そこの刺身定食がお目当です。

2017-06-11 11.09.37.jpg

種類が多いし美味しそう…。

2017-06-11 11.09.09.jpg

おかわり1杯だけOKということで、大盛でいただきました。

2017-06-11 11.36.15.jpg

その後は、お店を見て回り、

2017-06-11 11.39.57.jpg

道路向かいの若狭フィッシャーマンズワーフへ移動します。

2017-06-11 11.40.45.jpg

壺がおしゃれに釣ってあったので、「P10 Plus」のワイドアパチャー機能でリベンジを。

2017-06-11 11.48.19.jpg

フィッシャーマンズワーフの裏へ行ってみると、海だ!船だ!

2017-06-11 11.48.39.jpg

芝生のきれいなところなので、晴れた日には良いです。

2017-06-11 11.48.56.jpg

遊覧船の乗り場もありました…乗りませんけど。

早々に早い時間で目的を達してしまったので、ペンキ屋さんの発案で、三方五湖の展望台まで行ってみることになりました。

2017-06-11 12.17.56.jpg

少々路面の荒れたワインディングの先には、絶景が!

2017-06-11 12.18.55.jpg

晴れて最高!!!

2017-06-11 12.21.23.jpg

眺望の開けた部分を片っ端から写真に収めます。

2017-06-11 12.21.45.jpg

美しい。

2017-06-11 12.23.50.jpg

くどいですが、

2017-06-11 12.24.43.jpg

以下、似たような写真ですがお許しを。

2017-06-11 12.26.31.jpg

2017-06-11 12.26.59.jpg

2017-06-11 12.27.09.jpg

4台整列。

2017-06-11 12.29.39.jpg

展望台は広い駐車場でした。

2017-06-11 12.30.48.jpg

三方五湖の後は、早々に帰路に就きました。

2017-06-11 13.56.41.jpg

帰りの休憩は、道の駅「美山ふれあい広場」です。

ここは、乳製品が有名っぽいので、

2017-06-11 13.59.08.jpg

道の駅内にある美山のめぐみ「牛乳工房」へ。

2017-06-11 14.03.13.jpg

チーズやなんかが売っていましたが、

2017-06-11 14.03.22.jpg

人気はソフトクリームだと思っていましたが、ジェラートも人気のようです。

2017-06-11 14.04.26.jpg

ちなみに、私はソフトクリームです。

2017-06-11 16.10.08.jpg

二度目の休憩は、道の駅「いながわ」でしたが、こちらでコーヒージャンケン実施で、無事に缶コーヒーゲット。

2017-06-11 16.36.52.jpg

モトGPのウォーミングラップのストリーミング時間となったので、ツーリングは、一旦ここで解散し、私と友人は、「iPhone7Plus」でモトGPクラスのストリーミング放送を観てから帰りました。

モトGPテレビ観戦の為に、明るい内に帰宅できて、良い感じのツーリングでした。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ツーリング

雨予報一転

今週末は、日曜日が早々に雨予報でしたが、金曜日辺りから一転晴れの予報へと変わっていました。晴れ

CCFオオモリのキャンプ大会のある週末でもあるので、雨は想定内であり、先週末と連続してのモトGP開催週でもあるので、のんびりモトGPに没頭するつもりでしたが、不意の晴れ予報への変更に慌てました。あせあせ(飛び散る汗)

2017-06-10 18.56.47.jpg

昨晩、急遽、梅雨入りに向けて冬眠予定だったDRーZを積んで帰りました。

ということで、これから雨で中止予定だったショップツーリングへ行ってきます。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事

2017年06月10日

「HUAWEI」の至れり尽くせり

アマゾンで購入した液晶保護フィルムとケースが到着しなかったので、昼間のうちに「P9」から「P10 Plus」へのデータの移行を行いました。

2017-06-10 06.25.16.jpg

新しく移行ツールが出来たようですが、「P9」から「P10 Plus」であれば、同じ「HUAWEI」ということで、「HUAWEI」の純正バックアップ・復元アプリが使えるので、簡単に移行が完了しました。

2017-06-10 06.26.49.jpg

そして、帰宅するとアマゾンからのフィルムとケースが届いていました。

2017-06-10 20.31.58.jpg

満を持して装着するべく、先ずは埃を避けて最大限の注意が必要な保護フィルムを貼ろうと、「P10 Plus」のスクリーンに貼ってあった初期フィルムを取ったところ、な、な、なんと、既に保護フィルムが貼ってるではないですか?

2017-06-10 20.30.46.jpg

ケース付きというだけでも、良心的だと思っていましたが、保護フィルムまで貼ってあるなんて、びっくりの「HUAWEI」神対応です。

そう言えば、「P9」の液晶画面を割ってしまったときも、保護フィルムが1枚同梱されていたことを思い出しました。

素晴らしいのですが、購入した保護フィルムは無駄になってしまいました。

2017-06-10 20.32.53.jpg

なので、気を取り直してケースの方へ。

2017-06-10 20.34.21.jpg

実はこの手帳型ケースは、合成皮革ではありますが、その価格が何と500円しないんです。

2017-06-10 20.36.00.jpg

ストラップまで付いていて、「P10 Plus」をカメラとして使用するにも、安心です。

2017-06-10 20.36.36.jpg

中国製端末なので、中国製ケースも充実しているようです。

こりゃ、更にシェア伸ばすんじゃないでしょうか。
posted by かわいいHERO at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット

ジジババ世代

illust腰痛.png

昨日の朝起きた時から背中に違和感があったのですが、仕事から帰る頃には、特定の体勢で左の腰に近い背中部分に激痛が走ります。むかっ(怒り)

少しスピードの乗ったカーブに差し掛かった時に、一瞬痛みが走ってドキッとしました。がく〜(落胆した顔)

昨晩、湿布薬を貼って、今朝は幾分ましにはなっていますが、未だ痛みはあります。

多分、寝る時の姿勢が悪かったんだと思うのですが、数日引きずってしまうところに加齢を感じざるを得ません。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、実は私より酷いのがうちの奥さんなんです。

先日、三男坊の高校の体育祭に行って、立ちっ放しだったとかで、お尻に近い腰が痛いと今週ずっと、毎晩湿布を貼らされています。

骨のあたりみたいなので、筋肉痛じゃない気がするので、病院へ行けと言っても、「行っても解決しない」と決めつけて行きません。

私は、極力薬は飲みませんし、本当に自分でこれはまずいと思えば自主的に行くんですが、うちの奥さんは、すぐに薬に頼る傾向があってよろしくないと感じています。

そもそも、痛みの原因から考えたりするタイプではないので、一度行って治らなければ、原因が違っている可能性なんて考えずに、治らないと決めつけてしまうんでしょうね。

そのくせ、それを理由に家族に甘えるので、困ったものです。ふらふら

こう書くと優しく無いと言われそうですが、医者じゃないから治してあげられないので、先ずは素直に医者に行くのが先決だと思うんですよね。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事