2017年05月07日

GW後半団体戦-しまなみ旅(3日目)

道の駅「多々羅しまなみ公園」でこどもの日の朝を迎えたしまなみ旅も、とうとう最終日です。

DSCF4833.jpg

昨晩に引き続き、起き出してトイレに行くついでに、裏の絶景を切り取ろうと思ったのですが、ちょっと雲が多いなぁ。

DSCF4834.jpg

おまけに広角ズームで水平が上手く取れてない・・・。

DSCF4835.jpg

完全に斜めってました。

精進が足りません。ふらふら

昨晩の寝る前に、最終日のプランと奥さんが買わなかったレモンケーキ「島ごころ」を購入するにはどうすれば良いかを調べていて、しまなみ海道のサービスエリアやパーキングエリアでは、全て尾道方面へ向かう上り線にしかないとわかり、他のお土産にするにしても、道の駅「多々羅しまなみ公園」がオープンするのが9時で、しまなみ海道上りの瀬戸田パーキングエリアなら、8時からオープンということで、一旦、上りで瀬戸田パーキングエリアへ寄った後、生口島南で降りて、そのまま下りへ入り直すことにしました。

オルビスで朝食を取った後に、早速出発。

瀬戸田パーキングエリアまでは直ぐです。

DSCF4845.jpg

多田羅大橋が直ぐ向こうに見えています。

DSCF4844.jpg

三輪バイクにトレーラーを引いた珍しいグループが居ましたが、私的には、これって目立つ以外に意味があるようには思えなかったりしますが、やはり目立つが一番なのでしょうね。

そんな瀬戸田パーキングエリアでの買い物を無事に終えて、生口島南で下りへ乗り替えて、目指すは四国に一番近い島、大島です。

その大島で今回私が行っておきたかったのがこちら。

DSCF4860.jpg

村上水軍博物館です。

一昨年のサイクリング時に看板で存在を知ったものの、その時は寄る気力が無くて、以来、気になっていました。

DSCF4873.jpg

2014年に本屋大賞を受賞した和田竜氏の歴史小説「村上海賊の娘」の石碑もありました。

DSCF4862.jpg

中学生の娘は無料で、大人300円の安い入館料は、更にJAF割引が利用できました。

金額が金額なので、過度な期待はしていなかったので、非常に満足度の高い施設と感じました。

村上海賊という、特殊な存在が中心であることから、唯一無二の博物館と言えます。

うちの奥さんも非常に興味を持ったようで、展示物をじっくりと見て回っていました。

DSCF4869.jpg

最上階は展望室となっていて、手前の港から伯方島方面を見渡すことが出来ました。

DSCF4866.jpg

橋の手前に見えるのが、能島村上水軍の能島城のあった能島です。

DSCF4864.jpg

盗賊のイメージであるパイレーツではなく、むしろ警察のイメージだった村上海賊を「KAIZOKU」と表記するところは印象的でした。

期待していなかったことで、村上水軍博物館ではあまり所要時間を予定していなかったので、時間が推していますが、せっかくのしまなみ海道で、天気も晴れということで、一つぐらい展望台へ行ってみようと、山を登ってやって来たのがこちら。

DSCF4877.jpg

亀老山展望公園です。

DSCF4878.jpg

亀老山ということで、亀の石像がありました。

DSCF4879.jpg

小型車駐車場が満車で大型車駐車場にオルビスを停めて、売店の先の階段を登ります。

DSCF4880.jpg

面白い造りの展望台には、たくさんの人が・・・。

DSCF4881.jpg

まさに絶景です。

DSCF4882.jpg

こちらは、しまなみ海道とは反対側です。

DSCF4883.jpg

緑と青空でどの方向も似たような景色ですが、そのコントラストが爽快です。

DSCF4884.jpg

朝の曇りは何処へやらです。

DSCF4889.jpg

しまなみ海道が絵になります。

DSCF4892.jpg

またまたスマホのP9との比較です。

2017-05-05 12.02.09.jpg

良い色です。

DSCF4913.jpg

駐車場のオルビスも見えました。

THETA Sによる全天球画像も

亀老山展望公園 - Spherical Image - RICOH THETA



DSCF4910.jpg

売店まで降りてきましたが、奥さんがアイスクリームの文字を見逃すわけはありません。あせあせ(飛び散る汗)

DSCF4909.jpg

デコポンアイスと藻塩アイスです。

藻塩アイスは楽天お取り寄せランキング1位らしいです。

この藻塩アイスも、その場で藻塩を振り掛けていましたが、アイス自体にもちゃんと塩味がしていて美味しかったです。

DSCF4917.jpg

駐車場に戻って、海をバックに写真を撮って、次のポイントへ向かいます。

次なるポイントは、道の駅「よしうみいきいき館」ですが、駐車場が満車で、警備員の方に少し離れた橋の下
の駐車場を案内されましたが、我が家にとってはその方が好都合です。

と言うのも、道の駅に用事があるわけではなく、折り畳み自転車ブロンプトンを降ろして、展開することが目的だからです。

DSCF4919.jpg

せっかくのしまなみ海道ですから、しまなみサイクリング経験者の私は涙をのんで、未経験の奥さんと娘に超ライトサイクリングを経験させてあげようという作戦です。

DSCF4925.jpg

二人はここから来島海峡大橋を自転車で渡り、私はオルビスで向かって、四国側にあるサイクリングターミナル「サンライズ糸山」の先で拾う予定です。

2017-05-07 (5).jpg

スマホで動画を記録しながら走ってみました。

2017-05-07 (2).jpg

居ました!

日差しでブツブツ言う奥さんなので心配しましましたが、快適で楽しかったようです。

また走りたいって言ってましたが、最高の天気ですから当然といえば当然ですね。

ブロンプトンをオルビスに積んで、さぁ、いよいよ最後のポイントへ。

DSCF4934.jpg

それは、今治の「タオル美術館ICHIHIRO」です。

DSCF4937.jpg

ひろ〜いお土産やタオル売り場を通って4階まで上がって、大きなコットン製のデザートや、

DSCF4938.jpg

ハンバーガーの先に、美術館の入口がありました。

DSCF4943.jpg

こちらもJAF割引が利用できます。

DSCF4944.jpg

入口を入って直ぐは、工場見学エリアでタオルの製造工程を知ることが出来ます。

DSCF4946.jpg

そして、ひとつ階段を上がったところが美術館エリアで、いきなりムーミンがお出迎えです。

DSCF4948.jpg

常設でムーミンの世界が展示されているようです。

DSCF4950.jpg

ここも名前が美術館ということで、娘がミラーレスを持って来なかったと嘆いていました。

iPhoneもバッテリーがないらしく、可哀想なので、私の広角ズームを付けたX-T2を貸してやりました。

DSCF7258.jpg

液晶モニターにしてオートにすれば問題ありません。

ガラスの反射を極力抑える方法を教えたら、自由に撮影していました。

DSCF7260.jpg

ムーミンということで、女子の心を鷲掴み?

DSCF7264.jpg

私は単焦点のX-Pro2で自分らしい撮影を。

DSCF7266.jpg

撮影ポイントは多くはありませんが、気の向くままにシャッターを押します。

DSCF7269.jpg

この美術館立ち上げに関わったとのことで、俣野温子という方の作品が多くを占めていました。

DSCF7271.jpg

企業運営ということで、想像していたよりも綺麗で洒落た美術館でした。

DSCF7272.jpg

美術部員の娘の目にはどう映っているのでしょうか?

DSCF7273.jpg

GWでも、人は多くなかったので、通常はもっと空いているのでしょう。

DSCF7274.jpg

現在の特別展?は山下清画伯の作品をタオルで再現したものでしたが、山下清オリジナル作品はなく、東海道五十三次ということで、広重の作品が並んでいました。

DSCF7276.jpg

美術館の最後は何故か光の作品でした。

DSCF7278.jpg

タオルとの関連は不明ですが、個人的には被写体として好きです。

DSCF5003.jpg

少し買い物をして、タオル美術館を後にしました。

そして、帰路につきますが、せっかく四国に渡ったのだから、あれが食べたい!

そう、それは一鶴の骨付鳥です。

2017-05-05 18.51.55.jpg

ということで、丸亀城の麓までやって来ました。

当初の予定では、空いている時間帯に到着する予定でしたが、すっかり遅くなってしまい、丸亀の一鶴の土器川店へ行ったのですが、駐車場は順番待ちの車で溢れ、凄い順番待ちの群衆が目に入り、あっさり断念しました。

2017-05-05 19.17.32.jpg

そこで、作戦変更で、先にお風呂に入ることにしました。

2017-05-05 19.18.08.jpg

丸亀のお風呂と言えば、これも何度目になるでしょうか?

丸亀ぽかぽか温泉です。

この丸亀ぽかぽか温泉の近くにも一鶴の中府店があるのがわかっていたのですが、前を通った時に確認したら、やはり順番待ちの人だらけですごい状態でした。

あとは、風呂上がりの時点での混み具合です。

DSCF5019.jpg

温泉のドライヤーも有料でも順番待ちだったということで、オルビス内でドライヤーを済ませて、いざ一鶴へ。

DSCF5005.jpg

未だ混んでいたら、持ち帰りも候補にするつもりでしたが、充分に許容範囲でした。

DSCF5006.jpg

10分ほどで順番が回ってきて、作戦変更して正解でした。

DSCF5010.jpg

私はおや、奥さんと娘はひなで、もちろんむすびも忘れません。

スマホでモトGPのFP2を見ながら、ノンアルコールではありますが、至福のひとときでした。

DSCF5017.jpg

帰路は丸亀ということもあり、そのまま瀬戸大橋を渡って、山陽道で一気に帰るつもりでしたが、途中、睡魔に襲われて、三木あたりで一瞬の仮眠の後、無事に帰宅しました。

天気に恵まれたGWのしまなみは、やっぱり最高でした。
posted by かわいいHERO at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

GW後半団体戦-しまなみ旅(2日目)

「尾道平原温泉ぽっぽの湯」で目覚めた5月4日の朝は、GW後半戦の2日目となります。

DSCF4705.jpg

この「尾道平原温泉ぽっぽの湯」は、フロントでお願いすれば、用紙を1枚記入で駐車場での車中泊が可能です。

くるま旅クラブの会員番号を記入する欄がありますが、空白でOKです。

注意書きとしてこのような紙をもらいました。

2017-05-06 20.44.48.jpg

7時頃までチェーンとありますが、この日は、6時過ぎの段階で既にチェーンの存在は確認できませんでしたので、実際行われているのかもわかりません。

徒歩で行ける距離にローソンがあるので、滞在自体に不便は感じないかもしれません。

チェーンが外れるまでに、ローソンでパンでも買って朝食をと思っていましたが、チェーンが無かったので、7時を待たずに出発し、尾道東のマクドナルドで朝マックを調達し、食べながら移動することにしました。

DSCF4709.jpg

快晴のしまなみ海道を快走し、やって来たのは生口島です。

DSCF4710.jpg

サイクリストを横目に、瀬戸田地区の無料駐車場へと陣取りました。

ちょっと早く着き過ぎましたが、遅いよりはましです。

そして、奥さんとの作戦会議の後、早々に耕三寺の門の前に並びました。

DSCF4714.jpg

ここ耕三寺は、一昨年に福山在住の友人が連れて来てくれ、その素晴らしさに、是非とも奥さんを連れてきたかったところです。

当時のメインカメラのペンタックスで、フィッシュアイズームを紛失してしまった苦い経験もありますが、自分自身も写真の比較をしてみたいと思います。

その耕三寺でのメインは、やはりこの白い世界です。

DSCF4717.jpg

日常とはかけ離れた白い石の世界を写真に収めるために、一番乗りで耕三寺へ入場、真っ先にやって来ました。

DSCF4718.jpg

ちなみに耕三寺の入場料は結構高い1,400円ですが、JAFの割引が利いて、中学生の娘は無料でした。

DSCF4722.jpg

奥さんも娘もとても喜んでくれました。

DSCF4726.jpg

ただ、娘とは打ち合わせ不足で、美術館に行くと言っていたので、ミラーレスのX−A1を置いて来てしまったらしく、代わりにiPhoneで写真を撮りまくっていました。

DSCF4730.jpg

もちろん、私自身も広角ズーム装着のX−T2をフルに活用し、

DSCF7181.jpg

単焦点装着のX−Pro2との2台持ちで、ストレス発散できました。

DSCF7200.jpg

また、白い石の世界と青空のコントラストは、スマホのP9も得意な世界であるので、ここから下はP9の作例です。

2017-05-04 09.26.42.jpg
2017-05-04 09.26.51.jpg
2017-05-04 09.27.26.jpg
2017-05-04 09.27.51.jpg

「THETA S」でも…

未来心の丘 その1 - Spherical Image - RICOH THETA



未来心の丘 その2 - Spherical Image - RICOH THETA



なお、耕三寺のこのエリアの名前は「未来心の丘」と言います。

DSCF7205.jpg

うちの奥さんは、そこにあるカフェが気になっていたようでしたが、残念ながら10時オープンでスルーです。

DSCF4745.jpg

「未来心の丘」の後は、のんびり下りながら見学します。

DSCF4762.jpg

奥さんが銀龍閣特別公開の看板を見つけて、行ってみます。

DSCF4765.jpg

天井に大きく龍の絵が…

DSCF4766.jpg

冷たいグリーンティーのサービスも有り、お庭を見ながらほっこりしました。

DSCF4769.jpg

全天球画像でも

耕三寺 銀龍閣 特別公開 - Spherical Image - RICOH THETA



さて、次は洞窟へ。

DSCF4773.jpg

気温が高いほど、涼しい洞窟内は快適です。

DSCF4774.jpg

耕三寺洞窟 - Spherical Image - RICOH THETA



数々の地獄絵図を見て、出てきた先には大きな観音様がそびえ立ちます。

DSCF4754.jpg

その他、この季節にはツツジが美しく迎えてくれます。

DSCF7220.jpg

一昨年は藤棚が綺麗でしたが、今年は藤の花が遅いのかな?

DSCF4784.jpg

浄土真宗は御朱印をやっていないらしく、こちらも御朱印というものはないようで、そこは奥さんにとってはちょっと残念でした。(御朱印ではない、「孝心」と書かれた紙はいただけるようですが…)

DSCF7226.jpg

それでも、充分に満足してくれたようです。

DSCF7227.jpg

入口付近のお花も美しく、晴れて本当に良かったです。

DSCF7228.jpg

スタンプラリーの最後に耕三寺博物館へ寄って、絵葉書をもらいました。

DSCF7229.jpg

耕三寺を見学し終え、一昨年に柑橘類を購入したお店を通りましたが、商品が並んでいませんでした。

今年は柑橘類の出来も悪いのかな?と思いましたが、その先のお店で、売っていたので少しだけ買いました。

それらをオルビスに置いて、改めて今度はこちら。

2017-05-04 12.18.05.jpg

「平山郁夫美術館」です。

2017-05-04 12.17.54.jpg

奥さんは平山郁夫画伯を知りませんでしたが、私も前に来るまでは知りませんでした。

2017-05-04 12.17.22.jpg

娘も美術部なので、見て損はないだろうと思いました。

2017-05-04 12.16.49.jpg

ただ、好みもあるので、作品が彼女たちの心に響いたかと言うと、それは疑問ですが、「平山郁夫」という名前は、記憶に刻まれたことでしょう。

2017-05-04 11.27.43.jpg

前回訪問時には、しまなみの作品も数多く飾られていたのですが、今回は子供の頃の作品とシルクロードの作品ばかりで、正直言うと前回の方が良かった印象です。

DSCF4792.jpg

絵画の美術館ですから、写真はロビーまでということで、ここまでです。

「平山郁夫美術館」を出て、オルビスでの出発前に、駐車場の反対側にあるトイレに行った時に、その先にあるレモンケーキのお店が目に入りました。

オルビスに戻って、それを奥さんに教えると、行ってみたいということになり、再びオルビスから出て、そのお店へ行きました。

DSCF7230.jpg

「島ごころ」というレモンケーキのお店ですが、そう言えば、前日にも尾道で入った記憶があり、そちらの本店のようです。

イートインコーナーがあり、珈琲無料ということで、イートイン一番人気というレモンのシュークリーム2種類と焼きたてレモンケーキを注文したのですが、何故かレモンケーキのオーダーが通っていませんでした。

2017-05-04 12.36.17.jpg

そこで、改めてレモンケーキのみ追加オーダーしました。

2017-05-04 12.53.47.jpg

ちなみに、ここのお店もJAFカード提示で割引がありました。

奥さんが焼きたてレモンケーキを食べた後、友達のお土産用に買うと言い出したものの、レジの列が半端なく長くなってしまったので、別のところで買うと言い出し、お店を出ました。

2017-05-04 13.06.35.jpg

本当は、欲しい時に買っておくべきなんですが、少し値が張ることもあって、他にも見たいというのもあったそうです。

「耕三寺」、「平山郁夫美術館」と既定の観光を終えて、次は大三島へと移動します。

DSCF7237.jpg

大三島の道の駅「多々羅しまなみ公園」で、昼食でもと思っていましたが、生口島での滞在時間が予定よりも長くなってしまい、柑橘類を大量に買い込むのみで一旦道の駅を離れました。

2017-05-04 14.31.30.jpg

女性陣はあまりお腹が空くということも無いようで、一時的にお菓子で済ませるとか楽で良いです。

時間の都合で先を急ぐも、大三島のこんなところでまさかの渋滞?

結局、これはもう一つの道の駅「しまなみの駅御島」周辺での駐車場渋滞で、そこを過ぎれば問題ありませんでした。

2017-05-04 14.39.52.jpg

そして、海沿いの道の先には「伯方の塩 大三島工場」があり、その工場見学やって来ました。

DSCF7245.jpg

ところが駐車場が満車で、裏の塩田駐車場へ駐めろと言われて、従います。

DSCF7239.jpg

塩田の前では、塩のサンプルを配っていました。

DSCF7238.jpg

時間がないので塩田は見ずに、先に工場へ向かいます。

DSCF7241.jpg

時間が無いと言っても、工場見学は15時半までなので、まだまだ大丈夫です。

DSCF7248.jpg

工場内は撮影禁止とのことなので、売店です。

DSCF4796.jpg

塩ソフトを食べるつもりでしたが、見るとソフトクリームに後から伯方の塩を振っているだけだったので、やめました。

その代わりにたくさんのお土産を購入。

DSCF4805.jpg

再び塩田へと戻って来て、オルビスに乗り込んで、やって来たのは「大山祇神社」です。

DSCF4806.jpg

実はこの「大山祇神社」ですが、テレビ東京の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のしまなみ海道を旅する回で、パワースポットとして登場していました。

degawa01.jpg

それを、うちの奥さんに話したところ…

degawa02.jpg

是非行きたいとなったわけです。

degawa03.jpg

間違いなくこの神社ですね。

DSCF4807.jpg

駐車場が一杯だろうということで、奥さんだけ降ろして行ってもらうつもりが、偶然、参拝者用の駐車場が1台空いたので、私と娘も後を追います。

DSCF4808.jpg

京都の下鴨神社や上賀茂神社を思わせる広大な敷地です。

DSCF4810.jpg

参道の長さにパワースポットとしての力を感じます。

DSCF4812.jpg

ご神木もすごい。

DSCF4817.jpg

参拝に順番待ちの凄い列ができていたので、御朱印をもらっている奥さんの代わりに並びました。

DSCF4819.jpg

下の楠は日本最古のもので天然記念物だそうですが、もう空洞でした。

DSCF4823.jpg

「大山祇神社」参拝の後は、本来、道の駅「多々羅しまなみ公園」近くの温泉へ行くつもりでしたが、「伯方の塩 大三島工場」見学の際に、その隣が入浴施設だと知って、そこへ行ってみることにしました。

DSCF4826.jpg

オルビスも無事に駐車できたので、この日のお風呂はここ「マーレ・グラッシア大三島」にします。

2017-05-04 16.53.44.jpg

高級そうな名前だと思ったものの、入浴料は500円にJAF割引ありでした。

海水のお風呂にまたもやサウナ&冷水風呂のフルセットで、気持ちのよいお風呂でした。

夕食もここで済まそうと思ったのですが、奥さんと娘の反応悪く、道の駅の方まで行くことにいsて、途中のAコープに寄りましたが、惣菜関係は皆無で目ぼしいものはなく、今晩はレトルトカレーで済ませようということになりました。

道の駅もとっくに閉まっていて、別のスーパーでつまみやデザートを買い込んで、再び道の駅「多々羅しまなみ公園」へ戻ってきました。

ここが今晩の寝床です。

DSCF7251.jpg

奥さんと一杯やりながら、カレーライスで腹ごしらえして、眠りにつきます。

DSCF7249.jpg

明るい感じに撮影していますが、実際は真っ暗です。

トイレに行ったついでに、三脚代わりにベンチにカメラを置いて、長時間露光してみました。

DSCF7255.jpg

では、遊びもこれくらいにして、翌日に備えて寝ることにします。

(3日目に続く)
posted by かわいいHERO at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2017年05月06日

GW後半団体戦-しまなみ旅(出発&1日目)

GW後半戦。

3日水曜日からフルに楽しむために、前夜から出発です。

後半戦は、うちの奥さんと娘も同行する3人旅の団体戦ですが、その娘の塾終わりを待っての出発となりますが、いつもの通り、パートも休みだったはずの奥さんの準備も整わず、娘の夕食と入浴終わりを待って出発できたのは、ちょうど日が変わる時間でした。あせあせ(飛び散る汗)

この時間になると、ドライバーの自分としては翌日の行動含めて辛くなるので、もう少し早く出たいものです。パンチ

DSCF7092.jpg

助手席でウトウトする奥さんは、逆に目障りなので、龍野西サービスエリアで退場です。

DSCF7091.jpg

流石、GWでキャンピングカーも多いです。

翌日に備えて、できるだけ目的地に近づいておきたいのですが、最寄りのサービスエリアである福山サービスエリアは、早くから混雑表示が出ています。

龍野西も車は多かったもののなんとか駐められましたが、混雑表示は出ていませんでしたから、福山サービスエリアの混雑表示の無かったひとつ前のパーキングエリアに入ったら、駐車枠どころか、隙間までびっしり状態に駐車されていて、オルビスの入る余地などありませんでした。

DSCF7095.jpg

そこで、覚悟を決めて、福山サービスエリアに入ったところ、入ってすぐのトラックの横が空いていました。

DSCF7094.jpg

トラックの横だし、他にもあるだろうって通り過ぎる車が多いんでしょうが、我が家のオルビスにとっては、トラック横は慣れたものです。

DSCF7093.jpg

睡眠時間が少ないほど、プレッシャーに感じて寝れないものですが、なんとか寝入って朝を迎えましたが、煩いのはトラックではなくハーレーダビッドソンでした。ちっ(怒った顔)

DSCF7099.jpg

起き出してサービスエリアのトイレから帰ってきた時に、オルビスのおでこを見たら、虫の死骸もなく綺麗です。

GWで車が多いせいもあるでしょうが、即席プレクサスの効果もあったようです。

いよいよGW後半のスタートということで、早速、福山サービスエリアから30分ほどの目的地へと移動しました。

DSCF7101.jpg

やって来たのは、未だ係の人も来ていない、尾道千光寺公園駐車場です。

こちらは、営業時間外の8時半以前の駐車場利用については無料らしく、自由に出入する車がありました。

我が家は、夕方戻ってくる予定で、係の方に声を掛けると、「それじゃ払って下さい」と言われて、払いましたが、8時半の時点で駐車している車をチェックしている様子もなく、???でした。

DSCF7105.jpg

駐車場のオルビス内で朝食を取って、女性陣の時間の掛かる身支度を経て、ようやく観光へ出発です。

DSCF7111.jpg

サイドに美しいツツジを見ながら、先ずは千光寺公園の展望台へと向かいます。

DSCF7107.jpg

今回は、奥さんが一向に使わない富士フィルムの「X-A1」を中学生の娘に使わせてみました。

美術部の娘なので、アート繋がりで少しは興味を持ってくれるかも?

DSCF4576.jpg

展望台のある広場へ来ました。

DSCF4578.jpg

この恋人の聖地、オルビストのioiheyさんも、少し前に来られていました。

ここもこの手の施設の定番、桂由美さんプロデュースなんですね。

DSCF7112.jpg

展望台の上から、尾道の町を見渡します。

DSCF4583.jpg

朝ということもあり爽快です。

DSCF4584.jpg

やや雲はありますが、天気の良いGWとなりました。

2017-05-03 09.16.53.jpg

スマホのP9でも、良い感じです。

2017-05-03 09.16.27.jpg

スマホとは言え、(VGAサイズでは)LEICAチューンはFUJIの絵に負けていませんねぇ。

DSCF7121.jpg

奥さんが、瀬戸内みかんソフトが食べたいと言うので…

DSCF7120.jpg

ひとつ買ってみました。

美味しかったですが、あとから駐車料金のチケットに割引券が付いていたのを思い出しました。もうやだ〜(悲しい顔)

2017-05-06 16.16.38.jpg

気を取り直して、千光寺へと下ります。

DSCF7143.jpg

尾道の町へは、ロープウェーで行けますが、帰りの登りで利用するつもりです。

DSCF7129.jpg

石段をどんどん下って…

DSCF7130.jpg

千光寺の裏門へ到着。

DSCF7132.jpg

可愛らしいお地蔵さんの乗った石像がたくさんありました。

DSCF4593.jpg

御朱印帳を忘れたという奥さんに、仕方なく御朱印帳を買ってあげたのですが、最初に可愛らしい花柄の御朱印帳を選んでいた奥さんが、お寺の方に説明を受けて、厳つい千光寺オリジナルの御朱印帳にして、特別公開しているという持佛堂襖絵を見せてもらっていました。

DSCF7141.jpg

千光寺を下る途中で居たカラスは、至近距離でカメラを構えても逃げずで、普通のカラスは違うのだろうか?

DSCF4654.jpg

千光寺を出て見えてくる天寧寺三重塔からは、猫の細道が続きます。

DSCF7148.jpg

細い道のあちらこちらに猫のモチーフが見られます。

DSCF7149.jpg

石に猫を描いた「福石猫」は作家の園山春二氏が1998年よりこの路地に置きはじめたそうです。

DSCF7150.jpg

もう、色落ちしてしまっているものも多かったですが、たくさんありました。

DSCF7163.jpg

猫に関するお店が多く、こちらのお店では、珍しい猫グッズが盛りだくさんでした。

DSCF7160.jpg

GWのイベント中のようで、猫の仮面のお姉さん、快く撮らせてくれました。

DSCF7165.jpg

このイベントの取材にテレビも来ていましたが…

DSCF7166.jpg

いただけないのが、猫メイクの強要です。

猫のヒゲだけでも描かないと、入場させてもらえない…。

私はヒゲくらいって感じですが、女性は化粧していたりするので、そう簡単ではありません。

折角訪れたのに、娘がメイクを嫌がって、招き猫美術館には入れませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

もう2度とチャンスは無いかも知れず、嫌な気持ちだけが残りました。ちっ(怒った顔)

本気で盛り上げるつもりなら、主催者さんは、もう少し考える必要があるんじゃないかな。

DSCF4604.jpg

こんなモチーフもあちらこちらで見掛けるものの、本物の猫の姿がない。

DSCF4608.jpg

と、ようやく見つけましたリアル猫。

DSCF4620.jpg

娘のカメラも望遠に付け替えて、二人してズームで猫を追っかけまわしていました。

下まで降りきったところのロープウェーの駅には凄い人の行列ができていて、流石GWと感じたのもつかの間です。

昼近くなり、お腹が空いてきたので、尾道といえば尾道ラーメンです。

行列覚悟でやって来た人気店「朱華園」は予想以上の長蛇の列です。

DSCF7175.jpg

一昨年のGWに福山の友人と前を通った時には、夕方でも行列を目にしていたので、覚悟はしていましたが、ここまでとは…角を折れ曲がって続いています。

DSCF4632.jpg

おまけにお店の横の駐車場まで取り込んでの列ですから、一体どの位掛かるやらです。

DSCF4633.jpg

1時間をとうに過ぎて、ようやくお店の側まで来ました。

DSCF4635.jpg

結局1時間半くらい並びましたが、先にお会計を済ませて札を受け取る方式で、回転は早いです。

2017-05-03 13.13.03.jpg

中華そばと餃子をいただいました。

DSCF4637.jpg

正直、今の時代、美味しいラーメンはいくらでもあるので、「尾道ラーメン」というだけのものとも言えますが、シンプルな醤油ラーメンに、美味しい背脂が人気を持続させるのも頷けます。

でも、並んで食べるのは今回限りでしょうね。

2017-05-03 13.18.54.jpg

600円という価格も納得はできました。

DSCF4650.jpg

で、「朱華園」に並んでいる最中から、うちの奥さんが「美味しそう」とか「食べたい」とか煩いので、食後は向かいのお店へ。

DSCF4641.jpg

「山本の餅屋」さん、娘はいちご大福で、私と奥さんは、食べ歩きにも良いという最中に桜餅を挟んだやつです。

DSCF4647.jpg

歩きながらというのも何なので、お店の方のお誘い通りに外のベンチで頂きました。

奥さんと娘で女子っぽい行動ですが、こういうのを目当てに娘は付いてくるらしい…ダッシュ(走り出すさま)

DSCF4651.jpg

尾道には、何故か有名人の足型があちらこちらにあるそうですが、「これはみたい!」ってほどの人は居なかったりします。

ここには、脳出血を乗り越えた河合美智子氏の足型がありました。

桜餅にお茶は出なかったので、カフェにでもないかと探していたところ、向島の「男だけのチョコレート工場」ってやつに奥さんが反応。

時間的には行けそうなので、予定を変更して千光寺公園を離れることにしました。

DSCF4652.jpg

ところが、未だロープウェーは長蛇の列で、40から50分待ちらしい。

それを待っていたら、間に合わないので、また来た道を登る羽目になりました。

DSCF4663.jpg

ヘロヘロになりながら、登った先には、これまたioiheyさんのブログにあった若貴の手形がありました。

DSCF4670.jpg

美しい千光寺公園を後にして、一般道で渡れるお隣の向島へオルビスを走らせます。

ちなみに、向島へは4年前のGWに、オルビスで「回転 すし千」というお店へお寿司を食べに行った事があります。

DSCF4673.jpg

その向島のえっ?こんな山道?っていう道を進んで到着したのがこちらの建物。

DSCF4687.jpg

「郷土文化保存伝習施設兼管理センター」という表示の、公民館のような建物の中に、目的の「USHIO chocolatl( ウシオチョコラトル)」があります。

DSCF4680.jpg

無理からファンキーに飾り付けられた店内では、信じられない言葉が…。

DSCF4682.jpg

「申し訳ございませんが、チョコレートに関する商品は全て売り切れてしまい、みかんジュース以外お出しできません」だってあせあせ(飛び散る汗)

折角こんな所まで来たので、みかんジュースをいただきました。

DSCF4681.jpg

でも、この紙コップの高いみかんジュースは、滅茶苦茶美味しかったです。

きっと小洒落たグラスに入っていたら、安いと感じていることでしょう。

DSCF4683.jpg

加えて、サービスで食べ比べ用のチョコレートを出して下さいました。

ガーナ産と何処だっけか忘れた…。爆弾

これで、なんだか来た甲斐があったなと感じてしまいました。

でも、男だけのチョコレート工場は、男たちによる変なノリの不思議な空間でした。たらーっ(汗)

そこ後、一旦尾道へ戻りますが、夕食は奥さんの提案で「お好み焼き」です。

私はお好み焼きは広島で、「尾道=お好み焼き」という発想は無かったのですが、よく考えると尾道舞台の朝ドラ「てっぱん」はお好み焼きでしたから、まぁ良いかって感じです。

でも、尾道での駐車の困難さを考えて、千光寺公園駐車場をチョイスしていたので、そこが一番心配でした。

DSCF4688.jpg

JR尾道駅近くのコインパーキングで順番待ちして、なんとかクリア。

DSCF4690.jpg

GWなので、お店をこだわっても難しいと思いながら、グーグルマップで表示されるお好み焼き店を順に目指しますが、何処も営業していません。

少し寂しい商店街を、昼間行った「朱華園」方面へと歩きますが、なかなかお店がなく、商店街を出て少し行ったところで、ようやく開いているお店がありました。

DSCF4692.jpg

「ぽっぽ家」さんです。

先に小さい子のいる家族が1組待っていましたが、カウンターで良ければすぐに入れるということで、先に入らせてもらいました。

DSCF4696.jpg

私と奥さんは、イカ天などが入った「尾道焼き」にノンアルコールビールに、カルピスサワー。

2017-05-03 17.50.37.jpg

麺は50円アップのピリ辛麺をチョイスしました。

DSCF4698.jpg

娘はオレンジジュースにソーセージやチーズの入ってトマトの載った「イタリヤ焼き」。

大きくて、ちょっと手伝いましたが、美味しかったです。

アルコールで気持ちよくなった奥さん他、大満足でオルビスへ戻り、次はお風呂です。

DSCF4703.jpg

お風呂も、私自身は3度目となる「尾道平原温泉 ぽっぽの湯」です。

広いプールのような露天風呂には子供も多く、スーパー銭湯感満載のお風呂ですが、ここの電気風呂と微細気泡によるシルク風呂が大好きです。

今回は、サウナと冷水風呂の3回コースをフルにこなして、寝不足も相まって、駐車場のオルビスに戻って早々に最高の状態で眠りにつき、1日目を終えました。

(2日目へ続く)
posted by かわいいHERO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2017年05月02日

アップルウオッチ2のアップデート

昼間に出先で、AppleWatchのアップデートが来ているのに気が付きました。

ですが、電源に接続しておく必要があるとのことで、今日は充電ケーブルをオルビスに置いてきてしまったので手付かずでした。

帰宅してからは、GWのお出掛け準備でバタバタとしていましたが、今日は娘が塾で、帰宅後に食事をしてお風呂に入ってと、未だ未だ時間が掛かりそうなので、その間にアップデートを試みています。

2017-05-02 22.27.32.jpg

WatchOS 3.2では、Siriが利用になるということで楽しみです。

また、AndroidWearのSONYのSmartWatch3で使用していた、タップするまで画面が真っ暗となるシアターモードも実装されるそうなので、更にバッテリー持続時間を伸ばせそうですが、現状のセンサーモードでも、2日は充分に保っているので、シアターモードの必要は無いかなぁと思ったりします。

2017-05-02 22.30.49.jpg

しかし、想像以上にアップデートに時間がかかっています。

それだけ、大型アップデートということなのかも…。

でも、それより早く出発したい…あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートウォッチ

Instagram

instagram.jpg

以前からアカウントは作りつつも、放置状態だったInstagram(インスタグラム)。

芸能人の話題ではよく出てくるけれど、Tumblr(タンブラー)同様、“極稀に見る”専門でした。

でも、写真に興味を持った私には、画像や動画中心のインスタは、決して相性が悪くはないだろうと思っていました。

でもやっぱり、芸能人のように自撮り写真をアップはあり得ないわけで、SNSとしては、ブログと連動させているツイッターの方が親しみもあり、写真についてもツイッターで充分だと思っていました。

しかしながら、ある時、偶然目にした清水寺公式インスタグラムのアカウントの写真を見てフォローすることとなり、

feelkiyomizudera.jpg

後に貴船神社公式もフォローしています。

kifunejinjya.jpg

どちらも心洗われるような写真が魅力です。

最近は、モトGPライダー達を大量にフォローしているのですが、見るだけではなく、自分もインスタを活用できないかを考えはじめました。

そして、既にご存知の通り、この記事の左手に、インスタグラムのウィジェットを配置することに相成ったわけですが、そこには2つの問題がありました。

1つ目の問題は、インスタは、他のSNSと違って、PCのWEB版からの投稿ができません。

なので、スマホアプリからの投稿となるわけですが、スマホで撮った写真をアップするならそれで良いわけですが、私の場合は、一眼カメラで撮ったものをアップしたい。

このブログを含め、圧倒的にPCでの作業が多く、ブログ記事もスマホから自宅のPCにリモートデスクトップ接続して書くことも多いのです。

どうしてかというと、私の場合は、どの記事の結構なボリュームがあるので、一気に書き上げることが難しく、スマホで作業をしていると、途中で消えてしまったなんてことが多く発生したのです。

でも、リモートデスクトップなら、接続が切れても自宅PCでの作業が維持されているので、保険としてこの方法を好んで使っているのです。

ならば、インスタもPCでの再現像や編集も想定したら、尚更PC経由で利用したいものです。

そこで、「InstaPic」なるアプリを導入しました。

instapic1.jpg

このアプリにより、PCからインスタへの投稿が可能になりました。

ここで、2つ目の問題が、このインスタの写真をどう活用するかです。

ツイッターのように、ウィジェットで表示できないかと考えて、調べたところ、可能なツールが有りました。

WEBSTA WIDGETS」というインスタのAPIを利用したサービスです。

ツイッターのように公式のものではありませんが、累計45万ウェブサイトに使用という実績があるようですし、日本語を含めた多国語に対応したしっかりとしたサービスみたいなので、まぁ大丈夫でしょう。

ウィジェットの埋め込み自体はブログサービスの問題なので、省略します。

私の利用する「さくらのブログ」では、ウィジェットのサイズを書き換えることで、うまく収まりました。

ただし、このインスタのウィジェットは、スマホサイトでは表示できず、PCサイトでないと表示されませんので、是非ともPCサイトでご覧いただけると有り難いです。

厳密には、スマホサイトでも表示は可能かもしれませんが、コンテンツを省略傾向にあるスマホサイトにはそぐわないので設定していないというのが本当のところです。

heroscafetime.jpg

PCサイトではこんな感じで表示されています。

写真はスクエアに加工したものを気ままに上げていく予定ですが、インスタのアカウントをお持ちであれば、以前の写真も見れますし、フォローしていただければリアルタイムに届きます。

とは言え、コメントもハッシュタグも入れていないので、インスタのアカウントをお持ちでない方でも、ブログから「WEBSTA WIDGETS」に飛んでいただければ、見れると思います。

ということで、本来とは違う形でインスタグラムが稼働したという「HERO's CAFE TIME」のバージョンアップのお知らせでした。
posted by かわいいHERO at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★お知らせ

ダムカレーガチャ???

タカラトミーさんのツイッターが…何?




へー、ダムカード好きな社員さんがいるのか…えっ?




なんじゃこれ〜




収集癖のあるダムカード収集者を取り込もうって企みか…絶対集めたりしない…多分…きっと…でも…




いやいや、なんという商売だ…。たらーっ(汗)

そのダムのカード持ってたら、欲しくなるよねぇ爆弾

あっ!食べたことのある日吉ダムが…がく〜(落胆した顔)

2013-11-172013.17.43.jpg

見なかったことにできるだろうか…パンチ
posted by かわいいHERO at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム

オルビスおでこの即席洗顔

2016-11-02 15.09.41.jpg※写真は以前のものです

GW前半戦の鳥取一人旅でオルビス・イオのおでこ=バンク部分には、虫の死骸がいっぱいでした。

我が家には、オルビス用の脚を伸ばしたカーポートがあり、雨や紫外線から大部分は守られているので、洗車もつい手を抜いてしまいます。あせあせ(飛び散る汗)

最近はオルビスの稼働率の低さもあって、更に拍車が掛かっていて、長らく洗車していない状態で、GW前半を迎えてしまい、昨晩、手の届く前面の窓から下だけは、拭き洗いしました。

手の届かないバンク部分は手付かずでしたが、流石にGW後半に向けて、虫だらけが気になってしまい、今朝の出勤前に、即席でオルビスのおでこ洗顔を行いました。

カーシャンプーで洗ってから拭き上げたのですが、タオルからはいつまでも白いシャンプー液がなくなりません。

あれっ?

これって、きっとFRPの劣化から来る白い液っぽいですね。たらーっ(汗)

カーポートはあるものの、高さがかなりあることと、前が南に向いていることで、日中はどうしてもおでこ部分までは太陽に晒されますので、おでこ部分のみ、FRPの劣化が始まってしまったようです。がく〜(落胆した顔)

このGWは、プレクサスで誤魔化しますが、GW明けには、3Mでのメンテナンスが必要なようです。

最近は、休みとなれば、出掛けることに一生懸命なので、少し行動パターンを修正しないといけないなぁ…ふらふら
posted by かわいいHERO at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室外>ボディ

2017年05月01日

GW前半は個人戦-鳥取カード一人旅(下)

「道の駅 きなんせ岩美」で翌日に備える鳥取一人旅ですが、夜中にトントンとノックのような音がします。がく〜(落胆した顔)

まずい場所に駐めてしまったのか?と、バンクルームから降りて、オルビスのエントランスドアのカーテンを持ち上げてみますが、誰の姿もありません。exclamation&question

外へ出て確認してみると、何のことはありません、オルビス・イオの後に立ててあるのぼりが風で回転して、横棒部分がラダーにトントン当たっていたのでした。バッド(下向き矢印)

原因がわかって一安心、再度眠りにつきましたが、おかげで朝の寝起きに苦労しました。眠い(睡眠)

ビールのアルコールの抜けも悪い感じで、完全に起き出すまでに時間がかかってしまいました。たらーっ(汗)

DSCF7085.jpg

道の駅のオープンは9時ですが、連休なのでひょっとしたら早くオープンするかも?と考えて、8時に偵察に行きましたが、残念ながら、オープンはやはり9時のようです。

DSCF7084.jpg

仕方がないので、併設してローソンがあるので、そこで朝食用のパンを買って、オルビスで珈琲を淹れて朝食にしました。

DSCF7086.jpg

ようやく、道の駅がオープンしたので、何か良いものがないかと物色しましたが、これと言って買おうと思うものがありませんでした。

カレイが5,6匹入って130円とかの安い物もあり、手が伸びそうになりましたが、よく見るといろいろな種類のカレイがあって微妙に値段が違うので、美味しい美味しくないもあるのかなと思い、日付を見ると、加工日が当日ではなく前日とか前々日になっていました。

その日の早朝揚がったものではないようで、なんだかちょっとがっかりです。

結局、よくわからないまま、インフォメーションで、本日1枚目のカードを入手しました。

2017-04-30 09.06.33.jpg

マンホールの実物も飾ってありました。

2017-04-30 09.06.40.jpg

岩美町は、アニメ「Free!」の舞台となっていて、聖地巡礼用の観光マップも置いてありました。

freee.jpg

「Free!」って、私は未だちゃんと観ていないのですが、公開済みの劇場版用のマップもありました。

hightspeed.jpg

今後も劇場版が公開予定みたいですね。

さて、「道の駅 きなんせ岩美」を出発して、今日もダムを目ざします。

DSCF4551.jpg

やって来たのは国の管理する「殿ダム」です。

よくわからずにオルビスを駐めましたが、遠くに小さくダムの管理棟が見えています。

おそらく、トンネルを抜けてから、管理棟へ行けるのでしょうが、自信がないので歩いて行きます。

DSCF4534.jpg

下にある公園から立派なモノレール?があるようですが、動いていませんでした。

2017-04-30 10.01.21.jpg

管理棟で先ずはダムカードをいただき、

DSCF4541.jpg

ローアングルでダム湖や

DSCF4543.jpg

堤上の道路を撮影して遊びました。

「殿ダム」を後にして、残るは今回訪問する最後のダムへ向かいます。

途中、蓮華畑があったので、オルビスを駐めてちょっと撮影タイム。

DSCF4553.jpg

何度か見かけましたが、なかなか停まれないんですよね。

DSCF7087.jpg

こちらは狭いですが、駐めやすかったのです。

そして、結構な距離を走ってやって来たのは「佐治川ダム」です。

こちらでは、「佐治川ダム」のダムカードの他、「百谷ダム」のカードもいただけます。

DSCF4566.jpg

もちろん、「百谷ダム」を訪れた証の写真は必要ですが…。

2017-04-30 11.45.43.jpg

「百谷ダム」は普段は平日に、役所で配布されているので、助かりました。

そして、カード収集のあとは、友人に会いに行きます。

DSCF4571.jpg

再び訪れたイオンモールで、久しぶりの再会でしたが、友人が仕事中なので、迷惑にならないよう、早々に切り上げました。

2017-04-30 13.48.24.jpg

仕事中ということで、私は敢えてお土産を持っていかなかったのですが、友人の方はお土産を用意してくれていて、なんだかお土産を貰いに来たみたいになってしまいました。

2017-04-30 13.49.14.jpg

せっかくイオンへ来たので、特産の「とうふちくわ」のいろいろと、

2017-04-30 13.49.44.jpg

ずっと気になっていた「するめの麹漬」に“ピリ辛バージョン”があったので買ってみました。

そして、またもや昼ご飯をどうしようかと思いながらも、あまり食欲もないので、後にすることにして、ふと思い出したのが、鳥取の「珈琲問題」です。

スタバのなかった県、鳥取が、すなば珈琲をきっかけに続々珈琲店が進出して珈琲激戦区と化したそうで、中でも、オーストラリアの「Muzz Buzz(マズバズ)」には行ってみたいと思っていました。

buzmaz.png


オーストラリア発の人気コーヒー店「Muzz Buzz(マズバズ)」、3月に日本上陸


帰りの高速に乗る前に寄ってフード含めて買っていこう!

DSCF4572.jpg

あった!?

でも・・・なんか変・・・閉まってる!!!がく〜(落胆した顔)

DSCF4575.jpg

これ、絶対食材の遅れが原因なんかじゃないでしょっ!

DSCF4573.jpg

本当は、こんな感じでドライブスルーしたかったのに…残念です。もうやだ〜(悲しい顔)

そのまま帰ろうとしたら、その先にモスバーガーがあったので、今回はモスバーガーで手を打ちました。

DSCF7090.jpg

出発前に準備万端、助手席に助手はいないので、抜かりはありません。

2017-04-30 14.39.27.jpg

鳥取道から佐用経由で中国道ですが、なんと宝塚トンネル付近で事故だって〜。

事故がなくても夕方には渋滞するのに、なんてこった。ふらふら

でも、そこは割り切って、じっくり焦らず「ユーリ!!! on ICE」。

yuri.jpg

アニメは短いのもあって、全12話中10話まで観てしまいました。

噂通り、面白かった。

残り2話は連休中の仕事日のお楽しみです。

おかげで、渋滞も苦痛なく過ごせました。

ついでに、GW後半に向けてガソリンスタンドに寄って、オルビスの燃料を満タンにしてつつ、明るい内に帰宅できたので良かったです。グッド(上向き矢印)

2017-04-30 19.51.47.jpg

今日の成果は、マンホール1、ダム3で全て鳥取県です。

鳥取県もマンホールカードはコンプリートで、ダムカードも残るは平日配布のみの1枚のみです。

2017-04-30 19.55.20.jpg

2日間トータルで、マンホールカード5枚、ダムカード10枚で大幅にコレクションが増えました。るんるん

さて、火曜の晩にはGW後半の団体戦で再び西を目指します。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

GW前半は個人戦-鳥取カード一人旅(上)

私のGW前半戦は29日(祝)・30日(日)の連休です。

普通に土日お休みの方なら、毎週のことでGWでもないところでしょうが、連休の少ない私には貴重な機会です。

うちの奥さん不参加で一人旅が確定していたものの、たった2日でとなると、なかなか厳しいものがあります。

それでも、ものは考えようで、一人旅だからこそ大学時代の友人と会うには良い機会だったりするので、その線を頭に入れつつ、毎度、困った時のカード集めということで、マンホールカードの公式サイトを確認してみると、岩美に友人の居る鳥取県のマンホールカードは、全て土日祝の配布があるようです。

そこにダムカードを加えれば、良い感じのコースが出来上がりました。

計画さえ立てば、後は出発するのみです。

2017-04-28 22.39.08.jpg

仕事から帰宅して、風呂入ってご飯食べてその日のうちに出発しました。

2017-04-28 23.52.28.jpg

途中、加西サービスエリアに寄るも、珈琲は保温ボトルに満タン持参したので、特に買うものもなくトイレのみで先を急ぎます。

DSCF7060.jpg

そして、何処で寝ようかと考えながら、米子道の蒜山高原サービスエリアまで来ました。

2017-04-29 01.59.10.jpg

翌日の最終目的地が道の駅なので、そこまで行ってしまうかどうか悩みましたが、時間的にも設備的にもこのままサービスエリアの方が良いと判断。

2017-04-29 02.06.52-1.jpg

夜中のティーサーバー兼情報収集の後、オルビスのバンクベッドで休みました。

2017-04-29 07.29.44.jpg

翌朝は起床後、朝食をどうしようかと蒜山高原サービスエリア内を物色しましたが、観光客価格のものばかりで、これから向かう道の駅に期待することにしました。

2017-04-29 08.10.03.jpg

そして、蒜山高原サービスエリアを出発して20分ほど、江府出口で米子道を降りてすぐのところに目的の「道の駅 奥大山」がありました。

思っていたよりもこじんまりとした道の駅で、レストランや産直コーナーは未だ営業しておらず、物販店のみ営業していたので、朝食用のパンを購入。

価格は蒜山高原サービスエリアとそう違いませんが、地元製のパンっぽいので、まぁ良いでしょう。

そのついでに、配布時間が9時からとあったマンホールカードについて聞いてみると、時間前でもすんなりと出していただけました。

2017-04-29 08.39.27.jpg

この旅、初のカードです。

DSCF7072.jpg

オルビスでお湯を沸かして、こだわり珈琲でのんびり朝食を…と思いましたが、先を急ぎたいので、珈琲は保温ボトルに移して、食べながら出発です。

DSCF4436.jpg

そして、次はこの旅初のダムへ到着です。

しかし、この朝鍋ダムには人が常駐していないので、早々に次のダムへ。

DSCF4440.jpg

次は賀祥ダムです。

この賀祥ダムの管理事務所で、先程の朝鍋ダムで撮った写真を提示。

2017-04-29 09.32.24.jpg

自撮りはほとんどしませんが、ここでは必要です。

2017-04-29 10.07.55.jpg

朝鍋ダム、賀祥ダムの2枚をゲットです。

そして、どんどん行きます。

DSCF4467.jpg

次は菅沢ダム。

2017-04-29 10.50.16.jpg

カードを頂いた後、山桜でしょうか、きれいだったので…

DSCF4460.jpg

そして、次は県を跨いで島根県の三成(みなり)ダムです。

管理所までの道のりは、立入禁止で、電話してから途中にあるゲートで受け取るというなかなかセキュリティの厳しいダムです。

2017-04-29 12.09.38.jpg

なんでも、日本最初のアーチダムで、土木遺産だそうです。

古いが故に一般人の堤体上は立入禁止としているのかもしれませんね。(勝手な想像です爆弾

2017-04-29 12.18.45.jpg

そして続いては綺麗に整備されたダムでした。

DSCF4485.jpg

こちらも島根県の尾原ダムです。

2017-04-29 12.40.37.jpg

ここで、お昼も過ぎていて、軽く昼食でもと「道の駅 おろちの里」へ寄ってみましたが、レストランは和食バイキングのみ。

DSCF7078.jpg

状況に合わず、そのまますぐに再出発しました。

DSCF4502.jpg

次いで、やはり島根県の布部ダム。

2017-04-29 13.33.39.jpg

そして、本日最後のダムは、同じく島根県の山佐ダムです。

DSCF4508.jpg

この日のダムの管理所の方々は、皆さん最初は難しい顔をして出て来られるのですが、大阪からのキャンピングカーの一人旅と知ると、何故か皆さん笑顔になりました。

珍しいからくる笑い???

まぁ、それは良いとして、この日のノルマもあと僅か。

DSCF4520.jpg

足立美術館の前なんかを通り過ぎて、次はJRの安来駅へやって来ました。

2017-04-29 15.10.11.jpg

観光協会でマンホールカードをゲットです。

そして、次は本日の最終予定である米子の観光案内所を目指します。

2017-04-29 15.57.17.jpg

案内所にはたくさんのマンホールが展示してありました。

2017-04-29 15.57.04.jpg

これで、この日の予定は終了のつもりでしたが、会う予定の友人が田植えの準備等で忙しいようで、翌日の仕事中にお店で少し立ち話だけということになったので、翌日の予定を軽減するために、もう1カ所廻ることにしました。

gmap_tottori.jpg

とは言え、時間的にギリギリで、17時に間に合うか微妙です。

ナビの到着時間を確認しながら、ギリギリの線で北栄町の役所前に到着。

DSCF4522.jpg

カーナビでは北栄町観光協会の位置が曖昧だったので、グーグルマップの指示で来ましたが、それらしき場所がありません。

歩いて探しながら、北栄町観光協会へ電話をしてみると、なんと駅の横にあるらしい。

でも、お姉さんに「17時15分までですから大丈夫ですよ」と言われて一安心です。

2017-04-29 17.00.02.jpg

無事にコナンくんのマンホールカードをゲットしました。

折角なので、横の駅の写真も少し…。

2017-04-29 17.00.36.jpg

2017-04-29 17.00.28.jpg

ここには過去2回来ていて、前回は男3人の謎解きラリーで町をウロウロしていて土地勘もありますが、来る度に進化しているようです。

2017-04-29 17.01.37.jpg

前回無かった駅前のコナンくんの像はすごく完成度が高い。

2017-04-29 17.01.03.jpg

バラエティに出てくる着ぐるみのコナンくん同様にかなりでかいですけど…あせあせ(飛び散る汗)

2017-04-29 17.01.12.jpg

向かいのタクシー会社にコナンタクシーもありました。

2017-04-29 17.01.55.jpg

バス停等のブロンズ像も増えているようなので、子供たちが一緒なら、また来ることもあるかも知れません。

取り敢えずは、これで本当に初日の予定は終了です。

あとは、明日に向けて風呂入って寝るだけですが、北栄町まで来たことで、翌日のコースは大きく変わります。

いつもなら、お風呂は「ゆアシス東郷龍鳳閣」へ行くところですが、子供もいないので、今回はパス。

なかなか良かった「浜村温泉館 気多の湯」が、ホームページによると建物老朽化で昨年の春から休業中らしく、今回は“源泉かけ流し”の言葉に釣られて初めて「宝木温泉館」を訪れました。

DSCF4524.jpg

歩行浴プールがある以外、サウナや露天もなくスーパー銭湯のような遊び心もない温泉ですが、連休なのにさほど混んでもおらず、何より420円はコストパフォーマンスが高いです。

長時間入浴は厳しいので、ほどほどにさっぱりして、次は夕食です。

DSCF7080.jpg

どこかの店に入ろうかと思いましたが、ちょっと一杯やりたいですから、簡単に惣菜を買ってオルビス内で食べることにして、翌日にも来る予定の鳥取北のイオンモールへ。

半額シールの食材が多数あって、悩みましたが、ちょうど良さげなオードブルセットが半額で500円でした。

他に枝豆やサラダやデザートのプリン等も買って、今宵の停泊地は「道の駅 きなんせ岩美」としました。

2017-04-29 21.23.08.jpg

テレビを見ながら、ビールで一杯…快適です。

DSCF4527.jpg

お腹も一杯、幸せいっぱいでしたが、デザートのプリンを食べたら眠くなってきて、本当は下のわざとらしい自撮り写真を使って、「今日は寝ます」的なつなぎのブログ記事をアップしようと思っていましたが、それさえも面倒くさくなって寝てしまいました。パンチ

2017-04-29 22.38.35.jpg

それなりに疲れていたんでしょうか、持参していた缶ビール一本が妙に効いてしまいました。

こうして、カード尽くしの鳥取一人旅の(上)が終了です。

ちなみに、初日のカードの収集成果はこの通り。

2017-04-30 08.50.09.jpg

鳥取県 マンホール3 ダム3
島根県 マンホール1 ダム4

島根県のマンホールカードは1枚だけなので、これでコンプリートです。

ダムカードも全て土日祝も配布可なので、また別の機会に足を伸ばせば、コンプリートも可能かも知れません。
posted by かわいいHERO at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録

2017年04月28日

最新複合機の快適

2017-04-28 12.00.30.jpg

先日、突然のブラック印刷不能で買い替えたブラザーのA3インクジェット複合機ですが、最新型による思わぬ快適さがありました。

それは、見るだけFAX機能です。

この機能は、故障した以前のモデルにも搭載されていましたが、日々送られてくる迷惑FAXは、それが必要なものかどうかの確認だけでも結構面倒で、つい億劫になって溜めてしまう傾向にあり、それがさらに苦痛を生み出していたのです。

ところが、複合機の入れ替えで、その苦痛は何処へやら?

迷惑FAXの取捨選択が驚くほど快適に行なえます。

作業手順としては何も違わないわけですが、どうしてここまで快適になったのだろうか?

理由は、CPUやメモリなどのハードの高性能化の賜物です。

とにかく、表示が早く、動作も早く、サクサクと作業可能なのです。

旧型での作業でも、こんなものだと思い込んでいたので、これは想定外の効果でした。

PCやスマホなんかで慣れて普通に使っていた旧型を最新のものに入れ替えたら、もう旧型に戻れなくなるということは常ですが、複合機のこの見るだけ受信機能については、未だ発展途上だったようです。

正直、これだけでも入れ替えた価値がありました。

旧機種では、あまりの苦痛のために、無駄にはなりますが、見るだけ受信をやめて、紙印刷に変更しようかと思っていましたから。

まぁ、この辺りは逆に今後はスペック過剰で、新型でも変化を感じにくくなるかも知れませんが、こういう想定外のメリットもあるので、今後もサイクルは短くても、安いインクジェット複合機を使用していくのも良いかと感じました。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器